« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

母の七回忌法要の日は残雪の中となって!!

2018.1.29(月)sun相変わらずお寒い毎日。22日に降った雪は、まだ融けることなくsnow

  rvcarで走れば、まだ雪の残る市内snow

Dsc_8590
日当たりの良い方の雪は消えても片側はまだ真っ白、その様がいつに無くカラフルsign03

Dsc_8594
座架衣橋を渡る。枯れた木の根っこを白い雪が彩る

Dsc_8599

丹沢の山の尾根も冠雪

  父母の眠る墓地の庭園にも雪が残るsnow

P1150680

P1150681

   heart01みんなの予定で日取りは少しのびたけれど

P1150687

昨日は雪の残る中、親族が集まって母の七回忌を

P1150695
冷たい雪が墓地を覆う寒いお昼前、大人と子供合わせて18人が墓地に集まり、お参りを済ませた後は、記念撮影などをして、お墓の中方の雪が除かれた通路に戻ってゆく。

P1150697
管理棟や木立の向こうに丹沢の山々が見える。この日は、いつも利用する管理棟の集会室が工事中、ここでのお食事ができないため、この後は、義妹がネットで調べて予約をしておいてくれたレストランへ車で移動rvcar

  wineフレンチのランチ・コースが予約されてrestaurant
Img_0584

P1150699
小さな子たちに、最初に大きなハンバーグが乗ったオムライスdelicious、唇の外に舌を出して「おいちい」のscissorsサイン。大人でもお腹一杯になるくらいの量を小さな子たちがこの後、見事に完食eye”大人は、前菜から始まるランチ・コース、最後のデザートと珈琲までcakecafe車の運転をしない大人の席の方は、ワインが何本もお代りされてwinehappy01wine

食事をしながら和気あいあいの時が3時間近く流れて居た。                  母の法事で集まり、久し振りに会う親族同士も温かく触れ合い、この前会った時は赤ちゃんだった子が、しっかりオムライスを食べられるくらい大きくなってlovely

この日は共にお墓参りまではと、まだ3カ月に満たない孫を連れて来てくれた息子夫婦。今度集まる時は、赤子を卒業して成長した姿になって食事も一緒に出来るようになることとlovelyまだまだ元気で長生き出来るよう、父母は、きっと優しく見守ってくれることでしょう。

Img_05832
墓地からもそう遠くない場所にあるフレンチレストラン。店内はこじんまりとしているけれど、お値段も良心的なくつろげる店内に、又来ましょうとの声も出ていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪は融けてきても残る寒さはきびしくて・・・

2018.1・26(金)sun

ブルブルブル!っと身震いするほど風は冷たく、陽射しはあるのにお寒い外の空気catface  夕方、お洗濯物を取り込んで屋内に戻っても、しばしの間は手首から先のpaperと頬も冷たくなる位冷え込んでしまったgawk昨日今日は余りの寒さに外出は控えてお掃除などして運動不足解消coldsweats02

 bud1月に入っても元気に咲いているゼラニウム。

Dsc_8432
雪の降る2週間くらい前の写真。そして先日の雪の夜から朝にかけては真っ白な雪に覆われ、大丈夫かしらと思っていたら、生命力の強さを見せてくれて、今でも上の写真と余り変わること無い姿で元気な赤い花を咲かせてくれているscissors

Dsc_8433

スノー・ドロップはちょっと元気が無いけれど純白の花を数輪咲かせてくれたbud写真は写していないけれど、白いマーガレットの開花が1輪、雪の日に。まだ沢山の蕾をつけて春を待っている。

 snow雪の翌日は陽射しも出て、

Dsc_8577

雪解け前のテラスフェンスから見える公園の様子。雪の重みで剥がれたのか木の皮が剥がれ落ちている。

Dsc_8574

木々を覆い尽くした雪はすっかり融けて

Dsc_8575

地面の雪も少なくなった。

今日あたりはお向かいの建物の影の部分に少しの雪が残るくらいに。公園外はまだ雪かき後の雪の塊は見られる状況snow

関東地方の中でもこの近辺は取り敢えず今のところ、これ以上の雪の被害はないけれど、大雪に見舞われている地方の方々のご苦労が忍ばれるこの冬の強烈な寒気。

地球温暖化が心配されながらも、世界的にも異常な気象状況のようで、パリのセーヌ川が氾濫した状況がTVに流れた時はびっくりeyesign03

こうした寒気も押し寄せてくる日本では、草津白根山噴火という自然災害が、人の命までも巻き込んでしまうという被害もimpact

これ以上、地球が荒れることなく穏やかな暮らしが続けられるように祈るしかないのですねweep

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神奈川にも大雪が!!最近の読書関連のJAZZを聴いたり♪

2018.1.22(月)snow寒い朝を迎えた。

夜明け前に目が覚めた時に窓の外の空を見上げてみたら★が見えたので、雪は降ら無いのかなと思いながらも天気予報が当たれば、曇り空が雪に変わるのかしらなどと思いながら、朝食を済ませた後は洗濯物も昨日済ませておいたので、のんびりconfident

 ところがsign03

Dsc_8539

10時を少し過ぎた頃、レースのカーテン越しの窓の外が、何だかチラチラ動いているのに気が付き、外を見ると雪がぱらつき始めていたeyesign01

 午後2時を過ぎた頃は、
Dsc_8552_2
赤いゼラニウムの花が見下ろすテラスの外は雪景色。

Dsc_8553

暮れに刈り込まれた敷地内の木々もフェンス越しの公園の木々も、真っ白な雪に包まれていた。地面にも雪が積もり、雪が吹雪いている。いつも元気な子供達の遊ぶ声も無い銀世界snow

寒い日は、外に出ないでJAZZでも聴くことにnote

Dsc_8535

少し前に読み終えた「ありんこアフター・ダーク」の終章に出てくる「ファイブ・スポット・アフター・ダーク」の曲が流れるシーン。上の写真のレコード「ブルース・エット」の中に納められた曲を今日は何十年ぶりかに聴くことが出来た。我が家のCDのコレクションの中には見あたら無くて諦めていたら、押し入れの中に眠る古いレコードの中にありそうだと探してくれた夫のお手柄でscissors

著者の荒木一郎さんの「あとがきのかわりに」の中でも、「ありんこアフター・ダーク」はこの曲をもじったタイトルである事が記されている。荒木さんがこのレコードを新宿のレコード店「マルミ」で見つけたときは胸が高鳴ったそうだ。

同じような時代に百軒店のジャズ喫茶で時を過ごしたり、ジャズ好きが高じてバイトをしたりしていた頃が鮮やかに蘇り、その後の人生はジャズと関わり合いながら生きてきた夫との人生。「マルミ」にも営業用のレコード買いに行ったり、マスターに届けて貰ったりすることも多々あり、遠い昔の日々が鮮やかに思い起こされる読書体験でしたbook

  deliciousジャズを聴きながら

P1150645

息子達からのプレゼントのチョコをdeliciousお正月太りが中々解消されないので、時折一粒ずつ欲張らないようにsweat01

P1150641

「伊勢原いちご」も息子夫婦のおみやげ。もうとうにお腹の中に納まって無くなってしまったけれど、見事に大粒で、8粒のいちごでケースは一杯。そのお味はとても甘くてジューシイだったdelicious

  夕方になり雪の様子を北側の窓から

Dsc_8558
駐車場の2階の車は雪に包まれ、勿論下の階の車も雪をかぶっている様子。吹雪く雪に視界は薄れて

Dsc_8559

敷地内の木々も、お隣の敷地の木々も雪に覆われた世界

  dog南極圏に居るようなワンコ達dog

P1150661_moment
こんなに雪が降り積もる中、2匹の柴ちゃん達を公園まで歩いて連れて行ったという娘からラインに送られてきた写真ですsign03

  雪灯りで

Dsc_8568

夜、8時半過ぎの公園や外の車道が月も出ていないのに明るい。

10時を過ぎた頃、同じ場所を見ると手すりの上の雪は全て溶け、木々を覆っていた雪は大分少なくなり、車道に積もっていた雪も随分解けてビショビショしていた。雪はこのままあがるかしら?

後からもう一度外の空を見ると、雲が動き晴れてきそうな様子も見られる。テラスのフェンス際の雪に覆われていた我が家の植物達も雪がほとんど無くなり、元気な朝を迎えられるかもしれないbud

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新しい年を迎えて思う事!!

2018.1.5(金)cloud時折sunお寒い一日でしたが、新年あけて5日目を迎えてしまいました。

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。 

いつもお立ち寄り頂いている皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げますとともに、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

春のcherryblossom程では無いけれど、冬の桜は冷たい風にも負けず凛と咲くcherryblossom

Dsc_8267

新年は松が、待ってましたと迎えてくれる。

Dsc_8395_3

   dog今年は戌年dog

Dsc_6671_2

今年も良い年が迎えられたワンdogheart04

Dsc_8399
2匹の芝達の大先輩、「シェルティーのアビ」もお玄関の松の下で新年を迎えてくれたfuji今年はきっと素晴らしい年になりそうな元気な表情でdogいつも仲良しだった猫のピーと同じ猫の額の中からcatdog

 冬の寒さなどに負けて居られない位、

Dsc_8241

見事な水柱を噴き上げる相模原公園の噴水に、この一年の元気のご利益を頂戴したい・・・coldsweats01

Dsc_8333_2
暮れには、我が家のスノードロップに幾つかの蕾が出来た。

Dsc_8290_3

街を歩けば、真っ赤な木の実たちが、心を明るく赤く染めてくれる。

いつの間にか年齢を重ね、体力気力も衰えはじめているけれど、冬を迎えるまで土の中に居たスノードロップだって芽吹き蕾をつけ、年明けとともに純白の花を咲かせてくれた。赤い木の実も寒い空気の中で毎年鮮やかに元気な姿を見せてくれる。

自然のもたらす生命の力を借りながら、勇気をだして又一年元気に頑張るつもりでおります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »