« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

「ひまわり祭」に有難う♪

2014.7.31(木)sun明日はもう8月!あっという間に月が変わってしまう夏の日々。今週末から来週にかけては二つの台風が来るかもしれない。又不安定なお天気に悩まされるそう。

熱中症、水の事故、凄惨な事件など、夏の暑さは思いがけぬ事で人の命を奪う。心してこの暑さに慣れてゆかなければ。

  「ひまわりまつり」続き

2014_0728_150216dsc_6180
子供は元気scissorsあっちの花も見に行こうと、飛び跳ねるように駆けてゆくrun

2014_0728_150254dsc_6181
大きなひまわりの花が斜面の上から見下ろしている。

2014_0728_150346dsc_6184
反対側のフェンスから顔を出したひまわりが「あたしも映して」と語りかけてくる。「もちろんよ!花盛りのひまわりちゃん」camera

2014_0728_150916dsc_6196
青空と白い雲に黄色いひまわり。明るい夏の日のひとコマが其々の心とカメラの中に収められてゆく。

2014_0728_150947dsc_6197
お祭りは続いている。

2014_0728_151011dsc_6198

まだまだ見物客の足は絶えない

2014_0728_151208dsc_6202_2
展望台の上からも

2014_0728_151306dsc_6205
ひまわりの畑の中にも、夏の日の幸せな時を楽しむ人々が居る。

2014_0728_151651dsc_6209
帰りのシャトルバスの窓から、ひまわり畑にさよならpaper

2014_0728_152849dsc_6211

そして、次の予定地に行く前に、もう一度自家用の車で前を通った。

2014_0728_151029dsc_6199

楽しかった「ひまわり祭」に有難うlovely

2014_0728_180645dsc_6214

市の施設の前を通ると、外壁に描かれた市の花「ひまわり」が、西日に照らされてきらめいた。

2014_0728_180738dsc_6215

大きくてダイナミックなひまわりに比べたら公園に咲く小さいけれどこんな小さな赤い花が、又愛おしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座間市栗原の「ひまわりまつり」

2014.7.30(水)sun猛暑で始まった今年の夏、昨日一昨日と、ほんの幾らか涼しかったお陰で、日曜日にちょこっと立ち寄り、駐車場でまごついたり余りの暑さがたまらなくなり諦めた座間市の「ひまわりまつり」 月曜日の午後、駐車場の状況をネットで調べてから出かけた。駐車場は少し離れた場所にある栗原小学校の校庭が臨時駐車場として用意され、そこからシャトルバスで往復送迎100円だった。2台のシャトルバスが運行して居て、さほど待つこと無く、座席の数だけの人数乗車なので、全員座れて往復という楽な移動が出来た。

2014_0728_141824dsc_6136
バスを降りて、ひまわり畑の反対側から見えるひまわり

2014_0728_142930dsc_6153

お祭りに相応しいのぼり旗が風にはためき、気分が高まる

2014_0728_142155dsc_6142

2014_0728_142415dsc_6147
大山を望む栗原の畑に咲く10万本のひまわり。会期の終了日が昨日だったったので、場所に寄り花の勢いも幾らか衰えてかけていたけれど、
2014_0728_141921dsc_6137

まだまだ元気な花達も多く満開だった。

2014_0728_142513dsc_6148
暑さの午後、ひまわり畑にはパラソルの花も咲いて

2014_0728_143633dsc_6154

休憩所では市特産の焼きトウモロコシやかき氷、焼き鳥やソーセージ、お弁当なども食べられる。鮎の塩焼きもあったようだが、午後には売り切れていた。

2014_0728_145253dsc_6157
2ヶ所に設けられた臨時展望台。向日葵の花が飾られた帽子をかぶる女の子

2014_0728_145725dsc_6170

展望台の下に用意された帽子を借りて展望台に上がることが出来る。

2014_0728_145354dsc_6162

こんな見事なひまわりの群生の前では誰しもポーズをとりたくなるし、パチリしたくなるcamera

2014_0728_145837dsc_6174

休憩所のテント下では冷たい飲み物や氷で喉を潤おしたり、とうもろこしにかぶりついたりdelicious

2014_0728_145950dsc_6176

売店は市内の方々で運営されているのだろう。駐車場の係りの方々等も含めて、暑いのに皆さん温かな笑顔と話し言葉で訪れる者達の心もほぐれて。市内の特産品や作物なども売られていた。

2014_0728_150059dsc_6179

今年は割合小振りの花が多く見られた。

2014_0728_145606dsc_6167

ひまわり畑の花の中には幸せそうな人々の姿が。次回もう少しひまわりまつりの様子を。

 栗原のお祭りは昨日で終了して、

次は8月14日(木)~19日(火)まで、座間会場と新田宿、四谷会場で開催される。40万本以上の向日葵が待っているそうですscissors

開花状況テレフォンサービスtelephone046-205-6522

検索は www.zama-kankou.jp 座間市観光協会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YOSUKE YAMASHITA SPECIAL BIG BAND CONCERT 2014を聴いた夜

2014.7.24(木)sun~曇り~夜になって雷雨thunder

暑さは続き、体調不良がまだ少し残って、今日も自宅でゆっくり。ムシムシした陽気に滅多に入れないエアコンの除湿を入れてみたら、やはり快適scissors

今日のランチはテラスに沢山出来る紫蘇の葉を摘んでハムとチーズとアボカドと共にはさんだサンドイッチ。サラダに西瓜にトマトジュースに珈琲と。いつもと余り変わりは無いけれど、紫蘇が夏バテ予防に効いてくれればいいのだけれど。

 car 渋谷へ出かけた日は

2014_0717_162445dsc_6016

梅雨明け前。不安定なお天気が心配だったけれど、渋谷行きのこの日は幸いにも雨風に悩まされること無く

2014_0717_182724dsc_6028
無事
2014_0717_181854dsc_6021
渋谷文化村に到着。

2014_0722_122529dsc_6121
5月からチケットを取り寄せ楽しみにしていたオーチャード・ホールでのコンサート。

山下洋輔さん率いる総勢16名のベテランぞろいのスペシャル・ビッグ・バンド・コンサート2014。

パート1 組曲「展覧会の絵」パート2 交響曲「新世界」より。パート1・2ともに、ジャズで演奏されるクラシックの名曲で、ドライブ感溢れる演奏が続いた。トロンボーン始め、フルート、トランペット等のソロ演奏も素晴らしいし、山下洋輔さんの激しくも美しいピアノの音色とベース、ドラムスとのトリオも絶妙で、ステージ上で繰り広げられるビッグ・バンドの演奏に惹きこまれていった。山下さんの軽妙なトークに笑いも誘われ、特にパート2の家路にも心安らいだ。コンダクターの松本治さんのトロンボーンをパート2で初めて聴くことができた。たゆとうようなゆったりとした音色に又しても心安らいだ。激しさと時に安らぎとスイング感が交錯するビッグ・バンド演奏にステージの終わりが近付くほどに興奮は高まり、この夜も思い切り楽しみ酔いしれる事が出来た。
2014_0720_122953dsc_6075

今回演奏されなかった「ボレロ」が入っているということでステージ上の山下さんから紹介のあったCDを帰りに購入。この日の出演者全員のサイン付きでした。「展覧会の絵」「新世界」「ボレロ」どの曲も大好きな曲ばかり。楽しかった今回のジャズの宵を思い起こしながら楽しめる1枚。

  コンサート前のひと時

2014_0717_181750dsc_6020
文化村1階のフラワー・ショップのディスプレーが素敵tulip

2014_0717_182828dsc_6030

1階から文化村の外に出てみた。

2014_0717_182907dsc_6031
大向小学校跡に出来た東急本店、そして文化村と子供の頃から見ると随分変わってしまったこのあたり。それでも文化村の反対側には昔懐かしい松涛町らしい景色が残っていた。

2014_0717_154034dsc_5997

大切な青春の一頁が昔ここの奥にあった。百軒店入り口のアプローチは又変わったような気がした。もとより青春の頃建ち並んでいたジャズ喫茶は今は一軒も無くなってしまい淋しい限りcoldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

散歩道は夏の花真っ盛り!けれど熱中症にはご用心です。

2014.7.23(水)sun3日前の夜に降った激しい雷雨はやはり梅雨明けへの前兆だった。待ちに待った梅雨明けが、関東にもやってきたscissors

  買い物道に咲く花達

2014_0721_131949dsc_6088
鬼百合が咲いていたので、車を降りてパチリしようとした瞬間、蝶がふわりと飛んできて百合の花に止まったcamera

2014_0721_131854dsc_6085
市の花向日葵も満開sign03

2014_0721_131918dsc_6087
ノウゼンカズラも今が盛り

    買い物帰りは谷戸山公園で短いお散歩

2014_0721_140835dsc_6096
広場には百日紅の花

2014_0721_141102dsc_6100
花壇の中には猫じゃらしが揺れて・・・・

2014_0721_141527dsc_6103
梅雨明けだったこの日も炎天下は暑かったけれど、谷戸山の森林の中に入り、歩きだすと気温がすっと下がったように涼しくなった。暑い夏の日散歩に何て贅沢な散歩道。

2014_0721_142102dsc_6106
東屋の屋根の上に育った植物のつるが下がり、涼しげに揺れていた。

2014_0721_142411dsc_6108
萩の花も咲き始めた

2014_0721_143251dsc_6110

テニスコート上のフェンスの向こうに野苺のような赤い実。まだ蝉の音は聞こえなかったけれど、蝶が元気に力強く飛び回り、小鳥の鳴き声がこだました森林散歩も帰り道の終盤はさすがに暑くなってsweat01

  coldsweats02 今日はダウンdown

梅雨が明けた途端の暑さは半端では無く、一昨日の谷戸山散歩、昨日も買い物、夕方は近隣散歩と暑さに負けない体力づくりをしなければと頑張った途端、今日はついに生まれて初めての熱中症状態に襲われてしまった。外出続きで、今朝は朝飯前のお掃除をと思って、うっかり水も飲まずに始めてしまった掃除機かけ。途中掃除機にゴミ捨てサインが出たので、テラスに出てしゃがんで溜まったゴミ捨ての処理をして屋内に戻り、続きの掃除を一部屋済ませた位で、急に背中が強張り凍りついたように痛くなった。顔はほてり真っ赤に、動くことも出来なくなってしまった。急な不調に声も出ず、何とかベッドまで歩いて痛い背中を労わりながら横になった。

夫が姿が見えなくなったことに気付いて見に来てくれて、冷やしたタオルを持ってきてくれたり、うちわであおいでくれたり、お腹も空いたままでは毒だと思い、痛みをこらえて一旦起き上がり、いつも通りの朝食を全て食べてから、氷水を飲んだりしているうちに眠くなり、食後はベッドに戻り1時間程ぐっすり眠ってしまった。起きてから夕方まで続いた背中の痛みは、昨夜体操で伸ばした凝りの後だったようで、夜になるころには普通の筋肉通と思えるまでに回復。けれど、最初は何が起きたかと思うほどの痛みと経験したことの無い体調に、慌てて血圧や体温も測ったりしたけれど、いつもとそうは変わらなかった。

コンクリートの床の上で太陽の照り返しを受けながら掃除機のゴミ捨て位でと思ったけれど、暑さの中で、水分補給もしないまま、そして朝食前という状態が、年を重ねた体にとっては耐えられないものだったようだ。この暑さは、もうそう簡単に勝てる年齢では無いことを肝に銘じなければと反省することしきり。テラスで倒れてそのまま・・・なんて、恥ずかしながらありうるかもと思い至った今日の出来事。

まだ元気な蝉しぐれは聞こえないけれど、夕方になって我が家の前の公園からカナカナカナとヒグラシの鳴き声が聴こえて来た。

夏本番、今日も熱中症で搬送された方達の人数が四百何十人とのこと。

皆さまもこの夏の暑さ、くれぐれもご用心の上楽しい夏をお過ごしくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

副島輝人さんの告別式にて。

2014.7.20(日)cloud 梅雨明け宣言待たれる日々。朝方の晴れ間は曇り空に変わっている。不安定な天候に振り回されながらも、ここ数日の大切な外出時には空が味方をしてくれたような静かな陽気に助けられた。

ジャズを、新しき芸術の発展を心から愛したジャズ評論家の副島輝人さんが、今月12日に亡くなられた。夫の学生時代の親友副島恒次さんの兄上である。夫が学生だった当時、恒次さんのお宅を訪ねた折には、お兄様のコレクションである先鋭的なジャズのレコードを聴かせていただいたこともあると言う。元より父親譲りの古いジャズなどを聴いていた夫が恒次さんとのお付き合いから更に深くジャズの世界にのめり込んでいったことで、その後の人生が決定づけられていたのかもしれない。

2014_0718_130024dsc_6051

新聞のニュースで知った輝人さんの告別式は18日だった。

夫が結婚をした後も親友とそのお兄様の輝人さんご夫妻にはどれほどお世話になったことだろう。当時渋谷の百軒店にあった小さなジャズ喫茶「ありんこ」で結婚のお祝いのパーティーまでして頂いた。その後脱サラした夫とジャズの店を始める時も店の看板を作っていただいたり、様々な形でお世話になっている。20数年の長きにわたりジャズの店などを運営したあと、時流の変化を受け、別の道を歩み始めた私達だったが、ジャズは何時も身近にあり、今に至るまで幸せな時を過ごす為のかけがえのないパートナーとなっているnote

2014_0718_131845dsc_6063

告別式の始まる少し前に式場に到着。祭壇前の棺の中に昔の面影が思い起こされるお顔のまま、安らかに瞳を閉じておられた。夫と共に手を合わせ「有難うございました」と、心からの感謝の念が湧いてきた。ジャズがあってよかった。輝人さんの奥様にはお悔やみと共に、自分達のこれまでの年月の報告もさせていただいた。輝人さんご夫妻は何時も仲良くご一緒で、温かな笑顔を絶やさない方達で、「ありんこ」のパーティの時も優しく微笑んで見守って下さった奥様の表情は今でも忘れる事が出来ない。

式は、宗教色の無い形式で進行。MJQの曲や佐藤允彦さんの「パラジウム」が流れる中、親しかった方達の真心こもった弔辞やスキャットから始まる弔辞へと続き、突然後方から前衛的な音楽が聴こえてきたり、列席者の中から若い女性達2・3人が立ちあがり、共に前衛的な舞踏と下の写真の大きな人形のパフォーマンスも加わってこれまで経験したことの無い賑やかな葬儀となっていった。「渋さ知らず」のメンバーの方々の熱演だった。前衛ジャズや芸術をとりわけ熱く応援されたりお世話された故人に相応しい式であった。

そして、生前の輝人さんのこの日の為に用意されたメッセージが会場内に流れた。あちらの世界に行っても閻魔大王にだって屈っすることなく過ごされるという言葉が強く心に残ったことだった。

2014_0718_130847dsc_6057

出棺を見送る大きな人形の動きを見事に操るメンバーの方達。

   bud夏を迎える前のミニ薔薇が

2014_0720_132604dsc_6076

又蕾をつけ開花し始めたbud

50年以上にわたりお付き合い頂いたことに深く感謝・・・・

                             合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の後の公園散歩に心いやされて・・・♪

2014.7.13(日)cloud台風8号の猛威と豪雨で、各地に大きな被害と命を落とされた方や沢山の怪我をされた方達など、7月の始めからの大きな台風被害。本当に地球上の気象状況に油断が出来ないという怖い時代になった。

皆さまのお近くは大丈夫でしたでしょうか。

関東の我が家の近隣は幸いなことに、予報された程の大きな被害も無く、無事に翌朝を迎える事が出来た。そして台風一過のような好天にも恵まれた。

被害に遭われた地方の方々には心からお見舞い申し上げます。

とともにいつ何時身近に起こるかもしれない気象の変化に対処できるような準備位はしておかなければと、今回も貴重な教訓を頂いた。そして日々の暮らしはその日その時を出来るだけ心豊かに和やかに暮らしておかなければとも思ったことだった。平和な時はもしかすると束の間の幻のように消えてしまうこともあるやもしれず。そんなこともしみじみと考えさせられる気象の変化。加えて最近はいつ何時遭うかもしれない事故や犯罪と。用心することに越したことは無い筈だから。

        house 洒落たガーデニングを楽しみながら bud

怖かった8号台風の去った翌日の夕方は緑豊かな自然を求めて出かけた素敵な場所。

2014_0711_170212dsc_58592
花が終わったあとも、こんなにモワンモワンに変身して目を引くスモーク・ツリーeyesign032014_0711_170147dsc_5858

お庭に伏せてる猫は初めて会った子cat

2014_0711_170049dsc_5855

スモーク・ツリーが、スチール製のベンチとマッチしてる

2014_0711_170242dsc_5860

純白の百合が咲いていたbud

2014_0711_170355dsc_5863

洒落た窓辺のあしらい

2014_0711_170416dsc_5864

内庭の鉢の置き方も

2014_0711_170317dsc_5862
ちょっと憧れてしまうヨーロッパ風のガーデニング

2014_0711_170540dsc_5867
水面にはスイレンの蕾が顔を出し

2014_0711_170607dsc_5868

水辺を彩るプランターの花々も

2014_0711_170814dsc_5871
ポーチの下には青いベンチが用意されて一休みもできる

2014_0711_170847dsc_5872
プランターの向こうには外の豊かな緑も見えて、

2014_0711_170937dsc_5875

心安らぐ夕暮れ前のひと時。その場所を一歩外に出れば

2014_0711_170950dsc_5876
急に和風情緒豊かな建物ばかり

2014_0711_171006dsc_5878
暮れゆく前の夕陽が照らし出す和風建築。どんな方がお住まいだろう?けれど建物の中に入った人は誰も居ない。入りたくても入れない。ここは建物の外壁だけが建つ場所だから。洋風のガーデニングも和風の建物の中も興味があるけれど、今ならやはり洋風の方が住まいがってはいいかしらなんて、勝手にあれこれ思い描きながらの楽しい散策路。

2014_0711_171351dsc_5885
台風8号が去ったばかりの夕方、前日風雨にさらされ洗われた緑が、活き活きと園内を包み込んでいた。11日県立相模原公園内散歩。

Dsc_8569

帰宅する頃、暮れ始めた東の空から満月に近い月が昇り始めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麻溝散歩最後は猫達とバイバイする場所♪

2014.7.9(木)cloudrain沖縄、九州、新潟と台風と豪雨の被害が相次いでいるようだ。テレビの画面から流れる光景もこれまでの台風のイメージでは無い想像を絶するような光景で、こんなに各地の被害が大きくて大丈夫かしらと心配になる。もうこれ以上の被害が出ませんようにと願うしかないのかしら。

我が家の周りだって、今しがた又雨足が強まってきた。小雨の夕方はカラス兄弟の甘えんぼ君の鳴き声が「また雨だよ~!グガァ~グガァ~」というような鳴き声が喧しい位続いたけれど、夜になって木の枝の巣にでも戻ったのかやっと静かになった。この辺のこの後の雨はどうなるのかしら?ここ数日は皆さまもくれぐれもご用心なさってお過ごしください。

  car車窓から見た街中の花壇

2014_0706_165632dsc_58192

駅前大通りの車道の中央分離帯に植えられた真っ赤なお花はサルビヤでしょうか?

  clover麻溝公園とお別れの時間cat

2014_0703_164606dsc_5735_2

動物広場からの帰りは花の谷に下りてゆく。クレマチス用のフェンスも設けられている。

2014_0703_164710dsc_5738

花壇のコスモスやアナベルを、も一度覗いてから

2014_0703_164752dsc_5742_2

夢ちゃん達の居る場所に。お昼寝から起きた夢ちゃんとマイケル。猫好きの外国人の女性と猫大好きそうな紳士が両サイドから夢ちゃん達を見つめていた。

2014_0703_164934dsc_5744
何年ぶりかの紫陽花とニャン丸のツーショットcamera 「初めて会った頃もこの丸太の上で紫陽花の花に囲まれてまどろんでいたネ!」

2014_0703_165115dsc_5745

暑さの夏は沢山お昼寝をしないともたないのかも。よく寝る子たち。パンダもいたけれど、猫好きの男性が席を離れると同時にその後をついて行ってしまった。外国人の女性に「猫がお好きですか」と聞いてみたら、素敵な笑顔で「大好き」とおっしゃった。ここの猫達が大好きとのこと。いろんな人たちが夢ちゃんやニャン丸やパンダ達に心いやされいる。素敵な猫広場catcatcat

2014_0703_165256dsc_5747

斜面にも

2014_0703_165419dsc_5751

花壇にも

2014_0703_165353dsc_5750

純白のアナベルが咲く季節。この花の下はパンダのお気に入りの場所。元気な猫達とも会うことが出来た楽しかった麻溝散歩の日。

thunder夜7時半、今しがた轟いた雷鳴。今夜は雷の音にも悩まされそう。雨足も更に強まってきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の出来事と先日の麻溝公園動物広場の様子♪

2014.7.8(火)sun梅雨の晴れ間、それとも嵐の前の静けさ?今日の神奈川はそんなお天気。沖縄では強風吹き荒れ、傘をさすこともできず、立っていることも困難な状況のようで、沢山の警報が出されている。強烈な台風は予報の進路通りなら週末に向けて関東地方に来ることも。

朝食の準備中、そろそろオリーブオイルが無くなりそうな事に気が付いた。先日2本購入した筈のオリーブオイルがあるので、取り出そうとすると、無いsign02「おやおや」???どこかに置き間違えたかと探しても無く、車から下ろし忘れでも無いことを確認。家計簿内の購入日を確認。先月末に確かに買っている。そして思い出した。同じ商品の売り場が2ヶ所にあって価格が違っていたので、当然安い方を選んで購入したのだが、レシートには高い方の価格で打ちこまれていた。その場で気づいたので、その商品と打ち間違えのレシートを持って行き、担当者が売り場を確認しにゆき、2種類の価格の展示とレジミスということで、差額の返金を受けていた。その折、お詫びと「ありがとうございました」の言葉を聞いて迂闊にもその商品を受け取らないまま、帰ってきてしまっていたようだ。

今日になって、それに気づいてその店まで出かけ、まずは忘れ物で聞いてみたが、売り場のノートに記載は無く、上記の状況を説明すると、少し奥にある返金等の記録のある書類をすぐに確認して「確かにあります」ということで、無事500ml入りの2本のオリーブオイルが手元に戻ってきたconfident 昼食の準備を始めて最後の一滴まで使い、夕食時には全くゼロになるところだった。こちら側の確認のミスはあったけれど、そもそも同じ商品で賞味期限の差も無い品の「価格が違うことだけは、きちんと改めて欲しい。それさえなければ、こんな煩わしいことも起こり得ないのだから」と、「上の方に必ず伝えてほしい」と念を押すことだけはしてきたけれど。同じ系列の店舗でしばしば見かけるこの状況は、人出不足なのか何なのか、買う側にしてみれば公正でない売り方である事は間違いないと思う。小さな事ではあるけれど、こちらはこんな些細なことで1時間以上も時間がかかってしまい、受付の係りの人は商品を取りに店内を走り回る事になってしまうbearing 

   bud 我が家の生き物 bud

2014_0705_161509dsc_5816
公園の木々の先に伸びた新芽の先には花も咲いているようだ。

2014_0705_161340dsc_5814
木々の新芽に向かって「咲いたの~?」と話しかけるように、テラスのフェンスから頭を出して咲く瑠璃茉莉bud

2014_0705_161734dsc_5817
そして瑠璃茉莉のお隣のプランターの土がモコモコ動いているのに気が付いた。小さなシャベルで土を少し除いてみたら、蝉の幼虫らしき姿が。パチリした後はすぐに土をかけておいた。これと同じような幼虫、すでに他のプランターの2ヶ所でも見つけている。毎年夏の終わり頃に我が家のテラスの床に転がっている蝉のご遺体。我が家の植物のどこかに卵を産んでから命を落としていたのだろう。地上に出るまで何年もの間土中で暮らす蝉の幼虫。いつかここから無事に飛び立っていけますように。

  club 麻溝公園ふれあい動物広場 horse

2014_0703_163127dsc_5706
いつも欠かさず愛犬のお散歩をしている少女

2014_0703_163209dsc_5707
この日も笑顔を浮かべて立っていた。
2014_0703_163308dsc_5708
久し振りに動物広場に行ってみた。

2014_0703_163329dsc_5709
入り口すぐの場所では木馬がお迎えcarouselpony

2014_0703_163446dsc_5710
小さな体でスピーディな動きのリスザル。一時もじってしていないのでボケた写真しか写せず残念sweat01

2014_0703_163624dsc_5713
2匹のトンちゃん達は豚舎の入口で仲良くごろんたsleepy

2014_0703_163807dsc_5716
馬場では4頭の仔馬達が調教中のようで、お姉さんの指示に従い列になって歩いたり

2014_0703_163809dsc_5717

2014_0703_163939dsc_5723

走ったりhorse 元気な仔馬達の様子を見ていたら、なんだかこちらまで元気な気分にup

2014_0703_164353dsc_5731_4
動物広場はもうじき閉園。

2014_0703_164435dsc_5733
再び紫陽花咲く広場に

2014_0703_164508dsc_5734
犬とお散歩中の少女が見送ってくれた。

2014_0703_164641dsc_5737

花壇の向こうのアナベル咲く出口近くの夢ちゃん達、もうお昼寝から起きたかなcatsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麻溝公園花園散歩と姪から届いたCDを聴いた今朝♪

2014.7.7(月)raincloud大型の台風8号が沖縄に近付いているという。最近の気象状況の事を思うと、大きな災害とならないことを祈るばかり。

cd今日は、アメリカ在住の姪から弟経由で届いたアトランタでのライブ演奏を録音したCDを聴いた。現地のミュージシャン達とのライブは何度もセッションをしている仲間達だろうか。本場で培われている彼女のジャズ環境が更なる上達に繋がるのか、昨年の里帰りコンサートから更に階段を何段も上がったような演奏となっているようで、思わず楽しいひと時となった。各プレーヤーの名もピアノの姪以外の名前はわからないし、曲名も書かれていないアルバムだけれど、後半の弾き語りは現地で暮らす彼女の英語も流暢で、英語と日本語で歌う持ち歌は、昨年のライブで聴いた時より一段とよくなっている。まだ若い姪のこれからが更に磨かれてゆく事を星に祈ろうnote

今夜は織姫と彦星の1年に1度の逢瀬の日。その天の川は見られるだろうか。

  night ささのは さらさら のきばにゆれる

2014_0706_170451dsc_5823

七夕飾りが、コミセン前で揺れていた。

2014_0706_170852dsc_5824

願い事を書いて結んだ幼い頃の思い出は蘇るけれど、何と書いたか思い出すことが出来ない。きっと他愛の無いことを描いたに違いない。

2014_0705_161048dsc_5808
七夕の日の2日前、どこかで作った七夕飾りを持った子供達の姿が見えた。

2014_0705_161120dsc_5811

束の間に見えた光景だった。まぼろしのように通り過ぎて行った七夕飾りを持った女の子。どんな願い事を書いたのだろう

  clover麻溝公園に咲く花々

2014_0703_162157dsc_5692
コスモスが花壇で風に吹かれて軽やかに揺れていた。

2014_0703_161858dsc_5687
百合は楽しげに歌っているようなnote

2014_0703_161835dsc_5686
其々の花達が
2014_0703_162222dsc_5693

今を盛りと咲いている。

2014_0703_162348dsc_5694

歩を進めれば、まだまだ見頃の花達

2014_0703_162518dsc_5696

森のカフェ下斜面には青い額紫陽花

2014_0703_162615dsc_5697
側にあったネームプレートには“PBゲーシー”という名が書かれていた青い紫陽花

2014_0703_162813dsc_5703
赤い額の紫陽花も満開

2014_0703_162838dsc_5704

この前会った猫達に会えるかなと森のカフェ付近を歩いたけれど、時間が少し早かったのか、姿を見かける事は無かった。

2014_0703_163016dsc_5705

反対側の斜面の花壇の上はセンター広場。思いがけず花壇と広場のカリヨンのツーショットが撮れたcamera

                 (7月3日麻溝公園にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純白のアナベル咲く麻溝公園散歩♪

.2014.7.5(土)rain梅雨時らしい雨が夕方まで降り続いた。気温は低く上着が欲しくなって。

最近車で走ると、あちこちの街路に丈高く咲いている立ち葵が見頃だ。

2014_0703_153414dsc_5653

  cloverそして紫陽花も

2014_0703_155534dsc_5656
紫陽花と言えば麻溝に。公園の駐車場脇通路の両側に紫や青い紫陽花が満開。この花は相模原市の花でもある。

2014_0703_165446dsc_5754
麻溝のいつもの入り口付近では白いアナベル種の紫陽花が満開

2014_0703_165433dsc_5752

あちらにもこちらにも白い紫陽花

2014_0703_160736dsc_5673

白い紫陽花と言えばパンダやニャン丸と、この白い紫陽花が咲くころに初めて出会った。この日、白い紫陽花の花の側にいた子は夢ちゃんだった。

2014_0703_160759dsc_5674

アナベルより真っ白な毛と背中の真ん中に黒い模様。夢ちゃんと知り合ってからも3年が経った。もうすっかり大人の猫。初めて森で出会った時の夢ちゃん兄弟のパフォーマンスは今でも忘れられない。

2014_0703_160838dsc_5675
白地に赤い模様の紫陽花も

2014_0703_161111dsc_5676

まだ新入りのような子猫ちゃん。紫陽花の花畑から出てくることが出来ない。早く先輩達に交じって出ておいで。

2014_0703_161335dsc_5677

パープルが美しい額紫陽花。その後方にも沢山の白い紫陽花が満開の様子

2014_0703_161446dsc_5678

夢ちゃんは、お昼寝タイムのようで、丸太の上

2014_0703_161549dsc_5681

マイケルはどこに行くのかな?

2014_0703_161713dsc_5683
花壇には百合の花が満開

2014_0703_161939dsc_5688

ハーブの花や名前を知らない花も満開で、それぞれの花からの何とも言えないいい香りが一面に漂っていた。

2014_0703_162039dsc_5690

足元を見れば地面をはうように、こんなに色鮮やかな葉の植物も。

2014_0703_161730dsc_5684

黄色い百合も咲いている。百合も種類が豊富で其々の名前は中々覚えられない。猫達のお昼寝の間は、季節のお花を楽しみながら園内のお散歩をしてこようconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日の薬師池公園、蓮の咲き具合はと出かけてみた♪

2014.7.4(金)cloudraincloud~?

不安定なお天気、一日降ったり止んだりだった。今朝は2カ月ぶりの病院予約日。体調はまあまあなので、検査は無く処方された薬を薬局で受け取っても、お昼までまだ時間があったので、久し振りに薬師池の古代蓮の咲き具合が気になって行ってみた。途中雨は降ったりやんだり。うまくゆけば薬師では止んでいるかしらと淡い期待を抱いてみたけれど、残念ながら傘なしでは歩けなかった。

   clover 薬師池公園にて  

2014_0704_111359dsc_5755
駐車場内から公園側への出口付近の桜の木が腕を挙げて歓迎してくれた。一つ目小僧のような顔をしてeye

2014_0704_111551dsc_5757
園内の大賀ハス、午前中ならまだ閉じる前の花をみられるかしらとの期待は大外れで、まだ花の数自体が少なく、大きく育った蓮の葉ばかりが目立っていて田の周りや木道の上から、花を探しながら散策。最初に見つけた花は、背の高い葉の陰で、チビの私からは花の姿は上半分位しか見えないsweat02

2014_0704_111713dsc_5761
しばらく歩いて、8分咲き位の蓮が一輪。この花を見つけた時は嬉しくなり、後から傘をさしてこられる方たちにも「ありますよ!」とお声をかけると、皆さん喜んでパチリ・パチリcamera

2014_0704_111902dsc_5765
雨降りの日は大きな葉の中心に雨水がたまり、まるで宝石のように美しいshine

2014_0704_111950dsc_5767

蓮田の水面は空の色や葉の影を映し、赤く染まった葉が浮いていたりと花を探すだけでは無い楽しみも。

2014_0704_112119dsc_5768
そんな中で見つかる蕾も

2014_0704_112158dsc_5769
蓮の葉の上で溜まりすぎた雨水が時折、シャーっと音を立てて田に流れ落ちる。

2014_0704_112232dsc_5770

ペンダントにしたくなるような大粒の宝石shine

2014_0704_112549dsc_5772
そして、まだ7月に入ったばかりというのに、早くも萩が一部咲き始めていた。

2014_0704_112654dsc_5776
霧のような雨粒が小さな萩の葉の上できらめいていたshine

2014_0704_112856dsc_5779
松の木越しにも蕾を一つ見つけたsign01

2014_0704_113019dsc_5782
田を漠然と見まわしても花の姿は見えず、傘の花の方が目立っている。けれど傘の花のある場所には大抵蕾か花がhappy01雨で人は多くないけれど、皆さん傘をさしながらパチリ・パチリcamera

2014_0704_113220dsc_5787
「明日咲くわよ」そんな声が聞こえてきそうな大きめの蕾発見sign03

2014_0704_113226dsc_5788
花は少なかったけれど、雨降りの水滴が飾る蓮の葉の美しさを堪能することが出来たのも嬉しい経験だったlovely

2014_0704_113320dsc_5790
紫陽花の額の上にも雨粒が一杯sweat02

2014_0704_113331dsc_5791
薬師の青い紫陽花もとてもきれいsign03

2014_0704_113415dsc_5794
雨に濡れた薬師の蓮田

2014_0704_113836dsc_5802
出口が近付いた最後に、程良く開花した蓮を見つけたscissors

2014_0704_114712dsc_5805
帰り道、赤い屋根の建物によく似合う、ノウゼンカズラの花がたわわに咲いていた。

2014_0704_132420dsc_5806
最後は、帰りのランチに寄ったファミレスの窓の外に置かれた鉢植えの薔薇の花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンターが届いたので&谷戸山の合歓の花♪

2014.7.2(水)sun梅雨の晴れ間は窓の外から爽やかな風が入り、まだあまり上達しない今年生まれのカラスのしわがれた鳴き声が聞こえてくる。4羽生れたうちの一羽がとりわけ甘えんぼのようで、しわがれ声の鳴き声が耳に付く事が多い。

  pc回りが変わった

2014_0702_110224dsc_5646
先週の土曜日、前にちょっと不調気味の我が家のプリンターの話をしたら、「一台余っているのがあるから上げるよ」と言われていたまだ新しいプリンターを息子夫婦が届けに来てくれた。これまでの物はプリント機能のみだったので、コピーにスキャナー、カードをプリンターに挿入して直接プリントが出来、しかも無線機能まである。まだすべての接続は終わらないけれど、取りあえずコピーは出来た。それが一番欲しかった機能。

年初のチラシで見つけたスペックが2TBもあるのに格安だったので、思わず衝動買いしてしまったデスクトップPCの隣に大きさもぴたりと違和感なく収まった。これまでのプリンターはPC画面から内部の掃除などをしたら元通り使えるようになっていたので、PCデスクの下に置いて有線使用出来るようにセッティング。

2014_0702_110352dsc_5650
ついでに、机の上に積み重なっていた郵便物やレシートなどを片付け、更にそれらの一時保管用に、デスク周りの壁に小ぶりの紙袋や、フォトアルバムのカバーケースが沢山あるのを思い出し、長芯の画鋲で壁に止めて状差しや小物整理用に取り付けてみたら、ちょっと片付きやすくなりそうで嬉しくなったhappy01 (随分遅まきながら、ちょっぴり片付けることが楽しいと思えるようになってきた今日この頃)coldsweats01

けれどせっかく買った2TBのPCは今のところ余り出番が無く、PC仕事は未だにダイニングテーブルの上のノートPCばかりが稼働。こちらのスペックが残り少なく不安で年中内部の要らないファイルの処分をしながらsweat01デスクトップは、今のところもしもの時の安心用に待機中pcsweat01

  clover谷戸山の合歓の木

2014_0623_170431dsc_5593
紫陽花散歩の後、テニスコートの外側から園内に入ってゆくと、合歓の花がきれいに咲いていた。

2014_0623_170342dsc_5590


2014_0623_165955dsc_5587

これは何の花だったかしら?名前を忘れて・・・sweat02

2014_0623_171234dsc_5603
伝説の丘に向かう斜面途中には、いつものように六地蔵さんが待っておられる。

2014_0623_171543dsc_5605
伝説の丘から眺める丹沢の山々
2014_0623_171821dsc_5607

額紫陽花と東屋

2014_0623_171951dsc_5609
ホタルブクロの花

2014_0623_170550dsc_5597

今年は花の見頃に来られて嬉しかった合歓の木。(6月23日谷戸山公園にて)

2014_0628_154702dsc_5631

これは我が家の窓から下に見える公園の木。下から見上げるだけでは分からないこの季節の木々の様子。新緑だった木々の色は深まり、枝先から新たな新芽が湧きでるように育ち小気味よく風に揺れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花散歩と向日葵の花♪

2014.7.1(火)sun日々の過ぎゆくスピードが何て速いのかしらsign02カレンダーを見ればもう7月。

不安定な天候が予想されていたが、今日の我が家の周りはまあまあのお天気だった。しばらく買い出しや近場散歩などで片付かない家の中を、ほんの少しながら片付けたり掃除をしたりで一日過ごした。

2014_0628_122603dsc_5624

3日前、今年咲いた我が家の一輪目のくちなしの花bud

  clover 紫陽花散歩

2014_0623_165251dsc_5568
買い物帰りの散歩に立ち寄ろうと、谷戸山の北口駐車場に向かう公園沿いを走っていると、色とりどりの紫陽花が咲いていた。

2014_0623_165404dsc_5572
車を停めてからすぐに園内に入らず、
2014_0623_165428dsc_5574
公園外周の紫陽花見物をすることに

2014_0623_165517dsc_5577


2014_0623_165540dsc_5579


2014_0623_165600dsc_5580

2014_0623_165618dsc_5581


2014_0623_165634dsc_5582

2014_0623_165655dsc_5583

おもちゃの縫いぐるみみたいな格好に咲いた紫陽花。何だかやんちゃな男の子みたいhappy01

2014_0623_165810dsc_5584
6月23日、まだ蕾から咲き初めている花も。

2014_0623_165909dsc_5586

何度も来ていて、この季節のここが紫陽花の穴場である事に気づかなくて。この後は楽しみにしていた花も咲いていたので、次回はその花を様子を。

 sunその前に、

2014_0629_125603dsc_5636

6月29日、お天気のいいうちに買い物に出ようと2階駐車場で車に乗ろうとしたら車内の熱気が物凄くて、ドアを開けて風を通してから乗り込む事に。不安定な天候が続く中、まるで夏のような陽気sweat01

2014_0629_134913dsc_5641
買い物先の駐車場前の歩道際には、もう向日葵が長い列を作り満開に咲いていた。梅雨明け前だというのに、空も景色もまるで夏だったsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »