« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

急用で出かけた先で、蘇る記憶の断片♪

2012.5.29(火)suncloud 不順な天候が続いている。昨日は落雷を受け、亡くなられた方がおられたとか。今日もどこかでは落雷があったというニュースも小耳にはさみ、油断ならないお天気に、午後早目の買い物に出かけ、雨が降らないうちに済ませた。昨夜は久し振りに大きな地震の揺れを感じて目が覚めたが、疲れていたのかすぐに眠ってしまった

急な用事が出来て、昨日は何十年も行くことのなかった大森の方に出かけた。東名横浜インターから、東京瀬田の出口、環八に出てひたすら走る。助手席の人間はいつもの見慣れた首都高や246からでは無い景色を楽しみながら、時折カメラでパチリパチリ!

  car 車窓から car

2012_0528_114855dsc_5850

お寺の門かしらと思ったけれど、表札には個人のお名前。新緑の映える立派なご門。

2012_0528_123632dsc_5851

眩しい位の新緑が美しい白山神社。この辺は立派な神社仏閣が見られる場所だった。

2012_0528_125037dsc_5860

目的地が近づき、横道に入る。頭の中に地図が書いてある筈の夫はナビ無しの車。その上、学校を出て結婚前から結婚後、しばらくの間勤めた大手企業の営業マンとして、走り回ったあたりなのに、頭の中の地図が相当古くなったのか、消えかけているのかsign02で、道を確認のための時間調整happy01

2012_0528_125007dsc_5859

目の前に見えた東京新聞のお店で道を教えて頂いた。車に戻りかける夫の後を走りながら追ってきて、更に詳しく説明して下さったご主人。この辺の方の温かな人情に触れたような一瞬heart01

2012_0528_130033dsc_5865

車を止めたすぐそばの門の中には真っ赤な薔薇がたわわに咲いていた。この後は、迷うことなく目的地の駐車場に入ることが出来て、面倒な用事を片づける。その後は知らない街の駅前で、ベトナム料理のランチ。ちょっと癖になりそうなお味を楽しみ帰路に就く。

2012_0528_155945dsc_5868

帰り道の車窓から見えた、洒落た窓。

2012_0528_160034dsc_5869_2

爽やかな新緑色の葉の先に小さな白い花が咲いていた。この少し後位から急に稲光がしたと思ったら、

2012_0528_161328dsc_5874

大粒の雨が!太陽の姿が雲間に見えながら車のウインドーにかかる急な雨粒の大きいこと!そんな悪天候の中、帰路を急ぎ、もう一つの用事を片付けて帰宅。

  carouselpony 記憶のかけら

昨日出かけた大森は、5歳近くまで住んでいた場所。何十年も昔の記憶は薄れ始め、幾つかの事がらしか思いだすことが出来ない。大森海岸に歩いて花火を見に行ったことや、弟が生まれる時に近所のお産婆さんを呼びに行ったこと。父がステッキ型の飴をお土産に買ってきてくれたり、ある日は亀を買ってきて、庭にあったまあるく大きな水槽に夜のうちにはなしておき、翌朝身を乗り出して水槽を覗き、亀を見せられたことなど。幼稚園でオルガンの蓋がしまって指を挟まれ、母が迎えに来たことなど。思い出の数は年々少なくなってゆく。昨夜帰宅して地図を見ていて、住んでいたすぐ近くまで行っていたことがわかり、急に懐かしい気持ちで一杯になった。そんな大森の地のすぐそばに、大学卒業と同時に就職した夫と知り合い、付き合いが始まり結婚したというのも何かの縁だったのかと。勿論そこには共通の趣味“JAZZ”が介在しているけれど。今思えば大森の地を離れてから12・3年後には夫と知り合っていたのだから。それにしてもその頃からだってもう何十年もの歳月が流れている。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「火の鳥日本」女子バレー、ロンドン五輪出場決定!!

2012.5.27(日) 日本女子バレー対セルビア戦。最終日の今日、2セット勝ち取ればロンドン五輪へのチケットが手に入るという戦い。

チケット取り、見事に勝ち取りましたね~~scissors 試合の方は惜しくもセルビアに勝ちをゆずったけれど、チーム一丸となって良く頑張ったと思います。

セルビア戦の対戦成績は、25-18 21-25 25-19 21-25 9-15 3セット目で、オリンピック出場が決定となったscissors

今大会順位は、1位ロシア 2位韓国 3位セルビア 4位日本 5位タイ 6位キューバ 7位ペルー 8位チャイニーズタイペイという結果だった。

五輪チケット決定後は、日本女子にも安堵と疲れが見え、サーブミスなども目立ったが、よくここまで戦い抜いたという気持ちで、ゆとりをもって応援することが出来た。キャプテン荒木選手の決定率の高さが際立った試合でもあった。エース木村選手は、連日の試合出場で、疲れもあったのか、決定率は下がったが、いいサーブで得点を取りかえしたり、五輪出場が決まった後は、のびのびとした戦いとなったように見えた。

それにしても、世界の高い壁に挑み、勝利を上げた日は興奮し、素晴らしい熱戦を観戦出来た今大会だった。

真鍋監督と「火の鳥日本」五輪出場決定おめでとうsign03 ロンドン五輪に向けて、更なる飛躍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012「世界最終予選女子バレー」最終日対セルビア戦へ!

2012.5.27(日)sun 久し振りに二日続きのいいお天気。昨日まで出歩くことが多かったので、今日はお疲れモードの日曜日。朝のうち草花の手入れをした位で、久しぶりにお昼寝モード。ソファを倒して横になるなりぐっすりsleepy

さて、このところ外せないのは、5月19日から始まった「五輪世界最終予選兼アジア大会予選」。これだけは何があっても忘れず録画。初戦からの観戦が続いている。

第一日目初戦は世界ランク17位のペルー戦

25-13 25-21 25-18 3-0 で日本女子圧勝sign03

2戦目は世界ランク28位のチャイニーズタイペイ

25-13 25-13 25-14 3-0 で日本女子圧勝sign03

3戦目は、世界ランク12位のタイ戦

25-17 25-18 25-21 3-0 で日本女子圧勝sign03

この日までは、「あ~、もう試合が終わってしまう。早いなぁ~」とちょっと淋しくなる位。日本女子の強いことscissorsチームワークも一人一人の選手の実力も他チームと比べたら格段の違いを見せつけて、負ける気のしない安心感をもって見ていられた。

そして迎えた4戦目は世界ランク13位の韓国。

18-25 25-22 17-25 13-25 1-3と今大会初めての勝ちを逃した。キム・ヨンギュンの強いこと!敵ながらあっぱれとしか言いようのない手ごわさ。2セット目を取れただけでも良しとするしかない位。

5戦目は世界ランク10位のキューバ戦

25-23 18-25 25-16 23-25 17-15 実に3-2という今季初めてのフルセットの戦いとなり、各セット、押し合いながらの得点の取り合い、どちらが勝っても不思議はない試合となり、1セット目の最後は木村沙織のサービスエースで追い上げた。どのセットも、追いつき追い越しながら、迎えた5セット目、最後は3度のマッチポイントで日本がキューバを下したsign03 

長い試合であったのに、感動するような場面ばかりで、今季はエース木村沙織に続き、江畑選手の活躍が目覚ましく、この日は、迫田選手や新鍋選手の活躍も目覚ましい。木村選手の勝ち点の上げ方も天才的ともいえる。そこに続く力のついた選手達の活躍、ベテラン竹下選手のトスに見事なサーブ、リベロ佐野選手のサポート、キャプテン荒木選手のここぞという時の力強いスパイクも見逃せない。この日の試合は後世に残るような名試合と言えるのではないかと思うほどの感動を呼んだ。録画した試合はロックを掛けて保存盤になった。

しかし、6戦目、昨夜の世界ランク7位の対ロシ戦は

22-25 20-25 20-25 0-3と言う残念な結果となった。2mを超すような相手国の選手達、とりわけガモア選手のミスのないスパイクや絶妙な位置へのフェイント、チーム全体の試合運びの見事さはさすがと言うほかは無かった。むしろこれだけの高さのある強豪に、3セットとも日本の得点が20点以上取れていることこそ素晴らしく思えるほどの試合だったともいえる。

狩野選手、中道選手、岩坂選手、更によくぞここでという位、絶妙な位置へのフェイントやスパイクの旨さが光る山口選手、新たに加わった平井選手の力も貢献してきた今季の戦いも今夜が最終日。自本女子の五輪切符は今夜の最終戦、世界ランク6位のセルビア戦に持ち越された、今夜も全員の力で悔いのない素晴らしい試合を見せて欲しい。今日の試合で、タイがキューバに敗れるか、又はセルビアとの試合でフルセットまで持ち込めれば、五輪への道が開けるようだ。

         up頑張れ日本女子sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金環日食の朝♪

2012.5.21(月)sun朝6時半に目が覚め、7時半頃から見えるという金環日食が気になり、再びもぐりこんだベッドで眠りに落ちる事が出来なくて、朝寝の大好きな私ですがhappy01起きましたよsign03

7時半にテラスに出てみると、外の公園には、近所の親子連れや子供達がぞろぞろ集まってきて、「あっ!今見えた~!」と叫ぶ声が聞こえてくる。急いでカメラをぶら下げて、負けじと外へcamerarun 

マンション西側の外廊下各階から東の方向を眺めるご近所さん達の姿。急いで同じ階の西側の廊下へ。黒い太陽光を遮る眼鏡越しに見る奥さんと並んで雲間から出る太陽を待つ。気まぐれのように雲間から出たり入ったり忙しい太陽。sunの手前にfullmoonが重なりリングのように見える現象。

さて、その金環日食は映るのか、カメラの腕はへっぽこですが、頑張って見ました。

2012_0521_074356dsc_5774

雲間からやっとその姿をとらえる事が出来たsign03 

2012_0521_074332dsc_5772

リングに大きなダイヤモンドがキラリshine

2012_0521_074509dsc_5781

中々真円の姿はとらえられないsweat01 

2012_0521_074519dsc_5782

朝起きたときは、曇りで見られないかもと思っていたので、これだけでも見られてご機嫌lovely

ご近所さんのお話では次回は300年以上経たないと見られないとのこと。「ご先祖さんになっちゃうわ」とおっしゃるので、その頃には天国から見えるかどうかわからないけれど、「あの世で、300年以上前に見たわよね、とおしゃべりしましょう」何て、朝からとんでもない先のお話になりましたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

薔薇の美しい季節♪そしてカラスの巣立ちも始まった!

2012.5.20(日)sun 初夏の気持ちがいい朝。明日は首都圏では173年ぶりと言う金環日食が見られるかもしれないという。神奈川は、朝の7時30分から40分位の間と言われている。見事な金環が見られるような好天であることを願っている。

あちらこちらの薔薇の名所や公園に庭園、通りすがりのお庭にも美しい姿を見せている花達。今年は用事が立てこんでいて、ご近所の薔薇見物でこの季節を楽しませてもらっている。

  bud 先ずは谷戸山の薔薇 bud

2012_0516_172048dsc_5508

何度も来ているのに、この季節始めて気がついた。“ナニワノイバラ”清楚な純白のツル薔薇。

2012_0516_171426dsc_5493

里山体験館の前庭で、西日を受けて

2012_0516_171804dsc_5499

ちょっと眩しげに

2012_0516_171826dsc_5500

背を向けて

2012_0516_172037dsc_5507

そそと咲き

2012_0516_171851dsc_5502

楽しませてくれた

2012_0516_171910dsc_5503_2

少し離れた場所には赤い薔薇も咲いていた。ルンルン鼻歌を口ずさみたくなるような夕方のひと時だった。

  run 散歩道の薔薇 bud

2012_0518_163952dsc_5686

いつも垣根にたわわに咲かせ、通る人の目を楽しませている色とりどりの薔薇の花達

2012_0518_164020dsc_5688

もう数日早ければ良かったかも・・・・・、

2012_0518_164207dsc_5690

あちらのお庭にも

2012_0518_165230dsc_5703

こちらのお庭にも、シックな薔薇が

2012_0514_164917dsc_5342

こちらのお庭も、

2012_0514_164857dsc_5341_2

薔薇が元気に咲き誇り、何気ない散歩道が心を豊かに満たしてくれる。

  bud おまけの薔薇は bud

 2012_0515_173458dsc_5436

我が家のテラスの小さなミニ薔薇。大きな薔薇を育てるスペースが無いので、黄色と赤いミニ薔薇の寄せ植えでちんまりと。黄色はそろそろ終わり、これからは赤いミニ薔薇の蕾が開く。

2012_0515_173527dsc_5437

薔薇では無く“ペチュニア”昨年抜かなかった株が越冬して、今年も沢山の花を咲かせてくれる優等生scissors

  chick 最後はカラスで締めくくり  chick

2012_0507_092620dsc_5016

ベルフラワーがたわわに咲いた今月7日頃

2012_0508_090112dsc_5039

カラスの子達は大分大きくなってきたが、まだ雛だった。

2012_0510_112516dsc_5119

10日頃にはパパママが作っったこの巣が4羽の雛達には狭くなってきたのか、くっきりと姿を現すようになってきた。時には傍の枝に止まったり巣にもどったりする子の姿もあった。ちょっとハラハラ、危なそうだったけれどcoldsweats01

2012_0515_121303dsc_5414

そんな時、公園で餌を探すトウサンカラスが心配そうに巣を見上げていたり、カアサンが餌を咥えて駆け付けたり・・・・heart04 

2012_0516_080625dsc_5440

羽ばたくsign03 大きい子達がしきりに羽ばたく姿が目撃されるようになった16日。

そして、その翌日の17日、一番大きな子ガラスが巣立ちを迎えた。鳴き声も澄んだカァ~カァ~という声では無く、ガァ~ガァ~というようなくすんだ鳴き方で、公園内をしきりに飛ぶ練習。その飛び方は未熟で、公園で遊ぶ子らの近くまで飛来したりと、危なっかしい。その夜は、夜半に雷鳴が轟き、大雨が降った日。その少し前の暗くなった夜にもその子ガラスの鳴き声が響き渡った。帰る場所にも戻れず、不安だったのだろう。カラスは、夜目が見えないかもしれない。我が家だけでは無く、近隣からも心配する人が出て来てカラスの巣を見上げていた。

目が見えないかもしれない親ガラスが2羽飛んできて巣に向かって行った。漆黒の夜は巣の様子を確認できなかったが、翌日、子ガラスのまだ未熟な鳴き声と姿が公園の中にありほっとした。その日の夕方には飛び方も格段にうまくなり始めている。一昨日は2羽目が巣だったようだ。

巣に残るのは2羽の子ガラス。この子達も今日明日位には巣立ちを迎えるだろう。

今見たら、残る雛が一羽、巣立ちを前に、巣から枝に移り、少し高いところまで移動、その後巣にもどり、もう一羽のお昼寝中の雛を起こし、自分は寝るから交代するようにと言うように起こした。可哀そうなおチビちゃんはお兄ちゃん(?)とおなじような行動を始めたhappy01

カラスの子育て、これからはしばらくの間ファミリーで飛び回り、餌の探し方など大切なしつけが始まってゆく。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

渋谷-青山ドライブ車窓から&神宮前散歩♪

2012.5.17(木)cloud~今日明日は、お天気の変化が起こりやすいので注意が必要とのこと。体調管理も気をつけなければ。

  car 渋谷から青山方面に向けて走る car

2012_0511_133322dsc_5193

車が渋谷道玄坂に入ると、いつも最初に目につく風に揺れるSHIBUYAの文字。前回来た時はHIKARIE、今回は“ダーク シャドウ”ジョニー・ディップ主演の映画のインフォメーションmovie

2012_0511_133638dsc_5195_2

話題のHikarieビル。オープン以来の客足も多いとのニュースも。

2012_0511_134434dsc_5197

青山通りのショーウインドーには夏が来ていた。今年はこんなワンピースが流行りかしら?

2012_0511_135032dsc_5200_2

青山通りから見える路地にも店舗の看板が。

  restaurant ランチは cafe

2012_0511_142418dsc_5206

実家近くのレストラン“ブラッスリー・ラルテミス”で。

2012_0511_143448dsc_5208_2

オードブルとチキンのポトフのランチ

2012_0511_145017dsc_5210

クラシックな時計が掛けられた店内

2012_0511_145246dsc_5212

灯りの入った時計もいい感じ。ランチも美味しく居心地のいい内装も気に行って、又来たいと思っていたら、今月14日だったかに9年続いたこの店を閉じて、他の場所への出店を検討中とのこと。現在は千駄ヶ谷にある系列店“ビストロ・ダルテミス”を紹介してくれた。

少しのんびり食事を済ませた後は、実家の用事を片付ける。

  run 神宮前散歩 run

2012_0511_171407dsc_5217

実家の近所にある懐かしい公園。神奈川の大きな公園ばかり見ている最近の目から見ると、都会の町内の公園は今見るととても小さい。それでも小さな子が遊び、大人達が休息したりする貴重なオアシス。

2012_0511_171215dsc_5213_2

通り沿いにある昔は無かった風呂敷屋さん“むす美”のウインドー。ニャンコやこけしや色々で、ペットボトルを包んだり、お弁当包み?など、風呂敷の使い方の新しい提案で、素敵に飾られていた。

2012_0511_171234dsc_5214

最近はめっきり使うことが無くなった風呂敷も、柄そのものが昔ながらでは無くなり、カラフルで使い方次第では、とても楽しいものになりそう

2012_0511_171244dsc_5216


このウインドー内の看板は風呂敷屋さんだったか・・・・?

2012_0511_171519dsc_5219

シャツ屋さんのウインドー

2012_0511_171532dsc_5220

店頭もお洒落に演出されていた。

2012_0511_171646dsc_5222_2

ワンちゃんが「いらっしゃいませ~」もしかしたらお客さんだったかな?

2012_0511_171709dsc_5224

時折車を止める駐車場近くのお茶屋さん。この辺にしてはリーズナブルなメニュー。近くに住んでいたら、行ってみたいお店が増えている。

 car 帰路に就く car

2012_0511_172424dsc_5225

キラー通りをまっすぐ、正面にはヒルズ。

2012_0511_172923dsc_5228_2


青山通りを渋谷に向かって左側。比較的最近出来た“フランフラン”家具や雑貨の店と思っていたが、 歩道に面して大きなテーブルが置かれて、女性達がその卓をかこんでいる。お茶でも飲めるのだろうか。いつも車で通り過ぎるばかりで、幼いころに住んでいたこの辺の変化した街並みをゆっくり歩いてみたいと思いながら。

2012_0511_173217dsc_5230

ショーウインドーには、憧れが詰まっていた若かった日々を思い出す。

2012_0511_173240dsc_5231

ウインドーは色分けされ、コーディネートされていた。

2012_0511_173607dsc_5235

青山から渋谷へ、Hikarie近く、首都高の下から見えるまるい物体はプラネタリウム。かってこの場所のすぐそば東急文化会館にあったプラネタリウムは建物とともに今は無く、変わってHikarieという巨大な建物が出来た。後を引き継ぐように、渋谷の文化センター“大和田”にプラネタリウムが出来ている。その“大和田”も、かっては我が母校大和田小学校跡地。今の姿と思っているものが、いつか又過去のものとなり、こうして歴史が刻まれてゆく。


 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

我が家と散歩道の初夏の花達♪

2012.5.13(日)sun何だか余り暖かくない日が続いている。このところは渋谷に出かけたり、自宅で机に向かったりの時間が増えて、少々肩は凝るしで疲れ気味。昨日今日の午後はソファに座ると眠くなり深い眠りに落ちいってしまったsleepy 

夕方目が覚めテレビのスイッチを入れたらお相撲の後半戦だった。結びの一番は横綱白鵬と豪栄道の取り組み。両力士の取り組みは14戦目、これまでは白鵬の一人勝ちだったが、今日は見事に豪栄道が横綱を破った。一人横綱で頑張ってきた白鳳も、今場所は今日で3敗目と、苦戦を強いられているようだ。

  bud 久し振りに我が家の花達 bud 

2012_0508_090349dsc_5044

紫色のベルフラワーがたわわに咲いたup

2012_0509_135837dsc_5097

地味な花だけれど、おがたまも。開花した花の側にそっと鼻を近づけてみると、何とも言えない上品な香りがする。

2012_0509_135958dsc_5101

黄色いミニ薔薇も沢山咲き、追いかけるように赤のミニ薔薇にも蕾が一杯bud 

今年の我が家の花達は、全般に生育がよく、この他の花達も次々咲いては満開状態になって楽しませてくれている。今年全く花を付けないままで終わりそうなのは木香薔薇だけsweat02

2012_0503_091747dsc_4764

今月初め、雨の日の南天。赤かった葉の色から赤みが抜け始め、

2012_0503_091701dsc_4762_2

緑色の葉が増え、更に小さな実のようなものを見つけたsign03 今年はもしかしたら大きくなって赤い実が見られるかもと楽しみheart04

2012_0503_092153dsc_4775

同じ雨の日の蕾だった頃のおがたま。

2012_0509_151656dsc_5114

9日の日、室内から見た南天の葉は新緑の葉をすくすく伸ばし始めていた。

  clover 大和市内の散歩道の花 tulip

2012_0510_121042dsc_5136_2

この紫の花は何という花だろう?大和の市民病院近くの畑に咲いていた。

2012_0510_121054dsc_5137

大好きなパープル色の花

2012_0510_121105dsc_5139

嬉しくなって、しばし和んでしまったconfident 

2012_0510_122235dsc_5143_2

ピンクのツツジも満開だった!

2012_0510_122852dsc_5146

大和市の市役所内の敷地だったと思う。新緑色が眩しい位のお天気だったのに・・・sweat01

2012_0510_123837dsc_5160_2

今年もナガミヒナゲシがあちらこちらで咲き始めた。

2012_0510_123918dsc_5161_2

畑に咲いていたエンドウ豆の花(?)が爽やかで。

2012_0510_124124dsc_5167

黄色いクローバーの花が遠慮がちに見え隠れ

2012_0510_124333dsc_5168

垣根のベニカナメモチにも白い花

2012_0510_124343dsc_5169

歩道に飛び出すように咲いているタンポポや野の花達

2012_0510_124448dsc_5170_2

タンポポの花がまあるい綿毛になって、もうじきふわふわ飛んでゆく。子供の頃、綿毛が耳に入ると耳が聞こえなくなると言われたけれど、本当だろうか?

2012_0510_123957dsc_5162_2


最後は、散歩道の窓辺で外を眺めていた可愛いニャンちゃん。野良ちゃんと違って、きれいにお手入れされていて、気品がある。猫好きとしては思わずパチリさせて頂きましたcatcamera

この日はこの後位から空の色が変わり始めて、SCで買い物を済ませて外に出ようとしたら、空は暗く、雷の音とともに土砂降りの雨。生憎屋外の駐車場に車を止めていた為、一旦店内に戻りフードコートでランチを済ませ、雨足が弱ったところで帰宅となった。今年は天候も今一つはっきりしない日が続いている。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラスの成長&夜の六本木を歩く♪

2012.5.9(水)cloud青葉の美しい季節。曇りがちな空模様の中にも、新緑や初夏を迎えて一斉に咲きだした花達の元気な姿が眩しい位。

そして、カラス達の成長ぶりも、日々楽しませてもらっている。

2012_0508_090112dsc_5039

昨日初めて、巣の中の雛たちが4羽いる事が判明scissors 左を向いて3羽、右手に1羽見えた!カアサンカラスの餌を待って催促中。

2012_0508_113012dsc_5084

カアサンとトウサンが代わる代わる餌を運ぶ。主にはカアサンが雛たちにこうして口移しでえさを与えて、雛たち日増しに大きくなって、巣の中で羽ばたいたり、どこかの犬が連続して吠えると、雛たちが反応。みんなでそちらを向いて、嘴を大きく開けて整列。見ているだけで微笑ましい。

2012_0508_113016dsc_5085

ママ達のいい付けを守っているのか、雛が勝手に巣を出ることは無いが、巣立ちの日を迎えるのもそう遠くは無さそうな・・・。今年の巣の場所は、巣立ちまで観察が続けられるかもしれないベストポジションhappy01

  art新美術館からのparkingまでの帰り道 

2012_0504_192427dsc_4872

普段夜の街に出る事がめっきり少なくなった昨今。久し振りにそぞろ歩く六本木の景色が新鮮で、歩きながらパチリパチリcamera

2012_0504_192436dsc_4873


普段ならお腹のすく時間だが、美術館での昼食が遅かったので、帰宅を急ぐことに。

2012_0504_192518dsc_4875


真っ赤なドレスがウインドーを飾る

2012_0504_192530dsc_4876

夜の闇を照らす街灯もおしゃれshine

2012_0504_192549dsc_4877

通り沿いには美味しそうなお店が

2012_0504_192559dsc_4878

和食のお店では無く、焼き肉のお店、

2012_0504_192607dsc_4879

お腹がすいていたら思わず入りたくなる雰囲気scissors

2012_0504_192649dsc_4880

少し先の交差点の角にも、何のお店か判らなかったが、素敵な色合いが見えて思わずパチリ!

2012_0504_192809dsc_4881

何だか楽しい夜の街歩き。モーモがこんなところで働いていたtaurus

2012_0504_192840dsc_4882

parking が近い

2012_0504_192932dsc_4883_2


駐車場の前の歩道を歩くご婦人。きれいに髪を結い素敵な杖を持って、六本木の夜を歩く女性は年齢にかかわらずお洒落でしたnote

2012_0504_193612dsc_4889

ここからは車内から、ゴージャスな建物は、桂由美さんのブライダル・サロンのようでした

2012_0504_193727dsc_4890_2

こんな街灯がある通りも通過

2012_0504_193823dsc_4893

夜は昼とは違う一面が垣間見えて、それも楽しい都会のドライブcar 

2012_0504_195351dsc_4897_2

池尻辺りだったろうか。神社に赤赤とした提灯が。お祭りだったのだろうか。その昔、三軒茶屋に住んでいた夫が小学校高学年になった頃、父親から「祭りに行こう」と言われて、長男だった夫だけを連れて歩いてこの神社まできたとのこと。父と二人の夜の外出。その時は、一人大人扱いされたような気がしたと夫が言った。

2012_0504_201504dsc_4905

帰りは246をひたすら我が家を目指して走るcar

2012_0504_202933dsc_4907_2

この夜は、昼間の悪天候とは打って変わった美しい月夜。車窓から空を見あげれば、雲間から出たり入ったり、美しい姿を眺めながら帰路を急いだ。

2012_0504_215021dsc_4915

月が雲間で濃く薄く二つに見える写真が数枚あったfullmoonfullmoon 不思議sign02 自宅近くのファミレスのparkingからパチリcamera 

夜の街歩き、久しぶりの夜のドライブも、昼間の美術展の名残を味わいながら、楽しい連休の一日となった。 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

連休最後の日と、新美術館続き♪

2012.5.7(月)cloud後半は荒れ模様だったGWが終わった。連休最終日の昨日夕方も突然辺りが暗くなり、突風と雨の荒れ狂ったような天候異変。幸いにも短時間で強風と雨もやみ、穏やかな天気に変わりほっとしたけれど、茨城の方では大きな被害も出た。TVのニュース番組に流れる竜巻の被害の余りの大きさに驚かされる。母方の実家のある身近な茨城だけにショックも大きい。

 被災された皆さまには心からお見舞い申し上げます。

あれ以来(震災後)、気象状況による災害がとても多いような気がする。いつ何時も気を引き締めて行動しなければと思うけれど、時速100キロともいわれる突然の竜巻では、そんなゆとりすら生まれないかもしれない。

   car 旅行帰りの息子達 bicycle

昨日は連休中を関西方面に出かけていた息子達がお土産を届けに立ち寄ってくれた。お付き合いを続けているフィアンセのご実家にも寄せて頂いた上、2泊も宿泊させて頂き、ご家族と琵琶湖にサイクリングに出かけたり、温かいおもてなしを受けたとのこと。楽しい連休を過ごせたようで、その彼女とともに、元気な顔を見せてくれた。

  present 二人からのおみやげは present

2012_0507_120759dsc_5030

濃厚でありながら、案外さっぱりしたお味のチーズケーキ。楽しかった旅のみやげ話を聞きながら、おもたせのケーキを4人でペロリと頂いたdelicious

2012_0507_114248dsc_5019

そして、お抹茶味とほうじ茶のラスク。それぞれのお茶とチョコレートをブレンドした濃厚なソースで包まれたラスクとのコラボが思わず美味しい。創業萬延元年 京都宇治の老舗「辻利」さんの“京茶ラスク”こちらも濃厚でくせになりそうなお味delicious 

 event 国立新美術館での後半は art

2012_0504_181057dsc_4843


美術館外観を眺め

2012_0504_181105dsc_4844

楽しみ

2012_0504_180933dsc_4838

建物前のお庭には

2012_0504_181129dsc_4847

季節のツツジが満開で、彩り豊かに咲いていたが、アプローチ近くの白い花が特に清楚で美しかった。

2012_0504_181115dsc_4846

カメラを向ける方達の姿も多い。国展以外にもセザンヌ展とエルミタージュ美術館展の二つの展覧会が開催されている。

2012_0504_181225dsc_4851

夫の希望通り、迷わず「セザンヌ展」を

2012_0504_181230dsc_4852

夕方6時を過ぎて、長蛇の列だったチケット売り場も空き、並ぶことなくチケットを買うことが出来た。「国展を観て来たのですが、割引はありますか」と念のため窓口で聞いてみたら半券提示で、100円割引となりますとのことで、一名1500円が1400円になったscissors 

2012_0504_180155dsc_4826

「国展」は写真と絵画以外は観る時間がなかったけれど、代わりに「セザンヌ展」をじっくり鑑賞。

2012_0507_180705dsc_5034

りんごが腐るまで丹念に構図を決め描いたと言われるセザンヌだけれど、静物画や、何枚も描かれたサント・ヴィクトワール山や水浴の絵も素晴らしいが、今回はセザンヌの人物の素晴らしさを改めて認識した。特に農夫や画商、そしてセザンヌ夫人の肖像など、どれも素晴らしかったが、晩年に描かれたこの庭師の絵が素晴らしく、クロッキーがそのまま彩色されたような軽妙なタッチのこの絵が一番気に入ってしまい、大判の用紙に印刷されたものを一枚購入。そのうち額装して壁に掛けるのが楽しみ。

2012_0504_191524dsc_4854_3

セザンヌを鑑賞した後は、陽の落ちた後の館内を見学

2012_0504_191545dsc_4856

何だかわくわくする素敵な内部

2012_0504_191834dsc_4861

モダンで

2012_0504_191600dsc_4857

歩きまわるのが楽しい場所

2012_0504_191941dsc_4862

暗くなったガラスに映る灯り

2012_0504_191953dsc_4863

モダンでありながら荘厳で

2012_0504_192055dsc_4865_2

外から眺める出入り口付近、館内にはまだ人の姿があるが、そろそろお別れの時

2012_0504_192103dsc_4866_2

とっぷりと日の暮れた庭園

2012_0504_192159dsc_4868

東京タワーに灯りが入って、

2012_0504_192227dsc_4870

展覧会を鑑賞した感激、そして印象深い美術館の建物を後にした。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休の一日は芸術に親しむ♪

2012.5.5(土)sun悪天候にたたられた今年のG.W。余すところ明日まで。今日は久し振りに気持ちのいい五月晴れに恵まれた子供の日。

今日は鯉のぼりもひと際高く空に泳いだことだろう。子供の日は必ず柏餅を食べたものだったが、さすがにもう何年も柏餅を食べる事が無くなってしまった。そういえば味噌餡のお柏が懐かしい。

  art 新美術館へ camera

2012_0504_140401dsc_4786

昨日午後、都心に向かう東名高速に乗った途端に大粒の雨。視界も悪くなり、余りひどければ予定を変更して帰ろうかと思いながらも、東京に着くころには雨足も衰え、予定通り六本木まで。

2012_0504_150202dsc_4793

お洒落な街灯にいつもと違う場所に居るという期待が膨らんだ

2012_0504_181244dsc_4853

開館して5年も経つという国立新美術館へ。おりしも開催中のセザンヌ展とエルミタージュ美術館展のチケット売り場の前には長~い行列が。

2012_0504_181200dsc_4849

今回の目的は

2012_0504_181207dsc_4850_2

国展がメインだったので、

2012_0504_171859dsc_4800_2

まずは国展写真の部から入場。

2012_0504_171106p1120666_2

会場内で写したスナップから会場内の様子を切りとりました。いずれ劣らぬ素晴らしい作品の数々に、広い会場内を行きつ戻りつしながら鑑賞しました。作品という高みに昇華された、素人が写すスナップとはひと味もふた味も違う一枚一枚が、作者の意図する主張となって、観る者の心を刺激する。それは紛れもない芸術だった。

写真展から次は絵画の会場へ。こちらも大作ばかりが並び、印象に残る作品も多い。若い作家たちの力強い作風に圧倒された。広い会場内すべての作品を観終える事が出きないまま、一旦廊下に出て休憩。版画・彫刻・工芸までは、とても観て回る気力が無くなり断念。昨日はPM8:00まで鑑賞する事が出来たのだが、夫はセザンヌ展も観たいようなので、そちらに時間を残さなければならず、広い館内の会場を歩くだけでも、結構疲れてしまうので余力を残す。

2012_0504_160813dsc_4799_4

幸い、到着後すぐに遅めの昼食を地下のカフェテリアで、お薦めのメニューなどでお腹を満たしておいたので、スタミナだけはきれなかったけれど。カフェテリアも中々席が取れない程の混みようだった。

2012_0504_171922dsc_4801

外の雨が上がり、ガラス越しに目に入る新緑の色

2012_0504_171929dsc_4802

窓から見下ろしたウッドデッキには雨の名残が

2012_0504_172035dsc_4807

階下に見えるカフェテラス

2012_0504_172128dsc_4809

お天気が良ければ、外のテラス席で、お茶を飲めるのかしらcafe 

2012_0504_175223dsc_4811

2階の廊下窓から見える彫刻

2012_0504_175257dsc_4813

作品名が書かれているように思える小さなプレートが傍に置かれている

2012_0504_175311dsc_4814

これらの彫刻は、国展の彫刻部門の作品かもしれないけれど、残念ながら確認しにゆくことが出来なかった。

2012_0504_175323dsc_4815

柔らかな夕陽が照らし出した作品を観に来る人々の影が、長く伸びる。

2012_0504_175837dsc_4823

傘をさす人は日傘の代わりかしら?

2012_0504_175956dsc_4824_2

雨上がりの柔らかな日射しが

2012_0504_180029dsc_4825_2

屋内を優しく照らす

2012_0504_175810dsc_4820

建物の出入り口を観ているうちに、外に出てみたくなった

2012_0504_180913dsc_4837

雲より高い東京タワーが見える六本木の空は晴れ、まだ明るい。その上空には早くも月が出ていた。333mの東京タワー、スカイツリーなら634mあるので、もしその高さなら月との距離はもっと近づいていたのではないかとちょっぴり残念だったが、東京タワーを観るのも随分久し振りのこと。そのタワーにだって一度しか昇った事が無いのだからcoldsweats01 

モダンで美しい建物が広い敷地内に建ち、緑の多い庭園も素晴らしく、次回にもう少し続けたいと思っています。  



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カラスの赤ちゃん&麻溝公園に咲く初夏の花達♪


2012.5.2(水
)cloudrain 朝からすっきりしないお天気が続く連休の谷間。昨日も午後は雨模様だったが、外での大事な用事を片づけたり、買い物をしたりと夜まで外で過ごしたので、今日は丁度いい休養日となり、昔の映画を観たりジャズを聴いたりののんびりデイtvnotes

  chick カラスの雛の成長 chick

2012_0429_133241dsc_4680

ご近所カラスの赤ちゃんが先月29日に、我が家から初めてはっきり見えたeye 2羽は確実、もしかしたら3羽かも。やっぱり赤ちゃんは可愛らしいheart04

2012_0429_133247dsc_4682

手持ちの望遠レンズでは小さくしか映らないので上の2枚は拡大camera

2012_0429_133421dsc_4688_2

暖かくお天気のいい日のママは近くの枝で、こうして気を配りながらも骨休め。トウサンカラスからの合図を待って出かけてみたり、ほんの少し子育ても楽になってきたような。けれど今日のような雨降りの日は、しっかり巣の上で雛を抱いている。健気です~~up

  
 clover 麻溝の石楠花の花達など clover

2012_0428_172717dsc_4628

こんな高木に育った石楠花が見事に花をつけたところを観るのは初めてeye 散った花がきれいな絨毯になって地面を彩っていた。

2012_0428_171912dsc_4611

深紅の石楠花が青空と若葉に映え、

2012_0428_171845dsc_4610_2

根元を見れば散り落ちた花の間から純白の花ニラが咲く

2012_0428_172024dsc_4614

見上げる程の高さの花達

2012_0428_172131dsc_4617

淡い色の花もあり

2012_0428_172320dsc_4622

花達の隙間から夕方の太陽の光が覗いたsun 

2012_0428_172934dsc_4629

石楠花の花もそろそろお別れか、こんなに沢山の花を散らして、その艶やかさを人の記憶にとどめるかのごとく。

2012_0428_172246dsc_4620

ここはクレマチスの種類がとても多く、長い間楽しませてくれる花達

2012_0428_172415dsc_4623

クレマチスが咲き乱れる公園の向こう側は女子美の建物

2012_0428_172533dsc_4625

まん丸お目目の花達も可愛らしい

2012_0428_173030dsc_4630

西日を浴びたシャガの花達

2012_0428_173151dsc_4632

山吹は、黄色い山吹色だけと思いこんでいたけれど、白い花も山吹だそうで、知りませんでした~sign01 

2012_0428_171448dsc_4601

パンジーと真っ赤なチュウリップが夕陽を浴びてコラボレーション

2012_0428_173300dsc_4636

つい先ほどまで賑わっていた森のカフェの閉店は早い。いつの間にかお客さんの姿もなく整然と片付いていた。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »