« 暑い夏、麻溝の猫最終回♪ | トップページ | お盆のお墓参り »

吉祥寺キチムでの「大島まどか里帰りコンサート」の夜♪

2013.8.11(日)suncloudsun 

 残暑お見舞い申し上げます

連日の普通ではないお暑さ、皆様にはご無理のないようくれぐれもご自愛のうえお過ごしくださいませ

 despair あ・つ・い です(クドイヨウデスガ)sweat02despairsweat02

何とも言いようのない異常な暑さに人は参り、熱中症の救急搬送も例年にない件数となっている。外の気温40度超えも素直に頷ける暑さに用心しながら暮らしているが、用事や食品の買い物はサボるわけにはいかず、屋外の2階駐車場に置く我が家の車は車内外ともその熱さたるや半端では無く、エアコンを入れドアを開け放し車内の熱を放出してからでないと乗り込む事も出来ない。もう勘弁してほしい位秋が恋しいsweat01

路上で倒れ、熱中症で亡くなる方まで出ているこの夏、豪雨の犠牲になられた方々も。

豪雨の、そして暑さの犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

更に、生き物にも変化が。蝉の音は24時間営業になってしまったようで、窓を開ければ賑やかな蝉しぐれが止むことなく聞こえてくる。1階駐車場にはネズミの亡がらまで転がっていた。猫が咥えて来たのか、それともネズミ自身が棲みかの暑さに参って出て来て、逆に外の暑さにやられてしまったのか、傷とて見当たらない姿で・・・。ネズミも生き物、熱中症であっても不思議はないかもしれない。

     note ジャズ・ライブの夜 note

2013_0809_194210dsc_5627

「大島まどか里帰りコンサート」のオープニング

2013_0809_212110dsc_5667

メンバーは大島まどか(p)鉄井孝司(b)鈴木カヲル(ds)さん

2013_0809_202555dsc_5629

まどかの兄、章太郎の弾き語りが一曲入り、中々味わい深い唄でしたnote

2013_0809_204718dsc_5641

ファーストセットが終わった休憩時間、客席はかなりの混み具合。

2013_0809_204934dsc_5645

2012年10月に出版された小薗江圭子さんの魔法使いの少年の旅『ポリガペッパとゼラ』の挿絵を描いた大島まどかの里帰りコンサートはその挿絵の原画展も同時開催されている。この日一夜のイヴェントには家族や親せき、友人知人その他多くの人がまどかのピアノを聴くことと原画を観に、休憩時間は、出版された本を購入した方々へお礼をこめてその本やカードにサインを入れながらの応対に追われていた。

2013_0809_204900dsc_5644

合間に記念のスナップなども。

2013_0809_210558dsc_5657

セカンド・ステージが始まった。

2013_0809_212125dsc_5668

本場のミュージシャンの間でもまれ続けているジャズ・ピアノのテクニックはかなりのレベルに、それでも名実ともにプロであるベースの鉄井さんやドラムスの鈴木さんに助けられる部分もあったが、美しい音色とジャズっぽさはさすが本場育ちと思う演奏で、白熱したトリオのセッションが繰り広げられて退屈することなく最後まで楽しむ事が出来た。

2013_0809_212830dsc_5680

セカンドステージではまどかの中学1年生の時からの友人がヴォーカルを一曲。彼女は道半ば病いに倒れ、歌手にとっては致命的な声を失うという危機に見舞われたが、本来の病気の治療を続け回復するとともに、声帯は自分でヴォイストレーニングをして再び声が出るようになったという。

2013_0809_212918dsc_5684

昔、二人でセッションした時を思い出しながらのこの夜のヴォーカルを熱唱し、この後には二人が熱き友情のハグする姿も。

2013_0809_213028dsc_5685

太鼓が打ちだすラテンのリズムが心地よく響く曲や、彼女の作曲した曲も演奏された。その曲の出だしは何ともカッコイイベースのソロから始まり、とても素敵な曲。お気に入りの曲になりそうなのに曲名が思い出せないcoldsweats01

2013_0809_213617dsc_5703

アメリカでの暮らしが長くなってきた彼女の日本語はちょっぴり聞きとりにくくなり、曲の前のトークと曲名もちょっと聞きとりにくいまま、お友達のお名前まで。こちらの耳も退化してしまいその上、音楽を聴くことに夢中でメモもとらず、さらに気憶力も悪くなりで、あしからずです。

ジョン・レノンのブラックバードやバイバイ・ブラックバード、ボディ・アンド・ソウルもあったかな。勿論それ以外にもスタンダード・ナンバーなど何曲も。そして彼女お得意のジャパーニーズ・ソング『上を向いて歩こう』も見事にジャズ・バージョンで弾きこなし、客席から上がる唄声に合わせて伴奏も。楽しさの余り、久し振りに声を張り上げてしまいましたcoldsweats01

2013_0809_214611dsc_5715

会場からは温かな拍手が止むことなく、アンコールの一曲も終えて、無事一夜限りのライブが終了となった。

2013_0809_222003dsc_5750

ステージ終了は10時を回っていた。家族や知人だけが残り、灯も落とされた。客席の向こうが原画展会場になっていた。 

    2012_1122_132531dsc_9880

本の挿絵原画の展示等は、彼女の母が、それ以外にも多くの方達のお世話にもなっているようで、それだけに日本で初めてのプロとしてのライブ会場は心温まる雰囲気の漂う素晴らしい演奏会場になっていた。初めてトリオを組んだプロのベースとドラムスのお二人の力強いサポートもあいまって演奏そのものは心から楽しめる内容で、いつか又このトリオでの演奏が聴いてみたいと思ったことだった。

(今回の写真は、最初と3・5番目の写真と最後の本の写真以外は、息子に託したカメラ内の写真を使用)

|

« 暑い夏、麻溝の猫最終回♪ | トップページ | お盆のお墓参り »

JAZZ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸術 展覧会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
相変わらず暑い日が続いていますね。coldsweats02

ジャズヴォーカルにピアノ、イラストとたくさんの才能をお持ちのまどかさん、大成功の里帰りコンサート、おめでとうございました。heart04upart
ジャズの本場のアメリカで活躍されているのってホント素晴らしいの一言です。
プレーヤーと客席が一体となった楽しいライブ会場が目に浮かびます。
ご家族としても鼻が高いですね。lovely

今度、書店で『ポリガペッパとゼラ』を探してみます。happy01

投稿: mayuza | 2013年8月14日 (水) 12時03分

mayuzaさま
こんにちは!

ホント~に!お暑うございますsweat01

有難うございます。
前に一度聴いたライブの1曲やCDに納められた
作品など、少しずつレベルアップされてゆくようで
今回はどうかしらと思っていたら、
心おきなく楽しむ事が出来ましたscissors
これまでに聴いたことのないピアノトリオ演奏に
本領が発揮されていたのかも
しれませんnotes
ほんの少し鼻が高くなりそうですcoldsweats01
本の方は、書店でご覧いただければ
幸いです。童話なので、
お孫さん達にはいいかもしれませんbook

投稿: chisa_pie | 2013年8月14日 (水) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/57971824

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺キチムでの「大島まどか里帰りコンサート」の夜♪:

« 暑い夏、麻溝の猫最終回♪ | トップページ | お盆のお墓参り »