« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

ソチ五輪が終わった。雪の後の麻溝の猫達に会いに行った♪

2014.2,26(水)sun 国を上げて盛り上がっていたようなソチ五輪も終わった。今回は深夜時間帯の放送ばかりだったので、日中の報道番組からの情報と、好きなフィギュアだけは録画をして観戦。羽生選手の金メダル、浅田選手の痛恨のSp16位からフリーの完璧な演技で6位という成績にメダルこそ無かったものの、あの2日間の感動は並大抵のものでは無かった。葛西選手に続くレジェンドとなりうるような浅田選手の快挙scissorsそれにしても沢山の感動をもたらしてくれた日本選手の皆さんの活躍には、本当に疲れ様でした。

  cherryblossom春がそこまで

2014_0226_162118_dsc2383

夕方、散歩を兼ねてお使いに出ると、枝垂れ梅が春の香りを放ちながら見事に咲いていた。

2014_0226_162736_dsc2391

陽の光も日増しに春めいてきている。雪どけは所によりの状況。

  cat久し振りに麻溝に行った日

2014_0223_165228_dsc2306

走る車窓から公園の展望台をパチリ!

2014_0223_170256_dsc2310

雪の後の猫達の様子が気になって、まずは園の反対側から。猫好きのお兄さんの前でゴロンタをしてから、慌てて起き上がる夢ちゃんcat 散歩道の両側は3日前で、まだこんなだった。

2014_0223_170347_dsc2311

この間は、余り仲良くなかった夢・チビコンビが同じベンチ上にcatcat

2014_0223_170838_dsc2313

お食事を済ませたチビはベンチに残り

2014_0223_170951_dsc2316

夢ちゃんは植え込みの中に。寒い雪の中でも丸々太って元気sign03

2014_0223_171635_dsc2318

公園入り口から園内を見ると、まだまだ雪景色が広がっていた。

2014_0223_172054_dsc2324

花壇の土も真っ白な雪に覆われて

2014_0223_172125_dsc2326

ニャンマルとマイケルと写真の外に居るパンダがお食事中。

2014_0223_172235_dsc2329

ニャンマルはお腹が一杯。ご馳走さまだ。

あんなに寒い雪の日の猫達はどこで暖をとっていたのだろう。思ったよりみんな元気そう。けれどあの可愛いアビちゃんには会えなかった。優しいお兄さんによれば「昨日は居ましたよ」とのこと。ただし大分元気が無かったということを知らされて、とても心配にcoldsweats02 最後に会った日は、近くまできて立っている私の足の上に伏せたり、出口まで見送りにきてくれたのだった。あれから何度も来ているのに、会えないままもう4ヶ月以上も経っている。寒さに負けずに元気に春を迎えてほしいアビちゃんcat

2014_0223_172447_dsc2334

雪の残るを園内を少し散歩

2014_0223_172506_dsc2335

展望台はどこからもよく見える。公園の象徴のように。

2014_0223_173003_dsc2342

猫達の所に戻ってくると、夢ちゃんが向こうから公園にやってきた。ごめんね!顔にピントが合わなかったsweat01この日のニャンコ写真はピンボケばかりcoldsweats01

2014_0223_173459_dsc2351

パンダも

2014_0223_173544_dsc2353

マイケルもお食事が済んでまったり。カメラのフラッシュにも驚かないニャンコ達。そして知っている人達の匂いや乗り物の音などもいち早く聞きわけて、ニャーニャー鳴き声を上げながら待っていたりする賢い子達。ニャンコ達の定位置の雪が少なくなっていてよかったこと。早く暖かい春になるといいねsign03

2014_0223_163907_dsc2302

この日の市内、車道際の雪の様子。今日も所によってはまだ結構な雪の量。かくいう我が家のある敷地内の駐車場側の雪の山だって、まだこんもりと高い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソチ五輪に女子初メダル♪雪の残る芹沢散歩。

2014.2.20(木)cloud 雪になるかもしれないと言われた昨日からのお天気。寒いけれど、今日は取り敢えず曇りがちではあるけれど、まずは雪が降らなかったことが有難い。14日から7日目となる今日になっても、まだ孤立が続く地域は5都県にわたり約1500人の人が難儀をしているという。TVの映像で、家屋の中まで雪が積もるという惨事になっているを見て、この関東地方での出来事とは思えなかった。

flagソチからの快挙はスノボのパラレル大回転。竹内智香選手の女子初の銀メダルscissors

shoeそして、期待の女子フィギュアSPは、思わぬ展開となって。4年振りの国際舞台、世界の強豪が集まる冬季五輪で1位の座を守ったのは、やはり前回の金メダリスト韓国のキム・ヨナ選手だった。練習風景からは想像も出来ないほどの完璧な滑りが本番の氷上で演じられた。そして最終グループに入った日本女子選手の結果は鈴木明子選手5位、村上佳奈子選手15位、メダルに一番近いと騒がれ過ぎた浅田真央選手は転倒などのミスがあり、惜しくも16位という順位だった。期待の15歳のロシアの選手にも転倒があったが、それでも5位という結果。やはりオリンピックには魔物がいるのかと。最終的にはフリーの演技が終わる今夜の行方が大いに気になるところ。

 snow 2度の雪に包まれた我が家の花達が、公園に残る雪を元気に眺めていた昨日は、2014_0219_130617_dsc2231

用事を兼ねて、道路の残雪の状況などを見に出かけた。 

2014_0219_165432_dsc2295

大雪の後はまだ寒さが続いているけれど、所によっては紅梅が見事に咲き、春の兆しも。

2014_0219_161259_dsc2242

駐車場のある1階敷地には、まだこんなに積み上がった雪が。勿論2階の残雪もそう減ってはいない。あってはならないことだけれど、雪の重みによる2次災害なども気になるところ。

2014_0219_162951_dsc2257

時折散歩に行く芹沢公園を少し歩いてみようと立ち寄った。駐車場の日陰部分から手前までは積雪もそのままで、車も停められない。日当たりのいい反対側に何とか停める事ができた。

2014_0219_163148_dsc2260

谷戸山と同じように、ここも痛んだ木々が随分切り倒されて見通しがよくなっている。

2014_0219_163305_dsc2264

この日も、雪の残る森の中で、伐採作業が行われていた。

2014_0219_163417_dsc2265

余り日当たりが良くない児童遊園のある東屋付近はまだ一面の雪景色。

2014_0219_163533_dsc2268

日当たり次第で残雪の状況は全く違う。斜面の下に降りてゆく人もいる中、雪の中で又転んでも大変な事になるので、この斜面も

2014_0219_163722_dsc2271

下から登ってくるには結構きついこの斜面も眺めるだけ。

2014_0219_163949_dsc2275

園内の平地を歩いても、まだこれだけの雪が。

2014_0219_164031_dsc2276

一般道路に隣接したここはまだ銀世界。低灌木と山茶花が彩りを添える。

2014_0219_164428_dsc2286

雪解け水に映る人の影

2014_0219_164647_dsc2287

芹沢の木々は少なくなり、すっきりとして見通しがよくなっている。雪のある一般道路では車が通るので、こんなに安心して写真など撮りながら歩くことは出来ない。身近にこうした森林公園が何箇所もあることに感謝しないではいられない。

2014_0219_165003_dsc2293

園内雪道の短い散歩を終えて駐車場に。車を停めたお隣には雪のほこらが。

2014_0219_165020_dsc2294

融けかけたほこらには窓も出来て。

2014_0219_170522_dsc2296

用事を片づけるために街の方へ走ると、ガソリンスタンドの道路際には、こんなに高い雪の山。車道はほとんど大丈夫になったけれど、市内を走ればまだまだ大量の雪があちこちに積み上がっている。

2月もあと少し。来週位からは気温も上がり、春が近づいてくるようだ。けれど東京でも3月の末になって大雪に見舞われたことも子供の頃の記憶に残っているので、そう安心ばかりしてもいられない。

2014_0217_160126_dsc2228

イタリアンパセリの葉。2度の冠雪にも負けず元気に育っている。カレーの彩りに摘んできたら多すぎたので、グラスの中に水を入れてキッチンに飾った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪にソチと冬の話題は尽きない。生田緑地民家園続きも。

2014.2.18(火)sun雪の後のお天気が嬉しい。けれど、今回の雪はまだ融けず、各地で車が何日も立ち往生したり、各地の集落では雪に閉じ込められたりと、災害とも言える状況が続いているようだ。関東地方の近隣で、こんなに甚大な被害が出るとは夢にも思わなかったが、今後は個人も自治体も、また国レベルで、これまで以上に気象に対しての心構えを用心深くしなくてはならないと思ったことだった。

snow今回2度目に降った積雪の多さにご近所や夫と共に雪かきをした後は、滅多に使わない足腰の筋肉痛に襲われて、今日になってやっと幾らか楽になってきた。同じ建物に住む住人の年齢も自分達はもとより、すべからく高齢化が進んできている。これから先を思うと若かった頃とは違う心構えも必要になってくるのだろう。

2014_0216_130114_dsc2220

日曜日、駐車場2階の雪かきのあと。

2014_0216_125746_dsc2212

車の屋根に届きそうな高さまで積み上がった雪の山が幾つも出来た。雪かきで汗を流している最中に、「又来週も雪だよ」との一報を持ってきたご近所さんの一言に、思わず「又~!」とがっくり。今日あたりの予報では、もしかすると降らない可能性も(?)と言われているけれど。

2014_0216_130649_dsc2223

雪かき後に買い物に出かけた車道。スーパーの駐車場も同じような雪の山が幾つも出来ていた。それでも東京の奥地や山梨などに比べたらまだまだこの位で済んだことは有難いことだった。

 clover生田緑地の民家園

2014_0131_132852_dsc1403

1月の末に出かけた緑地。

2014_0131_132938_dsc1405

この日はお天気にも恵まれて、来園者の数も多かった。

2014_0131_133100_dsc1407

これで2度目の民家園。前回に回り切れなかった民家園見学を。

2014_0131_133510_dsc1409

立派な門構え

2014_0131_133717_dsc1413

途中の斜面には道祖神や庚申塔、馬頭観音などが長野県佐久郡から移されてここにおられる。

2014_0131_133801_dsc1415

長野県から移築された水車小屋。

2014_0131_133845_dsc1416

2014_0131_133947_dsc1419

長野県の名主さんのお宅だったという佐々木家住宅前庭

2014_0131_134002_dsc1420

お庭には昔懐かしい井戸もある。昔はここから水をくみ上げ、炊事に風呂の水に、生活全般の水として使われていた。夏は井戸の中で西瓜が冷やされていたこともあった我が田舎の井戸が思い出される。つるべで汲み上げる水は夏でも冷たく、喉を潤おしてくれた。

2014_0131_134018_dsc1421

井戸越しに見える合掌造りの家は富山県の江向家住宅。

2014_0131_134103_dsc1424

豪雪に負けない様ながっちりとした造り。屋根の勾配も急傾斜となっている。

 ski ソチからのニュースscissors

雪の記事で最後になってしまったが、ソチ冬季五輪、日本選手達の活躍が毎日大きく報道されている。

羽生選手達10代の若手選手達に続いて、何といっても41歳の葛西紀明選手の男子スキージャンプ・ラージヒルでの銀メダルのニュース、盛大な拍手喝さいが大きく日本中に響き渡ったことだった。そして葛西選手率いる団体選でも日本選手4人の活躍で銅メダルという快挙up 葛西選手の活躍はレジェンドと呼ばれるに相応しく、まだまだ続くようだ。次は黄金に輝くメダルが胸を飾るかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチの金メダル第一号は羽生選手!先週の雪が融ける間も無く、再び積雪。

2014.2.15(土)cloudsun ソチ五輪たけなわ。ついに日本に金メダルがscissors

羽生選手おめでとうsign03フリー競技では、ジャンプでの転倒などのミスはあったものの、トップの座を獲得。2位のパトリック・チャンとはわずかの差ではあったが、滑りの美しさはやはり羽生結弦選手ならではのもの。日本にとって初めての金メダルの授与は明日ということで、この日は3位までの選手に花束が贈られた。

2014_0215_113237_dsc2199

2014_0215_113518_dsc2200

2014_0215_114218_dsc2204

町田選手が5位、高橋大輔選手6位という結果だったが、高橋選手の演技の素晴らしさは言うまでも無く、今季で引退ということが何だか残念に思うけれど、長い間の活躍は本当に素晴らしいものだった。高橋選手には本当にお疲れ様でした。

 snow今朝起きたら雪は止んでいた。

2014_0215_093934_dsc2194

公園の雪はまだ融けていなかったけれど、木々に積った雪は大分落ちたようで、木のてっぺんには白猫が居る様な、その下には大きな白猫の顔もcat自然の造形が楽しい朝。

2014_0215_093419_dsc21832

植木鉢に積った雪で作った小さな雪だるま。もう少し大きくしたかったけれど、手が冷たくなってしまい、ここまで。超ミニの顔も無い雪だるまちゃんsnow

2014_0215_093613_dsc2185

こぼれ種から育ったナスタチウムの花。先週と今回、雪に包まれていたのに、その冷たさにも負けずに開花した。

2014_0215_093816_dsc2190

小さな雪だるまちゃんはひよこみたいhappy01

2014_0215_093905_dsc2193

公園の朝のうちはまだまだ一面の銀世界。時折どこかで、どさっと雪が落ちる音がする。午後は駐車場の雪かきで汗を流した。車は周囲をすっぽり雪で覆われてしまい、車路も車が走れる状態ではなくなっていた。ご近所の方々もそれぞれの車の周りの雪を片付ける作業中。1階に下りるスロープに近い場所の我が家も、車の周りからスロープまでの車路の雪かき。先週の積雪は問題にならない位の深さの今回の雪は30センチ以上の高さがあった。駐車場の周囲に雪を運ぶにも雪の上を歩いていくので、何度も足を滑らせて転んでしまった。1時間半位雪との格闘となり、疲れましたgawksweat02

「又来週も雪が降りそうですよ」という方もいらしたけれど、もうさすがに雪は御免こうむりたい気分。

 snow雪の後の谷戸山散歩続き

2014_0213_170121_dsc2069

長屋門を一旦出てから園内に入る場所までの斜面には赤いよだれかけのお地蔵さんが雪景色を眺めておられた。

2014_0213_165312_dsc2049

園内に先週の雪が残る景色。

2014_0213_170202_dsc2070

お地蔵さんの居る反対側の入り口を入り、斜面を登り始めると“本堂坂”の標識。周囲にあった木が切られている。

2014_0213_164432_dsc2032

昨年から沢山の木が切り倒されている。新たな木々の成長の為に痛んだ木々の伐採が進んでいる。まだ新たに切り倒される木には、その旨が書かれた札が付けられている。森の中には伐採された丸太があちらこちらに。

2014_0213_170242_dsc2072

谷戸山の中にあるように見えるけれど、園内では無い棚田のような景色。

四季折々変化する谷戸山の自然の中での森林浴を兼ねた散歩は、本当に気持ちが良くて、歩くことが楽しくなる散歩道。

2014_0213_170755_dsc2081

丹沢の冠雪した山々

2014_0213_171433_dsc2088

戻りの道の両側の木々も随分少なくなって、見通しがよくなっている。

2014_0213_171710_dsc2089

ここも園内のように見えるけれど、畑の部分は別に持ち主がおられる。畑の下にはテニスコートが4面くらいあるだろうか。この日も照明が入って夜間のテニス練習があるようだ。寒いけれど、かなりしっかり歩いておいたので、昨日の雪の一日は家での体操位で丁度よかった。

2014_0213_171825_dsc2091

“大根ガールズ“のダンスはまだ続いていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先週に続き又雪が。ソチの快挙。雪の残る谷戸山散歩。

2014.2.14(金)snow朝起きてみたら予報通りの雪だったsign03公園の地面も木々も早くも雪化粧を始めていた。今年の冬は本当に寒く、夜間睡眠中の暖房も中々切る事が出来ないでいる。

flag寒い中にも明るいニュースは、ソチの男子フィギュアショートで、日本の羽生結弦選手の世界最高点となる101.45点という見たことも無い得点で首位の座を獲得したことscissorsミスの無い完璧なジャンプをこなし、急激に大人びて来た風貌と磨き上げた演技で素晴らしい滑りを魅せてくれた。やりましたね。そして高橋大輔選手の4位、町田樹選手の11位もよく頑張っていたと思う。この後のフリーもぜひ頑張って、出来れば表彰台には3人の姿が並ぶことを期待したい。

snow各地からの雪のニュースとソチのニュースばかりで、朝からのワイドショーは賑わっていた。同じようなニュースばかり続くので、久しぶりに随分前に録画してあった、リー・リトナーとマイク・スターンが、キーボード、ベース、ドラムスと共に、ブルーノートに出演した時の映像を観た。雪と寒さで引き籠る今日のような日には、元気が出る音楽を聴くのが一番。円熟の境地のリトナーのギターに、マイクのギター、競演の3人の熱演の素晴らしさにしびれたnote

 snow今日の雪も侮ることは出来ない

2014_0214_144514_dsc2170

午後の木の枝にはこんなにどっさりの雪が

2014_0214_144807_dsc2176

先週開花したばかりで雪に包まれたマーガレットに再び雪が降りかかり始めた。

2014_0214_144653_dsc2173

公園に降る雪はシンシンと

2014_0214_144856_dsc2178

降りつもって行く。敷地内の木々も一体となって。

2014_0214_144948_dsc2180

先週の雪にもめげずに咲いている我が家の花達。今回の雪はテラスまでは来ないかなと期待したけれど、この後は徐々に積もり始め、夜になってみると先週と同じようにすっぽり雪にくるまれていた。

2014_0214_160320_dsc2181

寒いので屋内から駐車場2階の様子を見ると駐車中の車も雪にすっぽり覆われ始め、ワイパーだけが目立っていた。

 snow昨日は先週の雪が残る谷戸山散歩

2014_0213_162126_dsc2004

今日からの雪で散歩が無理になりそうなので、昨日のうちに散歩を済ませておこうと出かけてみた。人の通らない斜面などにはまだ雪が残っていたが、人が歩く道は概ね雪は無く、危険な事も無く心ゆくまで歩くことが出来た。

2014_0213_162358_dsc2008

いつもの場所が残雪のお陰で違う景色に見える

2014_0213_162906_dsc2015

斜面の雪柳にも芽が出始めているようで、春の気配を感じたけれど

2014_0213_162929_dsc2016

枯れた木々の色と残雪は、まさしく冬景色

2014_0213_163149_dsc2019

雪の上のダンス・タイムを楽しむ“大根ガールズ”の皆さんに拍手をhappy01

2014_0213_164903_dsc2038

水どりの池の鴨達は、雪の残る小さな島の周りでを囲むようにうずくまっている。

2014_0213_165056_dsc2042

湿性生態園のあたりも雪の残る冬景色

2014_0213_165308_dsc2048

長閑な雪景色の中を歩く心地よさは谷戸山ならでは。一番温かいダウンのコートと、その下にもダウンのベストを着て出て来たので、この辺ではもう寒さも感じなくなっていた。

2014_0213_165507_dsc2054

規則正しい田んぼ内の列。長屋門まではもう少し。

2014_0213_165630_dsc2058

田んぼの畦にも残る雪。

2014_0213_165733_dsc2061

長屋門近くに雪のお面が、木の枝が立てかけられているのは、お面の転倒防止のようだ。

2014_0213_165934_dsc2066

風格ある長屋門を一旦出ると一般道路になり、しばらくその道を歩くことに。

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソチで初メダル2個!雪道散歩。懐かしい囲炉裏端風景も♪

2014.2.12(水)cloudsun

ソチ五輪もたけなわ。競技のリアルタイム放送は遅い時間なので、大抵朝のニュースなどで知る事になる。日本がここまで中々獲得できなかったメダルが銀・銅と二つも獲得できたscissors スノボのハーフパイプ、15歳の平野歩夢選手93.50の堂々の銀、平岡卓選手92.25の銅の快挙sign03

今日も寒い。昨日午前中は、晴れていた空から小雪が舞った。“お天気雨”は知っていたけれど、“お天気雪”が舞うのを見た記憶は無いように思う。もし又雪に閉じ込められたら大変と早目の買い出しに。けれど小雪が降ったのは束の間の事だった。買い物後は雪解け道散歩が楽しめた。

snow散歩道で

2014_0211_122735_dsc1993

屋根の上で融けかけた雪が凍って小さなつららになっていた。

2014_0211_122623_dsc1991

小さな雪のほこらが、あちらにも

2014_0211_122654_dsc1992

こちらにも

2014_0211_123900_dsc2002

ほこらの上には色とりどりの怪獣が居たりeye” 

2014_0211_122918_dsc1994

雪に赤い実や

2014_0211_123542_dsc2001

雪の穴からは赤い木々も。何だかとても楽しい散歩になったnote

2014_0211_124541_dsc2003

今年は幾つかの手袋の落とし物を見たけれど、いかにも「待って~、置いて行かないで」というようなしぐさのこの手袋、これは一体誰のでしょう?「私ので~す」coldsweats01

2014_0211_122259_dsc1986

散歩の始めに、沢山の雀が囀りながら木の上で赤い実をついばんでいるのを見て、バッグからカメラを取り出した時に、手袋を落としたようだ。散歩の最後にカメラをバッグに戻す時に気付いて、元来た道の通りに歩いてゆくと、人も車も少ない道の向こうの方に小さな黒いものが落ちている。30分にも満たない短い散歩だったが、それでも手袋は人や車に踏まれた様子も無く、ひっそり待っていてくれた。昔買った小さな私の手にぴったりサイズの手袋paper「よく待っててくれたわね」confident

2014_0209_154452_dsc1975

バケツの帽子の雪だるまはその前日。今回の積雪はこんな雪だるまや、ミニチュアのかまくらのようなほこらなど、雪の少ない地方としてはめずらしい位の光景を見る事が出来た。今週末ももしかすると雪の予報も。

lovely温かな炉端

2014_0131_135934_dsc1470

雪の降る夜は楽しいペチカ♪ならぬ炉端。懐かしい囲炉裏に火が焚かれ、温もりの中での談笑。写真もOKしていただけた。

子供の頃の冬に行った田舎の炉端。祖父母が交代で朝から薪をくべ火を焚き鍋を吊るした同じような光景が蘇る。祖父母がここでお餅を焼いてくれたり、昔話を聞かせてくれたり。紗幕のかかる様な遠い日の思い出も温もりをもって蘇ってきた。

2014_0131_140430_dsc1482

火の焚かれた建物には上がることが出来る。

2014_0131_140454_dsc1483

囲炉裏の傍には火吹きだけ。お鍋からは湯気がたちのぼる。

2014_0131_135825_dsc1467

先客が建物の外に出てゆかれる。

2014_0131_141841_dsc1508

次に囲炉裏の建物の外に出て、崖の道を下る。この日は雪では無く、いいお天気だった。

2014_0131_142217_dsc1516

お庭には、厄除け地蔵さんと安産子育て地蔵さん

2014_0131_142416_dsc1518

そこから見えた雪囲いの建物。

ここは川崎市の生田緑地内、日本民家園の中。冬はボランティアの方々が囲炉裏に火を入れ、炉端に座って待っておられ、そこでお話をすることが出来る。又この火焚きは古民家を害虫から守る役割もあるという。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪のあとの今日と先日出かけた生田緑地の広場♪

2014.2.9(日)sun昨夜のうちに止んだ雪。今朝起きてみたら晴れた空の下随分融け始めていた。

snow 雪のあと

2014_0209_084156_dsc1973

2014_0208_163003_dsc1964_2 2014_0209_083859_dsc1966

2014_0209_084000_dsc1970

2014_0209_084122_dsc1972

夜半に止んでくれた雪は、朝までに随分融けてくれたようで、雪に包まれて心配だったテラスの花達は、無事に元気な姿を見せてくれた。余り過保護にしていないので丈夫な子達だscissors

建物の陰になる公園にはまだ雪が残るものの、昨日は純白の衣装をまとっていたような姿だった木々の雪は、残り少なくなって。建物の影は我が家の駐車場側も一緒で、夫が車の周りなどをご近所さんに交じって雪かきを。自宅玄関前の廊下は午後には大分融けてきたが、夕方までに融けずに凍ってしまうと危ないので、念のため自分で雪かき。これ位の雪なので、そんなに大変なことでは無かったけれど、これが毎日となるととても大変な事になる。今日はお陰さまでとても暖かくて大助かりだった。

   train 生田緑地の広場

2014_0131_150113_dsc1593

かって国鉄で使用されていた車両が展示されいる。車両内に入ることもできるようだ。

2014_0131_150041_dsc1592

反対側にはD51が。側にはテーブルとイスが置かれて、将棋盤を囲む熱戦の最中のように見えた。

2014_0131_150414_dsc1597

広場の噴水の側を、子供達がスクーターで楽しげに駆け抜ける。

2014_0131_150436_dsc1599

暑い時期なら噴水の輪の中をくぐり抜けたくなるかもしれない。

2014_0131_150155_dsc1594

2014_0131_150503_dsc1600

暖かな日差しに誘われて、園内では老いも若きも子供たちも楽し気に、それぞれの興味の赴くままに楽しんでいる。

2014_0131_114023_dsc1395

生田緑地に行った日の車窓から見えた花は菊の花?

2014_0131_114952_dsc1397

今は枯れ草ばかりだけれど、もうじきに緑の雑草が生えてくる。

2014_0131_131542_dsc1402

道端の畑には菜の花か、それとも大根の花かしら?

緑地内には、かって向ヶ丘遊園地があり、昔の都内の小学生なら一度は遠足で来た事のある場所かもしれない。今は駅名だけになってしまったが、遊園の後の一部は薔薇園になり、周囲一帯の緑地には様々な施設がある。この日は2度目の民家園見物と広場の散策等を楽しんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソチ五輪開会式の日、日本は関東地方も久し振りの大雪になった。

2014.2.8(土)snow朝起きてカーテンを引き、外を見れば予報通りのお天気。雪が降り続いていたようで、早くも積もっていた。半端な降りではないようだと思った通り、今日は一日雪が舞い、どんどん積ってゆく。折しも冬季オリンピック「ソチ五輪」の開会式の日でもある。

買い物などは、雪で出られないことを予想して昨日のうちに済ませ、散歩も昨日までになるべく斜面の多い公園散歩を続けておいた。今日はソチ五輪の開会式の模様を朝からテレビで観たりJAZZを聴いたりの雪籠もりnote

2014_0208_090707_dsc1904

テラスの草花の上にも容赦なく雪が積もってゆく。テラスの番猫のクロが「寒いよ~」と訴える様に潤んだ瞳で見つめるeye

2014_0208_090812_dsc1908

こんな寒い雪の日に、今年初めて一番大きく開花したマーガレット。花弁の中には雪が詰まり段々雪の中に埋もれていってしまったcoldsweats02

2014_0208_083713_dsc1887

テレビにはソチ五輪の開会式の模様が映し出される。

2014_0208_083717_dsc1888

日本選手の入場だ

2014_0208_091518_dsc1924

開会式、聖火台に火がともされた。

2014_0208_142727_dsc1942

午後、玄関の扉をあけると、ドアの前には真っ白な雪が積っていた。

2014_0208_142839_dsc1945

外からふき込んだ雪が壁に当たり落ちて、長い廊下の壁際に細長い山の頂上のような積雪が、此方側と、もっずっと長い反対側にも一直線に続いていた。30年には満たないけれど、ここで暮らしてこんな雪景色を見たのは初めてのこと。この後はドアが開かなくなると困るので、ドアの前だけ夫が一旦雪かきをしたけれど、数時間後には再び元通りに積ってしまったsweat01 

2014_0208_143118_dsc1949

テラス側の手すりの上には5cm以上の雪が積もり、この後まだ積もって行った。

2014_0208_143136_dsc1950

関東地方各地で、近いところでは横浜あたりでも雪による停電があいついだようだ。外の曲がった電線の上に積もった雪を見ていたら、雪の重みによる停電もあることが良くわかった。

2014_0208_090507_dsc1901

朝のうちは、ゼラニウムの上の雪もこんなに少しだったけれど。

2014_0208_143407_dsc1955

午後には、どの鉢もこんなにsign03テラスに吹雪いてくる雪の冷たさに、外に出るのもままならなくなってしまったcoldsweats02

夜になり10時ごろに窓の外を見ると、雪は止んでいるようで、手すりの雪はすっかり溶けて、鉢の上の雪も少なくなっている。明日はなるべく早く雪が解けてくれますように。

  flag先日行った相模原公園の菖蒲園側に

2014_0127_162803_dsc1246

隣接する場所、競技場内の工事中の様子が見えた。

2014_0127_162933_dsc1249

場所的には女子美の手前あたり、女子美のコートなのか、相模原麻溝公園の競技場なのかは未確認のため分からないけれど。

撮りためた写真を見ていたら、今日のような雪籠りの一日、晴れた日の散歩が恋しくなる一日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日からはソチ五輪!雪のあとの昨日、相模原公園散歩♪

2014.2.6(木)sun今日も寒い。立春寒波はまだ去らない。

明日からは、冬季オリンピックがソチで始まる。日本選手団もソチに入り、活躍が期待されている。メダルは幾つとれるのかなどとワイドショーの報道も過熱気味。

そんな中、日本のベートーベンとも言われた著名な作曲家の作品にはゴーストが居たというニュース。そして今回、ソチでフィギュアの高橋大輔選手が滑る曲はそのゴースト作だったという。何故今なの?というような報道も出て来て、五輪報道と共に過熱している。何だか気味の悪い嫌なニュースではある。高橋選手側が表明している通り、迷うことなく堂々と練習を積んできた曲で競技に挑んでほしいし、又そうでなくては余りにもアンフェアではないだろうかsign02

 snow一昨日降った雪の次の日sun

2014_0205_064619_dsc1715

朝空の雲の間に間に朝焼けの色

2014_0205_153149_dsc1723

午後、買い物に出ようと駐車場に行くと、道路の雪はほとんど溶けているのに、我が家の車の上に残る雪。この列に並ぶ車は建物の陰になるので、雪は中々融けてくれないsweat01

2014_0205_153912_dsc1740

夫が外で雪おろし中、サイドミラーに残った雪。

2014_0205_154006_dsc1743

積雪は大したことなく済んでくれて助かった。買い物を終えて近隣散歩をするころは余程の日陰でなければ雪は見られなかった。

今週の土曜日辺りも雨から雪に変わる可能性があるという。まだまだ油断出来ないこの冬の寒さ。

   tulip相模原公園散歩

2014_0127_165533_dsc1290

前回記事の菖蒲園散歩の後は相模原公園内の短い散歩。園入り口にある純白のチューリップ(10日ほど前)tulip

2014_0127_163322_dsc1257

垣根の木々の輝き

2014_0127_163357_dsc1258

平日の夕方は、近隣の学校から来るのだろうか。トレーナー姿の学生達が自主トレ中。腹筋したり

2014_0127_163457_dsc1260

体を縮めたり、のばしたり

2014_0127_163605_dsc1262

二人で組んでこんなトレーニングも

2014_0127_163700_dsc1265

ランニング中のグループも。みんな元気がいいことrun

2014_0127_164012_dsc1268

こちらは、せいぜい園内を歩くのが精いっぱいcoldsweats01

2014_0127_164139_dsc1269

グリーンハウスを眺める場所位でリタイアとなりsweat01

2014_0127_164439_dsc1274

枝先に小さく数輪開花した梅を眺めながら戻る道

2014_0127_164913_dsc1281

学生たちのランニングはまだ続いていた。

2014_0127_165230_dsc1283

園内の“きらめきの流れ”では、少年二人が棒を持って遊んでいた。

2014_0127_165300_dsc1286

流れの水が凍っているようで、棒でたたいて割っては持ち上げたりしながら。結構厚みのある氷を素手で持てば冷たかろうと思うのは年寄りの考えで、少年達は夢中で遊んでいる。見ているだけで寒くなりそうな薄着のままで、凄いねscissors

2014_0127_165804_dsc1296

5時近くなって、少しずつ伸び始めた日暮れの時。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園内、冬の水無月園(菖蒲園)に。冬の鴨も可愛い♪

2014.2.4(火)cloudrain~   昨日は散歩をしていても汗ばむほどの陽気だったのに、今日は予報通りの冬空で雨に変わった。この後は雪に変わるだろうか。現在3時近く、東京の気温は2.2度とか。我が家の周りはまだ雨が降り続いている。昨日は買い物先の近くを散歩しただけで、汗びっしょりになる位暖かだったのに。お陰で散歩帰りに寄った美容院へは汗をかいたままでsweat01 久し振りに短めにさっぱりと髪の毛をカットして貰いながら、担当さんも変えたというスマホの使い勝手に中々慣れない愚痴話などで盛り上がったcoldsweats01

  clover 冬のニシキギとガマズミの実

2014_0127_161626_dsc12162

初めて見る不思議な形状の枝。

2014_0127_161719_dsc1219

一粒の実を残したガマズミの枝。

2014_0127_161639_dsc1217

明るい場所で見たニシキギ。春には小さな白い花を咲かせ、秋には紅葉、そしてガマズミのような赤い実をつけて、実が落ちるとこのような枝に変わるそうだ。

珍しい枝ぶりを見つけながら、相模原公園から橋を渡り冬の菖蒲園見物に。

2014_0127_161948_dsc1224

斜面の上から見える菖蒲田は凍りついた様に真っ青

2014_0127_162018_dsc1226

季節外れの菖蒲田。

2014_0127_162221_dsc1232

斜面を下り園内に入ってみた。真っ青に見えた田は、霜よけの為に施された覆いのようだ。

2014_0127_162354_dsc1236

覆いが風に飛ばされない為の工夫だろうか。赤や青のテープが張りめぐらされている。池で泳ぐ鴨達が時折覆いの上に上がってくる。

2014_0127_162448_dsc1241

夕陽に照らされ、赤く輝く池の水面と霜よけの青。鴨が

2014_0127_162447_dsc1240

時折立ちあがり、バタバタと羽をふるわせる。

2014_0127_161626_dsc1216

細い水路を泳いでゆく2羽の仲良しカモ。思わず楽しい鴨見物lovely

2014_0127_162625_dsc1245

池の周りに咲く山茶花の花びらが散り、地面をピンクに染めた。小路を挟んで反対側の小さいほうの菖蒲田の方にも行ってみた。菖蒲の頃には2匹程猫の姿を見かけたけれど、見つける事は出来なかった。厳しい寒さの冬はどこに潜んでいるのだろうcatcat

2014_0127_163058_dsc1251

菖蒲の花咲く季節には、赤い蹴だしに絣の着物姿の菖蒲娘もやってきた。寒くてもぽつりぽつりと散歩姿の人もやってくる今。           2014_0127_163130_dsc1252

今は冬。冬のこんな風情も捨てがたく、心に残りそうだ。

2014_0127_163150_dsc1253

冬は様々な木に赤い実が目立ち、寒さに震える時期の視覚に温もりを与えてくれる。それは冬の季節からの贈り物なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師池公園の冬散歩。可愛いカワセミの姿も♪

2014.2.3(月)sun 今日までは暖かな陽気が続いたが、夕方からはぐっと冷えて、明日からは又寒くなるという。今日は節分、厄除けの豆まきの日。明日は立春なのに、春は名のみの、温かな春の日が続くにはまだ少し早いようだ。

昨夜10時過ぎ、窓の外を見たら余り見たことのない位の濃い霧が発生してびっくりした。何か異常があったのかと思うほどだったけれど、道路では普通に車が走っていたので、地表が急激に冷やされて濃霧が発生したのだろう。

2014_0202_221128_dsc1676

公園側は霧でこんなにけぶり

2014_0202_232533_dsc1678

駐車場側はと窓を開けてみたら、やはり同じ。駐車場2階部分のフェンスの細い縁の上を、白猫が濃霧を恐れる様子も無く歩いていた。車道側に落ちたら大変なのに、野良ちゃん強しcatsign03

  clover 薬師池公園の冬

2014_0121_161646_dsc0863

薬師茶屋さんの庭には緋もうせんが敷かれたベンチも用意されている。その奥は「萬葉草花苑」

2014_0121_161711_dsc0864

大滝の方から流れてくるせせらぎ

2014_0121_161757_dsc0866

そして菖蒲田の冬景色

2014_0121_161818_dsc0867

夕暮れの

2014_0121_161853_dsc0868

薬師池。出口を目指して歩を進めていたら、池の畔で湖面を眺めていた男性が、

2014_0121_162205_dsc0876

ご親切に「カワセミが居ますよ」と教えて下さった。2014_0121_162221_dsc0877

人慣れしたカワセミのようで、人が居ても飛び立たずにロープの上に留まったままだった。お陰で久し振りにきれいなカワセミをパチリすることが出来ましたcamerascissors

2014_0121_162419_dsc0884

藤棚も冬景色。初夏のころに来れば藤色の見事な花房を風に揺らせ、観る者を楽しませてくれる。

2014_0121_162751_dsc0887

あちらこちらで蝋梅の花も咲いていた。

2014_0121_162812_dsc0889

園内の「自由民権の像」

七国の「牡丹園」から始めた各園の散歩はそれぞれ短い時間だったが、この日も冬ならではの奥深い町田の景色を楽しみながらの散歩となった。

2014_0121_164656_dsc0896

園を出て、町田市内を目指して走り、

2014_0121_172051_dsc0901

更に隣接の神奈川の我が家への帰路を車窓から。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牡丹園から薬師池公園に到着♪

2014.2.2(日)

薬師池は何度通っても、その都度の景色との出会いがあり飽きる事が無い。この日は最初に牡丹園、

 carそれから道を誤り野津田神社を廻り、最後は薬師池に到着。

2014_0121_155612_dsc0796

冬の蓮田の晩秋まで残っていた枯れた蓮はすっかり刈り取られ、土だけが見えている。

2014_0121_155659_dsc0797

木々の葉が少ない季節

2014_0121_160007_dsc0807

見上げた辛夷の枝には花芽が出来ている。3月も末になれば木蓮より少し小さいけれど真っ白な花を咲かせることだろう。

  dogワンちゃん達のお散歩

2014_0121_160141_dsc0810

カラフルでお洒落なコリー君。ちょっとお疲れ気味だとか。

2014_0121_160210_dsc0813

黒い毛がシックなお友達のプードル君。写真を撮られるのが嫌いだとか。

2014_0121_160157_dsc0811

ハンチングも赤いジャケットもパンツに靴下お靴もはいて、お洒落でしょ!薬師には毎日たくさんのワンちゃん達がお散歩にやって来る。

 bud広場の花壇には春の花が植えられて

2014_0121_160531_dsc0820

菜の花にビオラ

2014_0121_160545_dsc0821

まあるいスタンドにも苗が植えこまれ

2014_0121_160602_dsc0822

これからの季節を彩り楽しませてくれる。

  eyeglass そして薬師の池は

2014_0121_160621_dsc0823

冬枯れの尾根の下の太鼓橋

2014_0121_160725_dsc0829

何時もの太鼓橋がきれいな眼鏡橋になっていた。

2014_0121_160828_dsc0834

白と黒の鴨達が木々の枝の真ん中を、点々のようになって泳いでゆく。

2014_0121_160849_dsc0835

春浅い池の水面がきらめくひと時shine

2014_0121_160949_dsc0838

鳥舎の屋根のてっぺんで、カラスが池の番かしら?

2014_0121_161110_dsc0846

橋のの向こうで泳いでいた白黒の鴨達がやってきた。

2014_0121_161527_dsc0860

梅園の梅の開花にはまだ少し早かったこの日(1/21)早咲きの梅の枝の蕾。梅園の早咲き種がそろそろ綻び始めている頃かもしれない?梅に桜に辛夷に藤と、薬師池の春が始まる。

2014_0121_161625_dsc0861

薬師茶屋さんは閉店後だったが、赤い傘が冬空に映えて。この傘はお茶屋さんのシンボル。散歩や観梅の後はここで温かなお茶やお蕎麦、お餅などを頂けるjapanesetea

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の町田牡丹園内を駆け足で♪

2014.2,2(日)cloudsun 幾らか春めいた陽気に誘われて、暇さえあればなるべく歩く為に、短い時間でも自然豊かな公園などに出かける日々。買い物帰りやお医者さん帰りでも。この間は午前中一杯かかった病院帰りに生田まで行ってきた。寒さは和らぎ日射しが高く小高い丘陵を歩くにはとても気持ちのいい日だった。年初に立てた目標通り、週に3・4度は重いカメラをお伴に撮影散歩。ほんの少し体力もついてきている気がする。そのようなわけで、写真も溜まる一方で・・・・sweat01

  clover冬の町田牡丹園 

2014_0121_154045_dsc0780

もしかして寒牡丹は咲いているのかしらと期待して、

2014_0121_153110_dsc0750

閉園30分前、車は外で待ってもらい一人で園内に。この時期は入園料無料。

2014_0121_153300_dsc0755

わら囲いされた牡丹の花は見当たらない。初夏に咲く牡丹の仕込み中の模様

2014_0121_153202_dsc0752

冬囲いに覆われた松の木が風情をそえて

2014_0121_153345_dsc0757

枝垂れは枝だけが風になびいて。

2014_0121_153408_dsc0758

牡丹の花には出会えなかったが、ボケの花が綻んでいた。

2014_0121_153504_dsc0762

赤い実もたわわに。

2014_0121_153631_dsc0766

ボケの枝越しの東屋

2014_0121_153857_dsc0774

柵のなかに牡丹が沢山植えられている。この紫の植物は何だったかしら?入り口付近に園の係り人の姿が。閉門の準備かも。時間が無いので奥まで行かずに2014_0121_153932_dsc0775

急いで門までひた走る。門の外に出た途端、「まだ大丈夫ですよ」と声をかけてくださったけれど、「また来ますね~」ということで、車に戻った。

2014_0121_154016_dsc0778

夕方の七国峠牡丹園前からの景色。

2014_0121_154030_dsc0779

牡丹園の塀を曲がり、何度か坂道を曲がりながら下れば直に薬師池公園。この後は、冬の薬師池にも寄って見る事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »