« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年秋、見事な紅葉広がる町田「薬師池公園」♪

2013.11.30(土)sun 早いもので11月も最終日となり、明日からはもう師走。そうそうのんびりしてもいられないかな。気分を変えて明日からは師走モードに切り替えなければ。

       maple maplemaplemaplemaplemaple maple

2013_1126_151627dsc_7836_2

真っ赤に燃えるかえでの葉maple 期待以上の深紅に燃えるかえでが待っていてくれた。

2013_1126_150616dsc_7820

入り口付近の楓も真っ赤。さあ、園内に入って赤く燃える紅葉に会いにmaple薬師は何度も何度も来ているのに、紅葉真っ盛りのこの季節は何年ぶりかしら。
2013_1126_151047dsc_7825

夏の名残の蓮はすべて刈り取られ、枯れた蓮の葉や蓮の実の残骸が残るばかり

2013_1126_150849dsc_7824

カラスが2羽、蓮田で夕食を探していた。モノトーンの後は燃える紅葉を探しに。
2013_1126_151222dsc_7827

東屋への昇り口の紅葉はオレンジ色に染まり、
2013_1126_151318dsc_7829

縦横無尽に枝を伸ばしている。
2013_1126_151435dsc_7832

石段を、一段一段囲むように飾る落ち葉の散り具合が、お見事scissors
2013_1126_151731dsc_7837

石のベンチの後ろのドウダンツツジも赤く染まった。
2013_1126_151821dsc_7838

黄葉と紅葉が織りなす薬師池方面へ
2013_1126_151924dsc_7840

見上げれば青空に秋色が広がり、
2013_1126_152036dsc_7843

小鳥についばまれてしまったのか、赤い実は残り少なくなっている
2013_1126_152117dsc_7844

まさに錦秋の景観が目の前に広がった。
2013_1126_152152dsc_7846

四季折々訪れている薬師の景色も、この季節だけはまるで別の場所のような装いで迎えてくれる。
2013_1126_152428dsc_7853

前日の強風に煽られ落ちた枯れ葉がベンチを占領

2013_1126_152207dsc_7848

輝く水面を彩る真っ赤な楓maple
2013_1126_152233dsc_7849

誰しも立ち止らずにはいられない紅葉並木maple

2013_1126_152447dsc_7854

赤と緑の葉ずれの音が水面に響くnote
2013_1126_152706dsc_7859

そんな紅葉の下の池には彩り豊かな落ち葉が浮かび、純白の鯉がゆらりゆらりと泳いでいる。
2013_1126_152800dsc_7862
薬師池でお馴染のカワセミもこの日はオレンジ色の楓とコラボレーションnote

2013_1126_152814dsc_7863

水面を彩る楓の枝をよく見ると、もしや蜂の巣でしょうかsign02 

今月26日の町田薬師池公園の紅葉。この日はまだ見頃でした。薬師の紅葉シリーズもうしばらく続きますので、お付き合い頂けたら幸いですmaple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の近隣散歩は季節ならではの楽しみも♪

2013.11.29(金)sunいいお天気が続いている。けれどこのところは夜半に地震があることも。昨夜も揺れを感じながらも睡魔に負けて、うとうとしているうちに又眠りこんでしまったけれどsleepy 

car早いもので昨年買い替えた車の6カ月点検がもう3度目。12月に入ってからの予定だったが、夫が忙しい年末を避け、車やさんの予定を確認して昨日のうちに済ませる事が出来た。

点検中の合間、車やさんの前にある大型のホーム・センターに行き、CDラックを探してみた。現状我が家にあるようなものは見つからなかったが、100枚位は入りそうな組み立てのCDラックがあったので、取りあえずそれを一つ購入。CDの片付けも年内に済ませたい。今日のうちに組み立て作業が出来ればいいけれどと思っていたら、夫は少し早目の年末掃除にとりかかってしまい、今日は2度目の窓や網戸掃除をしてくれている。途中の仕上げを手伝ったりしながら。ラックの組み立ては後になっても、年末のお掃除は案外早く終わるかしらとちょっと気が楽になっている。

   maple 近隣の秋の街並みを歩いてみる maple

2013_1126_144250dsc_7809

車内から、塀の外に伸びた枝に残る枯れ葉をパチリ!

2013_1125_141134dsc_7798

この日は、用事を片付けた帰り、中央林間に行ってみた。駅から遠くないのに大型のマンションが建ち並ぶ住宅街をしばらく散策。
2013_1125_140938dsc_7794

色付いた街路樹がとても良く似合う静かな街並み。
2013_1125_140842dsc_7792

まだ新しい街並みは、ひっそりとして、まるで知らない国の街のよう。
2013_1125_140818dsc_7790

昔からの樹木を残しながらの街づくりかもしれないと思う
2013_1125_140452dsc_7788

風に吹き飛ばされた枯れ葉が彩るマンション側の路地。ところどころベンチも置かれていた。近隣住民や通りすがりでも休めるような、そんな配慮ある街並が楽しい。外の歩道では近くの幼稚園帰りの園児達が、枯れ葉を拾い上げては、ぱーっと空中に巻きながら楽しげに遊んでいた。
2013_1125_140245dsc_7786

中央林間散歩のお楽しみは、先日初めて利用したこのパン屋さんbread美味しそうなパンの匂いが流れてくる。
2013_1125_140235dsc_7785

石窯焼きのパンはこの店内で焼かれる。その為の煙突が屋根の上に見える。美味しそうなパンを幾つか買って帰った。

2013_1122_162537dsc_7671

少し前の日は、小田急小田原線相武台駅周辺を探索しながら買い物。米スマ―ナ市と99年に姉妹都市になったそうで、そのための彫像などが建てられ、当時の両市の市長名が刻まれている。近くには米軍の基地もある土地がら。
2013_1122_165458dsc_7673

駅近くの酒屋さんの前には発売されたばかりの“ボジョレ ヌーボー”の赤いのぼりも。最近建て替わった駅ビルの小田急のスーパーでは、ワインに合いそうなお惣菜が売られていたので、ヌーボーは買わなかったが、デミグラス・ソースのかかったミートローフを購入して帰り、夕食のテーブルにrestaurantwine
2013_1122_152238dsc_7667

各地で増え続けていた外来種のセイタカアワダチソウが、今年は幾らかその勢力を弱めたというニュースを人伝てに聞いた。その分ススキものびのび育つのだろう。遊水池の中で気持ちよさそうに穂を伸ばしていた。
2013_1126_144236dsc_7808

色付いた木々の葉達もその使命を終えて散り始めた。この葉を見た日は2年程空いてしまった久しぶりになる紅葉を観に、薬師池に行ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都内へのドライブと成城の街並み散歩♪

2013.11.27(水sun一昨夜の強風と雨から一転して昨日も今日もいいお天気だった。秋の紅葉狩りには最適の日々。毎日近場の紅葉見物散歩が楽しいmaple

  car ドライブも楽しい秋の夕暮れ car

2013_1123_160435dsc_7675

高速道路東名に入ると
2013_1123_161301dsc_7676

真っ赤に染まった木々が迎えてくれるmaple

2013_1123_161729dsc_7681

瀬田の出口が近い。近くの砧公園の紅葉も真っ盛りのころだろう。
2013_1123_162006dsc_7682

色付いた木々の葉の表情豊かなる事。散る前の最後を彩り豊かに装い、散りゆく枯れ葉。
2013_1123_163022dsc_7688

沈みかけた太陽が前方の空を真っ赤に染め上げ、雲の向こうに沈んでゆく。今しばらく日暮れの早い日々が続く。
2013_1123_163104dsc_7691

世田谷通りに入ってしばらく走ると見えて来た「大蔵大仏」のお姿。昔は無かったような気がして調べてみたら平成6年に完成したという大仏様。妙法寺のお寺の中で、時間ごとにその身を回転させながらお守り下さっているとか。
2013_1123_163205dsc_7693

movieもう少し走ると見えてくるのは東宝撮影所。JAZZも好きだけれど学生時代は演劇も好きだった夫が、ここでアルバイトをしたことも。最初は現場の照明磨きから始まり、撮影現場の交通整理、それから照明のレフを担いでいたそうだ。
2013_1123_163542dsc_7694
成城市内の「さくらさくギャラリ-」の前

2013_1123_164534dsc_7695

クレーンの先を見上げれば、夕暮れ近し、最後の作業中。御苦労さまです。

  shine イルミネーション輝く街を歩く shine

2013_1123_174543dsc_7722

成城学園駅前を出発。
2013_1123_174819dsc_7724

駅前のお花屋さん。真っ赤なシクラメンが店頭に並ぶ季節。あとひと月もすればやってくるクリスマスxmas
2013_1123_174906dsc_7725

駅前の商店街を歩く。レトロな作りのお店に並ぶお洋服も何故かレトロに見えてくる。今年は、街ゆく女性達のファッションもしっとりと落ち着いたファッションが増えている。今年は、昔の衣装ダンスを点検してみるのもとても価値がありそう。そういえば春先に世田谷美術館で観たエドワード・スタイケン展のファッション写真も決して古びて見えなかった。
2013_1123_174944dsc_7727

もう少し歩きたかった成城の街だけれど、JAZZコンサート会場が近付いたのでの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の終わりの素敵なジャズコンサート♪

2013.11.25(月)suncloud~夕方から雨rain 午後からは風も強まり、色付いた木の葉が風に吹かれて宙に舞い、地面に落ちた枯れ葉は風にあおられて舞い上がる。午後に出かけたお隣の駅近く、幼稚園帰りの子供達が「すごいね~!すごいね~!」と言いながら落ちた枯れ葉と戯れていた。

秋の景色の美しさは、少し淋しげでありながらも温もりに満ちている。そんな景色に包まれて歩くのも幸せな時間。このところは毎日のように散歩が欠かせない。

 maple 秋の終わりのジャズ・コンサートを成城で聴くnote

2013_1123_165514dsc_7698

街路樹の銀杏の葉が歩道に落ちて金色に輝く。

2013_1123_165958dsc_7700

成城学園駅前はもうクリスマスのディスプレーxmas

2013_1123_174356dsc_7719

秋から冬へ。イルミネーション輝く季節へshine

2013_1123_171054dsc_7706

6時開場のホールに行くにはまだ早く、夕食にはちょっと早い時間。駅前のディーン&デルーカ カフェで珈琲を飲みながらキッシュを一切れずつ、結構なボリュームだったcaferestaurant

2013_1123_170948dsc_7702

こんなカフェは大好きscissors

      note JAZZ IN SEIJO note

2013_1123_180625dsc_7728

ステージが始まる前のわくわくしたひと時。客席が次々に埋まってゆく。

メンバーはリーダー佐藤慎一さん(B)若井優也さん(P)加納樹麻さん(Ds)6時半開演。1曲目はハービー・ハンコックの「処女航海」から始まった。2曲目は「あなたと夜と音楽と」と続き、それは想像以上に素晴らしいオープニングだった。3曲目は日本の「からたちの花」を。4曲目からは国貞雅子さんが登場。「オン・グリーン・ドルフィン・ストリート」など3曲。パワフルかつソウルフルな唄声で唄いあげ、リーダーの佐藤さんと共に軽妙なおしゃべりでも楽しませてくれた。

セカンド・ステージはポール・デスモンド作曲「テイク・ファイヴ」から始まった。佐藤さんは9月末相模大野伊勢丹のライブで2日続けてそのベースは聴かせて頂いていた。その時に配られたパンフレットでこの夜のライブを知り、早くからチケットを取り寄せていた。そして加納さんのドラムは伊勢丹LIVEで購入した秋田慎二さんのトリオCDで聴いていたこと。ピアノの若井さんはこの夜初めて聴かせて頂いたのだけれど、それは見事なジャズ・ピアノ。又生で聴かせて頂いた加納さんのドラムもカラフルで素晴らしく、勿論リーダーのベースも何とも言えない位素晴らしく、其々の楽器からにじみ出てくるようなカラフルな、其々のソロ。そして見事なハーモニーを生み出す素晴らしいトリオ演奏を聴くことが出来た。2曲目の佐藤さん作曲の「日暮らし」も心に沁みいるような演奏。その後は国貞さんの元気なヴォーカルが加わり、ステージは更に盛り上がって、アンコールはこの季節定番の「枯れ葉」で締めくくられた。

2013_1123_205157dsc_7732

ステージ後は皆さんご自慢の作品が並んでサイン会も。佐藤さんお手元のCDは前回頂いていたので、二人でCDを楽しませて頂いていることを伝えてご挨拶のみで、

2013_1125_155826dsc_7801

若井さんと国貞さんのCDを1枚ずつサイン入りで購入。この2枚が又ビックリする位素晴らしくて、今年は守屋純子さんリーダーのコンサート以降、相模大野ジャズなどとともに、日本の若く素晴らしいミュージシャンの方達の演奏やヴォーカルやCDなどとの巡り合いがとりわけ嬉しい一年となった。

2013_1123_210018dsc_7739

終演後、列をなしていたジャズ・ファンの姿も少なくなりかけたころ。
>成城の商店街も、街並みも変わっていくことを悲しく想い、音楽や文化と響きあう街になることを願って始めた「成城 響きあう街」プロジェクトは、お陰さまで、9回目を迎えました。

という文面で始まるプログラム

JAZZ コンサート 「成城響きあう街」第9回          

  JAZZ IN SEIJO 駅から4・5分の場所にある成城ホールは好立地。こんなJAZZコンサートの催しは年に数回あってもいいような気がする。この夜のお客様達は本当に心からJAZZを楽しんでおられたし、それは私達にとっても同様だった。昔と様変わりしたのは街のあちらこちらにコイン・パークが出来たので車で行っても駐車に不自由することも無くなった。夫にとってはとりわけ懐かしい場所でもあるし、世田谷に住んでいた頃は、よく来た街でもある。秋の終わりの、素敵なジャズの宵を過ごせたことに感謝でしたnote

2013_1123_210304dsc_7742

銀杏並木の木を見上げてみた。未だ枝に残る銀杏の葉

2013_1123_210322dsc_7743

落ち葉舞う静かな街並みを歩いて成城学園と反対方面の駐車場へ

2013_1123_210832dsc_7749

お花屋さんか何かの2階の窓辺が、闇の中の額縁のように見えた。

 thunder
11月も末になるというのに、今夜は雨とともに強風が吹き荒れた。日本各地で、そして世界的にも、災害をもたらすような今年の天候不順はいつまで続くのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「昭和記念公園の紅葉」見物その3♪

2013.11.23(土)sun勤労感謝の日。今日も気持ちのいい小春日和。一週間前に訪れた昭和記念公園の紅葉は更に進んだことだろう。今日はその日の公園ルポの最終回です。   

     maple  maplemaplemaplemaplemaple maple

2013_1116_155134dsc_7574
かかったこの日、公園の水面の上には沢山のボートが楽しげに浮かんでいた。
2013_1116_155119dsc_7573

もっと先まで行ってみたかったけれど、池の畔の最終地点位でこの日の持ち時間はぎりぎり。しかし4時半閉園ってちょっと早すぎるような気もするけれど、日暮れの早いこの季節は仕方ないかっcoldsweats01次回来る時はもっと早く来なければ。
2013_1116_155037dsc_7572
池の畔の紅葉の下、金髪の男の子が「ママ~」と言いながら駆けてくる。ママは門のこちらにかくれているのかな。海外からのお客さま達の姿も多い記念公園。

2013_1116_155326dsc_7579

紅葉の下でラケットを振るカップルの姿も。
2013_1116_155636dsc_7586

池の畔のテラスを訪れる人の姿はまだまだ途切れることなく続いている。自分達と同じようにデジカメや一眼持参の人々が大半だcamera 

2013_1116_155744dsc_7588

それぞれの紅葉の景色や家族の写真が、カメラの中に収められたことだろう。

2013_1116_161003dsc_7602
銀杏並木の下、出口を目指して車をを停めた駐車場に戻る。

2013_1116_161106dsc_7604

落ち葉の上のワンちゃんもモデルになってじっとポーズをとっている
2013_1116_161131dsc_7605

出入り口付近にはまだまだ人々が噴水にカメラをむける姿が沢山camera
2013_1116_161641dsc_7610

何とか時間内に駐車場に戻ることが出来たsign03園内で出会った人々の、どの顔も幸せそうに輝いて見えた公園散歩。心の中まで浸透した温もりの色。秋の色付いた紅葉がもたらした至福の時と場所。
2013_1116_161908dsc_7614

園内の紅葉の美しさと同時に、この立川口駐車場の見事な景色も忘れる事はないだろう。

2013_1116_162058dsc_7617

ドウダンツツジの赤く染まった垣根と、赤い木の葉の見事なコラボが周囲の空気まで赤く染め上げていた光景をmaple

2013_1116_163421dsc_7620

駐車場から道路出口までの植え込みにも赤い実が●●
2013_1116_163956dsc_7622

紅葉を楽しんだ後、公園から出てくる車だけでも何百台にもなりそうなくらい、土曜日の夕方の立川の道路の混み方は半端では無く、駅周辺ではしばらく動けなくなることも。お陰で車内からパチリ出来た駅に戻るモノレール。
2013_1116_164528dsc_7623

駅から出て来たモノレールもパチリ。まだ仕事をしていた頃、都内反対方向にお住まいの仕事上のお客様のお宅に行き、帰りはこの立川の駅で夫と待ち合わせをして、叔父の葬儀に行くため乗ったモノレールだ。のんびり暮らしているうちにそんなことも忘れかけていたこの頃。それももう8年位前のこと。

時の過ぎゆく速さは加速度を増して来るような気がする昨今。それは合間合間の記憶の途切れがなせるものかとも思うけれど。

今年のカレンダーも後一週間もすると残りの一枚になってしまう。昨日は来年の手帳を買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「昭和記念公園の紅葉」見物その2♪

2013.11.19(火)sunお天気はいいけれど気温が下がり寒くなってきた。昨日夕方も近隣公園へ出かけて急斜面を歩いてきた。最近は谷戸山の斜面なども歩いているので以前ほど疲れなくなってきた。けれどさすがに今日はテレビ前桟敷に予約を沢山入れてしまったので、散歩も買い物もお休み。

          maple maplemaplemaplemaplemaple maple

2013_1119_131755dsc_7658_2

国営昭和記念公園は30周年目の秋だそうです。黄葉も紅葉も美しく癖になりそうな景色が広がっている。

2013_1116_153100dsc_7545

噴水広場のゴール地点。銀杏並木の先には

2013_1116_153512dsc_7546

広場があり、レストランもある。途中昼食を済ませて来たのがちょっぴり悔やまれた。今度はここでランチを食べてみたいrestaurant

2013_1116_153538dsc_7547

広場の向こうにはカラフルな幼児達の姿が沢山見える。
2013_1116_153615dsc_7548

近くまで行ってみると、芝生に立てられた沢山のお花の風車。幼児達がその花を手で回したり、パパ・ママがその子達にカメラを向けたりと和やかな家族連れの光景が沢山見られた。
2013_1116_153730dsc_7551

この日は七五三の翌日、休日を利用してこの日もお参り帰りの家族連れの何組かを見る事が出来た。この銀杏の下には、ぎんなんの実が沢山落ちていて、特有のにおいが漂っていたけれど、決して嫌なにおいでは無かった。
2013_1116_153013dsc_7542

様々な犬種のワンちゃん達のお散歩姿も。仲良し夫婦か兄弟か、じゃれ合っていたワンちゃん達heart04

2013_1116_154141dsc_7556

園内を、そしてその途中からは玉川上水口まで園外周を囲んでいるような残堀川。2013_1116_154247dsc_7558
反対側の橋の手すりから眺めれば見事な紅葉。川の上には幾本もの橋がかけられている
2013_1116_154318dsc_7559

ふれあい橋を渡りきり、しばらく歩くと見えてくる水鳥の池。2013_1116_154422dsc_7561

池の周りにも様々な施設が設けられ、
2013_1116_154656dsc_7564

ボートハウスも。お天気がいいので何艘ものボートが池の上に。

2013_1116_154725dsc_7567

枯れたミオや湿性の植物達も

2013_1116_154802dsc_7568

岸辺の木々達と共に赤く染まり、水面まで赤く染め上げているmaple
2013_1116_154919dsc_7570

じぇじぇじぇ~~sign03秋色の木々の下でじっと動かないマスク・マンは何物なりやsign02
2013_1116_155026dsc_7571

池のほとりにある門のような彫刻、自然と芸術との融合。秋の景色の美しさが更に際立つup
2013_1116_155351dsc_7580

繁みの中の秋maple

2013_1119_131900dsc_7660

今月24日まで「昭和の時代展」が開催されている。夫と初めてデートした頃に乗せてもらったクラウンもやってくるようだけれど、この日は何も知らずに出かけて時間が無く見る事が出来なかった。日々遠くなりつつある昭和が何だかとても懐かしい。そういえばこの冬のファッションは昭和の香りがするようなデザインが結構見られる。ポスター内の17日で終了した中原淳一のデザイン画がコピー通りの“懐かしいけれど新しい”

この秋はこれまで仕舞い込んでいた20年以上前のジャケットやコートなどを引っ張り出してみた。昔は地味なものを選んでいたので、今年着てもおかしくなさそうなのが嬉しくて、ちょっぴりおnewを手に入れたような得した気分でルンルンnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「昭和記念公園」紅葉見物に。秋のスポーツ観戦はテレビ桟敷で♪

2013.11.18(月)sun小春日和がこれで3日程続いている。今日も青空が広がり気持ちのいいお天気。この間の好天を利用して、かねてから行きたかった立川の昭和記念公園に行ってみる事に。ところが人の思いは一緒のようで、往復ともに相当な渋滞に巻き込まれてしまい、お昼前の出発で3時近い到着になってしまったsweat01

  maple ドライブ路の景色を眺めながら car

2013_1116_134404dsc_7496

青空に柿は実り
2013_1116_124016dsc_7488

大山を眺められる道路沿いには緑色の畑
2013_1116_132516dsc_7492

途中から八王子バイパスに入り、ひた走る。
2013_1116_134946dsc_7499

多摩大橋を渡る
2013_1116_144925dsc_7503

踏切を渡れば、もうじき目的地に

2013_1116_145652dsc_7510

色付いた木々が青空に枝を広げて「いらっしゃ~い」sign03

2013_1116_150323dsc_7516

何箇所かある駐車場の立川口から入ると、ほぼ満車状態の中にやっと空きを見つけて駐車。どうだんツツジの垣根に桜の紅葉であたり一面真っ赤に染まっているようだ。長い列をなす駐車中の車とのコラボが見事。入り口近くのチケット売り場で入場券を買い園内に。公園も駐車場も4時半までとのこと。正味1時間半しかない。急がなくては。
2013_1116_152048dsc_7522

入り口から広場に入ると目の前には長い水路がある。その両側は見事に黄葉した銀杏並木が続いている。水路のスタート地点には人が一杯sign03


2013_1116_152150dsc_7525

パークトレインがお客さんを乗せて出発するところ。
2013_1116_152445dsc_7530

長い水路の水面には銀杏が映り込み、植物で描かれた四角いパネルが浮かんでいる
2013_1116_152508dsc_7531

カラフルな植物のパネルと銀杏の黄葉が何とも言えなく美しい

2013_1116_152617dsc_7532

銀杏並木の下で噴水見物をする人々

2013_1116_152642dsc_7534

水路の向こうにも銀杏並木
2013_1116_152741dsc_7535

噴水を眺めながら歩く人

2013_1116_152744dsc_7536

噴水にカメラを向ける人

2013_1116_152814dsc_7537

銀杏の並木の間には大きなドームのような噴水も
2013_1116_152951dsc_7541

果てしなく続きそうなこの銀杏並木の先には何があるだろう。始めて来た公園内を、大勢の人の波の後をついて歩いてゆくことに。

神奈川にも大きな県営や市営の自然公園は幾つかあるけれど、昭和天皇記念館まである国営の公園の規模は相当大きそうで、閉園まで全部を見て回ることなどとても無理なので、行けるところまでとにかく歩くことしかできない。続きは次回に。

 tv 桟敷

読書の秋、食欲の秋、紅葉狩りなど楽しもうと思えば人それぞれお好みで。又スポーツの秋でもあり自分で体を動かし楽しむ人や、観て楽しむもできる。

運動音痴は散歩や屋内で体操をする位が関の山なれど、秋は各競技の大会が目白押し、まずは大相撲九州場所。毎日録画をしては追っかけ再生で観る。新しい力士達が増えてきて、これからの成長が楽しみになり、最近はどの取り組みも真剣なので、観る方もつい真剣に観たくなる。毎日特等席のテレビ桟敷からの観戦。15日間ちょっと忙しい。

その上昨日までは、お相撲が終わりしばらくすると、絶対外すことが出来ない女子バレー「ワールド グランド チャンピオン」が間に一日だけ空いて、連日5試合放映された。これも録画再生で効率よく見なければいくら時間があっても足りない。

それにしても日本女子のレベルの高さが際立った今大会だった。真鍋監督に木村沙織キャプテン率いる“火の鳥日本”の活躍は目覚ましく、最終試合で世界ランク一位、高さのあるブラジルにはさすがに敗退となったが、それでも1セット目はジュースまで持ち込み、ハラハラドキドキの27対29で惜しくも敗れ、その後は25ー14 18ー25 0-3という成績だったが、あの高さに怖じることなく戦い、新たに育ってきている若手の強靭なスパイクやベテランのセッター竹下選手やリベロ佐野選手の居ないチームで、これだけ戦えるという見事な試合ぶりを発揮して連日楽しませてもらうことが出来た。同じく2日目高さのあるアメリカにも1-3で敗れたけれど、これも 19-25 19-25 25-19 21-25 1-3と善戦している。

ちなみに、初日の対ロシア戦は25-20 26-28 25-16 26-24 3-1で勝ち、15日対タイ戦は25-20 29-27 25-22 3-0のストレート勝ち。16日対ドミニカ戦は25-17 25-19 29-27 3-0と同じくストレート勝ちだった。

日本女子堂々の3位で銅メダルだった。あと少し残る課題を克服してゆけば金や銀も夢ではない、そんな位置に日本女子がいると思うとわくわくしてくる。そして力のある若手選手が今回出場していない中にもまだまだ育っているようで、今後が益々楽しみになってくる。

やっと連日興奮の女子バレーテレビ桟敷観戦が終わったと思ったら明日からは男子の試合が始まるので、又しばらくテレビ観戦が続きそうだけれど、好きなのだから仕方ない。合間の公園散歩をこなしながらしばらくこんな日々が続きそうlovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

街中のアートも楽しい、秋の街歩きやドライブ♪

2013.11.11(月)cloudsun午後になり晴れ間も出て来た。我が家は午後から小一時間の断水。マンションの共用部分の排水管更新工事のためのもので、今月に入ってこれで2度目。一度目は朝寝坊してしまい、朝から夕方までの断水をすっかり忘れていた。朝食当番は夫の役目、準備中に断水が始まって慌ててしまったようだ。幸い野菜や果物は洗って卵は焼き始めていたから朝食は何とか食べられたけれどsweat01 その日は外に出かけて買い物や外でのランチ。今日もあと少しで昼食準備完了という頃だった。少し早めから野菜を刻んだり、トマトソースを作ったりしていたので、何とか今日も無事昼食を済ませることが出来た。水が出なくて困ることは沢山あるけれど、調理中に手を洗ったり、次の調理に移る際に包丁を洗ったりすることが出来ないことも意外に不便。夫が汲み置いてくれた水が役に立った。

  event街の景色

10月末に出かけた町田のホテル・エルシィ内会場で開催された百貨店のバーゲンに出かけた帰り、ホテル沿いの道路に立っていた彫刻。

2013_1026_162843dsc_7242

羨ましくなる位細くて長身で格好いい“詩人”の彫刻。思わずパリの街角にでもいるような雰囲気。

2013_1026_162933dsc_7243

“詩人“の向こうには日本的な建物が見えるのもミスマッチな楽しさ。
2013_1026_163003dsc_7244

その建物を望む場所にもこんな彫刻が。街中でふれあえるアートって、芸術が身近に感じられていいなart

  bread 街のパンやさん

2013_1106_161722dsc_7367

中央林間の駅からそう遠くない車道に面したパン屋さん。駐輪・駐車スペースも広々。
2013_1106_161741dsc_7369

店の外側に設けられたウッドデッキのテーブル席。ここで店内で購入したパンやケーキを食べることが出来る。500円以上のパンを買い、希望すれば紙コップが渡され珈琲が一杯サービスされる。今の季節はかぼちゃやポテト、リンゴ、栗などがたっぷり使われた甘いパンや手の込んだ調理パンなど種類も豊富。ショー・ウインドーにはケーキも沢山。次から次へと商品のパンが焼き上がり「何々が焼き上がりました」と気持ちのいい声が聞こえてくる素敵なパン屋さん。パン好きならすぐにファンになりそうな店内、次から次へと老若男女を問わないお客様がやってくる。価格設定もお味と内容から想像もできない位リーズナブルup夫と二人で店内で珈琲を飲みながら美味しいパンに舌鼓を打ちながらお腹をいっぱいにして、帰りにはもう一度レジの前に並び次の日に食べる甘いパンまで買い込んでいたdelicious
2013_1106_161800dsc_7370

ここはパン屋さん情報に詳しい娘が、日に2度はパン食で平気なパン好きの親に教えてくれたお店。「石窯工房ベルベ中央林間店」 8:00~21:00まで。046(273)2888

  car市内を車で走ると
2013_1102_115318dsc_7300

突き当りの市民球場では少年達の野球の試合があるようで球児達の姿が見えたbaseball
2013_1102_115432dsc_7302

道路沿いには色付いた街路樹花ミズキの赤く色付いた様子が見られるmaple

  horse 馬場の前を通ると
2013_1102_120556dsc_7308

この日は女性の乗馬姿
2013_1102_120642dsc_7309

馬ケツに顔を突っ込み、飼い葉をモリモリ食べているお馬さん。そういえば来年はお馬さんの年よsign03巳年からの馬トンタッチupwardright世の中の何事もウマくいきますように沢山食べて元気一杯馬力を出して頑張ってねhorse

  suncloud~もしかしてrainかしらsign02

cloud3時を過ぎた窓の外は公園の木々が大きく揺れ始め、さっきまでの晴れ間が引っ込み一転空もかき曇ってしまった。不安定な陽気が続いている。東北では初雪も観測された。

typhoon先刻、TVからフィリッピンの台風30号の惨状の様子が流れていた。
死者は一万人超とも言われているようだが、詳しい状況はまだまだ掴み切れていない状況。高潮による大変な水害、そして瓦礫の山。
これに似た光景が今回だけでは無く日本でも伊豆大島で起きたばかり。
昨日は朝方の地震。未だあの震災を忘れる事も出来ないでいるままなのに・・・・。何時まで世界で日本でこんな状況が続くのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変わりやすい秋の空。合間の散歩やジャズタイム♪

2013.11.9(土)cloudraincloud お昼前に買い物に出ようと車に乗ろうという直前、パラパラと降りだした雨。一瞬強い雨足だったが近くのスーパーに付く頃には止んでいた。気温も下がり厚手のコートが欲しくなってきた。寒いので買い物を済ませて散歩はしないで帰宅。午後は自宅で

 cd少し長めのジャズ・タイム note

2013_1109_164918dsc_7416

このところかける事が無かったCDの中から二人其々に見つけ出しては「やっぱりいいね♪」とコレクションの中から選び出して聴き惚れたのは上のアルバム。これは夫が選んでかけてくれた。

2006年12月5日、新宿“newDUG”の最後のライブで白熱した演奏を聴かせてくれたデヴィッド・マーレー2007年の作品。ボーカルのカサンドラ・ウイルソンが何曲かフィチュアーされていて、ジャズマンとのセッションで歌うカサンドラがとりわけブルージーでいい感じ。少しずつ増え続けているアルバムも時には整理を兼ねて確認しないと埋もれさせてしまい惜しいことをしていたと思うこともしばしばsweat01
 

  maple 秋の桜並木散歩 run

2013_1107_125909dsc_7380

買い物ついでのお散歩は、季節の植物の変化との出会いも楽しい。

2013_1107_131127dsc_7386

昨年まではうっそうとした桜並木だった相模が丘の公園は、大半の工事が終わったようで、古木の桜もほとんど切り倒されて、新しく様々な種類の桜が植えられた。それから小一年の間に、少しずつこの景色にも馴染んできた。
2013_1107_131416dsc_7391

道路を挟んで長く伸びている公園の道路際に立てられている腰の高さほどの円柱の頭には新しい公園のシンボル”SAKURA HYAKKA”の文字と桜の蕾と花が描かれている。一昨日の雨上がりの日。水溜りが出来た円柱。
2013_1107_131259dsc_7388

運よく秋に咲く“10月桜“がほんの少し咲いているところを見る事が出来たscissors

2013_1107_131031dsc_7384

花壇地面には赤く染まった桜の葉っぱもmaple

2013_1107_130555dsc_7383

新しく出来た垣根の前には、新しく植えられた小さな木の紅葉が並ぶmaple
2013_1107_130514dsc_7381

花の盛りも最後かもしれない。葉が枯れかかっていた。

2013_1107_131650dsc_7395

秋は赤い実が定番だと思っていたけれど、黒い実も。

2013_1107_131812dsc_7396

ちょっと腰を下ろして一休みしたかったけれど、ベンチも雨上がり後の水に濡れて

2013_1107_131625dsc_7394

黒い実は何の実かしら?調べてみなくちゃ・・・と思いつつ

2013_1107_132257dsc_7398

これは菊科の花?花も木も四季折々、沢山の種類があって中々名前を覚える事が出来なくなった。もうその美しさや儚さや健気さを、その季節ごとに心で受け止めるしかないかなと思うこのごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近隣散歩と紅葉、相鉄かしわ台駅構内を歩いた日のこと♪

2013.11.8(金)sun小春日和の陽気に浮かれたくなるけれど、一昨日受けたインフルエンザの予防注射の痕が少し痛い。別に動くのに支障は無いけれど、今日はテラス掃除に少し汗を流したので、少しのんびり過ごしている。

2013_1107_125410dsc_7374

昨日買い物に行った折、車を置いて近隣散歩をしていたら、他所さまの塀の上まで伸びた黄色い花が見えた。青空に白い雲。秋に似会う黄色い花。

2013_1107_125459dsc_7377

赤く色づいた葉も見えたmaple

2013_1107_125720dsc_7378

近隣を見渡すとお庭に植えられた柿の木の実りの多さに驚かされる。写真は部分しか写せなかったけれど、神奈川のこの辺の柿は見事に豊作。毎日柿を食べても飽きない我が家から見たら羨ましいけれど、実った柿が収穫されているようにも見えない。秋から冬は小鳥達が最後の一つまで大事についばんでいる。

2013_1107_132326dsc_7399

道を歩けば、見上げるばかりでは無く、道の側溝にもお庭から飛び出した花達が顔を出している。時には楽しい近隣散歩。

  train  相鉄線駅構内を歩いた train

2013_1014_171422dsc_7150

10月半ば、中学生に案内して貰った駅の入り口から入場券を買い、西口の駅出口まで歩く。

2013_1014_171514dsc_7152

線路を眺めながら、プラットホームはまだだいぶ先。

2013_1014_171713dsc_7153

ホームに近付く通路の左側

2013_1014_171813dsc_7155

こんな和みの空間が設けられている。

2013_1014_172105dsc_7162

ホームには人が少なく
2013_1014_172053dsc_7161

回送車両が停車中

2013_1014_172114dsc_7163

向こうの登り口までは専用ホームを歩くような気分で
2013_1014_172348dsc_7167

エスカレーターを上がりきれば、駅の改札がある。そこには売店などがあった。
2013_1014_172919dsc_7168

すっかり暮れて来た夕刻、車両基地の側を歩いて車に戻る。
2013_1014_173246dsc_7170

途中にあった衣料品の量販店
2013_1014_173302dsc_7171

車を停めたスーパー相鉄ローゼンが見えて来た。帰りはここで買い物をしてみた。初めてのお店だけれど、お買い物しやすいお店だった。
2013_1014_173405dsc_7172

ローゼンには温泉も隣接。

この街に住む事は無かったが、かってここをと思ったこともある街。思い立って来て見てよかった。知らない街を歩いてみるのも新しい発見やその街の人との束の間のふれあいに心温まるものがあって、とても楽しい思い出となった。

  maple 自宅前の紅葉も

2013_1108_161733dsc_7407

窓の外の公園の木々が

2013_1108_162015dsc_7410

日増しに色濃く染まってきている。

来週からは一気に寒くなるとも。関東地方の紅葉前線も更に進みそう。それにしても秋田県では竜巻の被害があり、フィリッピンでは台風30号の影響で風速90mの風が吹いたという。詳しい状況はまだ分からないけれど、11月になっても台風が暴れまわり、人々の生活が脅かされている今年の気象状況。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふれあいの森散歩続き♪

2013.11,6(水)sun朝晩めっきり涼しくなったけれど、今朝はまずまずのお天気。TVのお天気ニュースの中で都内でも所によっては紅葉が見られる場所もあるそうで、思わず行きたくなってしまったけれど、もう少し後に。紅葉の季節はこれからだmaple

2013_1105_154643dsc_7323

budが家の菊科の花ホワイト・エンジェルが白い花を咲かせ始めた。夏に切り戻しをしてやらなかったので、枝が伸び風に吹かれて揺れている。これで3シーズン目の開花。

   maple ふれあいの森 maple

2013_1028_162843dsc_7266

森の上手の薔薇園の方に行ってみた。肝心の薔薇は余り咲いていなかった中央の花壇の中心に赤い実が出来ていた。薔薇の仲間の実なのかしら?

2013_1028_163007dsc_7270

一旦公園内に挟まれた歩道に出てみる。枯れ葉が赤い道路に舞い落ちている。

2013_1028_163242dsc_7274

向かいの神社の石塀に設けられた排水構の穴がほっこり笑いかけて来た。

2013_1028_163410dsc_7275

七五三の登りが立つ季節

2013_1028_163525dsc_7278

熊野神社の鳥居。石段を登ればお社が。鳥居の前で手を合わせ頭を下げた。

2013_1028_163814dsc_7282

色付いた木、錦秋に向かう季節

2013_1028_164843dsc_7291

チェリーセージの花が夕闇に揺れる

2013_1028_164210dsc_7284

岩の窪みの水溜りに映った灯がまだ入らない街灯

2013_1028_164536dsc_7286

ハーブ園の水辺に咲いた白い花

2013_1028_164914dsc_7293

チェリーセージの細い枝の間に、季節の役目を終えた枯れ葉が軽やかに最後の体を休めていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少しずつ冬が近付いてきた!

2013.11.4(月)cloud 11月最初の3連休も今日でお終い。一年中連休の身にとっては普段と変わりない日常生活。先月末に郵便屋さんが荷物を届けに来た折、年賀はがきの注文を聞かれたので注文。発売初日の1日に早速届けに来てくれた。有難かったけれど、何だか気忙しい年末の始まりとなった。

年末に向けて少しは片付けなければと、最近はスピーカーの前まで占領して音の聞こえを悪くしているCDを何とかしたいと思い、現状使っているラックを増やしたいと思い、購入店に行ってみた。購入してから6.7年が経ち、メーカーの編成なども変わっているので、在庫は難しそうだとのこと、連休開け数日かけて調べてから返事をくれる事になった。その他に冬物の買い物など、暑い日が続いてのんびりしていた冬支度などが続いている。いつの間にか寒い日もあり暖房を使う日も増えた。

2013_1104_193420dsc_7321

数日続いた買い物や都内の親戚宅への訪問など。今日は一日のんびり片づけものをしながら、奥の方から見つけたハービー・ハンコックのCDを聴いた。2007・8年頃、手に入れてから数回しか聴いていないアルバムだったので、新譜を聴く様な新鮮さで耳に届いた“RIVER” ジョニ・ミッチェル、ノラ・ジョーンズやティナ・ターナーのヴォーカルが入り、ハンコックのピアノ、ウエイン・ショーターのテナー、デイヴ・ホーランドのベース、そしてドラムスはヴィニー・コライウタ、ギターはライオネル・ロウイケ。演奏の素晴らしさは言うまでもなく、秋の終わりの今頃に聴くにふさわしいしっとりした大人のアルバムnotes

  maple 秋を探しに maple 

2013_1028_161523dsc_7247

買い物前に立ち寄った“ふれあいの森”10月も末、木々の葉はほんのり秋色に染まり始めていた

2013_1028_161545dsc_7248

花壇には彩り鮮やかな鶏頭が咲き

2013_1028_161702dsc_7251

緑の垣根に囲まれた花壇に一面に咲く真っ赤なサルビア
2013_1028_162116dsc_7259

コスモス畑の中央にはお茶目なピンクの薔薇。この薔薇が“ラブ・ミー・テンダー”という名前だったかしら?

2013_1028_162215dsc_7261

コスモスをバックに赤い薔薇。ちょっぴり花の盛りは過ぎていたけれど、ブルースを唄うベテラン歌手のように堂々とnote

2013_1028_162032dsc_7257

淡いピンクが愛くるしいコーラス隊heart04
2013_1028_162135dsc_7260

お茶目な薔薇よsign03

2013_1028_163744dsc_7281

丈も伸び、最後の花を咲かせていたコスモスの群れ

2013_1028_161924dsc_7254

「お~い、きれいだよ」夫が見つけて教えてくれた。「ほんとだ」赤く色づいた木の葉が暗くなり始めた木々に彩りを添えていたmaple

2013_1028_162437dsc_7264

立木が3本、黄色いお花の畑を守っている。少しずつ秋が深まり始めていると思っていたら、そろそろと、冬に向かい始めている。

数日中にはインフルエンザの予防注射。健康面も冬の支度。年々体力も衰え始めて何事もスピーディには片付かなくなっている昨今。新年を迎える準備はなるべく早めに少しずつ始めなければと思っているけれど・・・・・coldsweats01

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »