« 今日は春の嵐。カラスの無事や谷戸山の春を思う | トップページ | 昨日は渋谷で知人と待ち合わせ♪ »

町田市立国際版画美術館にて その2♪

2012.4.5(木)sunうらうらとした春の日射し。けれど今日も風が吹いている。外からは風にあおられた何かがぶつかる音が聞こえてくるけれど、音の正体がわからないsign02

     art  芸術との触れ合い art

2012_0330_155008dsc_3394

エントランスから見える正面壁面

2012_0404_104345dsc_3600_2

友人からの便りで知った浮世展、最終日近い3月の末に行ってみた。

2012_0404_104404dsc_3601

偶然出会えた写真展を鑑賞したあと、

2012_0330_155051dsc_3395

本来の目的である、浮世絵の展示室へ。会場は2階。

幕末から明治にかけての人気絵師、歌川国芳から芳年へと続く浮世絵120点の展示は見応えのあるもので、いずれ劣らぬ素晴らしさ。とりわけ晩年に近い芳年の『月百姿』月にちなむ説話や故事を描いた芳年最後の大作と言われる作品群に惹かれた。

2012_0330_164531dsc_3402

更に常設展示の“田中陽子展 木版画=人とかたち“も鑑賞。

2012_0330_164820dsc_3409

こちらも中々見応えのあるダイナミックな作品の数々との出会いが素敵なひと時となった。

2012_0330_164631dsc_3405

常設展示場前に展示されている“駒井哲郎が愛用した銅版画用プレス機”

2012_0330_164917dsc_3410

2階廊下から見える1階売店の様子。画集やカード、小物などが売られている。帰りに小ものをお買いもの。

2012_0330_165404dsc_3420

一階ロビーに展示されていた裸婦の彫刻 

写真、浮世絵、木版画と3か所の展示を鑑賞。久しぶりの芸術との触れ合いに、心が躍り、芸術と言うものが持つ不思議な力から、いい意味での刺激を受ける事が出来た一日となった。

  clover 芹が谷公園 clover

2012_0330_165806dsc_3421

美術館を一歩出れば芹が谷公園の景色が目に飛び込む。暖かくなり始めた公園の水辺では子供達が並んで遊び、

2012_0330_165851dsc_3424

少年達が遊ぶ向こうには、野外彫刻や見頃の梅が咲いていた。その先の広場を囲む桜はそろそろ開花し、見頃を迎えているかもしれないcherryblossom

2012_0330_170115dsc_3431

この日は美術館前の寄せ植えの花々を眺めながら


2012_0330_170013dsc_3427_2

チェリーセージの花

2012_0330_170143dsc_3432

水仙も愛くるしい姿で

2012_0330_170210dsc_3433_2

帰りもパチリ!パープルの花

2012_0330_170445dsc_3441

そして、駐車場に戻り崖際の桜を見上げれば、わずかだけれど開花した桜(山桜?)を見る事が出来たcherryblossom 

芸術も自然が織りなす情景も何て美しく素晴らしいのでしょうheart01

2012_0330_172650dsc_3457

車での帰り道に見つけた花は桜のように見えたけれど?cherryblossom
  

 chickカラスの抱卵開始から大分経ったが、まだその日々は続いている。

2012_0329_091149dsc_3335

                         3月29日撮影

一昨日の強風にも負けず、卵を温め続けるカラスカップルの絆は更に強まっているように見える。オスのカラスが餌を見つけ咥えて巣にもどり卵を温めるメスに与える。その行為と見つめ合う雄と雌の間に流れる空気は強い信頼で結ばれているとしか思えない様子がうかがえる。雄はあくまでも雄々しくメスを見まもり、雌は甘えたように雄を見あげる。時折数羽のカラスが飛んでくることがあるけれど、それはかって産んだ子供達が「お母さん頑張れ」と応援にきているようにも思えるし。時間を合わせてカップルで巣を出て飛んでゆくこともある。生き物が子孫を残すという営みが、人間と何ら変わることは無いのだとの思いが、今年間近で見られる営巣から伺える貴重な自然観察eye 

|

« 今日は春の嵐。カラスの無事や谷戸山の春を思う | トップページ | 昨日は渋谷で知人と待ち合わせ♪ »

カラス」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸術 展覧会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

私も浮世絵を鑑賞するのが大好きです。
そんなに詳しくはないのですが、惹かれますねeye
今日は私も久しぶりに名古屋のボストン美術館に行きました。
「時代を彩るファッション」と題してシャネルやディオールのオートクチュールドレスを見てきましたshine
ダイアナ妃が来日時に晩餐会で着たブルーのドレスや、アカデミー賞のレッドカーペットの上を着て歩いたスター達のドレスが間近に見られて、ため息が出ましたlovely
コレクションのドレスのスケッチも沢山あって(chisa-pieさまもこういうスケッチをされたのかなぁ~pencil
って思って見てました。
シャネルの白と黒は、エレガンスの極みですねlovely

投稿: kazu | 2012年4月 5日 (木) 20時02分

こんばんは。 
今日は風は強いけれど春爛漫の1日でした。sun

chisa-pie様のお家の近くは自然も多いけれど、芸術の催しもたくさん行われていいですね。happy01
こう云うものもアンテナを張り巡らしていないと見落としがちですが、さすがお好きな物への嗅覚は鋭いですね。(笑)lovely

スチールハンガーと木の枝の巣で雨にも負けず、風にも負けずに卵を守るカラスの夫婦に<ガンバレsign03>とエールを送りたくなりますね。upup

投稿: mayuza | 2012年4月 5日 (木) 21時21分

kazuさん
おはようございます!
時には、時代を超えた芸術に触れてみる!
そんなひと時が、ゆとりある心持に繋がりそうですheart
「時代を彩るファッション」展、
興味深いですねshine昔はファッションショーも
よく行きました。
ファッションも、“セツ”で学んだ「スタイル画」も(当時はそう言っていたのです)今ならファッションイラストかしら?
時代の先端を行くような、そんな未来を夢見たときも
ありましたっけ。
更に水彩も油絵も才能が無かったような私ですsweat02
名古屋にはボストン美術館もあるのですね。
文化的event
地域の中には、探してみると色々ありそうですね。

投稿: chisa_pie | 2012年4月 6日 (金) 10時12分

mayuzaさま
おはようございます!

春ですね~cherryblossom
mayuzaさまは、もう桜見物をされて、
春真っただ中ですねheart04
町田市は、はるか昔は神奈川だったということで、
我が家からはお隣のような、一番近い東京です。
立派な「国際版画美術館」が整備されているのが
嬉しいですね。
この辺以上に自然豊かな場所もあり、
お出かけには楽しい町です。

カラス、今朝も卵を温めています。
雌雄の役割を守り合う見事な連係プレー
を日々見せてくれて、ホント!
ちょっと気味悪いカラスが可愛らしく
見えてきて、エールを送りたくなりますnote

投稿: chisa_pie | 2012年4月 6日 (金) 10時29分

I really enjoy the blog post.

投稿: slim fast diet | 2013年1月19日 (土) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/54395239

この記事へのトラックバック一覧です: 町田市立国際版画美術館にて その2♪:

« 今日は春の嵐。カラスの無事や谷戸山の春を思う | トップページ | 昨日は渋谷で知人と待ち合わせ♪ »