« 我が家の片付け&大悲願寺最終回 | トップページ | 町田薬師池公園に秋を探しに♪ »

年代物の不用品を処分しながら片付けは続きます!

2012.10.26(金見事な秋晴れsun 暑かった夏がいつの間にか終わり秋も深まってきた。このところの寒暖の差の激しさに体がついてゆけず、風邪のようなそうでないような体調が続いている。

片付け仕事は一番大変な部分が済んだところで疲れも溜まり一休み中。ブログの更新も途絶えがちになってしまい、前回から数えて12日目となってしまい、すっかり御無沙汰しておりました。この間には大切なお客様の来訪や買い物などにも追われバタバタしておりました。

  bud ハイビスカス bud

2012_1026_122116dsc_9056

今年最後の花かしら?太陽の光を浴びて堂々と咲いている。

  sign05 片付けの成果 sign05

2012_1026_124053dsc_9061

書棚を片づけていたら、出て来た古いジャズの雑誌にバッド・パウエルのこんなに素敵な写真があり、夫が見つけるなり切りとり飾った。白黒の画面の中に笑顔を浮かべて楽しそうにピアノを弾くパウエルの姿。音が溢れ出てくるようなその写真を見ながらパウエルは勿論、この間に何枚のピアノトリオ演奏を聴いたことか。写真の持つ力の偉大さだ。

2012_1026_091551dsc_9055

そして必要無くなった本や大量のパンフレット、古くなったPC関係の本などを思いきって処分し、合わせて他の書棚も整理してみたら、かって義父から美術全集とともに贈られた書棚がきれいさっぱり空いたので、中段だけ抜いて別室に置き、残った上段と下段の2段を、今度は食器棚に変身してもらった。大きくて重い器は取り出しにくかったが、ここにゆったり入れれば楽に取だせるし、湯のみなどもお茶を入れる時にはさっと取り出せる。今回の片付けで一番嬉しい成果かも。戸棚の上の50年ものになるブルータスの石膏像は長年の間についた汚れでみっともない位sweat02これも処分するつもりでいたが、やはり木炭でデッサンに励んだ思い出や、結婚してからもいつも傍にいた長い年月を思うと捨てるに忍びなく、夫のアドヴァイスもあり何とかきれいにする方法を考える事にして、これからも我が家に同居してもらうことと相なった。

2012_1026_091400dsc_9052

隣のお仏壇周りも大分すっきり。到来物のお菓子などが供えられたので又ちょっぴり雑然としたが、以前に比べれば申し分無い状態となった。御先祖さま達もさっぱりとした仏壇内で気持ちよくしておられることだろう。

2012_1024_093557dsc_9041

到来物の京のお菓子は桔梗の花など。三段重ねの箱にはお抹茶味の菓子なども入り京都ならではの深い味わいが感じられて、お茶のひと時に大切に頂いているcafe

2012_1021_231303dsc_9030

不用なものを処分する中にはまだ使用可能な新しいポットもあったが、内部にたまる水垢のような付着物が落ちないことを嫌う夫が使わなくなり仕舞いこまれていたが今回はそうしたものも処分した。いたずらに場所をふさぐものはもういらない。やっとその見極めが出来る心境まで到達。しかし湯沸かしは必要なので、今度は内部が洗えて清潔そうな電気ケトルを買ってきた。しかも最大0.8Lの湯が3分以内位であっという間に湧いてしまう優れものscissors

2012_1024_093814dsc_9045

机の上もちょっぴり模様替え。あちこちから出てくる写真の中に小さかった頃の孫二人とまだ若かった娘と自分達がいる。何だか懐かしくなって手近にあったスタンドに入れて飾った。

先日いつも拙ブログを丁寧に読んで下さる友人からメールが届き、TVのソロモン流で片付けの番組があることを知らせてくれて、こちらの片づけは大分進んだけれど、録画をしておき、一昨日観る事が出来た。番組内で紹介されている片付けの哲学が素直に頭に入ってくる。前には考えられなかった変化がこの年になり夫婦二人の心の中に生まれ、整理整頓することによって生まれるスペースとともに心にもゆとりが生まれて来た。これからはこの状態を維持しつつ、これまで以上にまめに片付けに励みたいと思う。あと何年そんなことが出来るか分からないが、その日が来るまでは頑張ろうup 今年の暮の大掃除は小掃除で済みそうな予感が嬉しいhappy01

2012_1020_151203dsc_8997

先日のお客様の折、仕出しの和食で昼食をご一緒したあとのお茶の時間。これはどうやら息子が試し撮りした写真のようだcamera

2012_1024_093020dsc_9034

ハロウインの花束は息子達からの贈り物。花器の裾に黒猫がちんまりいるので、白猫君がお友達が出来て嬉しそうにまったりしている。我が家のあちらこちらにある小ものなどはそれぞれの思い出と共に家族のようになってしまい、どうしても捨てる事が出来ずそのままだ。けれどそんな小物や道具が手やら心の中に入り込み、時には心を温めてくれることもある。インテリアは捨てると同時に暮らしの歴史の中から培われるものでもある証拠。それらはやはり大切にしなければheart02


 

|

« 我が家の片付け&大悲願寺最終回 | トップページ | 町田薬師池公園に秋を探しに♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きれいになって良かったですね。疲れはちゃんと取ってください。

ソロモン流私も見ました。とっても参考になり、以来時々ビデオをかけては片付けに励んでいます。

でも、どうして片付けても片付けても散らかるんでしょうね…。(~_~;)

投稿: まめこ | 2012年10月26日 (金) 18時19分

こんばんは

やはりチョッピリ?体調不良でしたか・・・
気温の変化が激しいですものねdespair
どうぞ、お大事にしてくださいね。

片付けで頑張り過ぎたのかもしれませんよ~~sweat01
書棚から変身した食器棚、なんか懐かしい感じでステキですね。
昔は、親の時代は家具は注文して作ってもらいましたよね。
実家にもレトロな、昭和の香りのhappy01食器棚がありますよ。
街はハロウィンの飾りで一杯ですねshine

投稿: kazu | 2012年10月27日 (土) 19時29分

まめこさん
こんにちは!

お陰さまで、大分きれいになりましたよconfident
後は押し入れの中、箪笥の中身を確認などなど。
そして、年代分の汚れがたまった建具なども
少しずつ磨かなくてはcoldsweats01 オハズカシイsweat01
片づける、きれいにするが身を以てして、
気持ちのいいということがわかってきました。
出したものは一旦すぐにしまう
そして、必要か不要かを見極める目を養う、
今回の経験を通して気付いたことでした。
体調は、幾らか楽になってきました。
目下お医者さん処方のコレステロールを
下げる薬を服用しながら歯医者さん通いが続いていますが、
昨年暮れからの体のメンテナンスも必要な
時期のようです。
寒くなってきたので、
まめこさんも風邪など気を付けて大事にしてくださいね。

投稿: chisa_pie | 2012年10月28日 (日) 11時51分

kazuさん
こんにちは!

有り難うございます!
片づけ疲れがもろでした~coldsweats01
同時に買い物や病院通いなど、いつにない
日々でした。
やっと少し、のんびりできるかなwink
けれど、せっかくの経験は日頃の習慣として
身に付けて行きたいですね。
kazuさんでしたかしら?暮れの大掃除はしなくても
大丈夫な方は?
我家も、暮だからと慌てなくてもいいような
そんな生活が出来たらいいななんて
今は思うのですが・・・・bleah

そうそう、昔は家具は作ってもらう、
そんな時代もあったようですね。
婚家のお台所には指物師さんに作ってもらった
戸棚などがありましたっけ。
我家の家具はすべて出来あいですが。
食器が増えて、民芸家具の食器入れと
リビングボード、キッチンの棚と分散してしまい
使いにくかったのですが
使いたいのにしまい込まれていた大ぶりのものと
お湯呑などが取り敢えずゆったりと出し入れできるようになり、嬉しくてhappy01
そういえばレトロな雰囲気ですねjapanesetea
我家も相当レトロな年代でしたsweat01

投稿: chisa_pie | 2012年10月28日 (日) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/55974486

この記事へのトラックバック一覧です: 年代物の不用品を処分しながら片付けは続きます!:

« 我が家の片付け&大悲願寺最終回 | トップページ | 町田薬師池公園に秋を探しに♪ »