« 9月に行った「芹沢公園」秋の入り口散歩など♪ | トップページ | 爽やかな秋の市内ドライブや秋の花花など♪ »

9月最終土・日2日間は大野ジャズまつりライブに♪

2013.10.4(金)cloud 急激な気温の下がり方。今日は日中も11月頃の気温とか。歩いて近所の買い物に、今年初めての皮ジャンを着た。T・シャツ一枚の上ではまだうっすら寒く、薄でのマフラーも巻いた。来週は又又気温が上がるというこの秋の陽気。台風の発生も例年になく多い気がする。体調管理に気をつけなければいけない。

  note ジャズ&フードフェスティバル note

8月の“もんじぇ祭り”に続いて大野ジャズのライブ演奏が伊勢丹でも開催された。9月最終の土・日の2度続けて聴きに出かけた。土曜日1時と5時が秋田慎二(P)佐藤慎一(b)小山太郎(Ds)5時の部に少し遅れて着いたので数少ない席は満席で立ち見だった。

2013_0928_172654dsc_6732

プロ中のプロの皆さんのトリオ演奏を無料で聴かせて頂けるなんて勿体無い位、素晴らしい演奏が続く。今年は小山さんのドラムはご縁が深く、これで3度目。

2013_0928_173324dsc_6738

今回初めて聴かせて頂いたベーシストの佐藤さん。
2013_0928_173438dsc_6740

秋田さんのピアノもライブは初めて。以前BS放送にレギュラーで出ておられた時に聴いていたきりだけれど、相変わらず抒情的で美しい音色を聴かせていただいた。30分のステージなので、あっという間ではあったけれど、枯れ葉が舞い始めるこの季節“オータム・リーブス”なども聴くことが出来た。

曲の合間のトークの折に、同時開催されているディスク・ユニオンのレコードやCD、ジャズ関係の本や、今は廃刊になってしまったジャズ専門誌“スイング ジャーナルなどが販売されており、ステージの合間に見た秋田さんが、「かってジャーナル誌からインタビューされた記事などが見つかり思わず買い占めたくなった」というお話に思わず興味が湧いた。ステージが終わり、出演者のCDサイン入り販売があり、この日は秋田さんのCDをサイン入りで購入。秋田さんも気さくにお話をされる方で、しばし会話が弾んだ。この翌日のトリオ演奏も小山さんと佐藤さん。そしてピアノは守屋純子さん。この日は小山さんと今年3度目の握手。

そしてステージ後は、CDやレコードよりも“スイング ジャーナル”のある場所に直行。夫と二人で、何冊もある中から懐かしい1966年頃の8冊程を選んで購入。かってのある時期まではほとんど所持していたジャーナル誌。何度か取上げられ掲載された記事や写真など。その大切な号も含めて店仕舞いの折にどうしたことか見当たらなくなってしまい、何かの形で処分されてしまったのだろう。売り物の古いジャーナル誌は個別に透明の袋に入って見られないものもあり、見られるものの中からオープン時の初回広告の掲載されたものなど見つけ出せたものと合わせて二人の直感で決めた。

2013_0929_161210dsc_6760

2日目は5時のステージ開始より少し早目に到着。ピアノの前の席に座り開演を待った。このイヴェントを教えてくれた息子夫婦にも早く来るように連絡をいれて。

2013_0929_161743dsc_6765

ピアノもドラムも静かに開演を待っている。
2013_0929_172612dsc_6774
この日のピアノは守屋純子さん。4月の末頃だったか昭和音大ホール以来。デパートなので、吹き抜けの上階からも立ち見の観客もいるので、そちらにも気を配って語りかける守屋さん。

2013_0929_173049dsc_6777

相変わらずパワフルな小山さんのドラム。前日と同じように3人の息の通い合うトリオ演奏は言うまでも無く素晴らしく、この日も聴きに来て本当によかったscissors


2013_0929_174314dsc_6779

ステージの後はCD販売とサイン会。守屋さんのCDはほとんど持っているのでベースの佐藤さんのアルバムをサイン入りで購入。皆さん演奏される音楽のように暖かなお人柄の方ばかり。この後に企画されている其々のコンサートのパンフなどを頂いてきたので、今年は後何度かライブで聴くことが出来そう。
2013_0929_174447dsc_6780

最後は小山さんと4度目の握手とツーショットなど。今年は5回目もありそうなのです。

この日は息子達と、スイングジャーナルを見ながら追加でもう一冊購入。帰りは息子夫婦と伊勢丹内でのティールームでお茶を飲みながらおしゃべりをして帰宅。
2013_1001_111203dsc_6801

左が秋田さんの2010年のセカンドアルバム「Fiction」美しいピアノの音色が醸し出す世界。右の佐藤真一さんのアルバム「Le Freaku」は2004年ニューヨークで録音されたというアルバム。お二人とも曲作りからメンバーとのセッションの質の高さが素晴らしいというのが今のところの感想で、まだ何度も聴く時間が無く、これから折に触れ聴いてゆくのが楽しみなアルバムとなりそうです。佐藤さんのサインはジャケットの内側に入れて下さった。
2013_1003_121516dsc_6810

指の怪我の消毒に病院に通ったりちょっと多忙だったけれど、10月に入り、伊勢丹の催事最終日の1日、幾つか貴重な広告や記事も見つけていたが、もう一度何年の何月号頃と予測を付けてユニオン出店の最終日、ジャーナル誌を見に出かけた。さすがに古い号の充実ぶりには驚かされるほど揃っていたので。この日も二人で見ているうちに貴重な記録の残る号を2冊見つけ出す事が出来たsign03もう2度と見る事が出来ないと諦めてもいたし、秋田さんのトークを聞かなければ立ち寄ることも無かったかもしれない中古のジャズの本コーナー。何かの縁とはこのことかもしれない。又又8冊購入して都合17冊の古いジャーナル誌が揃った。中には思い出多い記事やジャズの歴史が詰まっている。もう一度ゆっくり読み返してみたい。

特に我が家にとって貴重な号は、すでにお仏壇の前に置き、2冊ほどダブリもあったが、今付箋を付けながら確認中で手元に出ている分を記念にパチリしておいた。

|

« 9月に行った「芹沢公園」秋の入り口散歩など♪ | トップページ | 爽やかな秋の市内ドライブや秋の花花など♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございますcloud

伊勢丹でジャズライブ、良いですねnotes
コチラのデパートでも、時々ジャズボーカルのライブが
あるみたいですが、時間的になかなか行けませんdown
「スイングジャーナル」よく買いましたよ。
「ジャズライフ」と2冊は必ず買ってました。
時々投稿したりして・・・懐かしいですbook
貴重な号が手に入って良かったですねsign03
手のお怪我の方も、順調に回復されているようでなによりscissors
ソファーの向こうに、何か可愛いcatが見えましたlovely

投稿: kazu | 2013年10月 5日 (土) 08時55分

kazuさん
こんにちは!

相模大野はジャズの街と言いたくなる位、
夏から秋にかけて楽しい催し物が続きますnote
今回は伊勢丹という好立地で無料ジャム
超一流のミュージシャンの演奏が聴けて
ラッキーでしたscissors
「スイングジャーナル」の廃刊を教えてくださった
kazuさん、惜しい廃刊でしたね。
投稿は何年頃が多かったのかしら?
日本ジャズ界をけん引してきた様な
かっての記事などを目にして、
胸を熱くしながらページを繰りました。
そして、大切な記事や写真も見つけ出せてlovely
急にオープンのころからの懐かしい思い出が
蘇り幸せな気持ちでいるここ数日ですconfident
お陰さまで怪我は順調に回復して週明けに抜糸です。
黒ネコのピーツーお目にとまりましたかsign02
heart01のクッションがお気に入りで
そこから動きたがらず定位置なんですよhappy01
時々手を貸してと頼んでも尻尾を
くるくるするばかりでhappy01

投稿: chisa_pie | 2013年10月 5日 (土) 12時38分

モヒカン刈のロリンズが表紙になったSJ誌はありませんでしたか。64年の8月号か9月号だったと思いますが。
エリック・ドルフィーの死を伝える記事が載っていて、それが僕がはじめて買ったSJ誌なのでした。

投稿: 浜野 | 2013年10月 5日 (土) 22時31分

浜野さん
こんばんは!
主に66年以降を見ていたのですが、
それより以前のものもかなりあったので、
もしかするとあったかもしれません。

それより69年2月号に
浜野さんが訳した記事を見つけましたよscissors
『神 音楽 人間』
“アイラーがフランクに語り続ける時”です。
エルヴィンが表紙です。
訳者紹介も最後にありましたね。

お互いに、
若かりし頃からの歴史が見えてくるようで、
何だか懐かしいですね。


投稿: chisa_pie | 2013年10月 5日 (土) 23時13分

『神 音楽 人間』……そんなのありましたかねえ。本人は忘れております。
当時は児山編集長。その編集長に絶縁の手紙を出したのは、70年のことだったでしょうか。

投稿: 浜野 | 2013年10月 6日 (日) 09時11分

お早うございます。

寒い日が続いていますね。happy02
その寒い金曜日に、相模原GCへ日本女子プロオープンを見に行ったのですが、初めて相模大野の駅に降り立ちました。
駅は立派だし、伊勢丹はあるし、駅から続く商店街は通路が広くて色々なお店が並んでいてビックリでした。happy01
ちっちゃな自由が丘とは比べ物になりませんね。(笑)
緑が多くて、ゴルフ場が近くて羨ましい事sign03wink

投稿: mayuza | 2013年10月 6日 (日) 09時14分

浜野さん
おはようございます!

そんなことがありましたか。
今となれば長い人生の歴史のひとコマですね。

こちらは少し薄日が差してきました。
今のうちに食料の買い出しに行ってきます。

投稿: chisa_pie | 2013年10月 6日 (日) 10時54分

mayuzaさま
おはようございます!

相模大野は、丁度我が家の引っ越して来た頃の
少し前に伊勢丹が出来て、
どんどん整備されて、いつの間にか立派な
街に。遊びに行くのも楽しい街ですnote
小田急の駅の上はセンチュリーホテル
すぐ近くには新しい「ボーノ」というビルも出来て
便利です。
相模原GCへは歩いてゆかれるのかしらsign02
ゴルフはうといのですが、
女子プロオープン楽しかったのでは
ないですかgolf
夏は伊勢丹から裏にでるとすぐの中央公園で
もんじぇ祭りも開催されます。
いつかまた夏のジャズ祭りにもいらしてくださいnotes


投稿: chisa_pie | 2013年10月 6日 (日) 11時14分

こんばんは

投稿は1991年頃だったかしら??
地元のジャズドラマーの方達と交流があったので
応援の意味をこめて投稿しました。
昔は、ジャンルが違いますが「湯川れい子」さんに
憧れておりましたcoldsweats01

投稿: kazu | 2013年10月 6日 (日) 19時47分

kazuさん
こんばんは!

91年頃だと、ジャーナル誌からも
遠ざかってしまっていたので、残念です。
読んでみたかったです。
今度手に入れた中には、存じ上げている方
のお名前など見つけて懐かしかったかです。
昔は詳しい住所に本名で投稿でしたね。

湯川さんのように音楽やジャズ評論
等を志しておられたのかしら?
ジャズ・ドラマーや今でもT・ファイブさんの
応援等、湯川さん的生き方に近いのではsign03
kazuさんの素敵な人生にwinewine

投稿: chisa_pie | 2013年10月 6日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/58314856

この記事へのトラックバック一覧です: 9月最終土・日2日間は大野ジャズまつりライブに♪:

« 9月に行った「芹沢公園」秋の入り口散歩など♪ | トップページ | 爽やかな秋の市内ドライブや秋の花花など♪ »