« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

暮れのお掃除は少しずつ(汗)少し前の散歩など(^^♪

2015.12.27(日)suncloudsun日中は暖かく、夫は窓ふき、私は余り大きくしたくないクチナシの木や蔦類の伸びた枝先を切ったりと、外の仕事もあまり寒さを感じることなく片付けられた。お正月も近付てきたので、室内から一番よく見える位置に赤い実のついた南天の鉢を置いてみた。食卓に座る位置から赤い実が華やかに見えて、しばらくの間楽しめそうbud

  sun晴れた冬の空に並んだ筋状の雲

_dsc7575_2

4・5日前、窓の外に居た夫から「カメラ、カメラ」と声がかかり、camera片手に出てみると、テラスから見える青空のもう少し左手からは筋状の雲がくっきり3本、遠く東の方向にまで伸びていた。おりしもこの位置からは太陽が外壁の向こうに隠れそうに見えたので、雲は2本で我慢し、急いでパチリcamera

  cat先月末頃の夕方、芹沢公園にて

_dsc7143
ピラカンサスの赤い実と山茶花がコラボしていた。

_dsc7156
暗くなり始めていたけれど、よく見ると3匹の猫がeye

_dsc7157
手前の木の陰のニャンコがまず姿を見せてお座りしてくれた!

_dsc7158
続いてもう一匹のニャンコもcatcat奥の方で目を光らせていた仔は残念ながら来てくれなかったcatface

この森の中の暮らしが性に合っているようで、すっかり我が家の庭のように暮らしている。よく似た仲の良い家族のような猫たち。公園に来る猫好きさん達の人気者たち。この冬も森の中で元気でいてネsign03

_dsc7159
ニャンコたちにバイバイした途端、頭の上を飛行機が通過していったairplane

_dsc7160
公園の奥の畑にも夕闇が迫ってきて

_dsc7162
car駐車場が閉まる時間が迫ってきたsweat01

 mapleその翌日も谷戸山公園方面に夕方散歩

_dsc7164
今よりもうほんの少し日暮れが遅く、大山の左手に陽が沈んでゆく頃。

_dsc7174
直に谷戸山公園に到着。広場の「錦木」がその名の通り錦に染まっていたmaple

_dsc7179
日暮れが近づいて、家路を急がなければならない子供たち。広場で自転車に跨り乍らも、友と別れがたい様子で・・・・happy01

_dsc7181
谷戸山公園沿いの図書館前の道。反対側には市役所やハーモニーホールの建物がある場所。

_dsc7183

こちらも谷戸山への出入り口。明かりが灯り、足元も照らされて、安心して駐車場に戻れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのご近所散歩♪

2015.12.25(金)sun 午後まで続いた暖かさも夕方に近所まで歩いて買い物に出てみたら、何と風の冷たかったこと。買物先で探し物が無かったので、出たついでのご近所散歩。

  先ずはお稲荷さんにお参り。 

_dsc7613
今年も一年お守り頂いたご挨拶。境内には銀杏の落ち葉が一杯sign03

_dsc7627

幼稚園のフェンス沿いに春の桜のようなお花がたわわにcherryblossom

_dsc7629
どうだんツツジの紅い葉の大半が落ちているのに、お花も咲いていたeye”別の場所では、秋のピンクのコスモスとキバナコスモスが、風に吹かれて寂し気に揺れていた。暖冬気味のこの頃、枯れることも忘れて居たり、植物達の季節感も定まら無くなっているのかも知れない。

_dsc7631
お正月を前に、垣根や木々がきれいに刈り込まれて、気持のいい散歩道。

_dsc7632
幼稚園のお庭のドラエモン。きっともう冬休みに入っていて、しばらく寂しい日々が続きそう。園児達が戻るまで、笑顔で待っていてねhappy01

_dsc7633

植木やさんの熊さんも赤いおリボン付けてお洒落してribbon
_dsc7634

夕暮れのお庭先に明かりが灯り、サンタさんを待っている。今日はクリスマス。素敵なプレゼントが届きますようにxmaspresent

クリスマスが済めば、いよいよ年内収めの日も少なくなる。少しは家の中もきれいにしなければと、気分焦り気味~coldsweats01sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立競技場の新デザインが決定!冬を彩る花達と暮らす年末の日々。

2015.12.22(火)sun暖かな眩しいほどの陽射しあふれる年の瀬の午前中は幸せheart04

暮れの難題年賀状の準備もやっと出来上がり、後はそれぞれの知人ごとに分けて一言ずつ添え書きすればポストに投函できるまでにこぎつけた。今年は体調不良が幸いしてPCの前での作業などが幾らかは早めにはかどり一段落。とは言え残るところ今年も10日をきってしまっているけれどsweat01

hairsalon昨日は暮れの美容院行きも済ませて頭もすっきりconfident後は出来る範囲のお掃除などで今年の締めくくり。今日は午前中の暖かい陽射しのあるうちに、テラスの木々の延びた枝などを落としたり、散らかっていた落ち葉掃除をしたり。ほんのいくらかすっきりしたかなsign03

tvオリンピック会場となる国立競技場のデザインが決まったというニュースが流れた。A案もB案も前回決定したデザインに比べれば甲乙つけがたいくらい周辺の景色に溶け込めそうなデザインだったので、後は個々の好みの問題位かなと思っていたら10点にも満たない位の僅差でA案が決定となった。緑多く日本建築らしい様式が漂うもので、この後は前回の競技場建設も手掛けた業者さんの手に寄る新たなデザインでの競技場建設が始まることになる。生涯のうち2度目となる2020年のオリンピックまで元気でいなくちゃconfident

   bud久しぶりに我が家の花達

_dsc7500
我家に来てからもう3・4年位になるかしら?町田のダリヤ園で買ってきたガザニアの花。今年も次々と元気な花を咲かせてくれているscissors_dsc7503
蕾が大きくなって4輪位いちどきに咲いた日、そのうちの一輪の初日、向き合った花弁が一日絡みあっていたけれど、翌日にはすっきり花弁を開いた。

_dsc7502
今年2月に津久井湖で買ってきた「ふきのとう」以来大きな葉を茂らせながら次々とふきのとうを増やしている。どうして食べてよいやら分から無いまま日々鑑賞するのみで・・・。一緒に購入して植えた福寿草はうまく育てることが出来なかったみたいcoldsweats01

_dsc7505
今年のマーガレットは白い花が先に咲き始めた。ピンクの方はもう少し先のお楽しみ。

_dsc7507
おがたまの緑の向こうのプランターに、夏の頃から芽を出し、咲き続けているピンクの金魚草。何年か前に何色か植えたうちの色の花。2・3年だったか黄色の花ばかりがあちこちから芽吹いて盛大に咲いていたのに、今は黄色い花が絶えてしまっているsign02

_dsc7508
寒く成る季節の南天の赤い実が、お日様の光を浴びてつやつやと輝いている。2・3年前のお正月用の寄せ植えの中にあった小さな苗がこんなに育って元気にしている。
手前の方には、赤いミニバラの花も少し残り、更に真っ赤なゼラニウムの花も満開で、寒い季節でも割合賑やかな我が家の花達bud
_dsc7509
パセリは苗から2年ほどたつと花が咲き種が落ちる。落ちた種から生まれた新しいパセリ。まだ若いので柔らかくてそのまま食べても刻んでスープに散らしても、彩り豊かで日々、美味しくいただいているdelicious

_dsc7510
混んだ鉢の中から芽をだしたのは、多分津久井湖でフキとともに買ってきたレタスのように見えて、広い方のプランターに植え替えてみた。上手く根付いてくれれば嬉しいlovely

 car買物途中の車窓から

_dsc7511
お昼過ぎの太陽が、葉を落とした桜並木の向こうで眩しく輝いたsun

20151220

動く車窓から見えた紅葉を写してみたけれど。青空と黄色い建物だけがよく写ってしまったcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素敵な贈り物が!&錦秋に向かう頃の谷戸山散歩の日♪

2015.12.17(木)suncloud昨日までの暖かさとは違い、今日からはこの季節らしい寒さが戻ってきたようだ。

 art素敵なカレンダーが届きましたnote

_dsc7498

猫好きの私のためか、可愛らしいニャンコ達がくつろぎ遊ぶ絵柄のカードが添えられてcat送り主(雲母舟さん)のお写真も来年10月には毎日見られるカレンダー。また1年、PCデスクの傍にかけて、素敵な季節の花や樹木、鎌倉「東慶寺さん」の景色を楽しませていただける、本当に嬉しい贈り物ですlovely

 fuji

「もういくつ寝るとお正月」の歌が実感となってくるほど、あと半月を切ってきた残り少ない年内。秋頃に、息子から次のお正月は「自分のところでもいいよ」という申し出があり、娘からも「回り持ちでもいいから」との有難い申し出があった。新年の支度をしなかった年ってあったろうかと思うほど結婚以来続いてきた行事。自身の病み上がりと母の他界が重なった年の新年はさすがになにも出来なかったけれど、生前の義父母や母、兄弟家族と20人以上が集まる新年会も何年かに渡り続き、義父母の他界、その後は兄弟それぞれの家族が増えることによって、それぞれの近親者のみになったけれど、その後も生前の母を交えて家族が集まり続けた20年以上の年月。

それは幾らか大変であったとしても、家族の笑顔が揃う1年で一番嬉しく幸せな年の初めでもあったlovely

父母がしていた新年の用意を思い起こし、自分流に工夫しながら続けてきた新年の支度。この暮れはそれらの準備から解放されるという思いもかけない大きなプレゼントが用意されていた。今後の我が家のお当番の時は、既製品も取入れながら楽に出来ることを考えなくては、家族の者達にも迷惑をかけてしまいそうな年齢になってきている。

何年振りかの風邪かなと思った日からもう一週間以上が経っている。土曜日に一度買い出しに出た後、又体調が思わしく無くなり、外出も控えて養生したまま。風邪としては対したことでは無いのに何だか不調で元気が出なかった。昨日は息子や娘から電話があり、聞けばみんなも風邪が長引いていたとか。仕事があるので休んでもいられないようで、自分だけでは無いのだと分かり、ちょっぴり気が楽に。

そのうえお正月の準備や用事も大幅に削減できそうな息子達の有難い申し出に安心して、今日ももう一日休養日。お蔭で明日あたりから少しは外に出ることも出来そうな気力だけは戻ってきてくれましたconfident

  maple紅葉が始まり始めた今月4日

_dsc7298
どうだんツツジが囲む駐車場にcarをおいて

_dsc7302
いつもの散歩道を。

_dsc7307

今年は歩道の外の谷に向かう斜面の木々も随分沢山伐採されて見通しがよくなっている。

_dsc7310
丘の上の木々の黄葉や

_dsc7311
青く染まった大山が望める場所の真っ赤な紅葉maple

_dsc7313
常緑樹らしき緑色濃い木々の前の黄葉

_dsc7314
四阿の手前に散りつもる枯葉の山

_dsc7315
イロハモミジが錦秋の美に誘う入り口

_dsc7316
秋の代名詞のような紅葉が揺れる

_dsc7322
四阿の周りの木々も色づいていたmaple

_dsc7325

谷戸山の六地蔵さんの向こうの谷あいの木々も赤く染まり、この日から2週間近くたった今頃は、もっともっと赤く燃えているかもしれない。風邪気味のお蔭で近場の紅葉前線も確認出来ずもどかしかったので、早く外に出て秋の自然を満喫したい気分満々maple

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スケートGPファイナル男子も女子も素晴らしい快挙でメダルが三つ!四季の森公園散歩続き。

2015.12.15(火)cloudsun明日位までは暖かい日が続き、木曜日ごろからは気温もこの季節らしい気温になってゆくようだけれど、コートも要らないかなと思うような日もあったりと悩ましい年の暮れ。

punch 昨夜終わったスケートの男子GPファイナル。羽生選手の演技は素晴らしかったですね~scissors21歳という若さであの演技。前回のNHK杯での演技と比べてみても更なる修正が加えられ、見事なジャンプも披露された。その得点何と前回から更に伸ばして330.43点という全人未踏の領域に。勿論堂々の金メダル獲得shine後を追うシニア初出場となる宇野昌磨選手が3位という快挙だったsign03

女子の宮原知子は銀メダルという快挙shine男子も女子も力のある新しい世代が逞しく世界に羽ばたき始めているようで、又しばらく目が離せなくなりそう。coldsweats01

  maple冬の公園の木々

_dsc7446

風の強かった土曜日の午前中、公園の木からオレンジに染まった枯葉が強風に吹きとばされて空中散歩maple秋は終わり、木々の姿が寂しくなる冬の入り口。

_dsc6846

秋の後半の車窓から見えた仲間から離れてしまったススキが一本揺れて・・eye

  clover四季の森公園続き

_dsc6905
斜面の下にはシートを敷いて何組もの人達が寛いで・・

_dsc6914
ピンクの皇帝ダリアが紅葉に混じり爽やかに咲く。

_dsc6920

坂を下れば池のある広場に

_dsc6921
run少年達が駆け抜けて行く

_dsc6925
池ではカモ達が水面でまったり羽を休めている

_dsc6932
枯葉が散りつもった間から元気な楓の葉が顔を出して、新たな楓の木の誕生sign02

_dsc6936
最初に歩いてきた時は、バトミントンに興じる子達などで賑わっていたけれど、少し人の姿も少なくなったかな。

_dsc6942
深まりゆく秋の空、うろこ雲や棒状に伸びる雲が月を囲む

_dsc6952
駐車場近くの広場のベンチ。丸々と太ったニャンコ達が優しそうな小父ちゃんから頂いたお食事で満足気にくつろいでいるhappy01

_dsc6954
ベンチの下でも満足して下舐めずりする仔もcat

_dsc6955

お口の周りをきれいにしたり忙しいsign02仲良くしてくれる暇は無いみたいネcatfacesweat01

_dsc6960

駐車場にもよく似た白黒ニャンコの姿が。一族ですかsign02

_dsc6965

駐車場を出て、「四季の森入り口」の信号がある車道に出ると大きな工場が

_dsc6966

並んでいる。この景色を忘れないようにしなければ。次回迷わず来るためにもcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

11月の「四季の森公園」散歩。強風吹き荒れる今日のお天気!

2015.12.11(金)rain~午前中には晴れて、その後は強風が吹きあれている。一晩中強い雨が降り、排水溝のぼこぼこいう音が耳につき寝苦しかった昨夜。

sad3日ほど前から急な筋肉痛に襲われて、最初は足の脹脛、翌日には治ったものの、次は脇腹から背中にかけての筋肉の引き連れるような痛みが始まった。特に急激な体操などしたわけでもないのに「何だろう?」と顔を引きつらせながら湿布を貼って一夜をしのいだ。翌日になっても収まらずお医者さんかしらと思ううちに、頭痛と微熱に喉の痛みが始まり「あ~風邪だったんだ」とやっと納得。風邪薬を飲み休養するうちに筋肉痛も徐々に収まり始めて、喉の痛みも幾らか緩和。仕事を辞めてから何年も風邪をひくことも無かったので、風邪やインフルエンザの時の症状に疎くなっている。食事時以外は室内でもマスクがけsweat01

お昼前から雨は止み、雨雲が去ると強い日の光が差し込む室内。強風が外の木々の葉を吹き飛ばし舞い上がらせている。今日はもう一日養生日。

 clover先月行った横浜「四季の森公園」

_dsc6843

木々が黄色く色付き始めた頃のつきみ野付近。

_dsc6845
ススキや紅葉がきれいだった景色に思わずパチリ。走る車窓からなので、歩道橋に分断されてしまったけれど。
_dsc6855
秋空の下、一葉の黄色い枯れ葉が舞い躍るnote

_dsc6859
四季の森に到着。噴水広場の水が吹きあがる前を可愛らしい女の子が通り過ぎた。

_dsc6861
緑樹と紅葉と葉を落とした木々が囲む広場。爽やかな秋空に早くも月が出て居た。

_dsc6863
秋が、秋が始まっていたheart01

_dsc6864
秋の雲が青空に広がり

_dsc6865

斜面の芝生を元気に駆け回る子の姿も。

_dsc6872
駐車場や噴水広場のこちら側には真っ赤なピラカンサスの実がたわわ。

_dsc6874
少し歩くと「森のれんらく橋」があり、橋を渡り石段を降りると自然のままの森の姿が楽しめる。

_dsc6891
展望台のある斜面。前に一度登っているので、この日は休憩所でジュースを飲みながら見物。

_dsc6895

こんな緩やかな斜面の上にテントを張ってのんびりするのも気持ちがよさそう。

_dsc6898
緑の絨毯の上を歩く森の妖精のような女の子

_dsc6900

色付いた桜並木の反対側が森のれんらく橋の下の森林。秋の景色、春の桜の頃もきっと美しいに違いない。四季の森の名にに相応しい自然の姿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深まりゆく秋の様が楽しかった相模原公園散歩♪

2015.12.9(水)sun いいお天気だけれど、週末のお天気は下り坂とか。今日は久し振りに外には出かけない休養日。テレビを観たりJAZZを聴いたり昼寝をしたり気ままな一日sleepy

  maple相模原公園散歩の続き

_dsc7066

麻溝公園の正門を左に見ながら車でまっすぐに。突き当たりを右に曲がってしばらく走れば

_dsc7068

相模原公園の駐車場に到着。駐車場を囲む木々の紅葉も始まっていた11月後半

_dsc7070

正門を入れば、季節の花々のお出迎えtulip

_dsc7075

ピンクのチューリップがブルーのベンチを囲んでいる。秋の景色に囲まれて、ベンチに座りパチリもOKcamerasign03

_dsc7073

夕暮れ前のひと時、広場の後方の木々が夕陽に照らされ赤みを増した。

_dsc7090

花壇の周りの木道をお花を踏まないように歩くお利口なニャンコ「ニャンニャン!」

_dsc7092

呼びかけに応えるように大人しく木道の上にお座り「こんにちは!前にも会ったかな?」

_dsc7099

ニャンコとバイバイして園内に進めば、真っ赤なチリもみじが石や笹の葉などの上を彩っていたmaple

_dsc7119
園内散策して、ドッグランから出口に向かうと夕日も沈み始め、空に薄っすら残る明かりが今年も見せてくれた「アメジスト・セージ」紫色のサルビヤの花穂がたわわに揺れる。

_dsc7127

地面は数えきれない程の落ち葉で覆われ、深まりゆく秋に誘う。

_dsc7129

青々した芝生とのコラボも嬉しい日暮れ時

_dsc7132
水際に積もった落ち葉が縁取る池の水面も落ち葉で彩られ、錦秋の秋への気配は濃厚だったmaple

_dsc7126

とっぷり暮れた空には月が出て、左の空には家路を急ぐカラスの群れが。「カラスが鳴くからか~えろ」夏ならそんな時間にはまだまだ早かっのだけれど・・・・sweat01

12月も半ばに入ろうとしている。相模原公園の紅葉は更に赤みを増しているかもしれないmaplemaple

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日は都内の写真展に出かけ、楽しい一日でした♪

2015.12.7(月)sun昨日久し振りに出かけた新宿。自宅近くの始発駅前に車を停めて電車で出かけたまではよかったけれど、地下鉄内で2度乗継いで、新宿御苑駅前2番出口を出れば徒歩2分の場所までに行くのに30分近い時間がかかってしまったcoldsweats01(お恥ずかしい)

それでも途中何軒かのコンビニなどに寄り、道案内を請い、かなり近ずいたローソン(下の写真の青い看板のお店)では、若い店員さんが大きな地図まで出して確認して教えてくださり、迷わず到着することが出来ました(ホッ)勿論帰りにそのお店に寄り、お礼を伝えつつちょっぴりお買い物して帰路につきましたhappy01

 camera 写真展「PHOTO菊池組 作品展VOL.2」

_dsc7387

upの写真内手前が招待状のお葉書で、出展作の部分が6点載っています。(写真クリックすると拡大出来ます) 会場内でご案内を下さった雲母舟さんにもお会い出来て、出品作のご説明など受け乍ら、菊池先生の迫力ある山岳写真から個性的な彼女の作品、お弟子さん達の山岳写真や季節感豊かな作品、又独自の視点で切り取られた作品など諸々をゆっくり鑑賞させて頂き、久し振りに楽しいひと時となりました。

会期も残り少なくなってしまいましたが、ご興味のある方はお出かけになってみてはいかがでしょうか。上の写真は会場のフォトギャラリーを出て駅に向かう近くのお店の前でギャラリーではありません。この何軒か手前が以下に記しました住所等の詳細です。

会期:2015.12.4(金)-10(木)10時-18時最終日は4時まで

場所:新宿区新宿1-10-3 本田紙興新宿ビル1F

冨士フォトギャラリー新宿 TEL:03-5368-2530

 (丸の内線 新宿御苑駅前②番出口より徒歩2分)

  train 帰りは再び電車で最寄り駅に無事到着。

_dsc7376
東急田園都市線中央林間駅ビルの改装が進んでいて、駅前のマックもすっかり様変わりし、2階の様子もだいぶ変わりそう。近い中に又来てみましょう。

_dsc7379

駅前のストアで買物を済ませ、駐車場に。紅葉した街路樹が外灯に照らされ赤や緑に輝き、駅ビル近くの店舗などもさらに明るく改装されて駅近くの夜が前よりも明るく変貌。最近はあまり暗くなってから出歩くことが少なくなってしまい、近隣の街の様子にも疎く成っているwobbly

maple新宿御苑の紅葉も見頃とのご案内も頂いたのに、到着時間が遅くなってしまい立ち寄ることも出来ず、写真も写せないまま帰宅となってしまいました。

 maple先月24日に訪れた相模原公園

_dsc7095

紅葉が真っ赤に燃えていましたよ~maple

_dsc7101
入り口を入って左手に歩くとこんな景色に。

_dsc7105
更に歩いて麻溝公園に続く噴水広場に。噴水を囲むメタセコイヤ並木もわずかに色付き始めていた。

_dsc7111
ろうや柿の実も真っ赤に実り

_dsc7113
10月桜の花も見ることがcherryblossom

_dsc7114

ドッグランでは、我が家にいたアビと同じ犬種のシェルティが元気に走っていたdog園内ではまだ初対面かもしれないニャンコにも出会ったので、次回又秋の園内散歩の様子でご紹介しますcat

| | コメント (2) | トラックバック (1)

少し前のお楽しみの日々のことなど♪

2015.12.5(土)sun太陽の光が一杯の午後、週末まとめ買いの買物帰りに寄った公園。木々が間引かれ光差し込む場所が増えた林の中を少しお散歩。

地面には何かの目印か、いくつもの縄張りの囲いが作られている。新たな樹木が植えられる予定の場所かもしれない。

_dsc7360
天を目指すような高い木々の間に、子供のように小さな楓の木が新たに植えられたのか紅葉し始め、強い風に吹かれながらも秋の楓らしく誇り高く立っていた。

_dsc7350
通路に沿った小さな花壇に咲く千日紅などの愛らしい花達。

notes11月23日ハーモニーホールで開催されたイジュマー・ビッグバンド 第5回定期演奏会

_dsc7023

9月に開催されたZAMAビッグバンド・ジャズ・オーケストラが楽しかったので、再びチケットを早目に購入して行ってきましたnote

_dsc7030

井本菊世さん。JAZZにぴったりのお声で聴かせてくださる‟Misty”や‟Love For Sail”などの各ナンバーは1曲終わるたびに「アンコール!」や「Good!」の声援がかかる程、素敵なヴォーカルでしたnote
_dsc7044

9月の時のメンバーと重なる方々もおられて、この日も大好きなエリントン・ナンバーやトランペットソロの素晴らしい‟I Remember Clifford”、ラテンのナンバーなどで、最後まで楽しませていただけた。

市内のホールでこんなに素敵なJAZZのコンサートが開催されていることが分かって本当に嬉しい今年の秋でしたnote

 cloverその数日前には大和の「ふれあいの森」散歩にmaple

_dsc6805

ハーブ園の水路には落ち葉が沢山溜まって秋の風情

_dsc6803

ハーブ園から見下ろす園内は秋色に染まり始めていた

_dsc6810
垣根で囲われた花壇にはパンジーがきれいに植えられて

_dsc6814

木々の間から見えた秋色の葉

_dsc6822
薔薇の花壇が二つに増えてにぎやかにheart04

_dsc6816
Love me tender 

_dsc6819
Love me sweet~♪

_dsc6821

そよそよ優しく揺れる薔薇たち

_dsc6817
愛らしく咲いている薔薇

_dsc6823
薔薇の花は人気者heart04

_dsc6825
皇帝ダリヤと秋の紅葉のハーモニーnote

_dsc6828

色づいた木々を嬉しそうに指差しあうお仲間達の秋の午後maple

毎年の事ながら、冬を迎える前のこの温かな彩りは、自然界からの心豊かなプレゼントmaple日々の散歩が楽しい秋の日々lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の入り口だった公園散歩♪

2015.12.3(木)cloud早いもので今年も残すところあと少し。最近は午後遅くなるほどに気温は下がり,冬も本番の実感が湧いてくるこの頃。師走の日々も慌ただしく流れて行きそうな予感。年内に行かなければならない病院への通院はお蔭さまで無事に済んで、幸いなことに元気に新年を迎えられそうな有難い年の暮れとなりそうです。

 clover10月後半に訪れた薬師の秋入り口散歩maple

_dsc6424

大島桜の枝には枯れた葉がほんの少し残り

_dsc6430
古代蓮の葉も頭を垂れて、

_dsc6428
晴れた秋の午後、陽の光も当たる水路際

_dsc6431
花の終わった萩の枝が覆う水路

_dsc6439
紅葉した葉が周りの木々を彩る午後

_dsc6435
萩のトンネルもくぐりに。花は終わってもまだ青々とした葉が沢山残り、爽やかな気分に。

_dsc6440
前回の訪れからひと月位経っているので、薬師の工事はさらに進んでいた。池の水もかなり抜かれている。

_dsc6446
この前はススキと紫の実がたわわだった紫式部の見事だった浮島の水面下の様子が人口島である事もよく分かるほどに水は少なくなり、池の中を泳ぎ回っていた沢山の鯉や亀、池の水面を動き回っていた鴨の姿も全く見ることの無い姿に変わっていた。

_dsc6444
この辺は池底の泥も見えそうな位

きれいな水に生まれ変わって鯉や亀が泳ぎ、水鳥達が寛ぐ池になる日が待ち遠しい。

_dsc6466
椿園の白い椿も咲き始めていた。今頃は椿の花に紅葉が益々秋の深まりの美しさを見せてくれていることでしょうmaple

_dsc6468
蓮田の上の秋の空。

_dsc6478
薬師の帰りは車窓からお月見しながらmoon1

_dsc6480
秋のススキの群れも風情があって大好きlovely

_dsc6482

夕方5時少し前、ひと月ちょっと前はまだこんな夕焼けも見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しかった表参道散歩の続き♪

2015.12.1(火)sun久し振りに外出の用事も無く、割合のんびりした一日を過ごせている。早いもので、もう12月の声を聞き、師走となってしまいました。何をしていたのかしらと思う間もない早さで時は流れて・・・・・thinksweat01

  cd久し振りにミンガスnote

_dsc7228

77年録音のアルバムということで購入したまま忘れかけて1・2度位しか聴いていないまま、仕舞いこまれていた。79年にこの世を去ったミンガスの晩年の大作とされる作品は小鳥の鳴き声から始まる「クンビア&ジャズ・フュージョン」と、M・マストロヤンニ主演の映画のために書かれたミンガスの曲「‟トド・モード”のテーマ」の深みのある2曲が収められている。忘れかけていた大好きなミンガスの音楽、そしてベースに酔いしれているnote

  building新旧混じり合う表参道散歩続き 

_dsc6741

表参道ヒルズの裏手付近をしばしの散策。

_dsc6742

和食懐石の店「にいがたの味 静香庵」の入り口。このお店に続く右手は「ネスパス表参道新潟館」という建物に続き、新潟の食材やおみやげなどが買えるようだった。用事の合間の短い時間、ランチはここから少し離れた「アフタヌーンティー」で済ませてきてしまい、この日は外回りを歩くだけだったけれど。
_dsc6743

ヒルズが建つ前までこの地に建っていた同潤会アパートの建物が一部ヒルズの一角に残されて往時をしのぶことが出来る。表参道に面して何棟も並んで建っていたこのアパートの前は父と手をつなぎ歩いたり自転車に乗って走ったりした思い出深い建物。

_dsc6745

色付き始めた木々が西日を受けて。

_dsc6746
葉を落とした蔦の絡まる建物脇の小路。子供の頃なら迷わず入りこんでしまいそうな小路。時間の制約のある大人になると、そんな楽しみが許され無くなってしまいザンネンだったけれど・・・sweat01

_dsc6751

正面前方に見える高い建物のある辺りは明治通り。左の建物が「H&M原宿店」右のとんがり屋根は「フォーエヴァ21」のようだ。

_dsc6744

大正の終わりから昭和の始めに建てられた古い建物はこのままいつまでもここにあってほしい。

tv余談になるけれど、昨夜のBSプレミアムの「ディープ」という番組で渋谷区の桜丘が取り上げられ、30分程の時間帯の中に目一杯、今の桜丘付近の様子や主だった店舗でのインタビューなどが挿入されたドキュメンタリー番組で、胸が躍る程懐かしく観た。前回の東京オリンピック開催の折にも、沢山の店舗などが立ち退きとなり、少し離れた場所に移動となった。今回も高層のビル建設の為などに、昭和の昔からあるお店屋さんなどの立ち退きが再びあるそうで、子供の頃にお世話になった現存する薬やさんや氷やさん、和菓子のお店やその後に出来た、それでも何十年にもなるJAZZ喫茶も現在の場所から無くなってしまうそうだ。東急プラザの閉店から、当然ながら再び新たな開発が進むことは予想していたけれど、2度目のオリンピック開催に向けて、昭和は益々遠く成りつつあり、何だか寂しくなるような思いをした。

さてさて余談はさておいて帰り道、

_dsc6754

表参道駅付近にある水の流れるモニュメント。

_dsc6755
近代的なビルに色づき始めた木々が添える彩り

_dsc6759

ガラス張りの建物の中に置かれた沢山のテーブル。その上に置かれたPCに立ったまま向かう大勢の人達。立ったままお仕事eyesign02

建物の前まで歩いてゆくと奥の壁に映し出されているapple社の携帯写真。中から出てこられた方に聞いてみたら「販売をしております」とのこと。皆さん社員さんなのか、お客様なのかは分かりませんでしたが、ここは「apple store」さんでした。

かっての故郷のような場所であっても、時には都会に出ないと知ら無いことも増えるばかりでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »