法事

8月は法事や墓参などの行事が多く、前月には嬉しいニュースも舞い込んで♪

2017.8.15(火)cloudrain気温も上がらず過ごしやすい一日だけれど、雨の少なかった梅雨に逆戻りしているな、ちょっと寂しい気もする夏休みのお天気catface

少し前までの猛暑に、被害をもたらしながら進度の遅い台風5号の動きにやきもきさせられたり・・・、夏の水難事故も何だかいつに無く多く発生している様子の今年の夏休み。世界的にも異常気象による災害の多さが、人の心までも落ち着かせなくしているのだろうか。

個人的には、7月後半頃から、何だか体調がすぐれない日が多くなり、早くも夏バテなのかしらと、休み休みの日々を過ごしてしまったsweat01年齢が上がる中、やたらに筋肉の痛みや凝りに悩まされ、それが体調不良に繋がるという悪循環が情けなくて・・・weep

ブログも中々書くことができなくて、ご無沙汰ばかりで失礼しておりました・・・・・despairsweat01

7月の後半に入ってすぐ、アメリカに住む姪が二人目の男の子を出産したとの嬉しい連絡も父親である弟から入って、可愛らしい赤ちゃんの写真も送られてきているbirthdayheart04

8月に入り、義弟の回忌法要が菩提寺であり、兄弟やその家族などが顔を合わせた27回忌のその日は、義弟をしのびながらも、明るく育った子供やその家族、孫にあたる子供達も大きくなって、法要、墓参が済んだ後のお斎の場は、いつも通りの明るい場となり、一堂に会せる場を設けさせてくれる義弟とその妻である義妹にも感謝の日となって。

昨日はその義妹から当日の集合写真やスナップが送られてきて、元気で会えた夏の日の思い出が蘇る嬉しい贈り物にしみじみ見入ってしまった。

そして8月盆を迎える前日、今年は他界してから早30年という年を重ねた妹の墓参に。

Dsc_6966

妹の義父母が準備されたお墓に一番最初に入り、随分長い事一人きりだったけれど、義父母さんが順に同居されるようになって、仲良くしていただいて居るに違いない。

Dsc_6963_2
北鎌倉の街並みがはるか彼方に見える静かなお寺の墓地には心安らぐ時が流れて居る。

Dsc_6968
墓参を終えて、下る参道も和みの景観の中。

Dsc_6970
崖の上からの景色。下ってゆけば墓所の菩提寺に行き着く。

 北鎌倉の翌日は厚木の父母の墓参に。

Dsc_7002_2
市内の厚木方面に行く道路が、いつに無い大渋滞carrvcarbuscar・・・・・・・sweat01そして、

Dsc_7004
車道を挟む両サイドの歩道は、いつに無い後ろ姿の人々の行進が続き、carの群れはにっちもさっちもゆかない状態coldsweats02

Dsc_7007
この季節、各所で観られる純白の百合が「大変ですね、お気の毒!」と言わんばかりに頭を垂れて見送ってくれるほど。

Dsc_7010
墓参が済んだら少し遅いお昼をと思っていたけれど、行きの動かない車中でお腹が空いてきたけれど、お蕎麦やさんに寄ることも出来ない渋滞で・・・sweat02 やがてわかりました!!

Dsc_7029

帰りに写したこの場所まで来て!!座間市で毎年開催されている市の花を愛でる「ひまわり祭り」sign03反対側の厚木方面に向かう座架依橋の下に広がる農地に設けられた「ひまわりまつり」に向かう車や人の群れでした~sign03なので、いつも通りの座架依橋は避けて、そのまま前方に進み、少し遠回りになるけれど、
Dsc_7012

いったん246に出てから129を厚木方面の墓地に向かうことに変更してくれた夫のお蔭で、何とか渋滞から抜け出すことが出来て、ほっと一息。何だか楽し気な建物を見つけて心も和み、レストランに入る時間とて無く、やっと見つけたコンビニで食料や飲み物も調達出来て一安心delicious

Dsc_7016
8月盆の初日、2時間以上かかってたどり着きましたcoldsweats01

Dsc_7015
長時間の運転で座ることも辛そうで、お疲れ様sign01sign01

Dsc_7018
お参り後、足を曲げて座りこんでみたら、少しに楽になりましたよcoldsweats01お参りが済んだころから雨がぱらつき始めて帰路に。

Dsc_7024
帰りの座架依橋も、この通りの渋滞だったけれど、橋を渡れば抜け道もあるので、

Dsc_7026
橋の下にはテントも張られ、沢山のrvcarcarが。「ひまわりまつり」のために用意された臨時駐車場。朝から沢山のお客さんが出入りしての渋滞だったのでしょう。

Dsc_7027
車の中から向日葵の咲き具合もパチリcamera 車は行き程では無いものの、祭りから帰路に着く車も多く、相変わらずの混みようなので、行きと同じ方向に出てから自宅に向かい何とか明るいうちに帰宅することが出来ましたcoldsweats01sweat01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

諸々多忙だった10月もあと少し、法事もあって心和むひと時も。

2015.10.28(水)sun昨日今日と、夏日とも言われていたけれど、本当にちょっと動くと汗ばむような陽気で、このところ連日のように続いている用事や外出がやっと少し片付き、今日は久し振りに外出せずに、自宅内のお掃除で汗を流したcoldsweats01

街を歩く人々の服装も様々で、半そで姿やランニング姿などが上着や薄手のコート姿と混在していて、季節感に乏しく成りそうな日々だった。

土曜日位からは気温も下がり出し、秋らしい陽気になってゆきそう。用事で外出の傍らにちょい寄りする自然公園内の色付きはまだ序の口だけれど、11月に入れば紅葉も一気に進むのではないかとこれから先のお楽しみmaple

 10日ほど前の日曜日は菩提寺に集まって

_dsc6237

義父母の17回忌と13回忌の日取りが近いので今回はお寺さんと相談の上、義父母合わせての法要としてお経を上げていただきました。本堂での法要が済むとご住職とともに墓前にお参り。お墓には4家からお塔婆も2本ずつ。順番を待つ一族の列。2・3年振りに会う甥や姪達の子らの成長する姿の早いこと!
_dsc6244

義父母のひ孫だって、今では立派な社会人も居る。

_dsc6254
大きくなってもまだまだ甘えんぼちゃんlovely

_dsc6253
2年半前位だったろうか。その頃の法事の折に会ったときはまだ小さな赤ちゃんだったのに、もうこんなに大きくなってeye”本堂の廊下は元気いっぱい走れるし、ちょっと緊張気味だったけれど、ママと一緒に墓前で手を合わせることも出来たのよscissors

この後は集まった親族23名全員、お寺の客殿の一室で、懐石料理のお斎を賑やかに頂き、和やかな時を過ごすことが出来た。食事が済むと小さな子達が長い座卓の下に潜りこみ、あちこちから顔を見せてくれたり、足を触ってくれたりの大サービスbleah

客殿前で全員並んで記念撮影後、名残を惜しみながら散会となったが、撮影の間も全員の笑顔が絶えることなく「法事が楽しかったなんて言っていいのかしら」という発言がみんなの口からもれるほど、回を重ねるごとに親族の和が深まってゆくようで、これこそが先に逝かれた祖先からの温かな贈り物であるような気がしてならないlovely

_dsc6270
お寺さんの裏庭の植え込みの中にいた白猫ちゃんcat

_dsc6271

静かな午後の裏庭。

  法事の数日後の夕方

_dsc6351

我が家のシュウメイ菊が登り始めた月をバックに揺れていたbud

_dsc6402

明るい陽射しの午前中、ミニ薔薇は次々開花し、左隣に咲いたピンクの八重のシュウメイ菊はちょっぴり遠慮がちだけれど開花して。ピンクの花だけの鉢の筈なのに、種が飛んできて芽を出していたのか、いつの間にか白いシュウメイ菊も花を咲かせているbud

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お盆休み最後のお墓詣り

2015.8.19(水)cloudがちのお天気。少しづつ猛暑の夏も収まってくれそうな、そんな予感もあるけれど。何しろこの夏の暑さといったら、衰え行く体力に追い打ちをかけるような冷たい仕打ちで、ひんやりさせてくれるのは心の中だけ、冷房のお世話になりながら何とか乗り切れた夏であったdespairsweat01

 お盆の墓参は

我が家から近い県内2箇所に。

_dsc4855

順番は予定を変えて、最初は妹のお墓に。

_dsc4848

体力回復を待っていたので、お盆も最後の方になり、暑い日だった。お寺の鐘楼がある駐車場に車を停めるのはいつも通り。

_dsc4859
緑の木々が、最初にお世話になった頃より大きく育って日陰も作ってくれている。

_dsc4854

ワンちゃんも接待してくれるこちらでお花を頂いて

_dsc4849

お線香は自宅からお気に入りを持参して先ずはお参り。墓誌を見れば、最初の20年以上、妹たった一人だった墓所も今では、お義母さん、お義父さんも入られた。昭和62年に他界した妹と、お義母さんは平成22年の同じ日が命日、お義父さんは62年をひっくり返したかのような平成26年、昨年の2月に他界された。3人仲良く安らかに眠っておられることだろう。

_dsc4858
お参りを済ませて駐車場に。盆の最後は広い駐車場も貸し切り。墓地の中にも駐車スペースが設けられて、空いている日は通路に駐車もありのようだった。

_dsc4864
この日、出かける前に出先の息子から連絡があり、山登りの帰りとのこと。お土産を届けに寄るということだったが、墓参の件を話したら、父母の墓に近い方を通るので、一緒にお墓詣りをしようということになり、次は厚木方面に向かう。この後は、ほぼ自宅近くを通過して、

_dsc4869
座袈衣橋を通過。橋の向こう、相模川沿いの農地に黄色い色が横一列に見えてきて急ぎパチリしたけれどボケてしまったsweat01

_dsc4872

傍を通過中、もう一度パチリ!今度は何とか。何箇所かで開催される市内の「ひまわり祭り」はここが最後の場所。人出も多く、橋の上の車の交通量もいつにない多さだった。


_dsc4877
お墓近くの無農薬野菜などが買える場所。駐車スペースが無く、いつも通過するばかり。

_dsc4883
無事墓地に到着。こちらが少し待たせてしまったけれど、山登りをしてきたという息子夫婦は疲れも見せず元気そうな様子。4人で父母のお墓にお参り。この少し前から雲行きが怪しくなりはじめ、ちょっぴり雨粒も。帰りは途中のファミレスに寄り、それぞれ半端だったランチタイムの追加のサラダやケーキで、しばしおしゃべり。帰りの駐車場内で二人から山梨の土産を受け取りそれぞれの車で帰路に。

_dsc4887

帰り道、通り雨が。駐車場内や道路もびしょびしょrain

_dsc4892

息子達からのお土産は山梨特産の大きくておいしそうな桃が5個も入ったひと箱と、今年から出来た新種という皮ごと食べられる大きなシャインマスカットをひと房。娘に電話を入れると在宅とのこと。自宅に戻る前に娘宅の前で、桃を3個分けて帰宅。

桃は収穫したばかりなので日をおいてから。マスカットは傷一つない美しい緑いろの肌をしていて、洗ってそのまま皮ごと頂いたら種の存在も気が付かない位美味しいマスカット。桃と別の袋だったマスカットのあまりの美味しさに、これもと半分にして、再び娘のところに届けに行ってしまった。

このお盆は、都内のお墓詣りまで行かれなかったけれど、秋に義父母の回忌法要があるので、その折に親族とみんなで一緒にお参りすることに。

そして、息子夫婦の山梨からの土産話から一緒にお墓詣りしたいということになり顔を合わせることが出来た。又そのおかげで娘とも2度も合うことが出来て、近くに居乍ら,それぞれの生活もあるので、そう頻繁に会えるわけではないので、夏のお盆が親子の交流に導いてくれたようで、有意義で幸せな日々となったlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副島輝人さんの告別式にて。

2014.7.20(日)cloud 梅雨明け宣言待たれる日々。朝方の晴れ間は曇り空に変わっている。不安定な天候に振り回されながらも、ここ数日の大切な外出時には空が味方をしてくれたような静かな陽気に助けられた。

ジャズを、新しき芸術の発展を心から愛したジャズ評論家の副島輝人さんが、今月12日に亡くなられた。夫の学生時代の親友副島恒次さんの兄上である。夫が学生だった当時、恒次さんのお宅を訪ねた折には、お兄様のコレクションである先鋭的なジャズのレコードを聴かせていただいたこともあると言う。元より父親譲りの古いジャズなどを聴いていた夫が恒次さんとのお付き合いから更に深くジャズの世界にのめり込んでいったことで、その後の人生が決定づけられていたのかもしれない。

2014_0718_130024dsc_6051

新聞のニュースで知った輝人さんの告別式は18日だった。

夫が結婚をした後も親友とそのお兄様の輝人さんご夫妻にはどれほどお世話になったことだろう。当時渋谷の百軒店にあった小さなジャズ喫茶「ありんこ」で結婚のお祝いのパーティーまでして頂いた。その後脱サラした夫とジャズの店を始める時も店の看板を作っていただいたり、様々な形でお世話になっている。20数年の長きにわたりジャズの店などを運営したあと、時流の変化を受け、別の道を歩み始めた私達だったが、ジャズは何時も身近にあり、今に至るまで幸せな時を過ごす為のかけがえのないパートナーとなっているnote

2014_0718_131845dsc_6063

告別式の始まる少し前に式場に到着。祭壇前の棺の中に昔の面影が思い起こされるお顔のまま、安らかに瞳を閉じておられた。夫と共に手を合わせ「有難うございました」と、心からの感謝の念が湧いてきた。ジャズがあってよかった。輝人さんの奥様にはお悔やみと共に、自分達のこれまでの年月の報告もさせていただいた。輝人さんご夫妻は何時も仲良くご一緒で、温かな笑顔を絶やさない方達で、「ありんこ」のパーティの時も優しく微笑んで見守って下さった奥様の表情は今でも忘れる事が出来ない。

式は、宗教色の無い形式で進行。MJQの曲や佐藤允彦さんの「パラジウム」が流れる中、親しかった方達の真心こもった弔辞やスキャットから始まる弔辞へと続き、突然後方から前衛的な音楽が聴こえてきたり、列席者の中から若い女性達2・3人が立ちあがり、共に前衛的な舞踏と下の写真の大きな人形のパフォーマンスも加わってこれまで経験したことの無い賑やかな葬儀となっていった。「渋さ知らず」のメンバーの方々の熱演だった。前衛ジャズや芸術をとりわけ熱く応援されたりお世話された故人に相応しい式であった。

そして、生前の輝人さんのこの日の為に用意されたメッセージが会場内に流れた。あちらの世界に行っても閻魔大王にだって屈っすることなく過ごされるという言葉が強く心に残ったことだった。

2014_0718_130847dsc_6057

出棺を見送る大きな人形の動きを見事に操るメンバーの方達。

   bud夏を迎える前のミニ薔薇が

2014_0720_132604dsc_6076

又蕾をつけ開花し始めたbud

50年以上にわたりお付き合い頂いたことに深く感謝・・・・

                             合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の海軍道路。この季節ならではの子供達のアート♪

2014.3.3(月)cloudsun 灯りを点けましょ ぼんぼりに お花を上げましょ桃の花 五人囃しの笛太鼓 今日は楽しい雛まつり ♪ すっかり忘れて,桃の花飾りも無いままの雛まつりだった。それにしても雛の節句というのに、何て寒いんでしょう。

 moon3 今日のお月さま

2014_0303_182508_dsc2435

夕方買い物に出かけたスーパーからの帰り、外に出ると車道に立った男性がスマホを空に向けて写真を写していた。思わずスマホの先の空を見上げると、ブランコのようなお月さま。駐車場でカメラを取り出し真似してパチリcamera

 car横浜瀬谷の海軍道路を車内から

2014_0227_170808_dsc2392

雨にけぶる道路の両側には桜並木が続く。花の季節に一度はこの道を通ってみたいと思いながら中々果たせなくて・・・・coldsweats01 見事なお花見が出来そうなのにcherryblossomcherryblossomcherryblossom

2014_0227_171032_dsc2400

走る車窓からカメラを向けると、信号の灯りや

2014_0227_171105_dsc2401

街灯が

2014_0227_171507_dsc2403

カメラの揺れで光の色がにじむ。

この日はこの道路の先にある斎場で、親せきのお通夜が営まれた。寒い日だったが、兄弟や甥や姪に会えるのも悲しいかなこのような機会が一番多くなってしまった。いつも思うのは、先に逝った人達の思し召しなのでしょう。久し振りに親族達と出会えるという嬉しさの。

2014_0227_202451_dsc2408

渋谷に住む弟を田園都市線の駅まで送り、自宅に戻ると、エントランス・ドアには可愛いお迎えの絵が待っていた。屋内側からパチリlovely 

 snowのアート

2014_0226_162421_dsc2386

2014_0226_162434_dsc2387

その前日、近所の散歩に出た折、セーラー服姿の可愛らしい中学生位の女の子が二人、道端に座り込んでいるのを見かけた。近所での買い物と散歩を済ませて元の道に戻ってくると、道路の真ん中に、こんなに可愛らしい雪と植物がコラボした素敵なアートが出来あがっていた。少女達の姿はすでになく、お天気も回復してきていたこの日、直に融けて無くなってしまいそうなので、せっかく上手に出来たこの作品の儚さが可哀そうで、カメラの中に収めておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の三回忌法要の日は親族親睦の日でもあった。

 
2013.12.23(月)cloud寒い寒い冬の日々。
早いもので昨日日曜日は母の三回忌法要の日となった。新年7日に他界した母の法事、命日を超えないようにするには、どうしても年末のうちにということになり、昨年と同じ22日がその日となった。母の兄弟姉妹は他界したり地方であったり、高齢となったりで、今回も超身内だけの法事となった。

2013_1222_110622dsc_8322_2

11時からの法要に、一番早く着いたのは斎場に一番近い我が家と息子達。弟夫婦、他界した妹の家族、弟の息子達の家族と6家族が順に斎場待合室に揃った。時間通り、斎場内で無事三回忌の法要がとり行われた。年末の法事は、我が家のようなケースも多々あるのだろう。件数が意外に多く、時間厳守で定刻ぴったりに終わった。

2013_1222_110955dsc_8329

弟の息子長男の下の女の子Seちゃんもこんなに大きくなって

2013_1222_110901dsc_8325_2

昨年はまだ赤ちゃんだった弟の二男の子Mちゃん。ママの両足につかまりながらよちよち歩くのがお得意で(*^_^*)

2013_1222_114256dsc_8340

続いてお坊さんと共に墓地に向かう。今年は風が冷たく寒いけれどお天気が良かったので昨年のようにみぞれ交じりの墓地で震えあがることも無く、それだけでも有難いことだった。

2013_1222_115228dsc_8348_2

父母の墓を囲み、全員で記念撮影。みんな大きくなってしまい、自分より小柄な人は若干2・3名となり・・・・・

2013_1222_115727dsc_8352

我が家の息子達と甥や姪が小さかった頃と同じように、新しい従兄妹通しの交流も始まり、そんな様子を愛おしげに、或いは仲間に入りたげに付き合う我が息子とその父親(笑)

2013_1222_124430dsc_8362

お参りが済めば予約のお部屋でみんなでお昼の時間。食事の途中から甥たちやその子達の近況報告があり、最後は手前のSuちゃんの提案で伝達ゲームが始まり、Suちゃんの最初の言葉が次々と全員の耳から耳へ小声で伝えられて最後にきちんと伝わったかどうかの発表。耳が少々遠くなった人間にはちょっぴり厳しいゲームだったが、幸い躓いたのはそこでは無かったようで、犯人がわかるとみんなで大爆笑(^O^)

日頃から親しい親戚通しではあるが、Suちゃんの提案が更なる親睦となり、より和やかなお清めの時となった。そんな様子を子供達の後ろの窓際で、母の位牌と母の遺影が嬉しそうな笑顔を浮かべて見守ってくれていた。

2013_1222_131732dsc_8365

食後の窓の外は晴れた冬景色。

この後は、亡き妹の長女の誘いで、他に予定のある弟の息子ニ家族以外の全員が、今は一人暮らしをする彼女の家に寄ることになった。総勢9名、こじんまりした彼女の部屋は女らしくまとめ上げられ、亡き妹の民芸家具のライティングも置いてあり、妹を彷彿とするようなしつらいが、妙に懐かしくもあった。珈琲をたてるのが上手な弟が頼まれていれた珈琲を飲みながら、法事を終えた後の寛いだ気分で、昔話などに花が咲き、この日の第2ステージも親族にとっての有益な親睦会となったことだった。Mちゃん有難う!

この夜、羽田からハワイに新婚旅行に旅立つという息子達。母の法事の日と同じ日で忙しい事になってしまったが、海外に旅慣れた彼女が居るので安心して、姪の家の前で見送ることに。今朝8時過ぎには現地の写真と共に無事到着の一報が入った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋彼岸の墓参はお天気に恵まれて。

2013.9.20(金)sun秋らしい爽やかな風が流れる室内。テラスに出れば割合強い風が吹いている

     bud 秋の訪れを知らせる穂紫蘇 bud  

2013_0920_132932dsc_6547

毎日のように葉を摘み、刻んでサラダに入れたり料理の付け合わせにして食べたりと、それでも食べきれないほどの紫蘇の葉が、あちらからもこちらからも芽を出し育ち、この夏も食卓を賑わしてくれた。秋を迎え穂紫蘇が出て来て白い花を咲かせている。お刺身をあまり食べない我が家では刺身のつまになることも無くてかわいそうだけれど、この穂からやがてあちこちに種をまき散らし、又来年の実りとなって帰ってくる。他の場所の紫蘇には小さな蕾が付き始めたけれど、まだしばらくは美味しい紫蘇の葉を口にすることが出来るdelicious

2013_0920_131310dsc_6530

台風が去り、再び元気に瑠璃祭りが咲き始め、花の咲いた枝をさやさやと風に揺らして楽しませてくれる。台風が来て唯一良かった事は我が家のテラスが大分片付いたこと。痛み始めた大きめのプランターの中の植物を他に植え替え、一つ処分することが出来た。その位でも狭いテラスの空間が大分広くなった気がする。鉢の裏などに隠れていた溜まった落ち葉掃除もできて、ほんの少しさっぱりしたけれど、日頃動かさない体のあちこちに少々疲れが残ったsweat01

     car 秋彼岸の入り car

2013_0919_142244dsc_6507

お天気が良かった昨日は予定通り墓地が空いているうちに父母のお墓参りに。道路も空いていて思ったより短時間で墓地に到着。明日からの本番に向けて墓地入り口付近では彼岸の準備に追われていた。

2013_0813_160509dsc_5763

何時頃からか、入り口の正面に出来た真っ黒いモニュメント。上はお盆に来た時に車内からパチリしたもの。

2013_0919_143602dsc_6518

昨日はそのモニュメントの前をパチリ。積まれた石の上に飛び出している石に“SHIRO HAYAMI”の文字が彫りこまれていた。黒御影石などの彫刻の大家であるそうだ。
2013_0919_143039dsc_6512

父母の墓前で手を合わせる。お彼岸も無事に参ることが出来た。「ありがとう」それだけでも十分な報告だ。元気に無事に暮らしていることこそ、親が子に一番に望んでくれたことと思う。
2013_0919_143236dsc_6515

気持ちよく晴れた秋の午後、彼岸の入り口はまだ参拝客の姿も少なく、のんびりした気分で周りを見回して見る。売店や休憩などが出来るメモリアルホールと会席等が出来る建物がつながっている。
2013_0919_143206dsc_6514

神奈川の地に来てもうあと数年で30年。自宅から近く、いつでも気軽に来られるこの墓地を母が決めておいてくれて本当に良かった。母の晩年は神奈川の我が家とすぐ側のホームで過ごし、都内に戻ることなく、神奈川のこの父の眠る墓所に入った。今の自分達は当然ここに入ることは出来ず、夫方の都内の菩提寺に入ることになるだろう。元気で来られるうちは散歩気分でお参りに来よう。
2013_0919_143447dsc_6516

ホール建物の窓には墓地が映り込んでいる。2013_0919_144101dsc_6519

丹沢の山々を眺めながらのドライブも楽しい。
2013_0919_144229dsc_6520

帰路の通り沿いに、彼岸花が2輪、少し離れて咲いていた。来年はもう少し寄り添って仲良くねheart04 この後はドライブしながら遅めのランチをしなければrestaurant  そしてお仏壇用のお花も買って帰りお供えしよう。

2013_0919_214419dsc_6524

昨夜は中秋の名月テラスから見たまんまるいお月さまfullmoonその下にもう一つ月が影のように映り込んだfullmoonsign02

     present 素敵な贈り物 book

2013_0916_161216dsc_6483

何時も思いがけず素敵な物を贈って下さる友人のK子さんから最近届いた冊子は“銀座百点”9月号。その存在は知っていたけれど、銀座に出かけることは少なく手にとって見たことは無かった。今回は猫写真家の岩合さんの対談が載っているということで送って下さった。その記事だけでも嬉しいのに、この冊子の内容の濃いことにびっくりlovely

ページを繰れば銀座百店会MAPから始まり、各店の広告が主であって当然なのに、一つひとつの記事の充実ぶり。この号は“ひとりの老後”を考えるという久田恵さん香山リカさん岸本葉子さん、お三方の座談会から始まり、そうそうたる方々の記事で埋め尽くされている。なまじの週刊誌などより面白く、読んで楽しく見て楽しい銀座が味わえる。

台風後の片付けや墓参で疲れた今日はのんびり“銀座百点”を繰りながら午後を過ごした。お陰でいつもなら眠くなる午後もお目目パッチリhappy01

K子さん有難うsign03

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お盆のお墓参り

2013.8.14(水)sun 昨日はほんの幾らか暑さも和らいだようで、更に涼しくなりそうな午後になってからお盆のお墓参りに出かけた。

2013_0813_154219dsc_5753

いつものように座架依橋を渡れば、この季節は青々とした稲穂の育ち具合が見られ

2013_0813_154349dsc_5754

走る車の窓から見える橋の下の相模川では楽しげに川遊びをする人達の姿が見える。夏真っ盛りscissors

2013_0813_155746dsc_5759

墓地に向かう途中の八百屋さんの店先、積み上げられたリンゴの箱の上に居るのはどうやらお猿さんのようで、急ぎ通過する車窓からパチリしたけれど後ろ姿になってしまったsweat01後からこうして写真で見ると、もしかしたら猫だったかしらと心もとないけれどcoldsweats01

2013_0813_160503dsc_5761

霊園入り口、夕方近い霊園は大分空いてきていた。受付でお花とお線香を買って父母の墓前に。墓を水で洗い、花と線香を供え持参したビールを墓石にかけて、父と母に乾杯してもらい「来ましたよ。みんな元気に頑張っているわよ」まずは近況の報告を伝えながら手を合わせた。

2013_0813_162208dsc_5764

いつもはお参りが済めば、駐車場に戻りかけるけれど、墓地の上手の方に行ってみた。父母の墓前から見上げる突き当りにいつも見える石塀が気になっていたけれど、中にはこんな墓地が出来ているようだった。

2013_0813_162237dsc_5767

斜面の上の方から見下ろす景色も広々として気持ちがいい。母がここに墓地を手配したのは昭和50年の少し前。父がここに眠るようになってから、何度このお墓に来たことだろう。厚木の駅で待ち合わせ、バスに乗って母と二人で来たこともあった。今はその母もここに眠っている。

2013_0813_162444dsc_5775

せっかく上まで来たので、通路を歩いてみた。暑さは程ほどで、とてもいいお墓参り日和の夕方。駐車場に戻り、帰路の車に。

2013_0813_163806dsc_5781

2013_0813_163809dsc_5782

車窓から外の景色を眺めていると、来るたびに何か新しい発見があって、ここも前には無かった無農薬の野菜とかが売られているお店。反対車線からなので眺めながら通過するだけだったが。

2013_0813_170249dsc_5787

帰り道も座架依橋を通って。橋の両側の畑一面に

2013_0813_170310dsc_5793

向日葵が咲いていた。

今年もお盆のお参りが出来た。健康である間は通い続けたい大切な父母の墓参り。母も一人で動ける間は、お盆と春秋の彼岸は欠かさず父の墓に参り、徐々に体力が衰えて来てからの7.8年は何度も一緒に参り、最後は自分達だけの代理墓参が続いた。母の晩年の時を夫と三人で共に過ごせた日々の幸せが蘇る。これから訪れる老いてゆく日々の予習をさせてくれた母に今は感謝あるのみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

菩提寺での法事は親族の絆が更に深まる一日

2013.7.24水)cloudrain 戻り梅雨のような湿度の高いお天気。各地でゲリラ豪雨が発生したり、その一方、関東では利根川系の取水制限が始まった。

そして昨日、英国王室にはロイヤル・ベビーが誕生したとのビッグ・ニュースが世界中に流れ、おめでたムードで一杯。

2013_0723_165054dsc_5239

近くの公園に大きな草芙蓉の花が咲いていた。

2013_0723_165211dsc_5241

向日葵も丈高く。夏の花達。もう百日紅や夾竹桃も咲く季節。

  clover 法事の日曜日 clover

2013_0721_113911dsc_5189

菩提寺の境内におられる正観世音像

2013_0721_113920dsc_5190

正午少し前、蓮の花がまだきれいに咲いていた。

2013_0721_114001dsc_5193

鬼百合の花も彩り鮮やかに。

ご住職による法要が本堂で行われた。その後はご住職と共に全員で墓所に向かい、住職の唱える読経の流れる中お墓参り。お参りが済めばいつものお部屋でお食事となる。

2013_0721_134915dsc_5208

この日は一番最近生まれた赤ちゃんの祖父にあたる義弟の23回忌法要だった。40代半ばの夏の朝、突然逝った義弟の孫はすでに5人目。二人の娘達が結婚した相手とどの孫にも会うことは出来ないけれど、残された義妹は女手一つで立派に娘達を育て上げ、そのDNAはこうして脈々と受け継がれている。

2013_0721_140739dsc_5214

昼食が済めば、あちらこちらで和みのひと時。

2013_0721_134403dsc_5207_2

おや~!!可愛い赤ちゃんの感触は何物にも代えがたく、この後はみんなで代わる代わる抱っこタイムlovely

2013_0721_140927dsc_5218_2

仲のいい孫達には楽しい交流の時。長い歳月の間、子や孫達の間で繰り返されてきた光景が懐かしくもあり微笑ましい。

2013_0721_141308dsc_5225_2

ついこの間生まれたと思っていた女の子達は弟が生まれたので、もうすっかりお姉ちゃま。今からとても働き者に見えるなぁ~!大人になったらいいお嫁さんになりそうよscissors

2013_0721_141348dsc_5228_2

久し振りの親族の集まりは、尽きる事ないおしゃべりなどが続く。これも先に逝った者からの贈り物の時。この後は全員集合写真を撮影して散会となった。

2013_0721_113145dsc_5178_2

境内裏手に咲いていた花

2013_0721_113606dsc_5185_2

墓地から境内へ通じる山門扉の板は大木から切り出した一枚板のようで、長い間に亀裂が出来たのか補修の後もゆかしい。

2013_0721_143810dsc_5236_2

安永五年再建の折に使われたという瓦が境内に安置されていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関東に桜の季節到来,お彼岸中日のお花見も嬉しい♪

2013年3月22日(金)sun春は気温の変化が激しい。昨日は花冷えの一日。朝のうちより昼近くなるにつれて肌寒くなり暖房のお世話になっていた。今日は又一変暖かな陽気。関東はこの週末位が桜の見頃とも言われているが、寒暖の差に戸惑わないよう衣服の調節を考えながら外出しなければ。

     cherryblossom 桜咲くお彼岸中日 cherryblossom

2013_0320_141851dsc_2316

厚木方面にお彼岸の墓参に行く道、座間キャンプ側のトンネルの上に「キャンプ座間桜まつり」の看板。キャンプの内部を車内からキョロキョロしてみたら桜の木が多い。大きな開花とまではいかなかったが、この暖かさ、桜まつりまで花が散らなければいいけれど。今年はどこの会場も開花の早い桜に悩まされているようだ。

2013_0320_163656dsc_2340

墓地近く、風が強かった当日のお天気。帰り間際車内から見えた春霞みの中に咲く桜cherryblossom

2013_0320_161710dsc_2332

墓地の通路際に咲いていた山桜

2013_0320_161345dsc_2327

松の木とコラボして

2013_0320_161225dsc_2324

染井吉野とは違う可愛い花。春彼岸の墓参でここに桜が開花しているのを見たのは初めてのような気がする。父母の墓参を終えた後のひと時。

2013_0320_160938dsc_2321

最後にもう一度墓前に戻り、「ここでお花見が出来て良かったわ」と手を合わせた。母は、ずっと先に逝ったお酒の好きだった父と、今頃花見酒に酔いしれているだろうか。得意の三味の音をつま弾きながら・・・・bottle

2013_0320_164643dsc_2345

帰り道、車窓からは素敵な春の様子が散見されるが、動く車内からの撮影は難しい。紅の木蓮が満開に咲き彩る風格ある建物。

 clover 木々の葉も早々とカラスの巣を覆い始めた       

2013_0319_113641dsc_2294

今年は木々の芽吹きから若葉になるのがとても早いようで、カラスの巣も直に見えなくなってしまいそう。このところの強風にも負けず、巣の中では幾つかの卵が母さんカラスによって温められているのだろう。時折餌を咥えたカラスが外から巣に戻ってゆく。

2013_0321_160749dsc_2351

上の写真の二日後は

2013_0321_161118dsc_2358

更に葉が大きくなって。

2013_0322_120423dsc_2359_2今年のカラスカップルの昼時はこうして建物の塔屋でまったりしていることが多い。昨年に比べて体も小さく見えるが、同じカップルなのか、その子供達の新しいカップルなのかは全く判らないsign02
2013_0322_121011dsc_2362

今日のカラスの巣のある木々の葉は更に大きくなってきた。外に出れば、穏やかな風に揺れる木々の優しい葉ずれの音が心地良く耳をくすぐる。

2013_0322_121736dsc_2363

公園入り口側の木もいつの間にかこんなに青々とした若葉が茂り始めている。逞しい木々の成長。公園中程のカラスの巣のある木々も、今年は強風に負けて折れないように雛の誕生を頑張って守っておあげ。

2013_0319_114114dsc_2300

我が家のこでまりに花の蕾が育ち始め、向こうの紫陽花の葉も育ち始めたbud

2013_0319_114139dsc_2301

木工薔薇も芽吹き、今日見たら小さな蕾があちこちに育ち始めていた。昨年は花が咲かなかったのでひとしおの嬉しさheart04

2013_0319_114242dsc_2303

又名前を忘れてしまった白い花も咲き始めた。春まっ盛りを迎え、他にも真っ赤なゼラニウム、黄とオレンジ二鉢のナスタチウム、ピンクと白のマーガレット。時折ガザニアが咲き、クリスマス・ローズも頑張っている。キャロライナ・ジャスミンや他の木に咲く花達の開花ももうじき。毎年訪れるこの春の季節は希望に満ちて心が弾み、気持ちも若やいでくるような気さえするheart01

春彼岸の墓参の折、行きがけに車内から見えた谷戸山公園入り口付近の桜は、満開に近かったcherryblossom

今月末の息子の結婚式に向けて、来客や、親なりの式に向けての準備など何かと慌ただしく過ごしている中、遠くまでのお花見の時間は取れないかもしれない。いつか神奈川に住む事になった初日の母と一緒に観た一番近い谷戸山の桜は観に行かなくてはcherryblossomheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)