« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年春の嬉しいニュース♪数日前の谷戸山の桜開花状況♪

2015.3.30(月)sun春うらら。

cherryblossomけれど、桜前線の移動は早い。一昨日は民家園の河津桜を。その前日は、かにが沢と谷戸山を巡り、昨日は小雨が降ったので一日休んで、今日も又「花追い人」となり、近隣ドライブcoldsweats01

「忙しい春」と言いつつやめられないcherryblossom

heartそして、この春の嬉しい我が家のニュースが少し前に届いた。アメリカにいる姪に第一子が誕生したとのこと。取り急ぎということで届いたメール。生まれたての可愛い写真も添えられて。携帯のお陰で、1時間ほど前にアメリカで生まれた赤ちゃんの写真もすぐに見られる今の時代。当たり前の事ではあるけれど、昔では考えられない有難さmobilephone

  cherryblossom26日の谷戸山公園

Dsc_1840

テニスコート周りの桜はほぼ満開cherryblossomcherryblossomcherryblossomDsc_1825

広場花壇の花桃も可憐な花を咲かせていた。

Dsc_1827

木漏れ日の下の桜の開花はまだ少なかったが、今日あたりはcherryblossomかもしれない。同じ日に行った「かにが沢」を、今日の走る車窓の少し離れたところからチラリと見たが、開花はかなり進んでいるように見えたのでcherryblossom
Dsc_1829
26日は土手の斜面で雪柳や

Dsc_1830

レンギョウが満開だったsign03

Dsc_1833

レンギョウたちの頭の上の桜の開花はこの位だった。

Dsc_1835

その代り「ニガイチゴ」の白い花を観ることが出来た。

Dsc_1837

実は食べられるけれど、中に苦みがあるので「ニガイチゴ」というそうだ。こんな可憐な花を咲かせるのに苦いなんて、天は2物を与えないのネsweat02

Dsc_1838

「キブシ」の房もたわわに下がる。

Dsc_1841

園の外周沿いに咲く八重桜は開花cherryblossom

Dsc_1842
白い花の開花はまだ少なめだが、傍でススキが応援している。

Dsc_1843
濃いピンクと白

Dsc_1844

市内を見下ろすように3本並んで咲いているcherryblossomcherryblossomcherryblossom

Dsc_1847
テニスコートの管理事務所前のcherryblossom並木。

夕方5時を過ぎてもまだこんなに明るい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「大和市郷土民家園」河津桜は満開、枝垂れ桜も咲いていた♪

2015.3.29(日)cloud~?朝方は薄っすら陽射しも入ったけれど、その後は曇りがちに強い風が吹いている。昨日の暖かさとはうって変り、風も冷たく感じられる。変わりやすい春のお天気。今週末の桜本番の頃もお天気の行方が心配な予報で。

bud昨日の暖かさで我が家のカロライナ・ジャスミンが開花

Dsc_1851
昨日は3輪ほどだったのに、今日は更にあちこちの枝からの開花が進んでいるlovely

  cherryblossom大和市郷土民家園の河津桜cherryblossom

Dsc_1879

園内の河津桜が満開にsign03

Dsc_1882
春爛漫の昨日、買い出し帰りに、「泉の森」の民家園にも

Dsc_1880

入り口前の森の通路側に、白い桜の花が優し気に咲いて、蜂が蜜を吸いに飛んできた。

Dsc_1921

cherryblossom 入り口には、枝垂れ桜が咲いているという案内がeye

Dsc_1885

暖かな春の陽射しを浴びた満開の河津桜cherryblossom

Dsc_1887

旧小川家住宅の茅葺屋根を飾る枝垂れ桜cherryblossom

Dsc_1889

今年は初めて枝垂れ桜の開花を見ることが出来たcherryblossom

Dsc_1888

園内お庭の河津桜は見事に満開cherryblossom来てよかった~scissors

Dsc_1910
枝垂れ桜と、花期が微妙に違う木々の色合いの河津桜のコラボも美しいcherryblossom

Dsc_1905

のどかな春の午後

Dsc_1904

満開の雪柳と河津桜越しに見える園外の農地。昨日はそちらにもお買い物。

Dsc_1897
今回見つけたニワトリさん達。小屋には5羽もsign03小屋の左手斜面上に咲いていた早咲きの河津桜と梅は花を終えて菜の花だけが満開に咲いていた。それにしてもいつからあったのかしら?と不思議に思える鶏小屋sign02

Dsc_1913

今年初めて言うくらい、満開の河津を観ることが出来た幸せなひと時。微笑むような河津桜に見送られて、

Dsc_1916

突き当り右手に咲くのが、鶏小屋付近の枝垂れ桜cherryblossom

Dsc_1919
門外の、泉の森に繋がる通路は河津桜の花弁が彩り、通路の両側石垣下やコンクリートの境目の細いくぼみにはピンクの花弁がびっしり入り込み、この季節ならではの味わいscissors

Dsc_1920

石垣に這う蔓性の葉の上にも河津桜が一輪、最後の花の姿で愛らしく寄り添っていた。

 cherry園内から見える畑の左の方にある野菜直売所へ。

Dsc_1922

とれたて野菜ののぼりが風にはためく。

Dsc_1923

この日最後のお買い物は

Dsc_1926

ブルーベリー、500gたっぷり入ってこのお値段。2度目に作ったジャムが明日には無くなりそう。定番ジャムの在庫はまだあるけれど、手作りのブルーベリー・ジャムも美味しくてdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の開花も始まり春本番の始まりで~す♪

2015.3.27(金)sun 朝目が覚めて起き上がり、寝室からリビングの方に出ると、先に起きた夫がカーテンを開けておいてくれたので、外からの光が気持よく室内に入り「春の朝だ~」と思えるような感激だった。

昨夜は寝るのが遅くなり12時を過ぎていたので、寝る前の挨拶は「お誕生日おめでとう」だった。すっかり忘れかけていたので「あれ、又一つ年が増えちゃった~」などと他愛も無いことを言いながら休み、朝目覚めて昨夜の会話を思い出し、いい朝を迎えられたようで何だかとても嬉しかったlovely

Dsc_1739

昨夜から腰痛と首の後ろに湿布を貼り、幾らか緩和してきた腰痛だけれど、少し前まで、体操位で腰痛なんて考えたことも無かったのに。無事に年を重ねる有難さと、衰え行く体力知力への惜別の思い・・・・。テラスに咲くマーガレットは、毎年変わることなくピンクも白の花もたわわに咲いて楽しませてくれる春の嬉しい贈り物。少しだけ切り取って室内にも花を。

Dsc_1595

present贈り物といえば、今年もこんなに可愛らしいプレゼントを頂いちゃいました!猫好きの私のために選んでくださったのは♫に酔いしれる猫がデザインされた携帯用のミラー。可愛らしいピンクのカードも添えられて。猫ちゃんミラーは早速バッグの中にcat

Dsc_1597

共に頂いたお菓子もとても美味しくてdelicious

Dsc_1792_2

そして、昨日贈られてきたpresentにもJAZZ好きの心をくすぐるようなプレーヤーがデザインされたカードが添えられ「ミニマル」という工房のチョコレートと小冊子「銀座百点3月号」が。都内に出ることが少ない昨今、銀座の情報が伝わる嬉しい贈り物。

少女だった頃の友人とのプレゼント交換を思い起こすようなプレゼント交換が、こんな年齢になっても出来るなんて嬉しい限りです。

贈り主は何故か共に、KさんとKさん。お二人共本当に有難うございます。

  cloverかにが沢の梅が散り始めたころ

Dsc_1627

一週間程前の梅

Dsc_1628

吾妻やを囲む梅の木から散った花弁が、地面をピンクに染めあげていた。

Dsc_1631
後から咲いた枝垂れ梅はやや花弁は少なくなったもののまだ健在だった。

Dsc_1633
梅の花弁の絨毯に彩られて、紫のヒヤシンスが咲いていた。

Dsc_1637

そして斜面の上の桜の木。幾らか開花したかしらと桜並木の下を歩いてみると

Dsc_1638

蕾は大きく膨らみ始めていたけれど、

Dsc_1639

「まだ咲きたくないよ~」と、眠そうな顔をした蕾達には会えただけ

Dsc_1642

開花には、まだもう少し先そうだった。

Dsc_1643
この日は変わりに白モクレンやコブシの白い花を楽しむことが出来たので満足。

Dsc_1644

斜面を彩る筈の桜の大木には満開時の豪華さはどんなかしらと思えるほどの蕾を見ることが出来たので一安心だったheart01

Dsc_1645

駐車場からのアプローチの花壇には春の花がきれいに咲き揃いはじめていた。

  cherryblossom今日は桜の開花状況が気になって

Dsc_1795

腰痛がまだ残るので外出を躊躇していたけれど。「さくらの日」生まれとしては、やはり近隣の桜の開花が気になって、出かけてしまったcoldsweats01 桜の木に大きな変化は見当たらないけれど「4月4日」の「桜まつり」の為の桜色の提燈が

Dsc_1801

桜の木々の間で揺れていたcherryblossom桜の木々の枝の色は前よりピンクに染まり始めているcherryblossomこの後はしばし園内散歩をしてから車で4・5分走れば着いてしまう

   cherryblossom谷戸山の桜を見に 

Dsc_1823
亡き母が、5年前に神奈川の我が家に来ることになった時、渋谷から到着して最初にここに来たのは、3月の20日過ぎだった。その時も今日と同じ位咲いていたテニスコートの周りの桜。

Dsc_1822

桜の種類が違うのだろうか。「さくらの日」に間に合うこんな豪華な咲き具合cherryblossomcherryblossom

かにが沢と谷戸山の斜面を日足の延びた春の夕方、桜を眺めながらゆっくりだけれど歩いていたら、腰の痛みが幾らか和らいできたような気がした。

春本番、日々桜の開花状況が楽しみな季節到来ですcherryblossom

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春は希望と別れが交錯する。渋谷南口付近の景色の今。

2015.3.26(木)sun日増しに強くなる陽射し。桜の開花も始まり爛漫の春がすぐそこに。明日位から日中の気温もぐっと上がりそう。

それなのに、ちょっとサボっていた体操を夜寝る前に少し余分にしただけで、今日は腰が痛くなってしまって。少し前までは何でもなかった体操が結構堪えるようになってきている・・・coldsweats02 今日は外出せずに自宅謹慎sweat02

  bud春の花たちの蕾が膨らんできたbud

Dsc_1775
心配していた木香バラの蕾は思ったより沢山出てきているsign03

Dsc_1783
クリスマスローズも沢山咲いた。こぼれ種から育った鉢にも咲き、更に右隣の鉢にも新しい葉が育ち始めている。丈夫で繁殖力の強いクリスマスローズ。繁殖力の強さはローズの左上のナスタチウムも負けてはいない。今年は黄色だけでなくオレンジの花も咲いている。

Dsc_1778

室内の戸だなの上では「富士夜桜」が見られる嬉しい春fujicherryblossom

restaurantランチタイムに眺めた変わりゆく渋谷南口バスターミナル

Dsc_1573_2

渋谷の文字がユーモラスな顔になっている。

Dsc_1565
ハチ公側渋谷駅のある東急東横店の裏側南館

Dsc_1567

南館の右側が今の南口のようだ。随分昔はその右の首都高も246号もまだ無かったころ、首都高の右下方向あたりに南口という小さな改札口があった。

Dsc_1577

その頃から見れば、間口も広く立派な駅かもしれない。

Dsc_1578

東急の看板の下に見える場所、よく分から無いけれど地下鉄駅フォームとなるのかしら?と思いながら、他の写真とよく見比べてみたら建物9階上の部分だったwink昔はなかった南館の構造がよく分からなかったけれど、反対側の9階から同じ高さの目線で見えたのだから・・・coldsweats01

Dsc_1579

南館の看板の後方が「Hikarie」のビル。この東横店の辺りもいずれは再開発となり、「Hikarie」のような、もしかしたらもっとモダンな建築の高層ビルに変身してしまう。

Dsc_1581
子供の頃から見れば、今でさえ随分変わってしまい、よく分から無くなりかけているけれど、今後更に変化をしてゆく渋谷の街の景色。今ですら幾らかレトロな雰囲気漂う渋谷南口の景色は写真とともに長く記憶に留めておきたい。

Dsc_1582
東急プラザ9階のレストランの窓際の席に座れたおかげで、バスの天井にバス会社名と番号が表記されているのを初めて知ったcoldsweats01 これらの景色と出会えただけでも渋谷に来られて良かったと嬉しくなり、ランチの帰りは再び6階の「タイムスリップギャラリー」に寄り、展示された懐かしい渋谷の写真を見て回った。閉館まであと数日というこの日のギャラリーには、渋谷を愛し、懐かしむ多くの人が集まっていた。

Dsc_1583
プラザの閉館は22日。その日からすでに4日も経っている。新聞やニュースにもプラザの閉館は取り上げられた。その数日前に思い出の東急プラザに最後のお別れが出来た日。

Dsc_1584

東急の南館もいつか無くなり、後ろにそびえるヒカリエの建物も見えなくなる日が来る。その頃まで生きているかどうかも分から無いけれど、忘れたくないこの南口の景色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のこと。少し前に出かけた渋谷駅付近の賑わい。

2015.3.25(水)sun春の陽射し燦々なれど風は冷たし。などと言いながらも夕方前の散歩を兼ねて近所のBOOK‐OFFまでCDを見にcd

 cd2枚のCDnote

Dsc_1773

エリントンもサッチモ若いこと!左のエリントンを昨日夫が見つけて買ってきた。20年代、30年代から40年代のエリントン楽団の素晴らしさに圧倒されて、エリントンのアルバムは結構あると思っていたのに、これは聞いたことのないような年代の作品も。それが何と古さなど微塵も感じられない若さあふれるエリントン楽団のモダンな演奏notes

「サッチモもあったよ」という言葉につられて、歩いて見に行くことに。サッチモもアルバム写真の若さに、それだけでも買う気満々となりお買い上げ。新品では多分手に入らないのではないかと思えるような貴重なCDが2枚我が家にnotenote

  cherryblossom歩きながらの帰りは近所の桜が気になって

Dsc_1754

cherryblossom桜並木の木を次々確認。3・4本の
Dsc_1758
cherryblossom木の枝や

Dsc_1760
cherryblossom幹の、木により、数輪というのもあったけれど、開花を確認できてラッキーだったscissors

  train渋谷駅付近の今

Dsc_1546
駅の壁には

Dsc_1548
様々なポーズのワンコ。これは勿論毎日飼い主の上野先生亡きあと、9年にも亘って渋谷駅にむかえに来ていたハチ公の姿に決まっている。

Dsc_1554

ハチ公の銅像の場所は、昔の場所から移動して、駅の前には昔の路面電車「玉電」の車両が展示されている。ハチ公広場は駅前としては決して広くはない。待ち合わせをする人々や通過する人も含めて混雑している。

Dsc_1555
車両内に入ることが出来るsign03

Dsc_1556
車内はこんな風

Dsc_1558

写真を写すことも出来る。勿論この映像の中で。

Dsc_1561

移動したハチ公は駅の出口の方を向いて帰らぬご主人を待っている。ここで写真を撮る人も多く。かって住んでいた頃はご当地なのでハチ公とのツーショットを撮ったことは無かったけれど、渋谷の街のこれからの変化がどのようになるか分からない今となってはと、ハチ公とのツーショットもしておいたcameraその後は懐かしい東急東横店に入り、ちょっとした用事を済ませるため上階までエスカレーターで上がってみた。

東急プラザの閉館まであと5日位だったこの日は、電車で渋谷まで来てみたお蔭でハチ公広場の昔以上の賑わいも見ることが出来たのが有意義だった。 

Dsc_1564

東横から西口出口を出れば、目の前に東急プラザ。目的地はここだったのに、10代の頃、友人とよく待ち合わせをしたハチ公広場も懐かしく、更に子供のころの遊び場のようだった東横店で時間をつぶしてしまい、たどり着くのが遅くなってしまった。

Dsc_1570

先ずはランチタイムrestaurant 前に母と3人でよく行ったイタリアンのお店で。禁煙席用の窓際の席に案内されて、外の景色を思う存分楽しむことができたscissors

窓から見えた東横内の駅に向かう地下鉄車両の出入り。何故か地上に見える渋谷の地下鉄sign02

Dsc_1572

東横店の向こうのビルに渋とか谷とかの文字の顔が映像で現れるのも面白くてhappy01落ち着いてランチを楽しむゆとりも無く・・・・coldsweats01 

続きは次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春彼岸は菩提寺と県内の父母の墓参に。

2015.3.24(火)sun今朝もよく晴れていたのに、午後になると又ちょっぴり曇りがち。寒波が来ているという予報通り、久しぶりに昨夜はベッドに入っても何だか寒くて、掛布団の上からひざ掛けを1枚覆うようにしてかけたら安心して眠ることが出来た。この寒波が去れば一気に気温も上がり春めいてくるようだけれどcherryblossomcherryblossom

  carお彼岸中は菩提寺にお墓詣り

Dsc_1687
山門をくぐると

Dsc_1719

右手にある建物。ここはお寺を守る方のお住まい。小さな松の木など植えられた風情ある佇まい。

Dsc_1710

その建物の斜め前をまっすぐ進んだ門の向こうに墓地がある。中の受付所でお花とお線香を頂いて

Dsc_1689

お参りを。無事であることの感謝を祈りにこめて。

Dsc_1703

境内に咲いていた真っ赤な木瓜の花。ほとんどのお墓にお花が供えられ、墓地内に咲く木々の花とともに、華やかと言ってはいけないかもしれないが、春らしい彩りが多く、とてもきれいだった。

Dsc_1709
見慣れた境内ではあるけれど、季節ごとの風情は違う

Dsc_1714
お地蔵様の向こうは大師堂
Dsc_1725

お参りを済ませ、山門をくぐり車道に出るまでの参道は桜並木だけれど、見慣れた桜の開花はまだだった。けれど、1本だけ愛らしい桜らしき花が咲いていた。

Dsc_1729
お寺の桜はまだ蕾。もう間もなく開花しそうな様子。いつもながらお彼岸中には見ることが出来ない桜並木がちょっぴり残念cherryblossom

Dsc_1732

帰りの環状8号線世田谷の辺りを車で通過中、車道に夥しい紙がeye?走る車のタイヤで舞い上がったりしながら、かなりの距離続いた。何かのチラシ印刷が荷台から落ちてしまったような、そんな出来事が・・・・・sign02帰りのランチは世田谷美術館辺りでと思い、駐車場に車を入れた途端、目についた月曜休館日の案内板sweat01仕方なく腹ペコ二人を乗せた車は駐車場外に。入庫後すぐに出庫だったので、料金は無料だったけれど。予定をきちんと立てなかったミスでcoldsweats02反対側にファミレスがあったので遅いランチを。

  car こちらは実家の墓参への道中

Dsc_1651 

いつものトンネルを通り、両側が座間キャンプの敷地なので、例年通り今年も「桜まつり」の看板が。

Dsc_1653
墓参に向かう道路沿い、時折目を奪われる景色が現れると思わずパチリcamera

Dsc_1654
山々の懐に抱かれた住宅や畑、心安らぐドライブ路

Dsc_1666
墓地の桜は今年まで山桜と思いこんでいたけれど、帰りに墓地の方に聞いたら「河津桜」とのこと。もう何年も前から早咲きの桜として見ていたのに河津桜だったとはcoldsweats01
Dsc_1674

墓参の帰りの春霞のような景色。心安らぐのどかな田園風景が広がる大好きな場所。大山の山懐に抱かれた墓地で眠る父母たち。母は60代半ば位まで、毎年お仲間たちと新年の大山詣でに来ていたのだから、ここで眠れる今は何より心安らかなことだろう。

Dsc_1678
更に車で走ると今年も紅モクレンの開花を見ることが出来た。

Dsc_1681

そして、帰りも行きと同じトンネルに入る前に見上げると、純白の花が青空の下、広げた枝一杯に咲いていた。距離があるので、白モクレンかコブシの花か定かではないけれど。ここ2.3日県内から都内も含めて、同じように白い花がたわわに咲く木があちこちに見られた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の花咲く公園散歩が楽しい日々♪

2015.3.23(月)suncloud午後、小雨がちょっぴりぱらつくもまあまあのお天気だった。夜になると又冷えてきて、明日から寒の戻りがあるという。東京と横浜に桜の開花宣言が出た今日なのにcherryblossom

  clover一昨日、買物帰りに立ち寄った「かにが沢公園」の梅が散り始め、桜より一足早い春を告げる花の開花を見ることが出来た。

Dsc_1600

Dsc_1599

園内のアプローチは色とりどりの花。奥のほうには日本水仙に黄水仙も。

Dsc_1603

アプローチから続く、最初の広場の真ん中に咲く白い花

Dsc_1605
白モクレンの清楚な花が開花。つい数日前はまだ蕾だったのに

Dsc_1606

間もなく開花します
Dsc_1607
こんな風にscissors

Dsc_1609

この花の名前は分からないけれど、背の高い木に葉は椿に似ているような?ピンクの花がたわわに咲いていた。

Dsc_1615

コブシの花も開花。モクレンより小ぶりで花の形はよく似ている。同じモクレン科に属するといわれれば素直に納得。

Dsc_1619
枝垂れ梅の花は、早くも枝に咲く花の蜜度が少なくなり始めているようなsweat02そんな枝垂れの下をママと幼子が駈けてゆく平和な時間
Dsc_1620

大きなモクレンの木には沢山の花

Dsc_1622

モクレンの花の寿命はそう長くない。まさに今が見ごろ

Dsc_1626

吾妻やの向こう、枝垂れ梅の下は日本水仙の株が育ち開花している。水仙の花の周りの地面は梅の花の花弁色に染められている。

わずか1週間前位に来た時は、丁度枝垂れの梅が満開で、モクレンやコブシの蕾が大きく膨らみ始めていたというのに、春の花のバトンタッチは意外に早い。この日、かにが沢の桜の蕾も大分膨らんでいたので、次に立ち寄る頃は開花が見られるかもしれない。近隣の日々の公園の変化が楽しみで、折に触れ自然観察を兼ねた公園散歩がやめられないlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嬉しい出会いがあったりのここ数日のこと。

2015.3.22(日)sunまあまあのお天気の春彼岸の日曜日。今日は県内にある父母のお墓詣りに。

Dsc_1664

春彼岸の頃、いつも墓地内で開花していて楽しませてくれる河津桜cherryblossom

Dsc_1668

松の枝とのコラボも麗しい春の訪れ。こんな美しい桜が目の前で咲く場所に眠る父母。今は安らかな眠りの中にいることだろう。先ずは無事に暮らせている日々の感謝を込めて手を合わせた。
    cherryblossom染井吉野の開花も近いある日のこと

春の足音が着実に近くまで来ている。そんな春の一日、かねてからの念願だった大切な友人と会うことが出来た。ブログを通じて知り合い、お互いの趣味の一致から心が通い合う、そんな年月が7年近く続いていた。

遠く離れた場所で暮らしているので、そう簡単に会うこともかなわないままメールやコメントなどを通じて、今では一番理解しあえる友人であるかのように思えていた方と。

  bullettrain新幹線でこちらの近くの駅まで来られ、夕方からは大切な集まりがあるその前にお会いすることになって、ランチを共に。彼女の提案はお豆腐料理のお店。洋食系の外食をすると必ず胃が痛くなるという、最近は始末の悪い私にとっては願ってもないお店の前で待ち合わせ。少し先に着いて待っていたらすぐに見つけて下さった。会った途端に何だか旧知の友人に会えたような感覚で打ち解けてしまい、初対面であることも忘れ、次々話が弾んでしまい途切れることなく、

Dsc_1587

せっかくのお豆腐料理を前にしながら時間の経つのも忘れるほど。お料理はお互いに沢山は食べられないので、少なめのランチコースでも、左にあるお豆腐はお代りも出来るということなのに、少し残ってしまうほどお腹は満腹。お豆腐料理のお味はどれも美味しく、ランチタイムの店内はかなり混んでいたけれど、長居をしてしまい、気づいてレジに向かう頃は流石に店内のお客さんの姿も少なくなっていたcoldsweats01
Dsc_1590

駅ビルの10階にあるお豆腐料理の後は、同じ階にある上のお店で珈琲タイム。出会うまでのこの日まで、これまで交わした彼女との交流の密度の深さ、そして思った通りの気さくで、更にスタイリッシュで素敵な彼女とのここでもお喋りは途切れることなく、うっかり彼女の次の予定を忘れそうになるという失礼も。「ごめんなさいね」sweat01慌てて次の予定地に向かう彼女と駅の改札で挨拶もそこそこにお別れとなってしまったけれど、「又いつかお会いしましょうね!kazuさん」lovely

先週はそんな出会いの日の前にも渋谷に出かけたり、何やかや出歩くことが多く、更に盛り上がりを見せる大相撲の大阪場所が15日間。ビデオに録画し、早送りで見るにしても時間はかかる。今日は千秋楽。一敗の白鵬と二敗の照の富士との優勝決定戦はあるのかとの期待がかかる千秋楽も何とかテレビの前で見ることが出来た。大相撲の場所中は、忙しい日々となってしまうけれど、自らの怪我を恐れることなく取り組む力士達の一番・一番は見逃せなくて・・・・。今回も優勝は白鵬だったが、若手の強敵も現れて今後益々お相撲人気は衰えそうもないかと。

ああそれにしても明日からは、もう少しゆったりした生活に戻れそうhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

録画した猫の映画を観た。かにが沢、梅見続きも♪

2015.3.16(月)sun~この後は予報通り曇りに雨となるのかしら? 

cat1月末、谷戸山公園炭焼き小屋近くで見かけた猫。離れた場所から見つけて急いで近くまで行きシャッターを押したけれど、もう少し近くで写せたらよかった。石囲いの上で一瞬留まったので、そっと近づいたが、

Dsc_0070

Dsc_0071

すぐに斜面に降りてしまい、山道を駆け足で降りて姿が見えなくなってしまった。その後何度か行くたびに探してみるけれど未だに会えないまま。谷戸山に行くようなって随分になるけれど、猫の姿を見たのは、ここ最近になって2回だけ。森の中でどんな風に暮らしているのだろうかcat

 cat 「レンタ猫」という映画を観た movie

最近BSで放映された番組を、猫好きな私のために夫が録画しておいてくれた。猫を貸してくれる?興味しんしんで見始めたら、猫好きなら最後まで楽しめる内容だった。主人公の若い女性が祖母の残したであろう古風な民家に一人で暮らし、沢山の猫を飼いながら暮らす日常が淡々と描かれる中で、時々河原に猫達を乗せた車を引きながら出かけてゆく。「レンターねこ、猫 猫」と言いながら。川沿いの道、そこで出会う子供たちは「猫婆だ~、逃げろ」と出会うたびに怖がって逃げる。川沿いで孤独そうに過ごす人の中から時折声がかかり貸してほしい人も出てくる。映画の中で3・4人ほどに猫を貸すことになり、夫々のエピソードなどが繰り広げられ、貸し出すたびに主人公は「「寂しい心の穴が埋まりますように」と告げる。

主人公は独り者、結婚願望もありながら中々実を結ばないのだろう。そんな彼女の心の支えはやはり猫達なのだ。物語りの進行の中から彼女の親兄弟の姿は見当たらず、仏壇に眠る祖母に手を合わせ、お供えなどもする。多分自身が少女時代から人一倍孤独な日々を過ごしてきたのだろう。けれど猫たちとともに懐かしみを覚えるような庭のある古風な家で暮らす彼女には不思議な明るさと強さがあり、さりげない日常の描写が続く映画でありながら退屈することなく最後まで見てしまった。

「レンターねこ、猫 猫」そんな声が聞こえてきたら、どうしようcoldsweats01

  cloverかにが沢の梅見続き  

Dsc_1497

枝垂れ梅を堪能した後は、いつものように斜面を下り広場の方へ

Dsc_1499

斜面の日本水仙の花も随分沢山の花を咲かせ始めた。近隣の小学生などのボランティアの手に寄るものを、こうして楽しませていただいている。

Dsc_1503

広場の公園の梅は特有の香りを放ちながらほぼ満開に近い。一番上の花には虫が来て、きっと甘い蜜を吸っているのだろう。

Dsc_1505


Dsc_1506

枝の途中に満開間近の花らしい様子の可憐なピンクの花もlovely

Dsc_1507
今年は取り分け、梅の花の可憐な様子を近くで見られたことが嬉しかったlovely

Dsc_1509
そして白モクレンの蕾も大きく育ち、蕾の先からは花芽も出ている。モクレンより小さな花を咲かせるコブシの木にも蕾が沢山出来て、百花繚乱の春近しcherryblossom

Dsc_1510

園内斜面で枯れていた木々には新芽や新葉も育ち始めている。最近までは赤茶色だった斜面の色も新緑色に変わり始める季節。

Dsc_1512

枝垂れ梅の反対側の斜面を登り外の道路に出て、園内の大きなモクレンの木を見上げる。そこにも開花間近の蕾がびっしりsign03 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「かにが沢公園」は梅に枝垂れ梅が満開♪

2015.3.15(日)sun薄曇りから薄っすら晴れて、気温も上がっているのか一時ヒーターを切っても大丈夫になった午後、室内には久し振りに、懐かしいウイントン・ケリーのピアノが充満しているnoteせっかくの日曜日なのに、又数日続けた公園散歩の疲れが出て今日は屋内でのんびり。季節の写真も溜まるばかりで・・・coldsweats01

  cloverかにが沢公園の枝垂れ梅が開花していたlovely

Dsc_1480

一昨日午後は車で少し走れば谷戸山より少し近い「かにが沢」へ

Dsc_1481
梅の花は開花が進み、

Dsc_1483
寒気の緩んできた春の公園には子供たちが次々集まってくる

Dsc_1484
梅の次は桜。土手の上の桜の開花はまだだったけれど、蕾は大きく育ち、先の方の蕾の中心にはピンクの花の色が見えた。もう後10日も経てば開花するかもしれないcherryblossom

Dsc_1486
その前に、垣根の向こうに見えるのは枝垂れ梅の開花
Dsc_1488

何度か蕾のままの姿を見て待ちかねていたけれど、土手の斜面で広場を見下ろすように咲いていたscissors

Dsc_1490
公園の周りに建つマンションや住宅からの眺めもいいだろうな~heart02

Dsc_1491

紅梅白梅、枝垂れ梅、梅の向こうの桜並木の枝には次の開花を待つ蕾が大きく膨らみ始めている。春の楽しみは尽きることなく、まだしばらく続く。

Dsc_1492

枝垂れ梅の見下ろす斜面したの広場では少年達のボール練習の時間。

Dsc_1495
春まだ浅いけれど、温かな陽射しは少年少女、そして老若男女を問わずに春の気配や香りを楽しみに訪れたくなる自然豊かな場所。

   mailto数日前に届いたお手紙に

P1130107

渋谷東急プラザのお食事券が2枚同封されていた。先日出かけたプラザでの懐かしい渋谷の「タイムスリップ ギャラリー」を観た折、出口で書いた感想のコメントに対するもので、そのコメントは「東急プラザ 渋谷の思い出キャンペーン」となっていたようだ。今日は元気だったら渋谷にでも思っていたけれど、ちょっと不調で。それにしても渋谷の東急プラザも今月22日には閉館となってしまう。もう一度くらいは行けたらと思っていたが、故郷渋谷もさすがに神奈川からは距離がある。母が元気で存命中にも何度も一緒に出かけた場所。

母が今でも存命であるならば、是非とも一緒に出かけてみたかった大切な場所なのにweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早咲き桜の開花を楽しんだ「相模が丘仲良し小道」散歩♪

2015.3.12(木)sun春の風強しcoldsweats02 昨日も今日もせっかくの春の陽射しが、強い風に吹かれると暖かさを奪われてしまい、今日は鉢物の手入れをと思ったけれど風邪がぶり返してもと思い、取りやめ。

桜の便りもそろそろ気になり始めた。今日の予報では関東は26日位とのこと。気になるさくら情報。タウンニュースで知った早咲き桜の情報を得て、昨日は買い物ついでのいつもの公園に。

  cherryblossom公園までの道路沿いにもcherryblossom 

Dsc_1435
青空と白い雲に映えるうっすらピンクの桜花

Dsc_1436
公園に行く途中の道沿いのお庭に咲く桜。ここの桜の開花は近隣では一番早いかもsign02

Dsc_1437

枝垂れ梅も道行く人の和みとなり

Dsc_1438

紅梅も花を添える。この地域のお庭に咲く花は季節ごとの変化で散歩道の楽しさを味あわせてくれる。この道路から車道を一本渡ると

  cherryblossom相模が丘仲良し小道 さくら百華の道cherryblossom

    

Dsc_1442

「桜まつり」ののぼりがはためいていた。強風に煽られパチリが難しいsweat01

Dsc_1446

桜は見事に咲いていたscissors
Dsc_1451

青空に春の花が 「修善寺寒桜」

Dsc_1455
ヒヨドリも桜の枝先で揺られながらお花見を楽しんでいた

Dsc_1456

植え込みの雪柳の花も開花が始まり

Dsc_1460

「大寒桜」↑

Dsc_1464

Dsc_1462

この前来た時は大分蕾が膨らんでいた上の2枚は「椿寒桜」

Dsc_1465

↑「河津桜」も咲いていたcherryblossomこの他にも「大漁さくら」とか寒桜や早咲きの桜が青空の下で見頃を迎えていた。

Dsc_1469

植え込みに咲く純白の椿。後ろのボケた赤い花は「木瓜」でした

Dsc_1471
少し前に来た時は、猫達の姿が見られたけれど、この日は散歩する人の姿が多く、猫は横道に駆け抜けた1匹をチラリと見かけただけだったcoldsweats01 元来た道は青空に映える桜並木を楽しみながら、

Dsc_1475

右手奥に見える高いビルは小田急相模原駅前に建つタワーマンション。以前には無かった園内から見えるこんな景色もすっかりお馴染みとなってしまった。

Dsc_1478

この木がある場所を境に、小田急相模原方面に向かう小道の先は、これから咲く桜の木々が多く、ピンク色に染まった木は見えなかった。この木の手前座間街道方面に近い方が早咲き桜の木が多い。

かっての鬱蒼とした桜並木の景色も忘れかけるような新たな桜の名所に生まれ変わり始めている。散歩が楽しい春の季節がやってきたcherryblossomcherryblossomcherryblossom

| | コメント (8) | トラックバック (0)

我が家の春の芽吹き、1月の芹沢公園で鶏に出会った日♪

2015.3.10(火)午前中は曇り空に時折お天気雨も。雨雲が通り過ぎて行き、太陽の光で明るくなった。夕方からは又荒れた天気になるのかしら?

 bud春の花 春の芽吹き

Dsc_8642

オレンジのナスタチウムが開花した

Dsc_1331

木香薔薇は芽吹き、小さな蕾を一つ発見eye”今年は花が少ない年かな?もしかして・・・・coldsweats01

Dsc_8644

こでまりも芽吹き始めたbud

Dsc_8643

これは暮れから新年を飾ってくれた寒桜。飾ってから直に葉も出てきて寒い場所に置いていたら、あちこちからから葉が出てきて捨てられ無くなり、ついに葉が沢山出た枝を腐葉土造り用のプランターに挿してみた。根付かなくて元々。間違って根付いてしまったら・・・どうしようsign02盆栽のように小ぶりに育てられるのかしら。

  chick 鳥達の動きが活発になって

Dsc_1324

数日前の風の強い日、我が家の前の木の枝先にヒヨドリが一羽止まり、強い風に揺られながらも飛び立ちもせず、大きな揺れに身を任せしばしの滞在scissors

Dsc_1326
そんな外の様子を眺めるように白いマーガレットが開花したbud

    clover芹沢公園で  

Dsc_0153

水路沿いに歩いていると、いつも遊んでいる子供の忘れものかなsign02

Dsc_0156

初めて鶏に出会った日は、1月のことだったchick

Dsc_0160

この日もお尻を向けて後ろ足で枯葉をけりながら植え込みの中に。

Dsc_0161
崖の下側に位置する公園入り口側に太い丸太をくりぬいたようなトイレがあったeye

Dsc_0162

この建物は何か分から無いけれど、建物反対側の入り口前では、時折見かける木材を加工する様子。園内で伐採された木々かもしれない。建物自体が園内の木々から造られていても不思議では無いし。

昨年から今年にかけて、県内の公園で出かけた場所や我が家の前の公園も含めて、園内の樹木の枝を落としたり、森林の木々を間引くための伐採が行われている。

Dsc_0209

芹沢の鬱蒼としていた斜面も上方まで見通せるようにすっきりしている。残された木々をよく見れば、まだ幹の細い若木が多い。育ち過ぎたり、痛んだ古木からの森の再生となるのだろう。園内では伐採した木を細かいチップに加工したりなどの作業も見ることが出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫や鳥の居る楽しい公園散歩!ジャム作りも楽し♪

2013.3.8(日)cloudsun 今年になって初めての風邪気味状態だったが、昨日の買い出しで疲れが残ったので、今日は食事の支度以外はのんびりtvで春場所初日のお相撲を観たりの休養日。

  cat可愛いいパンダ

Dsc_0520

昨日の公園猫記事でUPするのを忘れた1月に会った時のパンダの様子。もうずいぶん前から知り合っているのに、体の大きさは小柄なまま。外猫にしては元気にしているcat

 大好きなbreadのお伴のジャム作り

Dsc_0964
民家園近くの野菜直売所で買ってきたブルーベリー。好評につき2度目のジャム作り。350gの生ブルーベリーに140ℊの砂糖。水130cc程を厚手の鍋に入れ、木べらで混ぜながら粒は潰さず、余り強火にしないで煮込み、灰汁を取りながら煮詰めてゆく。最後にレモン汁半個分を入れて程よいとろみがつくまで火を通して

P1130104

出来上がり。そんなに時間がはかからず手軽にできるのが嬉しい。

P1130105

瓶は煮沸消毒して大小3本用意していたのに、一番たくさん入る瓶一本で収まってしまったsweat02一番右のサンダルフォーのブルーベリージャムが我が家の定番。かっての勤め先の友人から頂いて以来だからもう10年以上食べ続けている。他のメーカーのジャムも試してみたけれど、やはり定番が一番で、最近では、二人家族で4・5日くらいで軽く開いてしまう。常に4・5個はストックしているお気に入り。

前回ベリーを買ってきて食し、残りをジャムにしてみたら、定番と混ぜると両方が更に美味しいという意見に気を良くして、又しても作ることに。気になるのは定番のジャムは砂糖不使用ということで、ぶどうとデーツ、檸檬にペクチンのみ。やはり半々に混ぜて使うのが一番かも。ちなみに朝食時のヨーグルトにジャムを混ぜてトーストを浸して食べるのが私の定番の主食で・・・・・(痩せるわけないカッ!)happy01sweat01

でも、視力の衰えを最近になるまであまり感じずに来たのもブルーベリーのお陰かと思っているのでやめられない。

  芹沢公園で会ったのはsign02

Dsc_0933

2月中旬お天気のいい午後一番、買物帰りにちょこっと散歩に。

Dsc_0935
水路の土手左側には桜並木。この後も何度か散歩に行っているけれど、開花はもう少し先のお楽しみcherryblossom

  実はこれで2度目の出会いchick

水路沿いに歩いて、いつもの出口と違う方に行くとこの日も

Dsc_0940

白いお尻を向けて、木陰に顔を隠した鶏
Dsc_0942

「何かご用?」と言うような迷惑そうな顔で振り向いたcoldsweats01

Dsc_0944

公園入り口のこの辺で前にも会っている。この日は、しばし立ち止まって腕の悪いカメラバアバのモデルも務めてくれたcamera

Dsc_0945
ちょっと気短かな?シャッター音を聞くなり歩きだして

Dsc_0946
茂みの中に入っていった。何処で飼われている鶏なのか分から無いけれど人慣れしていることは確か。

幼いころの田舎の鳥小屋には沢山の白色レグホンが居た。時間を決めて祖父が鳥小屋から出し、餌を与える。そんな光景が懐かしく思い浮かぶような出会いだった。

Dsc_0947

そして、この‟三屋の坂”の石柱がある坂を初めて登って駐車場に戻ることに。

Dsc_0948

険しそうな坂道

Dsc_0949
登ってみれば

Dsc_0951

何とかクリア!駐車場側から来たことのある畑の前に出た。最近は少しづつ谷戸の道を歩くのが気持よくなってきている。以前ほど見上げただけで逃げ出したくなることが無くなってきた自身の変化が嬉しくもあるこの頃。

元気になったら又歩きにいかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春まだ浅い2月に訪れた2箇所の公園猫達♪

2015.3.7(土)raincloud寒気が戻って、今日も寒い。昨日の朝から喉が赤くなり、ちょっぴり風邪気味。熱が出ないのが幸いで、夜には喉の痛みもひいてきて風邪薬のお蔭か、いつもより早めにベッドに潜りこむなり直に眠りこんでいた。夜中に2度ほど目を覚ましながらもよく眠れた。今日は大丈夫かなと午前中から買い出しに。帰宅後になって背中や腰が痛みだしたcoldsweats02もう少し養生しなければいけなかったのかもthinksweat01

  cherryblossom春まだ浅い2月半ば

Dsc_0954

近くの公園にはヒヨドリがやってきて桜の蕾をついばんでいた。

Dsc_0955

新しくなった桜の公園に植えられた寒桜が咲いていたcherryblossom

Dsc_0964

椿寒桜の蕾も膨らんできて、もう咲いたことだろう。

Dsc_0962

窓の向こうから感じた視線はニャンコのものだったeye

Dsc_0969

その視線の先には、丸々太ったよく似た毛並みのcat

Dsc_0971

その後ろにもう一匹よく似た仔cat

  catその数日後ひと月振りに訪れた麻溝公園

Dsc_1061

夕暮れ近い時間だった。物陰から現れたのはパンダのみ。ちょっと寂し気なパンダの様子を見ながらしばらく待っても誰も来ない。「少し散歩してくるね」といい置いて、いつものように園内散歩。

Dsc_1063

夕暮れ時、広場の時計台

Dsc_1064

リリちゃん橋のたもとも暮れ始めている。

Dsc_1065

時計台反対側から見る展望台

Dsc_1067

りりちゃん橋下の車路

Dsc_1072

動物広場近くの東屋も暗くなり始めて。

Dsc_1073

5時20分、2週間以上前はまだこんなに日が短かった。

Dsc_1077

ニャンコ達のたまり場に戻るとニャン丸が居た。横を向きながらもカメラ目線でこちらを見てるhappy01 ここで一番最初に仲良しになった仔だもの。同じころにパンダとも。その後に仲良しになった夢ちゃんやマイケルには2か月続けて会うことが出来なかった。

寒い冬を元気に乗り越えただろうか。早く暖かくなって元気な顔が揃うことを願いながら出口の外に出ると、ニャン丸が出口まで出てきた。見送りかなと思って見ていたら結構広い車道を駆け足で反対側に渡っていった。

  bud春の息吹が

Dsc_1239

イタリアンパセリの芽が出てきた。2月初旬頃は、まだ双葉だけで何かと思っていたら、3枚目の葉は近くにあるイタリアンパセリの葉にそっくりで、花から落ちたこぼれ種からのようだ。このパセリは香りがよくて、イタリアン系のパスタやスープ、柔らかい葉はサンドイッチに挟んでも香りがよくて美味しい。丈夫に育ってくれますようにbud

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラスの巣作りも始まった春♪

2015.3.6(金)cloud昨日よりぐっと気温も下がって寒い朝だったcoldsweats02

午後は幾らかお日様の光に当たることが出来るかなsign02

窓の外にいる夫がガラスをたたく。目をやるとシャッターを押すジェスチャーcamera

何だろう?と、カメラを持ち、そっと窓を開けると「カラス、カラス」と指差す方向、公園の木の枝で、始まっていましたsign03

Dsc_1320
今年の巣作りがscissors

昨年、大幅に伐採された枝の先の方でハンガーを咥えて試行錯誤しながらお仕事中。

Dsc_1321
嘴に咥えたハンガーを、枝が分岐した場所で懸命に作業中。嘴だけでの作業は一発では中々決まらない。その枝の少し下に、更に次なる準備に使用するらしい白やブルーにピンクのハンガーも用意されている。周到な準備に思わず賢いsign03

この木への巣作りはもう何度目かになり、すっかり慣れているようで、ハンガー探しはすでに始まっていたのかも知れない。ハンガーの量はまだまだ足りない。正午が近づくとすぐに仕事から離れて飛び立っていた。仕事師カラスのランチタイムかなrestaurant

午後はハンガー探しに巣作りと、カラスの忙しい季節が始まった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立横浜四季の森公園には鷺が居た!!

2015.3,5(木)sun暖かで春らしい陽気の一日だった。いいお天気に誘われて遊びに行きたくなったけれど、プランターや鉢から芽を出し始めた草取りに精を出したり、晴れの日ならの家事にいそしむ。午後は用事で外出。済ませた後は町田方面にドライブがてら出かけて町中散歩など。

近くのスーパー駐車場から見える畑

Dsc_1244

そこに植えられた梅が満開だった。

Dsc_8634
我が家のマーガレットもピンクが先に咲き始め、白い方はまだ蕾のまま。両方とも沢山の蕾をつけて、春から初夏にかけてのこれから可愛い花で楽しませてくれるbud

Dsc_1240

カロライナ・ジャスミンにも蕾が出来て日増しに膨らんでくる。もうじきいい香りを漂わせながら黄色い花が咲く日が来る。

まだ寒い日もありそうだけれど、春の足音は確実に近づいてきたlovely

 clover2月半ばに行った県立横浜「四季の森公園」の鷺たち

Dsc_0863

この日も割合穏やかなお天気で、森の入り口には馬酔木の赤い芽吹きが沢山。

Dsc_0869

丘の上の雲行きは怪し気だけれど、もう少し歩いてみたい

Dsc_0873

水路に映る枯れた木々水路の先を眺めてみたら

Dsc_0874

大きな池があり青鷺の姿を確認eye

Dsc_0877

急いで池のほとりに行ってみると白鷺も居たsign03羽を広げて飛んでいっちゃうのかなと思ったら

Dsc_0878

網のある場所に留まり

Dsc_0879

今度は青鷺が羽を広げたeye

Dsc_0880

池に浮かぶ網は鷺のお家かしら?この後はここでまったりしていた仲良し鷺ちゃん達lovely
Dsc_0883
上の2羽以外にも写真には映らなかったけれど、池の向こうに飛んでゆく白鷺も居た。
Dsc_0885

そして、何とこの池の直ぐ後ろが、最初に到着した北口入り口だった。

Dsc_0886

池の上には橋がかかり

Dsc_0889
橋の向こうにはまだまだ何かありそうな、園内地図を見れば菖蒲園や春の広場や、この日は周りきれなかった魅力的な場所がまだ何箇所も。
Dsc_0891

園内には子供だけでは無く、大人の方達の散歩姿や途中ベンチで寛ぐ温かなお二人の後ろ姿も目にすることが出来て、又いつでも来たくなるような温もりある素晴らしい公園だった。

Dsc_0899

駐車場へ戻る道は最初の山道に戻らず、反対側の車路に面した緩やかな桜並木の斜面をのんびり歩いて戻った。車路の向こうの森の方にも園の何かがありそうだ。春爛漫のころに又来ることが出来たらいいなcherryblossomcherryblossomheart04

Dsc_0902

出口手前で最初に登った展望台を眺めた。展望台は標高78m、富士山や丹沢の山々、新宿副都心からスカイツリーまで見えるとのこと。眼下に見える園内の景色やニャンコに気をとられてそこまで見渡していなかったのが残念でしたcoldsweats01

Dsc_0923

帰りの車内から見えた厚い雲の向こうの丹沢の山々と薄っすらfujiの姿。この日、この位の時間、ここからそう遠くはない厚木市内で竜巻とも思えるほどの突風が吹き住宅などに被害が出ていることを夜のニュースで知ったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅の開花が始まり、早目のお花見に♪

2015.3.4(水)cloudsun間も出てきた。春のお天気も秋に負けずに変わりやすい。日々、外に出る度のコート選びは厚手になったり薄手にしたり、時にはショートだったりと忙しいsweat01

  clover梅の開花が進んでいる「かにが沢公園」note

Dsc_1147

春は楽しみが尽きない。「梅は咲いたか さくらはまだかいな」そんな歌詞がしみじみ分かる年頃となり、何だかじっとしていられなくなってcoldsweats01

Dsc_1149
朝の用事を済ませ、お天気がよければ飛び出してしまう近隣の公園。沢山の蕾が今か今かと開花の時を待っていたり

Dsc_1166

Dsc_1152

植え込みの木々にも新芽が目立ち始め・・・・、

Dsc_1168
垣根の向こうの梅は開花しているscissors

Dsc_1156

私達も斜面を降りようっとnote

Dsc_1170
斜面に植えられた水仙の花の開花も増え、風にそよいでいる。

Dsc_1172

まだ小さな蕾ばかりの桜の大木の向こうの梅は半分くらいは咲いている。

Dsc_1173
一本の梅の木に、2色もの花を咲かせる贅沢な梅の木

Dsc_1176

Dsc_1177


Dsc_1178
梅尽くしheart04

Dsc_1179
白い枝垂れ梅はかなり開花も進み

Dsc_1180
優しく揺れていた。

Dsc_1184
園内広場で一番に開花していた梅の様子。手前の紅の枝垂れはもう少しだったけれど、この日から4日目になる今日あたりはきれいに咲いているかもしれない。梅の向こうの木々は桜の大木。春のお楽しみはまだまだ続く。

Dsc_1188
公園を囲む木木もやがては新緑色となり、こんな景色が懐かしくなるかもしれない。巡る季節の変化がたまらなく愛おしいlovely

Dsc_1191
管理棟裏手で、お日様の光を浴びて幸せそうに輝いていた紅梅(それとも桃かしら??)

Dsc_1193

足元を見ればクリスマスローズの白い花がたわわに咲いていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大和郷土民家園のお雛さまと我が家の雛も。今日は楽しい雛まつり♪

2015.3.3 (火)cloud 明かりをつけましょ ぼんぼりに お花を上げましょ 桃の花~note毎年この季節になると聴こえてくる桃の節句の歌。その雛祭りの今日は曇りがちで寒い朝を迎えた。

  art久しぶりに飾った雛の額

Dsc_1224

40何年前、長女が生まれた年の初節句のお祝いに夫方の大伯母から贈られたもの。娘が高校生の頃までは毎年この額と母から贈られたお内裏様とお雛様を飾っていたけれど、その後は余り飾ることもなく、この額も孫娘のところに行き、再び我が家に戻ってきていた。今年は何故かお雛様を出さなくてはと夜寝る前に思うことが多く、お内裏様までは間に合わなかったが、数日前に額は玄関に飾ることが出来た。桃の花につきものの菜の花は、花やさんであまりに沢山の束だったので、桃だけ買って家に咲いている花でもと思ったら、クリスマスローズとナスタチウムが一輪しか無くてsweat01

Dsc_1225
枝の上の方で開花している桃の花

Dsc_1247
そして数年前に買った自分用の雛人形。昨日の買物で玄関用の菜の花が手に入ったので、桃の一枝とクリスマスローズをこちらに移動して飾った。不思議なことにもう我が家にしっくりなじんだ様子でおられるのが嬉しいlovely

  cherryblossom大和郷土民家園のお雛様

Dsc_1093

Dsc_1094

上2枚は旧北島家展示の七段飾り

Dsc_1088

Dsc_1087

次の2枚は旧小川家のニ段飾りに吊るし雛と七段飾り

Dsc_1095

旧北島家の裏の土手には菜の花が咲き、

Dsc_1097

河津桜も見られる。1日が雨だったため8日に順延された民家園の「ひな祭り」の行事のころは園内の河津桜は更に開花して、もう少し華やかになることだろうcherryblossomcherryblossomcherryblossom

Dsc_1118

旧小川家住宅の縁側前には案山子さんhappy01

Dsc_1211

園内に咲いていた仲良し椿の花

Dsc_1124

古民家園に先に行った日は泉の森内の夕方散歩。水車下を流れる水路の上を覆う黄色い蕾をつけた木

Dsc_1127
多分「サンシュユ」という名の黄色い花を咲かせる木のようだ。もうだいぶ開花しているかしら?
Dsc_1200

これは2度目に行った野菜直売近くの畑に咲く枝垂れ梅。泉の森地続きのこの辺は畑とともに、昔ながらの大きなお屋敷も多く、森の景色を背景に公園外の散歩も楽しい。そしてこの畑の周りには何箇所かの個人宅のお墓もあって、かっての軍人さん達の墓所など、この土地の方々が眠っていらっしゃる。

Dsc_1197
ブルベーリーを買いに行く前、車で通過した東原の辺りに新しくできたスーパーがあり、久しぶりにアドバルーンを見た。網塀に蔦が絡みついた手前からパチリとなり・・・coldsweats01昔、渋谷の東横店の屋上から揚げられて、何時も見えていたアドバルーンを思い出す。

Dsc_1195

アドバルーンの少し先を通過する時に見えた公園。車道からよく見えたモニュメント。幼い姉弟だろうか。アドバルーンに向かって手を上げているみたいで・・・。台座に書かれた文字は「花咲 兎跳」幼子の腕に掛けられたビニール傘が二人の像にバランス良くマッチしているhappy01 

ここは座間市東原の「さくら公園」という児童公園。春の盛りは桜が咲き、近くのさがみ野の桜並木と相まって素晴らしい景色が見られるかも。cherryblossomcherryblossomcherryblossomあ~春が待ち遠しいlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「泉の森郷土民家園」河津桜の咲き具合を見に♪

2015.3.2(月)sun昨日と打って変った春らしいお天気。

公園の昨年選定された見通しのいい枝の上に3羽のヒヨドリがとまり、同じ方向を向いてピーヨ ピーヨ ピーヨと鳴き声を張りあげていた。我が家に長年実ったワイルドストロベリーもさすがに勢力が落ちて、今年は実が一つもない。そのせいかヒヨドリは寄り付かないし、メジロもたまにしかやってこなくなった。

  cherryblossom河津さくらを求めて泉の森の郷土民家園に

Dsc_1080
先月25日、そんなに寒い日では無かったけれど、入り口付近の桜はまだで、梅が3分咲き位、平日の午後3時過ぎは来園者は少なかったけれど、古民家のひなびた景色が楽しめた。

Dsc_1082

ひな祭りが近いので、古民家内にはお雛さまの飾りつけ

Dsc_1083

Dsc_1089

吊るし雛が民家の建具の前でカラフルに揺れる

Dsc_1092

やはり昔ながらの茶箪笥などとのコラボが似合う

Dsc_1096

さて、いつも一番に咲く古民家裏手の河津桜は、蕾も膨らみ少しずつ開花が始まっていた。

Dsc_1098
河津桜と白梅が後ろの林の木々の前で、一斉に開花したら見事だろうな~cherryblossomcherryblossom

Dsc_1099
白梅の開花もまだこの位だった。

Dsc_1111
外から眺める古民家の内部
Dsc_1112

雛段の前には雛の花飾り

Dsc_1114
古民家前庭の河津桜の蕾はまだ硬かった

Dsc_1121

記事をUPするのが遅くなってしまい、予定では昨日1日は民家園の「大和のひな祭りの日だった。一日降り続いた雨で多分日延べだったかも。雨天の場合は8日(日)開催とポスターに記されている。

Dsc_1129

園の入り口側の桜の開花も残念ながらこれだけだったcoldsweats02

Dsc_1203

そして一昨日、民家園近くの野菜直売所で売られている‟ブルーベリー”を買いに行ったついでに閉園前の民家園内にちょこっとお邪魔。北島家住宅側面の石段を上がり、畑の河津桜の開花状況を見に。

Dsc_1204

咲いていましたよnote住宅すぐ裏手の土手の上は日当たりもよく毎年一番に開花する場所。桜に梅も開花はだいぶ進んでいたcherryblossom

Dsc_1206
古民家の屋根に映える梅と桜に黄色い菜の花が春気分を満喫させてくれた。民家園内のお雛様などは8日まで展示されるという。

そのお雛様の様子などは次回又。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »