« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

梅雨入り直後の「泉の森」散歩は可愛い生き物との出会いが♪

2016.6.30(木)曇りがちだったお天気も午後になって晴れまも見えて。今日は家事をこなして夕方に短めの公園散歩とお買い物。それにしても6月も今日でお終い。今年の前半最終日。明日からは暑い夏が始まりそうsweat01

  clover6月梅雨入り間もないころの「泉の森」

_dsc0959_2

雨上がりの森の中は森閑としていた。

_dsc0961
森の中でよく見かけるキツリフネが雨に打たれてもしっかり首をもたげて咲いていた。

_dsc0962
雨上がりのテーブル席は、ニャンコや

_dsc0963
カラスの絶好の指定席。

_dsc0965
雨後の水溜りのある道。

_dsc0968
水辺で、雨水を浴びた紫陽花

_dsc0969
少し離れた水辺を眺めながらこんもり咲いた紫陽花も

_dsc0976
その水面をスイスイ泳ぐミズスマシ

_dsc0982
水辺にかかる木道で出会った足の長いカエルちゃん!お兄さんが捕まえたのか、もっと小さな男の子達にカエルの姿を見せているところ。思わずパチリさせて頂いた。カエルの足がこんなに長いなんて、この年になって初めて見ました~eye”この後、足元に一旦降ろされたカエル君は逃げるでもなくお兄さんの足元に伏せた。こちらに飛んで来たらと思うと、思わず「いや~」と逃げた私coldsweats02すぐに又捕まえてくれました。見ているとカエルって案外人慣れしているみたいでeye

_dsc0983
橋の欄干に離されたカエル君は又恐れること無く座りこんで。小さい男の子がお尻を指で押したら、さすがにかなり下の水中に飛び込んで、長い足で水をかきながら川の向こうに泳いでいってしまった。まるで人間が平泳ぎするみたいなのでビックリ!そんなカエルの生態を身近に、生まれて初めて見せてもらえた楽しい泉の森散歩のひと時でしたconfident

_dsc0979
あの速さなら、直にあの橋の下まで到着しているかもsign02

_dsc0981

水辺の木道を歩くも楽し

_dsc0985
この季節は何といってもアヤメ科の花々に

_dsc0991

雨後の紫陽花の風情がよく似合う。

_dsc0992

散歩道を歩きながら見上げた木々にはキラリ光る水滴が

Dsc_1277

買物帰りに寄ってみた100均ショップで、見つけた小皿。もう器を買わないつもりでいたけれど、様々な動物模様の小皿が並ぶ中にカエル模様を見つけて思わず2枚買ってしまったhappy01 100均って、お店に寄っては「これが100円~?」と思うものがすごく多くて、久し振りに楽しくなって、11点もお買い上げでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

このところの日々、クレマチス咲き始めた頃の麻溝公園

2016.6.26(日)cloudsun梅雨の晴れ間を利用して、久しぶりにベッドパッドを干したり、ベッド周りを掃除したり、洗濯をしたりと家事のはかどる一日だった。合間に近所での買い物も済ませ、午後も二人で片付けに集中。毎日とはいかないお掃除なども週に2・3度でも夫と二人で出来れば、もう十分と思わなければ体力も持たないし、それが出来ている今は有難い日々でもある。

数日前、雨が降ら無い中にと早めに町田まで出かけたcar行き先は駅構内にある「みどりの窓口」姪の結婚披露が来月中頃地方であるので、そんなに遠くないし、初めは車でと思いネツトで所要時間など調べ出したら東名高速が工事中とのことで、急きょ新幹線でということになり、そろそろ切符の手配をしなければと、ネットの路線案内で時刻を決めて行ったので、短時間で購入することが出来た。いつも人任せかツアーばかりで、不慣れだったが、今回でちょっぴり自信がcoldsweats01 時間もあったので、ついでに久しぶりにデパートを覗き、ぶらぶらお買い物も。

昨日は久し振りに娘の家に立ち寄り、お婿さんは仕事だったので、3人でおしゃべりしながら楽しいランチタイムを過ごした。2匹の柴ちゃん柴君には相変わらずワンワン吠えられてしまったけれどcoldsweats01ワンちゃん達ですものネdogdoghappy01

  cd懐かしいプレーヤー名のCDを紹介されて・・・note
   
_dsc1202

何十年も前にレコード盤で営業用に入荷したアルバムだが、すでにその後手放してからでも何十年も経ち、久し振りに聴く内容は新譜のアルバムを聴くような新鮮さで耳に届き、もう何度かCDプレーヤー内に出たり入ったりnote入荷したときに覚えたモーズ・アリソンというプレーヤー名だけが頭に残っていたけれど。そのピアノの音色は素晴らしく、初めてのリーダー作だったそうだ。ピアノとヴォーカル、サッチモなどからも多くの影響を受けたということで、スインギーでありながら今聴いても古さを感じさせない素敵なアルバム。モーズ・アリスンの名前は、つい2か月程前にも何十年ぶりに新宿で会った友人の中の一人が当時大ファンで、よく聴いておられたという話を聞いたばかり。

  cloverクレマチス咲く季節に

Dsc_0424
Dsc_0418

5月の半ば、麻溝公園には色とりどりのクレマチスが開花して居た。

Dsc_0423

シックなパープルも。

Dsc_0427

雑草の種類も増えて、蝶や

Dsc_0422
虫が、

Dsc_0430
花々の蜜を吸いに寄ってくる季節。

Dsc_0432
アヤメに芍薬も満開。

Dsc_0433

ワンちゃん達も花々咲く小道がお気にいりlovely

Dsc_0880
管理棟前の花壇にも堂々と咲く
Dsc_0882
クレマチス。

Dsc_0885

園の外周も歩いてみるとフェンスに絡むたわわに咲いたクレマチス。

Dsc_0889
園内にはホタルブクロも咲き、

Dsc_0890

紫陽花の見頃を迎える少し前。

麻溝公園から続く相模原公園まで、四季折々園内に咲く季節の花達が、いつも優しく迎えてくれる憩いの公園。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しかった夕方の水道みち散歩♪

2016.6.21(火)cloud時々raincloud晴れ間も出て。

神奈川は、梅雨時としては雨の少ない日々が続いているけれど、九州では大雨に由る水難で命を落とされる方々もおられる無念な被害や、その他の地方でも竜巻に由る被害など多々でている。今年の天候不順は油断できない日々が待っていそうで、この後の暑い夏はどうなりますことやらsweat02

tvそれにしても余談ですが、この所連日流れた舛添都知事のニュースときたら、問題に対する何の進展も無いままご退任。お騒がせの迷惑を詫びることなく都庁を出て行く様子には更に驚かされてしまいましたsign02

   clover雨あがりの夕方 

_dsc1069
やってきたのは、麻溝公園裏側の駐車場。

_dsc1072

その駐車場前の道路を渡ると女子美大があり、校内を分断した道路に麻溝公園からの水道みちが更に続いてゆく。いつか一度は歩いてみたいと思っていた道。

_dsc1104

女子美の方たちの手になる「横浜水道」の歩みと地図や説明が美しく描かれて、水道みちに立てられている。

1859年横浜開港。1885年相模川の上流に水源を求め水道工事着手。1887年日本初の近代水道「横浜水道」完成。

_dsc1073

この道路の下には直径1.5mの水道管が通っているそうです。麻溝公園の水道みちは道路の向こう側。

_dsc1076
校庭際と水道みちの両サイドにはフェンスが張られ、フェンスの手前には今を盛りと色とりどりの紫陽花が満開sign03

_dsc1077
上の写真は説明文等が上手く写せなかったので、また今度トライですcamerasign03

_dsc1078

それにしても、人通りは多くありませんが、静かで素敵な散歩道

_dsc1101

水道のための機械のようです。

_dsc1100

ここが、女子美間の水道みち終点出入り口。その先の道路を渡り、緑濃い水道路の続きと思われる中を歩きだしてみたら、何と!

_dsc1098

相模原公園から続く水無月園が右手にeye”菖蒲祭りは終わった数日後のこと。それでも道路際の入り口から入園出来て、

_dsc1084

もう一度、ゆっくり咲きそろった花菖蒲を夕暮れの中で見物

_dsc1099

ふと目に留まった花の名前も懐かしく

_dsc1091

今年最後の菖蒲の堪能でしたheart04

_dsc1111
日も暮れ始め、麻溝の駐車場に戻りながら目にした雨に濡れた純白のくちなしの花。

_dsc1112

そして、前回はステージに居た仲良しニャンコたちはこの日の舞台を終えたあとのようで、テーブルの上で寛いでましたよcatcat

夢ちゃん達お気に入りの横浜水道のマンホールから興味がわき、歩いてみたくなった水道みち。いつか又この水道みちも含めて、歴史ある水道みちを辿ってみたくなってきて、後は体力勝負となりそうですがcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大好きなニャンコに会いながら健康づくりのお散歩(^^♪

2016.6.15(水)cloudお日様の光がない昨日今日はちょっぴりひんやり。夕方散歩に出るにもちょっぴり羽織るものが必要だった。

衰え気味の体力が気になって、最近は出来るだけ歩くことを目標に、時間があれば散歩に出かけることを目標に

  bud5月後半、鉢植えの南天に沢山の蕾が出来て

Dsc_0675
開花が始まった。さすがに2週間以上経った昨日今日は、細かな白い花びらが風に吹かれ、コンクリートの床の上に舞い散った。我が家の南天は日当たりのいい場所のせいか、もうほとんど花弁も無くなってしまったけれど、今日出かけた公園の南天は、まだまだ沢山の蕾をつけていた。

 cat5月始めのころ、ニャンコ達に会いに

_dsc0091
麻溝まで出かけた。陽が伸びた夕方の空は青く、初夏に向かう木々のシルエットは、向かう季節が嬉しいかのように踊っってた。

_dsc0092
紫陽花の季節にはまだ早いプロムナード

_dsc0100
青空色のシートは、チビちゃんお気に入りのお休みどころsleepy

_dsc0102

緑の間に間に、三つ葉ツツジ咲く爽やかな初夏

_dsc0105
黄色い木香薔薇もたわわに咲いていた花壇

_dsc0106
ピンクの薔薇も通路に顔を出すご愛敬ぶりlovely

_dsc0109
春から初夏の花々も咲き始めていた。

_dsc8945
最近仲良しの夢ちゃんとマイケルのツーショットcatcat

_dsc9461

パンダは繁みの奥からアイコンタクトだけeye

_dsc9429
猫ステージはこれから開幕・・・・・するかなsign02

_dsc0205
麻溝公園内の水道路際の水鉢の前のニャンコ

_dsc0207
余程喉が渇いていたのか、一心に鉢の水を

_dsc0208

やっと満足したようでしたhappy01

_dsc9457

最後は夢ちゃんのお澄まし顔で、お休みなさいcat

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園「水無月園」の菖蒲まつりは2日後の6月12日!少し早めに覗いてきました!

2016.6.10(金)sun梅雨の晴れ間はお洗濯日和sign01どこかに行きたい気分を封じ込め・・・・・coldsweats01

  clover相模原公園内水無月園の菖蒲はそろそろ見頃に

Dsc_0764
5月最終日、相模原公園内から水無月橋を渡り菖蒲園に。斜面の上から見渡す菖蒲の様子は、まだ少し早かったようだけれど、

Dsc_0783

菖蒲園内に入ってみれば、種類によっては綺麗に咲いている場所もあり、季節を少し先取りした菖蒲見物を楽しむことが出来ましたlovely

Dsc_0785
池を囲む菖蒲達には、それぞれ立派な名前がついている。向こう岸には黄色い菖蒲が咲き、水面にうっすら色を落としている。

Dsc_0791

青空の色、新緑の色、花々の色を映す池の水面は懐が深く

Dsc_0789
その水中には、沢山の鯉が泳いでいる。最近生まれたばかりのような小さな黒い鯉も群れに混じり、元気に泳ぎまわっていたsign03
Dsc_0797

花の影を映す池の周り、盛りを迎える少し前は絶好のお散歩道

Dsc_0800

このころはツツジも満開で、

Dsc_0804
静かな水面を囲んでいた。
Dsc_0805

江戸系、伊勢系など118品種26000株の菖蒲が咲き誇る水無月園。今年の「菖蒲祭り」は、2日後の6月12日開催。AM10時~15時まで。菖蒲娘さん達もやってきますよsign03

Dsc_0806

上の写真の菖蒲園と通路を挟んだ反対側にも菖蒲園が。入り口付近に咲く山法師の白い花。

Dsc_0770

その園内の菖蒲咲く近くに始めて会うニャンコがお昼寝中。声をかけたら眠そうな顔をして振り向いてくれたcat

Dsc_0765

日曜日の「菖蒲まつり」には来られないかもしれないので、今年の花の姿を目に焼き付けて。

Dsc_0818
相模原公園入り口近くで見かけた「赤い実」がたわわに実る「アメリカザイフリボク」という名の薔薇科の木。花や実がなければ、きっと通り過ぎてしまう木々、今この季節にアピール中cherry

Dsc_0807

春を過ぎ初夏を迎えて、陽足が長くなり木々の影も長く伸びる夕方。お散歩時間もついついゆっくりにconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お寺さんに兄弟で集まった日のこと。

2016.6.8(水)cloud梅雨入りしているとはいえ、今年の雨量は少なく、神奈川を除く関東の水源の水量は平年の半分ほどと、供給不足に陥りそうな状態とか。お天気はいいに決まっているけれど、貴重な水源としての雨が降ら無ければ人の暮らしは成り立たない。

嫌なニュースが多々、日々流れる中、北海道で行方が分からなくなっていた坊やが6日ぶりに無事に保護されたというニュース。食料も無く水道の水だけで生きて発見された奇跡のような出来事は、日本中を、更に世界中の人々をも安堵させるような出来事だったlovely

 notes不思議な嬉しさを親族そろって覚えた日のこと。

Dsc_0906

裏庭に「びよう柳」の黄色い花がたわわに咲く参道

Dsc_0939

見上げればお寺の屋根も。この日は長男夫婦である私達と義弟夫婦、他界した三男の妻である義妹の5人で、菩提寺で剃髪式を受けるべく約束で集まることに。

Dsc_0918
法事の折は、大勢で賑やかな集まりとなるけれど、この日は5人だけ。最初に到着して、いつもよりこじんまりと設えられたお部屋に通されて待つのはわずかな時間だったが、心落ち着くひと時。

5人そろったところで、本堂に案内されて、ご本尊から見て正面の席に5人の席が設けられていた。ご住職のご説明、そしてお経とともにお式が開始された。前々から他界した義父母にならい、いつかお寺さんにお願いをしてと思っていたことが、兄弟みんなの機も熟し、この日を迎えることが出来た。

これから授与される5人の為の生前に頂くお戒名のための儀式。すでにご住職から各自宛に郵送されていた、案としてのお戒名は、それぞれにとり申し分のないものであり、そのまま授与していただくこととなっていたため、ご本尊の前でのご住職の祈りの中に、読みあげられるお戒名を耳にしながら何とも言えない身の引き締まるような思いと同時に、嬉しさのような気持ちもこみあげてくる不思議なお式でもあった。

間に、ご本尊の仏前に山のように供えられていたお品をご住職が手にされて、5人の前に座られた。そこで釈迦の弟子となった証ということで、それぞれの戒名が記された「逆修牒」と総本山の御袈裟、御念珠に宗派の勤行式用のお経を各自に渡され、お式の間は首から下げた御袈裟と念珠、お経を箱に納め戴いたあと、剃髪式は終了となりました。。

_dsc0954

授与されたお品は、自宅に戻り早速仏前にお供えです。

Dsc_0933

お式の後は、墓地に行き、

Dsc_0935
義父母や義弟の眠る墓前にお参り。

Dsc_0937
先祖のお墓にもお参りを。

Dsc_0932

お墓で、いつも出迎えてくれるニャンコですcat

Dsc_0912

車を停めた駐車場出入り口に咲く純白の柏葉紫陽花。この他にも紫色の紫陽花や、様々なお花が咲く参道を歩いていると気持が清々しく澄んでゆくような気がしてきました。

帰りは、みんなで近くのお店やさんに寄って食事を共にしながら、和気あいあいとお喋り。みんなの口から出るのは、不思議にも生前戒名を頂いてこんなに嬉しい気持ちになるなんてというものだった。「あの世に行ってから自分の名前を知ら無いのも困るわね」「生きているうちから分かっている方がいいわね」などと。

仏事は何事も兄弟で相談をし、仲良く執り行ってきているけれど、今回は更なる和が一段と深まる貴重な体験を共に出来たことが、殊更嬉しい一日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月半ば、緑爽やかな「ふれあいの森公園」にて(^^♪

2016.6.1(水)sunたりcloudったり。

気持ちのいい初夏の季節、深まりゆく新緑色の変化を楽しみながらの散歩が実に心地いい季節。早くも6月を迎えてしまい、5月中に写したお散歩写真もたまったままで・・・・・coldsweats01

厳重な警戒の中開催された伊勢志摩サミットも無事に終了。今回はアメリカのオバマ大統領の広島訪問が日本人としては心から嬉しく、大統領の声明にも心動かされ、今後の世界の平和に向けて貴重な一歩となってほしいと思う。

   clover大和市「ふれあいの森公園」

Dsc_0461
優しく出迎えてくれる花壇入り口に咲く花達bud

Dsc_0462

大輪のクレマチスも咲き始めていた。

Dsc_0469
薔薇の季節。バーベキュー広場手前にある薔薇の花咲く花壇。

Dsc_0470
白い花弁が散り始めて・・、もう何日か早ければ、もっときれいだったかしら?
Dsc_0471
けれど、お日さまの光を受けて、堂々と咲く真っ赤な薔薇も。

前回来た時の薔薇の周りは、見事なチューリップが群生していたけれど、その姿は既に花の終わった枯れた葉などがあるばかりで、数日後にtulipの後は片づけられとのこと、次の季節の花の準備がされるのだろう。この後は夏の向日葵かしら?

Dsc_0474
川沿いの桜の木々の下、小鳥の母子か雛から育った兄弟なのか

Dsc_0477
3羽が仲良く餌を探しながら歩きまわる様子が微笑ましい

Dsc_0478_2
その中の1羽が餌を見つけて飛び立ち木の枝に。

Dsc_0482
同じ空を飛ぶ、鳥では無く飛行機がゴーンという爆音とともに頭上を飛び去っていったairplane

Dsc_0485
初夏の光差し込む気持ちのいい緑道。

Dsc_0489
薔薇の花壇の反対側の花壇内のフェンスはクレマチス

Dsc_0490
そしてチューリップが沢山咲いて居た花壇には新たに

Dsc_0492
様々な花が植えられ咲いていた。

Dsc_0494
滝から落ちる水路際に咲く黄菖蒲。その身を曲げた姿を水面に映しこんでいる。

Dsc_0498

大小様々な木々が緑地に影を作り、午後の憩いの場となる「ふれあいの森」の初夏clover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »