« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

初夏の気配漂い始めた相模川沿い散歩♪

2017.4.19(水)sun昨日は夏を思わせるような陽気となり、30度を超えた地域もあったとか。今年は、強風や雨にたたられた桜の季節だったが、逆に桜の開花も遅くなり、例年より遅くまで満開の桜が観られたけれど、さすがに13日位になると花の盛りも過ぎ始め、今日は近隣の桜の枝もわずかな花弁が残るも、花の後は茶色く染まり、もうじき葉桜へと移行し新緑の季節に向かう気配。

 夕焼け小焼けで日が暮れて~♪

Dsc_5631

空が赤く染まった夕方の西の空、東の空はうっすらピンクと青い筋状に染まり、束の間の静かで平和なひと時が思わず愛おしく、日々流れる不穏なニュースの事など忘れられるような貴重な空気に包まれた昨日の夕ぐれ前confident

  car 緑の風も爽やかに~club

Dsc_5570
車窓からの新緑の木々や名残の桜を眺めながら、数日前の日曜日は相模原市方面にcar

Dsc_5581
車を停めた「磯部頭首工公園」駐車場奥の少し下方に、小さな祠があり仏様が祀られているので、手を合わせてから付近をお散歩。

Dsc_5583_2
相模川沿いにある「磯部の渡し」付近をお散歩。最後の花を湛えた桜の姿もcherryblossomheart04

Dsc_5585
この季節は何とeye”川沿いの土手のこの景色sign03

Dsc_5588
芝桜が華やかに土手を彩り、

Dsc_5595
その景色は川沿いのず~っと向こうまで花の色を変えながら続き、

Dsc_5598_2

芝桜の土手の更に上には桜並木が。数日早ければ、見事なコラボが堪能出来たかもしれないけれど、

Dsc_5596
こんな景色が見られる事を知っただけでも、又来年の花の季節を待つことが出来る楽しみに恵まれる幸運が得られて、名残の桜にも心からの有難うでしたlovely

Dsc_5608
左手の川の堰を眺めながら、駐車場に戻る道。夕方の陽は伸びて、まだまだ明るいscissors

Dsc_5614
やがて対岸の大山の向こうに沈みゆく太陽が川面に反射して眩しく光り輝くsun山々の峰の2段下の辺りには桜並木があり、夕陽が真上からピンク色の木々を照らし出していたcherryblossomcherryblossom

Dsc_5622_2

夕方散歩が楽しかった、相模川沿い散歩ともお別れの時が来て帰路の道へcar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心潤うご近所散歩のお花見も♪

2017.4.16(日)sun春爛漫の桜散り始め、昨日夕方は近隣散歩で最後のお花見かな。この間にも、あちこちお花見しているけれどcoldsweats01

昨日は不安なニュースもあったので、午前中の買出しと夕方チョッピリのお散歩で春を楽しみましたcherryblossomcherryblossom

P1130256
見上げた枝に咲く花も少なくなり、

P1130255

その花びらは、花吹雪となり空中を舞い、地上に落ちて束の間の新鮮なピンクの絨毯となって散歩道を彩ってくれるcherryblossom

P1130258

若葉も姿を現し始め、花の最期の美しさが儚くも優し気に空中に舞うcherryblossom

P1130262

見事に枝を広げ、堂々たる佇まいで春を彩ってくれた桜たちに、今年も感謝ですcherryblossomnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和市「ふれあいの森」・座間市「カニが沢公園」に咲く桜見物♪

2017.4.10(月)cloud今日も我が家の周りはどんよりとしたお天気が続いて居る。この春は中々すつきりとしたお花見日和に恵まれないけれど、その分桜の花の寿命は長そうな気もして、近隣の桜咲く公園散歩に立ち寄るのが楽しみな日々ですcherryblossomcherryblossomcherryblossom

  cherryblossom近所の7日の桜の咲き具合。

Dsc_5323

3日経った今日、窓を開けてみたら、散りもせず更に満開の花をきれいに咲かせていたcherryblossom

 cherryblossom大和市「ふれあいの森」の桜は上の写真と同じ日

Dsc_5330

横一列に見えるピンクのチューリップと桜のコラボが今年も素晴らしいtulipcherryblossom

Dsc_5337

川沿いに咲く桜の下にはお花見客の姿も。

Dsc_5344

川岸に咲く紫花菜とのコラボも素敵heart04
Dsc_5350
桜の下の川や斜面は子供達の楽しい遊び場であり、桜咲くこの季節はカメラを持参のお仲間の姿も多い。この日は5時に駐車場が閉まる15分前に到着だったので、15分間カメラのレンズから桜を眺め、シャッターを押し続けでお終い・・・・・coldsweats01

 cherryblossom翌8日、買い物帰りに寄った「カニが沢公園」はcherryblossom

Dsc_5377
右手の斜面上に並ぶ古木の桜たちが満開の花を咲かせ

Dsc_5385
斜面下のアプローチを桜色の花咲く枝を伸ばし、優しく覆っていた。雨模様の中のお花見は、少々の雨なら思ったより風情があって、足を延ばした甲斐がありました。若いグループや年配の方なども、雨など気にせず斜面の上にシートを敷いて一杯やりながらのお花見を楽しんでおられたしcherryblossombottle

Dsc_5386
斜面上の花壇はピンクの柴桜が待ってましたというように満開となり、地上と地面の共演も素晴らしく、小雨降る中傘も持たずに歩き、レンズを向ける人達もcamera

Dsc_5391

桜の古木の中に2色の花を咲かせる花桃の木も、見事に

Dsc_5398

枝を伸ばし桜に負けることなく、堂々の満開の花cherryblossom

Dsc_5399

斜面の向こうまで花咲く枝を伸ばし、いつもの場所からの景色も一変。やがては緑色濃い落ち着いた景色に変わってゆくのでしょう。

Dsc_5422
Dsc_5421

「湘南緋桜」の花、しとしとと降る雨粒を受け、涙ぐむようにうつ向き咲いていたcherryblossom

Dsc_5427

駐車場に戻り、改めてカニが沢の桜並木を振り返る。

何十年もの間この場所で咲き続けている桜たち。この並木の一番奥の方の古木の桜は毎年谷あいにかける鯉のぼりの片方の綱をその身にくくりお役にたっていたのに、倒木の危険が出たため切り倒され、その雄姿を観ることは出来なくなってしまった。残った桜たちには、少しでも長くここで花咲かせ、斜面を見事に彩る春景色を見せ続けてほしいと願うばかりcherryblossomcherryblossomcherryblossom

cherryblossom春の桜は、咲き具合を見たくて、ついつい近隣の桜を追いかけてしまい、今年は更に又一つ年齢を重ねているのに、毎度の如くの様に欲深く「桜ちゃ~ん」と動き回ってしまうheart04

この日は、帰宅後久し振りに娘が遊びに来てくれたりして、近況や桜の話などで盛り上がり、楽しい一日を過ごしてしまったcafe

catface夜になりキッチンに立った途端、急に腰の辺りに痛みが走り、動くことも困難にdespair 夫がすぐに湿布を貼ってくれて、幸い立っていることは出来たので、手伝ってもらいながらのろのろ夕食の準備位は出来たけれど、何とも嫌な痛みが続き夜は眠れるかしらと不安でしたが、疲れもあったのか朝までぐっすり眠ることができ、2日後の今日は痛みもだいぶ緩和して、屋内での動き位は何とかこなせるようになったけれど、もうあまり無理をしてはいけませんねsweat01

思えば、「ふれあいの森」に行った日も、いつものように寝る前に体操と、最近は時折にしているヨガで運動量を増やしていて、普段使わない筋肉をひねってしまったのではないかと、若い頃のようには体の方も思い通りにはなってくれないことを思い知りました。やれやれ、明日か明後日位は名残の桜見物位出来るかな~なんて、まだ凝りもせずですがcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここ数日の春の日々も幸せに過ぎて行く♪

2017.4.6(木)cloudがちのお天気に強風吹き荒れ、お外に出る気にもなれない春の日は久し振りに、アイロンかけをしながら聴くには余り似合わないけれど、チャーリー・ミンガスのCDなどを引っ張り出して聴くnote

  present数日前は息子と孫娘がブーケを持ってtulip

Dsc_5246

立ち寄ってくれたlovely仕事が忙しい二人の時間が丁度空いたということで、桜の日の誕生祝いに。春の香り漂うピンクの花束がピンクのリボンで飾られて。ひとまずちょっと季節感の合わない梅模様の花瓶に。黒猫ちゃんのお茶を飲みながら、楽しいひと時が室内に流れた。

  school昨日午後、近くの中学校の側を車で通りかかると

Dsc_5302
入学式が済んだ後の父兄と新中学生が門前で写真を撮り合っているところに出会えた。時間も遅かったので、最後の生徒さん達のよう。学校の桜はほどほどの咲き具合のようだったけれど、今では懐かしい入学式風景だった。

我が家の周りの桜の咲き具合は、場所にもよるけれど、例年に無く遅いままthink

  clover3月後半の芹沢公園は

Dsc_5104

芽吹きの春を迎えて。

Dsc_5103

暖かな日差しの下は、温もりの時が流れる散歩道

Dsc_5111

春色の花も咲いて。

 少し前から工事中だった公園内の遊具が見えてきた

Dsc_5105
木漏れ日に照らされたザマリンの後ろ姿

Dsc_5107
後ろ姿のザマリンはお滑り台!!

Dsc_5108
1歳から3歳児までが遊べる遊園地。アーチには市の花「向日葵」もあしらわれている。

Dsc_5109
パパ・ママも我が子を見守りながら座っていいのかしら?可愛いベンチ。

Dsc_5112

そして、今はコブシの花が満開の散歩道を歩く。

Dsc_5116
小鳥たちが群れる草むらはフェンスの向こう。向こうは、長い間工事中だった。

Dsc_5117
公園が更に広く拡張され、4月開園が決まっていた。いつの間にか新しい入り口付近に管理棟のような建物が建っていた。

Dsc_5118

斜面には新たな道や長い滑り台らしきものが見えた。この日は、数日後の開園が待ち遠しくなるような光景だった。

Dsc_5263
息子達のプレゼントのブーケは、花瓶も替えないままcoldsweats01、お水だけは毎日取り変えて、日当たりのいい窓辺を彩りながらの日々、心豊かな時を過ごせているlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ