« 自宅前の木々の黄葉と11月の“ふれあいの森”紅葉の入り口♪ | トップページ | 紅葉も美しい飯上山 長谷寺(飯山観音) »

悲しいニュースが二つと“厚木市『飯山観音』参堂の紅葉”

2012.12.6(水)sun昼ごろから風が強くなり、公園の木々の葉がバラバラ音をさせながら吹き飛ばされてゆく。公園の地面の上は落ち葉が一杯maple葉が少なくなり、隙間が増えて淋しくなってきた。我が家のプランターにも落ち葉が飛んでくる。手に取って見ると枯れ葉の中に小さな実が二つ付いていた。もしかしたらその実は種の保存の為に??

我が家のテラスでは2度ほど種を播いた覚えのない木の芽が吹き出し育ち始めた。小鳥がくわえて来たのか、あるいはこうして風に飛ばされてやってきた種から育ったものかもしれない。一本は枯れてしまったが、もう一本はすくすく育ち大きくなってゆくので、時折枝を落とすのだが、それでも結構なスピードで成長してゆく。狭い場所では琵琶の木と共に。余り喜んでもいられないけれど、生あるもの切り捨てるわけにもいかなくて・・・・・coldsweats01 

  歌舞伎の中村勘三郎氏が亡くなられた

昨日TVを見ていて、お元気そうな顔が画面に現れたので、ご病気回復なり復帰されるニュースかと思っていたら、訃報であることがわかり、57歳という余りにお若い旅立ちのニュースに触れ、急に気分がストンと落ち込んだ。物ごころついてから歌舞伎の舞台を観に行ったことはないけれど、勘三郎さんの舞台はいつか必ず観たいと思っていたのに、果たせないうちに・・・・・weep 思うことは沢山あるけれど、今は唯ご冥福をお祈りするばかり。勘三郎さんのあの見事な芸やDNAは勘九郎さん七之助さんのお二人に間違いなく引き継がれてゆくことだろう。合掌

  デイブ・ブルーベック氏も亡くなられた

5日、心不全のため、91歳という長寿を全うされ旅立たれた。あの有名な“テイク・ファイブ”は世代を超えて聴きつがれている。60年代から聴いていたあのメロディは今でも頭の中をよぎる位よく流れた曲。そういえば我が家にはその曲が収録された「タイム・アウト」も無い。オムニバス盤のどれかに入っている筈だが今は見あたらない。時折耳にするブルーベックのピアノは決して嫌いでは無くむしろ大好きだったのに。素晴らしい音楽を残してくれた彼のご冥福をお祈りします。合掌

  maple 飯山の秋 maple

2012_1205_151757dsc_0118

まとまった紅葉が観たくなって出かけた。県内には紅葉の名所もあるに違いない。今年春、お花見に出かけた折に楓などの木のあった“飯山観音”が気になっていた。ファミレスでランチを済ませ、夫のcarで向かう。厚木の目的地が近づくにつれ、丹沢の山々をバックに秋景色が視界に入ってくる。車窓から思わずパチリcamera

2012_1205_152948dsc_0132

春はお寺から大分離れた臨時駐車場だったが、秋の終わりの平日午後はお寺の近くの駐車場まで車を入れる事が出来た。車から降りた途端にこの見事な紅葉scissors

2012_1205_153142dsc_0135

燃えるように染まった紅葉がそそり立つ

2012_1205_153317dsc_0137

赤やオレンジの葉がレースのように木の周りで揺れる。もう最後の見頃だったかも知れない。こんなに空が透けて見えるなんてmaple

2012_1205_153400dsc_0139_2

まだ地面に降りたくないたった一葉の楓、他所の木に寄宿し存在感を示していたmaple

2012_1205_153449dsc_0141

紅葉山mapleこんもり紅葉の葉が盛り上がって。これは門前のお茶屋さんの前の参道に落ちた落ち葉が掃き清められ、裏手に集められ、たき火となる前のお山。

2012_1205_153540dsc_0144

公園になっている広場の向こうに広がる紅葉maple

2012_1205_153716dsc_0148

黄葉の間を紅葉した子馬が秋の終りを告げるように駆け抜けてゆくhorse

2012_1205_153758dsc_0151_2

赤と黄が織りなす錦秋の時は間も無く終わる。何故なら

2012_1205_153901dsc_0154_2

地面も、丸太で出来たこのお席も黄色い落ち葉で埋め尽くされて

2012_1205_154004dsc_0156

谷あいの木々の黄葉も少し淋しくなっている様な

2012_1205_154049dsc_0157

子供達が帰った後の広場は、動物達のおしゃべり広場。今日はカンガルーママの育児のお話sign02

2012_1205_154105dsc_0158

「なーるほど」キリンパパも話題に加わり、

2012_1205_154126dsc_0159

「何のおはなし~?僕も聞きたいよ~!」落ち葉の下のドングリを探していた子リスも駆け足でhappy01 

2012_1205_154240dsc_0161

温もり色の木々がそんな動物達を見下ろしていた。

2012_1205_154306dsc_0162

 お茶やさんの裏手の紅葉山は又少しこんもりしたようだ

2012_1205_154341dsc_0164

今は唯、この赤く輝く木々の下で行く秋を惜しむのみ。

 

 

 

|

« 自宅前の木々の黄葉と11月の“ふれあいの森”紅葉の入り口♪ | トップページ | 紅葉も美しい飯上山 長谷寺(飯山観音) »

ドライブ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

寺院」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/56262879

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいニュースが二つと“厚木市『飯山観音』参堂の紅葉”:

« 自宅前の木々の黄葉と11月の“ふれあいの森”紅葉の入り口♪ | トップページ | 紅葉も美しい飯上山 長谷寺(飯山観音) »