« 2012年の初日は我が家から見た日の出で始まった! | トップページ | 少し慌ただしい日が続いて・・・・・ »

母の幸せな最期を見届けた

2012.01.08(日)sun早くも七草が過ぎ、お正月気分も抜けてくる頃。

松の内の最後の昨日夕方5時20分、母が静かに眠るようにこの世から旅立っていった。そのほんの数分前、病院の窓から大山方面に沈んで行ったこの日の太陽の残照。山々の手前の灯りが上りかけた母の魂のように輝いた。

2012_0107_171121dsc_1605

母の血圧が下がり始め、呼吸も更に荒くなり始めた頃、、4人部屋からナースステーション隣の個室に移された。この頃には、私達夫婦、アメリカの姪夫婦以外の弟家族全員と娘が母の周りに集まっていた。

新年を迎え、日増しに体力が衰えはじめた母。娘達、息子達、私達夫婦が毎日のように見舞いに出かけた。娘が行った時が一番よくしゃべっているようで、話がかみ合ったなどと報告が来る。

昨年暮れ12月6日に入院してから一月が経った。「長くて一月、早ければ年内の可能性も」とドクターに告げられたのが20日、更に24日には膵臓に癌が見つかり、重症である旨も告げられた。イブの日に弟達に連絡を取り、イブからクリスマスにかけて、母の見舞いが相次いだ。暮から年が明け、自分の家族が主に交代で母を見舞う中、新年の3日には弟が来て、その頃から母の意識は薄れがちとなった。毎晩、携帯の電源も落とさずに枕もとに置き眠った。いつ病院から連絡があってもいいように態勢を整え始めた。

母が神奈川に来てから撮りためた写真を選び出し300枚近くネットでオーダーし、更に小ぶりのアルバムを用意し、みんなに見せる分、一緒に写した家族達それぞれに渡せるようにと合わせて10冊程のアルバムを作り上げた。葬儀の日に母の思い出を一緒に持ち帰ってもらうために。そんなさなかの昨日だった。朝一番に見舞った娘からの連絡は、「おばあちゃん、今日は酸素マスクをして、血圧も低い」、すぐに夫と二人で病院へ。

酸素マスクをした母は、その前日もそうだったように、目をあけることも笑うこともなく、荒い息をしたまま横たわっていた。昼食もまだの娘と夫が、昼食を兼ねて、又今後への必要な買い物に出かけた。4・5時間の間一人で母の側で、小さな声でそっと語りかけた。「お母さん、ありがとう。みんな幸せに暮らしているよ。みんなお母さんのお陰。もうじきみんながお母さんに会いにくるよ」と。尽きない感謝の念は母に伝わっただろうか。

人が好きで、小さな子供が大好きだった母の最期は、二人の可愛いひ孫も含めた母の子供達家族に見守られる中、閉じた両の目から一筋ずつの涙を流して逝った。松の明ける日の土曜日を母が選んだのか、そしてみんなの時間の付きやすい、夕方に旅立ったのだった。あっぱれとしか言いようの無い母の旅立ちに、何故かおお泣きすることもなく、そのさりげなさに全員が悲しむというより、母の、後に憂いを残さないその旅立ちに不思議な明るさが残ったのだった。

何よりも、末期に近い癌が見つかったのに、痛みを訴えることもなく、大きく苦しむ事もなかった。唯唯最後に意識が遠のき荒い呼吸をしている母が少しでも早く安らかに眠れればとみんなが思い出した頃に、すっと逝った母の潔さは、家族全員の心にほっとするような安堵感を残してくれた。病院地下の霊安室に安置された遺体となった母は、病院の方できれいに清めてくださり、新しい浴衣を身にまとい、お化粧のほどこされた顔が生きて眠っている時と同じような表情で安らかだった。母の介護を始めて、何度も言ってくれた言葉「あたしは幸せよ」施設に入ってからもすぐに馴染み、終の棲家としての日々を「あたしは幸せよ」と何度となく言ってくれた母。家族との最後の別れの時もきっと幸せな気持ちで旅立っていったと思いたい。

数え88年の人生のうち70年以上商売をしながら働き続けた気丈な母は、一度として娘に愚痴を言うこともなく、子供達を男親のような大きな愛情で包み、育てた。

一夜明けた今日は、午前中から自宅で葬儀社との打ち合わせ。斎場の都合と家族全員の希望で、15日日曜日の一日葬とし、喪主は長男である弟が、そして母が最後に幸せな日々を過ごせた神奈川の地で、家族だけで母を見送ることに決まった。弟が高齢になったその他の親戚達に伝えた連絡からこちらにも連絡が入ったり、葬儀社との更なる打ち合わせ、連休が明ければ病院への支払いや、お世話になった施設の事務手続きなど、この後も片付けなくてはならない用事も多い。、しばらくばたばたとしそうな日々。

今日は母が最後を過ごした病院近くに買いものに行き、病院の周りを歩いた。駐車場側からの入り口から院内に入りエレベーターに乗る。4階のあの部屋に行けば母が寝ているような、先に書いた事実など何も無かったように眠っているのではないかと、夢のような気持ちに襲われる。又、我が家の裏手の歩いて5分程の施設のあの部屋には、母がニコニコしながら車イスに座っているのではないかと、遊びに行ってしまいそうな、そんな気持ちのままの自分がいる。

|

« 2012年の初日は我が家から見た日の出で始まった! | トップページ | 少し慌ただしい日が続いて・・・・・ »

介護」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: kazu | 2012年1月 9日 (月) 09時02分

ご母堂の介護、おつかれさまでした。
心のこもった介護を受けて、お母様も穏やかに旅立たれていかれたのではありませんか。
これからは、ご自身の健康に留意なさってください。

こちらは、母親がいよいよ末期症状。それなのに、施設から転出を言い渡され、新たな預け先を探してあたふたしています。

投稿: HAMANO | 2012年1月 9日 (月) 09時43分

kazuさん

有難うございます。

お陰さまで、家族が見守る中、
静かに穏やかに旅立って行きました。

今は唯、母の冥福を祈るのみです。

投稿: chisa_pie | 2012年1月 9日 (月) 10時51分

HAMANOさま

有難うございます。

お母さま、お具合がお悪いのに、
転出とは、何だか淋しいことですね。
一日も早くいい転出先が見つかりますように
お祈りしています。

こちらは苦しまずに逝った母が何よりの救いでした。
晩年は近くに居て、穏やかな日々を過ごして
くれていたのも有難いことでした。
これからは、母を見習い、少しでも
長生きできるように頑張ろうと思っています。

HAMANOさんもお身体を
ご無理なさいませんように、お過ごしくださいね。

投稿: chisa_pie | 2012年1月 9日 (月) 11時01分

お母様のご冥福を心からお祈り致します。

chisa-pie様始め心優しいご家族の皆様に見守られ、静かに旅立たれたお母様はきっと『私はしあわせよ』とおっしゃっていた事でしょう。

長患いをなさらなかったお顔は生前そのままに美しく穏やかでいらっしゃったでしょうね。

この後、色々な手続きや後始末にお忙しい日々が続くと思いますが、どうぞお疲れの出ません様に。

投稿: mayuza | 2012年1月 9日 (月) 15時09分

お疲れ様でした。
大切なおばあちゃんの事ですから寂しくなりますね。

私もおばあちゃんとの会話の中で、孫たちの近況やひ孫の数を伝え、みんなが幸せでいること、おばあちゃんがそのみんなに命をくれた事を感謝しました。

おばあちゃんは、時々孫の年に驚いては、まぁ、と目をまあるくしながら、幸せなのが一番よ、などと言ってくれました。
私にとっては最後までずっと頼もしいおばあちゃんでした。

私も大好きだったので、すごく寂しいです。

ふと昔の事を思い出したりしています。

だけど悲しくても、おばあちゃんやお父さん、お母さんがくれた命なので、大切に・なるべく幸せに生きたいと思っています。

お母さんも病み上がりなので、体には十分気をつけくださいね。

娘より

投稿: 娘から | 2012年1月 9日 (月) 22時27分

mayuzaさま
有難うございます。
お陰さまで、母は家族の見守る中
幸せな死を迎えられたと思います。

日が経つうちに、少しずつ思い出が蘇り
淋しい気持ちもありますが、苦しまない今で
よかったとも思います。
今は葬儀に向けて、バタバタしておりまして
お返事がおくれましたこと
お許しください。

投稿: chisa_pie | 2012年1月11日 (水) 10時36分

娘へ

毎日のように、おばあちゃんのお見舞いを
有難う。疲れたでしょう。
年内もあぶないと言われていたのに、
年を越える事が出来たのも、側で話してくれたりして
励まされ、元気が出ていたかも。
又、当日朝の見舞いで、
病院から適切な連絡を入れてくれて、
みんなが最期のおばちゃんに会うことが出来て
本当に良かったと感謝してます。

15日、家族みんなで
おばあちゃんを送ってあげましょう。

投稿: chisa_pie | 2012年1月11日 (水) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/53690846

この記事へのトラックバック一覧です: 母の幸せな最期を見届けた:

« 2012年の初日は我が家から見た日の出で始まった! | トップページ | 少し慌ただしい日が続いて・・・・・ »