« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

諸々多忙だった10月もあと少し、法事もあって心和むひと時も。

2015.10.28(水)sun昨日今日と、夏日とも言われていたけれど、本当にちょっと動くと汗ばむような陽気で、このところ連日のように続いている用事や外出がやっと少し片付き、今日は久し振りに外出せずに、自宅内のお掃除で汗を流したcoldsweats01

街を歩く人々の服装も様々で、半そで姿やランニング姿などが上着や薄手のコート姿と混在していて、季節感に乏しく成りそうな日々だった。

土曜日位からは気温も下がり出し、秋らしい陽気になってゆきそう。用事で外出の傍らにちょい寄りする自然公園内の色付きはまだ序の口だけれど、11月に入れば紅葉も一気に進むのではないかとこれから先のお楽しみmaple

 10日ほど前の日曜日は菩提寺に集まって

_dsc6237

義父母の17回忌と13回忌の日取りが近いので今回はお寺さんと相談の上、義父母合わせての法要としてお経を上げていただきました。本堂での法要が済むとご住職とともに墓前にお参り。お墓には4家からお塔婆も2本ずつ。順番を待つ一族の列。2・3年振りに会う甥や姪達の子らの成長する姿の早いこと!
_dsc6244

義父母のひ孫だって、今では立派な社会人も居る。

_dsc6254
大きくなってもまだまだ甘えんぼちゃんlovely

_dsc6253
2年半前位だったろうか。その頃の法事の折に会ったときはまだ小さな赤ちゃんだったのに、もうこんなに大きくなってeye”本堂の廊下は元気いっぱい走れるし、ちょっと緊張気味だったけれど、ママと一緒に墓前で手を合わせることも出来たのよscissors

この後は集まった親族23名全員、お寺の客殿の一室で、懐石料理のお斎を賑やかに頂き、和やかな時を過ごすことが出来た。食事が済むと小さな子達が長い座卓の下に潜りこみ、あちこちから顔を見せてくれたり、足を触ってくれたりの大サービスbleah

客殿前で全員並んで記念撮影後、名残を惜しみながら散会となったが、撮影の間も全員の笑顔が絶えることなく「法事が楽しかったなんて言っていいのかしら」という発言がみんなの口からもれるほど、回を重ねるごとに親族の和が深まってゆくようで、これこそが先に逝かれた祖先からの温かな贈り物であるような気がしてならないlovely

_dsc6270
お寺さんの裏庭の植え込みの中にいた白猫ちゃんcat

_dsc6271

静かな午後の裏庭。

  法事の数日後の夕方

_dsc6351

我が家のシュウメイ菊が登り始めた月をバックに揺れていたbud

_dsc6402

明るい陽射しの午前中、ミニ薔薇は次々開花し、左隣に咲いたピンクの八重のシュウメイ菊はちょっぴり遠慮がちだけれど開花して。ピンクの花だけの鉢の筈なのに、種が飛んできて芽を出していたのか、いつの間にか白いシュウメイ菊も花を咲かせているbud

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨降りの今日は「2015東京JAZZ」の録画放送を楽しんだ♪ 

2015.10.16(金) rain 朝からの雨、そして気温も上がらず寒いことcoldsweats02

cdこんな日は早めの買い物を済ませてジャズを聴いたり、録画しておいた今年の「東京JAZZ」公演のヴィデオを観たりtv

神奈川からでは少し遠い場所なので、年を重ねるほどに生を聴きにゆきにくくなるので、TVで観ることができるだけでも有り難いことnotes

けれど、TV放送の情報は前もっては中々わかりにくく、人づてに知るか、NHKのホームページを注意して見ていなくては前もって知ることができなくて、見逃してしまっている年もある。しかも放送は0時過ぎという時間帯では音量の問題も含めて録画して観る以外にはちょっと難しい。それでもJAZZ番組の少ない昨今、ジャズ好きにとっては嬉しい放送であることに変わりはなく、感謝ですsign03

第1回、第2回目の放送とも文句なく楽しめる内容で、第1回は2度も観てしまい、第2回も近々に又のお楽しみですlovelynotes

再放送の予定は無いという番組なので、来週水曜日10月21日0時15分(新聞の番組案内では前日の火曜日0時過ぎのところに掲載される)からのBSプレミアムの第3回最終日の放送も忘れないうちに録画予約をしておいたtv 

ネットの動画を検索すれば、思いがけない過去の演奏まで出てくる昨今ではあるけれど、TV放送ならではの良質のJAZZ番組がもう少しあってもいいのではと思うのは、私だけかしらsign02

  run買い物先近くの散歩道

_dsc6151
いつも車で通過してしまうだけの道。いつか歩いてみたかった道。晴れた日の夕方思いついて散策してみることに。
_dsc6154
緑の斜面を照らし出す秋の西日sun

_dsc6161
一頃はあちらこちらに咲いていた黄花コスモス。今年は例年になく少なくなって、久し振りに路地に咲く花を見つけた。

_dsc6162

道を曲がるとリュックをしょった遠足帰りのような生徒たちが歩いてゆく通学路。

028dsc_4079
車道を渡り歩いてみると、長く真っ白な土塀が続いていた

_dsc6168

土塀の反対側はネギ畑

_dsc6169
松の木や棕櫚をバックにパンパスグラス揺れる秋の道

_dsc6172

畑の奥、農具など置く場所かしら?何か真っ白な動物が動いたeye”大きな体は後ろから見ただけでは犬のようだったけれど、何と!振り向いてくれたその子は白猫ちゃんだったcatheart04

_dsc6149

歩道と車道の間のガードレール近くには定番の“猫じゃらし”

車道近くでは、遊べるニャンコは見当たらなくて残念でしたcatfacesweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の花と少し前の市内施設のお祭り見物の日(^^♪

2015.10.13(火)sun今日は、秋らしい晴天の爽やかな一日だった。このところ、雑用やら買い出しなど、出歩くことが多くて、ブログもすっかりご無沙汰でした。今日の記事も随分前から書き始めたままのもので、・・・・coldsweats01

 bud秋空によく似合う

_dsc6020
純白の秋明菊の花。花の後ろ姿には秋空への思慕がにじみ出ているようで

_dsc6023
この秋一番に咲いた一輪目の白い秋明菊の花bud

_dsc6026
ミニ薔薇は赤い花を次々咲かせ、蕾も次々と出来てくる。

_dsc6028
ミニ薔薇の鉢の手前はピンクの秋明菊の鉢。こちらも一輪目の花が咲かんばかりに育ってきて、「頑張る!頑張る!白いお姉ちゃんに負けないように!赤い薔薇さんにも負けないように、もうじき咲くわよsign03」背中には少し小さな蕾も背負い、開花への意気込みが聞こえてくるようなhappy01

_dsc6033
そんな矢先の午後には、一足お先にガザニア姉妹も咲き始めてしまったsign03

 sign053日の土曜日は市内の施設でお祭りがある事を知って
_dsc5992
買い物に出た折、初めての『アガペ祭』にちょこっとお邪魔してみましたnote

_dsc5970
施設の外まで鳴り響き、聴こえてきたのは、素晴らしいマーチング・バンドの演奏earnotes

_dsc5965
市内マーチング・バンドの少女達がきりりとした姿で見ごとに演奏する姿note

_dsc5968
演奏を終えてステージを去ってゆく。もう少し早く来れば良かったとちょっと残念だったけれど、市内の催事などによく出演しているという少女達。これまで全国のコンクールで金賞や銀賞に輝いているという少女達の演奏は、又何れかの機会に聴くことが出来そうな嬉しい出会いの日でしたnote

_dsc5973
少女達の演奏の後は、「ざまりん」が会場内に。

_dsc5978

市のキャラクター「ざまりん」の人気は高く、この後はしばしファンとの記念撮影などが続く楽しいひと時camera

_dsc5990

ハロウインが近づき、こんな帽子姿の少女も

_dsc5987

地元のチーム「悠舞」の「鳴子踊り」や、施設に入所されて居る方達も一緒に歌う「ズンドコ節」なども楽しかった。最後までは居られなかったけれど、模擬店あり、「防災テーマ」の消火器や非常食の試食などもあるということだった。

秋晴れの一日となったこの日は、施設の方達、ステージに立つ人、見る人、みんなの素敵な秋祭り日和となり、賑わいをもたらしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の病院は混雑して。久しぶりのタクシー乗車。

2015.10.3(土)sun日中はちょっと汗ばむような陽気だった。

昨日は、午前中にお隣の市の病院に。今回は夫がいつもかかる病院にちょっぴり不調の為、予約なしの外来で。朝のうちに病院についたのに、各科とも物凄い混みようで、待合室も混み合って、診察を終えて病院を出たのはお昼過ぎ。幸い問診のみで、当面心配するほどの事では無かったようで、まずは一安心。

帰り道

_dsc5950

病院となりの市役所の敷地。豊かな緑にちょっぴり始まっている木の葉の色付きmapleそんな道路を歩いてゆくと

_dsc5959
市役所の先には、時折来る大型スーパーがある。そこで買い物がてら、カフェ・ランチ。病院での診察を受けたので、ちょっぴり安心できたので、夫はお腹もすいて食欲満々。デザートに食べた紫イモとかぼちゃのパフェが美味しかったdelicious

大事をとって、往復ともタクシーだったが、何故か往復とも自転車に乗る人のマナーの悪さを嘆く運転手さんだった。全く別のタクシー会社なのに、同じ運転手さんかしらと思うほど、危険な自転車が多いというお話。

免許なしで、誰でも乗れる自転車故に、雨の日に傘をさして片手で乗ってはいけなくなったことなど知ら無いまま乗っている人々も多いようで、確かに危険ですね。とにかく危ない運転がとても多いのだそうです。

  bud8月半ば、夏の日の夕方散歩

_dsc4820
近所の公園に咲く花達

_dsc4826
清楚な白百合が開花

_dsc4827
鶏頭の花も咲き始めたころ。

_dsc4829
サトイモ畑の向こうには百日紅が満開だった。

_dsc4834

久し振りに会った野良のミイミ。最近はご近所散歩が少なくなって、白や黒にも外出からの帰宅が夜でないと中々会うことが出来なくなっているけれど、おっとり休んでいる様子や、駐車場内を歩く姿を見かけるだけでも「ああ元気にしている」と心が和む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「紫式部」茂る秋の入り口散歩♪

2015.10.1(木)rain時々cloud 夜は時折、ゴーゴーという強い風の音が聞こえてくる。

今年も秋の空は変わりやすくて・・・・think

お天気さえよければ「天高くhorse肥ゆる秋」の例え通り、外歩きは楽しいし、食べ物は美味しくなり、気になるのは体重だけという位爽やかな季節なのに。

もう10月。ポストには早くも郵便屋さんからの年賀状案内が入っていた。

 clover紫式部の実の色付きが秋の青空に映えて

_dsc5886
前回間違えて「花」と書いてしまった紫式部の「紫色の実」

_dsc5887

谷戸山の木々の色も少しずつ秋色に変化し始めて

_dsc5888
公園入り口や広場、山道に続く道沿いにも紫の実が待っている。

_dsc5890
谷戸山の園内に囲まれた個人の方の畑の畝には、大根が育ち始めていた。

_dsc5891
森の入り口付近は爽やかな緑の葉が丈高く育ち揺れている

_dsc5893
落ち葉が彩るひっそりと静まり返った道。

_dsc5894
道の両側の木から長~いアーチのような巣を造る。この季節の定番、ジョロウグモの巣。通行人はアーチの巣をくぐり奥へと進む。

_dsc5899
水鳥の池。まだ鴨達の姿は少なく、浮島の向こうの方に5・6羽の鴨らしき姿が見えた位。

_dsc5901
池を臨むウッドデッキの上。ちょっと変わった方がeye

_dsc5904
枯れかけた植物に寄生するのは蛾の幼虫「リンゴケンモン」というそうなsign01

_dsc5906
日暮れが早くなってきて、ススキの穂が西日に赤く照らし出され

_dsc5908
近くに寄れば更に赤く染まる里山の夕方sunsign03

_dsc5911
湿性生態園は、ザリガニつりなど楽しむ家族連れの姿も

_dsc5912
ススキの群生をなぎ倒してしまうほど強く吹く日もある秋の風

_dsc5915
森の中で見かけた青い実、もしかしたらこれから紫色に染まるのかしらsign02

_dsc5919

比較的爽やかだった秋の日の「谷戸山公園」夕方散歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »