« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

夏休みも終わる頃、家族交流の日々♪

2016.8.29(月)cloudsun間やrainもある台風10号の影響によるのか、目まぐるしいお天気think

子供等にとっても楽しかった夏休みの最後を迎える頃、よいお天気で8月の最後を迎えられたらいいのにと願うけれど、さてさて・・・sweat01

  delicious美味しそうな果物が

長野旅行からの帰り、息子夫婦が立ち寄り届けてくれた信州土産

Dsc_1915
種なしで皮ごと食べられる長野産ぶどうと

Dsc_1922
洋ナシも。ぶどうはジューシーでとても美味!洋ナシのお味はこの後のお楽しみwink 楽しかった旅の土産話を聞きながら、急なことだったので、急いで4人分の夕食を用意したけれど、いつも以上の時間がかかり、腹ペコさん達を待たせてしまったcoldsweats01 それでも久しぶりの我が家での息子夫婦との食事は会話も弾み楽しいひと時だったlovely

  8月半ば、       

Dsc_1704
谷戸山公園の広場は百日紅に向日葵

Dsc_1715
正面入り口付近では白百合が咲き迎えてくれて、爽やかな夕方散歩を楽しむことが出来ました。

  その数日後は待ち合わせした公園で

Dsc_1788
娘とdogdogと公園散歩。さくらの尻尾がくるりんと

Dsc_1798
暑さが和らぎ、涼しくなった夕方散歩

Dsc_1806
夫の杖を見てはよく吠えたさくらは、娘が上手に言い聞かせたのが利いたのか、すっかり慣れた様子で吠えることも無くなり、夫の方を見つめている様子がとても可愛いくなってきて・・・・lovely

Dsc_1906
同じ公園の昨日、近くで買物をしたので、晴れ間の出ているうちにと、ちょっと立ち寄り軽いお散歩。

Dsc_1907

今頃はよくみられる芙蓉の花が、沢山の蕾と共に咲く花と同じ枝に少ししおれた花がらと、1枚上の写真にあるように、早くも役目を終え、地面に落ちた花の後の姿も見せて、何だか夏の終わりを感じさせるような涼しかった昨日の午後。

日本各地で、そして世界的にも大きな気象災害が増えているような気がする昨今、今回も大きな災害とはなりませんように、台風10号が無事逸れてくれますように祈っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風の脅威に怯えながらも無事に通過してくれたようで・・・

2016.8.23(火)cloud 昨日は朝からの暴風雨だったが、3時を過ぎるころからその雨は収まり始めた。リオ五輪の閉会式の様子をTV放送で存分に観るには丁度いいお天気だったようでしたが・・・、今日は雲りのち雨の予報だったが曇りのまま夕方を迎え、青空と雨雲と夕焼けが混在している。

豪雨の被害にあわれている地方も出ている今年の大型台風の脅威。この後もまだまだ油断の出来無いお天気が予想されている。

夏休みも後半に入り、賑やかだった今年の蝉しぐれもほんの幾らか落ち着いてきているようだ。ベランダにやってくる蝉の数は例年に無く多く、植木鉢の奥からいきなりバタバタ飛び出して驚かせてくれたり、

Dsc_1825

テラスの壁に張り付いて蝉しぐれをみっちり聴かせてくれたりnotecoldsweats01

  clover8月最初の日の公園散歩

Dsc_1590
相模原公園入り口を入った正面花壇に咲く花々。

Dsc_1593
紫色と

Dsc_1594
白の花は同じ種類のようだけれど、名前がわかりませんsign02

Dsc_1598
左手に歩いてゆくと夏を彩る百日紅の花が満開

Dsc_1600
百日紅の手前にある夏の花壇

Dsc_1602
反対側を振り向くと、水溜りの水を飲んでいた仲良しポッポの姿に思わずパチリsign03

Dsc_1608
春頃に初めて気付いた緑のトンネル。夏を迎えてアーチの周りには緑の葉が生い茂り

Dsc_1611
その葉の間から、あまり長くない「アップルゴーヤ」の実が幾つも出来て観察中とのこと。

Dsc_1614
足元を見れば、同じ土中から孵ったのか、油蝉の抜け殻が二つも転がっていたeye

Dsc_1618
緑の葉茂る枝の奥にはカラスが涼を求めるように、ひっそりとまっていた。

Dsc_1620
ヤブデマリの白い花と

Dsc_1621
赤い実。

草花や木々、鳥や虫の生態など夏の自然をたっぷり堪能出来た公園散歩

Dsc_1625

帰り際、入り口付近に立つスマイルボード。顔の向こうで微笑んでみたのですが、カメラのシャッターチャンスと折り合わずスマイルでは無いのでsweat02公園の緑さんに代わって貰いましたbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旧盆も過ぎ、リオオリンピックも後半戦に!

2016.8.18(木)suncloud時々rain一日不安定なお天気。

リオ五輪も後半戦に入り、相変わらず日本のメダルラッシュは続いたままの嬉しい日々。夜中に放送される興味のある試合は録画して翌日時間のあるときにと思っていても、朝からのニュースで結果は放送されてしまう。それでも楽しみにしていた試合はやはり日本選手の戦いぶりをきちんと観たくて、余分な映像は飛ばしながらも観てしまうcoldsweats01

今日のような不安定なお天気の日は丁度よく、女子レスリングの準決勝まで観ることが出来た。残念なことに決勝戦の録画がされていなくてがっかり・・・sweat01深夜の長時間放送は、前に録画したデーターの多さに負けてしまったcrying けれど、女子レスリング3試合共順調に勝ち進み、見事に金メダルが3個も並んでしまうという凄いことにgood

      今年は旧盆に3か所のお墓参り

Dsc_1700

先週一番目は、都内の菩提寺に息子の車、息子の運転で、4人でお参りに。心安らぐ境内の緑は、本堂や客殿の並ぶ前の景色。

Dsc_1696

いつもは閉まっている大師堂が開かれていたので、こちらにもお参り。

Dsc_1697
緑深い左手がいつもの墓地に続く。義父母や義弟の眠る墓地に、そして先祖のお墓にもお参りを。

Dsc_1701
お参りを済ませて、裏手の駐車場に戻る途中、緑の枝先にじっと留まる蝶を見つけてパチリ!シャッター音にも驚かないモデル慣れしたお寺の可愛いちょうちょlovely

   今週に入り、天候とその日の時間の関係で、

Dsc_1727
二番目は、先日焼津で披露宴のあった姪の母とその義父母の墓参に。
北鎌倉に近いお寺の墓地に眠る姪の祖父母にあたるお二人と妹に、姪の無事な結婚の様子を報告。墓前にはすでにお花とジュースが供えられていて、こちらのお花も一緒に供えた。

前にも、こんな風にジュースが供えられて居たことがあり、そのことを姪に話したところ、子供の頃から妹と仲良しだったお友達がお参りしてくれているのだと言っていた。まだ中学生位の頃だったか、実家にもよく遊びに来てくれていた3人の女の子達。先日の披露宴にもその中の一人が出席してくれていて、もしやその報告も兼ねて来てくださったのかと、今なお長い友情を続けてくださる妹のお友達に感謝の気持ちと、あの世とこの世で続く友情の深さを持つ妹は何て幸せなのかと思ったことでしたlovely

   北鎌倉の次の日は、父母の墓参に。

Dsc_1753
市内から厚木方面に向かう座架依橋を通ると、橋の下の畑の両側で、毎年この時期は何箇所かある市内の最後の「向日葵祭り」が開催されている。走る車内からの撮影なので、中々上手くパチリできないけれどsweat02

Dsc_1757
厚木から墓地に向かって走る車の前を、きれいなお花の模様のバスが行くbuscherryblossom

Dsc_1759

台風発生の不安定な空模様。
Dsc_1762
降りそうな雨は墓参の間は免れて助かりました。父母にも孫である姪の結婚の報告を。母は妹が他界するまで妹家族と共に実家で暮らしていたので、可愛い姪の結婚をさぞ喜んでくれたことと思う。

Dsc_1767
墓地の周りの散策もしたかったけれど、お天気が心配で帰路の車に。

Dsc_1771
途中、通り雨にあいながらも座架依橋までくると雨もやんでいて

Dsc_1776

更に市内に近づき、無事帰宅となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大切なニュースやリオ五輪報道が続く暑い夏の日々。

2016.8.9(火)sun暑い夏の一日でしたsweat01

昨日は天皇陛下による「生前退位を示唆」する天皇ご自身からのビデオメッセージがTVを通して語られた。平成になってからすでに28年間のご在位となるその御重責、。幾つかの病気や手術を受けられ、又その御年齢を考えれば、もっとごゆっくりなされて当然の事でありながら、大きな災害があれば被災地を訪問されたりなさるお姿をニュースで拝見するたびに、お元気で何よりと思いながらも、一方で大変なお立場で在られるということも感じ入っていたこの頃。一日も早く「生前退位」なされる日が可能となり、次に続く皇室のよりよい在り方となることを一国民として願わずにはいられ無い。

sun連日のうだるような暑さの日々。日中外に出るのもちょっとためらってしまう。散歩に出るのも夕方にならないと出られない。けれど、これが又西日の強く射し込む時間帯となり、車で出れば眩しくて。この季節は大型ショッピングセンターの中などを歩かせていただくのが一番いいのかもsweat01今年の暑さは取り分けとはいうものの、本当に年齢を重ねるということは体力も気力も若いころとはまるで違うものとなってくることを肌で感じながらの日常となるようで、外の暑さをしのぐのも一苦労となり、出不精な夏になりそうで・・・・・sweat02

そんな中始まった「リオ オリンピック」日本の選手達の頑張る姿と結果、金や銅のメダルの数も日増しに増えて、深夜のリアルタイムでは見られ無い試合をニュース報道や録画で見ては、勇気づけられているここ数日。

  clover 5月後半の市内遊水地付近

Dsc_0678
遊水地近くの緑広がる公園の広場

Dsc_0680
通り沿いのお庭にもきれいなお花が咲き乱れ、気持のいいお散歩道。

Dsc_0681
崖の下の遊水地に。

Dsc_0684
春に訪れた時とはまた違う緑深まった水辺の景色

Dsc_0686
紫陽花の花が咲き始め

Dsc_0687
立葵は風に揺れ乍ら池を見下ろしていた。

Dsc_0689
こんもり大きな紫陽花の花はこの後どんな色に染まったのだろう

Dsc_0690
薄緑色から、青い花ビラに変わってゆく花の姿を見て、この日はお別れ

Dsc_0692
深い緑の上に夕方の青空広がる橋の下が、今まで居た遊水地

Dsc_0892
5月末頃の麻溝公園に咲き始めた純白の紫陽花アナベル

 今年の公園子ガラスは4羽孵っているようだけれど、

Dsc_0829

特につるんでいる3羽の子ガラス。

Dsc_0667
青空広がるお気に入りの場所で

Dsc_0672

仲良く寛ぐ子ガラスたち。

今夜は昼からのエアコンのお世話になりながら眠りにつきそうsleepy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

焼津の街の思い出♪

2016.8.2(火)夜中の雷雨に今日も時折sunが出るも、通り雨が度々降る不安定な気候。7月も終わり、早8月。話題を呼んだ東京都知事選は、初めての女性都知事の誕生となり、連日都知事選のニュース報道が続いている。

遅い梅雨明けとともに、やってきた暑さの日々sweat02窓の外からは連日の蝉しぐれの賑やかなことsign03今日の午後、窓の外に出ていた夫がリビングの窓をたたき何か合図している。

Dsc_1630
隣室の方を指差しているので、目をやると公園の木々から飛んできた蝉が網戸に張り付いている。その上、ジージーと鳴く音色の大きくやかましいこと。たった一匹でここまでと思うほど。網戸のこちらでシャッター音をたてても逃げるでもなく、「いつまで鳴いてるの」と問いかければお腹を見せたまま「ジージー」とお返事するばかりcoldsweats01夫が近くにやってきて驚いたのか、慌てて網戸を離れて公園の方に飛び去っていったwink

  7月姪の披露宴の地「焼津の思い出」

Dsc_1440

姪の結婚披露宴の帰りに頂いた引き出物の一部。姪の務める会社のデパートに出店されたパンやさんで販売されているという焼き菓子。ワンちゃんの形をした濃厚な味のお菓子。透明のビニール袋にリボンが掛けられた中に入れられたワンちゃんの姿に、中々ナイフを入れられ無くて、日持ちの良さに大分経ってから、やっと少しずつ切り分けて口に含んだ途端、そのお味の良さにびっくり!数日に分けて楽しめましたdeliciousこの他に、1枚が200gもある見事な霜降りの牛ステーキ肉が2枚と同じ産地の焼き肉用のお肉が500gの詰め合わせと、薄く削られた鰹節の詰め合わせなど、食べきれない程の量に、お肉の方は娘と息子達に分け助けてもらいましたが、そのお肉も若く健康なころならワインでも飲みながらかぶりつきそうな位の素晴らしいお肉でしたwine

 焼津の街

Dsc_1313

駅前には、焼津の海を愛し、毎夏家族とともに訪れ、文筆をしながら焼津の夏を楽しんだという八雲の碑。

Dsc_1315
駅前ロータリーの花壇には夏の花が見ごとに咲いてbud
Dsc_1319
ロータリーから見えた洒落たお店。

Dsc_1408

披露宴の帰り、ホテルからシャトルバスで駅前で降りた後、バスで同乗していた姪のお相手の母上から「近いので、ちょっとお寄りください」と誘われて、駅からそう遠くないご実家に姪の父や叔父や実弟夫婦と共に、お邪魔することに。

Dsc_1411

思いがけない市内散歩となり、初めての焼津の街並みの中を。

Dsc_1412
風情のある素敵な建物は表具屋さん。焼津の街並みを拝見しながら

Dsc_1413

「罪切地蔵尊」とは、その名を初めて目にしたお地蔵さん。薬師如来も祀られているのでしょう。

Dsc_1414

もう少し先まで歩いて到着した彼のご実家入り口付近は丹精込められた季節のお花がたわわに咲いて、一足先に門前に立つ弟。その手には、引き出物の入った青い袋が。保冷材入りの1キロ近いお肉の箱に、鰹節や焼き菓子が入って、結構重かったようですが、お家にお邪魔して冷たいスイカやお茶を頂いて一息入りましたが、続いて新郎新婦とともに、彼の友人たちが10人近く到着となり、弟夫婦とともに、一足先に失礼することに、彼の叔父上が車で駅まで送ってくださり、焼津の方々の気さくなおもてなしは心に残るものでした。

Dsc_1418

焼津から静岡は15分程、静岡からは新幹線で小田原まで。その後は小田急線で、最寄りの駅近くの駐車場に停めた車まで戻り無事帰宅でした。

久し振りの日帰り地方行きは、さすがにちょっぴり疲れが残り、7月はこの後夫婦揃って、病院の予約やら持病の通院が多く、少々疲れが出てしまいましたが、早くに他界した妹の長女の結婚を見届けられた嬉しい一日でもありましたlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »