« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

泉の森散歩その2♪

2011.11.29(火)cloud 外の曇り空は寒そうに見えるけれど、今日は室内の方が気温が低く、何だか寒い。厚着の上にモコモコフリースチョッキの暖かさが思わず嬉しいnote

tv 昨夜の男子バレー対中国戦は、期待通りの試合となり3-0のストレート勝ちを決めたscissors稀にサーブミスも見られたが、その数は少なくなり、全員の力が結集、その上でエース清水選手の活躍も大きく貢献25-23 25-20 26-24 と好結果で終了。中国にはサーブミスなどが目立ち、日本にとっては有利となった。ミスが少なくなるだけでも得点につながってゆく安定した試合運びとなる点を更に生かして、今夜のアメリカ戦にも好結果を期待したい。

  run近所の散歩道で

2011_1128_155522dsc_1017

遊水地のフェンス越しに見えた秋maple春に見事な花を咲かせる桜の木の葉も秋色に染まったmaple

  run 水辺の散歩 maple

2011_1123_161014dsc_0930

秋の水辺はちょっぴり淋しいけれど、赤く染まった葉がわずかに温もりの色を添える。

2011_1123_160521dsc_0921

泉の水辺には

2011_1123_160546dsc_0922

ススキが生い茂り、カメラを携えた人達が引き揚げてゆく

2011_1123_160633dsc_0923

水面に突き出た木の上でくつろぐ鴨

2011_1123_160653dsc_0924

水面に夕暮れが近付く時間

2011_1123_160723dsc_0926

鴨達の夕食前の一泳ぎ

2011_1123_160925dsc_0929

畦のススキに深まる秋が見えた

2011_1123_161121dsc_0931

そんな水辺の畦道を散歩。秋の空が澄んだ水を空色一色に代えてしまったsign01

2011_1123_161221dsc_0932

小鳥達のご馳走の柿の実の数も少なくなり始めた、初冬が確実に近づいている。

2011_1123_161320dsc_0933

水車は休むことなく回っていた。

            大和市 泉の森にて(11月23日)

 bud ちょっぴり淋しい秋景色だったので、最後は赤い花を

2011_1128_113401dsc_1010_2

2輪目のハイビスカスが開花bud 我が家の今年のハイビスカスは多分これでお終い。



 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

11月も終盤、今月のあれこれ♪

2011.11.28(月)cloudがちのお天気に寒さが募るような気がする。昨日は大型SCに出かけ、冬の暖かい室内着を物色。ユニクロでフリースが裏打ちされたカーゴパンツやヨーカ堂でウオーム素材のスラックスにモコモコのフリース素材のベストなど。節電に役立つあったか衣類を購入。モコモコベストは思った通りあったかで、暖房温度も低めに抑えられる効果大scissors

wheelchair母にも同じベストなどを買ってきたので、先ほど届けがてら出かけて、しばらくおしゃべり。

昨日は大阪市長・知事のW選が行われて、維新圧勝。市長に橋本徹氏、知事には松井一郎氏が大差で当選。大阪府民の総意は既成政党が押す立候補者では無い候補者を選んだ。これは、一大阪だけでは無く、多くの国民の中にある本来の改革への道しるべとしての第一歩かもしれないと、そんな気がしてならない。これまでの自民党政権、現在の民主党政権への交代に今一つ納得が行かない国民の意識の表れではないのかと。新しい政治の形が奢ることなく本来の国民の為の改革となることを願いたい。

scissors男子バレーボールW杯初勝利scissors

対エジプ戦は、1セット目こそセットポイントからの接戦で27-29で先取されたものの、これまでのサーブミスなどがかなり修正されて、2セット目からは25-17 25-23 25-12と連取。強豪エジプトを気持ちよく下してくれた。ブロックもスパイクも申し分なく、エジプトの強いスパイクでさえブロックしてしまう気持ちのいい戦いぶりに応援のしがいがあった。今夜の対中国戦も昨夜のような素晴らしい戦いで勝利を挙げてほしいup

  maple 散歩道の花達続き maple

2011_1103_141205dsc_0308

今月初めの赤いバラ

2011_1103_141248dsc_0311

黄色い菊

2011_1103_141309dsc_0312

芙蓉

2011_1103_141718dsc_0317

チェリーセージにななかまどの赤い実

2011_1103_141637dsc_0316

赤や緑のトウガラシの実もたわわに実っていたbud

 maple 谷戸山公園の秋続き maple

2011_1110_163854dsc_0418_2

谷戸山のジョロウグモ

2011_1110_164045dsc_0420

黄葉した葉のツルが絡んだ幹

2011_1110_164531dsc_0429

赤や黄の葉が暮れてゆく斜面で踊る。紅葉の季節への序章だったmaple

2011_1110_164747dsc_0431

皇帝ダリアはその名にふさわしく堂々と

2011_1110_164814dsc_0433

大空に君臨していた。

2011_1110_165025dsc_0439

2週間以上前のススキの穂はまだ若かったsign03 同じ場所に何度も通いながら日々の変化が見られる自然観察が楽しいmaple 紅葉の季節の序章から始まった11月も直に師走へとバトンタッチになる。 

                谷戸山公園にて(11月10日)

cd夫が久し振りにスタンドの灯りを頼りに選曲した曲が流れ始めた。マル・ウオルドロンとジャッキー・マクリーンの演奏でお馴染の“レフト・アローン”60年代ジャズ喫茶で爆発的に流行った曲。今夜はエリック・ドルフィとハービー・ハンコックのクラブ演奏だnote続いてそのジャッキー・マクリーンのアルトが切々と流れ、マルのとつとつとしたピアノも聴こえてきた。当時ベツレヘムの原版を手に入れるのにとても苦労した盤だった。プレミアがついて3万円位はたいて手に入れたという夫の記憶。その盤も今は手元になくCDで聴いているけれど。最後は矢野沙織のビリー・ホリディへのオマージュの同曲が最後の選曲が最後かと思ったら、チャーリー・ミンガスの“グッド・バイ・ポークパイ・ハット”が流れ始め、思わず楽しいジャズ・タイムnote 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晩秋の散歩は泉の森で♪

2011.11.27(日)sun ちょっぴり弱い日射しで、お外はひんやり。

tv 昨夜観たフィギュアスケート女子グランプリ。久々に浅田真央選手優勝scissors 軽々と氷上を舞うスケーティングの美しさはどの選手よりも美しく、真央復活の素晴らしい瞬間を見る事が出来たnote

notecdnote 日曜日の朝はゆったりジャズで過ごす。チャーリー・ヘイデンとゴンサロ・ルバルカバの“ランド・オブ・ザ・サン”広大な空間の中で、陽が昇り、陽が沈む、そんな光景を目の当たりにしながら、ゆっくりゆっくりと時を過ごしているような、贅沢な時間。そんな気分にふと落ち入れるような癒しの音が室内に流れ

2011_1127_113022dsc_1004

そしてパット・メセニーのギター・ソロを続けて聴く。人が生き続けているうちにたどりつく境地はそれぞれ違っていても、ふっと静かにゆっくりとした時の流れに身を任せてみたくなることがある。今朝はそんな朝だった。そんなひと時にぴったりのアルバムnote

  run 泉の森散歩 maple

2011_1123_155152dsc_0907

秋空に桐の葉のシルエット

2011_1123_155230dsc_0908

古民家の屋根を彩る秋色の葉

2011_1123_155254dsc_0909

ススキにも少し疲れが見える晩秋の夕方

2011_1123_155309dsc_0910_2

散歩を兼ねて訪れた泉の森の古民家園

2011_1123_155435dsc_0912

田の稲を守り終えて、軒下に役目の済んだかかしが一体

2011_1123_155609dsc_0914

園内の片付けに追われる職員さん達の、日暮れの早い秋の夕方は忙しそう。

2011_1123_160208dsc_0915

民家園を出て水辺までの散歩を続ける

2011_1123_160247dsc_0916

水辺には、日暮れを惜しんで和む人達

2011_1123_160321dsc_0917

赤い色は少なく黄葉が秋を演出

2011_1123_160403dsc_0918

赤い葉もちらほら

2011_1123_160416dsc_0919

ススキが枯れた秋の水辺は少し淋しいけれど

2011_1123_160440dsc_0920

斜面のベンチからはユーフォニウムの練習の音が聴こえてくる

2011_1123_161355dsc_0935

短い秋の日 “泉の森”の夕方散歩run

            大和市泉の森にて (11月23日)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の花と散歩道の花達♪

2011.11.26(土)sunが嬉しいnote 

  budテラスの花達もニコニコ元気budbudbud

2011_1126_124325dsc_0986

「最近買った花がきれいに咲いてるよ!」と呼ばれて見に行くと、ホント今日は一番きれいに咲いている“初恋草”sign03 褒められて何だか恥ずかしそうなところも花の名にピッタリhappy01

2011_1126_123121dsc_0961

ペチュニアとガザニア

2011_1126_124232dsc_0983

ビデンスの“イエローキューピッド””ホワイトエンジェル”も蕾が増え再び開花してきたbud

2011_1126_123954dsc_0975

リーガルベゴニヤのWさんもきれいに咲き始めたnote

2011_1126_124433dsc_0989

“瑠璃祭り”花の数は減ったけれど、まだ時折蕾をつけて元気に咲き始める。手前の蕾もほころび始めて

2011_1126_130109dsc_0994

狭いテラスのプランターで咲いてくれる可愛い花達tulip

  run 散歩道の花達 tulip

11月初めの頃にはこんな花達が。

2011_1103_140535dsc_0302

白とブルーの花は“昼顔”

2011_1103_140616dsc_0303

赤い小菊

2011_1103_140956dsc_0305

風情ある“秋明菊”

2011_1103_141014dsc_0306

“ホトトギス”もこのころが一番きれいだった!

2011_1103_141144dsc_0307

花の名前を忘れてしまったけれど、パープルの花が二種類

2011_1103_140132dsc_0296

ラズベリーの実を見ることもできたcherry

night男子バレーボールW杯を観戦後の興奮が冷めた途端、昨夜は急に寒さを覚えて今年初めての暖房を入れた。合い掛け布団では寒くて上から膝かけを掛けて就寝。膝かけが重かったので、今日のお天気を利用して合い掛けを干してしまえる様に、今夜からは冬掛けのお布団に。

tv男子バレーの試合は今日こそはと欠かさず観戦を続けて5戦目の昨日はポーランドに1セット目は勝てたので、少し期待したのだが、さすがに世界の壁は高く実力の差が歴然だった。1-3と、1セットとれただけでもという感が否めない。日本選手もいいプレーを見せながら中々最後の得点に結びつかずとても残念。各試合通じてサーブミスによる失点は本当に惜しく、その失点が無いだけでもと、返す返す悔しいけれど、ここぞという時に出る強いスパイクやブロックには期待できるので、今後の試合に活かして頑張ってほしいと思う。早く一勝をあげて自信を取り戻して欲しい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

薬師池の紅葉2011 最終回♪

2011.11.25(金)sun快晴の朝だが、外気はひんやり。早目にお洗濯、草花の水やり。屋内は陽が燦さんと入り眩しく、カーテンをひいて遮る。

  maple 薬師池の紅葉その5 maple

2011_1120_160445dsc_0848

少し早めだった紅葉、それすらも美しく感動的だったmaple

2011_1120_160340dsc_0846_3

藤棚の葉も銀杏の陰で黄色く染まっているようだmaple

2011_1120_160421dsc_0847

大銀杏が覆いかぶさる太鼓橋の上は人が一杯!池には大きな鯉や亀、鴨達が泳ぐ。

2011_1120_160748dsc_0851

赤い実は何の実?小鳥達のご馳走になるのかしら?

2011_1120_160928dsc_0852

池の周りから菖蒲田の方まで歩き、蓮池近くまで戻ってきた。

2011_1120_160943dsc_0853

石段を飾る散り紅葉

2011_1120_161015dsc_0854

淋しくなった蓮田を見下ろす紅葉maple

2011_1120_161146dsc_0856

出口に向かう通路際には様々な樹木がある。ふと見上げると白い花が咲いている。エゴの木に花がsign02 初夏に咲く花が??

2011_1120_161229dsc_0858

奥の方の枝にもこんなにたくさんの花sign03気温が高い日が何日もあったので、狂い咲きかもしれませんねnote

2011_1120_161631dsc_0861

出口付近の最後の赤い楓に、さあお別れmaple 今年も素敵な紅葉を有難うでしたsign03

2011_1120_161915dsc_0863

駐車場ではススキのお見送り。

  car 帰り道

2011_1120_163507dsc_0867

町田市内から見える大山は、まだ夕方4時半頃だったが、今まさに山頂から太陽が沈んだばかりの様子。

2011_1120_164012dsc_0876

市内の寺の鐘楼の上の空sign02 黒い雲が広がり急に暗くなってきて

2011_1120_163906dsc_0875

お寺の側、市内の野球少年が家路を急ぐ

2011_1120_165042dsc_0891

空にはこんなすごい雲。

2011_1120_170038dsc_0897

ちょっと恐ろしげなショーウインドーが、空模様に妙にぴったり盛り上ていたsign03

  bud最後は薬師に咲いていたキバナコスモスbud

2011_1120_161505dsc_0860_2

薬師池の秋景色に圧倒されて、cameraのシャッターを押しっぱなしでした。今週はその日の記事ばかりが続いてしまいましたが、薬師池の紅葉のレポートは今日でお終い。

薬師池公園の美しい紅葉はまだしばらく続きそう。週末頃からが一番の見頃ではないかと思われます。

                       (11月20日撮影)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薬師池の紅葉 その4♪

2011.11.24(木)sun 薔薇の痛んだ葉を剪定したり、草むしりをしたり、さわさわ風の音を聴きながらの外回り仕事に、今日のようなお天気の日は気持ちがいいcoldsweats01

  maple 薬師池の紅葉 その4 maple

2011_1120_160245dsc_0843

まだらに染まった楓の葉。木により場所により、それぞれの染まり具合が違うmaple

2011_1120_153857dsc_0788_2

園内を歩き回り、

2011_1120_153608dsc_0786

一人で坂道を登り薬師堂にお参りをして汗をかいた夫と一休み。メニューはリーズナブルで、写真を見ると美味しそう。いつもお昼をたっぷり食べてから出てくるので、この日も冷たいものだけで。今度は腹8分目でここに来ようdelicious

2011_1120_153304dsc_0781

薬師茶屋さんの入り口を入ると飾ってあった菊の花。今年の菊花展には来られなくて残念だったけれど。

2011_1120_153337dsc_0782

入り口付近のふうせん蔓

2011_1120_153352dsc_0783

可愛い黄色い葉も。茶屋付近も風情あるスポットが多い。

2011_1120_155314dsc_0818

一息ついた後は、菖蒲が刈り取られた後の公園斜面の一番奥近くまで

2011_1120_155641dsc_0828

刈り取られた菖蒲田の緑が鮮やかに広がり、その向こうには紅葉が、何だかとっても贅沢note

2011_1120_155416dsc_0820

東屋越しの紅葉も見事maple

2011_1120_155459dsc_0823

うねうねくねる菖蒲田の造形は素晴らしい。目を凝らしてよく見るとセキレイの番いが、田の緑の上で何かをついばんでいたりnote

2011_1120_155521dsc_0824_2

自然が織りなす美しい色彩の下を

2011_1120_155656dsc_0829

歩く。山あいにあたる場所の楓の色付きはこれからかも

2011_1120_155622dsc_0827

もうじき、池の方から紅葉前線が上がってくるのだろうmaple

2011_1120_155739dsc_0830

真っ赤に染まりお役目の済んだ散り紅葉が一葉maple「ご苦労様maple 」

2011_1120_155837dsc_0833

やがて、やがてみんな散ってしまう時がくるまでの季節の贈り物は、多くの人の心に残る思い出となる。

2011_1120_155938dsc_0836

やがて季節が変わり、いつの間にか椿や梅や桜、そして芽吹いた木々の若葉が、菖蒲や紫陽花と、薬師池の周りの季節は巡る。

2011_1120_155534dsc_0825

でも、今はこの秋を愛でるだけheart04

2011_1120_160024dsc_0838_2

浮島に上がった鴨にももうじき寒い冬が来るけれど、元気でお過ごしsign01

2011_1120_160129dsc_0841

丸ごと1本見事に赤く染まって、水面も染める木は一番目立っていたmaplemaplemaple

       町田市薬師池公園にて (11月20日)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師池の紅葉2011その3 “カワセミ”も居ますよ♪

2011.11.23(水)sun眩しい位のいいお天気sun絶好の行楽日和ですねnote

  maple 薬師池の紅葉その3 maple

2011_1120_154507dsc_0801


薬師池のマスコット“カワセミ”この日もいつもの枝に止まっていた。200mmまでのレンズは一杯にしてもこの位までの大きさしか写らなくて残念だが、会えただけでもよしとしましょう。お隣にいらした大きな大砲ののようなレンズをお持ちの方は逆に怪獣みたいに大きくなってしまうそうで、もっと後ろに下がりたそうでしたが、通路の妨げになるので遠慮されているようだった。

2011_1120_152931dsc_0774

荻野家住宅内の紅葉は本当に美しく、

2011_1120_152819dsc_0771

赤や黄の色彩の美しさに目が奪われ

2011_1120_152915dsc_0773

その住居の屋根の緑と紅葉の重なりも素敵maple

2011_1120_153059dsc_0779

紅葉見物を

2011_1120_153000dsc_0776

目いっぱい楽しんで、

2011_1120_153155dsc_0780

池に目を移せば、池の水は真っ赤に染まっている。今の季節はコントラスト良く黒白の鴨が赤い絨毯の上を泳いでいる。

2011_1120_153912dsc_0789

秋の薬師は本当に絶景sign03

2011_1120_154055dsc_0792

緑の松が、ほんの少し黄色い。秋色に染まってみたいのかしらsign02

2011_1120_154213dsc_0795

尾根の向こうは雄大な雲cloud

2011_1120_154331dsc_0798

こんな秋色も

2011_1120_154702dsc_0805

燃える赤も

2011_1120_154723dsc_0806

赤に黄に黄緑色のグラデーションの楓の葉

2011_1120_154754dsc_0807

薬師の水面は、そんな秋色のマジックを美しく描き出しているアーティストart

これからしばらく薬師の紅葉は見頃の時。もう少し近ければ秋の美を毎日でも味わいに出かけたくなる。そんな幸せなひと時を過ごせる名勝の池。

        町田市薬師池公園にて(11月20日)

  wine 結婚記念日 wine

2011_1122_202635p1120470_2

だった昨日は、きのこの炊き込みごはんとポークのイチジク赤ワインソースを作り、ロゼのスパークリングワインで乾杯wine 簡単なメニューだけれど、家で食べるのが一番いいと言ってくれる夫がいればこそで、こんな日々の積み重ねが何よりも大切で幸せなことかもしれないと、しみじみ思える昨今。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

薬師池公園の紅葉2011 その2♪

2011.11.22(火)sun日中の陽がある室内には温もりがあるけれど、夕方陽が落ちた途端に、すっと寒くなってくる。節電意識がしみついてしまったようで、まだ暖房器具のお世話にはならないでいるconfident

今日は「いい夫婦の日」、自分達が結婚した頃には無かった記念日。年々この日の認知度が高まり、今日は朝からワイドショーの格好のネタになっていた。前にも書いているけれど、この日が戸籍上の結婚記念日である我が家にとっては、何だか嬉しいやら面映ゆいやら。

昨日今日と夫の通院が続き、いつも通りの日だが、せめて夕食だけでもワインで乾杯しながらのんびり過ごしましょう。winewine

  maple 薬師池の紅葉 その2 maple

2011_1120_150602dsc_0721

赤い紅葉越しに見る池に浮く鳥舎。秋はいつもの景色がとりわけ美しく見える。

2011_1120_150740dsc_0724

背景が変わればこんなに違って見えて。

2011_1120_150804dsc_0725_2

燃えるように赤い紅葉が

2011_1120_150846dsc_0727

おしどり夫婦の鴨専用のレッドカーペットとなって赤くheart04

2011_1120_151152dsc_0733

そして仲良し家族を写す水面は幸せの黄色heart01

2011_1120_151337dsc_0736

池の水が正直に映しだす秋の景色は、美を倍加させる。

2011_1120_151502dsc_0739

梅園の枯れ枝達を見下ろす尾根の木々も輝くshine

2011_1120_151058dsc_0731

日曜日は来園者も多く、薬師茶屋さんは大繁盛japanesetea

2011_1120_151538dsc_0740

上を見上げれば赤と緑のコラボmaple

2011_1120_151618dsc_0742

ついこの間、地面に咲くヒガンバナを見た民家園の門前

2011_1120_151641dsc_0743_2

水路際の苔むした石に木々の彩りが素晴らしいmaple

2011_1120_151852dsc_0748

「東京都指定有形文化財(建造物)」旧荻野家住宅の薬医門内側から池の方を見る

2011_1120_151925dsc_0750

薬師茶やさんの店内に赤い金魚が泳いでいましたよeye

2011_1120_152203dsc_0756

旧荻野家入り口土間から見える外の景色

2011_1120_152348dsc_0757

屋根から芽を出した草が元気に育っていたbud

2011_1120_152536dsc_0762

建物の周りを一周して

2011_1120_152609dsc_0763

お庭の、秋に燃える紅葉を愛でる。赤黄緑と贅沢な季節

2011_1120_152708dsc_0766

黄色い楓は空中を舞い泳ぐようだし

2011_1120_152744dsc_0769

秋色がパレットの上で混じり合うように華やかだったりで、素敵な秋の贈り物に酔いしれてしまいましたheart04
もうしばらく薬師の秋が続きますmaple
maple

            (町田市薬師池公園にて11月20日)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

町田市薬師池公園の紅葉2011♪

2011.11.21(月)sun 天気予報では寒くなるということだが、まだ過ごしやすく昨日の日曜日は好天の上、暖かく絶好のお出かけ日和だった。薬師池の紅葉の進み具合を観に午後から出かけてみた。

  maple 街中の可愛い紅葉 maple            

2011_1120_134203dsc_0685

  maple 薬師池の紅葉は sign02 

公園入り口から蓮池を抜け、広場の角にあるフォトギャラリーに立ち寄り、開催されていた写真展を鑑賞してから池に向かう。

2011_1120_150114dsc_0709

広場花壇の花や球体のベゴニヤの向こうに紅葉が見え始めたmapleこれから池の方に。

2011_1120_150233dsc_0712

太鼓橋の向こうに広がる景色は紅葉には少し早いかなとも思えたけれど

2011_1120_150258dsc_0713

橋の左手の大銀杏が

2011_1120_150400dsc_0716_2

見事な黄金色となって迫力満点sign03

2011_1120_150324dsc_0714

まだ色づかない木々とのグラデーションも美しいnote

2011_1120_150420dsc_0717

他の季節には見る事が出来ない銀杏の黄金の色に染まった水の色shine

2011_1120_150449dsc_0718

崖際の切り株も年々苔むし貫録が出てきている

2011_1120_150508dsc_0719

その先には真っ赤に燃える木が見えてきたmaple

2011_1120_150536dsc_0720

紅葉の季節を静かに映す水面は、秋を映し出す鏡maple

  薬師池公園入り口近くの蓮池の今は

2011_1120_143249dsc_0699

大賀ハスの葉はすっかり刈り取られていた。

2011_1120_143336dsc_0701

蓮池のステージが終わる付近には、赤く色付いた紅葉がみられるmaple

2011_1120_143434dsc_0703

蓮池を挟んだ反対側にも秋の陽に照らされた木々がせりだしている。薬師の紅葉はこれからが本番sign03

2011_1120_143658dsc_0708

近隣の高齢者施設からの見物が何件もあり、車いす専用の入り口と、池に近い管理棟裏側に車イス専用の駐車場も設けられている。昨年車イスの母を連れて来た時に、先に問い合わせた上、利用させて頂いた。ここからなら車イスを押しながら池の周囲を回ることが出来る。wheelchairのお年寄りたちの幸せそうな表情が印象的だった。そういえば昨年息子と3人で連れて来た母もここの景色を見るなり在園している間中、笑顔の消える事が無かった。

2011_1120_150144dsc_0711

管理棟1階と2階で開催されていた写真展を見てから池に向かったが、広場の花壇に射し込む光は眩しい程で、この後の散策も思わず時間を忘れるほど楽しむ事が出来た。

池の奥の様子などは次回又。お付き合い頂けたら幸いです。

                   ( 2011.11.20撮影 )

 

 


        

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011女子バレーW杯が終わった&町田の秋景色♪

2011.11,19(土)rain&強風sign01

久し振りに興奮する位楽しかった女子バレーW杯が昨日終わった。最終日の昨日は対アメリカ戦。強豪ではあるけれど、今の日本女子なら多分いけるのではないかと内心思いながらの観戦は、やはり予想以上の活躍振り。29-27 25-23 25-18 3-0のストレート勝ちupフルセットでの試合だった前日の疲れも見せず、全員一丸となったチームの真剣な諦めない戦いぶりは爽やかで、そして強かったscissors 5連勝という快挙、日を追うごとに経験豊かなベテランと才能溢れる新人達の息もピッタリと合い、最終日の昨日の試合はその総仕上げのようにも見える戦いぶり。本当にお見事としか言いようがなく、監督以下選手全員の皆さまに素晴らしかった10日間を、お疲れ様、そして有難うとお伝えしたい。

今回は中国3位の勝ち点を抜くことが出来なかったため、ロンドン五輪の出場決定権が取れなかったが、日本女子バレーの姿の無いオリンピックはあまりにも淋しいので、来年5月の世界最終予選で、頑張って獲得することを楽しみにしていたい。                     (*昨日までの記事中江畑選手のお名前の文字を間違えていた失礼をお詫びします)

  maple 秋色の中に遺跡が見えて・・ maple

2011_1116_155208dsc_0579

びっくり!

2011_1116_163800dsc_0602

駐車場で車を降りると丁度両施設の真ん中あたり。右手にいきなり遺跡が見えたので

2011_1116_155202dsc_0578

博物館を出るころは暗くなりそうなので、フェンス越しに急いでパチリ!

2011_1116_155238dsc_0580

博物館裏手の長閑な山道を、犬を連れたおばあちゃんが

2011_1116_155255dsc_0582_2

ゆっくり登ってゆく。手には“パトロール中”の札を持って。何とも言えない秋の景色に思わず感動。町田の奥まった場所に、故郷のように懐かしくなる場所を又一つ見つけてしまったnote

2011_1116_163630dsc_0596

江戸切子を鑑賞した後、博物館の真っ赤に染まったどうだんつつじの側を通り、

2011_1116_163644dsc_0597

先刻おばあちゃんが登っていた山道際の赤い木々を眺めながら

2011_1116_163842dsc_0603

坂道を見たけれど、おばあちゃんとワンちゃんのパトロール姿は無かった。何事もない日々であれば何よりのこと。遺跡公園に寄れたらと思い歩きはじめたら、博物館の方が、閉園時間は博物館と一緒で4時半までと教えて下さったので、又の機会に。

2011_1116_164729dsc_0607_3

秋の日はすっと暮れてゆく。

2011_1116_170342dsc_0608

町田駅前通りを通過中、5時過ぎはもう暗くビルの灯りに家路を急ぎたくなる。

2011_1116_171604dsc_0609

相模大野伊勢丹前の道路上のアーケードはクリスマスっぽいディスプレーshine

2011_1116_173146dsc_0610

民家の前にもイルミネーションshine早いもので直にクリスマスがやってくるxmas

  bud テラスには bud

2011_1113_102436dsc_0457

こんな季節になっても我が家のバジルは葉を収穫出来て食卓のお料理を美味しくしてくれる。いく本も後から出てきた穂先に真っ白な花が咲き、先に咲いた花の後には種も出来ている。ししとうにも白い花が又沢山咲いて、最後の実を付けるのだろうと楽しみに待っている。

2011_1113_102337dsc_0455

秋は香りのいいヘリオトロープも紫の花をさかせる。

2011_1113_102500dsc_0458

チロリアンランプの赤い実も今年は多い

2011_1113_102523dsc_0459

目の前の公園の木々も晩秋の色に変化して、少しずつ散り始めている

2011_1113_102612dsc_0460

冬になる前のひと時の温もり時間を幸せな気持ちで過ごしたいと思う晩秋の日々。

今日はこの季節にしては珍しい強風と雨で外は荒れ模様。テラス排水溝に溜まった枯れ葉は昨日片付けたので安心。強風による大きな禍がありませんようにと、今年はいつになく願ってしまう。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツの秋、芸術の秋♪

2011.11.18(金)cloud

日増しに気温も低くなり冬近し。近場に出たついでの紅葉探しの楽しい季節到来。そしてスポーツの秋は女子バレーの試合を見逃すことが出来ない。連日の戦いぶりにテレビの前で、興奮気味で応援観戦tv

  scissors強い、日本女子バレーscissors

16日の対ケニヤ戦は25-11 25-10 25-9 3-0の圧勝で試合があっという間に終わってしまったかのようで。

17日昨日の対ドイツ戦は、前評判通りドイツ強いsign03 最後の最後まではらはらドキドキしながらの観戦。フルセットの戦いとなり、どちらが勝っても不思議ではない試合展開。最終セットで投入された新鍋選手の活躍が見事に当たり、勝利となった。25-20 23-25 25-27 15-12 3-2 の勝利!!主将荒木選手のここぞのポイント、エース木村選手始め、江幡選手の天才的な冴え、守護神佐野選手のフォロー、ブロックの技術も全員のテクニックも格段のレベルの日本チーム、全員の気持ちが一つになって戦ってきた昨日までの試合。今夜は最終試合アメリカ戦だ。オリンピック参加チケット獲得に向けて、最後の試合で更なる大輪の花が咲きますように。がんばれ日本sign03

  maple秋景色の町田まで maple

2011_1116_153000dsc_0569

秋の風情を楽しみながら

2011_1116_153159dsc_0571

いつもの道を車は走る。木々の色は

2011_1116_154312dsc_0572

すっかり秋色maple

2011_1116_154829dsc_0574

目的地の駐車場近くまで到着。

2011_1116_155011dsc_0576

秋色の木々に囲まれた建物は

2011_1116_163554dsc_0593

始めて来た「町田市立博物館」

2011_1116_155031dsc_0577

上空に赤いヘリコプターが飛んでいた!

2011_1116_155417dsc_0584

“江戸切子”展を観にきましたshine 広い館内に、昭和の前期から最近の作品まで展示され、館内の方のお言葉に甘えて、見応えのある作品を閉館までじっくり鑑賞させて頂いた。夢ニの絵の女性などが持ったらピッタリ似合いそうな昭和前期のアールデコ様式のグラスなど、思わず欲しくなってしまうような意匠にわくわく。現代作家の方の中にも素晴らしい作品もある。最後は館内の女性が、切子の技術的に難しい点なども教えて下さった。

2011_1116_160141dsc_0585

館内の通路から見える中庭には竹やぶに石仏が2体あったが、こちらは“青面金剛像庚申塔”館内は撮影出来ないので、こちらをパチリさせていただいた。

2011_1116_160228dsc_0588

石仏を囲む竹やぶが西日に照らされていた。

2011_1116_163437dsc_0590

こちらも入り口付近から見た中庭の様子

2011_1116_163520dsc_0591

博物館入り口

2011_1116_163557dsc_0594

博物館外観。始めて来た場所だが、いつも行く薬師池公園からもそう遠くない。ちょっと奥まった場所が分かりにくいけれど、何とも言えない素敵な場所。今回は寄れなかった歴史的な建造物もあるので、次回付近の様子とともに外観だけでもご紹介の予定。

www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka.../index.html 

〒194-0032 町田市本町田3562 

 ☎ 042-726-1531



| | コメント (4) | トラックバック (0)

相模川沿いの散歩道を満喫♪

2011.11.16(水)sunお天気は嬉しいけれど、乾燥した空気が喉やお肌に辛いかなcoldsweats01

 run相模川沿い散歩 

2011_1113_163301dsc_0524

日没後の河川沿い、対岸の大山上空は赤く染まり、山々をうっすら雲が覆う贅沢な夕暮れ前のひと時

2011_1113_162901dsc_0515

川沿いの道に面して資料館があった。開園時間などの詳しい案内が無いまま、“ご自由にどうぞ”の文字に誘われてお庭にお邪魔してみた。

2011_1113_162929dsc_0517

年代を経た石灯籠

2011_1113_163034dsc_0521

おやsign02

2011_1113_163045dsc_0522

嘴の無い丹頂もsign02

2011_1113_162948dsc_0518

池には2羽の丹頂鶴が仲むつまじくsign03 人の姿を見ることは無かったけれど、奥の建物内の縁先には洗濯物が干してあるようにも見えて、前庭のみでお暇する。

2011_1113_163431dsc_0527

庭から道路に出れば、川の向こうは相変わらずの山々を覆う柔らかな雲

2011_1113_163325dsc_0525

目の前の川はずーっと遠くまで続いている。川沿いに住むお宅の方々は日々この川の変化を見ながら暮らしておられるのかと思うと、何だか羨ましくなった。

2011_1113_163555dsc_0530

そして、川の上を飛ぶ白鷺らしき姿も

2011_1113_163645dsc_0534

川面を残照がくっきりと赤く染めるころ

2011_1113_163847dsc_0539

民家の門口にニャンコが出てきたcat

2011_1113_163917dsc_0543

先に出会ったニャンコも同じ家の塀の上でくつろいでいる

2011_1113_163926dsc_0544_2

上の猫のくつろぐ様子を見て安心したかのように少し警戒が解け気味のお座りだった。

2011_1113_164047dsc_0547_2

赤い実が一杯

2011_1113_164151dsc_0549

丹沢の山々から対岸、中州を超えて、川面を染める残照は余りに美しくて、

2011_1113_164338dsc_0552

そんな美しい川の小さな中州で車を洗う姿も見られる。昔なら牛や馬が洗われていたことだろう。

2011_1113_164413dsc_0554

公園近くまで戻ると、取水口があり

2011_1113_164426dsc_0555

岸辺にはボートがもやう。

2011_1113_164507dsc_0556

公園に灯が入り、駐車場から車も出てきた。

2011_1113_164637dsc_0558

空にはピンクの雲が舞い

2011_1113_164838dsc_0561

垣根越しに見る空はうっすらとした淡いピンク色

2011_1113_165001dsc_0563

夕暮れまじかの空に軽やかに舞う秋の雲を眺めながら、相模川沿い散歩のお別れの時となった。

暖かかった11・13(日曜日)「磯部首頭公園」付近にて

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川沿いを歩く♪

2011.11.15(火)sun11月も半ば、北からは雪便りも聞こえてきた。ほんの少しずつ溜まった書類を処分したりしながら暮れの前準備をしようと思うけれど、又次々に届くDMなどがすぐに元の山を作り、ちょっぴりうんざりsweat02

  car 相模川沿い散歩 run          

2011_1113_155103dsc_0465

一昨日の日曜日は暖かく、気持ちのいいドライブや散歩日和だった。

2011_1113_155108dsc_0466

磯部へ向かう道路は眩しい位の日射し

2011_1113_155916dsc_0471

磯部首頭公園の木々は折からの西日を受けて、

2011_1113_155955dsc_0472

一層の輝きを放っていた。

2011_1113_160034dsc_0473_2

色付き葉が大分落ちた枝が秋らしい

2011_1113_160158dsc_0476

日没を前にした輝きが際立つ公園の垣根

2011_1113_161142dsc_0492

川沿いには昔ながらの建物も残っていて情緒ある秋景色。川沿いの道は散歩にランニングをする人も多い。カメラをぶら下げ、しばしのお散歩run

2011_1113_162338dsc_0505

垣根に小菊が愛らしいheart04

2011_1113_162516dsc_0506

ニャンコが居る風景cat

2011_1113_162638dsc_0509

川沿いのフェンスから川を見下ろしてみると、すぐ下の河原に人が一人は住めそうな小屋が建っていた。

2011_1113_162653dsc_0510

側の河原には小さなボートが一艘

2011_1113_162807dsc_0513_2

“俺は河原の枯れすすき~と”歌われた船頭小唄の舞台は利根川。ここは大山詣でに向かう”磯部の渡し”があった相模川。

2011_1113_163743dsc_0536

道端の花壇に植えられていた紫の花は桔梗科の“蕎麦菜”かなと。思わずパチリcamera

2011_1113_162740dsc_0512

愛らしい小菊の姿に思わず心が和んだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

相模川の日没を観に♪夜は女子バレー観戦♪

2011.11.15(月)sunrain 夕方からパラパラ雨が降り始めた。

昨日は暖かな一日で、久し振りに相模川“磯部の渡し”の景色を観にドライブ。

  sun ダイヤモンド大山 sun

2011_1113_160807dsc_0488

“秋の日は釣瓶落とし”の言葉通り日暮れが早く太陽が沈むのもあっという間。沈みゆく太陽との束の間のお付き合い。

2011_1113_160255dsc_0478

相模川の取水堰付近を日没前の

2011_1113_160312dsc_0479

赤い陽が照らす

2011_1113_160412dsc_0481

堰から下った川の水も

2011_1113_160428dsc_0483

赤く照らし出され

2011_1113_160446dsc_0484

太陽の光が水面に映りこむ

2011_1113_160641dsc_0486

あしかか五百羅漢さまのようにも見えるテトラポットが取水堰と向かい合っている

2011_1113_161738dsc_0494

後光輝く日輪が大山の向こうに沈み始めた。

2011_1113_161801dsc_0495

それは余りにも素晴らしく

2011_1113_161905dsc_0497

感動的で

2011_1113_161941dsc_0499

最後の一瞬たりとも見逃しがたい

2011_1113_162005dsc_0502

名残惜しい時間だった。

2011_1113_162227dsc_0503_2

中州のすぐ手前は一瞬にして暗くなったが

2011_1113_162307dsc_0504

山の向こうの残照が中州から離れた川面にまだ届く。

静かな夕暮れのひと時。日曜日の夕方、この景色を観る人達がカメラや携帯を向ける。ワンコと一緒に通りかかった奥さんから「太陽写りました~?」と声を掛けられて、しばしおしゃべり。「ダイヤモンド富士はあるけど、これはダイヤモンド大山かな?」と命名してくださった。

2011_1113_160935dsc_0491

これは「磯部首頭公園」のところにあるモニュメント。右側の円形の穴の向こうに入った菊の花。

幸福なひと時を味わい、このあとは残照残る河川の近くを散策。

  scissors 女子バレーW杯 scissors

前日の対韓国戦は3-0で下した日本。昨夜の対世界ランク一位のブラジル戦も26-24 25-19 25-23 2日続けての3-0ストレート勝ちという快挙scissors 

全員が一丸となって戦い勝ち得た勝利shine誰一人として欠けてほしくない全員バレーの成果。後継の江幡選手の天才的な巧さに目を見張らされ、それぞれの選手の文句無い戦いぶりに、昼の日輪の感動に加えて、夜もまたまた感動でうるうるしてしまったsweat02文句無く強い日本女子。この後の東京大会での活躍がまだまだ楽しみ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷戸山公園の森の秋♪

2011.11.13(日)sun朝から暖かな過ごしやすいお天気に、今日はきれいな蝶がひらひら飛んできた。写真を写すことが出来なかったのが残念coldsweats01 道路を隔てたお向かいのコミュニティセンターでは秋のコミセン祭りが開催され、家族連れで賑わい、公園もコミセン帰りの親子で賑やかだった。

  maple 谷戸山の秋 (3) maple

2011_1110_155533dsc_0356

秋は赤くmaple

2011_1110_160544dsc_0381

ススキも圧倒されそうな~

2011_1110_155856dsc_0365_2

昨年は見られなかった“皇帝ダリア”が

2011_1110_155828dsc_0364_2

見上げるほどの高い所に咲いていた。

2011_1110_160329dsc_0377

“ケープタウンブルー”は、最近あちこちで見られる。日中から夕方になっても咲いているので朝顔かしらと悩んだけれど、立派な宿根草の朝顔だそうで、12月頃まで花が楽しめるという。花の後ろからパチリsign03

2011_1110_161104dsc_0392

こんもりとした木にちょっと地味な花は夏椿の仲間かしらと思いながら少し先まで歩いてゆくと

2011_1110_161314dsc_0396_2

先の震災後の初夏、広場の垣根のこの木の側に立て札が立ち、放射能の危険があるため、茶葉を摘まないでくださいというお知らせが書かれていた。そう、この清楚でお茶目な白い花は“茶の花”だった。疑問解決sign01帰宅して調べてみたら、お茶の木は椿科なのだということもわかったsign03

2011_1110_161954dsc_0402_2

伝説の丘の側を上ると丘の斜面は赤く染まり

2011_1110_162046dsc_0404_2

やがて見えてきた東屋の屋根の周りも秋色の木々と同じ色に昨年の新緑の季節は神奈川に住み始めた母の車椅子を押してここまで来て休憩をした。その後足の骨折があり、ここまで来るのはもう無理になってしまったが、出来る時に来ておいてよかったと今思う。あの時は目にも鮮やかな新緑の色に酔ったかのように母は上機嫌ではしゃいでいたっけ。

2011_1110_162140dsc_0405_2

秋、木々から落ちる葉は時に蜘蛛の糸にかかり空中で風に揺れる。真っ赤に燃える紅葉の温もり色とは反対の光景が淋しげだ。

2011_1110_162258dsc_0407_2

木々の間から人々が暮らす市内の景色が見える

2011_1110_162433dsc_0409_4

もっと向こうにはうっすら大山の稜線が

2011_1110_162824dsc_0412

斜面の上から見える大な花咲く木

2011_1110_163113dsc_0413

緑の葉が真っ赤に紅葉してゆくmaple

2011_1110_163552dsc_0415

斜面に咲く”カントウヨメナ”

2011_1110_163617dsc_0416

足元を見れば緑の美しい葉も茂り、

2011_1110_163747dsc_0417

偶然が生み出す造形も面白く、森の中の散策は楽しみが尽きる事が無かったlovely

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スポーツの秋全開!&谷戸山公園の紅葉♪

2011.11.11(金)rain 冷たい雨の一日だった。午後は娘が遊びに来たので昼食をともにし、夕方までおしゃべり。夜はスケート女子NHK杯、女子バレーW杯とスポーツの秋をテレビ観戦で堪能。 

scissors女子スケート・ショートプログラムは鈴木明子選手が堂々の一位とミスの無い軽やかな舞で楽しませてくれた。浅田選手は3位と健闘。今後の展開に期待up

先の2戦は好結果で勝ち星を挙げた日本女子バレー、今日の試合はヨーロッパトップのセビリアに敗れたが、強い相手におじけることなくよく戦ったと思う。故障や体調不良で出場できない先輩たちの後を、若い選手たちがエース木村選手とともに、目覚ましい活躍を見せてくれている。明日の韓国戦もいい試合が見られる事を楽しみにscissors

  maple 谷戸山の秋 (2) maple

2011_1110_155411dsc_0353

紅葉の下の公園ベンチには尺八の音色が流れる。

2011_1110_155504dsc_0355

真っ赤に染まった“ガマズミ”の葉

2011_1110_155639dsc_0358

ファンタスチックな赤い葉と緑の葉

2011_1110_155650dsc_0359_2

葉の色の

2011_1110_160035dsc_0370

変化に目を奪われて、

2011_1110_160124dsc_0371

同じような写真を何枚もパチリしてしまい、

2011_1110_160242dsc_0374_2

思わずこの木の周りに長滞在coldsweats01

2011_1110_160504dsc_0379

“イソギク”の群生。海岸の崖地に咲くという菊科の多年草も見頃note

2011_1110_160724dsc_0382

枝先から赤く色づき始める木

2011_1110_160833dsc_0384

楓の色づきは始まったばかり

2011_1110_160850dsc_0385

桜の木の根元には来年の花の養分になろうと落ちた葉が積り

2011_1110_160859dsc_0386

枝分かれした木の間には別れを惜しむ落ち葉が積もる

2011_1110_160912dsc_0388

赤黄緑と楓の葉は色とりどりに染まり

2011_1110_161002dsc_0390

赤と黄色の枝がクロスすれば、緑も色を添えた草むらのコラボが楽しいnote

2011_1110_161031dsc_0391

春に見事な花を咲かせた桜の紅葉も美しく、秋が色濃くなり始めた谷戸山の景色に、幸福なひと時を味わいながら、この後は森の中まで散歩を続けた。

            谷戸山公園にて(10月10日撮影)

  bud 遅咲きの

2011_1111_092113dsc_0447

我が家のハイビスカス。昨日午後になって今年初めての蕾が開き始め、今日は大きく花開いた。一日花と言われる花は、寒い時期に咲くと少し長持ちするようで、今夜も赤い花弁を開いたまま、寒い夜を過ごしているbud

2011_1111_092320dsc_0451

大きな葉ばかりが繁ってしまったリーガルベゴニアのWさん。久し振りに花の蕾がついた。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の谷戸山公園と中秋の相模原北公園

2011.11.10(木)suncloud 昨日位は幾らか元気が出てきて、予約をしておいたインフルエンザの予防注射を夫婦揃って受ける事が出来た。一日経った今日は注射の後がちょっと痛いけれど我慢出来る範疇。まずは予防注射を受けられたので一安心。

このところの眠気とだるさが続いていた症状、喉が時折がさついたり風邪ひき未満の不快感が、今日も朝の中残っていたが、少し家事がテキパキ出来るし、午後久し振りに出かけた谷戸山散歩の森林浴ですっかり気分爽快になり、夕方帰宅して車から降りた途端、元気になっているという実感がわいてきた。

  maple 谷戸山の秋 maple

2011_1110_155343dsc_0352

木々が色づき、秋の深まりを感じさせる景色が、真っ先に目に飛び込んできた。

2011_1110_160024dsc_0369

木々には真っ赤に色付いた葉。秋の紅葉を目にした時程ほっこり暖かな気持ちになることは無い位、何だかしあわせな気持ちになれる。

              谷戸山公園にて 11月10日撮影

この後は深まりゆく秋を肌に感じながらの散歩をしたけれど、それは次回に。10月に溜めてしまった秋を先に済ませなければcoldsweats01

 clover 相模原北公園   

2011_1020_162104dsc_9584

夕暮れの近い秋の北公園内

2011_1020_161100dsc_9573

池に棲みつく番いの鴨

2011_1020_163225dsc_9615

鴨の棲む同じ池で子供達一番人気の筏こぎを見物。

2011_1020_163805dsc_9624

筏は2本の支え棒が船着き場と繋がり、安全は保たれている。一定の距離を弧を描くように甲斐で漕いで移動する。そう簡単でもないように見える。けれど、いつも開いていることが無い位の人気の遊具。

2011_1020_163211dsc_9614

池のほとりは楽しそうな遊具で遊ぶ子達の姿が絶えない。

2011_1020_164107dsc_9627

薔薇園あり池もあり季節ごとの花がいつも咲き乱れる自然豊かな公園が身近にある子達は幸せだ。

2011_1020_160939dsc_9570

鴨や子らが遊ぶ池の様子を日々眺めるミニ薔薇達

2011_1020_164125dsc_9628

夕暮れまじか、薔薇園の側を通り出口を目指す。

2011_1020_164834dsc_9640

真っ赤に色付いたコキアが見送ってくれた公園出口。

              相模原北公園にて10月20日撮影  

 car上の写真の北公園に行く道すがら

2011_1020_151434dsc_9461_2

空き地に絡み合って咲いていた朝顔

2011_1020_144541dsc_9455

そして北公園より手前の麻溝公園に近い道路沿い奥の屋根の上に、いつも居る白馬や大きなかぶと虫達、この日、この前の大きな台風の風でなぎ倒されている様子を見た。

                        10月20日撮影 

今日久し振りに歩いた谷戸山の森の木々の中にも、何本か痛々しく折れた木もあった。

昨日はトルコで又大きな地震があり、甚大な被害とともに、前回の地震の支援に現地入りしていたNPO法人の日本人の男性が命を落とされたという。ご冥福をお祈りするとともに、今年の各地の地震災害のありようが余りに辛く悲しい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

法事の帰り境内散策最終回

2011.11.08(火)suncloudsun 幾らか気温が下がった気がするが、まだ寒いというわけではなく過ごしやすい。

  clover 境内散策をしながら思ったこと

2011_1023_151837dsc_9829

本堂と客殿前からのお庭の中央

2011_1023_121551dsc_9696

お大師堂前におられる羅漢様

2011_1023_121347dsc_9691

羅漢様の後ろから。竹と建物が陽の光のせいだったのか真っ白の雪景色のように・・・!

2011_1023_153336dsc_9872

お地蔵さまの後ろから後光が差した

2011_1023_121653dsc_9700

石仏が並ぶ小道の先には

2011_1023_121753dsc_9702

何があるのだろう

2011_1023_152329dsc_9852

苔むした古木からの大きな出っ張りをよく見ると、仏が優しく微笑むような自然が創った造形

2011_1023_154755dsc_9913

池の水は

2011_1023_154728dsc_9911

ひとときの現世を写す鏡

2011_1023_155248dsc_9927

寺の秋は深まり行く

2011_1023_155304dsc_9928_2

やがては最後の一葉を落とし、冬を超え、春が来れば満開の花を咲かせる。自然の掟は逞しい。

2011_1023_155210dsc_9925_2

秋の法事の一日は、来し方行く末までも思わせる有意義な日となった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暖かな今日は我が家の花達も元気いっぱい♪

2011.11.07(月)暖かな一日だった。明日位からは気温も下がりそうな、徐々に寒い冬に向かってゆくのだろう。

昨夜の女子バレーはあと一歩というところで、惜しくも中国に敗れた。日本女子若手の台頭著しく、戦力となる選手の台頭が昨日の試合でも顕著だったup新旧選手チームの今後の試合に大いに期待したいscissors

  bud 我が家の花達           

2011_1107_125421dsc_0324

今日は温かなお日さまの日射しを受けて

2011_1107_125519dsc_0326

赤い猫じゃらし“キャッツテイル”も

2011_1107_125324dsc_0322

“なでしこ”も、ご機嫌な昼下がり

2011_1107_125901dsc_0336

“ケイトウ キモノ”はとりわけキラキラ輝いたshine

2011_1107_125831dsc_0334_2

“初雪蔓”も真っ赤に染まる秋の午後

2011_1107_125548dsc_0327

“チロリアンランプ”は青空に向かい、

2011_1107_125623dsc_0329

手すりを超えて、枝を伸ばし赤い実を揺らす

2011_1107_125308dsc_0321

ミニ薔薇の蕾も太陽に向かって花開きかけた。

2011_1021_133325dsc_9656

10月中、まだ元気な花を咲かせた“瑠璃祭り”ここ数日は幾らか勢いが衰えてきたように見えるけれど

2011_1021_133152dsc_9655


“ケイトウ”とともにダリア園で買ってきた“ガザニア”も10月中は元気だったが、このところは花つきがよくないので、そろそろ見納めとなるのかもしれない。

新入りの花達も我が家の古株の花達と家族のように馴染み始めている。先輩達のように元気に逞しく育ちますようにbud


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女子バレーW杯&町田小山田の里の秋♪

2011.11.06(日)cloud 何だか一日肌寒いような気がするのは、これから風邪に移行するのかしら?と何だか怠け病のように、朝寝とごろごろ昼寝。昨日は夫の誕生日だったのに、これと言ったことも出来ず仕舞い。今日はやはり風邪ひき状態で一週間以上過ごしていた息子からお祝い電話で食事にでもと誘われたけれど、これ以上不調になりたくないので又の機会に。午後からは今の季節としては信じられない程の着ぶくれ姿に変身coldsweats01

   scissors女子バレーW杯が始まった

初日は世界ランキング一位のイタリア戦、第1セットから第2までは、これまでにない技術の高さが見える日本女子にもしやと思う展開だったが、さすがに世界最強のイタリア第3セット目からは本腰となり惜しくも 20-25 25-23 18-25 15-25 1-3で勝ちを譲った。

2日目の昨日は対アルゼンチン戦、第一セットから、日本女子の勢い止まらず、3-0での圧勝scissors 25-19 25-11 25-20と、胸のすくような展開を見せて日本女子ここにありの強い存在感を見せてくれた。選手一人ひとりの高い技術力とチームワークの良さ、少し前までは考えられない位の完璧な戦いぶりは今夜の対中国戦にも活かされますようにとの期待感でいっぱいsign03

  maple 秋の里山 maple

2011_1028_142417dsc_0046


小山田の里はすすきが群生する長閑な景色が広がり、心癒される秋景色。

2011_1028_142428dsc_0047

草むらには紫の蓼や 

2011_1028_142904dsc_0058

ススキにセイタカアワダチソウなどが群生。草むらはバッタなどの虫がいっぱいsnail

2011_1028_142512dsc_0049

勿論、赤とんぼも沢山飛んで里の秋を満喫させてくれる

2011_1028_142614dsc_0052

すすきは風の向くままに

2011_1028_142713dsc_0054

銀色の穂をなびかせる。

2011_1028_143031dsc_0061

田畑を潤おす用水路の水面に影を落とす雑草の姿も愛おしい。

2011_1028_142953dsc_0059

用水路の壁にも赤とんぼ

2011_1028_143050dsc_0062_2

秋の里は豊かな実りが人の心を幸せにしてくれる。

2011_1028_143422dsc_0064_2

shoe誰がおいたものだろうか、小山田緑地入り口付近の土手に何気に置かれた赤い靴shoe

2011_1028_155151dsc_0180

緑地からの帰り、再び車を止めた駐車場から眺める景色

2011_1028_155200dsc_0181

雲が緑地の山側から忙しげに流れ出て来る。秋から晩秋への支度に忙しいかのように。

2011_1028_155410dsc_0183

里山の実りにお別れをして

2011_1028_160658dsc_0187

car神奈川の我が家を目指してしばしのどかな景色の中をドライブ。早くも真っ赤に染まった木々もあり、雲が急ぐように、季節は晩秋へ向かい始める。

2011_1028_165935dsc_0198

神奈川に入り、大山を眺めながらの帰り道。

        2011・10・28町田市小山田の里にて


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

町田市「小山田緑地」の秋げしき♪

2011.11.05(土)sunだったかな?ちょっと記憶があいまいになるほど、うつらうつらした一日sleepy酷い風邪では無いのに、体中がだるくて眠くて・・・・sleepy 

  clover 夏椿の最後の名残の花に 

2011_1028_155449dsc_0184

蜂がぶんぶん群がっていた日

  clover 小さな秋を見つけに

2011_1028_151157dsc_0113

出かけた

2011_1028_152205dsc_0123

町田の小山田緑地 多摩丘陵の豊かな自然が残された自然公園

2011_1028_145834dsc_0092


園内には高い樹木があり、ふと見ると木の枝の上に小鳥が一羽。木の実をついばんでいるのだろうかとパチリしてから、ちっとも動かないのを不思議に思ってよく見ると枯れ葉の悪戯だとわかったcoldsweats01 

2011_1028_144101dsc_0074

森林は、赤く色づいた木の葉が温もりを見せたり

2011_1028_143822dsc_0071

小さな秋もあったが、ちょっと大きな秋も照らし出されて、季節の変わり目の景色は意外な楽しさ。

2011_1028_152305dsc_0125

紫式部と秋明菊のコラボも楽しく

2011_1028_153829dsc_0156


太く高い樹木を支えるように木の根も育つ。

2011_1028_153547dsc_0149

歩き疲れたあたりに用意されたベンチはオアシス

2011_1028_145202dsc_0083

さわさわ竹やぶの歌を聴きながら一休みnote

2011_1028_154019dsc_0158

秋が歌うバラードnote

2011_1028_154121dsc_0162

一隅を照らし出された木の根。しっかり育たなくちゃup

2011_1028_154143dsc_0163_2

ここは京都sign02 実は石の標識の“京都”の上に“東”の文字があったのですsign01

2011_1028_154240dsc_0164

森の中を彩る黄色い花は“薬師草”

2011_1028_154553dsc_0168

陽の光は一日中、場所を変えて森の中を照らしだす

2011_1028_154917dsc_0176

“カントウヨメナ”も群生していた。

2011_1028_153029dsc_0143

cat緑地入り口付近で、犬の散歩姿を見てdog

2011_1028_153043dsc_0144

いち早く崖の上まで石垣をよじ登った猫dash

cat 猫のいる公園はやっぱり楽しい。おまけつきのグリコみたいで・・・・happy01

2011_1028_163654dsc_0194_2

猫繋がりで、市内でいつも「いらっしゃいませ~」とお客さんを呼びよせている働き者の招き猫。

         町田市「小山田緑地」にて(10月28日)

夕方18時から、急に外からポンポン連続して聞こえてくる音は花火の音。どこかしらとネットで調べてみたら厚木の花火大会のようだ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自然豊かな“相模原北公園”の秋♪

2011.11.04(金)sun朝からポカポカと暖かな陽気。お出かけ気分が募ったけれど、少々風邪気味で朝も起きられず、午後はうつらうつらと仮眠までsleepy一日休養日になってしまった。ちょっと疲れがたまるとこの始末で、仕事もしないで楽な日々を過ごしているのに情けないcoldsweats02 

  clover 北公園の秋 clover

2011_1020_152448dsc_9466

千日紅の花がたわわに咲いた入り口付近花壇

2011_1020_153028dsc_9475

北公園は薔薇園以外も見所が一杯!石庭の向こうは少し前にご紹介した薔薇園

2011_1020_153058dsc_9476

石の後ろに咲く“ホトトギス”の花

2011_1020_152953dsc_9472

“マルシャリンバイ”の実。花期の花は見たことが無いけれど、実の目立つ木の花は意外と目立たなくて見過ごしていることが多い。

2011_1020_160226dsc_9547

真っ赤では無いけれど、多分赤くなる前の“ななかまど”の実。今頃あちらこちらに彩りを見せる赤い実は“ななかかど”が多い。この木の花も意識して見たことが無く、秋の赤い実ばかりが浮かんでくる。

2011_1020_160306dsc_9548

“メタセコイア”の若い芽が伸びている。この葉が、やがて茶色に色付き、散り始めると公園のこの辺一帯の地面は茶色く埋め尽くされてしまう。

2011_1020_162908dsc_9604


地面に黒い実が沢山落ちていたので見上げてみると、こんな風。木につけられた名札を見ると、“ヒトツバタゴ(別名なんじゃもんじゃの木)”だった。いつか花を見たいと思っていたのに、この木も実を見る方が先になってしまった。秋になると実を結ぶ木々を、今年は沢山見る事が出来た。こんな年齢になって初めて気づく自然界の摂理に新鮮な感動を覚える秋。

2011_1020_160845dsc_9566

公園内の水辺に向かう途中には滝があり、

2011_1020_160911dsc_9568

その滝の水が流れ落ちる先の池。畔にはミニ薔薇が咲き揺れていた。

2011_1020_161125dsc_9574

池に棲む鴨が突然羽ばたきをして驚かしてくれたり

2011_1020_163421dsc_9617

緑の水面をすいすい泳いで見せてくれたりのお楽しみも

2011_1020_163113dsc_9611

初夏に白い花を見せてくれた“山帽子“の葉も赤く染まる

2011_1020_161420dsc_9580

“オオムラサキ”の小さな実

2011_1020_162739dsc_9598

この時期、どこの公園でも見かける“女郎蜘蛛”

2011_1020_164726dsc_9638

モダンな石畳によく似合うベンチ。

2011_1020_152807dsc_9471

公園内の行く先々で会った元気にお散歩中のワンちゃん。 公園は人にも動物にも優しい場所。沢山のワンちゃんがお散歩にやってくる。

                       (10月20日撮影)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月始めのジャズ&10月に訪れたコスモス畑など♪

2011.11.02(水)sunここ数日は夏日ともいわれるようなお天気だったり、今日も暖かく過ごしやすい一日。秋は深まり11月に入った。10月末には郵便局から年賀状の御用聞きさんが来て、発売日の翌日の今日は注文した枚数が届いた。

町に出れば、早くもサンタクロースやクリスマス・ツリーが展示され、年末のディスプレーに変わっている。サンタクロースの姿を見て、お鍋などを買いに行った筈のハンズで、思わず展示の始まっていた来年の猫カレンダーまで買ってしまったcoldsweats01 

  cd 久し振りにゴンサロを聴く note 

2011_1102_135603dsc_0283

アルバムタイトルになっているジョン・レノンの曲“イマジン”はゴンサロのピアノソロでスタートする。秋の午後、久しぶりに聴きながらゴンサロのピアノの巧さに、改めて鳥肌立つ思いで、2度も続けて聴き入ってしまった。93年ニューヨークでの演奏は、国交の途絶えていたアメリカとキューバにとり、キューバからのジャズマンを迎えるということ、又演奏を行うことは大変なことだった筈である。しかし、ゴンサロの才能を見出していたディジー・ガレスピーが数度のキューバでの演奏にはゴンサロのピアノと共演したという事実、そのガレスピーが93年1月に亡くなり葬儀が行われる時には米国務省がゴンサロが、ガレスピーの遺体を納めた棺の介添え人となることを認めて入国ビザを発給したという。そしてこのアルバムの演奏は93年の5月に実現している。

アルバムに取り上げられた7曲の中、3曲目の“ファースト・ソング”を聴いていて、おや?と思い、初めてライナー・ノーツを読んでみた。やはり温かみのあるベースの音色はチャーリー・ヘイデンだった。そしてドラムスはジャック・ディジョネット。3人のトリオ演奏はそれ一曲だけだが、その後のヘイデンとの“ノクターン”や”ランド・オブ・ザ・サン”のアルバムに繋がってゆく。超絶技巧と言われるゴンサロの、このアルバムでのピアノは技巧だけでは無く、つむぎだす彼のピアノは、聴く者の心に沁みいる演奏を、聴く者におもねることなく届けてくれる。客体化した演奏は、強烈な個性を持ちながら、リリシズムに溢れ、ダイナミックであり、またロマンチックで優しく、かつ自分本意ではない。

ゴンサロはガレスピーを敬愛してやまない。ガレスピーに捧げた“DIZ”と言うアルバムが我が家にやってきた1枚目のアルバムだった。それから集め始めた彼のアルバムはリーダー作も含めて10枚を超えている。ここ数年は新作が出ているのかわからなけれど、発売されているなら聴いてみたい筆頭のゴンサロ・ルバルカバ。

  tulip コスモス畑 tulip

2011_1019_103842dsc_9396


コスモス畑のすぐ側に、メルヘンのようなコスモスピンク色のお家が建っていた。

2011_1019_103448dsc_9380

秋桜がたわわに咲く畑

2011_1019_103602dsc_9385

ようこそ!コスモス畑へ!

2011_1019_104103dsc_9408

コスモスの花は優しい。

2011_1019_103852dsc_9397

秋、優しく語りかけてくれる色とりどりの花達

2011_1019_103914dsc_9400

大和の観光農園で一番の見頃を迎えていた日(10・19)

 tulip ふれあいの森のコスモスは

2011_1016_170446dsc_9316

観光農園からも近い公園。買い物前に立ち寄ったのは夕方だった。上の写真の日より3日早い日曜日。ここのコスモスはまだ蕾が多かった。

2011_1016_170340dsc_9312


コスモス畑のすぐそばの広場はバーベキューをする人達で一杯だった。

2011_1016_170651dsc_9324_2

鬱蒼とした木々に囲まれたコスモスだけれど

2011_1016_170840dsc_9330_2

もっと時間が早ければ、そしてこの数日後には

2011_1016_170925dsc_9331

満開の花達が賑やかに競い合ったに違いないnote

2011_1016_171000dsc_9333

そして、コスモス畑の周りの畝には、早くも次の季節の苗が用意されていた。(10・16)

 bud ウインター・コスモスは

2011_1102_140404dsc_0286

我が家の環境に馴染み始めているnote

2011_1102_140624dsc_0292_2

本家の女子サッカー“なでしこジャパン”は紫綬褒章を受章。我が家の“新入りなでしこ”も負けずに元気に沢山の花を咲かせてネbud


2011_1102_140419dsc_0287_3

ミニ薔薇の赤ちゃんが

2011_1102_140601dsc_0291

黄色いお姉さん達を見上げて、早く大きくなりたそうに背伸びをしていたbud



 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »