« 蘆花恒春園の庭を歩く♪ | トップページ | 夫の通院付き添い。&蘆花旧居に残された道具など。 »

映画「ミリキタニの猫」鑑賞

2011.10.18(火)sun 季節は廻り、10月も半ばを過ぎた。相変わらず今年の地球環境は、日本だけでは無く世界のあちこちで、水害に悩まされている。タイのアユタヤ、首まで浸かる程の水。被害に遭われた現地の人々とともに、日本企業はまたも苦しめられている。どこまでも治まることを忘れたかのような気象の暴れ方。タイの水害の、一日も早い収束が訪れますように天に祈るしか術もない。

  bud 秋は薔薇の季節 bud

2011_1016_111314dsc_9307

春・夏・秋と良く咲いてくれるミニ薔薇達。黄薔薇も元気に咲き始めた。

2011_1017_114657dsc_9344

ちょっと秋っぽい我が家のテラス。

2011_1017_164105dsc_9353

夕方のケイトウが、初雪カズラの赤い葉がボケて赤く燃えたshine

2011_1017_164256dsc_9357

本当はちょっぴり淋しい秋の夕暮れ昨日は朝から軽い風邪症状で、そういうときの為に処方されている弱い風邪薬を飲んだら、一日だるくなってしまい時折外を眺めたりしながらの仮眠など、ボーっとした一日を過ごしていた。

夜、今日の午後のテレビで放映される映画の事を、友人がメールで知らせてくれた。録画担当の夫に頼んで早速録画予約。

今日は朝から電話が入り、ちょっとごたごたした午前中を過ごした。軽い風邪は昨日一日養生したお陰ですっかり抜けてくれたので大助かり。

  bread ランチ cafe 

2011_1018_141055dsc_9363

遅めのランチは定番のサンドイッチと珈琲と果物。ハムサンドと蒸した南瓜と生バジルのチーズトーストにスイートコーンの豆乳スープ。テレビの前で、1時から始まった映画を追っかけ再生しながら鑑賞。

  movie 「ミリキタニの猫」 tv

ニューヨークの路上で絵を描きながら暮らしていたジミー・ツトム・ミリキタニ氏の絵を買ったことから彼のドキュメントを撮り始めた女流監督のこの作品は、2007年に日本でも公開されていたようで、多くの賞を受賞している。ご覧になられた方も多いかもしれない。

知らなかった自分は友人からのメールの、先ずは“猫”がつくだけでも興味をそそられてしまい、思いがけず素晴らしい映画との出会いとなった。“事実は小説より奇なり”という言葉があるが、これほどの生涯を送ったミリキタニ氏と出会い、あの同時多発テロの起きたニューヨークの街から、自分の家に引き取り、彼の生きる為の今後に手を尽くしながら、素晴らしいドキュメンタリー映画を作り上げたということも奇なることとの深い感慨を覚えた。

その内容の素晴らしさは、主人公がご本人であることで更なる味わいの深さを増してゆく。つくりものでは無い事実の過去にさかのぼりながら、現在が進行してゆくなかで、かって起こった戦争の無情や悲惨、戦禍に翻弄された主人公の怒り、そして許すことが出来る日がくる過程は、映画を撮りながら真剣にミリキタニ氏の晩年の方向を共に作った監督たちの偉大な力も見落とすことは出来ない。ミリキタニ氏、映画の中で80歳から81歳を迎えていた。衰える事の無い頭脳と体力で、これまでのことを正確に語り、絵描きである日々を全うしてゆく。

友人からのメールの中に、ミリキタニ氏は老人ホームで、ご健在と書き添えられていた。

アメリカ国籍でありながら、今の日本人が忘れかけている気骨を持った誇り高い日本男児でもあった氏のご健康が、いつまでも続きますように。

  tv テレビ離れが進んでいるsign02

と言う記事を見かけた。特に今年は3月のあの大きな震災・原発事故がらみの番組も多かった。視聴者の都合では無い地デジへの移行もあったけれど、我が家は今年ほど、真剣にニュースを見た年は無かった。そして衰えつつある体力は、テレビ視聴の時間もついつい長くなりがち。この秋は、幾つか気になるドラマを見始めている。今日のようないい映画も、そして大好きなジャズ番組、恒例の「東京ジャズ」4時間半もリアルで視聴してしまったnote感想を書く暇などない位、結構充実した番組が目について時間が割かれている始末coldsweats01




        

 

 

|

« 蘆花恒春園の庭を歩く♪ | トップページ | 夫の通院付き添い。&蘆花旧居に残された道具など。 »

園芸」カテゴリの記事

料理」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

昨日の夕方も「かまちゃん?」が、家のサッシのあたりに居たんですよ~confident
今朝見たら居なかったので、きっとchisa-pieさまの
ところに帰ったかもしれませんねhappy01

テレビ離れが進んでる・・・
そう思います。
特にゴールデンタイムはどこのチャンネルも同じ顔ぶればかりで、もったいぶった演出で腹が立つこともhappy02
でもBSプレミアムはいい番組が多いですよね。
先日の東京ジャズも、あまり長いので録画して3回ほど
見てました。
若手のジャズもいいけれど、ベテランの方の演奏を聴くと
ウキウキしますねnote

投稿: kazu | 2011年10月19日 (水) 20時29分

kazuさん
こんばんは!

そちらで滞在していた方が安全かもしれないので、
もし、もう一度見たら、
「かまちゃん、いつまでもここにいなさい」で、
どうでしょうsign02長旅の危険が心配でcoldsweats02
もし帰ったら、お祝いしちゃいまけどheart04
tv東京ジャズ、今年も良かったですね。
4時間半びっしり見ましたよ~note
布袋さんとマイク・スターンとリー・リトナーもよかったし、
日野照正さん親子共演も良かった。けれど、せっかくの
矢野沙織さん荻原亮さんなどもっと聴きたかったですね。
終わった後は、アル・ジャロウの歌をCDで聴いたり、
欲張ってCDまで聴いてジャズ漬けでしたcoldsweats01
tvG・タイムは、あまり好きな番組が無いので
見ませんが、
BSプレミアムとか、BS系は「地球伝説」の動物ものとか、紀行ものなど、よく観ます。
又秋の民放のドラマは、“南極探検”のドラマがいいみたい。。主演がキムタクで、実話に基づいた感動の第一回を見て最後まで見るつもりでいます。
それから今夜は録画で明日見る予定ですが、
“家政婦三田”も面白そう。最近テレビっこでもありま~すhappy01

投稿: chisa_pie | 2011年10月19日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/53024379

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミリキタニの猫」鑑賞:

« 蘆花恒春園の庭を歩く♪ | トップページ | 夫の通院付き添い。&蘆花旧居に残された道具など。 »