« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

天気予報的中、窓の外の雪景色。

2015.1.30(金)snowrain~?

 明け方目が覚めて窓の外を見ると予報通りの雪が降り始めてうっすら積もり始めていた。

Dsc_0526

寒い朝、温もったベッドに戻り再び眠りに落ちてしまいsleepysleepy公園に積もった雪で外の景色は冷たく震えそうcatface

Dsc_8603
わずか二日前は、こんなに明るい窓の外だったのに

Dsc_0528

雪の勢いはいくらか衰えて

Dsc_0530

建物の屋根は真っ白。枯れ木の枝には純白の花が咲いた

Dsc_8609

雪は雨に変わり、木の幹に積もった雪が時折音を立てて地に落ちる。今日はまだ雪遊びに来る子らの姿も見られないまま雪は融けてゆく。

Dsc_8614

雪が解け始めた木の枝に小鳥が一羽雨宿り。モズのようだsign03

Dsc_8606

暖かな陽射しが降り注ぐ春が恋しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原北公園の梅が開花して♪

2015.1.29(木)suncloud しばし暖かい日が続いてお散歩に出かけるのも楽しかったのに、今日は風が冷たく寒かったこと。午前中、お日様の下で洗濯物を干していても風の冷たさが身に染みて外出する気にもなれず。お蔭で気になっていた本棚の整理が少し進んだ。明日は朝から雪との予報にがっくりしたけれど、又少しお片付に専念できるかも。

  相模原北公園の梅が開花したとの情報を得てsign03

暖かかった一昨日行ってみましたよ!花はまだ少なかったが開花した梅の香りを利くには充分の開花状況confident

Dsc_0410

Dsc_0481
白梅も

Dsc_0412

Dsc_0413

紅梅も

Dsc_0418

まあるく、くるりんした梅の枝も見事に開花scissors

Dsc_0414

淡いピンクの梅も可憐な姿で咲き、梅の香が鼻をくすぐる

Dsc_0419

梅園を出ると丘陵広場があり、彼方に見えるのは落葉した
Dsc_0429

メタセコイアの林

Dsc_0433

広場には蝋梅が咲いていた。

Dsc_0435
広場から水路のあるバラ園に行ってみた。
Dsc_0437

バラ園入り口にはミツマタの花が咲いていた。

Dsc_0440

バラ園のバラはきれいに選定されて春を待っていた。薔薇の畑の土はメタセコイアの落ち葉が覆い尽くしている。

Dsc_0442
斜面を下る人造水路の終着点は2重の円形。北公園内部のあちらこちらは円形がコンセプトのようなデザインで、園内を歩いていると心もまあるくなりそうな、そんな感じがしてくることに今回初めて気が付いた。

Dsc_0443

こちらの水路は苔むした岩や石が両側に、水流が段々を小さな滝のように流れ落ちてくる。水路のこの先は又次回に。

              (1月27日相模原北公園にて)

寒梅の前日は相模が丘で買物ついでの桜並木公園散歩

Dsc_0386

植え込みの向こうで物音がするので覗いてみたらニャンコがご飯をたべていたcat

Dsc_0388_2

そっと近づいてみたら、植え込みと石塀の狭い空間に沢山のご飯がまかれて、ニャンコは美味しそうにお食事中。ちょっと迷惑そうな顔をされてしまった!ごめんねcoldsweats01

Dsc_0390

新しく植えられ育っている桜の枝を見上げてみたらシロハラらしき小鳥が枝の上で羽を休めていた。梅の後は桃に桜。春待つ心が逸るlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年の瀬に心安らいだ散歩のひと時♪

2015.1.27(火)sun今日も暖かな午後だった。

世の中では日々様々なことが起こり、ニュースとなって流れ、世間を賑わせている。人命の尊さというものが、これ程までないがしろにされている昨今。

優しさや思いやり、人の命の尊厳を蔑ろにしない。そんな当たり前の事が忘れられてしまったような日々流れるニュースの数々。そんな現実がとても寂しい。

  clover 豊かな自然の中に温もりが 

Dsc_9420

買物前に歩いた谷戸山の年の瀬

Dsc_9423

自然のもたらす景色は日々変化している。葉は落ちて実がなり、やがて芽吹き、新しい命が育ち始める。

Dsc_9424

赤く燃えた紅葉も最後の輝きを放ち

Dsc_9425
観る者の心に温かなひと時の幸せをもたらす。

Dsc_9429

畑には冬の作物が、畝の中には新年を迎える葉ぼたんも

Dsc_9433

秋の名残が風に揺れ

Dsc_9441

天高くから太陽が照らし出す

Dsc_9442

美林というに相応しいこの季節の午後

Dsc_9443

東屋を取り巻く景色も温かみをもって包まれる

Dsc_9445

大好きなススキの群生目指して木道を歩く

Dsc_9448

四季は常に巡り、同じ場所が時により全く違う景色となって現れ酔わせてくれる。

Dsc_9449

稲作の終わった田の向こう、枯れすすきと冬枯れに向かう林の木々

Dsc_9459

取入れの終わった畑で餌をついばむカラスや小鳥の営みは大切な命をはぐくむ。もうじきに巣作りや産卵の季節がやってくる。

Dsc_9461

斜面から眺める田のある場所は光と陰で2分された

Dsc_9463
更に高台からは,大山や丹沢の山々の稜線、相模川のこちら側の街並み、小田急線の列車が走り抜けて行く様まで見えた。。

この日の谷戸山散歩に気忙しかった年の瀬のひと時が、心安らぎ満たされたことだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっぴり寒さが緩んで、公園散歩が楽しい日々♪

2014.1.26(月)今のところsun久しぶりに気温も高く暖かい。テラスに植えてあるカロライナ・ジャスミンの枝にも小さな蕾が膨らみ始めた。もうじき春が来る。後幾度かの寒さの後には桜咲く爛漫の春もやってくるcherryblossom

今日は3年前に88歳の誕生日を目前にして他界した亡母の誕生日だ。生きていれば今年は91歳を迎えていたはず。晩年を我が家と近くのホームで過ごした母の遺品がまだあちこちに。お仏壇には微笑みを浮かべた遺影が残る我が家には母の思い出がまだまだ根強く残り、折に触れ心を慰めてくれる。

  sunこのところの好天で青空が

Dsc_0294

明るい日差しを我が家の窓からプレゼントしてくれる。

Dsc_0310
時々眩しくなってカーテンを引くけれど植物達にとっても有難い恵み。

Dsc_0304

明るい陽射しが降り注ぐ中、お掃除の合間にJAZZを聴くnote

Dsc_0307

目の前の公園の木に出来た紫色の沢山の実。年明けとともにやってきた雀より少し大きい小鳥の軍団がわずか2・3日で一粒残さず、すべて食べつくしていったeye

 好天の午後は芹沢公園散歩

Dsc_0016
青空に白い雲

Dsc_0020

通りすがりの建物の屋根から下がる植物に実が生っているのか2羽のヒヨドリがしきりについばんでいた。
Dsc_0143
公園内で愛犬たちと散歩をする娘にばったり。大きなマスクをかけた娘は「風邪だからあまり近づかないでね」とかすれた声でwobbly。短い時間の触れ合いだったが、近くに住めばこその嬉しいひと時lovely

Dsc_0024
冬枯れの木立の下に咲く葉牡丹

Dsc_0028
歩を進めると少し先の歩道沿いの茂みに猫がうじゃうじゃcat数えてみたら6匹もeye
Dsc_0029

この子はもう何度か見かけている。

Dsc_0032

ここで餌をくれる人を待っているのか、

Dsc_0033

寝ていた猫も起き上がりウオーミングアップ。困ったことに持ち合わせも無くて「ごめんね」もう数年猫を見かけることなど無かった園内に猫の姿が増えている。捨てられたのか、そして新たな命が生まれたのか、みんな仲良く固まっている。「又ねニャンコ達」cat
Dsc_0034
何時ものように公園工事現場を眺めてから

Dsc_0038

駐車場に戻る。子供の遊ぶ広場には明かりが灯り始めていた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

成城で聴いたJAZZ LIVEの夜♪

2015.1.22(木)rain朝から冷たい雨。このところのふるえるような寒さ。幾らか気温は高いという今日も冷たい雨の様子に外出する気にもなれず。昨日も寒かったが、天気予報の今日の雨が気になり買い物や外での用事は済ませておいたので今日は一日のんびり。

Dsc_0262

少し前から蕾が出来始め開花した我が家のミニバラ。花の命は短くて外側の花弁はもうこんなに開ききってしまった。

  event 久しぶりのliveに note 

Dsc_0127

上の案内状が届いて知った我が家における今年一番目のJAZZライブ。

「成城響きあう街」第11回

NEW YEAR JAZZ CONSERT IN SEIJO

中村健吾 MEETS 秋田慎治&GENE JACKSON   

Dsc_0178
当日の成城ホールはほぼ満席だった。開演前の舞台。舞台は2部構成で、よく知られたスタンダード・ナンバーから中村さん秋田さんのオリジナル曲など何か心安らぐ曲想に癒されるような気分になれて。ファーストステージ最後のサマー・タイムは何度聴いても飽きることのない大好きなナンバーnotes

中村さんの司会進行は軽妙で、映画「ティファニーで朝食を」からの"ムーン・リバー”を演奏する際、「ティファニーって朝食は食べられないんだよね」とドラマーのGeneさんとユーモラスな会話を交わして笑わせてくれたり、心和む楽しいライブ会場だった。

Dsc_0179_2
終了後のCD販売とサイン会の中村健吾さん

Dsc_0181
DramsのJene Jacksonさん、カメラを向けるのでscissorsサインを送ったらscissorsサインを返してくださったhappy01

Dsc_0182
すぐ後に、多分プロカメラマンの方が三人にカメラを向けるとメンバー揃っていいポーズだったのに撮りそびれてしまったけれど、こんな自然な様子もいい感じwink

Dsc_0183
もう一昨年になってしまった相模大野の伊勢丹で初めて生演奏を聴かせて頂いた秋田慎治さん。その日のステージの事をお話したらよく覚えてらして「あの時は小山太郎さんと佐藤慎一さんと一緒に、もう一昨年のこと・・・」と毎日のようにこなしておられる音楽活動の中のメンバーや出来事を瞬時に話だされるという抜群の記憶力に驚かされてしまった。こちらの記憶力は後退するばかりのに・・・・coldsweats01

Dsc_0185

楽しかったliveの帰り道。外に出ると冷たい風吹く寒い夜のこと。早く家に帰りたい。駅近くの駐車場に一目散。途中目に入った成城の街中のお店。

Dsc_0192

この日購入した中村健吾さんのCD。サインは金色のペンでCDに書いてくださった。そのサインの見事な美しさ。残念なことにペンの文字がこすれると消えそうになってしまいそうなことに気付かず一部欠けてしまったweep

愉しかったJAZZの宵、一夜明けたころから又何だか体調不良に。寝込むほどではないので、生活はなるべく普通にしていたけれど、最近は夜の外出の後は疲れが残ってしまうという悲しい年齢にdespairsweat02

  tv大相撲テレビ前桟敷観戦で、益々体はだらける始末。

Dsc_0272

けれどこのところのお相撲人気は凄いの一言scissors

初日から今日まで一日も欠かさず満員御礼となって、客席には女性客の姿も昔では考えられない程増えている。33回目の優勝をかける横綱白鵬は今日まで連勝。若手の遠藤や逸の城など、今場所は目だった成績ではないけれど、彼らも相撲人気を盛り上げている。けれど一番は力士の皆さん一人一人の心意気伝わる対戦の姿勢が、TV観戦でも伝わってくるような高い意気込みに溢れていて、観る者の気持ちも一生懸命になってしまうのかも知れない。

Dsc_0291

お相撲を熱心に見ながらもテレビの前の眠る猫に誘われるように時折うたたねをしてしまうというここ数日の情けないことsweat01

その初場所も残すところあと3日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

家族交流に、年末の公園散歩など♪

2015.1.16(金)suncloud 朝方晴れていたお天気は少し曇り気味。このところ少々睡眠の安定が保てず寝つきが悪かったり、夜半に目覚めてしまい中々眠れなくなったりと、日中出来るだけ動き回っても改善されなかったり・・・・・sweat02

昨日はお正月に会えなかった孫息子、そして息子と孫娘がそれぞれ偶然にも立ち寄り、久しぶりに若者二人と息子を交えてテーブルを囲み昼食。いつにない賑やかで楽しい時間を過ごすことが出来た。

孫二人はもうすっかり大人。自分達の人生のこれからをしっかり考えながら日々を重ねている様子が伝わってきて彼らのこれからが益々楽しみ。息子は大きな仕事を抱えて疲れを見せながらも仕事で一緒に来られなかった妻とも助け合いながら幸せな日々を過ごしている様子。

  catニャンコに出会った公園散歩cat

Dsc_9649
ひと月近く前に立ち寄った買物前の芹沢公園散歩

Dsc_9656

秋ごろから時折猫の姿を見かけるようになってきた。少し遠くの方から見えた園内斜面によく似たねこが2匹。

Dsc_9660

園路を歩き近くまできたら、若く見える猫の方が、こちらを向いてニャーニャーcat

Dsc_9664

それ以上近くに来なかったので手を振って園内散歩を続けてから元来た道を戻るとニャーニャーちゃんが、崖の斜面で日向ぼっこをしていた。大人に見えるもう一匹は近くの茂みでお尻を向けてまあるくなって伏せていたcat

Dsc_9666

山茶花が見ごろだった。

Dsc_9668

芹沢公園の工事が進行している。どんな風になってゆくのか

Dsc_9669

楽しみに現場を見に来てしまう。

Dsc_9670
葉を落とした木々
Dsc_9673
まだ名残の紅葉も見られた。暮れの中頃

Dsc_9679

ハート型の植え込みも赤かった

Dsc_9689

常緑樹でない木の葉はこうして散ってゆき土に帰ってゆく。春が来れば芽を出し、やがては緑の葉を広げる。季節の営みを日々観察できる自然公園散歩の楽しみは尽きない。

catそして、この近隣の公園にも猫の姿が増えてきている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初詣帰りの散歩が、更に心豊かに温めてくれた♪

2015.1.9(金)sun元旦の雪の日以降、割合過ごしやすい日々が続いている。新年早々の体調不良もだいぶ回復。今日はお寝坊の上、更に2時間もの惰眠をむさぼるという始末で、これ以上体を甘やかしてもと思い、夕方暗くなる前にご近所散歩。日暮れもいくらか遅くなりつつあり、春待つ気分が高まってくる。

年明け早々、パリの銃撃事件、国内では家族通しの諍いなのか身内の命を奪うという悲しい事件が増えているが、それに限らず人の命をいとも簡単に奪うということがこんなにも短絡に起きること自体、人々の心は荒廃してしまったのだろうかとニュースに接するたびに寂しい気持ちに襲われる。

 club新年は初詣の後、神社の近隣散歩

Dsc_9970

鳥居の外に出たころは日暮れも近かった

Dsc_9973

鳥居の並びには昭和の風情漂う建物の姿に心惹かれる

Dsc_9974

鈴鹿の名を冠した製材所さんの建物。

Dsc_9976

すぐそばに立てられた散策マップ。

Dsc_9978

道路入り口にも案内の文字

Dsc_9983

湧水が流れる小川

Dsc_9984

澄んだ湧水の川底が美しい

Dsc_9985

近隣の住宅地を歩いてみる

Dsc_9986

お寺のようなお庭

Dsc_9988

座間市にはいくつかある湧水の里

Dsc_9989

その水流の上で回る水車は

Dsc_9991

かって養蚕が盛んだったころの貴重な動力源であったそうだ

Dsc_9993

前にも別のコースから歩いたことはあったけれど

Dsc_9994

何だか懐かしくなるような

Dsc_9995

美しく保たれた街並みの中

Dsc_9996

懐かしい日本映画の一場面の中を歩くような気分で。

Dsc_9997

通りに出る。この通りは藤沢街道。この右手が

Dsc_0003

先にお参りをした鈴鹿明神さん。神社には明かりが灯り、間もなく日は暮れる

Dsc_0014

帰路の車内から見えた満月に近い月と赤信号のコラボを見ることが出来たwink




| | コメント (2) | トラックバック (0)

初詣は鈴鹿明神さんに

2015.1.7(水)sunたりcloudったり

年明けて早くも7日目を迎えている。これということもなく休みながらのお正月。それでも4日の夕方、いくらか疲れも癒えたと思い初詣に出かけた。

Dsc_9933
四角のトンネル内が何故か真っ赤sign02

Dsc_9936

ここは車を停める場所が確保されているので有難く利用させていただいて。

Dsc_9937_2

駐車場から見える境内からは初詣の参拝者が順に打つ鐘の音が聴こえてくる。

Dsc_9941

今年も鈴鹿明神さんに初詣

Dsc_9942
まずは拝殿にお参り

Dsc_9945

パパ・ママのお参りを待つ子たちかな?

Dsc_9944

境内には絵馬やお御籤が結ばれて

Dsc_9949

あちらにもお御籤

Dsc_9951

こちら側はもっとすごい数。沢山の人々の願いが込められたこの年への願い。めでたく成就しますように。

Dsc_9952

拝殿も鐘楼も順番を待つ人の列が長く伸びていた。

Dsc_9953

まだお御籤を頂く人たちの姿も

Dsc_9954

今年も出店が参道の両側に昨年と同じように並んでいる

Dsc_9956

金魚すくい、やってみたいけれど懐かしい気持ちで見物

Dsc_9961

池の鯉

Dsc_9966

厳島神社のお社は池の中にある。

Dsc_9965

鯉たちはお社の池の中、ゆうゆうと泳ぎまわっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年初春、今年もよろしくお願いいたします。

2015.1.5(月)sun

新年あけましておめでとうございます。

本年も変わりませずどうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶がこんなに遅くなってしまいましたが、無事にお正月は過ごしておりました。けれど、暮れからの片付けや買い物など、何やかやが、今年に入りどっと出た疲れからくる肩こりに首が回らなくなってしまってsweat01これまでに経験したことが無いような不調で、いつもはヨガで体を動かせば、軽く治ったような状態なのに、不調が2・3日続いてしまい、確実に又一つ年齢が上がったのだという悲しい現実と対面のお正月でしたweep 

新年の花は毎年あまり変わり映えしないけれど、

Dsc_9916

暮れの花やさんで見つけた桜の枝!春が待ち遠しく共に活けてみたら

Dsc_9873

お元日から粉雪がぱらつき始め、直に大粒に変わり

Dsc_9876

短時間で積もり始めた。

Dsc_9878

暮れに刈り込まれた敷地内の木々やその向こうの公園の木々の上も冠雪

Dsc_8593

幸い翌日にはこんないいお天気で、すっかり葉を落とした公園の木の枝にはムクドリたちが羽を休めたり

Dsc_8594

飛び立ったりするほどのいいお天気となり、雪はほぼ溶けていた。

Dsc_9887

桜の蕾はほんの少しほころび始めたcherryblossom

Dsc_9906
夕方の空は赤く染まった。

Dsc_9911

翌日の3日は例年通り家族が集まり賑やかなお正月。

娘夫婦、息子夫婦、孫娘達と元気な顔が揃い、いつも通りの楽しい新年となった。孫息子だけが今年も新年から忙しく顔を合わせることが出来なかったが、時間が出来たら顔を見せてくれるとのこと。
お正月料理は年々手抜きとなってきて、栗きんとんも作らなくなり昨年からは市販のもの。何とか作れたのは、黒豆とお煮しめに数の子、後はスペアリブの煮込み、小ぶりのローストビーフが不出来だったが、サラダにお吸い物。もう一品作るつもりだった魚料理は中止してしまったが、娘夫婦が握ってきてくれたお赤飯と野沢菜の入った大量のお結びと、油を使わない鶏のから揚げが好評で、全員満腹に。そういえば写真を写すのも忘れてしまいと、散々食べ散らかした後に気が付いたところでパチリ・・・・coldsweats01
Dsc_9925

桜の種類は分から無いけれど寒桜の一種なのでしょう。少しずつ開花している。

新年早々の雪、その後はお天気はいいけれど、寒い日が続いて、この後も又更に寒くなりそうな。風邪に気をつけて、温かな春が来るのを待ちましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »