« 夜景に見る変わりゆく渋谷の街並み。 | トップページ | 2月末の「芹沢公園」と1月半ばの「泉の森」にて。 »

守屋純子オーケストラ2016年定期公演の夜♪

2016.2.29(月)今年は閏年のため、2月は29日まで。そして明日弥生3月を迎えれば、やがて桜咲く春爛漫の日々が訪れる。陽射しは日増しに強くなってきているのに、吹く風の冷たいことthink今日も曇天から晴れ間が出たと思えば雨が降り、又晴れるという目まぐるしいお天気。ああ待ち遠しい穏やかな春の日々cherryblossom

 note 26日渋谷行きの本命は

_dsc8898

守屋純子さんの定期コンサートでしたsign03昨年1月の定期コンサートの折、今年の日取りを舞台上から発表されていたので、先月チケットをお願いして、この日を楽しみに待ちました。今回も、昨年に勝るとも劣ら無い素晴らしい内容のコンサートで、心踊らされたり、心こめられた知人への追悼の曲の演奏には、思わず涙がこぼれそうになるような感動も覚えましたsweat02

作曲、アレンジ、ピアノ演奏、各地でのオーケストラ公演、そのどれ一つをとっても揺るぎのない実力、更に昭和音大などで講師として後進の指導など、まだまだその他の活動も幅広くをこなすというスーパー・ウーマンでいらっしゃる。

昨年は徳川家康公顕彰400年という年に辺り、愛知県岡崎市から徳川家康公JAZZ組曲/厭離穢土・欣求浄土の委嘱を受けられて、今回のコンサートでは、その中の曲を中心に、更にその後作曲されたという、これも素晴らしい曲ばかりと、又よく知られたスタンダード・ナンバー、特にエリントン・ナンバーも多く取り上げられ、好みの曲が守屋さんのアレンジと息のあったメンバーの方達の絶妙の演奏で、心の奥底まで深く染み入るこれまでの中でも最高の演奏を聴かせて頂いたような気がするほど、進化し続ける守屋純子&メンバーの皆さんの演奏会でしたnotesscissors

上の写真は、当日頂いたプログラム。表紙にメンバーの皆さんのお名前が。右手にあるCDは、「Pley For Peace」家康公の400年祭記念組曲という日本の歴史とジャズを結び付けた話題作です。今回もCDにサインを入れていただき購入してきました。

_dsc8899

左下はCDの内側、守屋さんとメンバーの皆さんの紹介写真、右はプログラムの裏表紙に掲載された今回の家康公の組曲を紹介された3誌の新聞記事と、これまでに発売されたCD8枚が掲載されている。我が家のCD棚にも同じ8枚のアルバムが今回の購入ですべてそろいましたnote

_dsc8858

昼間から寒かったこの日は、電車に乗っても、勿論コンサート・ホールにおいても暖房が効きすぎる程入り、暑い位だったが、外に出ればまだ冷たい風が。もう一枚あった上の写真。やはり彼方に光る建物は「ヒカリエ」だbuildingshine

_dsc8860
区民センターさくらホール出入り口付近に設けられていたベンチ席。

 bud陽射し春めくテラスの花達や小鳥の来訪chick

_dsc8828
赤い葉の南天とチロリアンランプの手前のクリスマスローズが咲き始めた。恥ずかしがりやのローズちゃん。いつもうなずくように下を向いて咲く。花が終わると、いつの間に種を飛ばすのか、やがてあちこちから芽を出し株を増やして行く丈夫な子budbud

_dsc8833
二色のマーガレットも健在。今年も沢山の花を咲かせている。こぼれ種から増えて行く優等生のようなナスタチウムも今年は黄色とオレンジ色と両方があちこちで花を咲かせてくれているbud

_dsc8834
この季節は小鳥達の行動が一年で一番活発になり、毎日のようにメジロや

_dsc8836
ヒヨドリがやってきて、花の蜜を吸ったり、ワイルド・ストロベリーの実をついばんだりしてゆく。カラスだけは毎年巣作りから抱卵、ひなの誕生まで観察する楽しみはあるけれど、決しておいで頂きたくない鳥さん達。ベランダの手すりの大きな洗濯ばさみは、カラスよけのつもりだけれど、メジロやヒヨドリはすり抜けてやってくる。カラスはこちらの意思表示が通じるのかこれまでのところは、十分カラスよけが役立っているhappy01

_dsc8824

近隣の公園際を車で通りかかった折、園内を取り巻くようにピンクの花が見ごとに咲いていたので、急ぎカメラを向けてパチリ。梅でも桜でもないような、それでは桃の花かしらsign02

|

« 夜景に見る変わりゆく渋谷の街並み。 | トップページ | 2月末の「芹沢公園」と1月半ばの「泉の森」にて。 »

JAZZ」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

そうなんですよね。守屋純子さんは岡崎に縁が
ある方なんです。新聞の切り抜きに中日新聞が
あるはずeye
岡崎は妹が住んでいますし、ドクタージャズの住んで
いらっしゃった街で、ジャズの街として知られていますnote
定期公演に行かれたんですね。渋谷の街はまだ工事中
ですかshock
もう何年も工事してる気がしますhappy01

投稿: kazu | 2016年3月 2日 (水) 19時37分

kazuさん
こんばんは!
ドクターJAZZの住んでいらした街、
ドクターから贈られた音源などは岡崎図書館に
というJAZZの街ですね。図書館発売のCDも何枚か
購入させていただいています。
守屋さんの今回のコンサートでは、ご自身作曲の
「三河武士道」「表家康公」「戦国ビッグバンド」など
など、家康公にまつわる曲が演奏されましたnotes
何だか元気が出てくるような、力強い演奏に
見も心も熱く成りましたhappy01
妹さんが岡崎なら、折に触れ行かれますねtrain
私も、父が名古屋人で、子供の頃は八丁味噌の
土手鍋を食べて育ちましたし、徳川さまの話は
よく聞かされました(よく覚えてはいませんcoldsweats01が)
そして「さくらホール」は我が母校、守屋さんと弟は
同じ大学で、何だかご縁が深いのです。
渋谷の街の工事は、次回オリンピック以降も
次々と続きそうですよcoldsweats01

投稿: chisa_pie | 2016年3月 2日 (水) 23時06分

追伸
kazuさん、新聞の記事は
左から、東海愛知新聞、日経、読売の3誌ですが、
中日にも掲載されていたのですね。
読売には、別の記事も出たりしています。
これからの活動が益々楽しみですねnote

投稿: chisa_pie | 2016年3月 2日 (水) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/63276153

この記事へのトラックバック一覧です: 守屋純子オーケストラ2016年定期公演の夜♪:

« 夜景に見る変わりゆく渋谷の街並み。 | トップページ | 2月末の「芹沢公園」と1月半ばの「泉の森」にて。 »