« 「谷戸山公園」お地蔵さんの周りに咲く彼岸花 | トップページ | 9月に行った「芹沢公園」秋の入り口散歩など♪ »

谷戸山公園彼岸花散歩後篇といた~いお話など(汗)

2013.9.27(金)sunからりとした秋晴れの空。暑かった夏がやっと遠のき、朝晩は本当にひんやりとしてきた。昨夜は思い掛けないことで夜外に出なければならない羽目に。少し厚手の上着や薄手のストールなどがあっても風が吹けば物足りない位だった。幸い車なので、外を歩いたのはわずかだったので助かったけれど。

  riceball 実りの秋の幸せ散歩 maple

2013_0924_165140dsc_6651

彼岸花咲く季節は実りの秋、稲穂色と赤い花の色が季節の分かれ道でもあるかのようなコラボレーションnote

2013_0924_165235dsc_6653

純白の彼岸花もりりしく咲いて
2013_0924_165352dsc_6656

里山体験館下の土手には赤い色
2013_0924_165412dsc_6657

田んぼの畦道には柿の実も生り

2013_0924_165448dsc_6658

木の下を見れば紅白の彼岸花

2013_0924_165616dsc_6660

田を潤おす水が流れる水路
2013_0924_165633dsc_6661

水路の真ん中にはこんな筒状の穴があいて、水量の調節が図られているのだろうか。
2013_0924_165727dsc_6663

湿性の植物が繁る場所の赤い稲穂がゆれる
2013_0924_165905dsc_6666

夜になると開花するという“カラスウリ“の花ということを
2013_0924_165854dsc_6665

この実を見ていたら、そのカラスウリの実であることと共に教えて下さった同じようにお散歩中の奥さま。こんな触れ合いが楽しい自然散歩。教えていただいたことは忘れないようにしなければcoldsweats01
2013_0924_170336dsc_6668

舗装されたなだらかな斜面の道、苔むした石の隙間からも植物が生き生きと葉を茂らせている。
2013_0924_170445dsc_6669

竹林の向こうに見える里山体験館。秋の夕暮れ。
2013_0924_170758dsc_6673

「お地蔵さま今日も楽しい谷戸山散歩を有難うsign03

  coldsweats02 うっかりでは済まなくて→ hospital
2013_0927_120612dsc_6694

夕食の準備中、ちょっと物足りないメニューにもう一品加えようと開けたお魚のかば焼き缶詰。四角な缶の上蓋をつまみ開け、中身をお皿に移した後、空の缶を捨てる前に洗おうと右手にスポンジ、左手に空き缶を持ち洗いだした途端にぐさりshock流れ落ちる血の多さにびっくり。慌てて切れた親指の付け根を抑え夫を呼んで止血出来るように包帯を巻いて貰う。止血している間に流しに置いた空き缶の側面が目に入った。手を切らないように充分注意と赤い字で書いてあった。その注意書きも後の祭りとなり、昨夜の夜間診療のある病院に連絡の上、行くことになった。

時間外でも怪我やどこかに痛みが出たりした患者さんは結構いるようで、そんな待ち時間と、自身の怪我の消毒や、傷口の処置は麻酔注射の上4針縫われた。帰宅は11時を回ってしまった。処置が良かったせいか念のため処方された痛み止めも飲まずに一晩ぐっすり眠ることが出来、今日も然したる痛みは無いのがとてもありがたい。けれど包帯の上から薄いビニール手袋をしての調理は卵一つ上手く割ることが出来ず難儀な事。しばらくは一人で調理をこなすことは難しそう。明日は病院に消毒に。抜糸は2週間後とのこと。やれやれ、もとはと言えば不注意からとはいえ、身近な危険を予想することも出来なかったなんて何とも情けなて・・・・sweat02娘から電話があり、その話をしたら、空き缶はいつもブラシで洗うとのことで一安心。それにしてもあの鋭利な缶の切り口には参りました。

   cd 今日のジャズは note

2013_0927_130349dsc_6698

この何となくよく似たジャケットの2枚。どちらもリーダーはベーシストという共通点も。この2枚も最近のお気に入りで、堀剛さんのアルバムは昨年“もんじぇ祭り”での演奏の後に堀さんにサインを入れて頂き購入したもの。2009年の作品。全編通して堀さんのエレクトリック・ベースが心地よい音色でサポートし続ける。控えめなのかと言えば決してそうでは無く、随所に聴かれるベース・ソロが何とも言えない。全7曲中5曲が堀さんの曲であり、エリントンとモンクの曲の2曲も文句無く楽しい。共に演奏される方々の技量も素晴らしいの一言note

右は最近ファンになったクリスチャン・マクブライドの新譜でピアノとドラムスとのトリオ作品。こちらもファンキーな曲が多く楽しめる演奏note

今日は怪我のお陰で家事もさぼりがちのジャズ曜日。

|

« 「谷戸山公園」お地蔵さんの周りに咲く彼岸花 | トップページ | 9月に行った「芹沢公園」秋の入り口散歩など♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アーッshock

chisa-pieさま、手を切ってしまったんですかwobbly
4針も縫われたそうで、痛みがあまり無かったのは
幸いでしたが、手を怪我されると本当に困りますよねdown
経験がありますが、顔を洗うのもままならず家事も
はかどらず困りました。
カメラを持つのもご不自由ではないですか?
缶詰めの切り口には気を付けなくてはいけませんねsweat01
お大事にしてくださいsign03

投稿: kazu | 2013年9月27日 (金) 21時22分

ブログの冒頭で夜の外出の話が出てきて、『あら、珍しい事!!何の用だったのかしら?』と思いながら読み進めていってビックリ!!coldsweats02
4針も縫ったなんて・・・痛そう・・・weep
手が使えないのは洗顔、トイレ、お風呂等日常生活が不便ですね。
食事の支度はご主人の出番かな?
しばらくご主人に甘えましょう。wink


私もネコの缶詰で切った事があり、その後はビビりながらスポンジたわしで洗っています。
缶詰は凶器になるので気をつけましょう。

投稿: mayuza | 2013年9月27日 (金) 22時41分

kazuさん
こんばんは!
有難うございます。
やってしまいました~coldsweats01
何十年ぶりかのドジですsweat01
旧来の缶詰より金属が薄くなったのかと思われ程
鋭利で、今朝夫がしげしげと見て、
これは自分が洗っても切っていたかもと。
処置が良かったのか、幸い痛む事は無いのですが
不自由な事もあるので助けて貰いながら
これ幸いと今日は楽をしていましたwink
今日までお風呂に入らないように
ということで、明日は朝シャワーします。
手袋をして最悪の時だけは手伝ってもらいましょうcatface

投稿: chisa_pie | 2013年9月27日 (金) 23時05分

mayuzaさま
こんばんは!

夜になってからの外出など滅多にない我が家で、
こんなドジな事が原因でした。オハズカシイsweat01

犬や猫の缶詰は一度も無かったのに、
これからは気をつけます。
でもあの四角い缶詰めは、余り使ったことが
無かったので、思いがけずでした。
もし使うことがありましたら気を付けてくださいね。
朝は夫の作る朝食、お昼はいつも通り簡単に、
フレンチトーストにアイスクリームを乗せたりhappy01
パンにクリームチーズをぬって黒豆を乗っけたり・・・テヘ
夜は何時も余分に作るおかずの
集大成でお皿に盛り合わせの豪華版sign02
問題は冷蔵庫が淋しくなった明日からですが
助けて貰いながらやるしかないですね。
思ったより痛みが出ないので多分大丈夫そうです。
写真がちょっと大げさでご心配頂いてしまいました。
有難うございますlovely

投稿: chisa_pie | 2013年9月27日 (金) 23時24分

chisa_pie さん

おはようございます!
きゃっ、お怪我をされて、痛々しいですね。
包帯にびっくりしました。
はやく治るといいですね。
お大事にされてください。

竹林の向こうに見える秋の夕暮れ。
風情がありますね~。
たわわに実る柿の実、彼岸花、秋の草花。
初秋の光景にほっと心が和みました。

投稿: 雲母舟 | 2013年9月28日 (土) 09時01分

雲母舟さん
こんにちは!

有難うございます。
お陰さまで痛みも無くよくなりつつあります。

秋の里山風景が谷戸山公園内で
見られるのが、この辺のいいところで
今年は特に彼岸花の時期に見られて
嬉しかったです。
こんな景色って、やはり日本人ならではの
心を癒してくれますねmaple
朝晩涼しくなりましたので
お大切にお過ごしください。

投稿: chisa_pie | 2013年9月29日 (日) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/58274817

この記事へのトラックバック一覧です: 谷戸山公園彼岸花散歩後篇といた~いお話など(汗):

» 彼岸花咲く宝蔵院 [雲母(KIRA)の舟に乗って]
いのちあるものを見るのは無限にたのしい。 今年も秋のお彼岸に 葛飾の宝蔵院さんで 彼岸花の群落が咲き始めていた。 お墓参りの日には、命についての思いがめぐる。 子どもという名の命は、命の必然として自ら育つのであって、 けっして、はたの思わくや計算や努力で育てられるたちのものではないと、誰かが言っていた。 「いのちあるものを見るのは無限にたのしい。 いのちあるものはまた無限にかなしい」(By 高村 光太郎) 今年もお彼岸に、古い石仏の前で、彼岸花が咲いてい... [続きを読む]

受信: 2013年9月28日 (土) 09時01分

« 「谷戸山公園」お地蔵さんの周りに咲く彼岸花 | トップページ | 9月に行った「芹沢公園」秋の入り口散歩など♪ »