« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

初めての「プレミアム・フライデー」の翌日は?

2017.2.27(月)cloudがちで風の冷たい2月末。なんだかだるい体調に休養気味の一日を過ごした。こんな日はだらけながら聴く音楽が耳に心地よく響くし、書棚を覗き、並べてある本の中から昔からある残り少なくなった蔵書の中から特に目に留まった本を引っ張りだして、目を通したり、きままに過ごして回復を待つのもちょっぴり贅沢な時の過ごし方かもconfident

  夕方のひと時、ソファーに座り

Dsc_4752

暮れやらぬ窓外を眺めていると、聴こえてきたnote

Dsc_4748
「OLDIES」どこにあったのか、ニール・セダカの「おお、キャロル」コニー・フランシスの「ヴァケイション」子供の頃大好きだったジーン・ピットニーの「ルイジアナ・ママ」、更にポール・アンカなどの声もnote

Dsc_4757

夕暮れの気怠い時間帯を埋める懐かしのポップスが、明るく染め上げた屋内でflair

  car25日(土)の午前中

Dsc_4761

買い物に向かう車道はいつに無く空いていた。今月から始まった「プレミアム・フライデー」の翌日のこと。到着した毎週同じような時間帯にまとめ買いに出かけるスーパーの混み具合は、いつに無いすっきりした店内で、いつもの人混みでは無いゆとりある空間の中でのお買い物となった。
Dsc_4768

帰りの道路も車が少なく、すいすいと進むcar

前日の金曜日の影響なのか定かではないけれど、経済効果も見込まれた「プレミアム・フライデー」が、どのような形で効果が出るのか明暗も分かれるところありかもと、

P1130163

毎日が日曜日の身としては、何の変わりもない日々の生活道路で思うことでしたcoldsweats01

P1130224
昨日のお買物は一足伸ばして少し遠くに広告で見たハト麦を買いにcar長年顔の目立つ部分に居座っている大きなイボ。最近は鼻の周りにもぽつぽつとcoldsweats02、以前使って効果のあった角質落としに利く洗顔用品で、長年悩んだ大きいイボは大分よくなってきたけれど、鼻の周りのイボが大きく成るのが不安でイボ取りにも利くといわれる「ハト麦を」をお試しに。

焙煎された「ハト麦」は香ばしく、そのままポリポリしても美味しく、お昼のカレーに混ぜて食べても美味しかった。牛乳やヨーグルトに混ぜてもいいそうだけれど・・・

お値段500円というのもお手頃なのに、広告に載っていた外れ無しの抽選までありで、なんとハト麦より40円もお高い荏胡麻ふりかけが当たってしまいましたよscissorsどちらも健康によさそうな食品なので、折に触れ買いに行くことになりそうですねcar

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時の流れと共に、街並みも変化してゆく。

2017.2.20(月)cloudtyphoonrain吹き荒れる強風。外からは何かがぶつかるような音も聞こえてくる。春一番はすでに吹いたのに、今日も外に出る気にはなれないような荒れたお天気で、ちょっとたまった疲れを癒すための休養日になってしまいましたcoldsweats01

  camera1月初旬のドライブ道からパチリcar

Dsc_4253

街路樹の向こうは工事中sign03

Dsc_4642

1ヵ月後に、再び近くをcarで通過中。2018年オープン予定の「イオンモール」

Dsc_4639
側道から見える工事の様子。巨大な駐車場のようparking

Dsc_4641

店舗棟も巨大。神奈川県内でも一番大きな「イオンモール」店舗となるようで、我が家あたりからも、近いテナントとなり便利になりそう。

Dsc_4255

少し先からは丹沢の山並も望め、豊かな自然も残された地域の街並みも、時代とともに変化してゆく。

Dsc_4251

セメント工場も青空の下に雄大な姿をsign03

お隣の相模原市麻溝公園内斜面で見た、1月の「スモークツリー」の様子。

Dsc_4173

Dsc_4175

Dsc_4164

sunスモークツリーの向こうには西の方角に沈んでゆく太陽

Dsc_4166

日暮れが今より早かった1月初旬、カラスが1羽、雲と競いあうかのように、太陽を追いかけ飛んで行ったsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春一番が観測された昨日、思いがけないお花見を♪

2017.2.18(土)sun今日も暖かな陽射し舞いこみ、日中は過ごしやすい一日だった。午後一番に買い出しを済ませ帰宅。この処は短い散歩ながら、斜面の多い公園散歩が多く、少々疲れ気味で、休養の日も作らないと疲労も残ってしまうので・・・coldsweats01

  cherryblossom春一番の強風が吹き荒れた昨日cherryblossom

P1130180_2

用事があって近くまで出かけた帰りの夕方、谷戸山公園の斜面を散歩。伝説の丘を下ると早咲きの桜が満開の様子に出会えたscissors畑を囲むように植えられた桜、春一番の温かさに一気に開花したのだろうかcherryblossom

P1130181

植え込みから覗き見た桜cherryblossom

P1130178

少し伸びをすると畑の手前から咲く桜の様子も見られたcherryblossom春まだ浅い季節のお花見に恵まれた谷戸山のお散歩lovely

P1130185

出口を目指して歩く斜面から見える森の崖際には、紫陽花の名残の花の姿も。

P1130197_2

谷戸山のお隣にある市立図書館の案内版のガラスの奥に、小さいけれど、扇を背にした素敵なお雛様も飾られていた。

2月も半ばを過ぎれば、直にやってくる雛祭り。ついこの間のお正月が嘘のように、巡る季節の速さにちょっぴり慌ててしまう今日この頃sweat01(以上の写真は久し振りにデジカメcameraでパチリでしたが、一眼に比べ、軽くて楽でした~wink

  catおこちゃんで~すlovely 

Dsc_4210
前回のおこちゃん写真と同じ日なので、まだ緊張気味cat

Img_0423
昨日、息子から送られてきた写真は、ゆったりお外を眺めている様子、短い間に体も大きく成って、すっかり息子宅に馴染んでいる様子が見て取れるlovely

  カニが沢公園の梅が見ごろだった10日ほど前 

Dsc_4626
紅梅

Dsc_4628
白梅

Dsc_4632

春待つ🌸やツツジを背景にした斜面には水仙が咲きほこり

Dsc_4624
名前を思いだせない(・_・;)赤い幹の枝も斜面を背景に、ダンスを踊るかのように楽し気に春を待っているcherryblossom

Dsc_4634
東屋を囲む梅の木々が、楽し気に咲く早春の夕暮れ前のひと時

Dsc_4631
沢山の花芽を蓄えた桜の木々の上方には月の姿も。

tvのスイッチを入れれば、日々、海外からの驚くようなニュースの数々。国内だって様々な事件や出来事に心を痛めることも。

自然豊かな近隣の季節の移ろいの中で、平和に暮らせる日々は何者にも代えがたい有難い日々なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪の後の公園散歩も、春の気配漂う季節になり始めて(^^♪

2016.2.12(日)sunお天気に恵まれた日曜日なれど、今日も寒そうな風が吹いている!なんて言い訳して、今日の私のお散歩はお休みでしたcoldsweats01

 snow昨日の朝の雪の様子は

Dsc_4657_2
お天気がよくなり、公園の日陰に残るもわずかとなり

Dsc_4658
近隣の屋根に残る雪も僅かとなって。午後にはきれいに溶けていた。

買い物に出ようと駐車場の1階部分に停めてある車に。2階駐車場のように雪は殆んど積もらなかったのに、雨の跡のように地面が濡れているばかりと思いきや、2階に積もった雪解けの冷たい水滴が頭の上にぽたりぽたりと落ちてきて・・・coldsweats02

 買い物帰りは、近くの芹沢公園で短め散歩

Dsc_4666
森の木陰に当たるのか、東屋の屋根はまだ真っ白sign03

Dsc_4668
遊具のある場所も日陰にはまだ雪の名残が

Dsc_4673
空高く、青い空に白い雲の下、カラス同士でカア~カア~と交信しながら飛んでいたうちの一羽が電信柱に止まり休憩中。カラスの見下ろす公園内、昨日は斜面を下らず、上の方の園路だけを歩いて、

Dsc_4674
拡張工事中の園内工事の進行状況を眺めてから元来た道を

Dsc_4676
途中、反対側の園路に移動。木々の枝が、春の光の下、元気に伸び始めていたsign03

Dsc_4681

駐車場近くの河津桜が満開の様子cherryblossom

Dsc_4684

早春に咲く河津桜や寒桜との出会いって、巡りくる季節の中でも暖かな春への入り口のようで、心も温もり満たされるひと時となるheart01

  catこの子はだあれ 誰でしょねsign02

Dsc_4202

「おこちゃん」です~sign03息子達の家にやってきて、まだ数日という頃のこと。猫好きな両親は「おこちゃん」に会いに飛んでゆきました~lovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪交じりの昨日今日の様子、公園散歩の続きも♪

2017.2.10(金)suncloudsnow

お昼過ぎまでのお天気は悪くなく、崩れなければいいなと思っていたのですが、昨日からの寒さも引き続きで、午後からの窓外は

Dsc_4643
チラホラと小雪が舞ったり止んだり、少ししてから窓の外を見るとヒョウのような大粒で、地に落ちた雪の粒が、時折はじける様子まで見られた午後2時を少し過ぎたばかりの頃。

Dsc_4650
幾つかあるクリスマス・ローズの鉢。雪の舞う寒いテラスで、今日もそれぞれの鉢にひっそりとピンクの花を咲かせているbud

 snow今日の雪も積もらず雪雲は去ってくれるのかしらと思っていたら

Dsc_4655
夕方5時過ぎの窓の外、いつの間にかの銀世界にびっくりsign02

beerwinerestaurantdelicious

rain昨日も不安定なお天気で寒い一日だった。渋谷で中学同期の少し遅い新年会が開かれた。寒い時期を避けて選ばれた2月の昨日は、最強の寒さとの天気予報で、常にない厚着をして出かけました。霙交じりの雨も降る中、午後1時からのランチを兼ねた集まりに18名の有志が集合。店内は暖かく、飲み物飲み放題。オードブルから始まり、パスタにスープ、ローストビーフにデザート、珈琲などのイタリアンcakecafe

気心の知れた旧友たちとの会話も弾んで、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。最近は集まりの時間もランチタイムとなり、夜の外出が辛く成ってきている女性陣には特に好評で、場所も懐かしい母校跡内にあるイタリアンレストラン。

行きがけの道で、一番会いたかった小学校からの親友とばったり会うことが出来て、連れだって歩けた嬉しい一日でしたlovely

  tulip前々回記事の公園散歩の続きですtulip 

Dsc_4263
よく晴れた、お日さまの光が眩しいほどの午後だったsun

Dsc_4266

園内の池の水は一部凍っていました~sign03

Dsc_4276

山茶花の花は散り始めていたけれど、

Dsc_4278
すぐ反対側にニャンマルそっくりのニャンコを見っけcatお鼻の色が少し違うみたいなsign02

この後は更に園内を散策して、

 car駐車場に向かう出口付近で、急に聴こえはじめた音楽に驚かされたnoteseye

Dsc_4328
ふくろうや

Dsc_4330
狸のおじさんかなsign02

Dsc_4332

ジャズっぽい雰囲気漂う風情のミュージシャン達note

Dsc_4326

いつも通って知っていた時計台が時を教える演奏会を初めて耳にしましたnoteなのに、ミュージシャンの写真を撮るのを急ぎ、演奏どころでは無く、曲も覚えて居なくて・・・coldsweats01

   tuliptulip色とりどりのチューリップtuliptulip

Dsc_4333


Dsc_4336

チューリップに囲まれた青いベンチは、ひと時の寛ぎをtulip

Dsc_4339

雪をかぶった山並みが望める正面出口の向こうは駐車場

四季折々の変化が楽しめる公園散歩は、健康のためには欠かせない日々の約束事として大切にしてゆかなければ。

自然豊かな身近な地域の公園施設には、いつも感謝させていただいてますlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒の戻りがちょっぴり辛いけれど、春待つ花々のお楽しみが始まりました♪

2017.2.7(火)sun寒の戻りか冷たい風が身に染みる午後、今日の散歩は寒くて30分ほどで切り上げましたcoldsweats01

tvのスイッチを入れれば、連日のように新しい米大統領のニュースばかり。就任早々の大統領令など、就任前から懸念して居たような事案に世界中からの視線と批判もある中、まだまだひるむことなど無いような様子に、ゴルフ込みの日本首相との会談も気になるところです・・・・think

  car1月半ば、

Dsc_4340
車窓からチラリと見えた可憐な菊の花   

  cherryblossom立春を過ぎ、陽射しが少しずつ伸びているsun

Dsc_4602
昨日は今日よりは幾らか暖かく、車やさんなどの用事や買い物を済ませた帰り、小一時間ほどの夕方散歩を。

Dsc_4605
暮れから春の公園は、お馴染みの葉牡丹などが植えられて迎えてくれる。そして、ここはかっての桜並木の公園、仲良し広場。そろそろ咲いているかしらと楽しみにhappy01

Dsc_4608
早咲きの河津桜が

Dsc_4610
思った通り、青空をバックに

Dsc_4611
咲いていました~scissors

Dsc_4613
勿論、
Dsc_4616
寒桜もcherryblossom

Dsc_4617
寒桜の下には木瓜の花もsign03伸び伸びと枝を伸ばし開花

Dsc_4620

春を待つ桜の木々には種類により蕾の育ち具合は違うけれど、これから春のお楽しみがたっぷりcherryblossomcherryblossomcherryblossom

Dsc_4604
公園外の道路を照らす西日が眩しい位、春は着実に近づいて来ているlovely

Dsc_4621

園内花壇の葉牡丹も背が伸びて、小さな花達を見下ろしているbud

Dsc_4599

そんな春の息吹を感じながらの通り道沿い、住む人が居なくなった空き家らしきお庭で昨年咲いたであろう紫陽花が、建物色に同化し、建物を守るかのように寄り添っていた。

今年もその季節が来れば、花が咲き楽しませてくれるのかしらと、巡る季節の花達の営みが心に染みいる季節の移ろい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »