« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

冬の桜も咲く相模原公園の紅葉♪

2014.11.30(日)sun朝から晴れた日曜日。近隣の紅葉は見頃となっていることだろう。

 maple相模原公園の紅葉も素晴らしかったmaple

Dsc_8768

公園広場の奥まった場所から、反対側を眺めると、紅葉した木々の手前に咲いている花はもしかしてsign02広場を横切り傍に行ってみると

Dsc_8772
桜だったscissors

Dsc_8769

冬桜が開花していたcherryblossom

Dsc_8770
紅葉見物しながら見られた桜の花に思わずラッキーheart04
Dsc_8775

山茶花も開花

Dsc_8777

イロハモミジも、この日から6日目になる今日はもっと赤く色づいているかも知れないmaple

Dsc_8779
冬を迎える前の温もりある空間を歩ける幸せheart01
Dsc_8783

最近できたのだろうか、お抹茶を頂ける茶店が、

Dsc_8785

豊かな自然が織りなす庭園内で野点を楽しむことが出来るjapanesetea

Dsc_8786

茶店内垣根の傍に出来たろうやがきの小さな赤い実

Dsc_8787

誰でも休める休憩所窓越から見えた紅葉は

Dsc_8788
近くにいけばこんなに見事maple
Dsc_8790

日本庭園を模した入り口の門構えを覆い

Dsc_8792

見事な錦秋の美がここにあったmaple

広い相模原公園の正面入り口を入り、左手に歩を進めると見えてくる場所を、逆の方向から歩いてきてみて、この季節以外は気にもしなかったこの辺りの紅葉の見事さに出会えた事が何より嬉しかった。

日曜日の今日も大勢の人で賑わっていることだろう。雲の多くなった午後のお天気が気になるところだけれど、何とかお天気持ちますようにsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコと家族で芹沢公園散歩♪

2014.11.29(土)cloudraincloudと、余り寒くはなかったけれど、変わりやすい空模様。買い物に出ようと思えば雨が降り出し、それでも雨仕度をして買い物に出かけて、帰宅するころには止みそうで、その後は又雨が降ったようで地面は濡れている。夜になり窓の外の空を見上げると星が出ている。思わずテラスに出、久しぶりに夜空に輝く北斗七星を見上げた☆☆ ☆☆☆ ☆☆ 

dog初めて会った柴ちゃんを囲んでワンコパーティーdog
 

Dsc_8810

一昨日の午後、急に息子から「これから芹沢公園に犬が4匹集まるから来ない」と連絡が入った。急ぎ昼食を済ませて駆け付けると、居ましたよ。息子は新入り君にカメラを向けて。私達は写真しか見ていなかったので、この日は初対面dog

Dsc_8832

息子達のパピヨンは大きい仔が10歳になるブギ、女の子。小さい仔は妹分のモップ。ブギはジイジのお膝の温もりを覚えているのか立ち上がって前足を上下に泳がせ、モップもマネをする懐っこさdog

Dsc_8827
お天気はよく、この日は、園内の草刈りが行われていた。この日は我が家のある敷地内の雑草も業者さんの機械で刈り取られ、近隣の会社や工場内外の草刈りもあちこちで見られた。年末おさめの仕事が片付けられてゆく季節だ。
Dsc_8828
そんな園内を親子と孫の5人にワンコ4匹でお散歩

Dsc_8838

ここで、ちょっぴり事件が。誰かさんが怪獣の乗り物を力いっぱい揺らしてみると、新入り柴のリン君が怖がって逃げてゆく。

Dsc_8840

姉のさくらと、怖がりの新入り弟となったリン君。生後6ヵ月にはまだ届かない。知らないことのほうが多い世の中で、出会った恐ろしい怪物だったのかも。これより前に出て怪獣に近づくなんてと、歯を食いしばり踏ん張っている。さくらはさすがにお姉さん「いつもの強がりはどうしたのよ」といわんばかりに後ろで落ち着きながらも、弟をそっとフォローhappy01

Dsc_8848

山道から坂道に出て、更にお散歩

Dsc_8853

切り倒された木々の向こうから煙が出ているので何かしらと行ってみた。朝方まで降った雨で湿った木が日に照らされて、苔むした丸太の表面から水蒸気が立ち上っていたのだ。

Dsc_8854
太陽は、木々の間をぬって射し込み、地表を温もりある木漏れ日の道にしてくれたshine
Dsc_8861

菖蒲の田はきれいに刈り込まれ、ワンコのお散歩広場に変身dog

Dsc_8864

木道はワンコたちのステージに変身。ブギとモップはモデル慣れしているけれど、リンは意味が分から無いようで・・・・sign02

Dsc_8881

集合写真も4匹が中々揃わず、その上、家族の視線もカメラに集まらないcoldsweats01

Dsc_8899

遠くにお他所のワンちゃんの散歩姿を見つけると、姉妹の視線はそちらにくぎ付けeyeeye

Dsc_8905
人もワンコも何だか楽しそうに戯れているhappy01

Dsc_8909

じゃれてるモップに、姉弟ワンコも仲良く・・・・

Dsc_8918

と思いきや、突然ウーウー言いながら、戦い始めた。けれど、本当に噛みつくことは無いようで、直におさまったけれど、この2匹の顔といったらcoldsweats01

Dsc_8923
ワンコたちも少し疲れたようで、そろそろ引き上げる時間。久しぶりに家族で顔を揃えることが出来た暖かな初冬の午後は、それぞれ忙しい時間の中で生まれた楽しいひと時だった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

相模原公園、紅葉の水無月園から公園内広場へ♪

2014.11.26(水)rain今日も寒い朝を迎えた。外は雨sweat02

 maple水無月園を見下ろしながら

Dsc_8736

秋の豊かな彩りに囲まれた池に菖蒲田

Dsc_8732

きれいに刈り取られた田。畔には山茶花咲き、高台の木には色付いた蔦が絡み

Dsc_8739

オレンジ色のメープルは風にそよぐ。

Dsc_8741

戻りかけた水無月橋の途中から振り返ってみると、緑の合間の色付いた木々が別れを告げるかのようにそよいでいた。

Dsc_8738
空は急に青空となり、橋の下の道路まで明るく照らしだす。黄金色の銀杏の向こうは公園の広場。
Dsc_8748
赤く赤く染まった楓maple橋を渡り、斜面の道を下り広場に戻りかけ見えてきたのは
Dsc_8750

落ち葉の中にくちばしを入れて何かをついばむ鳥達。最初は鳩かと思い、近づいてみたら

Dsc_8751

何と鴨ちゃんsign03少し離れた地面の上で、ついばんだ餌をたべている。この鴨ちゃんは何故か背中の羽を一枚ピンと立ててsign01

Dsc_8752

道を隔てた小川から家族そろって木の実を探しにやってきた鴨の家族。近くに居たお散歩中のわんちゃんが吠えても、鴨ちゃんたち揃って知らん顔のランチタイムだったhappy01

Dsc_8755

曇りがちではあったけれど、青空も出てきた公園内の広場。木々は色付き

Dsc_8756
自転車やテントも持ち込んで、家族連れが連休最後の一日を楽しんでいるメルヘンのような時。
Dsc_8757

秋景色が囲む中央には大きく育ったセージの群生

Dsc_8759

橋の上から見えた銀杏の木々を内側から

Dsc_8761

赤い葉は素敵なアクセサリーとなり

Dsc_8763

常緑の木々の中で季節を演出し、役目が終われば冬ごもりに入る愛おしい木々たち。

Dsc_8766

樹木の表面が何とも言えずお洒落な秋模様

Dsc_8758

連休最終日のこの日も、何とか崩れなかった秋空に感謝scissorsこの後は少し遠回りして広場を横断しながら、もう少し散策を続けることに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立相模原公園内水無月園の燃える紅葉♪

2014.11.25(火)rain3連休が終わった途端の冷たい雨模様。

遠出こそしなかったが、近隣の公園散歩で楽しむことが出来た秋の紅葉。

  maple県立相模原公園の紅葉maple

Dsc_8683

園内入り口を入ると目を見張るような紅葉のお出迎えscissors

Dsc_8685

園内売店兼茶屋「国界」の建物も風情ある紅葉に囲まれて

Dsc_8684

アーチをくぐれば季節の花が元気に咲き誇り

Dsc_8686

正面には青いベンチが待っていた。ツー・ショットには持って来いの素敵な演出camera

Dsc_8691
最初は、右手にある水無月園に行ってみることに。
Dsc_8694

途中、見事に染まった錦木を見ることが出来たscissors

Dsc_8697

植え込みの向こうには赤く染まった木々と、つかの間の青空が広がった

Dsc_8709

季節外れの菖蒲園ではあるけれど、真っ赤な楓がまさに見頃maple

Dsc_8692
寒木瓜の花

Dsc_8714

水が引いた菖蒲田は枯草が生い茂るも楓の赤は見事な色付き

Dsc_8716

木道沿いの枯れた枝に、赤い蔦の葉が絡みついていた

Dsc_8718

楓の根元近くに咲いているのは山茶花のよう。

Dsc_8721_2
真っ赤に燃える紅葉の下の石段を上がった向こう側には更に大きな菖蒲田や池が広がる。水無月の菖蒲も美しいけれど、季節外れのこの紅葉の素晴らしさは予想を超えていたmaple

Dsc_8737

水無月橋の向こうに見えるお馴染みの煙突。

Dsc_8727

楓の種類によっては、染まり始めた色の変化の美しさも楽しませてくれるmaple

     神奈川県立相模原公園にて。11月24日撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師池から薬師堂にお参りに。

2014.11.23(日)sunこの連休はあまり寒くなく好天に恵まれて喜んでいたら、昨夜は長野で大きな地震があり、家屋の倒壊やけがをされた方々も出て、気象はどこに居ても全く油断できない事を思い起こさせてくれる。

 被害に遭われた地域の皆様には、心からお見舞い申し上げます。

maple束の間の美を忘れることなくもたらしてくれる秋maple

Dsc_8499

冬を迎える前の、この短い輝く秋の幸せを大切にしなくては

Dsc_8503
よく晴れた温かな午後の木の枝に居るカラスだって、Dsc_8504

ふっくら心豊かに池を見下ろし楽し気だsign03

Dsc_8505

お薬師さんにもお参りしてゆこう。小高い山道を楽しく歩く癖をつけてくださったのはお薬師さんのお蔭かもしれない。
Dsc_8506
参道際の東屋にも暖かな日の光が届いている。
Dsc_8509
参道からは古民家の屋根が見え、
Dsc_8512

紅葉に、青々した椿の木

Dsc_8513

青空の下で、仲良く揺れている。「次は私たちの番ね」椿が呟いたかもしれない。

Dsc_8514

薬師堂前の樹齢何百年という大銀杏の黄葉は、まだ始まったばかり。もう少しすると境内一面が黄金色の銀杏の落ち葉に埋め尽くされる。

Dsc_8518

お参りを済ませて石段を下る

Dsc_8520
斜面から張り出した木の根元は色鮮やかな落ち葉の吹き溜まりmaple
Dsc_8522

参道からは再び薬師池の景色を楽しみながら・・・

Dsc_8523

池の向こうは見事な紅葉。寒い冬の間、雪の重みで折れないように冬囲いされた松の木と手前は梅園の梅の木々。
Dsc_8528

大銀杏と赤い楓の温もりが今少しの間水面を包みこみ

Dsc_8529

秋の日の幸福時間をもたらしている。

Dsc_8531
もうじき迎える寒い季節に抗うように、赤や黄色に染まった木々ともそろそろお別れ
Dsc_8532

近くでお散歩するワンコを怖がることなく芝生の上を歩き回る人慣れしたカラスの子。










| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年も出会えた薬師池の美しい紅葉♪

2014.11.22(土)sun今月2度目の3連休、初日もいいお天気に恵まれた行楽日和scissors

 maple紅葉狩りには絶好のチャンスが到来している。東京町田市の薬師池公園の紅葉も下記の写真の日から3日が過ぎて、更に彩りも深まり美しい輝きを見せていることだろう。 

Dsc_8469

池を囲む紅葉の色はまだ少し浅かったが、水面に映る緑とのコラボに感動maple

Dsc_8475

池の左手奥に向かう菖蒲田周りの木々も赤く染まり始めて。ケア施設から職員さんの付き添いで、沢山の見物客が来園されていた。

Dsc_8481

美しい紅葉を見上げてさぞ楽しく感動のひと時を味わえたことでしょう。

Dsc_8482

もう少し奥のほうまで散策が続く方達。

P 大変有難いことに、園内には介護用などに特別設けられた駐車場もあるので、ケア施設の大型の車も安心して入ることが出来る。勿論私的な車いす利用でも電話確認をしておけば、その駐車場を利用させていただくことが出来た。

wheelchair数年前、紅葉シーズンに入る前に生前の母と私達夫婦に息子の4人で訪れ、車いすを押しながら池の周りを散策した日を懐かしく思い出した。母は久しぶりのドライブで初めて訪れた薬師池の景色を見るなり大満足だったようで、帰りの車に乗り込むまで笑顔が途絶えることが無かった。こんなに美しい紅葉の時期にも連れてきてあげられたらよかったと悔まれるけれど、その後「どこかに行こうか」と言っても「容易じゃないわね」と応えるばかりとなり、この頃から母の体調は徐々に衰弱していったのだった。

Dsc_8483

太陽の光を浴びて透ける赤いmaple

Dsc_8484

照らし出された木々の豊かな彩りに心膨らむheart04

Dsc_8485

彩り豊かな紅葉の枝

Dsc_8486
紅葉の枝からぶら下がったジョロウグモ。
Dsc_8488

風情ある薬師茶屋さん。お団子がとても美味しいjapanesetea

Dsc_8491
この連休は池の畔の赤い色は更に深みを帯びているかもしれない。そして水面も真っ赤にmaple
Dsc_8494

大銀杏の黄金の輝きも今が見ごろ。

Dsc_8495

池の畔で毎年一番早く色付き始める楓の木は、すでにこんなに赤く燃えているmaple

Dsc_8496

眼鏡のような太鼓橋eyeglass

        町田市薬師池公園 11月19日撮影





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年薬師池公園、紅葉は見頃を迎えていた

2014.11.21(金)sun太陽の光が眩しい程の好天scissors昨日の寒さから一変した日差しに洗濯物を干しながら目がくらむ。この季節、もう直にも乾きそうな太陽の恵に感謝しなくちゃ。

  maple薬師池の紅葉は太陽の光に輝いていたsun

Dsc_84681

思いがけないお天気に誘われて、一昨日昼過ぎに出かけた薬師池公園。早くも冬囲いされた松の木が向こうに見える。紅葉は見頃を迎え初めていたmaple

Dsc_8425

入り口近くの蓮田は手前が刈り取られた後の泥だけになっている。

Dsc_8428
折からの午後の光に照らされた枯れた蓮の葉は黄金に輝いていた。
Dsc_84291

田んぼ沿いの通路際に咲く山茶花は満開sign03

Dsc_8434

そして石段両側の萩はすでに終わり黄色い輝きとなり、前方には輝く黄葉が青空に映えて、池までの散策路に期待が高まった。

Dsc_8438

右手の小高い山越しに届く輝き

Dsc_84401

行く道も、早くも散歩を終えて戻る道も紅葉見物の午後はにぎわっている。

Dsc_8442

太鼓橋のこちら側の水面に子がもが一羽。水中に潜ったり水上に出てきたり、彩り豊かな水面に輪を描く。

Dsc_8443

大銀杏は黄金に、楓は赤く染まり、池の水は冬が来る前の束の間、温かな色に染まる。

Dsc_84442

それは自然界から贈られるこの季節一番の温かな贈り物maple

Dsc_8445

勿論青空だって負けてはいない。

Dsc_8449

太陽の光がレンズ内に入り込み乱反射suncamerasign03

Dsc_84511

池の周りはどんなだろう?何度来ても飽きることのない薬師の四季。特にこの秋景色は外せないmaple

Dsc_84671

三脚の上の巨大なレンズの付いたカメラが何台も一点を見つめているcameraその先にはsign02

Dsc_8465

お馴染みのモデル、カワセミの姿が。カメラマンの方々のお邪魔にならないように急いでパチリしたけれど、画面右下の方の岩に同化したような姿しか捉えられなかったsweat01

Dsc_8464
同じようなもう一枚は、カワセミが餌を目がけて水中に向かう瞬間だったが、これも何だかよくわからないかなcoldsweats02

camera 野鳥の写真は通りすがりに写せるような写真で無いことだけは、しっかり学べた午後。この日のカワセミは岩の上にかなり長い間待機しては餌を取り、その上モデルまで務めていた。見事なカワセミ君に降参ですcoldsweats01

薬師の紅葉散歩は又次回にも。

秋の紅葉の季節、薬師池の紅葉は明日からの3連休、まさに見頃となりそうでした。

           町田市薬師池公園 11月19日撮影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒かった日曜日は"おおのジャズ”を聴きに・・♪

2014.11.20(木)cloud 昨日は割合暖かかったのに今日は寒いこと。

  noteおおのジャズ JAMCOLLECTION2014note

今年も相模大野の各所に設けられた特設ステージで、JAZZが聴ける嬉しい2日間。昨年は、伊勢丹で開催された秋田慎治さんや守屋純子さんのトリオ演奏に2日間通ってしまつたけれど、今年は16日(日)午後だけちょこっと。クリスマス・ツリーが飾られたボーノ前の広場。この日は風の冷たい午後だった。薄手のコートを羽織っていてもひんやり寒くて、ミュージシャンの皆さんは、一番風あたりの強い場所がステージで、さぞ寒かったことと。

Dsc_8353
そんな中、スタンダードナンバーを中心に熱演note

Dsc_8347
鈴木正浩(Gt)カルテット 苅部真由(Org)金澤浩一(Ba)寒さで手がかじかむようで、時折温める様子もあったが、演奏が進行するにつれ寒さも忘れたような熱演となっていった。

Dsc_8345
豊田一樹(Drs)
Dsc_8358

Dsc_8359

夕方近くなり、ツリーにも明かりが灯り

Dsc_8374

Cジャン・ブルースなど、こちらも大いに乗せられてhappy01 せっかくの演奏なのに、寒さのせいか観客の姿は残念ながら余り多くなかった。JAZZを聴く年齢層はやはり少し高いようであり、それでも熱い応援の拍手が続いていたnoteステージ後、寒さの中での薄着で熱演を聴かせてくれたオルガンの苅部さんにお礼を伝えながら握手。思わず腕をさすってあげてしまった。腕のいい若手のジャズ・マンが増えてきている。もっともっと若いジャズのファンが増えますようにscissors

昨年の開催は確か10月だったのに、今年は1か月遅い開催。伊勢丹以外の会場全てが屋外だったのだろうか。雨天の場合の予備会場などの手配もされていたのだろうか。無料コンサートとはいうものの、貴重な町おこしの祭典でもあるだけに、ミュージシャンの方達や観客の健康も考えての配慮も大切な気がした今回のおおのジャズだった。

Dsc_8378
ボーノ会場は相模大野駅近く、すぐ傍を小田急腺が走り抜けてゆくtrainこの日の一週間前にも大野に来て、息子たちと食事やジャズ・バーに行き、通りを歩いていて見つけたおおのジャズ開催のポスター。そして、一昨日も日中の用事は相模大野まで行って済ませてきた。幸い地元から近いので苦にならない距離。この駅周辺の便利さは癖になりそう。

Dsc_8382
ボーノ広場側入り口付近のショーケースもクリスマス・モード

Dsc_8393

帰りの車内から見えた花屋さんもsnowxmasモードが漂い、楽しさと同時に気ぜわしさを感じる師走が近づいてきている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高倉健さん安らかに。

2014.11.18(火)

  高倉健さんが逝った。

 ご冥福を心からお祈りいたします。 

                合掌  

Bbeoolo1

TVのコマーシャルに、健さんのお元気な様子が流れていたので、まさかこんなに急な訃報が今日耳に入るなんて信じられない位の驚きで・・・・・。子供のころ、毎週のように通った東映の映画館で、東映の第2期ニューフェースとして、映画が始まる前のニュースなどの前後だったかに、他のニューフェースの方々と共に紹介されていた若く爽やかな笑顔の健さんの姿がうっすらと蘇ってきた。

数々の映画賞受賞に、昨年は俳優として文化勲章も受賞された。

日本映画界に素晴らしい足跡を残し、多くの人の心の中に、その演技と男らしく生き抜き悔いなく逝った健さんの姿は、深く刻まれることだろう。

プライベートな部分を公開しなかった健さんらしく、世間を騒がせることなく"生ききった安らかな笑顔”で旅立ち、本人の意思による密葬も済ませた後、日をおいて今日の発表となり、それは最期まで高倉健さんそのものであったように思える。

長い間本当にお疲れ様でした。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の公園散歩は蜘蛛観察やら猫との出会いも♪

2014.11.14(金)sun朝晩がめっきり寒くなってきたcatface

幸いなことに日中はいいお天気で、今日も雲一つないくらいの空。久しぶりに家族二人でお掃除や窓拭きに精を出して、暮れの負担が少なくなるよう努力出来たかもhappy01

tv夕方は大相撲九州場所をTV前桟敷で。連日熱の入った取り組みが続き、お相撲さん達の真剣勝負に目が離せない。今日は何といっても負け知らずの横綱白鵬に土が付いたこと。高安は日馬富士に続き、今場所二つ目の金星だscissorsそして、鶴竜と逸の城の2分以上に及ぶ取り組みの末勝った鶴竜。先場所の悔しかった結果へのお返しのような見事な勝ち星scissorsまだまだ面白かった取り組みが一杯の今場所。

   maple日増しに染まる

Dsc_8171
ご近所の秋景色

  maple買物帰りの芹沢公園の木々も
Dsc_8174

少しづつ染まり始めているmaple

Dsc_8177

森の入り口の楓はまだ青く、黄色い落ち葉が色を添えて。

Dsc_8181

いつもと反対方向に歩くと民間の緑の畑。畔の木から伸びた蜘蛛の巣にぶら下がる蜘蛛

Dsc_8184

緑の葉が埋め尽くすほどよく育った大根畑

Dsc_8186

大根畑を見物してから元来た園内の道に戻り、崖を下らず軽いお散歩。

Dsc_8189

千日紅と赤いサルビアが元気いっぱい咲いていたbud

Dsc_8190

今年は随分沢山の木が伐り倒されて、見通しがよくなった入り口付近。

Dsc_8194

一般道路に沿って長く続く園内の道をゆっくり歩く。道の両側の色づき始めた木々が美しい静かな秋の散歩道maple

Dsc_8198

Uターンして戻る道、木陰に居眠り猫発見cat

Dsc_8202

近くに寄って、何枚かパチリするも、どれも薄目を開けた眠そうな顔。最後に一枚、やや瞼が持ち上がったところcateye”「邪魔してごめんね」coldsweats01

Dsc_8204

この季節は蜘蛛の巣が多い季節だけれど、この公園程は目につかない。写真に入らない位、離れた場所の木と外灯の間に長~い巣があるようで大きな蜘蛛と左の端の方にいる小さな子蜘蛛。拡大してよく見ると大きな蜘蛛の体の上にも右下の方にも小さな蜘蛛が。巨大な蜘蛛の巣は蜘蛛の大家族用だったsweat01

Dsc_8205

児童公園内の東屋の上もわずかに色づいている。

Dsc_8207
散歩道沿いの木々の下に、(何かしら?)と思ってよく見ると、老体にムチ打って生きたのだろう、寿命を終えた古木が悲しげな姿で横たわっていた。「お疲れさま」sweat02

Dsc_8208

carでの帰り道。日産工場の外周に、まだこれから咲く向日葵の蕾がお茶目に並び開花を待っている。元気にお花を咲かせる日も近そうネbud

 11月8日の座間市芹沢公園にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近隣の公園散歩で日々深まりゆく秋を楽しむ♪

2014.11.13(木)sun南の空には雲一つない爽やかな秋の日。久しぶりにケニー・ドリューのピアノ・トリオ演奏を流しながら寛ぎの時。

 maple秋が日増しに木々の葉を色づかせてゆく。昨日久しぶりに散歩に行った谷戸山のナンキンハゼが見事に赤く染まっていた↓maple

Dsc_8266

 cloverかにがさわ公園の10月は紅葉探し散歩を始めたころ、ついこの間のように思えるのに、もう3週間近く経っているcoldsweats01

Dsc_8008

斜面の下では子供たちの遊びの時間が続いていたtennis
Dsc_8003

桜並木の木々が地面に葉を落とし始めていた夕方
Dsc_8010

土手下の広場を眺めた。斜面の真ん中にある滑り台は何か危険があったのか、使用中止になっているようだった。

Dsc_8011

秋の日の残照が木々を照らし、輝く時間

Dsc_8012

子供たちは土手の上に自転車を置いてもうひと遊びbaseball

Dsc_8015

木の幹や枝が錦色の楓

Dsc_8016

赤く色づいた葉。上の2本の木は記念植樹されたという札が傍にあったcoldsweats01

Dsc_8019

緑濃い垣根の向こうでもよく目立つmaple

Dsc_8018

プラタナスの根っこ

Dsc_7935
前回会ったこの懐っこいニャンコに会えず残念だったcatface

Dsc_7998_2

夕方の光が気持のいいカニが沢10月の公園散歩だった

  bud同じころ、

Dsc_7953

まだ花が残っていた我が家のシュウメイギク

Dsc_7960

バジルの葉はまだ青々、イタリアンぽいお料理に役立ってくれていた。秋になると紫蘇のように穂が出て真っ白の花を咲かせる。そうして種を落とすはずだけれど、紫蘇のような繁殖力は無いようで、昨年一度だけ芽を出して、この位大きく育ったことはあったが、今年は芽が出なかった。苗を買ってきて大きく育てたけれど、そろそろお終いの時期。

数日前、スーパーの野菜売り場で新しい苗を見つけて買って帰り、2日程植え替えられなくて置いていたら、苗鉢の底に溜まった水で根腐れを起こしたようで、今回は多分育てられそうもなくて残念coldsweats02今は普通のパセリとイタリアン・パセリが大きく育ち、特に三つ葉のような形をしたイタリアン・パセリの葉をサンドイッチのパンの上に並べ、他の具材を何種類も載せても香りがよくてとても美味しい。最近のお気に入りdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZの街相模大野でJAZZを聴く♪

2014.11.10(月)sunよく晴れた過ごしやすい一日だった。冬の布団を出したり、合掛けの布団を干して仕舞ったり、洗濯ものもよく乾いてくれた。

  bud生命力の強さにびっくりeye

Dsc_8222

シュウメイギクによく似た花の大きさと形。これはホワイト・キューピツトbudここ数年の間よく咲いてくれていたが、夏前に育ち過ぎた葉が痛み始めたので大半の茎を抜いた。2・3本の茎がもしや生き返るかもと思って残し、抜いて開いた土の部分にはシュウメイギクを植えこんだ。2・3本残したキューピットの茎は嵐の時に折れてしまい、どうなるかと思っていたら折れた茎の先に蕾が出来、3週間以上になるだろうか。少しづつ大きく育ち、昨日花開いたscissors

Dsc_8225

こんなに折れ曲がった茎の先にsign02何て丈夫な子でしょう。ピンクのシュウメイギクの鉢に同居して咲いてくれるなんて感激lovely

Dsc_8229
太陽が赤い残照を残して沈んでゆく。夕方5時の空。

  xmas街はクリスマス・モードに染まり始めたxmas

Dsc_8210

相模大野の駅近「ボーノ」ビル前。

Dsc_8212

息子一家の誘いで、昨夜はここで待ち合わせ。

Dsc_8214

そして案内されたのは、ボーノの前あたりから横町に入り、最近見つけたという、中華やさんのようであり、お刺身などもあるという珍しいお店「とうがらし」さん。あまり広くない店内にお客さんが次々来店。息子が予約をしてくれていたので、奥の席に5人で着席。くらげとキュウリのお通しを頂きながら、夫々メニューを見ながらオーダーをして、取り分けて食べることに。味噌とクコの実が乗った柔らかくて美味しい大根もち、ニラ饅頭に、お刺身。何種類ものお野菜が盛り合わせになった温野菜。鶏のから揚げにビーフン。まだあったかな?そうそう、牛筋煮込み2皿も。5人のお腹にすべておさまってしまいテーブルの上は全て空のお皿だけとなり見事に完食の上全員満腹deliciousマスターとママさん二人の連係プレーで各席に次々出されてゆくお料理の早かったこと。店内に流れる音楽はJAZZだったnote

Dsc_8218

次は、「とうがらし」さんからほんの少し駅方向に歩いた場所にあるJAZZ&BAR「MONKS」さんへ。

Dsc_8220

細い階段を上がった2階のお店。突き当りのベースの後ろにはセロニアス・モンクの横顔が見える。右手のドアを開けて店内に入れば中はほの暗い空間が広がり、カウンター内には沢山の洋酒が並ぶカウンター・バー。カウンター席の後ろにはモンクの「ミステリー・オーソ」のレコード・ジャケットが飾られていた。真空管アンプの心地良い音で聴くJAZZ空間はマスターのお気に入りの空間でもあるのだろう。

リクエストを聞かれて、早速その「ミステリー・オーソ」をかけてもらった。音源はさすがにCDではあったけれど、同じCDを自宅で聴くのとはまた違うゆったりとした空間の中でモンクの世界に浸ってしまった。何故「モンクス」という店名にされたのかの質問に、若いころ最初に買ったレコードが「モンクス・ムード」だったとそのCDもみせてくださった。今の我が家には無いけれど、それも懐かしいアルバムだ。我が家にとっても「ミステリー・オーソ」は、結婚してすぐのころ買い始めたレコードの数枚目のもの。若かったころは本当にモンクが好きで、レコードやさんを探し回って、今は無いけれど青山にあったレコード店で見つけて手に入れた時は本当に嬉しくて、その頃のことが思い浮かび、JAZZの店で聴いているうちに、何故か涙が出そうになる位の感激となったcoldsweats01

Dsc_8221

息子夫婦と孫娘と5人の夕食とJAZZを聴けた夜は、久しぶりに楽しい一夜となった。息子もJAZZ好きではあるけれど、3人家族そろってJAZZ好きの両親の好みに合わせて企画してくれたこの夜は素敵な思い出になりそうだし、又いつかこのお店にも出かけてきそう。

神奈川に越してきてすぐの頃からは仕事をしていたので、その頃にこんな素敵なJAZZのお店が出来ていたなんてちっとも知らず惜しいことをしていた。隣町相模大野の街にはJAZZがすっかり根付いているようで、我が家からもそう遠くないこの街が今では本当に好もしいheart04

| | コメント (5) | トラックバック (0)

中国で開催中の男子フィギュアスケートで事故が!羽生選手怪我を。

2014.11.8(土)cloud日中も気温は低めで肌寒い一日だった。

秋はスポーツの季節でもある。今夜は途中からだったが中国で開催されているフィギュアグランプリの番組を観たpc 

日本女子は村上佳菜子が3位。男子の羽生結弦は2位だった。

  羽生選手にまさかの怪我が

フリー競技男子後半戦に入る前の6分間練習中、中国の選手と羽生選手が激突、双方どこかを痛め、特に羽生選手は顎のあたりから血が流れ、頭も打ったのか、相当のダメージを受けたようだった。リンク上の6分間練習は見慣れているが、出場選手の最後の熱の入った練習の場であり、いつも危ないことは無いのかなと思っていたけれど、まさか羽生選手が怪我をするとは・・・・、起き上がってもふらつきながらの動きで、出場は無理かと思っていたら、頭に包帯を巻き,顎の怪我にはテープを張ってふらつく体で中断していた6分間練習に出てきた羽生選手。

試合は休むことなく出場するとのことで、中国の選手も一旦決めた欠場を取りやめて出場となった。勿論平素のような力を出し切る事は無理だったが、羽生選手は4回転で何度かの転倒はしたものの、立派に滑りきることが出来、一瞬ではあったが1位となり涙を流していた。最終的にはその後に滑ったロシアの選手が1位となり羽生選手は2位となったが、転倒の苦痛をこらえての活躍に、会場の客席からは割れんばかりの拍手、アナウンス席からは解説者とともに、称賛の声が上がった。勿論TVの前にいてもその痛々しい様子の滑りの見事さに拍手をせずにはいられなかった。中国の選手も最後まで滑りきり6位となった。

羽生選手はタンカに乗せられ運ばれていったが、その際笑顔も見られたので後遺症など出ることなく、素晴らしいスポーツマンシップを見せてくれた選手活動がこれまで通り続けられるように、無事に回復されることを心から祈りたい。

  clover 近隣散歩道の秋

Dsc_8034

山茶花咲く道

Dsc_8037

秋の木に赤い実が沢山生っていたので、眺めていたら

Dsc_8038

フレームの中に飛行機が飛んできたairplane

  car鎌倉行きの往復路の景色car  

Dsc_8074

海軍道路の近くの木々

Dsc_8066

道端に置かれたプランターに咲く花bud

Dsc_8068
畑の畦で風に揺れる

Dsc_8070

ススキの穂。お月見の季節、秋ですね~fullmoon

Dsc_8077

Dsc_8076
青空の下、太陽に照らし出された住宅の屋根

Dsc_8078

穏やかな秋の光が差し込むお庭。こんな風情が人の心をほんわりと豊かにしてくれるheart04

Dsc_8137

鶴ケ丘八幡宮敷地内の近代美術館の帰り道を歩いて駐車場に戻る

Dsc_8084

苔むした石の屋根。紅葉前線も近づいている

Dsc_8138

この建物の裏手が駐車場

Dsc_8144

帰りの車窓から見えた映画のセットのような住宅群の景色house

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好きな海軍道路を抜けて北鎌倉へのドライブ道♪

2914.11.7(金)suncloud 秋の日は短い。夕方になって慌てて外に出て、40分ほどご近所散歩。午後のワイドショーを見たり録画した番組をチラチラ見ているうちにあっという間に日暮れてしまう。

  car鎌倉へ向かう道路沿いを車窓からcamera

Dsc_8043
桜並木続く横浜市瀬谷、秋の海軍走路を走る。

Dsc_8048

いつもあまり混むことなく気持よく走れる大好きな道路。秋の空、桜の太い幹の向こうに筆で描いたような雲が見られたcloud

Dsc_8056

海軍道路を抜けて、北鎌倉まで向かう道路沿いには個性的なお店やさんも。大胆でお洒落な美容室のウインドーhairsalon

Dsc_8060

古美術店の店先。立ち止まって見ることが出来ないのが残念coldsweats01

Dsc_8061
何だか美味しそうなお惣菜屋さんriceball

Dsc_8063

一瞬で通り過ぎた石やさん

Dsc_8065

無人店舗も営業中24hours

Dsc_8079

植え込みの奥にもまだ何体かの像が置かれた歯医者さんの前景

Dsc_8080
写真には写らなかったけれど、左手には広いウッド・デッキのあるカフェ。いつも通り過ぎるばかりで、残念ながら未だお邪魔したことが無くて。お店の名前は「Pouch」さんcakecafe
Dsc_8085
鶴ケ丘八幡宮近くのうどんやさんの看板越しに少し色づいた木をパチリmaple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県立近代美術館「コレクションの対話」展

2014.11.6(木)cloudひんやりした秋の朝。昨日は午後一で流行前のインフルエンザ予防注射を受けに。前もって書類を受け取り予約しておいたので、そんなに待たされることもなく済ませることが出来た。

そして夫の誕生日でもあったので、注射の帰りは少し遅めのランチ外食。久しぶりに秋景色の窓外を眺めながら、のんびりお喋りしながら頂いたrestaurant

今日は注射をした後がちょっぴり痛いgawk

  art文化の日に訪れた鎌倉の美術館

Dsc_8131

開催中の「コレクションの対話」2008年に美術愛好家「北川原夫妻」から寄贈されたという日本人画家達の描く近代絵画を見ることが出来た。ご夫妻がご自宅に飾りじっくり楽しまれた作品の数々。

Dsc_8130

2016年には閉館が予定されている美術館。いつも前を通り過ぎるばかりだったので、一度は訪れなくてはと前から思っていた。

Dsc_8128

色づき始めた紅葉も少しは見られそうだった。

Dsc_8126

ル・コルビュジェの愛弟子、板倉準三設計によるモダンな建物は、レトロな雰囲気も残す現在の鎌倉でも珍しい気がする。この建物を保存したいという声も多いようだ。

Dsc_8124

文化の日は入館料が無料だった。

Dsc_8105

建物前庭にある蓮池。シーズンが終わった蓮池は秋空の下寂しげだった。

Dsc_8090

会場内に展示された作品の数々はご夫妻のお眼鏡にかなった絵画であろう。心地良い空間での日本絵画のひと時。会場を出た渡り廊下から眺めた空。

Dsc_8092

空の下の中庭には何点かの彫刻が展示されている。

Dsc_8101

Dsc_8102

Dsc_8106
イサム・ノグチ作「こけし」

Dsc_8123

建物を囲む水面に浮かぶ彫刻。あくまでも細いのに存在感のある人体はジャコメッティを思い起こすけれど、少し違うようでもあるし?「こけし」以外の作品・作者名をチェック出来なかった。

Dsc_8162
美術館ショップで買ってきた2枚のカード。右の清宮質文作「夕日と猫Ⅱ」の展示は無かったが、左の藤田嗣治作「横たわる裸婦」は会場でしっかりと観ることが出来た。それは美しい白い肌の裸婦像だった。

Dsc_8103

蓮池の景観は

Dsc_8113

鶴岡八幡宮に隣接していて、見る位置により風情が変わる。やがて立ち枯れた蓮が切り取られ、神宮の美しい紅葉が水面に赤く映ることだろう。

Dsc_8117
枯れた蓮の葉が水面で餌を探す鳥のようにも見えてきて
Dsc_8122

そんなことを言っていたら、突然飛んできて浮島に立ち止った青鷺の姿

Dsc_8127_3

いつかまた、この紅葉の更なる深まりを観ることが出来たら・・・・・maplemaplemaple

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の日のジャズタイム♪かにがさわの秋のきらめきも♪

2014.11.4(火)sun3連休が終わった。今日もいいお天気だ。けれどちょっぴりのび気味でお昼寝たっぷりの日になってしまった。連休最終日は久し振りに鎌倉までドライブcar

その留守の間にオーダーしておいたCDが届いていたcd

Dsc_8151_2

デューク・エリントン「ニューオリンズ組曲」とエリック・ドルフイ「カンバセーションズ」の2枚。まだデュークの方しか聴いていないけれど1970年録音、70年にニューオリンズジャズ&へりテッジ祭の主催者とニューオリンンズ市から依頼されて書かれたエリントン晩年の傑作といえる作品。大好きなエリントンのサウンドの中に、これまで聞いていたエリントンの更に進化した新しいものが感じられる演奏で、昨日観てきた絵画芸術と共通する時代の息吹が感じられて、タイムリーなCD到着だったnotes

  movie先日の映画館からの帰りに

Dsc_7983

車内から見えた飛行機と太陽の光sun

  mapleまだ家に帰りたくなくなってhappy01

Dsc_7986

先日に引き続き、再びかにが沢公園に。まだまだ太陽の光は一杯sun

Dsc_7991
わずか数日で更に秋めいた桜並木
Dsc_7996

地面には赤い落ち葉が
Dsc_7993
増えているmaple

Dsc_8000
そんな落ち葉の上をお洒落なうさちゃんがお散歩中eye

Dsc_8002

リールをつけて、ワンちゃんみたい。飼い主の方が「うさんぽ中です」とおっしゃったhappy01

お家の中では放し飼い。トイレもきちんとできるそうで、ワンコやニャンコとの違いは鳴き声を出さないこととか。首のところを撫でさせてもらったら、その柔らかいこと。思わず可愛いいうさちゃんのファンにlovely

Dsc_7997
夕暮れ前のひと時の日差しがなが~く伸びる道
Dsc_8005

広場の崖の下にも広場があって、そこでは球技も楽しめる。続きはまた今度。

  sun今日の西日がbud

Dsc_8155
テラスのチロリアンランプをこっそり照らし出す一人の時間。

cdドルフィーは夫のリクエストなので、まだお預け。今は先日のチック・コリアトリオにスパニッシュなアコースティックギター(Nifio Josele)とフルート(Jorge Pardo)が加わったチックの曲「スペイン」に耳を傾けながら心地いい時を過ごしているnote

1枚目の最後の曲「スペイン」チックのアルバムには大体入っている曲だけれど、多分本場のギター奏者の方たちなのか、5曲目とともにゲスト入り、ライブでも多分このステージ最後に演奏されたのだろう。曲の最後は会場とチックのピアノの掛け合いがいつまで続くのと思える程の本当に素晴らしい演奏で、圧巻のラストを迎えた。音源があってこうして再現された音楽を聴くことが出来る幸せをしみじみ感じたheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

師走が近づいているけれど、まだ紅葉探しの季節でもある♪

2014.11.1(土)11月最初の連休初日は午前中から雨が降り始めた。

今年もあと2か月となって、秋の訪れを楽しみながらも気ぜわしい季節になってきた。10月末には、ピンポーンとチャイムが鳴り、ドアの外には郵便やさんが年賀状の御用聞き。

P1130046

今年もいつも通りにお願いしたら、早速今日は届けに来てくれて、年賀はがきの入った袋に赤いポストの絵入りのウエット・ティッシュが入っていた。今までは無かったこれは今年初めてのサービスpostoffice

  小雨は降り出したけれど、今日は昼前に買い出しに

P1130044

帰りに通った日産工場の塀の外、夏には向日葵がいち早く群生していた場所。とっくに刈り取られていたのに、秋に咲く品種なのか丈の低い向日葵が雑草の中のあちこちで咲いていた。

P1130045
今年もあちらこちらのお庭の柿は豊作のようで沢山の実がなっている。この柿はまだ大きくない木だけれど、立派に実をつけていた。スーパーで売られている柿も今年は品質が良く価格もお手頃で嬉しい秋の味覚を毎日楽しむことが出来るdelicious

  clover 近くの畑の畔に咲く花。蝶が蜜を吸っていた。       

Dsc_7895

  mapleかにがさわ公園の秋を探しに

Dsc_7901

駐車場に車を停めて園内へ。
いきなりの紅葉に出会ったeyemaple

Dsc_7912

お天気がよく緑から黄色く染まり赤い色づきも始まっている贅沢な秋の彩りmaple

Dsc_7913

早くも散った赤い木の葉が緑の低灌木を彩っている

Dsc_7915

青空に白い雲。緑の斜面の上の木々も色づき始め

Dsc_7925

関東の紅葉本番はこれからなれど、

Dsc_7927

木の種類によってはこんなにきれいに染まっている。

Dsc_7931

そんな木々の下で初めて出会ったニャンコcat「ニャンコ~」って呼んでみたら、人懐こい仔で、離れた場所から近づいてきてお座り。なんて可愛い仔。「器量よしねッ」って言った途端

Dsc_7932

大きな欠伸happy01 そういえば木陰で横になるところを呼んでしまったのだcoldsweats01「ごめんね!」この後は歩く先々ついてくる懐っこさでだったcat

Dsc_7944

この日の青空は本当に気持よく、木々の色もとてもきれいに見えた。たまにしか来なかったかにがさわ公園がすっかり好きになってしまった。

Dsc_7946

プラタナスもほんの少し黄葉していた。

Dsc_7948
駐車場近くの楓はこんなに赤くmaplemaplemaple

先月25日の座間市「かにがさわ公園」の様子。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »