« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

雛まつりが近づく、暖かな春が近い♪

2013.2.27(水)cloud今日は曇りがちの一日。まだ寒いけれど晴れた日の日射しは確実に春めいてきた。小鳥達の動きも活発になり梅に桃に桜と楽しみな季節。

昨日位からカラスの動きが活発になり恒例の巣作りが始まりそう。今朝は小枝をくわえたカラスが公園の入り口と中程の木の枝を行ったり来たり、新居の場所の選定に余念がない。昨年は強風で折れた中程の細い枝辺りに小枝を置こうとしていたので、昨年の雛の惨事を知っているだけに思わず「そこはあぶないよ」と呟いてしまった。入り口付近の木の方が太くしっかりして安全そうで、一昨年の巣が未だにしっかり残っている。カラス夫妻はどちらに決めるのだろう。毎年訪れるこの季節の風物詩のようなカラスの巣作りは、暖かくなる日々への道しるべ。

  cherryblossom お雛さま heart04

2013_0226_141922dsc_1755

2月も明日でお終い。弥生3月がやってくる。3月3日は雛の節句。今年は玄関にお雛さまを飾った。昨日は来客があり、玄関で立ち雛がお出迎え。

2013_0220_161036dsc_1670_2

大和市の「泉の森の民家園」に行けば、華やかな雛飾りが待っている。

2013_0220_160408dsc_1651

古民家に雛の飾りが良く似合う。

2013_0220_161219dsc_1676

今度の日曜日3月3日は民家園の春祭り。ここで獅子舞や江戸人形浄瑠璃が催される。

2013_0220_161447dsc_16812

古民家の外には早咲きの河津桜の木々が植えられている。今月20日にはまだ開花は見られなかったが、明日あたりから暖かくなるとの予報。昨年も寒かったせいか、満開は3月も後半に近かったように記憶しているけれど、そろそろ高台にあたる土手の開花は見られるかしら?

2013_0220_161714dsc_1691

土手の上の20日時点の蕾はこの位だった。

2013_0220_161545dsc_1683_2

河津桜の木の下に植えられた菜の花は元気に春を告げていた。

2013_0220_161835dsc_1695

江戸時代中期に建てられたという旧小川家住宅は市内に残っていた最古の住宅、旧北島家住宅と共にここに保存されている。この住居にも雛の飾りが。雛の飾りと共に、かっての人々の暮らしをぶりを垣間見ることが出来る。茅葺屋根のこちらには蝋梅が咲いていた。

2013_0220_161917dsc_1696

旧北島家住居前の河津桜の蕾はまだ硬かったが、

2013_0220_162022dsc_1698

花の開花も楽しみだけれど、それだけではないその日その時の季節ならではの美しい景観が古民家の存在と相まって訪れる者の目を楽しませてくれる。

2013_0220_162109dsc_1699

梅などの開花もまだだったので、旧小川家住宅の全貌が入り口付近から良く見えた。

雛と古民家見学の後は、泉の方へお散歩

2013_0220_162408dsc_1704

森の中の木々が間引かれている。

2013_0220_163129dsc_1708

小川の水面はツートーン。青空色に紅葉の木々の色が映り込む。

2013_0220_163245dsc_1709_2

水面の色にも凍るような冷たさが和らいできているように感じられる浅い春。

2013_0220_163330dsc_1711_2

泉のほとりの向こうの夕陽があたる場所には、ほんの少し残る温もりを浴びながら夕暮れを惜しむ人達の姿も。

寒かった今年の冬、暖かな日々が早くやってきますように。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しかった神楽坂散歩♪

2013.2.23(土)sun週末は寒いとの予報だったが、窓の外は思ったほどの寒さは感じない。春を待つ木々に咲く花達も、遅い春にしびれをきらしていることだろう。

  car 神楽坂散歩 run

2013_0113_133812dsc_1000

車で東京に出た日。浜田山付近の踏切。吉祥寺に向かう井の頭線の車両が通過train

2013_0113_143548dsc_1013

1月は2度神楽坂に出かけた。その折の町中散歩中、こんな70年代頃にあったようなロック喫茶のような店を見つけた。懐かしくなるようなひとこま。

2013_0113_185627dsc_1079

商店街に続く角にあったお寺さん「安養寺」

2013_0113_185633dsc_1080

江戸三十三観音十六番札所とある。

2013_0113_144109dsc_1026

ご祈祷もして頂ける。悩み苦しみ悲しみ願望、様々なお願い事を。時には願い事が成就した時のお礼のお祈りでもいいかもしれない。仏は優しい眼差しで見降ろし喜んで下さることだろう。

2013_0113_143838dsc_1017

心鎮まる境内に立ち寄り、静かにお参りをさせていただいた。

2013_0113_144420dsc_1032

神楽坂商店街には昔ながらの店舗も多く、昭和を思い起こす懐かしい風情と

2013_0113_144252dsc_1030

新しいカフェなどの店舗も。そのカフェでさえ、ちょっとレトロで、街並みの雰囲気に溶け込んでいる。

2013_0127_154735dsc_1347時にはお花屋さんを覗いたり、カフェに入って珈琲を飲みながら軽いランチを頂いたり、勿論素敵な写真やアートに触れたり、通り内に幾つかある神社やお寺を廻るのも悪くない。

かって華やかだった花柳界の風情もそこはかと感じられる街。商店街は通りによっては、もっとレトロな雰囲気を漂わせている場所もある。今度はそんな違う通りもゆっくり歩きにきてみたい。

2013_0113_144606dsc_1035_2

日曜日の歩行者天国はそんな街の空気を肌で感じながら歩くにはとても楽しい場所。

2013_0113_185554dsc_1077

日が落ちれば店々に灯る明かりが歩道を照らす。

2013_0113_185908dsc_1085広い通りに面して可愛い猫の置き看板が猫好きを誘う。帰りを急ぎながらも暗い路地の中途まで入ってみた。猫が一匹目の前の路地を横切って消えたcat

2013_0113_185807dsc_1082

路地の左手にあった何ともレトロなお店。ここが猫の看板のお店かもしれない。映画[三丁目の夕日」より、もっともっと昭和な風情が色濃く漂っていた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春を迎える“泉の森古民家園”

2013.2.21(木)sun今日もいいお天気。まだまだ上空には寒気があり週末には強力な寒波がくるとも。けれど暦の上では日増しに春が近付いている。外に出れば春を思わせる催し物への誘いもheart04

  cherryblossom あかりをつけましょぼんぼりに cherryblossom

2013_0220_161110dsc_1672_2

細やかな手作業で作られた吊るし雛

2013_0220_160616dsc_1657_2

今年も古民家に飾られたお雛様。靴を脱いで上がり見学することが出来る。連れ立った少女たち、意外にも男性の方達の見学も多い。

2013_0220_160435dsc_1653_2

囲炉裏の向こうに飾られたお雛様

2013_0220_160648dsc_1660

奥の間にも七段飾り

2013_0220_160828dsc_1663

納戸部屋(寝室)にはお内裏様と三人官女

2013_0220_160931dsc_1666_2

お内裏様の両側は更に吊るし雛が華やかに飾られて三月三日の祭りを待っている

2013_0220_161124dsc_1673_2

現在の神奈川県大和市下鶴間に、江戸時代後期に建てられたという旧北島家住宅の天井。養業に対応してニ層に設計されている。

2013_0220_161143dsc_1674

 左手には織機。お蚕さんから紡がれた絹の糸はここで織られていたのだろう。

2013_0220_161353dsc_1678

雛まつりの日曜日は、ここで江戸人形浄瑠璃が催され、お庭では獅子舞を観る事が出来る(詳細は最後の写真2枚でご確認ください)

2013_0220_160531dsc_1654

住宅入り口には春の七草が植えられている。

2013_0220_161652dsc_1689_2

お庭に植えられた河津桜の開花はまだ見られなかったが、住宅裏手の少し高台になった日当たりのいい場所の蕾は2月20日現在この位膨らみ始めていたcherryblossom

2013_0220_162208dsc_1700

春祭り詳細(クリック拡大してご覧ください)

2013_0220_162234dsc_1702

今年も泉の森古民家園では楽しい春の催し物が開催される。

日増しに近付いている春の日々cherryblossom


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の日のジャズ・タイム♪

2012.2.19(火)snow~朝方の雨が雪に変わった。

2013_0219_114621dsc_1620

今年の寒いことと降雪の多いこと。お腹にホッカイロで寒さ対策。まだ当分寒さは続くとのこと。やれやれですthink

2013_0219_114742dsc_1623

窓の外の雪を眺めながら

2013_0219_112458dsc_1610

お外に出るのも気が重くなって

2013_0219_130145dsc_1637

ジャズ・タイムとなりました。こんな雪の日は静かな音楽を聴きましょう。

Miles Davis “In A Silent Way”69年,フュージョンに向かう先駆けとなったMiiesの作品。今聴いても古さを感じない音楽に浸りながら

2013_0219_125751dsc_1631

外の雪景色を眺め、お茶をすする。時折公園からメジロが飛び込んでくる。此方に気がつきすぐにまた飛び立って行くdash

2013_0219_133807dsc_1640

静かな、けれど燃えるような音源の後は、エリントンのレコードをかけてみる。レコード針が古くなって音が悪い。早く替えなければ。お陰でA面しかかけて貰えなかった。けれど、エリントンのピアノは勿論のこと、ギターのジョー・パス、レイ・ブラウンのベース、ルイ・ベルソンのドラムスとBIG4のホットな演奏も楽しいジャズ・タイム。ジャケットが古びているので、マイルスより昔のもののようだけれど73年の演奏とある。それぞれ味は違うが、それぞれのジャズであり、どちらも面白い。マイルスもエリントンも他のBIG3もすでにこの世には居ないけれど、彼らの残した素晴らしい音源が、彼らの生きたあかしとして残され今でも心に沁みいる時をプレゼントしてくれるnote

2013_0219_141432dsc_1643

雪は少しずつ小ぶりになり2時過ぎには少し積もった雪も解けかけて、その後は小ぶりに、夕方5時前にはすっかりやんでしまった。

2013_0219_171422dsc_1647

プリムラ・ポリアンサ(さくら草)の蕾が綻びはじめたbud

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末は買い物など、日曜日は気ままに楽しく過ごす♪

2013.2.18(月)rain冷たい雨の週明け。暖かな春が心から待ち遠しい。

週末はちょっと体調が回復したところで、髪のカットと着付けの打ち合わせの為、美容院に行ったり、来月末に迫った息子の結婚式の自分達の支度の為に町田に出た。

夫の自前のモーニングは、リタイア後の仲人話などは勿論のこと、身内の結婚は当分無いと勝手に決めて簡単に処分してしまった。今から思うと何て勿体無いと思うけれど、今更言っても始まらないので、貸衣装屋さんに行きモーニング一式試着の上、式の前々日に自宅に届けて貰えるように手配を済ませた。続いてデパートの和装売り場に行き、自前の留め袖用の着付けに必要な小物類が幾つか見当たらなくなってしまったので、長じゅばんの新しい半襟やきつくなってしまった足袋やら含めて、着付けの為の打ち合わせで必要な小物一式を購入。

息子達の衣装は少し前にやっと決まったということだったし、親の方も取りあえず着るものの心配は無くなって一安心。

  chick 早春の野鳥たち chick

2013_0217_120202dsc_1574

メジロに続いて、最近増えて来たヒヨドリ。公園は小さな野鳥の溜まり場だ。お天気のいい日の小鳥達の囀りは賑やかで、チーイチーイと鳴くメジロやチュンチュン雀に交じり、ピーヨピーヨとヒヨドリの鳴き声も交じる。和名の「ヒヨドリ」は一説によればその鳴き声に由来するとも。

2013_0217_120539dsc_1580

敷地内の木の上で夢中で何かをついばむヒヨドリ。実もないし何かと思い、写真を拡大してみたら、木の葉をムシャムシャしていた。葉の先がギザギザに。

2013_0217_120323dsc_1578

時折近くを大群で飛んでゆくメジロの群れなどを確認しながら、結構長いお昼ご飯だった。我が家のワイルドベリーもヒヨドリの好物で、実が出来ると時折ついばみにやってくる。

pc日曜日の昼間、ネットのユウチューブで鳥の鳴き声を検索していたら、何故かジャズのところに飛んでゆき、そこで見つけたモントルー公演のジャコ・パスのバンド、ちょっと聴いてみるつもりがなんと1時間近いフィルム。嫌いなものでないだけにフルスクリーンモードにしたPCの前で思わず全部観てしまい、1曲終わる度にPC前で拍手。その後はウイントン・マルサリスのバンド演奏をちょっと覗いてみたら、これもやめられなくなってしまった。1時間近い公演フィルムを退屈する間も無い位堪能、極上の演奏を聴くことが出来た。note 

 run 久し振りにご近所散歩 dogcat 

2013_0217_170232dsc_1585

お陰でご近所散歩もすっかり夕方。上を向いて歩いていたら早咲きの桜が開花していた。

2013_0217_170244dsc_1586

 まだ花の数は少ないけれど、蕾は大きく育っている。やがて枝垂れ桜も咲く。ご近所桜の名所cherryblossom

2013_0217_170451dsc_1587

とことこ散歩をしていると小さな公園。子供達に余程人気があるのか、色あせたこれは何だろう?パンダかしら?もしかしてもうあまりよじ登って欲しくないのか「もうかんべんしてよ~」というようなポーズで座り込んでいたhappy01

2013_0217_170735dsc_1590


散歩道にはこんなワンちゃんもいて「久し振りだね」とても大人しいので、番いのカラスが平気で敷地内のワンコ近くを歩いていたりする。思わずスリーショットをと近づいたら、カラスは素早く飛び去ったdash

2013_0217_170904dsc_1591

早春の空の下、空き地になった広場はこれから何かが建つのだろう。元は何があったのかもう思い出せない。街並みが少しずつ変化してゆく。

2013_0217_172225dsc_1599

そして梅の花も見つけた。今年のご近所梅はまだこの位の開花状況。町田薬師の梅の開花も気になるところ。

2013_0217_172547dsc_1602_2

黒猫発見!どうやらごはんを食べていたようで、近付いてみたら逃げてしまったdash黒猫はシャイな仔が多いcat

2013_0217_172918dsc_1603

顔馴染みのこの子達は、何カ月ぶりかに会ったのに逃げるでもなく平気でお食事、そして懐っこく後をついてくるのも前とちっとも変らないcatcat

  bud夕方散歩で暗い写真が多いので、

2013_0211_142319dsc_1513

次々に咲くオレンジと黄色の仲良しナスタチウムで明るく締めますbudbud

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

”磯部の渡し”川沿い散歩と”幕末期の建物”外観を拝見散歩♪

2013.2.14(木)cloudsun

ぎっくり腰以降、ちょっぴり体調不良が続いてしまった。腰痛は大分治まってきたものの、体中が硬くなってしまったような不快感。少しずつ体を伸ばしたり,コリをほぐしたりのメンテナンスを心がけるも、やたらに襲う眠気も嫌な感じだ。けれど逆らわずにのんびりテレビを観ながら昼寝をしたりくつろぎの日々。

tvお陰で四大陸フィギュアスケート女子の1・2・3位の表彰台競技はたっぷり楽しめたし、テレビ朝日55周年記念ドラマ「上意討ち」や、小津安ニ郎監督の昭和7年制作の映画「生まれてはみたけれど」など、普段とは違いテレビの前に腰を落ち着けてゆったりと観る事が出来た。そしてそのどれもに、それぞれの感動があったheart01

昨日は何日振りかの近場散歩に行こうと車で外に出たら、美しい夕方の景色。

2013_0213_162319dsc_1516

丹沢の山々が墨絵のように連なる。

近場の公園散歩予定を変更、もう少し先までドライブをして

2013_0213_163601dsc_1521

着いたのは「磯部頭首工公園」“磯部の渡し”の川沿い散歩となった。

2013_0213_163923dsc_1527

この日の太陽が大山の向こうに沈むにはまだ少し早い時間。太陽の光が川面に反射sun太陽が幾つもあるような眩しさshine

2013_0213_164200dsc_1532

堰から流れ来る水を、テトラポッドがペンギンの群れのようにその波を受け止めている

2013_0213_164209dsc_1533

太陽が沈んでゆく最後の残照をshine

2013_0213_164837dsc_1538

雲が隠してしまいそうだったが、冬の日没の太陽に思わずバイバイ出来た一瞬lovely

2013_0213_165516dsc_1547_2

頭首工公園の可愛らしい時計台。その向こうにはお寺の屋根。寺で打つ鐘の音が聴こえてくる川沿いの豊かな景観を楽しめる散歩道。風が強く寒くなッてきたので車に戻った。

鐘の音と共に遊んでいた子供達の姿は少なくなったが、中高年の方々のジョギング姿はまだ見られた。

この後はcarで、近くの通りをドライブ

2013_0213_171437dsc_1553_2

新しい建物に少しずつ立て替わってゆく地域、その街並みも素敵だけれど、

2013_0213_171717dsc_1556_2

昔ながらの黒塀や蔵のある建物の佇まいも捨てがたく、今はまだどちらも混在する通り道

2013_0213_172016dsc_1562_2

“中村歯科”と看板の出る長屋門と中の建物は、この辺でもひと際目を引き、何度も車で前を通り興味があった。日暮れにはまだ時間があったので、外に車を停めてもらい門前に。

2013_0213_171833dsc_1557

 塀の外を歩くとこちらにも入り口が。車が入れるようだ。

2013_0213_172044dsc_1565

なんと!こんな立て看板も見つけましたよeye 残念な事に4時までであれば建物の中も拝見出来たようでweep 現在の歯医者さんはこの建物ではないようでしたsweat01

2013_0213_171913dsc_1559

幕末期、1階は和風、2階はなまこ壁で覆われ洋風に造られた建物。内部はどんなでしょうと興味津々sign02お陰で近いうちに又来なければと宿題が一つできました。

2013_0213_171930dsc_1560_2

建物前は広い敷地。現在は中村歯科さんの専用駐車場だそうです。長屋門を中の敷地から眺めて外に出た。

この通りは“発見のこみち”とも呼ばれ、すぐ近くには「相模原市史跡勝坂遺跡公園」もあり、このような建物に出会える歴史豊かな場所でもありました。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

軽いぎっくり腰で・・・、今日はジャズを聴いた日♪

2013.2.8(金)suncloud 昨日は北陸で春一番、関東も春一番こそ吹かなかったが暖かだった。そして今日から又寒の戻りthink

昨日、掃除機を掛け終わり、内部に溜まったゴミを捨てようとしゃがみかけた途端に腰の左側にギクッと痛みが走ったpout先月末にも同じ場所が同じ状況下でギクッで、湿布を貼りかえながら数日後に回復したばかり。久し振りに2度続いたぎっくり腰coldsweats02

昨日から外出は出来ず、室内を歩くにも不自然な格好でよちよち歩行と情けない。今日は昨日よりは幾分か楽になって、そう長くはかからないように思えるけれど、これも華麗では無く、加齢によるものでしょうか・・・・・sweat02

  cd MODERN MUSIC note

2013_0208_123134dsc_1481

外に出られない2日間、最近夫が見つけ出してくれたBRAD MEHLDAUとKEVIN HAYZのピアノ・デュオアルバムを2度聴いた。オーネット・コールマン作曲のロンリー・ウーマンをピアノ演奏したアルバムがあった筈と散々探して見つからなかったアルバムだ。ネット購入して1・2度聴いて仕舞い込みというアルバムが多く、そんなアルバムを見つけ出して聴いて良かった時の感動はとても嬉しい。

ネット購入の場合、新譜の試聴は出来ないことが多く、好きなミュージシャンの新譜は半分賭けのようなものなので。

多くは最初すぐには馴染めないまま仕舞いこみ、しばらくたって聴いてみて初めてその良さに気付かされることが多く、このアルバムはまさしくそんな中の一枚だった。ジャズでありながらクラシックも充分弾きこなせるような二人のピアニストのデュオは全編通して見事と言うしかないエモーションで迫りくる。勿論ロンリー・ウーマンがよかったことは言うまでもなくnote

  bud 浅春の我が家の花達 bud

2013_0207_112029dsc_1475

先日の雪に打たれたマーガレットの蕾がやっとここまで大きくなって間も無く開花しそうheart04今年はいつもより遅く、ピンクのお花が先のよう。

2012_0202_114913p1120575_2

ちなみに、昨年はホワイト・マーガレットが2月2日に一足先に開花。早い時は暮から咲き始めていたのに、昨年位から開花が遅くなっている。

2013_0207_112206dsc_1478

小さな鉢に植え替えたプリムラにも花の蕾がbud

2013_0207_112242dsc_1479

スイート・アリッサムもプランター一杯に花を咲かせているbud

2013_0207_112140dsc_1477

こぼれ種から芽を出しあちらこちらから咲き始める黄色い金魚草。同じ時に赤やピンクと4・5色植えた中で黄色だけが生き残り、毎年元気に花を咲かせるscissors時には小さな芽を見つけると抜いて移植してやらないと、他の植物の根の中にまで金魚草の根が浸食して元気に育ってしまう見かけに寄らない我が家のつわものbud

 cd MODERN JAZZ QUARTET note

2013_0208_184953dsc_1484

今日最後の曲はMJQの“ロンリー・ウーマン”10代の若かった頃から何度聴いたことだろう。時折アルバム最初のこの曲だけをたまらなく聴きたくなる。アルバムの隣にある時計は時を刻まなくなって久しい。MJQのこの曲を聴いていると時が止まったような思いになるので、丁度いいかもしれないclock

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関東地方に又雪が、幸い大きな積雪に至らず・・・

2013.2.6(水)snowcloud 今日は2本目の記事UPですwink

今日は先日亡くなられた歌舞伎の市川団十郎さんのお葬儀だった。雪の中、大勢の弔問客が集まり「成田や~」の掛け声の中をご出棺される様子がTVに映しだされた。勘三郎さんに続いて、歌舞伎界の立役者であられた方の旅立ちは余りに早く悲しい。幾ら惜しんでも惜しみたりない方達が世を去ってゆく。同年代を生きた者として、唯々ご冥福をお祈りするばかりです。合掌

  snow 予報通りに雪が降る snow

朝5時ごろに目が覚めて、窓の外を見た時は雪は降っておらず、降らないといいなぁ~と思っていたが、その後降り出した雪

2013_0206_083122dsc_1447

8時半頃の公園の積もり具合はこの程度だった。

2013_0206_083305dsc_1450_2

雪の朝のクリスマス・ローズの花。うつむいて咲く花はしゃがんで下からパチリbud

  chick 鷺に続いて又又メジロちゃん chick

2013_0206_085052dsc_1452

雪の日は寒がりメジロの避難場所になる我が家の、G・クレストの木

2013_0206_085209dsc_1453

窓の内側からレンズを向けたcamera

2013_0206_085219dsc_1454_2

まん丸お目目でキョロキョロeye

2013_0206_085249dsc_1456

メジロ観察は外に出られない雪の日のお楽しみhappy01 

2013_0206_111716dsc_1460

11時過ぎるころには、それまでみぞれ交じりだったりしていた雪も雨に変わり始め、大分融けてしまった。滑り台の一番最後に真っ白なタオルが折りたたまれたように見える。

2013_0206_111848dsc_1462

ブランコの下の雪も水玉模様に変わってしまった。。。。

2013_0206_135924dsc_1469_2

雪の中、寒そうに病院から帰った夫と昼食。生姜入りの暖かいワンタンにご飯。自分のご飯はほんの少し、ウインナーは一本の半分と少なめにcoldsweats01 これでも中々減らない私のウエイトwobbly今日も付け合わせのお芋が多かったかしらとsweat02

2013_0206_144641dsc_1473

午後、公園の雪は殆どなくなり気になっていた滑り台の下の白いタオルは、すっかり小さくなっている。うっすら積もっては滑り降りて遊んでいた雪が折りたたまれたように積み上がっていたようで、今見たら上の写真より更にちんまりしていた。

心配されていた程の積雪は無く明日は暖かくなりそうだが、スマトラ沖地震による津波予報が太平洋側に発令中。今日の17時前後に0.5mの高さが予想されている。何事も無く済みますようにと、この寒さの中での惨事にならないことも天に祈りたい。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の小鳥と谷戸山の青鷺の続きは?

2013.2.6(水)snowsign02

今朝は、予報通りの雪景色。昼近くには空が幾らか明るくなりかけている。雪の様子は又後で。昨日書きかけていた記事をUPです。

  chick 少し前の自宅前公園の小鳥達 chick

2013_0121_135251dsc_1227

春まだ浅いけれど、小鳥達の囀りは賑やかだ。チュンチュンチュン、チ~ィチ~ィ、チュルルチュルル、あちらの木からも此方の木からも。雀やメジロなど小鳥達の囀りが。

2013_0116_154906dsc_1171

ちょっと目立たないけれど木の幹の右側にメジロ。我が家のテラスには今年もメジロが毎日のようにちょこちょこ遊びに来ている。

  clover 谷戸山散歩を楽しむ鷺達 chick

2013_0202_172206dsc_1410

青鷺が飛び立つ少し前、近くにバサッと音がした。田んぼの近くに小鷺が一羽降り立った音だった。

2013_0202_172212dsc_1411

余り近付かないように、少し遠くからパチリ!

2013_0202_172224dsc_1412

ちょこちょこ歩回るお散歩姿が可愛い。

2013_0202_172238dsc_1413

人の少なくなった公園内の畦散歩は、夜の安眠の秘訣かしら?小鷺くんも直に飛び立っていってしまったけれど、青鷺に小鷺との出会いが何とも楽しい公園散歩になった。

2013_0202_172346dsc_1415

長屋門の向こうは茜の空

2013_0202_172718dsc_1420

長屋門から一旦公園外に出る

2013_0202_172727dsc_1421

鴨がじっと動かず公園入り口の番をしている。

お向かいのフェンスには自民党の広報版。安倍総理のポスターが貼られていた。「日本を取り戻す」の文字が見えた。アベノミクスと言われる経済対策が今のところ功を奏しているのか株高が続いている。見せかけの経済対策では無いことを、安心して暮らせる世の中になることを期待したい。

2013_0202_172808dsc_1424

夕闇の近い上り坂の向こうは夕焼けで赤く

2013_0202_172841dsc_1425

丹沢の山々

2013_0202_172930dsc_1426

夕焼けの茜色に染まった道祖神。

2013_0202_173441dsc_1433_2

再び園内への斜面の道を登りながら帰路につく。斜面の木々の向こうに見える大山と空が美しい。自然の織りなす四季の変化が楽しめる谷戸山公園散歩は飽きることなくlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月初めての記事は、ちょっと盛りだくさんで!

2013.2.4(月)sunここ数日暖かな日が続いている。そう今年2枚目のカレンダーにめくられて、もう2月。

2013_0204_114831dsc_1440

今年のカレンダーは愛車の販売店Honda  Carsさんから頂いた猫カレンダーが我が家のメインカレンダー。毎月一匹ずつ可愛らしい表情の猫の写真入り、少々小ぶりだがすっかり気に入ってしまった。2月だけは特別こんなに可愛い2匹の子猫が肩寄せ合って眠っている写真、可愛過ぎる~catcatlovely

節分が昨日終わり今日は立春。“梅一輪 一輪程の暖かさ” そろそろ梅の開花便りも届く頃、三寒四温を繰り返しながら春に向かう日々。

  run 谷戸山散歩 chick

2013_0202_164900dsc_1391

ここのところ摂りすぎているカロリー消費の為に、車を飛ばして谷戸山公園まで。少し前より日が伸びて、5時近くても大山の上にはまだ太陽が。

2013_0202_170010dsc_1394

 公園管理棟前も厳しい冬枯れの様子が薄らいで見える。

2013_0202_170105dsc_1395

5時を過ぎても、広場で遊ぶ子らの姿が。

2013_0202_171834dsc_1401_2

暗くなる前に急いで、水鳥の池方面に斜面を下る。鴨達にとってはもう夜が近いのか、沢山の鴨が岸辺でうずくまっている。

2013_0202_171849dsc_1402_2

枯れすすきの繁る浮島もぐるりと鴨が囲んでいる。眺めているだけで和めるひと時。そして湿生生態園の方へ歩を進めるとsign02

2013_0202_172054dsc_1406_2

木道の上に一羽の青鷺がいるではありませんかscissors静かに静かに、しかし先ずは急いでパチリ!ボケてますが・・・・・sweat01

2013_0202_172109dsc_1407

そーっと、もう少し近付きパチリ!

2013_0202_172128dsc_1408

更にもう一枚camera

2013_0202_172132dsc_1409_2

な~んて欲張っていたら、一瞬のうちに飛び去ってしまったdash

でも同じ木道の上に青鷺なんて嬉しくて、つい厚かましく追いかけてしまいましたcoldsweats01まだこの後にもお楽しみはあったけれど、それは次回に。

  bud 我が家の春の兆し

2013_0202_100820dsc_1380

朝のテラスは少し濡れていた。伸びた蔦が床を這っている。

2013_0202_100846dsc_1381

朝日の当たる窓の外。緑も生き生きし始めた。まだパチリしていないけれど、クリスマス・ローズの花も咲き始めた bud

  restaurantおまけはフォアグラ ライスですが、wine

2013_0131_192630dsc_1375

同期会の新年会が1月最後の日に開催された。この日のお料理はお値段の割に豪華で、ビールにワインなど飲み放題の上、2人で一皿のお料理が7・8皿。食べる事に夢中で写真も撮り忘れ、最後にやっと写したフォアグラのバターライス。これが美味しくて、一人前きっちり半分ぺロりとお腹におさまってしまった。ここまでには、すでにサーモンの前菜やサラダ、海老、カニみそやローストビーフ、チーズなど、更にデザートの甘いものまでお腹の中に。お腹にゆとりはあるけれど、お洋服サイズのゆとりが少ない身としては、とんでもないことに。お陰で翌日の体重はきっちり1キロ増えてしまったcoldsweats02

昨日は又、息子達の結婚挨拶の為、招待状を持参した二人と一緒に親戚の家に。用意されたお祝の桜湯の後は、甘いお菓子が用意され、こちらからも持参したケーキが一つずつ。これもついつい手が伸びてしまい・・・・・。甘いお菓子の誘惑には勝てず、その代わり心もほっこり甘くなり、久し振りに集まれた親族一同フィアンセも含めて和やかなひと時となり、おしゃべりが弾んだhappy01 まだ先と思っていた結婚式ももう来月末にせまり、一昨日二人の何度目かの衣装合わせがやっと済んだようだ。

それにしても来月始めに控えた次回の病院予約に向けて又体重管理をしなければいけない。昨日は食事を減らし、眠る前の空腹も我慢して眠り、朝一番に恐る恐るのった体重計。

ホッscissors何とか元に戻っていましたが、問題は体重ではなく体内の健康が問題でしたsweat02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »