« 風邪が治りかけたと思ったら、孫娘が入院。 | トップページ | 孫が無事に退院。元気だった日の食事会デザート編 »

天候不順に体調不良は美味しいお食事で吹き飛ばしたい!

2012.7.12(木)cloud&強風。大分の方では大雨による川の増水が濁流となって流れ、大きな被害が出ているようだ。今年も天候異変による被害が続いている。

昨日遅く帰宅してから目を通した夕刊一面に、“子パンダすくすく”シンシン新米ママ修行中 “誕生7日目”の見出しが、3枚の写真とともにトップ記事として扱われていた。もう一匹赤ちゃんパンダが居たのかしらと不思議な思いで記事を読んだが。

昨日午後2時半ごろだったろうか。TVから上野動物園園長と副園長の記者会見が流れたのは。一旦は保育器に移され、その後シンシンの元に返された赤ちゃんパンダは母乳を気管支に詰まらせ呼吸不全となり、肺炎を引き起し、短い生命を落としたという。パンダの繁殖は中々難しいものであることが会見の模様からわかった。そして会見時間から考えるに、多分夕刊記事には間に合わない時間だったのだろう。

昨日は大きなマスクを掛けて、孫娘の見舞いに出かけ、外で食事をした位で、やはりまだ病み上がりのもろい状態のようで一晩ぐっすり眠ったのに、テレビを見ながらうたた寝してしまう始末。あせらず回復させなくては。夫が一人で新車の一カ月点検などに出かけてくれた。

息子から連絡があり、孫の病状は検査中のウイルスが中々これと言う風に特定できないようで、まだ集中治療室のままだが、ほんの幾らか元気そうにはなっているとのこと。先月末の食事会の日はまだ元気だった。早く元通りの元気な孫に戻りますように。

  restaurant うかい亭での食事会の日のお料理は restaurant

2012_0630_150442dsc_6711

サイマキ海老のマリネから始まった。

2012_0630_150450dsc_6712_2

これは私と夫の“ペア特別メニュー”の為、他の4人と少し違う。同じ海老のマリネにうにのジュレと季節のカツオ

2012_0630_151911dsc_6722_2

家族から贈られたブーケ

2012_0630_152019dsc_6728_2

一品一品ゆっくりと運ばれてくるメニューの合間に外の景色を

2012_0630_152651dsc_6733

娘と息子達はジャガイモの冷たいスープ“ヴィシソワーズ”このひとつ前に穴子のグリエがあったけれど、食べる事に夢中でパチリ出来なかった。娘達が小さかった頃によく作ったヴィシソワーズは娘の郷愁がそう言わせたのか「これはママのスープの方が美味しい!」とゴマをすってくれたcoldsweats01

2012_0630_152807dsc_6734

ペア用のお野菜たっぷりスープ。スープを頂くころにコックさんが登場。挨拶をされてから

2012_0630_153642dsc_6736

シーザーサラダをそれぞれの皿にたっぷりと取分けられ、

2012_0630_153800dsc_6739_2

目の前の様子や窓外の緑のご馳走を愛でながら、全員もくもくとサラダに親しむ。

2012_0630_154134dsc_6745

そして、今宵のメインディッシュ“サーロインのステーキ”が好みの焼き加減を聞かれた上で、目の前での調理が始まった。薄くスライスされたニンニクを色付くまで丁寧に焼いてゆく。香ばしい香りがただようconfident

2012_0630_154652dsc_6747

お肉とアスパラが用意され、外の緑がお肉の赤身を際立たせた。

2012_0630_154812dsc_6749

鉄板の上で、お肉も丁寧に焼かれてゆく。この日まだ元気だった肉食系の孫娘は期待を込めてコックさんの手元を眺めていた。

2012_0630_155321dsc_6753

最初に私達の前にお皿が並べられ、アスパラが頃合い良く焼かれて

2012_0630_155814dsc_6755_2

お肉とご飯とお味噌汁とともに並んだ。味噌汁の具は若芽も入っていたので、夫が食べられないと呟いただけで、すぐに別の具が入った味噌汁を運んでくれたり、さりげない中にゆきとどいたサービスが嬉しい。口に含んだお肉の柔らかくて美味しいこと。とろけるように胃の中に滑り込んで行った。アスパラの火の通り加減も見事で甘くて美味しい。

2012_0630_162213dsc_6764

他の4人はサーロインを焼いた後の油を丁寧により分けて、肉汁とみじんに刻まれたニンニクをゆっくりいため、色付いたところでごはんを一緒にいためたガーリックライスだった。娘のライスを一口味見したら、とても美味しい。けれど、ペアのごはんは白いご飯でよかったかも。ガーリックライスだと残さず全部食べてしまいそうなところが怖いcoldsweats01 

目の前で、丁寧にお肉を焼いて下さったコックさんは最後にお肉を焼いた鉄板を音もたてず丁寧にきれいに磨き上げて挨拶されて退室となり、この後は2階の別室にデザートタイムで移動となる。昔と変わらないもてなしだ。窓の外の景色、室内の絵や調度品、活けられた花、ゆきとどいたサービスと美味しいお料理、それらが総合的にゆったりした時間のなかで演出されたひと時は、気の置けない家族とともに至福のひと時となり、ペアでの招待というきっかけを作ってくれたカーディーラーさんにも感謝でした。

 

 

 

|

« 風邪が治りかけたと思ったら、孫娘が入院。 | トップページ | 孫が無事に退院。元気だった日の食事会デザート編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夏らしく涼しげで豪華なお食事でしたね。happy01
行ってみたいけど我が家からはチト遠いです。coldsweats01

この日は元気で参加なさっていた孫娘ちゃんが集中治療室で闘病中なんて予想も出来ない事が起こるのですね。wobbly
希望に燃えてお仕事に励んでいた元気印の孫娘ちゃん、少しずつ元気を取り戻させている由、お若いから元通りお元気になる日も近いでしょう。

chisa-pie様もご無理をなさらずお大事に・・・。

投稿: mayuza | 2012年7月13日 (金) 08時18分

mayuzaさま
こんにちは!

ありがとうございます。
この日は、まだいつもの孫娘でしたが、
今は集中治療室で、横たわったまま、幾つかの
ウイルスが見つかりながら、まだこれという決め手に
ならないそうです。
うかい亭は、十年以上振りでしたが、
変わらないサービスが心地よく、
それらも含めての時間が美味しいひと時を
もたらしてくれました。
家族にも、普段よりご馳走だったと
喜んでくれたのでよかったです。
私達は、最近余りお肉を食べなくなっていたので、
この日は久し振りに舌鼓をうちましたrestaurantdelicious
孫娘、早く元気になってもりもりお肉を食べて貰いたい
と思っています。

投稿: chisa_pie | 2012年7月13日 (金) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/55178286

この記事へのトラックバック一覧です: 天候不順に体調不良は美味しいお食事で吹き飛ばしたい!:

« 風邪が治りかけたと思ったら、孫娘が入院。 | トップページ | 孫が無事に退院。元気だった日の食事会デザート編 »