« オリンピック終盤!孫の快気祝いも無事済んで・・・・・ | トップページ | “磯部の渡し”の夕暮れ時♪ »

オリンピックが終わった。お盆の墓参に氏神様参拝

2012.8.15(水)sun 残暑の日々が続いている。蝉の鳴き声が行く夏を惜しむかのように盛大だ。窓を開けはなしているとテレビの音も聞き取りにくい。実際は雌のセミをを呼び、種を保存する為に必死なのだ。ミンミンゼミに油蝉が交代に。そのうちニイニイゼミの合唱も始まる。夕暮れに聞こえる日暮らしの鳴き声が物悲しい。種の保存は出来たのか、地上での短い生涯を終えたセミの亡がらがあちらこちらに見られるようになってきた。

ロンドンオリンピックが12日に終わった。会期中は深夜に放送されるサッカーやバレーの試合は欠かさず夫が録画し、熱戦繰り広げられた試合を日中2・3試合観る日もしばしば。少し早目の時間帯開始ならそのまま観てしまったりと寝不足が続いたが、画面から目の離せない日々が続いた。今回程オリンピックに夢中になったことは無かったほど面白い試合が多く、なでしこの試合には何度も涙を誘われ銀メダル確定の選手達の涙が爽やかな笑顔に変わると、こちらも同じように反応をしていた。女子バレーが銅メダルを取った時も感動で胸が熱くなった。体操も卓球も、レスリングも水泳も、その他の競技も素晴らしかった。最後は女子バレー、男子サッカーと男子バレーの優勝決定戦を、世界の実力の最高峰の試合まで観戦。日本の女子サッカー、女子バレーが世界の強者と堂々と戦い抜きメダルを取ったことの重みに改めて感動したことだった。

日本選手の皆さん、世界の選手の皆さんお疲れ様でした。

さすがにちょっぴりオリンピック疲れ出て来た今日この頃。

13日父母の墓参に出かけた。

2012_0813_151534dsc_7445

座架依橋を129号方面にわたる。広い空に雲。お盆の期間は車も少なく思ったより空いている。

2012_0813_154909dsc_7447

母の初盆ではあるが全員が揃うことがどうしても出来ない夏となり、今年も夫と二人で平素と変わらない墓参となったが、天気が崩れることもなく父母に無事な日々の報告をすることが出来た。

少し遅い時間だったので、帰路の道沿いの民家の門口ではご先祖が集合したお位牌を立て、迎え火を焚くご家族や、一人で迎え火を焚き、ナスやキュウリで作った馬や牛のお供え物を門口に置くおばあちゃんの姿等が見られた。都会では余り見られなくなったけれど、まだまだこうした風習が大切にされている場所もある。先祖の霊は迷うことなく帰られることだろう。

そんな風習を眺めながら、通りかかった氏神様の祀られた神社にお参りをすることに。

2012_0813_175602dsc_7464

引っ越してきたばかりの頃に一度お参りをしたらしいのだが、ほとんど気憶に無く初めての神社のよう。

2012_0813_175633dsc_7465_2

最初の鳥居をくぐると民家が続く参道になっている。ノウゼンカズラが塀を超えて迎えてくれた。

2012_0813_175725dsc_7466

その少し先のお庭にもノウゼンカズラ。温室がある素敵なお庭。

2012_0813_175820dsc_7468

2番目の鳥居から3番目の鳥居が見える。3番目の鳥居の先は高い石段だsweat02

2012_0813_180110dsc_7474

石段は何段あったろう。深い樹木に囲まれた石段を登る。気持ちのいい風が吹き抜ける。

2012_0813_180224dsc_7477

正面には歴史を感じさせる立派な本殿があり、先ずはお参り。

2012_0813_180744dsc_7485

本殿に向かって左手には

2012_0813_180542dsc_7478

安産祈願等のいなり堂が祀られている。昨年結婚式を挙げた甥っ子のところには7月に無事女の子が誕生したと言う連絡があった。先ずはお礼と、我が家には孫かひ孫がいつか無事に授かりますように。

2012_0813_180623dsc_7481_2

いなり堂を後に、神社境内を散策に

2012_0813_180730dsc_7483_2

本殿の右手には願い事が託された絵馬がびっしりかけらている。

2012_0813_180734dsc_7484_2

本殿の立派な造り

2012_0813_180901dsc_7488

緑に囲まれた立派なお屋根

2012_0813_180912dsc_7489

ここで鈴を鳴らしてお願い事をした。「無事にこの地で長生きできますように」ここは母が暮らした最後の地でもあったのだ。

2012_0813_180953dsc_7492

お参りを済ませて、再び長い石段を下る。

2012_0813_181211dsc_7493

石段の途中から見えた丹沢の山々。又いつかゆっくりお参りに来よう。

 

2012_0813_181959dsc_7502

神社の最初の鳥居を出て、車に戻る途中の民家の垣根越しに真っ赤なブラシの花が風に揺れていた。

 

今日は67回目の終戦記念日。平和の祭典である世界中が参加するオリンピックが終わったばかり。韓国の動きや香港船が尖閣に到着したりと、今なお争いの種は尽きず。

 

 

 

|

« オリンピック終盤!孫の快気祝いも無事済んで・・・・・ | トップページ | “磯部の渡し”の夕暮れ時♪ »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

おはようございますsuncloud

立派な氏神様さまですね。
有名な神様も大事ですが、地元の氏神様を大事に
と言いますよね。
お盆休みも終わり、やっと普段の生活が戻ってきました。
昨日は母を連れて、親戚11人集まり食事会でしたが
久しぶりに母にお化粧をして、お洒落な服を着せたら
普段寝たきりとは思えない変身振りで、みんなが喜んでましたshine
お洒落って大事ですねeye

投稿: kazu | 2012年8月16日 (木) 09時30分

kazuさん
おはようございます!

お母さま、お化粧をしてお洒落な服でお出かけ
本来のお姿ですよね。
お賑やかな宴のひと時を過ごされたことでしょう。
我が家ではもう母を囲む事が出来なくなりました。
今のお幸せを大切にされてくださいheart01
地元の氏神さま、駐車場が無いので中々行けなかったのですが、近くのコンビニにとめさせて頂きました。
神社の裏手から公園に続き、座間キャンプへと繋がって
いるようです。
地元の中にも知らないところばかりで
もう少し歩いてみないとだめですねcoldsweats01
コンビニの駐車場では
フレンドリーなアメリカ人の方達が
挨拶までされて、何だかとてもいい気分になれましたscissors

投稿: chisa_pie | 2012年8月16日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/55430298

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックが終わった。お盆の墓参に氏神様参拝:

« オリンピック終盤!孫の快気祝いも無事済んで・・・・・ | トップページ | “磯部の渡し”の夕暮れ時♪ »