« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

前回の数日後、引き続き残雪の相模原公園散歩♪

2016.1.31(日)cloudsuncloud 日中は陽射しも出ていくらか暖かく。

 chickお昼前、ほんのひと時のお客さま

_dsc8257
最近、時折やってくるメジロちゃん。少し離れた室内奥からだったので、すぐに飛び立ず、しばしの滞在中。余り近づくと逃げてしまうので、レンズを望遠にしてパチリ!

_dsc8259_2
ほんの少し近づいてパチリ!それでも小さなメジロちゃん、写真を拡大。この後すぐに飛び立ってしまいましたsweat02

今年はテラスで育ち過ぎた琵琶の木を切ったりして、少しづつ整理を始めていて、いつかの冬の雪の日、沢山のメジロが我が家の琵琶の木の枝で雪ごもりしたような様子はもう2度と見られないかも。

久しぶりのお天気なのに、溜まった洗濯ものや部屋の片づけ、室内で育ち過ぎたレインボーツリーや幸福の木の枝も大幅にカットした。天井近くまで育ってしまった枝たち。切り取った枝は大半処分したけれど、長年かけて育った可愛い仲間。レインボーツリーを2本、幸福の木を1本、小さめの枝を花瓶に挿した。上手くゆけば水中に根を張り出して又育てることも可能。なんて言ってると又増えてしまうけれど・・・sweat01

  snow相模原公園に残った雪

_dsc8085
18日の未明まで降った雪。その翌日は麻溝公園に。22日は朝から定期健診の通院だったので、帰りに相模原公園入り口の方に行ってみた。

_dsc8086
お天気がよかったのに、園内の日照が少ない場所はまだ雪が残り、ネモフィラの種がまかれ芽吹きを待つ斜面に残った雪が、一部ネモフィラの青い花が開花したように青く斜面を彩っていた。

_dsc8090
まずは、雪の後の水無月園の方に向かう。木瓜の花が開花を待っている。春近し💛

_dsc8094
低灌木の上に残る純白の雪

_dsc8095
斜面上から見えた池に雪の残る菖蒲の田。

_dsc8096
菖蒲園を囲む木々の中の蝋梅の黄色い花が満開

_dsc8099
青空の下、菖蒲田の土の上はまだ雪景色

_dsc8105

池の上の飛び石の上や

_dsc8109
水面にも、丸い石かしらと思うような恰好でカモ達がお昼前の休息中sleepy

_dsc8110
少し元気な鴨と鯉が水中に影を落としながら泳いでいる

_dsc8117
お昼前の太陽が、青空や木々の色を水面に映し、岸辺に残る残雪とともに照らし出していたsun

_dsc8119

菖蒲園の向こうは女子美のグランドだったろうか。園を囲んでいた木々の葉も落ち、視界が広がっていた。

_dsc8122
菖蒲を見物する通路から四阿まで見通せる。菖蒲の花は見られないけれど、純白の雪の花が楽しませてくれた冬の水無月園。冬でも楽しむことが出来る大好きな場所scissors

_dsc8123
ママと一緒に、赤いコートがお似合いの可愛らしいお嬢ちゃんも雪や鴨見物にいらっしゃいましたよlovely

_dsc8129

菖蒲園から公園の方に戻る水無月橋の上から雪が覆う丹沢の山々を眺める。山沿いに沸きあがるような白い雲。お昼前のひと時に味わうことが出来た自然の様や動植物の季節の様子に心が癒された至福の時でしたlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の後の麻溝公園散歩

2016.1.30()土)cloud 昨日から又寒い冬の日々catface

昨日位から明日にかけて雨や雪の予報があったので、午前中雨脚がひどくなる前に不足しそうな食材をチェックして、昨日今日と二日続けて寒い中買物に。取り敢えず昨夜は冷たい雨が降っていたようだけれど、今日はぱらついたり位の曇り空。近隣散歩への勇気も沸かず、買い物後、スーパーに隣接する広いホームセンタ-内を散歩代りに見物。生活に役立ちそうな品々の展示が何かの折に役立ちそうで有意義なひと時だった。

  snow先日の雪の後の公園散歩続き

_dsc8008
麻溝公園内にも、まだ大分雪が残っていた。_dsc8009
雪が解けて無くなった道を選んで園内に。猫達の姿はここでも見当たらずcatface

_dsc8010
花壇内の紫陽花の枝は冬姿

_dsc8013
崖の上を見上げれば青い空。夕陽が照らす冬木立。

_dsc8015

四阿の屋根や手前の花壇にも、まだ雪が

_dsc8016
四阿左手グランド内の児童遊園。いつも大勢の子供達が歓声を上げて遊んでいる場所

_dsc8017
まだお日さまの光も残るのに、その子らの姿はすでに無く、雪遊びをした後の忘れ物のような可愛らしいバケツなどが残されていた。

_dsc8019
子供達がはしゃぎながら跳ねて遊ぶ遊具にも雪が残って

_dsc8020
グランドを囲む冬木立が、残照を受けて赤く輝く。

_dsc8022
いつも見える麻溝公園のタワー出入り口付近

_dsc8024
今まで居た公園の方を振り返ると、動物広場の丸い屋根が目に入り、その向こうには大山の稜線と女子美の窓の向こうからの太陽が輝く様子が見えた。関東に雪が降った日の翌日夕方。

_dsc8026

駐車場入り口に残った雪のあと。

近辺に今年初めて積もった雪は、日当たりの悪い場所では、まだ残っているところも。

偶に降る雪はこうしてカメラを持って追いかけたくなるけれど、これが毎日降り積もるとなると、やはり大変な事だとつくづく思う。雪国の方々のご苦労は、さぞ大変な事と忍ばれる。

早く暖かくなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の後の日々。地域の写真展や公園散歩に♪

2016.1.24(日)sun朝から眩しい太陽の光sign03

_dsc8194

南天の赤い実はきれいさっぱり無くなってしまったけれど、お隣に置いたチロリアン・ランプの緑の葉と赤い実が南天の根元を囲んで、仲良く日向ぼっこsun

  art今日が最終日。PM4時までの写真展camera

_dsc8191
市内(ZAMA)再発見の写真展。ハーモニーホール座間にて開催中。よく知った市内のあちこちが、撮影される方達の感性で切り取られて、ギャラリーの壁を彩っていた。身近な景色が多いので、共感出来る部分が多く、思いがけず楽しい写真展でした。

  snow雪の降った翌日散歩 
_dsc7983

午後、市内を車で走れば夜半から降った雪が嘘のようないいお天気で

_dsc7990

お隣の市の車道沿いの畑に射し込む午後の日差しは眩しい位。太陽が大山の向こうに沈むにはまだ早い時間。

_dsc7995

麻溝の公園はどんなかしらと、お散歩に。

_dsc7994

最初に雪の後の猫達の様子が気になって車道を渡らず

_dsc7996

猫達の居る散歩道に。こちら側はまだ結構な雪が残り、小鳥達が雪の中に嘴を差し込んだり、羽を広げたりして雪遊び中だったchick

この辺から走り去るチビちゃんの後ろ姿が見えただけで、ほかの猫達の姿は全く見られなかった。

_dsc8003

冬の花壇はすっぽりと雪に覆われ、

_dsc7999

いつも猫達が仲間同士で寛ぐ場所もまだ雪で覆われていた。
_dsc8004

_dsc7997
雪に囲まれた花達も雪の冷たさにも負けず、元気scissors

_dsc8007

チビの走り去った様子から見ても、どこかで寒さをよけながら元気にしていると思い、この後は公園の方に行ってみることに。

 event相模原市麻溝公園 緑の広場・水の広場特設会場にて、大陶器市が開催されるjapaneseteabottle
_dsc8150
一昨日、麻溝公園の外を通過中、色とりどりの、のぼりばたが風に閃いていた。この日はまだ準備中だった。

会期は1月23日(土)から1月31日(日)10:00~17:00

50万点もの品が展示されるそうですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東にも雪が積もった!今日は季節の花やアイドルと、小鳥や虫も♪

2016.1.18(月)snowraincloud 日本列島この冬一番の寒気に覆われているそうです。

_dsc7958
暮れに美容院で頂いた桜の枝から次々開花する冬の桜は日々のお楽しみcherryblossom茶色の小さな蕾がやがて緑の蕾となり、小さな五弁の花が開花してから葉桜となる。何本もある枝にはまだ沢山の蕾がlovely

_dsc7965

我が家の南天の赤い実。毎日のランチタイムに正面に見えるようにして楽しんでいたのに、もう一粒の実も無く、わずかに左上の枝先に食べ残された残がいがチョビッとcoldsweats02

犯人は、ピーヨ・ピーヨと賑やかに、この季節群れになってやってくる「ヒヨドリ達」。一度は窓先の目の前に来たので、中から追い払ったのに、お寝坊した朝にやられてしまいましたsweat01

目の前の公園の、実のなる何本かの木にたわわに実った紫の実もすべて食べつくした揚句、昨日は更に念入りに沢山のヒヨドリが押し寄せ、木の中まで潜りこみ枝から枝へ実を探し、食べつくしを確認してから次の木に大挙して移りしていたhappy01

_dsc7976

一昨日、買物先のスーパーで売られていた「スノー・ドロップ」お手入れいらずでらくとの説明書きを読み、可憐な花の姿に惹かれてしまい、思わず苗を一つだけ買ってしまった。花や木は、もう増やすこと無く減らして行くことを考えなくてはと思っていたのに又しも・・・・・coldsweats01

 snow初冠雪

_dsc7979
今朝がた6時頃、昨夜来の雨がいつの間にか雪に代わっていたようで、窓の外は一面の雪景色。本物のスノー・ドロップだったsnowsign03

_dsc7980
その後は次第に雨に変わり、
_dsc7981
木々の雪は殆んど落ちてしまい、午後も夕方になれば、益々溶けてしまった雪。北側の遠くの空は赤く染まっていた。寒さは続くようだけれど、お天気回復してほしい。

「雨降って地固まる」というけれど、雪降って固まるとつるりと滑って危険。雪解け道には気をつけなければ。

tvこのところお騒がせの芸能ネタ。人気グループ「スマップ」解散報道の今後は何とか回避されそうな気配で、午後のTV番組でもしつこく報道されていた。長年人気の「スマップ」解散は誰よりもファンが許すはずもないのに。空気の読めない周りの影響で騒ぎになって。気の毒なのは「スマップ」5人のメンバーだったように映ってしまった。今回のことが今後の強固な地固めとなりますように。
   bud散歩道に咲く季節の花

_dsc7967
軒先にピンクのお花がたわわに咲いて、午後の散歩道が明るく輝くshine

_dsc7969
こちらの南天の木にも実が見当たら無いcoldsweats01

_dsc7972
早くも椿が満開scissors

_dsc7973

清楚な白い椿も。つい先日までは暖かった冬。花達は季節を先取りbud

_dsc7968

おっと!お花ではないけれど、昔何処の路地裏でも見かけたコンクリートのごみ箱!前面の木蓋は無いけれど、懐かしい昭和の遺産のような風情wink

  snail季節感の乏しかった秋から冬

_dsc7193
昨年11月末の芹沢公園散歩時に見つけた

_dsc7195
セミの抜け殻eye

_dsc7196
アブラゼミの抜けがらかしら?昨年は夏の終わりも遅かったのか、9月に入っても自然公園内では蝉の音が聴かれていた。そんな蝉達の、名残を惜しむかのような抜け殻発見でしたsign02

_dsc7201
その日の園内はまだ落ち葉の数も少なく、秋の名残をたっぷり残し、仲のよいカップルが坂を下ってお散歩中でした。

_dsc7218

同じ日の帰り道、公園近くの学校のフェンス周りには背の高い皇帝ダリアが見事に咲き揃っていたbud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数日前の親戚との集いを我が家で(^^♪そして今日は「成人の日」

2016.1.11(月)sun気持ちのいいお天気が続いている年の初め。

今年はアメリカで結婚し、夫婦揃ってジャズ・ミュージシャンとして、合わせて後進の音楽指導、そのほかデザインやイラストなどで活躍する姪が10か月になる女の子と二人で暮れから里帰りしていて、おじちゃん達とジャズの話がしたいという前々からの希望もあり、弟である父親と姪の弟家族3人で遊びに来てくれた。

1歳未満の赤ちゃん二人と3歳の女の子が我が家にlovelyその可愛いことといったら、何とも言えませんねheart04子供って、どうしてこんなに可愛いのかしら?顔や仕草を見ているだけで緩んでしまうこちらの頬wink

_dsc7762

最初に集まった人数だけで、まずは夫がカメラを手に記念撮影camera

_dsc7749
次は赤ちゃんのママが赤ちゃんと共に写してくれた記念写真。

_dsc7752

まだ10か月目に入ったばかりのこの赤ちゃん、アメリカでも取り分け大きく育っているようで、平均よりずっと大きく、体重は11キロ位あるそうで、「おばちゃんは抱くと腰に来るかもしれない」と言われたけれど、娘だって抱っこ出来たし、人見知りもしないその様子に思わず私も抱っこしてみたけれど、本当に重いのでびっくりhappy01sign03その後壁にかけてある私の写真を指差して、ママに似て居たのか「マンマ~」と言ったり、おもちゃのような鍵盤を前に置けばバンバン音を出してひきまくる。勿論でたらめなのだけれど、それが何故かJAZZっぽく聴こえてくるから血は争えないnote姪曰く「大きくなったらベースでもやってくれたら3人でトリオ演奏出来るんだけど」と今から楽しみな発言に長生きしなくちゃと新年早々元気が出てしまい・・・・happy01

それにしても長時間の飛行機の旅に、今回パパが都合で来られ無い中、一人で重い娘を抱いて荷物を持ってくるという姪のタフさに脱帽。

_dsc7770

少し遅れて息子家族3人も揃い、サンドイッチとトマトのスープに果物やジュース、
_dsc7766

最後にケーキと珈琲で簡単なティー・タイムパーティーcakecafe

_dsc7773
3歳になったみ~ちゃんはもうしっかりお話も出来る明るい元気な子。娘や息子のお嫁ちゃんと大きな声を出しながら賑やかに遊んでcarouselpony

_dsc7774

赤ちゃんや幼児が大好きな息子はひ~ちゃんにつきっきりheart04 
甥っ子の下の赤ちゃんはまだママの母乳なので、ママと時折寝室に消えてベッドでお昼寝もしてくれた。それにしても弟夫婦の孫は女の子ばかり5人も。賑やかで羨ましい。

そんな楽しい家族たちとの和やかな交流は夕方まで賑やかに続いたのでしたlovely

  sun「成人の日」

_dsc7851


_dsc7855


_dsc7852

_dsc7869
買い物帰りに通りかかった市内「ハーモーニーホール」の前。丁度成人式が終わったばかりのようで、ホールから出てきた大勢の晴れ着姿の新成人たちがホール前で友人たちとの別れを惜しむかのような様子で溢れかえっていた。

思わず車を停めてもらい近くに行ってみると、何とも言えない熱気に包みこまれてしまいそうな力強い若さの群れに、心底圧倒されてしまった!

これからの日本を背負ってゆく彼らの大人としての旅立ちの日に心からの「おめでとう」sign03

弟の孫たちの新成人になる日までは、まだ大分あるけれど、いつの日かこんな晴れ着を着て式に臨む日も来ることだろう。今年の新成人さん達もその頃は社会の中で中堅として活躍されておられる頃。

この日本が、姪達の居るアメリカも、そして世界中から争いごとのないような平和な世界となってゆくように、すべての世代も含めて多くの人の力で頑張っていけたらどんなに嬉しいことかしらと、心から願ってしまう。

 clover目の前の谷戸山公園にも立ちより

_dsc7886

「森の学校」のある入り口から入ってほんの少しお散歩。新成人になった若者たちも子供の頃にここで森の授業を受けて居たかもしれない。陽光差し込む森の散歩が心地良い、自由で平和なひと時。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新しい年の身内だけの幸せな新年会の日♪

2016.1.5 (火)sunこのところの暖かさsign02日中はコートも要らず、屋内の暖房も必要ない程。嬉しいような、それにしても季節感の感じられない陽気に、気候の変動が恐ろしいような。

新年あけて早5日。昨日は夫が通院する病院の新年早々の予約日。早目に出て、1件買い物を済ませ、病院の帰りに又2箇所のスーパーで買物と、同じような店舗でも在庫の状況が違うので仕方なく。お蔭ですっかりくたびれてしまいましたcoldsweats02

 cherryblossom桜咲く

_dsc7746

いつも行く美容院の先生のお宅の庭に咲いているという桜の枝が、欲しい方にと大量にお店に置かれていた。暮れのカットの帰りに、お言葉に甘えて頂いてきて、その日はまだ花が2輪位だったけれど、取り敢えず玄関に飾っておいた。

枝先に少しずつ緑色の蕾が見られていた。お正月の花を玄関に飾った後に、室内の方に移動してみたら、新たな桜の花が咲き始めて、一昨日写した上の写真より今日は又更に増えて10輪以上が開花して居る。やはり室内は日当たりもよく、暖かいので敏感に反応している。桜の種類は、はっきりおっしゃられなかったけれど、10月頃から春頃までお庭に咲き続けるそうで、10月桜か、冬桜の一種なのでしょう。

我が家も今年は室内で楽しませていただき、更にお玄関に飾ったお正月の松や赤い実、菊の花の中にも、沢山花が咲いた桜の枝を2本購入して挿し、春を楽しんでいるcherryblossom

  fuji 今年の家族の新年会は息子宅でrestaurant

_dsc7733
初めての我が家以外の新年会。もう本当にお任せで、こちらは2日がかりで煮上げたお煮しめを大きめの容器に具材別に分けて3個持参。娘からは大量のお稲荷さんと大量のすし飯のお結びと煮豚にスペアリブ。肝心の息子宅の献立は聞いて居なかったので、この日ふたを開けてびっくりのお献立が続々と・・・・happy01

_dsc7735

親二人は1番奥のソファー席が用意されていたので、すっかり甘えてしまい、二人でどっかり座りこみ、先ずは息子夫婦二人がかりで用意してくれたお料理の出番を待ちながら、娘夫婦に孫と賑やかにお喋り。

_dsc7736
サラダは息子作。その上を飾るしめじの炒めたものや、クルトンはお嫁さん作かな?夫婦合作の美味しいサラダが二皿。

_dsc7737
我が家のお煮しめは、入れ物が具材別だったので、先ずはコンニャクと鶏肉が器に盛られて並んだ。この後も続々と器が並び、_dsc7738

この後は息子達も座り、スパークリング・ワインで乾杯winewine続いて、日本酒に濁り酒と続き、何年振りかの杯を口にした。樽から直に購入したというお酒の深い味わいとのど越しの良さで、何杯でもいけそうな気分になったけれど、断酒をして20年以上になる身としては癖になら無いようにお味見だけで・・bottle

お婿さんと息子、少々いける孫娘の3人であっという間に2本とも空にcoldsweats01 珍しくお酒まで入ってしまったので、カメラを持つ手もこの辺で止まってしまい、続々と続いたメニューを写すことも出来ず残念coldsweats02

ちなみに、クリームチーズの入ったかぼちゃのディップが添えられたブロッコリーのサラダ(ディップが絶品でお婿さんからお代りの声も)牛蒡と白菜とお肉のトマトソースグラタン。人参や大根の角切りが入ったスープ。新鮮なお刺身もdelicious

珈琲にお嫁さんお手製のチーズケーキ。添えられた巨峰のジャムが美味で、それは暮れに二人で山梨に旅行して、ぶどう農園で息子が作ってきたお手製。そこにアイスクリームも添えられて。最後まで楽しめたお料理の数々に、息子の手作り料理の意外な腕前に、思わず「凄いわね」と言うと「何年主婦業やってきたと思うの」と軽く交わされてしまったcoldsweats01更に繊細なお嫁さんのお料理作りも加わって、幸せな日々を送っている様子が何よりも好もしかった新年でもあり、いつも台所に立ちながらのお正月を過ごしてきた何十年の日々の中で味わえなかった、娘夫婦も含めた家族同士の親密な度合いが一段と増したような気がした新年でもあった。

この日の後に連絡を取り合った息子から、まだ更なるメニューも用意されていたという驚きの報告coldsweats01

2時頃から集まって夕方過ぎに散会となって帰宅した後の夕食は夫が冷蔵庫の中にある食材で軽く済ませた位で、私自身は夕食を食べるゆとりも無い位満腹状態だった。

息子宅への往復は、娘夫婦の車で後部座席に座るだけ、重い荷物はお婿さんが運んでくれて、有難くも幸せな年の初め、年をとるのも悪くないかなlovely

などと数日ぶりの記事を書いている間に、古くからの年上の知人からお電話が入り、ここ3年くらい内臓のご病気で3回も手術をされていたとのこと。それでもお若いころと変わら無いお声、そして元気にお暮らしの様子で、やはり息子さんの世話になっておられるけれど、「子供って、本当に有難いわね!」と、一段と大きな声でおっしゃり、ご近所でもそんなお話をされながら楽しく暮らしておられる様子等、お互いの近況を語り合う長話に花が咲いた楽しいひと時happy01

_dsc7730

よく晴れた2日の日の朝、カメラの設定を変えないまま映してしまい、ちょっと暗い写真になってしまったけれど、この日も筋状の雲がくっきり!雲間から太陽も覗いている。枯れた木々の枝には相変わらずヒヨドリ達が沢山とまり、右手の空からはカラスが飛んできた。朝から元気な小鳥達のさえずりが賑やかな新春。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年あけましておめでとうございます。

2016.1.1(金)sunお元日からいいお天気でしたsign03

皆様におかれましては、良き新年をお迎えのことと思います。

私もお蔭さまで無事に新しい2016年を迎えることが出きました。                本年もどうぞよろしくお願い致します。

_dsc7722
今年は、息子宅に集まり家族だけの新年会の予定で、取り分けの新年の準備もしないまま、小ぶりのお供えとお花を飾るくらいで、対したおせちを作ること無く、新年会持ちよりのママのお煮しめを大鍋に一杯に煮込んだだけcoldsweats01 例年にない大量の煮込みなので味付け加減が難しく、明日までにもう少し味がしみ込んでくれればいいのだけれどsweat01

 fujiお元日の初日の出sun

_dsc7700

今朝6時40分ごろ。東の空は明るくなっていたけれど、お日さまの姿はまだ見えない。建物の向こうの空が赤くなり始めていた。周りの景色が見えなくなる程、茂っていた木の葉もほとんど枯れて落ち冬の木立となっている。ピーヨ、ピーヨと鳴くヒヨドリ達がたくさん枝にとまっている。仲間も飛んで来たり、みんなで群れて飛び立ったり朝から賑やか。

_dsc7703

テラスの南天のあたりはまだほの暗い

_dsc7707

と思っているうちに、南天が眩しそうに輝き始めたshine

_dsc7711

7時15分位になり、やっと姿を見せてくれた我が家にとっての初日の出sun

_dsc7684

暮れの午後、太陽が東から西へ移動してゆく頃。赤く輝く様子が見えて、今年は我が家にできた赤い実が嬉しくて、室内からの目線に合わせた位置に置いてみたら、心豊かになり幸せ気分でlovely

_dsc7676_2
少し陽が遠のけば、リンとすっきりお澄ましも。時間により表情も変わる楽しさ。もうこれ以上大きくすることは出来ないけれど、何年か前に購入したお正月用の寄せ植えの中の小さな小さな苗木だったのに、今では一人前に見事な赤い実をつけて喜ばせてくれている。鳥さんたちと同じく秋から冬への赤い実が大好きなのですhappy01

_dsc7680

夕方のゼラニウムも、もう十年近く苗を増やしながら絶えることなく赤い花を咲かせ続けてくれる丈夫な子。寒い冬の赤い実や花こそ心を温めてくれる優しい植物なのだheart02

  tv大みそかに放送されたバレエ『ボレロ』note

_dsc7715

_dsc7719

舞台中央で踊るバレエの女王シルヴィ・ギエム最後の公演が、2016年に向けてのカウントダウンとしてオンエアされた。50歳を迎えるというギエムのバレエは引退は惜しいと思うほど素晴らしく、バレエのことは全く門外漢で何も知らないのに、この『ボレロ』という曲が大好きで、昨夜の年越しのカウントダウンをちゃんと見たのに、録画をしておき、又今朝も最初からその演目に浸りきってしまったlovely

その舞踏のような舞は筋肉質の彼女ならではの動きで、観ているうちによく知った『ボレロ』なら、覚えられないかしら?などと大それた考えが頭に浮かび、最初は座ったまま手や腕の動きを体をひねりながら真似をしているうちに、思わず足も真似しようと一歩踏み出したとたん、グギ~ッと右足の脹脛に激痛が走ってしまったcoldsweats02

わが身の年齢も考えず、馬鹿な私です。少々ヨガなどをしているので、甘く考えてしまい新年早々の大失態というお恥ずかしいことにweepそのヨガでさえ、もう限られたポーズばかりで、新しいポーズやちょっとハードなポーズは控えなければならなかったのに・・・・と、後悔することしきりsweat02それでもすぐに湿布を貼ってもらい、片足はびっこを引きながらもなんとか歩いたり、食事の支度くらいは出来ているので、直に回復しそうなので心配はないのですが。

今年は何事も用心深くをモットーに、元気に暮らせるよう頑張らなくちゃと、せっかく無事に新年を迎えたはずだったすぐ後のこと。新年早々の厄落としとなりますようにcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »