« 花と鳥達、四季が廻る♪ | トップページ | 近隣の紅葉もそろそろ見納めの頃、麻溝の猫達の顔を見に。 »

日曜日は二つの写真展を観に♪

2012.12.13(木)sun 昨日は北朝鮮のミサイル発射のニュースに驚かされた。そして兵庫県の連続変死事件の容疑者角田被告が刑務所内で自殺というニュースも。明るいニュースが少ない年の暮れ。

明るいニュースはノーベル賞授賞式に出席した山中伸弥教授夫妻の晴れやかな姿。ノーベル賞受賞式等の映像を観る度、日本人として、心から誇らしい。ノーベル賞はすでに過去のことと、今後の研究に更なる邁進の姿勢を表されておられる。その今後には更なる期待が高まる。

  car 日曜日は都心へ car

2012_1209_153113dsc_0279

良く晴れた日曜日。東名から東京インターを出て、甲州街道に向かう環八を走る。芦花公園反対側手前の千歳清掃工場の煙突。芦花公園に住んでいた頃、子供達が通った温水プールがすぐそばにある。

2012_1209_154531dsc_0289

甲州街道を走り、目的地は西新宿。黄色く色付いた銀杏が美しい季節。

  cameracamera 二つの写真展へ cameracamera 

甲州街道新宿手前、初台あたりを左に曲がると、立派な建物がそびえ立っていた。『 東京オペラシティ』 その中にあるアートギャラリーで開催中の写真展を観に。

2012_1209_165142dsc_0290

朝刊広告でまだ開催中であることを知り、会場がこの日予定していた別の写真展会場の手前だったので、先にこちらへ。 


2012_1211_160013dsc_0377

「写真力」sign02

2012_1209_165224dsc_0293

カメラマン篠山紀信が切りとる写真の力に惹かれて、多くの人々が会場内に吸い込まれてゆく。 その中に交じって、会場内に足を踏み入れた。

会場内では巨大な画面が展示され、その迫力に圧倒された。美空ひばりが自宅の仏間、仏壇前で椅子に腰掛け微笑んでいる。「いらっしゃ~い」彼女のあの独特の声が聞こえてくるようだ。鴨居の上にはひばりさんのご両親や弟さん達の遺影が並ぶ。その画面から、ひばりさんの孤独がそこはかとなく感じられる。写真の力!それは観る者それぞれの心に浮かぶ感激。写すもの、写されるもの、写された作品を鑑賞する者達の、思い入れが感動を生む。その一瞬が真摯に迫る。

大きな画面が続く。

三島由紀夫のニ枚の写真。上半身裸で木にくくられ裸体にささった何本かの矢。そして剣を持つ三島の鍛え上げた筋骨隆々の裸体の迫りくるもの。それは被写体と写真家の絶妙の一時が引きだした瞬間。その画像から三島由紀夫が選んだ自己の生の終末へ向けての美学を感じ取る。作家の、自決という早すぎる死が、写真を見ているうちに何故か理解出来るような気さえしてくるのだった。

沢山の美しい女優さん達の写真からは一枚一枚ドラマがあるかのようなそんな作品や、勝新太郎さんの一瞬のひとコマなどなど。言葉では言い表せない一つひとつの写真から発せられるオーラに身震いするような、その道を極めてゆくプロの仕事というものをしみじみ感じさせられた素晴らしい写真展だった。迫力ある写真の数々に少々興奮気味に会場を後に次の会場へ向かうため、駐車場に戻ることに。

2012_1209_165555dsc_0294

会場外廊下から階下を見下ろすと、一体の彫刻がまるで歩いているかのように目に止まった。

2012_1209_165606dsc_0295

ビル内のあちらこちらにクリスマス飾りがxmas時間があればゆっくりしてみたいオペラシティ内。食事処やショップもあるような。

次は西口地下駐車場に車を入れて、ブログ仲間の  雲母舟さんが作品を出品しているこの日のメイン写真展へ。会場はヨドバシカメラ内と思い込み、東京生まれ渋谷育ちでありながら今ではすっかりおのぼりさんとなり、新宿西口辺りに沢山のヨドバシカメラの店舗があることを全く知らなかったので、ちょっと迷ってしまい、カメラ専門のヨドバシさんに入り、ギャラリーのことを聞いてみると、親切な店員さんが「ここからすぐですが、分かりにくいのでご案内します」と、ビルの前まで連れて来て下さった!「地下に降りて、珈琲屋さんのお隣ですから」と(感謝)

2012_1209_180855dsc_0298

こんなショーウインドが続く廊下を歩くと角が珈琲屋さん。その向こうにギャラリーがあった。

“PHOTO 菊池組 作品展”会場へ。

ギャラリー内には菊池哲男先生の山岳写真やお仲間達の風景写真の数々が待っていた。そして  雲母舟さんの京都のお寺を舞台にした写真が4枚。皆さんそれぞれの方の感性が訴えかける作品は、先に観たプロ写真家のサイズの大きな少々緊張の強いられる迫力とはまた違う味わいが感じられて、ほっと心癒されるひと時となった。

最終日午後は在廊されているという  雲母舟さんの予告通り、彼女とはこれで2度目となる出会いとなった。お忙しい彼女がしばしおしゃべりのお相手までして下さり、彼女の写真も掲載された北鎌倉「東慶寺」の来年のカレンダーなどをお土産に手渡されて恐縮してしまった。ブログ上からの、素敵な写真展へのお誘いがあればこその触れ合い出会いが有意義な日曜日となった。

  car 帰路につく car

2012_1209_181316dsc_0299

~新宿西口駅の前 カメラはヨドバシカメラ♪のCMソング通り西口はヨドバシカメラの店舗が一杯。自分のカメラは町田駅前のヨドバシさんだけれどcamera

2012_1209_185210dsc_0302

西口から甲州街道に向かう。クリスマスの近い夜の街のイルミネーションshine

2012_1209_190526dsc_0305

写真力」?

写真の力が漲った写真ね。

  -中略ー

自分の感性を最大限にヒートアップさせる。すると本当にたまに写真の神様が降臨する。そりゃ、すごいぞ。そこで撮られた一枚は、その人への想いはもちろん、時代や自分史を思い起こさせる力になってしまうんだから。

写真ってスゴイぜ!

会場内に掲げられた紀信さんの「写真力」についての言葉の一部を噛みしめながら、そんな写真を写せる日が来るだろうか、せめてそんな写真を一枚でも写すことが出来るよう神様が降臨してくださったらなどと途方もなく幸せな夢を見ながら帰路を急いだ。

 

|

« 花と鳥達、四季が廻る♪ | トップページ | 近隣の紅葉もそろそろ見納めの頃、麻溝の猫達の顔を見に。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸術 展覧会」カテゴリの記事

コメント

chisa_pieさん

こんばんは!
先日は、新宿のギャラリーまで菊池組の写真展を見に来てくださり、本当にありがとうございました。
日の光の写真展以来、再会できて、とっても嬉しかったです。
ご主人さまにもよろしくお伝えください。
紀信さんの写真展のパンフもいただき、プロの写真家の迫力ある画に見入りました。
私にもいつか、写真の神様が降臨する日がやってくるといいのですが。
日々感性を磨くべく、今日もいただいたジャズの名盤を繰り返し聴きながら、雨の1日を過ごしました。
聴けば聴くほど耳になじんで心地よい音楽でした。
ありがとうございます!
これからもがんばります。
chisa_pieさんもまた会う日まで、お元気でいてください。

投稿: 雲母舟 | 2012年12月15日 (土) 20時30分

雲母舟さん
こんにちは!
こちらこそ、お世話になりました。
連れがちょっと体調不良になり、ご迷惑おかけしましたが
外に出て水を飲んだら元気になりました。
夫からもよろしく言っています。

雲母舟さんのお写真は、すぐにわかるくらい、
もうご自身の個性がきちんと出ていて、
今後が益々楽しみですねcamera
いい刺激を頂くことが出来ました。

今ではJAZZのスタイルも多岐にわたり、膨大な数
出ており、手に入ります。
それでも気に入っていつも聴いていられる作品は
その中の何割あるか・・・・cd
お気に召して頂けて嬉しいです。
なんでもそうですが、聴きすぎれば飽きることも
あります。幅広いミュージシャンの作品の中から
いつかご自分の好みも定まってくるし、
新しい作品の発見も楽しいものです。
いつの日かゆっくり、写真やジャズのお話ができる
時間があったら嬉しいですねnote
黒豆有り難うございました。大好物ですdelicious
TBもありがとうございます。こちらからは後程にhappy01

投稿: chisa_pie | 2012年12月16日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/56310739

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日は二つの写真展を観に♪:

» 蓮華寺春秋 ありがとう♪ [雲母(KIRA)の舟に乗って]
そうだ 秋の蓮華寺、行こう。 [続きを読む]

受信: 2012年12月15日 (土) 20時31分

« 花と鳥達、四季が廻る♪ | トップページ | 近隣の紅葉もそろそろ見納めの頃、麻溝の猫達の顔を見に。 »