« 11月ドライブの思い出は“寺家ふるさと村” | トップページ | 年の瀬の日々の暮らし。 »

昨日は母の一周忌法要の日だった。帰宅後は氏神様にお参り。

2012.12.23(日)sun 明日はクリスマスイブ。今日は天皇の79歳のお誕生日のため、明日は振り替えの休日。クリスマス寒波が来ているということで、ホワイトクリスマスの可能性も。この暮れの毎日の寒いこと。

来年松の内の七日に一周忌を迎える母の法要は、年末から松の内にかけて、法要を受けてくれるところがないため、年内の昨日に繰り上げての法要だった。

2012_1222_110815dsc_0469

午前11時前に墓地の斎場に直系の家族が集まった。11時半から法要が始まり、その後全員で墓前に向かい僧侶の読経とともに手を合わせる。昨日は久し振りに朝からあいにくの冷たい雨。昨年結婚した甥のところに生まれた生後5カ月に満たない乳児もいる中でのこと。夫は赤子に雨風があたらないように傘で覆っていたという。母が他界後に生まれた5人目のひ孫は女の子。

僧侶からコートなどは遠慮なく着て暖かくしていてくださいとの有難いお言葉に全員甘えたが、みぞれ交じりの中での墓前は地面からの冷気も伝わり、凍えそうなくらいの寒さだった。終わってからお斎の為に室内に戻った時はほっとした。ほぼ一年ぶりに会う親族が仕出しの料理に舌鼓を打ちながら、アメリカから来られない姪のピアノの入った演奏を流しながら和やかなひと時を過ごすことが出来た。

逝ってしまった母が天から見たら,喜んでくれたことだろう。そしてひそかにそこで共に過ごすことが出来ない事をちょっぴり淋しく思っているかもしれない。

法事でもなければ中々集まれない親族の時は先に逝った者がプレゼントしてくれる大切な時間となるといつも思う。

そして若者である甥や姪達のこの一年が、其々の成長の一年であった事を知ることが出来る貴重な時でもあり、自己の重ねてきた年月を思い知るときでもある。

2012_1222_132931dsc_0487

食事をした部屋から見えた景色は茶畑かしら?

2012_1222_133451dsc_0490

食事が済み、外に出れば雨が上がっていた。この日は年末の法事が多く、駐車場も満杯だった。

2012_1222_135053dsc_0494

遠くの山々に霧のような雲がかかる。

親族と散会した後は、息子とフィアンセ、孫娘と5人で墓地近くのファミレスで、スイーツとお茶で年始の打ち合わせなどをして解散。

2012_1222_145843dsc_0498

雨上がりの座架依橋の上を走りながら冬の田んぼをパチリ!

2012_1222_150339dsc_0505

いつも通る基地近くのトンネル。最近大きなトンネル事故が起こったばかりだが、ここは短いトンネル。通る時間や季節、天候によっていつも違って見えるのを楽しみに。

2012_1222_151146dsc_0511

農家の納屋にはいつものように野菜が並んでいる。車を止める場所が無く、中々地場産のお野菜を買いに立ち寄れないのが残念sign01雨は止んだまま晴れ間が見えてきたので、このまま一旦自宅に戻り、肩の凝りそうな黒服を散歩着に着替えた。

2012_1222_160423dsc_0515

雲間から太陽の光が。法事の後半にこんなお天気になってくれていたら助かったのにと、ちょっぴり恨めしいが、自然に文句を言っても始まらないし、無事に墓参が出来たことこそ感謝しなければ。

2012_1222_161114dsc_0519

市内を又走る。初めて通る道路には新たな発見も。住宅の塀の角に祀られた馬頭観音。馬の保護神としてかっては広く信仰されたという。乗り物として、更に農耕の場でも馬の働きが貴重な時代があった事に気付かされる。


2012_1222_162318dsc_0525

そして目的地座間神社にお参りに。母の法要も済み、この一年の無事のお礼と新しい年の平和と無事を祈りに。

2012_1222_162402dsc_0526

参道から石段を上がり始めるとひと際真っ赤な紅葉の葉があちらこちらに。何だか元気が湧いてくるような力強い赤色maple

2012_1222_162506dsc_0528

雨後の神殿は洗われたように美しいと思った。けれどそれはそれだけでは無く、神社の境内では何人かの方々が、神殿も神殿以外の建物内などもきれいに片づけたり、掃き清められた落ち葉なども集められて境内で焼かれていた。神社も新年を迎える準備に忙しい。神社の石段下の鳥居のある参道では、桜の古い切り株などを片付けているような様子も見られた。

年の暮れ。新年を清々しく迎えるための準備期間。我が家もそろそろ少しは片付けを始めなければ。

|

« 11月ドライブの思い出は“寺家ふるさと村” | トップページ | 年の瀬の日々の暮らし。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法事」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

生憎の冷たい雨の中での御法要は大変でしたが、雨降りなりの素敵な景色も見えた事でしょう。rain
普段はなかなか会えない親族が一堂に会すのって亡くなった方からの貴重なプレゼントの時間ですね。

久しぶりに会うと、自分は変らないつもりでも若い人たちがパパやママになったり、子供達がビックリするほど成長していたり・・・。happy01

今年も1年間、素敵な写真入りブログを拝見させて頂き有難うございました。camerashine
又、36会でお会い出来るといいですね。
クリスマス、年末年始寒波で厳しい寒さが続きそう、お身体に気を付けて良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願い致します。

投稿: mayuza | 2012年12月25日 (火) 09時25分

mayuzaさま
こんにちは!

毎日お寒い日が続いていますが、
今日はいいお天気sun
土曜日のあの時間が嘘のようですが、
お陰さまで一周忌が無事に終わりました。
来春7日を過ぎれば忌明けです。いつもと
同じ1年が今年は何だか速くて・・・・sweat01
実家の法事関係は今回からは跡を継いだ
弟のほうでやってくれるので、おまかせできて
有難いです。

甥のところには子供が生まれ、
ほかの甥の結婚話、勿論我家の息子の結婚と
不謹慎ながらそんな話題もちらほらとcoldsweats01
身内ばかりであることと、母なら許してくれそうで。

今年も1年、こちらも本当にお世話になりました。
36会でもお会いできたし、来春のほうは1月末に出る用もあり、まだ予定がたてられなくて・・・・でも動けるうちに、
出来るだけお会いしておくこともと、
思案中ですthink

mayuzaさまも来春の展覧会に向けて、お忙しいことと
思います。あと1週間で新年になると
思うと気ばかり急きますが、、
この暮の寒さは本当に堪えますので、
どうぞご自愛くださいませ。
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。

投稿: chisa_pie | 2012年12月25日 (火) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/56378676

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は母の一周忌法要の日だった。帰宅後は氏神様にお参り。:

« 11月ドライブの思い出は“寺家ふるさと村” | トップページ | 年の瀬の日々の暮らし。 »