映画・テレビ

ひな祭りの日、薬師池には寒桜や梅が咲く華やぎが♪

2017.3.5(日)sun晴れ間から届く光に幾らか温かみを感じた日曜日。

movie昨日の週単位の買い出しの疲れと、更に夜のBS放送で途中から観た豚ちゃん主役の映画「ベイブ」が、余りに感動的で面白くて夜更かしとなり、今日も少しのんびり気味ですが、夕方は短い散歩に出かけ、帰宅してまたまた昨夜録画しておいた映画を途中まで観て、残りはまたあとで。

movie今夜12時過ぎの深夜2時台には、「ベイブ」の続編がBSで放送されるので、それも録画予約済で、映画のお楽しみがしばらく続きそうで嬉しい事scissors 

  金曜日の昼過ぎは久し振りに町田方面にcar

Dsc_4800

市内は梅や寒桜などが枝を伸ばし、carで走っているだけでも楽しい春の景色cherryblossom

 clover薬師にはどんな春がsign02

Dsc_4803
駐車場の案内板。この日も道路を隔てた薬師池に。

Dsc_4804
雲行きが怪し気だったけれど、

Dsc_4807
薬師の蓮田を見下ろす位置に立った途端、水を湛えた田から人々が集まるその畔の景色を、陽光が明るく照らし出していたsun

Dsc_4808

冬枯れの立木が囲むお山をバックに、蓮田の畔には春の景色が広がってheart04

Dsc_4814
蓮田を囲むように何本かの早咲きの寒桜が植えられ,見事に開花し水面に花を添え、来園者や春先の野鳥達までも楽しませてくれている。多くのカメラを携えた人達は、三脚をかかえ、野鳥を追いかけ、一瞬の鳥の動きを駆け足で追いながら撮影されていたcamera

Dsc_4822_2

旬の椿咲く椿園の看板鳥。余りにじっとしているので最初は置物かと思いきや、カメラ慣れした本物の小鳥でしたョeye

急いでパチリしたので、余りはっきり映らなくて残念でしたsweat01カラフルな小鳥は椿園案内鳥としてぴったりscissors

Dsc_4825
そして満々と水を湛えた薬師池です。これまで見たことが無い新しい和風の舟をこぎながら職員さんらしい人が、時折櫓をおいて、池の水中など、何か調査をしているようでした。

Dsc_4826
同じ水面を泳ぐ鴨ちゃん。一頃は、水鳥達の棲みかのようだった池の鴨の姿は余り多く見られなかったこの日。

Dsc_4827

そして、池のほとりに広がる梅園です。薬師入り口付近の早咲きの桜たちが先に迎えてくれたので、本命の梅園見物が後になってしまったけれど、今年は見事に開花した紅白の梅を観ることができました。梅園の様子は又次回に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日は伸びてきたけれど、暖かな春が待ち遠しいな~!!

2017.3.1(水)cloudがちな一日で今日も寒かった~think

ここ数日の不調は今日が一番ひどく、昨夜は風邪薬を飲んで寝、ぐっすり眠れたのに、お昼前から眠気が襲い一眠りsleepy 思えば昨日も夕方になってうっかり買い物に出てしまい、少し寒いなと思いながら車に乗ればと出かけて帰り、昨夜から更なる不調が始まっていた。風邪なのか、花粉なのか、熱が余りでない体質なのでわかりにくいけれど、喉がイガイガして頭痛がするのはやはり風邪気味なのかな~sign02

明後日はいつもの病院通いもあり、風邪の流行る時期は出来れば近づきたくない病院なので、自宅静養でのんびり。

tv家でごろごろしていると、ついついスイッチをいれてしまうTVの画面。

連日のように報道されていた一頃のトランプ大統領から、大幅にキム ジョンナム事件の報道に変わり、謎の多い事件は新たな事実とともに、毎日の画面を賑わしている。

tvそんな中、今日の「徹子の部屋」に出演された                         御年93歳になられるという佐藤愛子さんの余りにも若々しいお姿に驚くとともに、そんな風に年齢を重ねる事が出来るという現実に大いなる勇気を頂くことができましたup佐藤さんのご著書は読んだことが無かったので、この処少々読書づいているので、今話題の新作などを読んでみたくなりましたbook                                

tv同じ番組で昨日は、かっての?いえ今でも3人娘の中尾ミエさん、伊藤ゆかりさん、園まりさんの姿にも70代前後のお三方の元気な姿や歌声に、いつまでも若々しいメインの黒柳徹子さんと共に、力強いメッセージを受け取る事ができましたlovely

 2月始めの栗原遊水地

Dsc_4535
夕方散歩で訪れた遊水地付近の公園傍、冬色の木々の色を背景に子等が元気に遊んでいた。

Dsc_4536
遊水地に降りて行く手前の崖の上

Dsc_4537
梅が満開だったsign03

Dsc_4539
高台から望むいつも車で通る橋や目久尻川、その脇の車道などの様子

Dsc_4541
遊水地の鴨達を眺めながら池の周りをお散歩

Dsc_4543
遊水地の奥のほうまで歩くと、何かの工事中sign02

Dsc_4545
池を囲む斜面には水仙の花が咲いていた。

Dsc_4547
寒い夕方で釣り人の姿は無かったけれど、カモ達がゆったり泳ぎ回る静かな水面に心安らぎ

Dsc_4550
枝を伸ばした冬木立にも、今頃は小さな花芽が出来ているかもしれないcherryblossom暖かな春の日には又訪れたい池の畔

  遊水地の二日後の芹沢公園

Dsc_4558
「枝垂れ梅の花よ、早く咲いておくれ」とばかりに大きな手がおねだりしていた。

Dsc_4563

すぐ前の水路にも鴨が泳ぐ姿が。もうじき水路際に咲く桜も楽しみな場所cherryblossomcherryblossomcherryblossom

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変わりゆく渋谷の街並みを歩きながら目的地に♪

2016.12.6(日)sun朝から温かな陽射しが室内を照らし出し、気温も高め。一昨日は朝から外出していたため、疲れも残り、昨日は少しのんびり休養日。その分、今日はお掃除、洗濯、そして一週間分の買い出しに。帰りは近隣の公園に寄り、秋の終わりの紅葉を楽しみながらのお散歩で運動不足解消。

  train久し振りに電車で渋谷へ

Dsc_3594
スクランブル交差点を渡りながら

Dsc_3595
109を見上げる。

Dsc_3599
そして反対側の歩道の奥を眺めると、見慣れないグリーンのビルが目についた。渋谷センター街、若い頃は歌声喫茶や、その頃は「ジャズ喫茶」と呼んでいたステージのあるLIVEで聴けるポップス系のお店などによく通ったものだったけれど、そんなお店はまだあるのかしら?

Dsc_3600
3階建ての建物は、かってモダン・ジャズのレコードを聴かせる本物のジャズ喫茶であったと思う。今は全く別の業種のようだ。

Dsc_3601
楽器やさんの側面の壁に描かれたギターなど。この右手先の方から百軒店に通じる場所でもある。60年代ジャズ喫茶が沢山あった懐かしい場所に、今はジャズ喫茶の姿は全く無く、淋しい限りthink

Dsc_3602

街には明るいうちからクリスマスのイルミネーションが輝き始めていたshinexmasshine

  noteさて、この日の目的は「BORN TO BE BLUE」 

Dsc_3625_2
という映画を観ることでしたconfidentそれも飛び切りのJAZZ映画note邦題「ブルーに生まれついて」トランペッター、チェット・ベーカーの栄光と挫折、そして純愛が描かれる見ごたえのある紛れもないJAZZの映画を久し振りに観ることが出来ましたheart02JAZZ好きなら堪えられない内容で、最後まで飽きることなく画面に引き込まれましたよsign03帰りに購入した映画の青いプログラムも充実した内容で大満足scissors

チェット・ベーカーは特にファンではありませんでしたが、我が家にも4・5枚のCDはあるようで、それは夫のコレクションでした。映画を観て、その切ない彼の生きざまと音色が心に残り、今日は写真に写さなかった方の盤「CHET BAKER SINGS」を聴きながらPCにむかっていますpc

 building映画館は、渋谷「Bunkamura ル・シネマ」で。

Dsc_3604
久し振りの文化村。その名の通り、芸術的な催し物などが多彩。

Dsc_3605
建物入り口の木々にも電飾が凝らされ、独特の雰囲気を醸し出している。

Dsc_3606
興味をそそられる展覧会も開催中ながら、映画を一本観て帰路に着く頃、もう外は夜のとばりに包まれて、

Dsc_3613

今は、渋谷から遠く離れて暮らす自身に響くタイトル。どんなお芝居なのか興味しんしんだけれど、公演は9日から25日。年末のこの時期ではもう一度渋谷行きはとても無理。子供のころから青春時代までを送った懐かしい渋谷。その街は母亡き今、益々遠くなり、昔なら飛んでゆけた場所、そして区内の情報も自分で探さなければ知ることも出来なくなってしまったのも寂しいけれど、それも現状の暮らしを維持しながらの今には丁度いいことなのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます。

2016.1.1(金)sunお元日からいいお天気でしたsign03

皆様におかれましては、良き新年をお迎えのことと思います。

私もお蔭さまで無事に新しい2016年を迎えることが出きました。                本年もどうぞよろしくお願い致します。

_dsc7722
今年は、息子宅に集まり家族だけの新年会の予定で、取り分けの新年の準備もしないまま、小ぶりのお供えとお花を飾るくらいで、対したおせちを作ること無く、新年会持ちよりのママのお煮しめを大鍋に一杯に煮込んだだけcoldsweats01 例年にない大量の煮込みなので味付け加減が難しく、明日までにもう少し味がしみ込んでくれればいいのだけれどsweat01

 fujiお元日の初日の出sun

_dsc7700

今朝6時40分ごろ。東の空は明るくなっていたけれど、お日さまの姿はまだ見えない。建物の向こうの空が赤くなり始めていた。周りの景色が見えなくなる程、茂っていた木の葉もほとんど枯れて落ち冬の木立となっている。ピーヨ、ピーヨと鳴くヒヨドリ達がたくさん枝にとまっている。仲間も飛んで来たり、みんなで群れて飛び立ったり朝から賑やか。

_dsc7703

テラスの南天のあたりはまだほの暗い

_dsc7707

と思っているうちに、南天が眩しそうに輝き始めたshine

_dsc7711

7時15分位になり、やっと姿を見せてくれた我が家にとっての初日の出sun

_dsc7684

暮れの午後、太陽が東から西へ移動してゆく頃。赤く輝く様子が見えて、今年は我が家にできた赤い実が嬉しくて、室内からの目線に合わせた位置に置いてみたら、心豊かになり幸せ気分でlovely

_dsc7676_2
少し陽が遠のけば、リンとすっきりお澄ましも。時間により表情も変わる楽しさ。もうこれ以上大きくすることは出来ないけれど、何年か前に購入したお正月用の寄せ植えの中の小さな小さな苗木だったのに、今では一人前に見事な赤い実をつけて喜ばせてくれている。鳥さんたちと同じく秋から冬への赤い実が大好きなのですhappy01

_dsc7680

夕方のゼラニウムも、もう十年近く苗を増やしながら絶えることなく赤い花を咲かせ続けてくれる丈夫な子。寒い冬の赤い実や花こそ心を温めてくれる優しい植物なのだheart02

  tv大みそかに放送されたバレエ『ボレロ』note

_dsc7715

_dsc7719

舞台中央で踊るバレエの女王シルヴィ・ギエム最後の公演が、2016年に向けてのカウントダウンとしてオンエアされた。50歳を迎えるというギエムのバレエは引退は惜しいと思うほど素晴らしく、バレエのことは全く門外漢で何も知らないのに、この『ボレロ』という曲が大好きで、昨夜の年越しのカウントダウンをちゃんと見たのに、録画をしておき、又今朝も最初からその演目に浸りきってしまったlovely

その舞踏のような舞は筋肉質の彼女ならではの動きで、観ているうちによく知った『ボレロ』なら、覚えられないかしら?などと大それた考えが頭に浮かび、最初は座ったまま手や腕の動きを体をひねりながら真似をしているうちに、思わず足も真似しようと一歩踏み出したとたん、グギ~ッと右足の脹脛に激痛が走ってしまったcoldsweats02

わが身の年齢も考えず、馬鹿な私です。少々ヨガなどをしているので、甘く考えてしまい新年早々の大失態というお恥ずかしいことにweepそのヨガでさえ、もう限られたポーズばかりで、新しいポーズやちょっとハードなポーズは控えなければならなかったのに・・・・と、後悔することしきりsweat02それでもすぐに湿布を貼ってもらい、片足はびっこを引きながらもなんとか歩いたり、食事の支度くらいは出来ているので、直に回復しそうなので心配はないのですが。

今年は何事も用心深くをモットーに、元気に暮らせるよう頑張らなくちゃと、せっかく無事に新年を迎えたはずだったすぐ後のこと。新年早々の厄落としとなりますようにcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しかった表参道散歩の続き♪

2015.12.1(火)sun久し振りに外出の用事も無く、割合のんびりした一日を過ごせている。早いもので、もう12月の声を聞き、師走となってしまいました。何をしていたのかしらと思う間もない早さで時は流れて・・・・・thinksweat01

  cd久し振りにミンガスnote

_dsc7228

77年録音のアルバムということで購入したまま忘れかけて1・2度位しか聴いていないまま、仕舞いこまれていた。79年にこの世を去ったミンガスの晩年の大作とされる作品は小鳥の鳴き声から始まる「クンビア&ジャズ・フュージョン」と、M・マストロヤンニ主演の映画のために書かれたミンガスの曲「‟トド・モード”のテーマ」の深みのある2曲が収められている。忘れかけていた大好きなミンガスの音楽、そしてベースに酔いしれているnote

  building新旧混じり合う表参道散歩続き 

_dsc6741

表参道ヒルズの裏手付近をしばしの散策。

_dsc6742

和食懐石の店「にいがたの味 静香庵」の入り口。このお店に続く右手は「ネスパス表参道新潟館」という建物に続き、新潟の食材やおみやげなどが買えるようだった。用事の合間の短い時間、ランチはここから少し離れた「アフタヌーンティー」で済ませてきてしまい、この日は外回りを歩くだけだったけれど。
_dsc6743

ヒルズが建つ前までこの地に建っていた同潤会アパートの建物が一部ヒルズの一角に残されて往時をしのぶことが出来る。表参道に面して何棟も並んで建っていたこのアパートの前は父と手をつなぎ歩いたり自転車に乗って走ったりした思い出深い建物。

_dsc6745

色付き始めた木々が西日を受けて。

_dsc6746
葉を落とした蔦の絡まる建物脇の小路。子供の頃なら迷わず入りこんでしまいそうな小路。時間の制約のある大人になると、そんな楽しみが許され無くなってしまいザンネンだったけれど・・・sweat01

_dsc6751

正面前方に見える高い建物のある辺りは明治通り。左の建物が「H&M原宿店」右のとんがり屋根は「フォーエヴァ21」のようだ。

_dsc6744

大正の終わりから昭和の始めに建てられた古い建物はこのままいつまでもここにあってほしい。

tv余談になるけれど、昨夜のBSプレミアムの「ディープ」という番組で渋谷区の桜丘が取り上げられ、30分程の時間帯の中に目一杯、今の桜丘付近の様子や主だった店舗でのインタビューなどが挿入されたドキュメンタリー番組で、胸が躍る程懐かしく観た。前回の東京オリンピック開催の折にも、沢山の店舗などが立ち退きとなり、少し離れた場所に移動となった。今回も高層のビル建設の為などに、昭和の昔からあるお店屋さんなどの立ち退きが再びあるそうで、子供の頃にお世話になった現存する薬やさんや氷やさん、和菓子のお店やその後に出来た、それでも何十年にもなるJAZZ喫茶も現在の場所から無くなってしまうそうだ。東急プラザの閉店から、当然ながら再び新たな開発が進むことは予想していたけれど、2度目のオリンピック開催に向けて、昭和は益々遠く成りつつあり、何だか寂しくなるような思いをした。

さてさて余談はさておいて帰り道、

_dsc6754

表参道駅付近にある水の流れるモニュメント。

_dsc6755
近代的なビルに色づき始めた木々が添える彩り

_dsc6759

ガラス張りの建物の中に置かれた沢山のテーブル。その上に置かれたPCに立ったまま向かう大勢の人達。立ったままお仕事eyesign02

建物の前まで歩いてゆくと奥の壁に映し出されているapple社の携帯写真。中から出てこられた方に聞いてみたら「販売をしております」とのこと。皆さん社員さんなのか、お客様なのかは分かりませんでしたが、ここは「apple store」さんでした。

かっての故郷のような場所であっても、時には都会に出ないと知ら無いことも増えるばかりでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨降りの今日は「2015東京JAZZ」の録画放送を楽しんだ♪ 

2015.10.16(金) rain 朝からの雨、そして気温も上がらず寒いことcoldsweats02

cdこんな日は早めの買い物を済ませてジャズを聴いたり、録画しておいた今年の「東京JAZZ」公演のヴィデオを観たりtv

神奈川からでは少し遠い場所なので、年を重ねるほどに生を聴きにゆきにくくなるので、TVで観ることができるだけでも有り難いことnotes

けれど、TV放送の情報は前もっては中々わかりにくく、人づてに知るか、NHKのホームページを注意して見ていなくては前もって知ることができなくて、見逃してしまっている年もある。しかも放送は0時過ぎという時間帯では音量の問題も含めて録画して観る以外にはちょっと難しい。それでもJAZZ番組の少ない昨今、ジャズ好きにとっては嬉しい放送であることに変わりはなく、感謝ですsign03

第1回、第2回目の放送とも文句なく楽しめる内容で、第1回は2度も観てしまい、第2回も近々に又のお楽しみですlovelynotes

再放送の予定は無いという番組なので、来週水曜日10月21日0時15分(新聞の番組案内では前日の火曜日0時過ぎのところに掲載される)からのBSプレミアムの第3回最終日の放送も忘れないうちに録画予約をしておいたtv 

ネットの動画を検索すれば、思いがけない過去の演奏まで出てくる昨今ではあるけれど、TV放送ならではの良質のJAZZ番組がもう少しあってもいいのではと思うのは、私だけかしらsign02

  run買い物先近くの散歩道

_dsc6151
いつも車で通過してしまうだけの道。いつか歩いてみたかった道。晴れた日の夕方思いついて散策してみることに。
_dsc6154
緑の斜面を照らし出す秋の西日sun

_dsc6161
一頃はあちらこちらに咲いていた黄花コスモス。今年は例年になく少なくなって、久し振りに路地に咲く花を見つけた。

_dsc6162

道を曲がるとリュックをしょった遠足帰りのような生徒たちが歩いてゆく通学路。

028dsc_4079
車道を渡り歩いてみると、長く真っ白な土塀が続いていた

_dsc6168

土塀の反対側はネギ畑

_dsc6169
松の木や棕櫚をバックにパンパスグラス揺れる秋の道

_dsc6172

畑の奥、農具など置く場所かしら?何か真っ白な動物が動いたeye”大きな体は後ろから見ただけでは犬のようだったけれど、何と!振り向いてくれたその子は白猫ちゃんだったcatheart04

_dsc6149

歩道と車道の間のガードレール近くには定番の“猫じゃらし”

車道近くでは、遊べるニャンコは見当たらなくて残念でしたcatfacesweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

録画した猫の映画を観た。かにが沢、梅見続きも♪

2015.3.16(月)sun~この後は予報通り曇りに雨となるのかしら? 

cat1月末、谷戸山公園炭焼き小屋近くで見かけた猫。離れた場所から見つけて急いで近くまで行きシャッターを押したけれど、もう少し近くで写せたらよかった。石囲いの上で一瞬留まったので、そっと近づいたが、

Dsc_0070

Dsc_0071

すぐに斜面に降りてしまい、山道を駆け足で降りて姿が見えなくなってしまった。その後何度か行くたびに探してみるけれど未だに会えないまま。谷戸山に行くようなって随分になるけれど、猫の姿を見たのは、ここ最近になって2回だけ。森の中でどんな風に暮らしているのだろうかcat

 cat 「レンタ猫」という映画を観た movie

最近BSで放映された番組を、猫好きな私のために夫が録画しておいてくれた。猫を貸してくれる?興味しんしんで見始めたら、猫好きなら最後まで楽しめる内容だった。主人公の若い女性が祖母の残したであろう古風な民家に一人で暮らし、沢山の猫を飼いながら暮らす日常が淡々と描かれる中で、時々河原に猫達を乗せた車を引きながら出かけてゆく。「レンターねこ、猫 猫」と言いながら。川沿いの道、そこで出会う子供たちは「猫婆だ~、逃げろ」と出会うたびに怖がって逃げる。川沿いで孤独そうに過ごす人の中から時折声がかかり貸してほしい人も出てくる。映画の中で3・4人ほどに猫を貸すことになり、夫々のエピソードなどが繰り広げられ、貸し出すたびに主人公は「「寂しい心の穴が埋まりますように」と告げる。

主人公は独り者、結婚願望もありながら中々実を結ばないのだろう。そんな彼女の心の支えはやはり猫達なのだ。物語りの進行の中から彼女の親兄弟の姿は見当たらず、仏壇に眠る祖母に手を合わせ、お供えなどもする。多分自身が少女時代から人一倍孤独な日々を過ごしてきたのだろう。けれど猫たちとともに懐かしみを覚えるような庭のある古風な家で暮らす彼女には不思議な明るさと強さがあり、さりげない日常の描写が続く映画でありながら退屈することなく最後まで見てしまった。

「レンターねこ、猫 猫」そんな声が聞こえてきたら、どうしようcoldsweats01

  cloverかにが沢の梅見続き  

Dsc_1497

枝垂れ梅を堪能した後は、いつものように斜面を下り広場の方へ

Dsc_1499

斜面の日本水仙の花も随分沢山の花を咲かせ始めた。近隣の小学生などのボランティアの手に寄るものを、こうして楽しませていただいている。

Dsc_1503

広場の公園の梅は特有の香りを放ちながらほぼ満開に近い。一番上の花には虫が来て、きっと甘い蜜を吸っているのだろう。

Dsc_1505


Dsc_1506

枝の途中に満開間近の花らしい様子の可憐なピンクの花もlovely

Dsc_1507
今年は取り分け、梅の花の可憐な様子を近くで見られたことが嬉しかったlovely

Dsc_1509
そして白モクレンの蕾も大きく育ち、蕾の先からは花芽も出ている。モクレンより小さな花を咲かせるコブシの木にも蕾が沢山出来て、百花繚乱の春近しcherryblossom

Dsc_1510

園内斜面で枯れていた木々には新芽や新葉も育ち始めている。最近までは赤茶色だった斜面の色も新緑色に変わり始める季節。

Dsc_1512

枝垂れ梅の反対側の斜面を登り外の道路に出て、園内の大きなモクレンの木を見上げる。そこにも開花間近の蕾がびっしりsign03 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初詣帰りの散歩が、更に心豊かに温めてくれた♪

2015.1.9(金)sun元旦の雪の日以降、割合過ごしやすい日々が続いている。新年早々の体調不良もだいぶ回復。今日はお寝坊の上、更に2時間もの惰眠をむさぼるという始末で、これ以上体を甘やかしてもと思い、夕方暗くなる前にご近所散歩。日暮れもいくらか遅くなりつつあり、春待つ気分が高まってくる。

年明け早々、パリの銃撃事件、国内では家族通しの諍いなのか身内の命を奪うという悲しい事件が増えているが、それに限らず人の命をいとも簡単に奪うということがこんなにも短絡に起きること自体、人々の心は荒廃してしまったのだろうかとニュースに接するたびに寂しい気持ちに襲われる。

 club新年は初詣の後、神社の近隣散歩

Dsc_9970

鳥居の外に出たころは日暮れも近かった

Dsc_9973

鳥居の並びには昭和の風情漂う建物の姿に心惹かれる

Dsc_9974

鈴鹿の名を冠した製材所さんの建物。

Dsc_9976

すぐそばに立てられた散策マップ。

Dsc_9978

道路入り口にも案内の文字

Dsc_9983

湧水が流れる小川

Dsc_9984

澄んだ湧水の川底が美しい

Dsc_9985

近隣の住宅地を歩いてみる

Dsc_9986

お寺のようなお庭

Dsc_9988

座間市にはいくつかある湧水の里

Dsc_9989

その水流の上で回る水車は

Dsc_9991

かって養蚕が盛んだったころの貴重な動力源であったそうだ

Dsc_9993

前にも別のコースから歩いたことはあったけれど

Dsc_9994

何だか懐かしくなるような

Dsc_9995

美しく保たれた街並みの中

Dsc_9996

懐かしい日本映画の一場面の中を歩くような気分で。

Dsc_9997

通りに出る。この通りは藤沢街道。この右手が

Dsc_0003

先にお参りをした鈴鹿明神さん。神社には明かりが灯り、間もなく日は暮れる

Dsc_0014

帰路の車内から見えた満月に近い月と赤信号のコラボを見ることが出来たwink




| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画にJAZZ、秋の公園散歩に我が家の紅葉♪

2014.10.31(金)suncloud朝から肌寒いような陽気。日増しに秋が深まってゆく。

movie 一昨日は久し振りに映画館に足を運び、上映中の「不思議な岬の物語」を観てきた。主演の吉永小百合さんも企画に名を連ねる良質で温かな内容の映画だった。「モントリオール世界映画祭」審査員特別賞とエキュメニカル審査員賞W受賞を果たしたのも頷ける。美しい景色とドラマが出演する俳優さんたちの自然な演技とともに、見事な映像となって心に染み入ってくる。映画の祭りのシーンで歌われる「ブラザー5」の「入っておいでこの里に」のシーンにも魅せられた♪

  cd 期待のCDが届いたnote

Dsc_8032

9月に3枚注文して内2枚はとうに届いたのに品切れのため、今日まで待たされてやっと届いた1枚。しかし、しかし待っただけの甲斐はありましたヨscissors

Dsc_8029
チック・コリア トリオ3枚組。チック・コリア(P)クリスチャン・マクブライド(b)ブライアン・ブレイド(ds)まだ全てきちんと聴けてはいないけれど3枚のアルバム全てが文句なく素晴らしい内容のようでnote
中で、今一番のお気に入りの曲は2枚目4曲目の「ブルー・モンク」曲の最後にちょこっと「モーニン」らしきフレーズが入って終わった。ライブ会場からも割れんばかりの拍手が沸き起こっていた。マクブライドのベースも今回多分初めて聴いたブライアンのドラムスも素晴らしい、最強のトリオ演奏に鳥肌立ちそうscissors

うーん、最近手に入れたCDの中ではかなりのお気に入りになりそうな予感notes

  clover 刈り入れ後の谷戸山散歩続き

  
Dsc_7693

刈り入れが済んだ稲穂が干されている間は、まだ案山子さん達のお役目は済まない。

Dsc_7696

近くに置かれた新しい木材から出来たベンチは案山子さんの休憩用かなsign02

Dsc_7694

風に吹かれながらファンキーなポーズで外敵を追い払う案山子さん、ご苦労様sign01

Dsc_7698

訪れたのは、台風19号が去った翌日位だった。湿性生態園も

Dsc_7700

水鳥の池も台風による大雨の後で水嵩が増し、いつもカモたちが周りを囲む浮島も表面だけが浮かんでいるような様子だった。

Dsc_7705

日暮れが早まり始めて、テニスコートには夜間練習用の照明が灯された。

  bud秋の深まりの中で

Dsc_8022

我が家の初雪かずらの葉も真っ赤に染まったmaple母の存命中、実家まで介護に通っていた頃、近くの花やさんで見かけて買ってきた思い出の一鉢。一度植え替えた今の鉢土の中で根がびっしり張ってしまったようで、土のある鉢の上に置いたら短時間で底から根をのばしている。あれから何年くらい経ったのか、そろそろ新しい土に植え替えなければcoldsweats01

Dsc_8025

コスモスもまだ蕾が出来てきて、もう少しの間花を楽しむことが出来そうbud

Dsc_8027

シュウメイギクの花は後まで残った白い花も最後の花弁を散らした。また来年ねbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近観たテレビ番組♪都内へのドライブ路からパチリ♪

2014.10.30(木)sun今日もいいお天気sign03毎日浮かれてどこかに行ってみたくなるけれど、家で過ごす時間も取らないと、録りためたヴィデオを見ることもできない。

今年はテレビ番組表から気付かなかった「東京JAZZ」の放映はすっかり見落として、(そういえば?)と気付いて調べたときは第3夜の放映を残すのみだった。忘れずに予約録画して今日やっと見ることが出来た。まだ全部は見終えていないけれど、今年も素晴らしい演奏が繰り広げられたようで、上原ひろみトリオやクリスチャン・マクブライド率いるビッグ・バンドのジャジーな演奏にしびれ、そのあとは小曽根真率いるビック・バンド演奏、こちらは大好きなガーシュウィンの曲など、又、ゴルソン、ケニーバロン等の"ウイスパー・ノット”"ブルース・マーチ”も懐かしく楽しめたnote

秋は、芸術の季節でもある。NHKのアーカイブスで「ゴッホとゴーギャン」という番組も録画して今日すべてを観終えた。たった9週間しか一緒に暮らさなかったという二人の画家が描いたひまわりの絵から、ひまわりを通した二人のすさまじくも深い友情の軌跡が、これも素晴らしい構成の番組で知ることが出来た。昨日、一昨日とセザンヌ、アンリ・ルソーとこれも興味深い画家たちのアーカイブスをやはり見落としてしまった・・・残念sweat02

  car秋空の下走った都内への往復路car 

Dsc_7808

ここから先は都内に入る

Dsc_7810

車内から見る見慣れた景色も季節や時間によってまるで違って見える。

Dsc_7815

昔の荷役を担ったお馬さんの移動も、今は馬より大きな馬力のある車に乗ってhorseeyesign03

  cafe六本木の街で

 
Dsc_7828

車を停めて、まずはランチ・タイムfastfoodcafe 前から気になっていたお店。ハロウィンの飾りつけがウインドー一杯に。
Dsc_7825

席があくまでこの怖いお顔の前に座って待った。アボカドのサンドイッチ・ランチが美味しかった。たっぷりのフライ・ド・ポテトの付け合わせと別にサラダに飲み物がついて今時980円というお値段にも感激sign03二人で食べても駐車料金より安かったsign02

Dsc_7826

レジ・カウンターの上から前面もハロウィンのディスプレーで埋め尽くされ、又トイレ内の飾りつけも見事としか言いようのないものだった。おまけにハロウィンの余興なのかトイレ内は一瞬明かりが消えて真っ暗にsign02 思わず焦ってスイッチを探すも点いてくれずsweat01ややもして明るくなったトイレにホッcoldsweats01外に出てから聞いてみたら店員さんが間違ってブレーカーを落としてしまったとのことだった。

Dsc_7818

Dsc_7817

新美術館に向かって歩く通りにはこんなゴージャスな画廊があった。前は気付かなかったので、最近出来たのだろうか。画廊外に面してプレスリーやモンロー、オードリーなどの肖像が見られ、中に沢山の肖像画など。クリスタルガラスなどを用いた作風ですべて一点もの。作家はイタリアのダニエル・ドンデという方。画廊の方が大変大らかに写真撮影をOKしてくださりパチリさせていただいた。先客の女性たち皆さんもスマホをかざして撮影されていたcameraこの後は、新美術館で「チューリッヒ美術館展」で感動の絵画達に対面し大好きな美術館を後にしたのだった。

 帰り道

Dsc_7866

六本木の街並み

Dsc_7867
チューリッヒ美術館展とタイアップしたメニューのあるお店。Dsc_7868

いつも車を停めるパーキングのおとなり。ベンツのお店内にはカフェもある。

  car再び帰路の車内から

Dsc_7869
六本木の街も車内から見える街並みにもハロウィンのディスプレーが目につき、歩行者の中にもハロウィンの衣装を身に着けた人が大勢いて、都内にはハロウィンのお祭りが随分と根付いている。

Dsc_7870

自宅近くで「さぼり中」という案内板をみかけたけれど、都内は「仕度中」という開店前の案内板がcoldsweats01

Dsc_7871

やがて渋谷の宮益坂下

Dsc_7872
ガードをくぐるとき、めずらしく電車が通過していった。この位置から見える電車は山手線かしら?かっての渋谷っ子であっても懐かしい渋谷の街の変化にはついてゆけずsweat01
Dsc_7873

遊び場だったり通学路だったこの場所も前のオリンピックを目指して作られた246号線の下となった。再び次のオリンピック開催に向けて、街の変化が始まろうとしている。

Dsc_7880

真っ赤な夕日の中に沈みゆく太陽。日暮れが早まり4時半位で日没が近い。カラスの群れもねぐらを目指して。帰りの246号から見えた空。

久し振りに楽しかった六本木行きの一日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧