祭り

8月は法事や墓参などの行事が多く、前月には嬉しいニュースも舞い込んで♪

2017.8.15(火)cloudrain気温も上がらず過ごしやすい一日だけれど、雨の少なかった梅雨に逆戻りしているな、ちょっと寂しい気もする夏休みのお天気catface

少し前までの猛暑に、被害をもたらしながら進度の遅い台風5号の動きにやきもきさせられたり・・・、夏の水難事故も何だかいつに無く多く発生している様子の今年の夏休み。世界的にも異常気象による災害の多さが、人の心までも落ち着かせなくしているのだろうか。

個人的には、7月後半頃から、何だか体調がすぐれない日が多くなり、早くも夏バテなのかしらと、休み休みの日々を過ごしてしまったsweat01年齢が上がる中、やたらに筋肉の痛みや凝りに悩まされ、それが体調不良に繋がるという悪循環が情けなくて・・・weep

ブログも中々書くことができなくて、ご無沙汰ばかりで失礼しておりました・・・・・despairsweat01

7月の後半に入ってすぐ、アメリカに住む姪が二人目の男の子を出産したとの嬉しい連絡も父親である弟から入って、可愛らしい赤ちゃんの写真も送られてきているbirthdayheart04

8月に入り、義弟の回忌法要が菩提寺であり、兄弟やその家族などが顔を合わせた27回忌のその日は、義弟をしのびながらも、明るく育った子供やその家族、孫にあたる子供達も大きくなって、法要、墓参が済んだ後のお斎の場は、いつも通りの明るい場となり、一堂に会せる場を設けさせてくれる義弟とその妻である義妹にも感謝の日となって。

昨日はその義妹から当日の集合写真やスナップが送られてきて、元気で会えた夏の日の思い出が蘇る嬉しい贈り物にしみじみ見入ってしまった。

そして8月盆を迎える前日、今年は他界してから早30年という年を重ねた妹の墓参に。

Dsc_6966

妹の義父母が準備されたお墓に一番最初に入り、随分長い事一人きりだったけれど、義父母さんが順に同居されるようになって、仲良くしていただいて居るに違いない。

Dsc_6963_2
北鎌倉の街並みがはるか彼方に見える静かなお寺の墓地には心安らぐ時が流れて居る。

Dsc_6968
墓参を終えて、下る参道も和みの景観の中。

Dsc_6970
崖の上からの景色。下ってゆけば墓所の菩提寺に行き着く。

 北鎌倉の翌日は厚木の父母の墓参に。

Dsc_7002_2
市内の厚木方面に行く道路が、いつに無い大渋滞carrvcarbuscar・・・・・・・sweat01そして、

Dsc_7004
車道を挟む両サイドの歩道は、いつに無い後ろ姿の人々の行進が続き、carの群れはにっちもさっちもゆかない状態coldsweats02

Dsc_7007
この季節、各所で観られる純白の百合が「大変ですね、お気の毒!」と言わんばかりに頭を垂れて見送ってくれるほど。

Dsc_7010
墓参が済んだら少し遅いお昼をと思っていたけれど、行きの動かない車中でお腹が空いてきたけれど、お蕎麦やさんに寄ることも出来ない渋滞で・・・sweat02 やがてわかりました!!

Dsc_7029

帰りに写したこの場所まで来て!!座間市で毎年開催されている市の花を愛でる「ひまわり祭り」sign03反対側の厚木方面に向かう座架依橋の下に広がる農地に設けられた「ひまわりまつり」に向かう車や人の群れでした~sign03なので、いつも通りの座架依橋は避けて、そのまま前方に進み、少し遠回りになるけれど、
Dsc_7012

いったん246に出てから129を厚木方面の墓地に向かうことに変更してくれた夫のお蔭で、何とか渋滞から抜け出すことが出来て、ほっと一息。何だか楽し気な建物を見つけて心も和み、レストランに入る時間とて無く、やっと見つけたコンビニで食料や飲み物も調達出来て一安心delicious

Dsc_7016
8月盆の初日、2時間以上かかってたどり着きましたcoldsweats01

Dsc_7015
長時間の運転で座ることも辛そうで、お疲れ様sign01sign01

Dsc_7018
お参り後、足を曲げて座りこんでみたら、少しに楽になりましたよcoldsweats01お参りが済んだころから雨がぱらつき始めて帰路に。

Dsc_7024
帰りの座架依橋も、この通りの渋滞だったけれど、橋を渡れば抜け道もあるので、

Dsc_7026
橋の下にはテントも張られ、沢山のrvcarcarが。「ひまわりまつり」のために用意された臨時駐車場。朝から沢山のお客さんが出入りしての渋滞だったのでしょう。

Dsc_7027
車の中から向日葵の咲き具合もパチリcamera 車は行き程では無いものの、祭りから帰路に着く車も多く、相変わらずの混みようなので、行きと同じ方向に出てから自宅に向かい何とか明るいうちに帰宅することが出来ましたcoldsweats01sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園「水無月園」の菖蒲まつりは2日後の6月12日!少し早めに覗いてきました!

2016.6.10(金)sun梅雨の晴れ間はお洗濯日和sign01どこかに行きたい気分を封じ込め・・・・・coldsweats01

  clover相模原公園内水無月園の菖蒲はそろそろ見頃に

Dsc_0764
5月最終日、相模原公園内から水無月橋を渡り菖蒲園に。斜面の上から見渡す菖蒲の様子は、まだ少し早かったようだけれど、

Dsc_0783

菖蒲園内に入ってみれば、種類によっては綺麗に咲いている場所もあり、季節を少し先取りした菖蒲見物を楽しむことが出来ましたlovely

Dsc_0785
池を囲む菖蒲達には、それぞれ立派な名前がついている。向こう岸には黄色い菖蒲が咲き、水面にうっすら色を落としている。

Dsc_0791

青空の色、新緑の色、花々の色を映す池の水面は懐が深く

Dsc_0789
その水中には、沢山の鯉が泳いでいる。最近生まれたばかりのような小さな黒い鯉も群れに混じり、元気に泳ぎまわっていたsign03
Dsc_0797

花の影を映す池の周り、盛りを迎える少し前は絶好のお散歩道

Dsc_0800

このころはツツジも満開で、

Dsc_0804
静かな水面を囲んでいた。
Dsc_0805

江戸系、伊勢系など118品種26000株の菖蒲が咲き誇る水無月園。今年の「菖蒲祭り」は、2日後の6月12日開催。AM10時~15時まで。菖蒲娘さん達もやってきますよsign03

Dsc_0806

上の写真の菖蒲園と通路を挟んだ反対側にも菖蒲園が。入り口付近に咲く山法師の白い花。

Dsc_0770

その園内の菖蒲咲く近くに始めて会うニャンコがお昼寝中。声をかけたら眠そうな顔をして振り向いてくれたcat

Dsc_0765

日曜日の「菖蒲まつり」には来られないかもしれないので、今年の花の姿を目に焼き付けて。

Dsc_0818
相模原公園入り口近くで見かけた「赤い実」がたわわに実る「アメリカザイフリボク」という名の薔薇科の木。花や実がなければ、きっと通り過ぎてしまう木々、今この季節にアピール中cherry

Dsc_0807

春を過ぎ初夏を迎えて、陽足が長くなり木々の影も長く伸びる夕方。お散歩時間もついついゆっくりにconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泉の森内「民家園」の春まつりは13日開催!古民家で蘇る記憶(^^♪

2016.3.7(月)raincloud春めいた気温になってきたのに、今日は昨夜からの雨が夕方まで続いた。明日位まではまだ暖かそうな予報。その後は又寒の戻りもあるようだ。

雨の日の散歩は避けて、今日はのんびりアイロンかけなどしながら、オールド・ジャズを聴く。パリ、クラブ・サンジェルマンでの若き日のバルネ・ウイランのライブ演奏から、サッチモの歌にトランペットなど、過ぎ去りし日々のJAZZ漬けだった日々を思いだしながら、今ほど彼らの魂のこもった演奏を、どれほど理解して聴くことが出来ていたのかと思う。音源というものが残る限り、聴く耳を少しづつより良くしてくれているようで、楽しみは尽きることが無いnotes

 cherryblossom雛まつりは過ぎたけれど、

_dsc8504

今月13日の日曜日は大和市泉の森内「民家園の春まつり」が開催される。お天気の良かった2月半ばに訪れた日。既にお雛様は飾られ、旗日だったこの日は和菓子やさんの出店もあり、美味しそうなお菓子を幾つか購入。中でも芋羊羹が素朴なお味で、とっても美味しかったdeliciousheart04

_dsc8481

入り口付近の梅の開花は始まったばかりだった。

_dsc8483
蝋梅が、前回訪れた時よりも開花していた。

_dsc8485
古民家裏手の桜は寒桜だそうで、

_dsc8486

手前の梅ととともに開花が始まっていた。畑には春を告げる菜の花も。今頃はお庭の河津桜が見頃を迎えているはずcherryblossomcherryblossom

_dsc8493
古民家内の段飾り。今月13日まで飾られている。

_dsc8498
あと一息で咲きそうな桜の蕾。

_dsc8499
この時期の松も何だか新鮮。

子供の頃に毎年遊びに行っていた茨城の田舎は、木といえば松の木ばかりで、山で枯れた落ち葉をはき集め、お風呂を沸かす燃料などに使われていた。祖父母や叔父も他界し田舎にゆく機会が少なくなってしまい、もう20年以上になるだろうか。その頃で、すでに裏山の松林や歩道沿いに見渡す限りだった松林は少なくなっていた。松自体の傷みなどもあったように聞いたけれど。今はどんなだろう。

_dsc8501

新しく葺き替えられた茅葺屋根の色も少しずつ変化し始めている。かっての田舎の家も茅葺屋根だった。今はすでにモダンな住宅に建て替わってしまったけれど。

_dsc8509
表門から外に出て、建物回りを散歩。外側から見た裏門

_dsc8520
敷地内に建つ2棟の古民家風景。歴史ある貴重な古民家。

昔の田舎での景色は、お隣どおしがこんなに近いことが無く、農家の庭には、納屋や牛小屋、豚小屋、鶏がいたり、祖母の造った花壇がある広い庭で、民家同士の間には林や畑があり、ずいぶん離れた場所に近隣の屋根が見えるようなのどかなものだった。そんな光景を懐かしく思いだす古民家園は折に触れ足を運んでしまう場所。

_dsc8523
民家園の外の森に居た鳩ポッポ。餌をついばみながら森のお散歩中。

_dsc8534
駐車場の車に乗り込み、帰ろうとする瞬間、リールに繋がれたニャンコが飼い主さんとお散歩するため車から降りてきたeyeheart04何だか嫌々するように座りこんで歩こうとしないニャンコ。車内でお昼寝でもしていたかったのかなcathappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の花と少し前の市内施設のお祭り見物の日(^^♪

2015.10.13(火)sun今日は、秋らしい晴天の爽やかな一日だった。このところ、雑用やら買い出しなど、出歩くことが多くて、ブログもすっかりご無沙汰でした。今日の記事も随分前から書き始めたままのもので、・・・・coldsweats01

 bud秋空によく似合う

_dsc6020
純白の秋明菊の花。花の後ろ姿には秋空への思慕がにじみ出ているようで

_dsc6023
この秋一番に咲いた一輪目の白い秋明菊の花bud

_dsc6026
ミニ薔薇は赤い花を次々咲かせ、蕾も次々と出来てくる。

_dsc6028
ミニ薔薇の鉢の手前はピンクの秋明菊の鉢。こちらも一輪目の花が咲かんばかりに育ってきて、「頑張る!頑張る!白いお姉ちゃんに負けないように!赤い薔薇さんにも負けないように、もうじき咲くわよsign03」背中には少し小さな蕾も背負い、開花への意気込みが聞こえてくるようなhappy01

_dsc6033
そんな矢先の午後には、一足お先にガザニア姉妹も咲き始めてしまったsign03

 sign053日の土曜日は市内の施設でお祭りがある事を知って
_dsc5992
買い物に出た折、初めての『アガペ祭』にちょこっとお邪魔してみましたnote

_dsc5970
施設の外まで鳴り響き、聴こえてきたのは、素晴らしいマーチング・バンドの演奏earnotes

_dsc5965
市内マーチング・バンドの少女達がきりりとした姿で見ごとに演奏する姿note

_dsc5968
演奏を終えてステージを去ってゆく。もう少し早く来れば良かったとちょっと残念だったけれど、市内の催事などによく出演しているという少女達。これまで全国のコンクールで金賞や銀賞に輝いているという少女達の演奏は、又何れかの機会に聴くことが出来そうな嬉しい出会いの日でしたnote

_dsc5973
少女達の演奏の後は、「ざまりん」が会場内に。

_dsc5978

市のキャラクター「ざまりん」の人気は高く、この後はしばしファンとの記念撮影などが続く楽しいひと時camera

_dsc5990

ハロウインが近づき、こんな帽子姿の少女も

_dsc5987

地元のチーム「悠舞」の「鳴子踊り」や、施設に入所されて居る方達も一緒に歌う「ズンドコ節」なども楽しかった。最後までは居られなかったけれど、模擬店あり、「防災テーマ」の消火器や非常食の試食などもあるということだった。

秋晴れの一日となったこの日は、施設の方達、ステージに立つ人、見る人、みんなの素敵な秋祭り日和となり、賑わいをもたらしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の夜「座・高円寺」にて開催の「ミソロジカル:カナタ」を観に♪

2015.8.29(土)cloud

日中は一日曇りがち。屋内にいる限りは過ごしやすかった。しばらく外出が続いたりしていたので、疲れも出たけれど、昨日一昨日は涼しかったので、近所への買い物ついでに近くの公園散歩。短時間だったが短い山道の昇り降りも何とかこなせて、少しは元気になれそうな気がしてきた。やはり今年の暑さは普通では無かったのかも。体力の消耗が異常に激しかったような気がする。

蝉の音も遠ざかりつつあり、息絶えだえの蝉がベランダに舞いこんできてひと夏の命を閉じる姿を見せることもある。夜になれば鈴虫の鳴き声も聴こえてくるようになった。自分自身は,もう少し元気になれるように体力の向上を図らなければ。

  event23日は1年ぶりの高円寺にnote

_dsc5121

懐かしい高円寺南口付近。ガードをくぐれば

_dsc5122

北口の駅前。駅前の商店街も今では「高円寺純情商店街」という名に変わっている。昔、初めて高円寺に住んだころから見れば駅すぐ前の様子は随分変わったけれど、お茶の金子園はまだあるし、数年前に阿波踊り見物に来た時には、昔ながらの商店も残っていて懐かしかった。車で来たので、懐かしい場所も素通りとなり、公演劇場「座・高円寺」隣の駐車場に一目散。奇跡のように駐車スペース一台分だけ空いていたscissorsこの夜の招待主の甥っ子が劇場入り口で駐車場がふさがらないかと、(多分)冷や冷やしながら待っていてくれたhappy01

_dsc5145
開演数分前の到着。すぐに地下に降りて何とか開園前に着席coldsweats01会場内は満席scissors

「れんアカデミーキッズシアター2015」公演『ミソロジカル:カナタ~時の向こうに~』今年も元気な姪っ子二人も出演する少年少女が主体となった、現代に生きる子供達が70年前の戦争中にタイムスリップし、その時代の中での体験を通して再び現代に戻ってくるという本人達にとっては夢のような物語。戦時中のつらい出来事も丁寧に描かれ、戦後70年という今年だからこその内容が、作・演出・出演者全員の演技に寄り、見ごとに描かれ、観る者の心を打つ感動的な内容だった。

_dsc5129
舞台終了後、現代と過去を行き来し、過去の姿は当寺の制服のようなもんぺ姿になったり、セリフも身振りも昨年から又更に上達した仲間たちと共に、歌い踊り、舞台狭しと走り回った甥夫婦二人の大切な娘姉妹。演技することを楽しみながらも、過酷な日本の歴史の中で生きるという体験を舞台上で演じてきた頼もしい子達。姉は粋ちゃん・妹の染ちゃんのツーショットscissorsscissors

_dsc5134
真ん中が二人のパパ君。右は弟君。つい最近二人目の女の子が授かっているscissors

_dsc5130

愛娘達の公演時、舞台のスタッフとして動き回るママと。

_dsc5142
娘二人の後押しをするパパとママ。おばあちゃん達やおじさんとともに。好きな道を活き活きと進むことが出来る今の時代。そこには大きな愛情で支えてくれる父母がいてこそ。平和な時代に生きられる今を大切に、パパ・ママに感謝の心を忘れないで、これからも仲間の皆さんと共に頑張ってネlovely

  sign05ロビーに飾られていた写真は、ちょっぴり時代を感じさせる高円寺阿波踊りの写真
_dsc5144_2

今年は今日8月29日が初日。
_dsc5143

今年も見に行くことは出来ないけれど、飾られていた上の写真のように、今年も街を上げて賑やかに開催されているに違いない。1枚目と2枚目の写真の場所も今日明日は、阿波踊りの会場となっている筈。明日のお天気が崩れないことを祈りましょう。

  bud「からたねおがたまの木」に緑色の実がsign03

_dsc5221
前に見た記憶がなく、それとも忘れているのかしら・・・sweat01

_dsc5224
夏の始めに沢山咲いて、その後選定しておいたミニ薔薇が、又々、本当にミニな薔薇の花を咲かせ始めたscissors

_dsc5222

木香薔薇の枝が伸びて勝手にくるくる輪を作っているhappy01

   carリムジンで~す。

_dsc5111

車窓から見えた車やさんの敷地内に長~い車体のリムジンがeye”こんなに長い車は初めて。昔ハワイに行ったときにホテルから飛行場への迎えの車がリムジンだった。その車も長く、友人たちと向き合って座りホテルに向かったけれど、ここまで長くはなかったのでびっくりでしたcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒かった日曜日は"おおのジャズ”を聴きに・・♪

2014.11.20(木)cloud 昨日は割合暖かかったのに今日は寒いこと。

  noteおおのジャズ JAMCOLLECTION2014note

今年も相模大野の各所に設けられた特設ステージで、JAZZが聴ける嬉しい2日間。昨年は、伊勢丹で開催された秋田慎治さんや守屋純子さんのトリオ演奏に2日間通ってしまつたけれど、今年は16日(日)午後だけちょこっと。クリスマス・ツリーが飾られたボーノ前の広場。この日は風の冷たい午後だった。薄手のコートを羽織っていてもひんやり寒くて、ミュージシャンの皆さんは、一番風あたりの強い場所がステージで、さぞ寒かったことと。

Dsc_8353
そんな中、スタンダードナンバーを中心に熱演note

Dsc_8347
鈴木正浩(Gt)カルテット 苅部真由(Org)金澤浩一(Ba)寒さで手がかじかむようで、時折温める様子もあったが、演奏が進行するにつれ寒さも忘れたような熱演となっていった。

Dsc_8345
豊田一樹(Drs)
Dsc_8358

Dsc_8359

夕方近くなり、ツリーにも明かりが灯り

Dsc_8374

Cジャン・ブルースなど、こちらも大いに乗せられてhappy01 せっかくの演奏なのに、寒さのせいか観客の姿は残念ながら余り多くなかった。JAZZを聴く年齢層はやはり少し高いようであり、それでも熱い応援の拍手が続いていたnoteステージ後、寒さの中での薄着で熱演を聴かせてくれたオルガンの苅部さんにお礼を伝えながら握手。思わず腕をさすってあげてしまった。腕のいい若手のジャズ・マンが増えてきている。もっともっと若いジャズのファンが増えますようにscissors

昨年の開催は確か10月だったのに、今年は1か月遅い開催。伊勢丹以外の会場全てが屋外だったのだろうか。雨天の場合の予備会場などの手配もされていたのだろうか。無料コンサートとはいうものの、貴重な町おこしの祭典でもあるだけに、ミュージシャンの方達や観客の健康も考えての配慮も大切な気がした今回のおおのジャズだった。

Dsc_8378
ボーノ会場は相模大野駅近く、すぐ傍を小田急腺が走り抜けてゆくtrainこの日の一週間前にも大野に来て、息子たちと食事やジャズ・バーに行き、通りを歩いていて見つけたおおのジャズ開催のポスター。そして、一昨日も日中の用事は相模大野まで行って済ませてきた。幸い地元から近いので苦にならない距離。この駅周辺の便利さは癖になりそう。

Dsc_8382
ボーノ広場側入り口付近のショーケースもクリスマス・モード

Dsc_8393

帰りの車内から見えた花屋さんもsnowxmasモードが漂い、楽しさと同時に気ぜわしさを感じる師走が近づいてきている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ひまわり祭」に有難う♪

2014.7.31(木)sun明日はもう8月!あっという間に月が変わってしまう夏の日々。今週末から来週にかけては二つの台風が来るかもしれない。又不安定なお天気に悩まされるそう。

熱中症、水の事故、凄惨な事件など、夏の暑さは思いがけぬ事で人の命を奪う。心してこの暑さに慣れてゆかなければ。

  「ひまわりまつり」続き

2014_0728_150216dsc_6180
子供は元気scissorsあっちの花も見に行こうと、飛び跳ねるように駆けてゆくrun

2014_0728_150254dsc_6181
大きなひまわりの花が斜面の上から見下ろしている。

2014_0728_150346dsc_6184
反対側のフェンスから顔を出したひまわりが「あたしも映して」と語りかけてくる。「もちろんよ!花盛りのひまわりちゃん」camera

2014_0728_150916dsc_6196
青空と白い雲に黄色いひまわり。明るい夏の日のひとコマが其々の心とカメラの中に収められてゆく。

2014_0728_150947dsc_6197
お祭りは続いている。

2014_0728_151011dsc_6198

まだまだ見物客の足は絶えない

2014_0728_151208dsc_6202_2
展望台の上からも

2014_0728_151306dsc_6205
ひまわりの畑の中にも、夏の日の幸せな時を楽しむ人々が居る。

2014_0728_151651dsc_6209
帰りのシャトルバスの窓から、ひまわり畑にさよならpaper

2014_0728_152849dsc_6211

そして、次の予定地に行く前に、もう一度自家用の車で前を通った。

2014_0728_151029dsc_6199

楽しかった「ひまわり祭」に有難うlovely

2014_0728_180645dsc_6214

市の施設の前を通ると、外壁に描かれた市の花「ひまわり」が、西日に照らされてきらめいた。

2014_0728_180738dsc_6215

大きくてダイナミックなひまわりに比べたら公園に咲く小さいけれどこんな小さな赤い花が、又愛おしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座間市栗原の「ひまわりまつり」

2014.7.30(水)sun猛暑で始まった今年の夏、昨日一昨日と、ほんの幾らか涼しかったお陰で、日曜日にちょこっと立ち寄り、駐車場でまごついたり余りの暑さがたまらなくなり諦めた座間市の「ひまわりまつり」 月曜日の午後、駐車場の状況をネットで調べてから出かけた。駐車場は少し離れた場所にある栗原小学校の校庭が臨時駐車場として用意され、そこからシャトルバスで往復送迎100円だった。2台のシャトルバスが運行して居て、さほど待つこと無く、座席の数だけの人数乗車なので、全員座れて往復という楽な移動が出来た。

2014_0728_141824dsc_6136
バスを降りて、ひまわり畑の反対側から見えるひまわり

2014_0728_142930dsc_6153

お祭りに相応しいのぼり旗が風にはためき、気分が高まる

2014_0728_142155dsc_6142

2014_0728_142415dsc_6147
大山を望む栗原の畑に咲く10万本のひまわり。会期の終了日が昨日だったったので、場所に寄り花の勢いも幾らか衰えてかけていたけれど、
2014_0728_141921dsc_6137

まだまだ元気な花達も多く満開だった。

2014_0728_142513dsc_6148
暑さの午後、ひまわり畑にはパラソルの花も咲いて

2014_0728_143633dsc_6154

休憩所では市特産の焼きトウモロコシやかき氷、焼き鳥やソーセージ、お弁当なども食べられる。鮎の塩焼きもあったようだが、午後には売り切れていた。

2014_0728_145253dsc_6157
2ヶ所に設けられた臨時展望台。向日葵の花が飾られた帽子をかぶる女の子

2014_0728_145725dsc_6170

展望台の下に用意された帽子を借りて展望台に上がることが出来る。

2014_0728_145354dsc_6162

こんな見事なひまわりの群生の前では誰しもポーズをとりたくなるし、パチリしたくなるcamera

2014_0728_145837dsc_6174

休憩所のテント下では冷たい飲み物や氷で喉を潤おしたり、とうもろこしにかぶりついたりdelicious

2014_0728_145950dsc_6176

売店は市内の方々で運営されているのだろう。駐車場の係りの方々等も含めて、暑いのに皆さん温かな笑顔と話し言葉で訪れる者達の心もほぐれて。市内の特産品や作物なども売られていた。

2014_0728_150059dsc_6179

今年は割合小振りの花が多く見られた。

2014_0728_145606dsc_6167

ひまわり畑の花の中には幸せそうな人々の姿が。次回もう少しひまわりまつりの様子を。

 栗原のお祭りは昨日で終了して、

次は8月14日(木)~19日(火)まで、座間会場と新田宿、四谷会場で開催される。40万本以上の向日葵が待っているそうですscissors

開花状況テレフォンサービスtelephone046-205-6522

検索は www.zama-kankou.jp 座間市観光協会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014’大和市泉の森“郷土民家園”明日9日(日)まで“春祭り”

2014.3.8(土)sun日増しに春めいてくる日射しに誘われて、早めの買い物に。

帰りは大和市の泉の森内の郷土民家園に。河津桜の開花が待ち遠しくて、ついこの間も夕方覗いてみたけれど、まだだった。さあ今日はどんなかなと行ってみました。明日までは民家園は春祭り開催中。

2014_0308_132117_dsc2510_2

門をくぐり、すぐに見えてくるのは江戸時代中期に建てられたという市内最古の住宅 小川家住宅。

2014_0308_132135_dsc2511

垣根の手前の白梅が咲いていた。

2014_0308_132221_dsc2513

旧小川家の縁側から屋内の雛飾りをパチリ!

2014_0308_132557_dsc2522

そして、その裏手の高台畑地に咲く白梅と、日当たりのいい土手の上は開花が早い河津桜と、

2014_0308_132612_dsc2523

春の菜の花のコラボを見物。青空のもと、白い花もピンクの花も、陽の光を浴びて実物はキラキラ輝き、花弁は透き通るような美しさだったshine

2014_0308_132707_dsc2524

畑地のすぐ下は江戸時代末期に建てられたという旧北島家住宅内のお雛様見物。吊るし雛に囲まれたお内裏様と三人官女。

2014_0308_132802_dsc2526

奥の間には七段飾りのお雛様も。

2棟の古民家は市内別々の場所から、この場所に移築され公開されている。

2014_0308_132949_dsc2528

お庭の河津桜は、蕾が一つ二つ開花し始めていた。

2014_0308_133033_dsc2530

毎年のことながら、中々園内すべて満開の見頃に来ることが出来ないのが残念だけれど、開花が見られただけでもよしとしなければ。

2014_0308_133318_dsc2534

入り口近くの梅の小枝が伸び、小川家住宅屋根をバックに枝先に可憐な花を咲かせている。

2014_0308_133403_dsc2536

これは花桃かしら?何時まで経っても梅も桃も桜も中々見分けがつかなくてsweat01

2014_0308_133459_dsc2540

お天気のいい土曜日の午後、カメラ持参で民家園を訪れる人が次々とやってくる。白梅と桜が、2棟の古民家の間に見える。三脚を立てて畑の桜を撮影する人の姿も。

2014_0308_133525_dsc2542

桜の枝に提灯が吊るされ、要所要所に花飾り。

2014_0308_133629_dsc2544

冬木立の手前で、春を先取りした白梅がのびのびと青空に向かって枝を伸ばし、花を咲かせている。日射しが強まってきている割には、今日も風はまだ冷たい。

2014_0308_133719_dsc2545

入り口の門をくぐった突き当りの河津桜の蕾も膨らみ、開花も近い。

2014_0308_133804_dsc2547

門を出た左手にある河津桜は開花前だった。

2014_0308_133926_dsc2549

明日までの春祭り。桜の開花はもう少し進みそう。北島家住宅前では美味しそうな和菓子の出店も。明日は又、獅子舞や人形浄瑠璃などの催し物もあるようだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年8月24日第9回大野もんじぇ祭り初日♪

2013.8.25(日)raincloud朝起きてみたら恵みの雨、久し振りに凌ぎやすかった。

昨日は午後から相模大野『もんじぇ祭り』初日だった。もんじぇともう一つの用事二つが重なった昨日は、もんじぇのライブも切れ切れにちょこっと参加だったが、相変わらずの熱気溢れる相模大野中央公園だったscissors

  restaurant Foods&Music Festa note

2013_0824_162458dsc_6147

3ステージ目の“Keiko Heart&Marvelous Quartetのステージ

2013_0824_160834dsc_6144

広場に観客の姿がどんどん増えてゆく。芝生の観客席の頭の上は沢山のトンボが飛び交う。トンボも蝉もこの夏一番の賑わいに驚いたことだろうhappy01

2013_0824_160736dsc_6142

Keikoさんのヴォーカル

2013_0824_160317dsc_6136

Tp 赤塚謙一さん

2013_0824_162756dsc_6148

B 新岡 誠さん

2013_0824_162850dsc_6151

P 神村 晃司さん Ds 中村 奏太さん(写真に入らずごめんなさい)             ステージ前にはジャズ大好きな坊やから大先輩達のジャズファンまでと、ジャズ好きの層の厚さが嬉しい光景。このステージを半分ほど聴いたら次の行き先に向かうため一旦退席。

2013_0824_185435dsc_6181

2時間半程経って再び会場に。公園広場は大勢の観客で埋め尽くされ、観客席を囲むように並ぶFoodsの出店の前には長い行列が並ぶ店も、今年も大盛況だsign03

2013_0824_185943dsc_6187

次のステージの合間を埋めるお笑いの二人の軽妙な会話が続く。

2013_0824_190342dsc_6190

ステージが始まった。ハーモニカとピアノの音が流れ始めたが、何故か朝から忙しかったこの日の我が家、立ち見を続ける気力と体力が無くなり残念ながらここで退席することに。

2013_0824_190941dsc_6195

帰り際に広場を望む場所から見下ろすとびっしりと埋め尽くされた観客席。毎夏催される食とジャズの祭りの人気の高さがうかがえる。芝生の上には各自シートや野外用のテーブルや椅子などを持ち込み、好きな食べ物を頬張りながらのジャズ鑑賞。ご機嫌な夏の終わりの祭典だrestaurantnoodledeliciousnote
2013_0824_190952dsc_6196

名残惜しいけれど、初日はここで体力が無くてお別れ。

幾つかある故郷のうちの東京杉並高円寺も昨日今日が恒例の『阿波踊り』毎年もんじぇと重なり、今夜はどうしようかと迷っていたが、隣町の相模大野に行くくらいが体力的にもよさそうなので、もんじぇに決定scissors

今宵も相模大野中央公園は熱いジャズの音色と美味しいフードの香りが漂います。入場無料。 

2013_0824_191416dsc_6199

もんじぇからの帰り、伊勢丹前を通ると見えるショーウインドー。ブランドのバッグや靴。暑かった夏もそろそろお終いに近付いてデパートの展示も秋色に変わりかけている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)