« 急病で入院、そして無事に退院できました! | トップページ | 初冬の“ふれあいの森”は赤く燃えて♪ »

大和“ふれあいの森”の初冬

2011.12.20(火)sun燦さんとした太陽の輝き、澄んだ空に小鳥が飛び交う。冬の薔薇、ヘリオトロープ、黄色い金魚草、初恋草にガザニア、なでしこなど、狭いテラスの花達もお日様浴びてキラキラbudshine

telephone朝一番の電話は、母の病院の主治医からだった。肺炎は大分よくなったが、肝臓に何かあるようで、検査をするので、その承諾の確認だった。今日は夕方主治医の説明を聞きに行くことになっている。

自身の体調は、昨日から軽い掃除や片付けなどが出来るようになって、平常に戻りつつある。けれどこの年末は母の容体の心配が残り、何かと気忙しい日が続く。

  maple ふれあいの森の初冬 maple

2011_1217_125010dsc_1247

秋の名残の紅葉が残る薔薇園に登る段々。青空に真っ赤に染まった木々の葉。幸せへの階段を上るように、ゆっくりゆっくり足を踏みしめ上った。薔薇の花はほとんど見られなかったが。この赤さえあれば何も要らないmaplemaplemaple

2011_1217_125052dsc_1249

見上げれば、木の枝には鳩。平和な青空。深呼吸しながら澄んだ空気を胸一杯吸い込んだ。

2011_1217_125224dsc_1255

太陽は地上の木々に、地表を、あまねく照らし出す。

2011_1217_125436dsc_1261

上から見下ろす花壇にはパンジーが規則的に植えられ、回りはまだ赤い木々の額縁が囲む。

2011_1217_125403dsc_1259

この季節の赤を写したい人は私だけでは無かったcamera

2011_1217_125329dsc_1257

赤い木々に向かって、幸福な出会いに感謝をこめて歩く

2011_1217_124930dsc_1244

落ち葉さえも輝かせる太陽の光sun

2011_1217_124941dsc_1245

赤い木にレンズが向けられていたcamera

2011_1217_124712dsc_1239

芙蓉の花の後か、真っ赤な葉の前で揺れていた。

2011_1217_124609dsc_1237

何の花のあとだろう?

2011_1217_125542dsc_1263

もう一度朱赤に輝く木に別れを告げ、通路に出た。

2011_1217_125650dsc_1264

反対側のコスモス畑はきれいに刈り取られさっぱり。

2011_1217_124355dsc_1236

病院の白い壁ばかり見ていた目には、全ての木々の色が目に鮮やかで、温もりに満ちていた。12日間の入院で萎えた足は、まだ少し浮いた様な感じで地面を踏みしめていたけれど、もう少し欲張ってトンネルをくぐって、滝の流れる方にも行ってみることに。

|

« 急病で入院、そして無事に退院できました! | トップページ | 初冬の“ふれあいの森”は赤く燃えて♪ »

介護」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/53526343

この記事へのトラックバック一覧です: 大和“ふれあいの森”の初冬:

« 急病で入院、そして無事に退院できました! | トップページ | 初冬の“ふれあいの森”は赤く燃えて♪ »