散歩

初夏の気配漂い始めた相模川沿い散歩♪

2017.4.19(水)sun昨日は夏を思わせるような陽気となり、30度を超えた地域もあったとか。今年は、強風や雨にたたられた桜の季節だったが、逆に桜の開花も遅くなり、例年より遅くまで満開の桜が観られたけれど、さすがに13日位になると花の盛りも過ぎ始め、今日は近隣の桜の枝もわずかな花弁が残るも、花の後は茶色く染まり、もうじき葉桜へと移行し新緑の季節に向かう気配。

 夕焼け小焼けで日が暮れて~♪

Dsc_5631

空が赤く染まった夕方の西の空、東の空はうっすらピンクと青い筋状に染まり、束の間の静かで平和なひと時が思わず愛おしく、日々流れる不穏なニュースの事など忘れられるような貴重な空気に包まれた昨日の夕ぐれ前confident

  car 緑の風も爽やかに~club

Dsc_5570
車窓からの新緑の木々や名残の桜を眺めながら、数日前の日曜日は相模原市方面にcar

Dsc_5581
車を停めた「磯部頭首工公園」駐車場奥の少し下方に、小さな祠があり仏様が祀られているので、手を合わせてから付近をお散歩。

Dsc_5583_2
相模川沿いにある「磯部の渡し」付近をお散歩。最後の花を湛えた桜の姿もcherryblossomheart04

Dsc_5585
この季節は何とeye”川沿いの土手のこの景色sign03

Dsc_5588
芝桜が華やかに土手を彩り、

Dsc_5595
その景色は川沿いのず~っと向こうまで花の色を変えながら続き、

Dsc_5598_2

芝桜の土手の更に上には桜並木が。数日早ければ、見事なコラボが堪能出来たかもしれないけれど、

Dsc_5596
こんな景色が見られる事を知っただけでも、又来年の花の季節を待つことが出来る楽しみに恵まれる幸運が得られて、名残の桜にも心からの有難うでしたlovely

Dsc_5608
左手の川の堰を眺めながら、駐車場に戻る道。夕方の陽は伸びて、まだまだ明るいscissors

Dsc_5614
やがて対岸の大山の向こうに沈みゆく太陽が川面に反射して眩しく光り輝くsun山々の峰の2段下の辺りには桜並木があり、夕陽が真上からピンク色の木々を照らし出していたcherryblossomcherryblossom

Dsc_5622_2

夕方散歩が楽しかった、相模川沿い散歩ともお別れの時が来て帰路の道へcar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心潤うご近所散歩のお花見も♪

2017.4.16(日)sun春爛漫の桜散り始め、昨日夕方は近隣散歩で最後のお花見かな。この間にも、あちこちお花見しているけれどcoldsweats01

昨日は不安なニュースもあったので、午前中の買出しと夕方チョッピリのお散歩で春を楽しみましたcherryblossomcherryblossom

P1130256
見上げた枝に咲く花も少なくなり、

P1130255

その花びらは、花吹雪となり空中を舞い、地上に落ちて束の間の新鮮なピンクの絨毯となって散歩道を彩ってくれるcherryblossom

P1130258

若葉も姿を現し始め、花の最期の美しさが儚くも優し気に空中に舞うcherryblossom

P1130262

見事に枝を広げ、堂々たる佇まいで春を彩ってくれた桜たちに、今年も感謝ですcherryblossomnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵な贈り物を頂いた桜の日♪開花が始まった谷戸山の早咲き🌸

2017.3.31(金)cloudrain寒い寒い3月の最終日。おまけに冷たい雨まで。2度目のプレミアム・フライディ、せっかくのお花見日和の頃。

4月1日の明日を過ぎれば桜咲く春爛漫の日々が訪れそうで、今からわくわくcherryblossomlovely

present数日前に迎えたmy birthday お心遣いが嬉しいプレゼントを有難うございますheart02

Dsc_5132
ジャズ好きな私のためにいつも素敵なカードを贈ってくださるK子さんnote極上のピアノの音色が聴こえてきそうなカード内には素敵な文章が・・・lovely

Dsc_5130

そして猫好きな私が、口にすることも出来ない程可愛らしいニャンコ達のお茶とにゃんこあめ。大好きな飴だけれど、猫の顔の描かれた飴と肉球模様との小さな小さな飴がまあるい缶の中に詰められていてcat黒猫ちゃんのおきもちが染み入りますよ~kazuさんheart04

お二人のセンスに、いつもいつも脱帽するとともに、感謝の気持ちで一杯で~すlovely

  cherryblossom早咲きの桜や春の花が楽しめた谷戸山の春cherryblossom

Dsc_5069
22日の夕方、谷戸山の広場から高台に上りかける崖の景色は

Dsc_5070
純白の雪柳が満開で

Dsc_5073

黄色いレンギョウも咲く

Dsc_5082
テニスコートの周りには大きく枝を広げた桜がcherryblossom

Dsc_5084
右手方向はいつもワンコ達が遊んでいる広場。この日は広場内工事中で、内部が整備されている最中だった。

Dsc_5085
テニスコートを見下ろす場所のキブシからは黄色い花房が下がる

Dsc_5090
テニスコート脇一直線に並ぶ桜並木。もう見頃を迎えているだろうかcherryblossomcherryblossomcherryblossom

Dsc_5091
コートのフェンス越しに見える木蓮かコブシかの純白の花は満開

Dsc_5094_2_2
駐車場に咲く桜cherryblossom

Dsc_5095
そして黄色い水仙も咲いていたnote

Dsc_5096
管理棟の手前も春に向かう景色となり、

Dsc_5097

これは桃の花だったかしら?毎年見ているのに・・・coldsweats01

ああ~百花繚乱の春がすぐそこに。暖かな陽の下のお散歩が楽しみな日々の始まりです~cherryblossomcherryblossom

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春一番が観測された昨日、思いがけないお花見を♪

2017.2.18(土)sun今日も暖かな陽射し舞いこみ、日中は過ごしやすい一日だった。午後一番に買い出しを済ませ帰宅。この処は短い散歩ながら、斜面の多い公園散歩が多く、少々疲れ気味で、休養の日も作らないと疲労も残ってしまうので・・・coldsweats01

  cherryblossom春一番の強風が吹き荒れた昨日cherryblossom

P1130180_2

用事があって近くまで出かけた帰りの夕方、谷戸山公園の斜面を散歩。伝説の丘を下ると早咲きの桜が満開の様子に出会えたscissors畑を囲むように植えられた桜、春一番の温かさに一気に開花したのだろうかcherryblossom

P1130181

植え込みから覗き見た桜cherryblossom

P1130178

少し伸びをすると畑の手前から咲く桜の様子も見られたcherryblossom春まだ浅い季節のお花見に恵まれた谷戸山のお散歩lovely

P1130185

出口を目指して歩く斜面から見える森の崖際には、紫陽花の名残の花の姿も。

P1130197_2

谷戸山のお隣にある市立図書館の案内版のガラスの奥に、小さいけれど、扇を背にした素敵なお雛様も飾られていた。

2月も半ばを過ぎれば、直にやってくる雛祭り。ついこの間のお正月が嘘のように、巡る季節の速さにちょっぴり慌ててしまう今日この頃sweat01(以上の写真は久し振りにデジカメcameraでパチリでしたが、一眼に比べ、軽くて楽でした~wink

  catおこちゃんで~すlovely 

Dsc_4210
前回のおこちゃん写真と同じ日なので、まだ緊張気味cat

Img_0423
昨日、息子から送られてきた写真は、ゆったりお外を眺めている様子、短い間に体も大きく成って、すっかり息子宅に馴染んでいる様子が見て取れるlovely

  カニが沢公園の梅が見ごろだった10日ほど前 

Dsc_4626
紅梅

Dsc_4628
白梅

Dsc_4632

春待つ🌸やツツジを背景にした斜面には水仙が咲きほこり

Dsc_4624
名前を思いだせない(・_・;)赤い幹の枝も斜面を背景に、ダンスを踊るかのように楽し気に春を待っているcherryblossom

Dsc_4634
東屋を囲む梅の木々が、楽し気に咲く早春の夕暮れ前のひと時

Dsc_4631
沢山の花芽を蓄えた桜の木々の上方には月の姿も。

tvのスイッチを入れれば、日々、海外からの驚くようなニュースの数々。国内だって様々な事件や出来事に心を痛めることも。

自然豊かな近隣の季節の移ろいの中で、平和に暮らせる日々は何者にも代えがたい有難い日々なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪の後の公園散歩も、春の気配漂う季節になり始めて(^^♪

2016.2.12(日)sunお天気に恵まれた日曜日なれど、今日も寒そうな風が吹いている!なんて言い訳して、今日の私のお散歩はお休みでしたcoldsweats01

 snow昨日の朝の雪の様子は

Dsc_4657_2
お天気がよくなり、公園の日陰に残るもわずかとなり

Dsc_4658
近隣の屋根に残る雪も僅かとなって。午後にはきれいに溶けていた。

買い物に出ようと駐車場の1階部分に停めてある車に。2階駐車場のように雪は殆んど積もらなかったのに、雨の跡のように地面が濡れているばかりと思いきや、2階に積もった雪解けの冷たい水滴が頭の上にぽたりぽたりと落ちてきて・・・coldsweats02

 買い物帰りは、近くの芹沢公園で短め散歩

Dsc_4666
森の木陰に当たるのか、東屋の屋根はまだ真っ白sign03

Dsc_4668
遊具のある場所も日陰にはまだ雪の名残が

Dsc_4673
空高く、青い空に白い雲の下、カラス同士でカア~カア~と交信しながら飛んでいたうちの一羽が電信柱に止まり休憩中。カラスの見下ろす公園内、昨日は斜面を下らず、上の方の園路だけを歩いて、

Dsc_4674
拡張工事中の園内工事の進行状況を眺めてから元来た道を

Dsc_4676
途中、反対側の園路に移動。木々の枝が、春の光の下、元気に伸び始めていたsign03

Dsc_4681

駐車場近くの河津桜が満開の様子cherryblossom

Dsc_4684

早春に咲く河津桜や寒桜との出会いって、巡りくる季節の中でも暖かな春への入り口のようで、心も温もり満たされるひと時となるheart01

  catこの子はだあれ 誰でしょねsign02

Dsc_4202

「おこちゃん」です~sign03息子達の家にやってきて、まだ数日という頃のこと。猫好きな両親は「おこちゃん」に会いに飛んでゆきました~lovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪交じりの昨日今日の様子、公園散歩の続きも♪

2017.2.10(金)suncloudsnow

お昼過ぎまでのお天気は悪くなく、崩れなければいいなと思っていたのですが、昨日からの寒さも引き続きで、午後からの窓外は

Dsc_4643
チラホラと小雪が舞ったり止んだり、少ししてから窓の外を見るとヒョウのような大粒で、地に落ちた雪の粒が、時折はじける様子まで見られた午後2時を少し過ぎたばかりの頃。

Dsc_4650
幾つかあるクリスマス・ローズの鉢。雪の舞う寒いテラスで、今日もそれぞれの鉢にひっそりとピンクの花を咲かせているbud

 snow今日の雪も積もらず雪雲は去ってくれるのかしらと思っていたら

Dsc_4655
夕方5時過ぎの窓の外、いつの間にかの銀世界にびっくりsign02

beerwinerestaurantdelicious

rain昨日も不安定なお天気で寒い一日だった。渋谷で中学同期の少し遅い新年会が開かれた。寒い時期を避けて選ばれた2月の昨日は、最強の寒さとの天気予報で、常にない厚着をして出かけました。霙交じりの雨も降る中、午後1時からのランチを兼ねた集まりに18名の有志が集合。店内は暖かく、飲み物飲み放題。オードブルから始まり、パスタにスープ、ローストビーフにデザート、珈琲などのイタリアンcakecafe

気心の知れた旧友たちとの会話も弾んで、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。最近は集まりの時間もランチタイムとなり、夜の外出が辛く成ってきている女性陣には特に好評で、場所も懐かしい母校跡内にあるイタリアンレストラン。

行きがけの道で、一番会いたかった小学校からの親友とばったり会うことが出来て、連れだって歩けた嬉しい一日でしたlovely

  tulip前々回記事の公園散歩の続きですtulip 

Dsc_4263
よく晴れた、お日さまの光が眩しいほどの午後だったsun

Dsc_4266

園内の池の水は一部凍っていました~sign03

Dsc_4276

山茶花の花は散り始めていたけれど、

Dsc_4278
すぐ反対側にニャンマルそっくりのニャンコを見っけcatお鼻の色が少し違うみたいなsign02

この後は更に園内を散策して、

 car駐車場に向かう出口付近で、急に聴こえはじめた音楽に驚かされたnoteseye

Dsc_4328
ふくろうや

Dsc_4330
狸のおじさんかなsign02

Dsc_4332

ジャズっぽい雰囲気漂う風情のミュージシャン達note

Dsc_4326

いつも通って知っていた時計台が時を教える演奏会を初めて耳にしましたnoteなのに、ミュージシャンの写真を撮るのを急ぎ、演奏どころでは無く、曲も覚えて居なくて・・・coldsweats01

   tuliptulip色とりどりのチューリップtuliptulip

Dsc_4333


Dsc_4336

チューリップに囲まれた青いベンチは、ひと時の寛ぎをtulip

Dsc_4339

雪をかぶった山並みが望める正面出口の向こうは駐車場

四季折々の変化が楽しめる公園散歩は、健康のためには欠かせない日々の約束事として大切にしてゆかなければ。

自然豊かな身近な地域の公園施設には、いつも感謝させていただいてますlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒の戻りがちょっぴり辛いけれど、春待つ花々のお楽しみが始まりました♪

2017.2.7(火)sun寒の戻りか冷たい風が身に染みる午後、今日の散歩は寒くて30分ほどで切り上げましたcoldsweats01

tvのスイッチを入れれば、連日のように新しい米大統領のニュースばかり。就任早々の大統領令など、就任前から懸念して居たような事案に世界中からの視線と批判もある中、まだまだひるむことなど無いような様子に、ゴルフ込みの日本首相との会談も気になるところです・・・・think

  car1月半ば、

Dsc_4340
車窓からチラリと見えた可憐な菊の花   

  cherryblossom立春を過ぎ、陽射しが少しずつ伸びているsun

Dsc_4602
昨日は今日よりは幾らか暖かく、車やさんなどの用事や買い物を済ませた帰り、小一時間ほどの夕方散歩を。

Dsc_4605
暮れから春の公園は、お馴染みの葉牡丹などが植えられて迎えてくれる。そして、ここはかっての桜並木の公園、仲良し広場。そろそろ咲いているかしらと楽しみにhappy01

Dsc_4608
早咲きの河津桜が

Dsc_4610
思った通り、青空をバックに

Dsc_4611
咲いていました~scissors

Dsc_4613
勿論、
Dsc_4616
寒桜もcherryblossom

Dsc_4617
寒桜の下には木瓜の花もsign03伸び伸びと枝を伸ばし開花

Dsc_4620

春を待つ桜の木々には種類により蕾の育ち具合は違うけれど、これから春のお楽しみがたっぷりcherryblossomcherryblossomcherryblossom

Dsc_4604
公園外の道路を照らす西日が眩しい位、春は着実に近づいて来ているlovely

Dsc_4621

園内花壇の葉牡丹も背が伸びて、小さな花達を見下ろしているbud

Dsc_4599

そんな春の息吹を感じながらの通り道沿い、住む人が居なくなった空き家らしきお庭で昨年咲いたであろう紫陽花が、建物色に同化し、建物を守るかのように寄り添っていた。

今年もその季節が来れば、花が咲き楽しませてくれるのかしらと、巡る季節の花達の営みが心に染みいる季節の移ろい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほんの少し春めいた中、「日本人横綱」が誕生しました~‼

2017.1.28 (土)sun 今日も過ごしやすい暖かな一日だった。週単位の買物の日は、帰りに立ち寄るお散歩公園もお日様の光が燦々と輝く気持の良い日だった。

Dsc_4499


Dsc_4500

森の木洩れ日も心地よく

Dsc_4504
通り沿いに見える梅の花。春近しです。

  impact初場所で優勝した稀勢の里関impact

Dsc_4468

昨日、明治神宮での土俵入りの様子が流れたTVの画面をパチリしましたtv 

多くのファンが、長い間待ちこがれた「日本人力士の横綱誕生」という快挙sign03千秋楽結びの一番、白鵬との対戦は、ハラハラドキドキ、最後に土俵ぎわで白鳳を倒したときは、お相撲ファンなら誰しも感動で胸が一杯になったことと思います。これからの活躍が益々期待されますね。

  car暮れのころのドライブ道や散歩道

Dsc_3674

車窓の前方に見える大きなクレーン。大型商業施設の工事が着々と進んでいる。

Dsc_3551_2

金色に輝く素敵な傘に思わず目を奪われてeye

Dsc_3682
夕暮れ前のひと時

Dsc_3683
暮れなずむ空には三日月がmoon3

Dsc_3718
仲良し小道の夕暮れ時も明かりが灯り、プロムナードに枯れ木や電信柱のデッサンが描かれるpencil

春よ来い は~やく来いnote暖かくなるほどに楽しみな外歩きが待ってますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年の瀬は慌ただしく過ぎて行き・・・・、

2016.12.28(水)sun昨日の荒れ模様も去り、お天気回復の一日scissors大掃除という程大げさではないけれど、30年近く住む家は、あちらこちら随分汚くなって、完璧などと意気込まないまでも少しはきれいにしたくなり、高齢の夫婦二人家族なので、今月は早くから少しずつ細かなところから磨いてみたり、少しは片づけてみたり、まだまだ見た目は何も変わらないけれど、見えない部分に溜まっていた埃も幾らか取り除かれてきて、少しさっぱりhappy01

この3日間は、年賀状作りに翻弄されてcoldsweats01

先ずは裏面の構成が中々決まらず、何とか出来上がった後は、久し振りに使いだした大分古いプリンターの調子が素直に反応してくれず焦りました。少しずつ調子も元に戻り、幸いインクも買い置きしてあったので、何とか表も裏も印刷することが出来て、二人で、それぞれの賀状の空白に手書き文もいれて、やっと昨日完成。夜になってしまい、すぐ外にあるポストに投函出来ましが、お元日に間に合うかしらとちょっぴり心配sweat01 

すっかり押しつまり、今年も明日から残り3日間で新年を迎えてしまう。ブログも殆んど更新できないまま、ご無沙汰しておりましたconfident上の方に長々と言い訳をしております・・・coldsweats01 

camera随分前にUPするつもりで貼り付けていた写真ですがcoldsweats01 

Dsc_3633_2
買物帰りに寄ることの多い芹沢公園。ある日車を停めた駐車場から見えた、森の入り口の燃えるような赤の世界は、12月初旬のことmapleeye

Dsc_3239

Dsc_3240_2

その2週間程前、紅葉する前、一部は赤いけれど、黄葉とまだ緑色の葉が残り

Dsc_3235

園内もまだ緑色濃かった。

Dsc_3246

木の実や色付いた葉が散り、地面を彩り始めていた。

Dsc_3255

dogdogワンコ2匹を連れて散歩に来ていた娘と会えて、森の広場を一緒にお散歩lovely

Dsc_3260

秋色に染まり始めた森の地面。心落ち着く静かなひと時

Dsc_3741

12月10日には、真っ赤に燃えた楓の葉も元気が無かった。折に触れ立ち寄る公園の季節の移ろい。秋から冬への変化を確実に知ることができる。

  movie 12月始め、映画を観た文化村の内部

Dsc_3607

Dsc_3608

Dsc_3609

Dsc_3610

5時過ぎの渋谷の街はとっぷり暮れて、出口から見える景色はクリスマスshinexmasshine まだ文化村さえ存在しなかった頃、かっての通学路でもあった懐かしい場所school

Dsc_3314
11月20日過ぎ谷戸山の崖ふちに咲いていた野アザミ

Dsc_3374

同じ頃、我が家の南天の葉、公園の木々も秋色に染まり始めていた。

まだまだ片づけは終わりそうもないけれど、継続は力なりなどと、言い訳しながら来年に引き継ぎながら、やってゆきましょうかcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

深まりゆく秋の中、猫達との交流が楽しい♪

2016.12.5(月)sun明け方目が覚めたときは、雨の降った後が窓の外に見えたけれど、朝起きてみると、いいお天気で、夕方まで暖かな一日だった。

金曜日は、朝一から2か月置きの診察を受けに。血液検査の結果に少々問題ありのようで、新たな薬が追加されてしまいましたsweat01 最近甘いものに手が出やすくなってしまい、そんな事も影響しているのかも・・・ですthink

その日は、病院とランチを済ませ、渋谷まで映画を観に出かけてしまい、昨日は一週間分の食料などの買い出しと公園散歩と欲張ってしまい、今日は疲れが出てしまい一日ボーッとしていましたが、病気ではないので、今日ゆっくり休めば明日は元気になれそうですconfident

  cat 11月末頃、麻溝のニャンコ達に会いに cat

Dsc_3484

日暮れが早くなり、西の方角に沈みかける太陽は4時少し前でこんなにsundown

Dsc_3487
車窓から一瞬見えた赤い色。緑の木々の花のように見えてしまいパチリしたけれど、赤い屋根でしたhappy01

Dsc_3489
麻溝の駐車場を出ると、もう秋の気配も濃厚で歩道には落ち葉が一杯sign03

Dsc_3490
降りつもった枯葉の上に、一際目立つ真っ赤な落ち葉maple

Dsc_3491

猫達は居るかな?秋色に染まった風情ある入り口に

Dsc_3492

マイケルが一番最初に出てきてくれたsign03

Dsc_3493

石垣の陰からはニャンマルが。何だかちょっと老けたかな?

Dsc_3495

反対側からはチビちゃん。石段にはパンダと、4匹の仔達に会えたlovelyニャンマルに追いかけまわされていたチビちゃんも、すっかりお仲間にheart01この後は、いつものように園内を少しお散歩。

Dsc_3501_2
花壇に咲いていたピンクのバラ

Dsc_3504
石段を上がり広場に出たり、下がったり

Dsc_3511
石段の上から、花壇でにらみ合っているニャンマルと夢ちゃんの姿が見えたので、急いで降りていくと、2匹はすぐに離れてニャンマルは姿を消し、変わって最近は夢ちゃんと仲良しに見えるマイケルが近くにやってきた。

Dsc_3518
夢ちゃん、何を気にしているのかなと思ったら

Dsc_3519_2
ニャンマルが上の方から監視していたのだeye”この後、猫達に手を振り「又来るね~!」と合図すると夢ちゃんが駆け足で追いかけてきた。

少し前、公園の向こうの水道路に移動していた頃、同じように合図をすると「帰っちゃうの」とにらむようについてきて、公園側に渡る道で、「又来るから」と言って、こちらが公園側についた途端、車道を渡ってきた夢ちゃんが息を切らすように追い付いて・・・。今回も(どうしよう)と思っていたら、大きめのワンちゃんを連れたおじさんが立ちはだかるような姿だったので、夢ちゃんひるんで免れたけれど。

この夢ちゃんだけは、初めて会った7年ほど前の記事の「森の猫物語」に書いた時から、何か特別な感情の絆が生まれているようで、この日もワンちゃんの姿を見つける前には、石段の上で、ゴロンとなり、お腹を見せたり甘えた様子で迫ってくる。誰にでもそうなのかもしれないけれど、他の猫には無い表現がいじらしくてlovely

 carでの帰り道。車窓から見えた

Dsc_3525

青いイルミネーション。もうじきクリスマスshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧