« かすかな春探しの公園散歩♪ | トップページ | 2月初めての記事は、ちょっと盛りだくさんで! »

“アーディッシュ”中平穂積写真展&坂田明トリオライブ♪

2013.1.31(木)いいお天気sun日増しに春めく日射し、日の入りも少し前とは比べものにならない。寒いけれど、春の足音は少しずつ近付いている。そういえば1月も今日でお終い。

  car 神楽坂歩行者天国 run

2013_0127_150832dsc_1341

日曜日は再び神楽坂にcar メインストリートは歩行者天国。ゆるやかな坂を散歩するには悪くない。困るのはほこてん内には車が入れないので、近隣の駐車場探し。数台ずつしか入れない駐車場はどこも満杯。やっと一台空きが出て停められた。おかげで、神楽坂のほこてん散歩も味わえ、前回と違う道を歩けば、風情あるお店も沢山ある。少し急ぐので、写真を写す間もなかったが又いつか来てみたい町の一つとなった。

2013_0127_150930dsc_1343

赤く塗られた門構えのお寺は善國寺さん。毘沙門天が祀られているようだ。

2013_0127_154959dsc_1349

まだまだ昭和の香り漂う建物も散見され懐かしい気持ちに浸れる。お寿司屋さんらしいのれんが店内に見える。夜になれば外に掛けられお店が開くかもしれない。

  note LIVEnote

そんな通りを歩いて2週間ぶりに再び中平さん主宰の写真展と、この日は坂田明さんのライブ演奏が聴ける“アーディッシュ”へ。

2013_0127_161250dsc_1351

受付で予約の入場料を払い席順を聞き店内に。何と席は最前列の特等席up昭和の風情を味わいながら歩いてきたので、梅模様の和服に市松の帯姿の女性が違和感なく、期待が高まったheart01演奏開始前のひと時。

2013_0127_164405dsc_1354

この日も店内びっしりのお客さん。中平さんが司会進行。曲名などの紹介は無かったが、いきなり始まった坂田明さんの力強いサックスの音。締めの太鼓と鼓の石井千鶴さん、チューバの高丘大祐さんの熱演が続く。静かに聴きいる聴衆。

最初に写真撮影の許可を坂田さんに頂いたときにOKは頂いたけれど、「フラッシュとシャッター音は出さないで」と言われていたので、ひっそり何枚かパチリさせていただいた。

2013_0127_170925dsc_1359

91年頃に中平さんが写された坂田明さんのお写真が展示されている。熱演が伝わるようなしなやかな体の動き。そんな一瞬を逃さないジャズ写真家中平さん。ジャズとコラボするカメラの技。こんなお写真は逆立ちしても写せそうにないな~sweat02

2013_0127_171116dsc_1360_2

休憩を挟んでもうワンステージnote

2013_0127_171702dsc_1363

くつろいだひと時が流れている。石井さんの鼓も太鼓も素晴らしいけれど、その声の素晴らしさは何とも言えない。「いよ~ぉ~」という掛け声も、そして唄も、天空から聴こえてくるような美声でしびれましたnotes 

2013_0127_171216dsc_1362

大きな大きなチューバ。とても重そうに見える。

休憩の間に、坂田さんとツーショットさせていただいたり出来た貴重な休憩時間が終わり、次のステージに。

2013_0127_174533dsc_1366

チューバの高丘さん。チューバに負けない位のお体格で、ベースの音やメロディも自由に吹きまくる。高丘さんの後ろでは今は亡きマイルスも画面の中で熱演note

2013_0127_174750dsc_1368

アルト・サックスにクラリネットを自在に吹きならした坂田さんは、唸るような歌声が又素晴らしい。小さな鈴や鐘(?)等を両手に持ち、時に祈りとも聴こえる様な歌声を、石井さんとの声のコラボも素晴らしく感動の締めとなった。こんなトリオ演奏を初めて生で聴かせて頂いて、垣根を越えた楽器のコラボレーションでありながら見事に融合した音楽を堪能させて頂くことが出来た。

2013_0129_122221dsc_1371

坂田さんはミジンコの研究をされているということを、自分は初めて知った。1月20日に出版されたばかりの“私説 ミジンコ大全”5冊が版元の晶文社さんから届いていて購入出来るということで、急いで列に並んだ。早いもの勝ちだったようで、「後は書店で買って下さい」とのこと。後ろ扉裏には「海」というCDが1枚ついていた。このCD自体は今でも買えるのかもしれないが、付録として聴くなんて勿体無い位の素晴らしい内容で、大海原を彷彿とするような雄大な音楽。その素晴らしさは例えようも無い。坂田さん曰く「CDを聴きながら本を読んでください」だったけれど。音楽にはすっかりはまっている。本はまだ最初の方を少し読んだきりだけれど、何だかとても面白そうな内容で、もしかしたら、こちらもはまり込むかも。表紙を開けると坂田さんのサイン入りのご著書scissors

この日は、もう一枚坂田さんのCDをサイン入りで購入。こちらは坂田さんの前衛的な面が前面に出た作品で、少し馴染みにくいかなと思いながら2度ほど聴くうちに耳に馴染み始めた「非常階段」という作品。大自然を思わせる“海”緊迫した瞬間を思わせる“非常階段”才能豊かな人の表現をある一面しか知らなかったら誤解したままで居たかも知れない。そんな誤解など吹き飛んでしまったこの日のライブ。

中平さんの写真展鑑賞とともに、2度のイヴェントに参加させて頂き楽しむ事が出来た今月2度の日曜日。帰りがけ、出口にいらした素敵な女性が声を掛けて送ってくださり、かすかな記憶の中からもしかしてと思い伺ってみたら、中平さんの奥様だった。40年以上昔に一度お会いしたきりだったが、とても懐かしいお暇のひと時となった。

 

|

« かすかな春探しの公園散歩♪ | トップページ | 2月初めての記事は、ちょっと盛りだくさんで! »

JAZZ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸術 展覧会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

坂田明さんの本、2、3日前に書店で見ましたよbook
以前NHKのトーク番組に出られた時に「ミジンコ」の
お話をされていたので、本を出されたのだなぁ~とeye
CD付きだったのですね。
坂田明さんは、お若い時と余り変わらないと思いましたが
91年頃のお写真をみたら・・・やっぱり変わってますねhappy01
明日は母の82歳の誕生日なので、お花を持っていこうと
思いますbirthday

投稿: kazu | 2013年2月 1日 (金) 21時22分

kazuさん
こんばんは!
明日がお母さまのお誕生日でしたか。
82歳おめでとうございますbirthday
まだお若いです。
お花をご覧になられて喜ばれることでしょうheart02
母がそのご年齢の頃は話も出来て、
元気でしたっけ。
素敵なバースデイでありますようにpresent
ミジンコの 本はもう並んでいるのですね。
何だか興味深い内容です。
CDの海はとてもいいですよnote
ジャズだけでは無く、
色々ご活躍されていらして
素晴らしいです。
久し振りのライブも思い切り
楽しんできましたnote

投稿: chisa_pie | 2013年2月 1日 (金) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/56666161

この記事へのトラックバック一覧です: “アーディッシュ”中平穂積写真展&坂田明トリオライブ♪:

« かすかな春探しの公園散歩♪ | トップページ | 2月初めての記事は、ちょっと盛りだくさんで! »