« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

5月も後半、初夏の花達咲く季節に。

2016.5.25(水)cloud5月にしては気温の高い日々が続いていた今日この頃。この月は息子達の引っ越しもあり、その他にも何やかやと出かける用事が多く、忙しい日々でした。

その上、テレビでは大相撲やリオ行きをかけた女子バレーの試合に夢中になってしまい、それにしても、リオ行きが決定した女子バレーの試合、キャプテン木村沙織以下、各選手の活躍ぶりは、画面を通して観ているだけでも手に汗握る程の感動ものでしたsweat01impact

 bud我が家の初夏の花達bud

Dsc_0625
ガザニアは毎日のように沢山の花をさかせてくれている

Dsc_0630
季節は巡り、ランディもいつものように可愛らしい花を!

Dsc_0633

天竺葵も赤々と、丈夫で長生きな我が家の花達に感謝lovely

Dsc_0669_2
今年は3羽の子ガラスが卵からかえったようで、窓の外の公園内を飛んだり、お向かいの建物の柵を止まり木代りに兄弟仲良くくつろぐ姿を一日何回も見せてくれて、微笑ましいchickchick

clover麻溝公園の花達も初夏の花、久し振りのcatたちにもsign01

Dsc_0635

公園を囲むフェンスに、様々な種類のクレマチスが咲く季節

Dsc_0641

入り口を下ると紫陽花アナベルの蕾が数えきれない程育ち、開花の準備中。

Dsc_0642
斜面沿いには一足早く咲き始めた純白のアナベル一輪目の花に足が止まる。

Dsc_0643

展望台を望む位置にある花壇には様々な花やハーブが咲き乱れ

Dsc_0644

反対側の崖の上にはブラシの木の赤い花が咲く。最近は街中でもよく目につくようになった真っ赤なブラシ咲く木。その存在を初めて知ったのは,この麻溝公園の正にこの木だった。本当に哺乳瓶だって洗えそうなブラシの形にビックリでしたがeye

Dsc_0646
昼寝の大好きなニャンマルは、相変わらず紫陽花の木陰で夕方のうたた寝中sleepy最初の散歩前に少し遊んだので、「もういいでしょ」の、ようなので・・・

Dsc_0647
公園前の道路を渡って、ツツジ咲く水道みちの方へ。

Dsc_0649
明治の頃に埋め立て造られた横浜の街に、津久井や相模川などから引かれた水がこの水道みちの下を通って送られていくことになった。相模原市内の水道みち内にあるマンホールの蓋は横浜市となっている。この水道みちは、更に麻溝公園内から女子美の中を通り抜けて横浜へと続いている。

Dsc_0648
水道みち内の側道に咲く花達。チェリーセージ咲く向こうには、青い紫陽花がもう咲き始めている。

Dsc_0650
花壇終点の石塀の上では夢ちゃんがお昼寝中だったけれど、すぐに目を覚ましてくれて、すぐ下にいたマイケルも起きだしたので、「こっちにおいで」と日陰のベンチに誘うと2匹とも素直についてきてくれたhappy01heart04

Dsc_0658

しばらく遊んだ後は、再び仲良くお昼寝かな。前はよくいがみあって仲の悪かったこの2匹、最近は一番の仲良しのようにいつも一緒で、頬ずりしあったり仲睦まじい様子に大人びた落ち着きを見せてくれている。時折訪ねてきても時間によってはお出掛中なのか会えなかったりすることもあるけれど、こうして元気な姿を見せてくれると一安心。

名残惜しいけれど「又来るね。バイバイ」と言いながら出口を目指し、何度か振り返ると夢ちゃんもベンチの上で首だけ向けていてくれて、その都度手を振り「バイバ~イlovely

仲間のチビにはもう2度ほど会えていないけれど、元気にお出掛中が増えているのかもsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近隣厚木のジャズ祭りから一週間も(汗)&新しいお友達ニャンコが出来た(^^♪

2016.5.16(月)sun何となくバタバタしながら暮らしているうちに、5月も半ばを過ぎてしまい、またまたご無沙汰しておりました。

熊本地震から1ヵ月も経つのに、少なくなったとはいえ現地の余震は続き、毎日にのようにTVから流れる画面には住宅などの復興も進まないままの様子が映し出され、我が身に置き換えてみれば耐える事など出来るかしらと思えるほどの惨状に、胸が痛んでなりません。

そんなニュースも流れる最中、今夜9時23分、スマホにいきなり入った地震速報の甲高い音声に慌ててテーブルの下に潜りこむと、ほぼ同時にTVのニュースでも地震の速報がsweat01震源は茨城県、少し離れたこの辺は震度3ということで、幸いなことに特に被害も無く助かりましたが、いつ何時この関東にも大きな地震が起きるやも知れず、用心することを怠ら無いようにしなければなりません。

 note 厚木ジャズ祭2016note

Dsc_04452
今回初めて訪れた「厚木JAZZ祭り」ZAMAビッグバンドジャズオーケストラ繋がりのフェスティバル。そんなに遠くない厚木市なので、早めにチケットを取りよせていたので、行ってきましたnote

Dsc_0449
1番目は厚木市のオーケストラから始まり、2番目は北里大のOBやOGさんの演奏、秦野市、勿論座間市も含む6バンドがそれぞれ素晴らしい演奏を披露してくださいました。プログラムを開き、最初に目に入ったのが守屋純子さんのお名前。「守屋さんも出演かしら」などと呟きながら、よく見たら「マイナー・ワルツ」の作曲者名でしたcoldsweats01 我が家にあるCDにも収められている「マイナー・ワルツ」ピアニストの方も大変お上手で。

リオオリンピックにちなみ、今回のテーマは「ブラジル」にちなんだ曲ということで、各バンドが1・2曲ずつテーマに沿った曲を組み入れて、よく知られたボサノバの曲など、大好きなラテンジャズも楽しむことも出来ましたnote

どのバンドの皆さんも本業を他に持ちながら活動されておられるのに、アマチュアとは言えないような演奏を聴ける「ジャズ祭り」、結成されて50年以上経つバンドもあって、夫々のソロなどプロ級の腕前の方達ばかりでしたnote

_dsc0396
厚木市文化会館前の広場を囲う爽やかな新緑。

12時半開場、1時から4時過ぎまで3時間以上の公演は、途中20分の休憩を挟んでも椅子に座りきりでいたので結構疲れましたが、そんな気分も外に出て、緑を眺めて一呼吸するうちに、ジャズの余韻も残り寛いだ気分にnote

休憩時間中は、食べ損ねて居たお昼を。お弁当持参の方もおられ、遠慮なくロビーでパクパクdelicious

ロビーには熊本地震への募金箱を持った若い方達もおられ、心ばかりの寄付をさせていただいた。

_dsc0395
広場内には、満々の水を湛えた長方形の人造池も。建物の写真は写せ無かったけれど、その外観は広場の、レンガと同じ色。

 catいいお友達になったニャ~lovely

_dsc0331
つい最近、かにが沢公園で出会ったニャンコ。初めての出会いなのに、逃げるでもなく転がったまま毛繕い。

_dsc0337
毛繕いが済むと立ちあがり、

_dsc0339
公園出入り口の石垣の上に座り、番を始めた。

_dsc0322
この日はもう一匹、前から居る子にも会えた。この子は最初は何でもなかったのに、ある日片目を真っ赤にしていることがあって、その後片目は見えなくなってしまった。この日は仲良しワンちゃんのお散歩と出会って、嬉しそうだった。

 そして2.3日後に出かけたかにが沢散歩で

_dsc0370
2度目の毛繕いニャンちゃんとの出会い。
_dsc0378

この日も気が済むまで毛繕いをしているので、

_dsc0386

園内をしばしのお散歩

_dsc0389
園内崖の下の広場はみんなの運動場

_dsc0393
帰路につこうと出入り口付近にさしかかると、毛繕いが終わったニャンコが又ゴロンタ。小さな子達が近づいても平気でゴロ~ン。猫の手の先の花壇の向こうにはカメラを向ける大人の方達が何人も。ニャンコの名前はわからないけれど、いつまでもここにいてほしいみんなに好かれる可愛いニャンちゃんcat

  bud花盛りの我が家の窓辺

Dsc_0439

まだ小さなクリスマスローズなのに、3輪もの花を咲かせている。バックの紫色は今年も咲居てくれた初恋草。赤いゼラニウムもたわわですlovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鯉のぼり泳ぐ「かにが沢公園」「藤の花咲く麻溝公園」は連休日和でした(^^♪

ぐ2016.5.7(土)sun相変わらず風は強かったけれど、夕方には風も凪ぎ、夕方散歩には気持ちのいい土曜日だった。連休も明日でお終い。この連休中は娘夫婦と会ったり、連休中に引っ越しをした息子夫婦宅に立ち寄ったり、休息日を入れ乍らも何となくバタバタと過ぎてしまった。幸い息子達の引っ越し先は、隣の市でも、これまでより幾らか近くなり、娘夫婦の家も市内と近く、これからの事を思えば心強く暮らせて、とても有難いこと。

 clover子供の日は鯉のぼり泳ぐ「カニが沢公園」夕方散歩

_dsc0283

緑をバックに15匹の鯉のぼりが並んだ。

_dsc0298
もう何日か空中を泳ぎ続けた鯉のぼりたち。今日の夕方行ってみたら、鯉のぼりの姿はすでに無かった。

_dsc0290

子供たちに大人気のお滑り台up

_dsc0316

鯉のぼり泳ぐすぐ下で、鉄棒や滑り台など、日暮れ近くまで元気に遊ぶ子供達。

_dsc0307

鯉のぼりは、元気に泳ぎ過ぎて疲れてしまったのか、子供たちの頭の上で休憩もsleepy

  clover4月末、藤の花咲く麻溝公園

_dsc0111
園内の「紅カナメモチ」に白い花が咲いていた。

_dsc0113
そして青空をバックに藤の花

_dsc0114
マメ科の植物らしく花ビラもお豆のよう

_dsc0115
藤棚を仰ぎ見る。まだそんなに大きく育っていないけれど、この季節ならではの花。

_dsc0119
紅カナメモチの向こうでは赤ちゃんをモデルに絵を描くおじちゃまの姿も。

_dsc0128

連休入りのころの木々には新芽が出始め、爽やかな季節の到来を告げて居た。

 noteベリーダンス ショーnote eye

_dsc0250

娘達と食事をした帰り、ショッピングビル前で開催されていたベリーダンスnote

_dsc0259

この日も風が強く、ダンサーの方達の手にある布も風を張らんで大暴れsign03美しい衣装をまとい舞うショーは初めてだったので、娘夫婦とともに、楽しいひと時を過ごしましたnote

_dsc0272

子供の日の夕方、車窓から見えたお役目を無事に済ませた鯉のぼりたちでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »