« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

オリンピックが始まる&泉の森散歩♪

2012.7.27(金)sunふ~ぅ・・・・・・あ・つ・いsweat02年々暑さに弱くなり、今日は本当にのびていました。夕方になると、今年初めての日暮らしの鳴き声が聞こえてきた。夏本番sign03

soccerいよいよ始まるロンドンオリンピック。明日は開会式。それに先駆けて女子サッカーなでしこジャパン対カナダ戦の試合放送を見つけた昨日は日中テレビ観戦して強いなでしこの戦いぶりに魅了され、夜は又日本男子とスペインの試合まで夢中で観戦。オリンピック開会式前の初戦で、なでしこが2-1で勝利を。そして夜の試合放送では日本男子も1-0を守りぬき勝利となった。ニュースは勿論オリンピックが最優先のように見える。各局解説とともに、幾つ金メダルが取れるのか予想も喧しい。寝不足の日々が増えそうな暑い夏だが、日本選手の活躍は大いに期待したい。

暑さの続く中、熱中症で倒れる人も増え、救急車のサイレンが聞こえない日が無い。先日渋谷へ出た折の往復車中でも、前からも後ろからサイレンの音が頻繁に。すべて熱中症ではないかもしれないが、高齢になると喉の渇きにも気付かないで脱水状態なったりすることもあり心して水分補給に努めているが、それも自覚のあるうちまで・・・・sweat01

昨日午後は久し振りに麻溝公園散歩に出かけ、いつものニャンズに会ってきた。けれどその前に立ち寄った“泉の森”の写真もあり、まずはそちらから。記事をなかなかUP出来なくてへっぽこ写真も溜まる一方ですcoldsweats01

  sun 朝日の美しい早朝に 

2012_0717_050808dsc_6929

目覚めてしまいカーテンをひくと、テラスを囲う壁が赤く照らし出されていた。

2012_0717_051204dsc_6935

夜が明けて太陽が昇り、照らし出す木々や花々、窓から見える景色の全てが太陽の色に染まりそうに輝いていた。

 clover この日の夕方は泉の森で散歩 cat

2012_0717_165338dsc_6941

とうもろこしが「美味しそうでしょ」って腕をを広げて迎えてくれた入り口付近の畑。作物の販売があるようで、販売所まで行ってみたがこの日はお休みだった。

2012_0717_165354dsc_6942

でも畑の可愛いらしい“とうもろこし”の姿に思わずにんまりhappy01

2012_0717_165522dsc_6944

額紫陽花もお終いに近いけれど、ピンクの花びらがきれいだし

2012_0717_170202dsc_6946_2

まだ目を楽しませてくれる紫陽花の花も残っていた。

2012_0717_170356dsc_6948_2

おしろい花も元気に咲いていた。

  catそして、あの子に会いに

2012_0717_170512dsc_6949

何年かまえから何度か会っている人懐っこいニャンコ。最近ここで見かける唯一のニャンコ。その為人気も一人占め。いつもこのベンチで、ファンの優しいお母さんやお父さんから美味しいものをたっぷりもらい、まったりと過ごしている。凄く贅沢なお魚の差し入れfish

2012_0717_170554dsc_6950

夢中でぺろぺろ残さず完食

2012_0717_170930dsc_6952

テーブルを囲んで大人はみんなでおしゃべりしながら、時折ニャンコの様子を見るとお腹が膨れて眠そうだ。名前はネ「チャーリー」ところが後ろに居る後見人のようなお母さんが、「朝来るとね、子供達は鈴ちゃんて呼んでるわよ」とのこと。ハテ(あなたは一体誰でしょうか?)胸に鈴をぶら下げたような模様が鈴ちゃんだったリ、チャップリンの蝶ネクタイのようで、チャーリーだったり。「どっちでもいいのにゃ~」とみんなに可愛がられている幸せニャンコcat

2012_0717_174132dsc_6967

そんな幸せニャンコの様子を隣のテーブル席から羨ましそうに見ているカラスの子。「僕だってお腹がすいているのになぁ~」みんながひきあげるのを待っている。

皆さんとニャンコにお暇をして、泉の方を見やると草むらで

2012_0717_174056dsc_6965

虫取りの網を振り回している男性が一人。何か捕まえたのかしら?い近くまで行ってみると、

2012_0717_173816dsc_6961

ちょっと興奮した様子でこちらに近付いてこられ、「このトンボマルタンヤンマの雌なんですよ!滅多に見る事が出来ないのですが」と、両手でこちらが見やすいように角度を変えて見せて下さり、パチリさせていただいた。ご自分も片手にトンボを持ちカメラにその姿を記録。この後は泉の森に又もどしてやるのだそうだ。森内にある”しらかしの家”でボランティアをしながらこうしてトンボや虫などの調査をされているとか。雌の胴体はこの色だが雄はブルーでそれはきれいだとか。

豊かな自然が育む虫や生き物達。前に見た鷺達はどこかに引き上げてしまったようで今は見かけないとのこと。

2012_0717_174255dsc_6968

そんな自然豊かな園内では子供から大人まで老若男女が、自然や猫や虫や季節の花との戯れに癒しを求めてやってくる。少し大きな子供達は、虫とリ網を抱えながらカラスより上手にカラスの鳴き声を真似てカラスをからかっていたりするhappy01 カラスも慣れたもので、知らん顔。

2012_0717_174754dsc_6971

帰りの森の中に、黄釣り舟の花が咲いていた。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷戸山散歩続きと実家近くの猫達♪

2012.7.25(水)sun 昨日突然発表されたイチロー選手のマリナーズからヤンキースへの移籍。10年連続200本安打を達成した38歳のイチロー選手、11年間在籍したマリナーズからの移籍は本人がトレードを希望したという。スター選手が多いヤンキースでの、イチローの新たな挑戦が始まる。更なる厳しい世界に自ら飛び込むその勇気が何より素晴らしい。昨日の夜からイチローニュースがてんこ盛りtv

  clover 谷戸山散歩から近所の畑のお花見 clover

2012_0722_170220dsc_7030


いつも通らない、テニスコートの裏側を通り駐車場に戻る崖側に咲いていた合歓の木の花。

2012_0722_170333dsc_7035


不思議な輝きを放つ花。

2012_0722_170414dsc_7037

花は満開を少し過ぎたばかり。

2012_0722_170639dsc_7039

ブルーのサルビアも咲いていた。

2012_0722_171928dsc_7043

そして、母がお世話になった施設の裏手の方にある畑の道路際にきれいな花が沢山咲いているのを先日のお盆に母の墓参りに行く時に見つけておいた。谷戸山の帰りに車を回して貰った。少し盛りは過ぎていたけれど、ひまわりやグラジオラスが人懐っこい顔で、ようこそと迎えてくれた。

2012_0722_172039dsc_7046

向日葵と鬼百合のコラボも。

2012_0722_171947dsc_7044

ピンクのダリヤもこんにちは!道路に顔を向けて咲いている可愛い花達にこの日最後野癒しを頂き帰宅。

  cat 実家近くの猫  cat

2012_0724_164713dsc_7065

いつか車の屋根の上に居たニャンコが暑さで伸びていた。昨日は実家に荷物を取に行ったので台車と車輪付きの旅行バッグをゴロゴロ音をさせて二人で傍を歩いても、逃げるでもなく伏せている。そういえばこの辺は宅急便も近くのステーションから台車に乗せられて届けられる事が多いので、音には慣れているのかも。首輪をした飼いネコちゃん。

2012_0724_170254dsc_7068

同じく傍を歩いていたらミャ~と可愛い鳴き声を上げて階段下に姿を現したニャンコ。

2012_0724_170309dsc_7070

この子も人懐こい子だが、荷物を押す手を止めてパチリのみでバイバイ!又会おうね~!

  art街角のモナリザ art

2012_0724_170537dsc_7074_2

荷物を押して交差点を渡る。まん前にはモナリザが謎の微笑みを浮かべていた。モナリザのすぐそばのコインパーキングに車を止めて時間もぎりぎりだ。急ぐrun

最近は年のせいかちょっと出かけて用事をこなすとバテ気味で、今日はのんびり過ごしながら、メールのお返事やら姪との電話、簡単な掃除位で日が暮れたcoldsweats01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気になった孫娘♪&谷戸山散歩♪

2012.7.24(火)cloud~ 梅雨明け、猛暑、低気温と目まぐるしい気温の変化が続き、今日から又暑さが戻るとか。

昨日昼過ぎ退院後に通う病院帰りに、孫娘が入院中とは打って変わった元気な様子で立ち寄った。入院初日の意識の無いような状態が嘘のように顔色も良くなり明るい笑顔を見せている。まだ首から肩が痛むということでのリハビリを兼ねた受診。食事を取れない間の点滴栄養でやはり入院前よりも幾らかやせて、ジーンズ姿もすっきりdenimsign03

昼食前と言うので、素麺をゆで、有り合わせの煮ものや炒めものなどで昼食を共にしながら、又一段と大人びた孫娘との会話が弾んだ。父親、親せき、ボーイフレンドと大勢からの心配と応援に応えるように見事に回復。入院中の家族達の見舞いも多く、日頃とは違う家族の心も伝わっていることだろう。病における苦しみの中に知る愛情が支えるものが、又豊かな心の糧となってゆくことだろう。

そして入院前からの予定だったこれまで父と二人で住んだ自宅の前にある小ぶりのマンションに一人暮らしを始める為の引っ越しも果たした。自宅から歩いて1・2分、父親やボーイフレンドなどが手伝い大物の荷物があらかた移動できたようだ。我が家からは使わなくなった母のベッドと羽毛布団などを息子が運び、息子のフィアンセの友人からは、使わなくなったという32型のハードつきのテレビを頂いたとのこと。父親の車はあるし、自宅は目の前という恵まれた環境の中、更なる自立への生活が始まる。食後に到来物のチーズケーキと珈琲を飲みながら、祖父母の話に真剣な表情で聞き入る孫娘の素直な表情に一層の成長を感じられたことが心から嬉しいひと時だった。

  clover 谷戸山散歩 clover

2012_0722_163436dsc_6999

一昨日夕方、思いついて谷戸山公園短時間の散歩に。緑が色濃くなり始め、爽やかな森林浴を楽しむ事が出来た。

2012_0722_163733dsc_7002

今年も咲いていた広場のムクゲ

2012_0722_163816dsc_7004

あれぇ~、虫君がお花に穴をあけたのかな~~?

2012_0722_163823dsc_7005

暑さの始まる夏の花

2012_0722_163854dsc_7007

まだしばらく見頃が続きそうnote

2012_0722_164239dsc_7009_2

いつも通り右へ行こうか、

2012_0722_164610dsc_7011

それともと、たまには左に行ってみようと、久し振りの反対側の道を

2012_0722_164729dsc_7012

箒が2本ぶら下がっていた。何だか公園の番人みたいだ

2012_0722_164805dsc_7014

ここは森の学校。どんな授業が行われるのだろう?

2012_0722_165000dsc_7017

森の学校の裏手には、テーブル席が幾つか用意されている。いつかの遅い春にここでお弁当を食べたっけdelicious

2012_0722_165123dsc_7019

木々の細かいチップが埋め込まれた歩道に一葉の赤い落ち葉が、ふっと季節感を惑わされる。

2012_0722_165546dsc_7022

 再び広場方面に戻る道すがら、緑が眩しい。

2012_0722_165723dsc_7023

椿の木の下に、椿の葉のような・・・・・こぼれ種からの赤ちゃん?

2012_0722_165840dsc_7024_2

道端にホタルブクロ発見!

2012_0722_165925dsc_7025

これは何の葉っぱ?

2012_0722_165959dsc_7026

水が滴るつゆ草の葉?

2012_0722_170106dsc_7027

フェンスに絡むつたの緑。その奥は深い森。鮮やかな緑に心を満たされ、短め散歩の予定を、もう少し先まで続けることに。

今日はこれから、渋谷の実家まで出かける予定。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

孫が無事に退院。元気だった日の食事会デザート編

2012.7.19(木)sunthunderrainsun 梅雨明けと同時の猛暑が続く。そして今日は夕方雷鳴とともに夕立が。雨が上がった後は幾らか涼しくなり。

昼過ぎ、11日から入院していた孫娘が無事退院出来たと娘から連絡が入った。息子が仕事で迎えに行けず、娘の方に退院の手配を頼んだとのこと。11日の緊急入院から8日目。一昨日、肩に残る痛みをレントゲン検査して大丈夫なら退院という説明があり、その折の医師の説明では、当初は相当危険な状態であったという。最終的な“病名は“劇症型A群β溶血性連鎖球菌感染症”ということで、誰でもが持っている菌でありながら大人になってから発症すると死亡率も高いという厄介な病気だったようだ。、当初の42度の高熱と意識障害、言葉を発することが出来なかった状態を思えば嘘のようによく回復してくれたと安堵の思いで一杯だ。子供のころから自転車チームに入りレースに出たり走り回り、スポーツジムにも通い、そんな経験が思ったより強い体力となって、今回の病気に打ち勝つことが出来たのかもしれない。

自宅で更なる体力の回復を待ち、近いうちに心配していた家族みんなで集まって快気祝いをしようということになっている。

前半は自分の風邪、途中から孫の入院、その間孫の見舞いや親戚の98歳になる叔母が亡くなったという連絡が入ったり、所用をこなしながら、あっという間に7月も後半を迎えてしまった。

6月の食事会の最後のデザートタイムのUPが今頃になってしまったけれどcoldsweats01

  cafe  うかい亭のデザートは別室で cafe

2012_0630_144959dsc_6694

食事が済んだ後は、外の景色が美しいダイニングルームを後にして、

2012_0630_163625dsc_6786

2階に上がり、人数に合ったコーナーに案内された

2012_0630_163706dsc_6787_2

2階は以前に来たときと変わっていない

2012_0630_163832dsc_6793

ちょっとゲームでもしたくなるようなくつろいだ気分になれる

2012_0630_164858dsc_67982

デザートはメロンのアイスクリームか夏ミカンのジュレだったか、その後に珈琲が運ばれ、くつろいだひと時を過ごすことができた。

2012_0630_170219dsc_6799

素敵なガラスで囲われたこの小部屋は、葉巻かパイプをたしなむ方の?今ならさしずめスモーキングルームだろうか。

2012_0630_171715dsc_6803

2階への階段の上がり降りの踊り場にも

2012_0630_171729dsc_6804_2

ショーケース内には装飾的なグラスやこもの。壁には装飾品がほどこされ目を楽しませてくれる

2012_0630_171742dsc_6805

さあ、そろそろお暇の時間。金沢の庄屋さんの旧家ををオランダ人の貿易商が買い受け洋風に改装したという築100年以上の建物をこの地に移築したという風格ある建物。そしてその建物の内部では、美味しいお料理がふるまわれ、行き届いたおもてなしのサービスが待っている。大人が心地よく過ごせる空間として人気が高い理由がわかるような気がする。

2012_0630_171914dsc_6806

女性の係が外まで見送りに出てこられ、こちらのカメラで家族集合写真をパチリcamera皆さん、一眼レフなど平気で使いこなされる。どこまでも行き届いたさりげなく心憎いサービス。

2012_0630_172008dsc_6810_2

別のダイニングルーム内部では、コックさんが腕をふるっている様子がうかがえる。

2012_0630_172021dsc_6811

築100年を超すという建物や

2012_0630_172046dsc_6812

素敵なお庭や

2012_0630_172108dsc_6813

アプローチ

2012_0630_172121dsc_6814

土曜日のディナータイムに、集まるお客さま達。

いつかまたsign03

 heart 今日は孫娘の退院が何よりも嬉しい一日。早くこの食事会の日のように元気になってほしい。退院を手伝った娘が帰りにちょこっと顔を見せに立ち寄って様子を知らせてくれたり、親せきから退院を喜ぶメールや電話が入ったりと、家族の絆が何よりも有難く感じられる一日でもあった。


 

 


               

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天候不順に体調不良は美味しいお食事で吹き飛ばしたい!

2012.7.12(木)cloud&強風。大分の方では大雨による川の増水が濁流となって流れ、大きな被害が出ているようだ。今年も天候異変による被害が続いている。

昨日遅く帰宅してから目を通した夕刊一面に、“子パンダすくすく”シンシン新米ママ修行中 “誕生7日目”の見出しが、3枚の写真とともにトップ記事として扱われていた。もう一匹赤ちゃんパンダが居たのかしらと不思議な思いで記事を読んだが。

昨日午後2時半ごろだったろうか。TVから上野動物園園長と副園長の記者会見が流れたのは。一旦は保育器に移され、その後シンシンの元に返された赤ちゃんパンダは母乳を気管支に詰まらせ呼吸不全となり、肺炎を引き起し、短い生命を落としたという。パンダの繁殖は中々難しいものであることが会見の模様からわかった。そして会見時間から考えるに、多分夕刊記事には間に合わない時間だったのだろう。

昨日は大きなマスクを掛けて、孫娘の見舞いに出かけ、外で食事をした位で、やはりまだ病み上がりのもろい状態のようで一晩ぐっすり眠ったのに、テレビを見ながらうたた寝してしまう始末。あせらず回復させなくては。夫が一人で新車の一カ月点検などに出かけてくれた。

息子から連絡があり、孫の病状は検査中のウイルスが中々これと言う風に特定できないようで、まだ集中治療室のままだが、ほんの幾らか元気そうにはなっているとのこと。先月末の食事会の日はまだ元気だった。早く元通りの元気な孫に戻りますように。

  restaurant うかい亭での食事会の日のお料理は restaurant

2012_0630_150442dsc_6711

サイマキ海老のマリネから始まった。

2012_0630_150450dsc_6712_2

これは私と夫の“ペア特別メニュー”の為、他の4人と少し違う。同じ海老のマリネにうにのジュレと季節のカツオ

2012_0630_151911dsc_6722_2

家族から贈られたブーケ

2012_0630_152019dsc_6728_2

一品一品ゆっくりと運ばれてくるメニューの合間に外の景色を

2012_0630_152651dsc_6733

娘と息子達はジャガイモの冷たいスープ“ヴィシソワーズ”このひとつ前に穴子のグリエがあったけれど、食べる事に夢中でパチリ出来なかった。娘達が小さかった頃によく作ったヴィシソワーズは娘の郷愁がそう言わせたのか「これはママのスープの方が美味しい!」とゴマをすってくれたcoldsweats01

2012_0630_152807dsc_6734

ペア用のお野菜たっぷりスープ。スープを頂くころにコックさんが登場。挨拶をされてから

2012_0630_153642dsc_6736

シーザーサラダをそれぞれの皿にたっぷりと取分けられ、

2012_0630_153800dsc_6739_2

目の前の様子や窓外の緑のご馳走を愛でながら、全員もくもくとサラダに親しむ。

2012_0630_154134dsc_6745

そして、今宵のメインディッシュ“サーロインのステーキ”が好みの焼き加減を聞かれた上で、目の前での調理が始まった。薄くスライスされたニンニクを色付くまで丁寧に焼いてゆく。香ばしい香りがただようconfident

2012_0630_154652dsc_6747

お肉とアスパラが用意され、外の緑がお肉の赤身を際立たせた。

2012_0630_154812dsc_6749

鉄板の上で、お肉も丁寧に焼かれてゆく。この日まだ元気だった肉食系の孫娘は期待を込めてコックさんの手元を眺めていた。

2012_0630_155321dsc_6753

最初に私達の前にお皿が並べられ、アスパラが頃合い良く焼かれて

2012_0630_155814dsc_6755_2

お肉とご飯とお味噌汁とともに並んだ。味噌汁の具は若芽も入っていたので、夫が食べられないと呟いただけで、すぐに別の具が入った味噌汁を運んでくれたり、さりげない中にゆきとどいたサービスが嬉しい。口に含んだお肉の柔らかくて美味しいこと。とろけるように胃の中に滑り込んで行った。アスパラの火の通り加減も見事で甘くて美味しい。

2012_0630_162213dsc_6764

他の4人はサーロインを焼いた後の油を丁寧により分けて、肉汁とみじんに刻まれたニンニクをゆっくりいため、色付いたところでごはんを一緒にいためたガーリックライスだった。娘のライスを一口味見したら、とても美味しい。けれど、ペアのごはんは白いご飯でよかったかも。ガーリックライスだと残さず全部食べてしまいそうなところが怖いcoldsweats01 

目の前で、丁寧にお肉を焼いて下さったコックさんは最後にお肉を焼いた鉄板を音もたてず丁寧にきれいに磨き上げて挨拶されて退室となり、この後は2階の別室にデザートタイムで移動となる。昔と変わらないもてなしだ。窓の外の景色、室内の絵や調度品、活けられた花、ゆきとどいたサービスと美味しいお料理、それらが総合的にゆったりした時間のなかで演出されたひと時は、気の置けない家族とともに至福のひと時となり、ペアでの招待というきっかけを作ってくれたカーディーラーさんにも感謝でした。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風邪が治りかけたと思ったら、孫娘が入院。

2012.7.11(水)sun心配された雨が降ることもなく、朝から気持ちのいいお天気が続いた。やっと昨日位から、お掃除くらい出来るようになり、昨日今日のお天気で洗濯ものが良く乾く。普通にできる事が、この10日近く全く弱くなり、お弁当やお惣菜に頼りながらの食生活にも飽きるころ、やっと回復。後は声枯れが徐々に治ればもう大丈夫。

と喜んでいたら、今度は孫娘が高熱と体の痛みで、かかった医者から北里病院に救急搬送されて、集中治療室へ入ったとの連絡が。

数日前に友人のところで熱を出して、友人の近所の病院で検査を受け、入院するほどではないと言われて、自宅に戻り、それから数日自宅で養生をするも熱が引かず、自宅に戻り、かかった近くの医院では風邪でしょうということだった。今日は余りの熱と体の痛みで、母や私が入院した病院に行き、そこでも対応が難しいからと北里への紹介となったのだった。

息子から合間に度たび連絡が入り、娘や孫の友人、私達夫婦と次いで息子のフィアンセが見舞いに訪れた。点滴の管などが入った孫娘の様子は痛々しい。最初は髄膜炎の疑いがあったが、そうではなさそうで、様々な検査が行われているようだ。ウイルス感染ではあるけれど、それが中々特定できないとのこと。それでもきちんと管理された集中治療室での看護には安心出来るものがあり、面会時間の終わる6時には、後は病院の医療にお任せして病院を後にした。

息子も娘も友人も全員食事もきちんとしないで駆け付けたりしているので、差し入れに持って行ったクッキーやお結びが役に立ったが、夕食も外で済ませてしまえば帰宅してすぐ眠ることが出来ると思い、家族が帰宅する娘は一足先に帰宅し、残った5人でファミレスで夕食。息子は数日来の看護疲れと寝不足と心労から疲労の極致状態。長年一人で育ててきた娘への心配は並大抵ではなかったようだ。

家族が応援に駆け付けて幾らか心労も解き放たれたようだ。帰宅後に北里の担当医から、心配された検査のうちの一つが「大丈夫でした」と言う連絡があったと、余程安心できたのだろう、早速のメールが夫のもとに届いた。担当医の所見では、予断は許せないまでも、少なくとも自分の意思を強く伝える事が出来るのは見込みがあるというような見解だったようだ。声を掛けても、うなずく位しか出来ない孫娘だったが、これまで培ってきた強い体力で、一日も早く病気を跳ね返してほしいと切に願う。

今年の不順な陽気は、風邪ひき位と侮れないような症状を引き起こすこともあるようで、親類の叔母からきたメールにも30代の従兄妹がやはり熱と咳で10日以上苦しんだと書かれていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

風邪ひき前のお食事会の日♪

2012.7.7(土)cloudrain七夕飾りに残念な雨。天に願いは届くだろうか。彦星と織姫の逢瀬はどうかしら?

梅雨明けが待たれる。風邪の不調は病院で処方された薬の効果で回復基調。昨夜は処方されて最初の晩飲まなかったよりよく眠れそう就寝前2錠の薬を飲んで寝たら、咳こんでいたのかもわからず久し振りにぐっすり快眠。朝起きてからの方がまだ咳や痰が出ていると思って、就寝中の記憶が無いのが不思議な気がした位。昼間娘から見舞いの電話があり、「まだ声が少し変だね」と言われたけれど、やっと少ししゃべっても大丈夫なところまで来た。明日位は平常に戻れるかもしれない。

今日は出かける用事を私は取りやめ、夫が一人で出かけた。お陰で、久しぶりに食事も一人気ままなあり合わせで済ませ、ジャズを聴きながらのんびりくつろぎタイム。

  restaurant お食事会は“横浜うかい亭”で restaurant

2012_0630_142832dsc_6660

何年ぶりかの門をくぐり

2012_0630_142824dsc_6659

車を止めて、豊かな緑の植え込みが続くアプローチから

2012_0630_143153dsc_6671_2

レッドカ―ペットの先の入り口に。受付を通り奥の間に案内された。

2012_0630_145625dsc_6707

ちょっとくつろげる小部屋の奥がダイニング

2012_0630_145619dsc_6706_2

小部屋から見える正面には立派なドレッサーがアンティークのランプに照らし出され、

2012_0630_145606dsc_6705_2

その右手にダイニングカウンターがしつらえられている。案内係の女性によると「著名な方や芸能人のかたなどによく利用されるお部屋でございます」との説明だった。こちらは著名でもなんでもないのだけれど・・・・。今回初めてのお部屋。6人での食事にはちょっと広いかなと思ったけれど、窓からの緑が美しい素敵なお部屋が用意されていた。

2012_0630_143608dsc_6674

カウンター席に着く

2012_0630_143622dsc_6675

これからお肉が焼かれるきれいにお手入れされた鉄板

2012_0630_144118dsc_6679

担当の男性が、当方持ち込みのカメラで家族集合写真を写して下さった。この日は娘の家族の都合がつかないのが残念だったけれど。

2012_0630_144833dsc_6685

コーナーにもアンティークのランプ

2012_0630_144904dsc_6688

お食事開始前のひと時

2012_0630_145243dsc_6698_2

孫と二人で交代に写真係をcamera 

2012_0630_145419dsc_6700

滅多にないツーショットを孫がsign03 

2012_0630_145700dsc_6709

窓辺にも多分名のある人形や置きものが飾られ、外の緑と相まって飽きることなく目を楽しませてくれる。食事開始までもゆったりした時が流れる。この後のお料理が楽しみなひと時を過ごすことが出来た。お食事の様子は次回に。

2012_0630_142238dsc_6650

うかい亭近くに咲いていた紫陽花

2012_0630_142322dsc_6653_2

紫陽花のお向かいは公園。車を止めて一休み。この日のお食事会は新しく来たこの車がご縁。公園とのツーショットはお尻だけになってしまったけれど。アコードから引き続き2度目のお付き合いとなったディラーからの成約記念の“ペアでのお食事サービス”せっかくの機会、子供達とみんなで過ごしたくなり、人数が増える旨をお店に告げ予約を入れ召集をかけたのだった。以前は夫と二人か母の誕生日記念に母と弟夫婦と、大人だけの食事会だったので子供達にも楽しい時間となったようだ。

大和市つきみ野6丁目5-2

046-276-5252

営業時間 12:00~22:30
受付時間 12:00~21:00           
定休日   月曜日                

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久し振りに風邪をひいてしまいご無沙汰いたしました。

2012.7.4(水)sun各地で今年一番の暑さを記録したとか。我が家は、何故か暑い季節は過ごしやすく、そんな暑さの今日も凌ぎやすく上着をはおったりしながら一日過ごした。先月30日、久しぶりに娘や息子達と外で食事をして夕方帰宅したあと急に声が出なくなり始め、久し振りの本格的な風邪っぴきに見舞われてしまった。その数日前は夜中に暑くて布団をはいだりして寝ていたようで、それが引き金になったのかもしれない。今日もまだ声は出ずらく咳と痰が出て閉口しているが、最初の頃にあった身体の痛みも消え、幾らか楽になってきた。暑さを感じないのは風邪のせいかもcoldsweats01 

昨日は息子が立ち寄り、立派なメロンを届けてくれた。

2012_0704_185813dsc_6843

知人のイチゴ農園で苺の季節が終わった後の農園で作られたものとのこと。いい香りがしてきたら食べごろだそうだ。それまでは室温で保存がいいそうでお仏壇にお供え。娘のところと我が家に一つずつ。奥のお菓子は彼女から食事会の日に頂いたもので、暑い季節に嬉しいゼリー入りdelicious

2012_0704_191714dsc_6849

大きなブーケは食事会の日、みんなからのプレゼント。母親好みの色使いが嬉しい。久しぶりに室内が華やかに彩られているのに、体調不良で掃除が行き届かず残念。台風で汚されてしまった窓ガラスはまだ汚れたままsweat01

2012_0702_103738dsc_6837

食事会の日、お店のカメラで写して下さった記念写真。帰りにそれぞれに思い出としてプレゼントして下さった。孫には今月がお誕生月だったと聞くなり、すぐに花を一輪用意してプレゼントされ、お花を持って写真の中央にcamera
食事会の様子は次回に続きます。

早くすっきりと元気になって、掃除をしたり、散歩や買い物に出かけたい。今日はこのままベッドに直行。よく眠れますようにsleepy おやすみなさいsleepysleepy

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »