« 渋谷ヒカリエ初体験から渋谷の街並みを車窓から♪ | トップページ | ライブのお知らせ♪ »

初めて触れた反骨の画家 利根山光人の世界

2013.7.29(月)今日もくるくる変わるお天気。島根や山口では豪雨による大きな被害が出て大切な命を落とされた方もおられる。TVから流れる映像を見ていると、あの震災時を思い出すような濁流が溢れる凄惨さに目を覆いたくなった。世界的にも気象による事故が相次いでいる。被害に遭われた地方の雨が更に降ることなく、一日も早い復興をお祈りするばかりです。

  art 反骨の世界を追う art

2013_0728_173512dsc_5341

“反骨の画家 利根山光人展”が開催されている町田の「国際版画美術館」に久し振りに出かけた。

2013_0728_160447dsc_5322

美術館入り口にある石の柱を包む真っ赤なポスターには、作品を観る前から心踊らされた。

2013_0729_172633dsc_5365

町田市立国際版画美術館には利根山光人の版画が516点収蔵されているという。今回はそのうちのの129点と参考出品5点と合わせての展示になっているとのこと。

2013_0728_172227dsc_5323

美術館廊下の壁にもポスターがほの赤く浮かび上がる。

会場内は、年代ごとに画家が追求したテーマにそって展示されていた。1950年代から1990年代半ばまでの作品で埋め尽くされている壁面の一枚一枚の版画に圧倒され感動し心打たれた。

正確なデッサン力がなせる力強いタッチ、画家が軽くデフォルメしたように見える闘牛の版画からさえ、その積み上げられた正確なデッサンがあればこその見事に描かれた猛牛の戦いが強い存在感を持って迫力ある構図となり観る者の心を揺さぶる。

 book 受付で配られたリーフレットの表紙

2013_0729_173619dsc_5366

前衛、メキシコ体験をしてからの作品、プリミティブなものへの興味から創りだされる作品群、日本の伝統行事や祭りなどをモチーフにした作品、牛や馬、インドの女神、ドン・キホーテがニューヨークの摩天楼の中に出現する版画、戦争の爪痕などをモチーフに、画家は興味と体験と湧きあがるイマジネーションで作品を創り上げる。そこには反骨と人類の営みへの愛と又ユーモアさえも感じられる作品もあり、それらはいずれも力強い作風となって具現化されている。

2013_0729_173641dsc_5367

こちらはリーフレットの裏表紙。画家がインドでデッサンをする姿でしょうか。入場料だけで、内容も素晴らしい立派なリーフレットは無料で頂けました。

反骨の画家 利根山光人展 副題はーバイタリティーを求めてー

生きている限り、力強く生きる。そんなメッセージが心に伝わってくる。この展覧会を観る事が出来て本当によかった。これが一番の素直な感想でした。こんなに素晴らしい作品が日本にあって、すぐ近くの美術館に収蔵されているという嬉しさ。

町田市立国際版画美術館

〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1

小田急線・JR横浜線町田駅から徒歩15分

☎042ー726-2771/0860お問い合わせは                               町田市イヴェントダイヤルへ042-724-5656

観覧料=一般600 大学・高校生と65歳以上300円中学生以下は無料

会期は8月4日(日)まで

月曜日休館

平日10:00-17:00(入場は16:30まで)

土・日・祝 10:00-17:30(入場は17:00まで)

|

« 渋谷ヒカリエ初体験から渋谷の街並みを車窓から♪ | トップページ | ライブのお知らせ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸術 展覧会」カテゴリの記事

コメント

この間私も行ってきました。
学校の宿題で、色々な絵を調べないといけないのですが、
情報が大分足りなくて、教えていただけたら幸いですwink
教えていただきたい作品を書いておきます。

・かほ
・駿馬

至急お願いしますbearing
ムリなことを言っているのはわかっているのですが、
お願いいたしますsweat01

投稿: | 2013年8月13日 (火) 17時29分

上と同じ者です。
もしよければ、利根山光人展とともにやっていた
畦地梅太郎さんの


ぬくもり
のことも教えていただければ、うれしいですwink

投稿: まんまん | 2013年8月13日 (火) 17時41分

まんまんさん

利根山光人展、個人的に大変感動した展覧会でした。
学校の宿題でお困りとのこと。

今回の展覧会はご承知のように版画だけでした。
私の記憶にない作品のようで、
作品目録を見ても、
・かほ
・駿馬 は見当たりません。
ですので、全くお役に立てません。
それと
>畦地梅太郎さんの展覧会は同時開催では
無かったのではないでしょうか。
その展覧会は見ておりません。
従って、こちらの
>ぬくもり も全く知らない作品で
全くお役に立てなくて・・・・。
ごめんなさいcoldsweats01
宿題、頑張ってくださいねsign03


投稿: chisa_pie | 2013年8月13日 (火) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/57888622

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて触れた反骨の画家 利根山光人の世界:

« 渋谷ヒカリエ初体験から渋谷の街並みを車窓から♪ | トップページ | ライブのお知らせ♪ »