« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

録画しておいた穐吉敏子さんの番組を観た♪谷戸山の百日紅も♪

2014.8.29(金)cloud~時々小雨ぱらつく今日も秋めいた一日。朝食後すぐに仕度をして投薬を受けるための病院へ。担当医に緊急外来が入り、小一時間待たされたけれど、問診を受けて、薬局へ。処方薬を受け取り、次は美容院へ。夏の間に伸びた髪の毛のカットしてもらいさっぱりhairsalon

昨夜は寝つきが悪く、少々寝不足気味だったので、今日はそのまま帰宅。自宅で昼食後は録画してあったJAZZ PIANIST 穐吉敏子さん出演の番組を観た。

note84歳になられるという穐吉さんだが、最近も相変わらずお元気に活躍されているご様子。マンハッタンでの暮らしぶりは、ご主人のルー・タバキンと仲良くワイン・コレクションを楽しみながら、キッチンでウサギ料理などを作り,マンディ・満さん親子とともに楽しむ姿なども紹介された。勿論JAZZの演奏への取り組みも。ガーシュウィンのミュージカル「ポーギーとベス」をトリオで演奏する取り組みもあり、大好きな「サマー・タイム」も穐吉さんならではの表現で、短い時間だったが聴くことが出来た。

  clover谷戸山公園前を車で通ったら

Dsc_6600
広場に咲く百日紅が、鮮やかに咲いていた。公園外の道を幼子が駈けていった。

Dsc_6569

公園前の市役所で用事を済ませてから、市役所側から園内広場までちょこっと散歩。

Dsc_6570

園内の爽やかな緑

Dsc_6573

ケイトウの花も咲き、

Dsc_6575
派手さはないけれど、白の百日紅の花も風情があった

Dsc_6574

外から見えた百日紅の花は、今が見頃だったようで、コーディネートしたようなお揃い色のパンツ姿の女児が立っていたeye

Dsc_6576

別の百日紅の木の花は盛りを過ぎて実が出来ていた

Dsc_6577

花壇の花に蝶々が止まったsign03

Dsc_6580_2

ピンクの花にもしじみ蝶がsign03 2枚とも蝶のベスト・ショットとはならずcoldsweats01

Dsc_6581

花壇の先のトンネルをくぐると市役所側に出ることが出来る連絡通路。いつもそばを通りながら初めて歩いたトンネル内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月も末に近づいた。このところの日々。

2014.8.27(水)cloudraincloud~不安定なお天気の上、この間まで猛暑だ熱中症だと騒いでいたのが嘘のような急激な気温の下がり方。子供たちの夏休みもあと数日ではあるけれど、まだ8月。まだまだ残暑であっても不思議ではないのに。

それにしても広島の土砂崩れの被害の大きさ、多くの大切な命が犠牲になり、人の住むべき住宅の無残な姿に胸が締め付けられる。それぞれの大切な歴史の詰まったかけがえのない住まいが・・・sweat02それにしても、どうしてこんなに気象に振り回されなければならないのでしょう。

農家の方たちが大切に育てた作物もこの天候では、美味しく育てて大量に出荷というわけにもいかないのでしょう。消費するばかりの私たちの手元に届くのは、気軽に手を出しかねる価格になってしまって・・・・。恨めしいのはこの気候の変化。今日は、外に出れば肌寒い程の陽気coldsweats02 

   maple早くも紅葉が

Dsc_6603_2
昨日からの雨風に打たれて落ち葉になっていた。

Dsc_6602
見上げた木の枝には真っ赤に色づいた葉がちらほらmaple

  数日前の近隣散歩中

Dsc_6431
横断歩道の信号待ち中にばったり出会ったバッタちゃん。赤信号が理解できたのか、お行儀よく信号待ちしていた。

Dsc_6439
オシロイバナがひっそり咲いていた夕暮れ時。

Dsc_6448
ニャンコもねぐらに帰る時間。「呼び止めてしまってごめんね」

Dsc_6453
子供たちが引き上げた後の公園のブランコもなんだか寂しそうだった。

  scissors女子バレーボールワールドグランプリ第2位scissors

24日の決勝戦で首位を争ったブラジルに0-3で敗れた゛日本女子”前日までの試合は全て3-0で勝ち越し、銀メダルは決定していた。連日「どうしてこんなに強いの」と思うほどの気持のいいくらいの戦いぶりだった。ところが金メダル決定戦の対ブラジル戦になると、前日までの日本女子の勢いが、そののままブラジル選手のほうに行ってしまったような、その位相変わらず強かったブラジル勢。けれど、ブラジル4勝1敗、日本も同じく4勝1敗。決定戦は相手国から2セット取れれば1位に輝けたのだが、やはり世界の王者ブラジルの壁は余りに高かった。勝ち点もブラジル13点と日本12点。

それでも銀メダルに輝いた真鍋ジャパン、5日間の戦いは目を見張るものがあった。キャプテン木村沙織選手以下、ベテランから更に新しい選手たちも育ち、これからの活躍が益々楽しみに。

   scissors日本女子選手の皆さんお疲れ様でしたup 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年〝もんじぇ祭り”は、初日に出かけた♪

2014.8.26(火)cloud夏も終わりに近いような、今日は急に涼しくなって。

Dsc_6566

お星さまのような形の花ペンタスが咲いていた。

  note23日(土)は、もんじぇ祭り初日にちょこっと

Dsc_6538_2
18時からのステージが始まっていた。メンバーはJames・K(VO)水出勝(G)古里純一(Wb)上地尉之(Ds)

Dsc_6539_2

素敵なギターの音色がJames・Kさんのヴォーカルをさらに盛り上げてnote

Dsc_6540
ゲストでラテンの曲を歌い楽しませてくださった。Jamesバンドにゲスト出演。お名前を忘れてしまい・・・sweat01ごめんなさい。

Dsc_6546
次のステージは坂田稔(Ds)板垣光弘(P)柳原達夫(B)遠くからの写真で暗いけれど、ベースとピアノの板垣さんの姿が。

リーダーの坂田さんは大ベテランでいらっしゃるのに、その年齢を感じさせない迫力あるドラム演奏は、今年も変わらない。スタンダードの「ソフトリー~」から始まり、ビートルズの「イエスタデイ」や、ソニー・ロリンズの「ST・トーマス」等、よく知っているスタンダードの曲が演奏された。

Dsc_6551

今年から、ステージ前の芝生部分を囲むように縄がが張られて、一部有料席となり、入り口には係員2名が常駐。芝の上に敷くシートを貸し出してくれて小学生以上1名1500円でステージ前に座ることが出来るようになっていた。そのせいで、まだそんなに混んでいなかったので、縄張りのすぐ外から立ち見をしていたが、その後続々とすぐ後ろから何列ものビニールシートが後から来た来客達により敷かれていった。昨年までは立ち見で見られた場所。”もんじぇ祭り”も10回目を迎えて、少しずつ変化してゆくのかもしれない。その割には毎年の出演者に大きな変化は無いけれど。

ジャズの祭典ではあるが、相模大野の街にある店舗の中から、広い芝生広場の客席を囲むように沢山の店舗からの出店が立ち並ぶ。イタリアンあり、焼き鳥あり、様々な食べ物や飲み物の中から好きなものを購入して、JAZZを楽しみながら飲食ができるようになっている。

JAZZ&FOODの祭典として、家族連れや友人通しが浴衣がけだったりと、思い思いの楽しみ方が出来るお祭りとして、広大な中央公園内を埋め尽くすほどの多くのファンが訪れる。それ自体は大変素晴らしいことだけれど、ステージ前だけ有料席として囲ってしまうのはいかがなものでしょう。初日の有料席がそんなに一杯には見えなかった。むしろ来客有志の寄付を募るとか、来客全員一律100円とか、別の方法を考えられてもという気がしないでもない。

もうひとつ、ステージのメンバーが毎年大きく変わらないままでは、どんなに優れたメンバーであっても、毎年同じようなメンバー紹介を聞いている客たちには、少々マンネリ化したイヴェントとも映ろう。新たな企画が打ち出され、相模大野の街がJAZZの盛んな街として定着し、美味しいお店が沢山ある街として栄えることを、今後の更なる発展に期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20日は「座高円寺」にミュージカル公演を観に♪

2014.8.22(金)sun毎日お暑うございます。ふぅ~coldsweats01エアコンに扇風機、冷蔵庫の氷と、今年はさすがに遠慮をしないでお世話になっています。

それにしても広島の大雨による土砂崩れの被害は想像を超えるほどの大きさで、被災された方々にはお見舞いを、そしてかけがえのない命を落とされた方々にはお悔やみ申し上げます。自然による災害の規模が歯止めがかかることなく年々大きくなるようで、一刻も早い抜本的な対策が打ち出されることを願いたいものです。

  暑さの日々のオアシス

Dsc_6433

風船カズラが風に揺れ、涼感たっぷり

   久し振りの高円寺

Dsc_6533
座高円寺はこの道路を歩いて少し先

Dsc_6532
比佐 廉さん率いる子供ミュージカルスクール「れんアカデミー」れんアカキッズアシアター2014本公演「がらくた街のネジを巻け!」を観に出かけた。

__

ミュージカル終了後の舞台前で代表の方のご挨拶。
子供たちの現実の世界と夢の中の世界。その夢の中の世界で30年間ネジを巻かずに止まったままの時計の世界の不条理を見て、ネジを巻くまでの夢の世界をミュージカル仕立てで、子供たちと大人の俳優さんが演じる。生の演奏も入り、それは楽しくも考えさせられることが多い、内容の濃い素敵な舞台だった。

Dsc_6507
現実の世界から夢の世界に入り、京都弁を駆使して活躍する「あかね」役の大島粋ちゃんと夢の中の「三毛猫キャリコ・マリー」役の大島染ちゃん。舞台終了後ロビーに出てきて、ピースサインでパチリ!

Dsc_6514_2

この日、一泊だけ、急きょチケットの手配が出来たという粋ちゃん染ちゃんの叔母の大島円もアトランタから帰国。姪たち二人の出演する舞台を観劇

Dsc_6523

アトランタでJAZZピアノの道を歩んでいる姪の円。ライブの仕事などもこなしながら、本場で磨いている腕前もさらに進化しているようで、すっかり落ち着いた大人の女性の雰囲気。

Dsc_6524

粋・染ちゃんのパパと叔父さん親子も。パパとママはこの日の、公演スタッフでもある。20日21日と二日間の公演。この後は、スタッフの4人は参加できなかったが、大島家一族とともに、懐かしい高円寺駅前のレストランで夕食をしてから散会となった。親戚が集まれる機会って、大抵黒い服を着ていることが多く、こうしてカラフルな思い思いの格好で集まれる機会は少なく、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来た。

Dsc_6534

高円寺の阿波踊りは今月24・25日。街は、すでに阿波踊りの準備が始まっていた。今年も大勢の人出でにぎわうことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCに続いてスマホも不調に(汗)修理中の町中散歩など。

2014.8.19(火)sun早朝に目覚めて窓のカーテンを開けると、見事な朝焼けを見ることが出来た。今日は暑いけれど蝉の音も爽やかに聞こえる夏らしいお天気だった。

mobilephone昨年初めに替えたばかりのスマホの電源が突然入らなくなり、画面は真っ暗!すべての機能が停止してしまい、心も真っ暗になってしまったsweat02午後帰宅するまで何事もなく使えていた。自宅に戻り、午後も大分経って,そのことに気付き慌ててしまった。すぐにスマホの会社に☎をして相談。近くの修理センターを教えてもらった。行く前に使っている機種の在庫を確認しておいたほうがよいというアドバイスもあり、電話で確認。在庫有り一日なら取り置き可ということで、翌日朝一で出かけた。聞いていた通り順番待ちで番号札を引き、1時間強の待ち時間。近くのカフェでモーニング珈琲を飲んだ後、残り時間は市内の散歩。予定時間内に戻り,修理サポートが始まったが、故意による故障ではなかったということが分かり、新しい機種に無償交換となった。但しデーターの取り出しは出来ないということに同意したうえ。それでもアドレスとメールの履歴は,移行されたのでほっとした。これまでバックアップも取らないで使っていた事を大いに反省coldsweats01

Dsc_6483_2
スマホの交換後買物したついでに、今頃外でよく見かける千日紅の花が目についたので、お仏壇用の花とともに購入して机の上に飾った。

Dsc_6475
修理サポートの待ち時間散歩で見かけた器屋さん。この日まで夏休みとのことで中に入れなかったが、招き猫やら楽しそうな置物が沢山並んでいたheart04

Dsc_6455
夏の風物詩が通り沿いに。

Dsc_6457
小さな子なら遊びたくなりそうなディスプレー・・・・・happy01

Dsc_6459

おっと~、こわ~い夏の風物詩もcoldsweats01

Dsc_6466

相模大野駅前近辺の道路にはこんな模様のタイルがはめ込まれていた。

Dsc_6469
何だか昔懐かしいようなバーやら、今時もまだあった歌声喫茶などを見つけたnote

Dsc_6476

猫の置物だけではなくこんな可愛い金魚もいて、いつかお店の開いているときに来てみたいcat

Dsc_6480_5

道路沿いに設けられていた時計も可愛らしい。相模大野駅近くにはデパートの伊勢丹はあるし、駅ビルや最近駅近くにできた「ボーノ」も買物には便利な場所。時折出かけてゆきたくなる街並み。

昨日は、バリから帰った息子夫婦がお土産を届けに来てくれて、簡単な昼食をともに。今日は朝から新しい機種に変わったスマホの設定にまごついて娘に電話をしてアドバイスを受けたりしていたら、午後には息子が孫娘を連れてきてくれた。孫は携帯やスマホを持たせたら一族の中では一番優れた能力を発揮して、たちどころに問題を解決してくれるスーパー・ウーマンscissors 最初の機種も今度の機種の再設定もすべて彼女にお任せで、解決となった。ちょっぴり体調不良気味だった彼女に心からの感謝と有難うlovely

いつも使っていたPCの突然の不調、スマホの画面不表示と何だかついていないこのところの日々。それでもスマホは、メーカー及び修理センターの早い対応で翌日には通話可能となり、今日は孫のおかげでさらに便利に。PCはとりあえず新しい機種に慣れながら、ノートPCの不調は自分で出来ることを探しながら様子を見ることに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お盆入りの昨日は父母の墓参に。

2014.8.14(木)cloudrain~と今日も梅雨時のようなお天気。夏休みで故郷に帰省したり旅行に出かけたりと、国内外を問わず多くの人が移動するこの時期位、せめて安定した気候でいてほしい。在宅中の今の外は小雨がぱらつきながらも西の方角の空は明るい。小雨の中、今が本番のセミの鳴き声も賑やかに聞こえてくる。

お盆の入りの昨日は、少々寝不足気味であったけれど、我が家から一番近い父母の墓参に出かけた。来週は杉並にある菩提寺に行くつもりなので、夏の睡眠不足や体調不良を少しでも正しておかなければsweat02

Dsc_64062_3

いつものように座架依橋を渡り始めると、前方左側、横一直線に黄色い色が見えてきた。

Dsc_6412

今日14日から始まる座間の「ひまわり祭り」の会場だ。座架依橋下の農地に広がる40万本以上とも言われる向日葵が一斉に咲き誇っていた。毎年このお盆の時期にここを通り、走る車窓から眺めるだけだが、祭りの始まる前日の昨日もすでに結構な人出のようだった。

  墓地に到着

Dsc_6427

お盆の初日はすでに回忌法要やお参りを済ませた人、これからお参りに来る人と、まだこの後も墓参の足は絶えない。父母の眠るお墓はもう少し奥のほう。

Dsc_6421Dsc_6422

父母の墓を清め、花と線香を手向けて手を合わせる。すでに息子夫婦は墓参を済ませてくれていたが、改めて家族全員が無事であることを報告。お参りを済ませて久しぶりに墓前でパチリcamera

Dsc_6417

墓地から帰路に就く途中の道路沿いには興味深いお店が何軒もあるのに、車を停める場所が無く、いつも車窓から眺めるばかり。

Dsc_6429_2
自宅が大分近づいたいつも通る道に、突然現れた黒毛和牛taurus何て大きいんでしょsign03

Dsc_6428

ステーキハウスの看板牛ちゃんtaurus

残念ながら最近の我が家はすっかり牛肉離れ、というかお肉離れの傾向でsweat01あまりご縁が無さそうだけれど、牛君とは仲良くしたいな。それにしてもお肉離れしても減らない体重は何故かしらsign02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏の夕方、谷戸山散歩♪

2014.8.13(水)sunたり曇ったり時折rainパラついたり・・・・。中々安定しないお天気。朝晩は割合涼しく凌ぎやすい。明日は又曇りや雨マークが。

  car お天気の様子を見ながら昨日夕方は、谷戸山散歩に。  

Dsc_6375_2_2
広場を囲むようにピンクと白の百日紅が植えられている

Dsc_6374
正門付近の植え込みには沢山の白百合の蕾が。嬉しいことに一輪の花が開き、清楚な姿で風に揺れていた。

Dsc_6377
向日葵も小ぶりな種類の花が花壇の中に咲いていた
Dsc_6378

不安定な空の様子だったけれど、晴雨兼用のパラソルを持って園内を短め散歩。

Dsc_6384

湿性生態園は夏休みの子供達の自然観察には絶好の場所。回りの植物はこのところの強風に煽られたのか傾いてしまったまま。

Dsc_6385

生態園に続く田んぼの稲。幸いなことに、なぎ倒されることなく元気に育っていた。

Dsc_6386

美味しいお米が出来ますようにriceball

Dsc_6388

ここから見える空や大山は季節や時間によっていつも違う。こんな空も、そして茜に染まる空も大好きlovely

Dsc_6391
水鳥の池は本物の空より美しい青空を水面に浮かべて見せてくれたscissors

Dsc_6398
ついこの間、花を見たばかりと思っていた「合歓の木」マメ科の植物といわれる通り、花の後は、さやつきのお豆になっていた。

Dsc_6401
谷戸山からの帰り道、サトイモ畑の傍を通過。

Dsc_6402
両側とも日産自動車の工場。道路の上には渡り廊下

Dsc_6403

助手席の車内から外の景色を眺めているのも楽しい時間。道路状況や信号なども二人で確認しながら安全運転で帰路に就く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の夕方薬師池に立ち寄った♪

2014.8.12(火)cloudrainの予報は当たり、各地に甚大な被害を残した11号が去った後も台風一過の好天とはならず残念。今日から夏休みの息子夫婦はバリ島へ。娘たちはdogとともに伊豆に出かけている。明日はもう少しいいお天気になりますようにsun

pcここ数日は新しいPCに早くなれるように、暇さあればデスクの前にいる。新しいPCの使い勝手に未だに戸惑いながら、それでも触っているうちに、少しずつ操作に慣れつつある感じで、このまま使い込んでゆけば、何とか馴染んでゆけそうな気がしてきた。そもそも何代にも亘って使い続けたF社製のPCの使い勝手、慣れたソフトは手軽に使えていたけれど、10何年振りかに他社製のPCを使用してみると、同じWindowsであっても、入っているソフトなどはずいぶん違う。特に写真に関するソフトは、自分にとって使い勝手のいいものがまだ見つからず、難儀をしている。

  clover 久し振りに買物帰りに足を延ばした薬師池。

Photo_13
蓮田の蓮の葉は高く生い茂り、夕方だったので花は蕾状態で少なかった。

Photo_12

中々朝早く行くことが出来ないまま。それだけにこんな可憐な姿を見ることが出来たけれどlovely

Photo_2
百日紅の花はもうお仕舞に近い。

Photo_3
広場の花壇には夏の花たちが満開だった。

Photo_4
萩のトンネルはうっそうと葉が生い茂っていた。
Photo_5

太鼓橋の向こうの大銀杏の枝先が黄葉し始めていた!暑い夏の先の季節を、この日は暑くて想像もつかなかったけれどcoldsweats02

Photo_9

街路樹の芙蓉がきれいに咲いていた。

Photo_10

暑い一日だったこの日の帰り道car

Photo_11

車窓から見えた戦う姿の二人の勇ましく上がった足の間には、よく見ると小さな女の子の姿が。車が動き出して少女の立つ奥が見えた。建物の中では空手の稽古に励む弟子たちの姿が沢山見えた。この女の子も弟子入りしたいのかなsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慣れたPCが不調で、バタバタしてます(汗)

2014.8.9(土)cloud時々rainのろのろ台風11号がいよいよ関東にも近づいてくるのだろうか。九州か四国へ上陸とも。もうこれ以上の被害が出ないことを祈りたい気持ちでいっぱい。。猛暑が続いていたけれど、今日は割合涼しくしのぎやすい。今のところ雨が降ったりやんだり。

pc ずっと使ってきたPCが5日の夕方から画面表示がおかしくなってしまったcoldsweats02機能自体は普通にしているけれど、表示が薄くなり、チラチラ動いて見にくいことこの上なく、とりあえず買ったままあまり使用していなかったデスクトップに必要な機能を移動したりと忙しいことになってしまった。5日の日はいくつかの用事があって準備して出たつもりがちょっとしたミスで不備がいくつか重なった。その日の夕方にはPCがannoyと、ついていない一日になってしまったcoldsweats02

翌日には、PCのソフトを買いに出かけることになったり、家に帰れば新しい8.1の慣れないPC操作で時間ばかりかかっている。これまでは、98、XP、ヴィスタから7へと割合スムーズに移行出来てきたのに、今回は戸惑うことが多く、新しいシステムのせいなのか、こちらの能力の退化なのか、毎日少しずつ「あ~そうなのか」と思いながらの遅々たる進捗状態sweat01そんな訳で、5日の夕方から書き始めた今回の記事は書き換えながらやっと今日はUPできそうな所までたどりついたけれど、まだこの先はどうなることやら・・・・・・thinksweat02

  bud夏のミニ薔薇bud

2014_0805_121621dsc_6311
前のPCがまだ不調になる前、窓の外のお昼時

2014_0805_122934dsc_6315
我が家のコニファーと真夏の雲がお見合いしてたwink

2014_0805_123017dsc_6317
コニファーの下でミニ薔薇も幸せそうに風に揺れたtulip

   car磯辺の渡し付近迄夕方ドライブ

2014_0803_170719dsc_6258

2014_0803_171431dsc_6269_2

相模川べりの土手を散歩。川と反対側の土手の斜面に黄花コスモスが咲いていた。

2014_0803_171011dsc_6261
川面の上を何かをぶら下げて鷺が飛んでゆく。美味しいお魚をゲット?

2014_0803_171041dsc_6263
左手には大山、夕方の夏空を映す相模川

2014_0803_171936dsc_6273
川には釣り人の姿も。鮎が釣れるのかもしれませんねfish
2014_0803_172540dsc_6283
川沿いの土手斜面には、夏の芝桜?
2014_0803_172756dsc_6287_2

どこまでも青い空に白い雲

2014_0803_172937dsc_6291

戻りの土手下には黄色の黄花コスモスも

2014_0803_172908dsc_6290

オレンジ色の花の方が多いけれど。

2014_0803_173557dsc_6299

磯部頭首工公園内から見える大山。園内の砂場で、時折見かけた猫達には最近中々会うことができなくて残念cat

2014_0803_173825dsc_6302

公園の土手下に見つけたほこらには仏さまのお姿が

2014_0803_174207dsc_6304
夏の花々が見事に咲いている

2014_0803_175342dsc_6308

宅地化が進む市内だけれど、まだまだこんなのどかな景色も見られて、近隣のドライブや散歩が楽しい季節。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑さにへこたれがちな日々ですが・・・・

2014.8.3(日)sun 暑中お見舞い申し上げます。

連日の暑さにフーフー言いながらも何とか無事に過ごしております。

7月も末になり、やっと“日暮らし”の音が聞こえた翌日位から,ミンミンゼミなどの鳴き声も聞こえてくるようになった。けれど、これまでの年のような盛大な蝉しぐれではない。近所の林の近くを通った折、例年のような蝉しぐれが聞こえてきて、我が家の前の公園の蝉達は今年の異変に反応してしまい数が少ないのではないかと思えてきた。

2014_0722_110245dsc_6112

その異変とは、7月中頃から始まった公園入り口と我が家の斜め前に見える高く伸びた園内中央の大木の枝の伐採。それはかなりの長さ切りとられてしまった。すっかり見通しもよくなったけれど、夏の日射しを遮る事も無くなった。

2014_0716_161935dsc_5951
後半は入り口側の木の枝が。枝を落としてゆくうちに一昨年のカラスの古巣が現れた。

2014_0717_134753dsc_5964
園内にはクレーン車が入り、枝を切り、クレーンに枝を取り付けて下ろし片付ける作業は4日ほどで終了した。

2014_0722_110342dsc_6113

入り口側のカラスの古巣が見えた木もこんなにさっぱり。この間子ガラス達は、ねぐらを無くして木に近付かずその後も、近隣に居るようではあるけれど、さっぱりとした木には余り近付かない。そして切り倒されてトラックで運ばれた木の枝には脱皮間近の蝉の幼虫などもいたのではないかと思うようないつもより淋しい蝉しぐれ。

   cd 懐かしいJAZZ note

2014_0803_121251dsc_6236
暑くて、ぐったりしながらも、不思議とJAZZは聴きたくなって。久し振りにモンクの「ミステリーオーソ」を聴いた。結婚してまだ間の無いころ、1枚2枚と買い集めていたJAZZレコードの最初の数枚目に手に入れていたこのアルバム。勿論その盤はもう手元には無く、その後に手に入れたCDではあるけれど。若いころ大好きで、本当によく聴いた愛聴盤。。“キリコ”の「預言者」がジャケットの表紙で、そのジャケットを眺めながら聴いた日々を懐かしみながらのジャズタイム。

2014_0803_121138dsc_6233

そして押入れの奥から夫が探し出してレコード棚に格納してあったLP。60年代当時、最先端のフリー・ジャズだったし、店でも折に触れ掛かっていた。けれど自分の耳がついてゆかず、そのまま忘れかけていたけれど、今日棚から見つけ出してプレーヤーの上で回してみたら、今更ながらその鮮烈さに圧倒されてA・B面と聴き、もう一度A面を聴いてしまった。今聴いても古びること無いテイラーのピアノに若き日のアーチ―・シェップのテナーも素晴らしかった。貴重なLPゆえ又時折出して大切に聴こうと思う。

   bud我が家の作物bud

2014_0613_131117dsc_5338

イタリアン・パセリ。6月頃、鉢の中央あたりからどんどん茎がのびて花のように。

2014_0613_131137dsc_5340

こちらもイタリアン・パセリの茎にそっくりだけれど、此方は見なれた普通のパセリの中から茎が伸びてきたもの。普通のパセリはこれまでも何度か鉢植えを育てたけれど、こうして茎が育ったのは初めてのことで、昨日まで刈り取ることもしないで、そのまま育つに任せておいた。さすがにもうこれ以上育つ気配も無いので昨日になって2種類のパセリから伸びた部分を切りとった。

2014_0803_114849dsc_6225

そして緑のきれいなところだけを両方から残して花瓶に挿した。もうどれがどちらのパセリの部分かなんて見わけが付かなくなってしまったけれど、机の上の緑が暑いこの季節にはとても爽やかで気持ちがいいことconfident

そんな昨日の夕方、息子達家族3人が近くに来たからと立ち寄ったので、久し振りに家族水入らずのティータイム。息子達のこの夏の旅行計画を聞いたり、日焼けして元気そうな孫娘にも会えて楽しい夕暮れ前のひと時だったlovely

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »