« 冬の薬師池公園でのひと時 | トップページ | 母との最期のお別れ »

薬師池公園での思い出

2012.01.14(土)sun 今日も寒い。乾燥した空気に加湿器が欠かせない。明日を控えて今日はその準備位で、少しゆっくり過ごしたい。

  cd ギターの音色の中で note

2012_0114_110755dsc_1709

いつも通りの朝食。暮に注文しておいたCD4枚のうち、1枚が入荷遅れのまま、やっと一昨日届いた内の1枚。ギターの名手二人がつむぎだす音が食卓を包み込む。ジム・ホール&パット・メセニー、どちらも大好きなギタリスト。大人のジャズを二人で楽しみ遊んでいるかのように奏で、聴かせてくれる。朝の贅沢時間note

  clover 薬師池の水の色 clover

2012_0111_162925dsc_1696_2

池の水は、青く冷たく、研ぎ澄まされた氷のような冬色に輝く

2012_0111_162938dsc_1697

大銀杏の葉、藤棚の葉もみんな落ちた冬枯れの季節。薬師の四季は千変万化。

2011_0225_163130dsc_0638

池の畔にはやがてこんな紅梅も咲く(昨年の薬師池の梅)

2012_0111_163223dsc_1700

園内の椿園にはこの季節の花が、

2012_0111_163337dsc_1703

開花を待つ蝋梅が風情を添える

2012_0111_163237dsc_1701

地面まで椿の花色に染めた椿園にお別れ

2012_0111_163437dsc_1704

蓮田も今は冬

2012_0111_163654dsc_1706

田の側溝の水面が不思議な色で覆われて

2012_0111_163659dsc_1707

枯れ葉が踊る水面が、やっぱり冬の水路らしく

訪れる度に違った表情を見せてくれるここは、何度通っても飽きる事が無い。今頃は何が咲いているだろうかと、来るたびに期待を裏切られることなくその季節ならではの花が咲いている。神奈川のすぐお隣の町田市にある「薬師池公園」

先日逝った母を連れて来たおととしの秋の薬師池も忘れる事が出来ない。私達夫婦と息子と3人がかりで車イスの母を連れて来たあの日はまだ元気な頃で、到着して車から降りた途端笑顔に変わり、池の畔を車イスで一周する間から広場でおやつを食べる時も笑顔が途切れることが無かった。花壇の側で花に囲まれた時のこぼれる様な笑顔を息子が一眼カメラでとらえていた。その写真を明日の葬儀の遺影に選んでお願いをした。大好きな帽子をかぶりいつものままで。髪型も服装も和服に代えたりすることが出来ると説明されたが、元気だった頃の自然な母の姿のまま祭壇で笑っていてほしくて。



|

« 冬の薬師池公園でのひと時 | トップページ | 母との最期のお別れ »

介護」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chisa_pieさん

お母様、お幸せだったと思います。
chisa_pieさんのような思いやりにあふれた娘さんに
最期まで見守ってもらえた人生で。
明日がご葬儀なのですね。
お母様のご冥福をお祈り申しあげます。


投稿: 雲母舟 | 2012年1月14日 (土) 20時34分

雲母舟さん
こんばんは!

有難うございます。
母は、充分に天寿を全うしたと思います。
気丈で「男前」な母でした。
その母が、最期に流した二筋の涙は
家族に見守られた最期の、
幸せの涙だった。そんな気がしています。

明日の支度を始めた夫が
古びた真珠のタイピンを持ちだして
「ママ(母)から貰ったタイピンだよ」と。
私達の結婚式の前に、3人で買い物に行き、
夫にプレゼントしてくれたものでした。
明日はそのタイピンをしてゆくそうです。
家族みんなで、和やかに送るつもりでいます。


投稿: chisa_pie | 2012年1月14日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/53732888

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師池公園での思い出:

« 冬の薬師池公園でのひと時 | トップページ | 母との最期のお別れ »