« 連休谷間の麻溝には人にも花にも猫達にも平和な時間が♪ | トップページ | 蘆花恒春園の庭を歩く♪ »

世田谷区“蘆花恒春園”を訪ねてみた♪

2011.10.14(金)suncloud朝のうちは穏やかな日射しが室内に差し込んでいたが、お天気は下り坂に向かうのか、風が出て少し曇ってきた。

  clover 蘆花恒春園   clover

2011_1012_155218dsc_9191

徳富蘆花旧宅。

世田谷区粕谷にある“蘆花恒春園”を訪ねてみた。24年前まで、この蘆花の名を冠した京王線芦花公園の駅近くに11年暮らしていた。二人の子供達の育ち盛りの頃だった。先日は中学の同期会で懐かしい渋谷区桜丘近辺を歩いてきた。 そして前居住地の芦花公園。行く機会が余り無く、徳富蘆花の旧宅があるこの公園は、子供達や生前の妹達と、又当時飼っていた犬の散歩などに行ったきりで、旧宅は前を通りながら一度も中に入ったことが無かった。商売の裏方、子供達のPTA活動、趣味の習い事など一番忙しく暮らしていた時期でもあった。思い切って出かけて、懐かしい景色の中を歩き、蘆花の旧宅を見学することが出来た。

2011_1012_152951dsc_9140

旧宅の向かい側の広い敷地内の奥まった、


2011_1012_152831dsc_9136

しかし風通しのいい気持ちの良い場所に夫妻の墓があった。左に兄蘇峰が書いた愛子夫人の墓誌、写真に入らなかったが右手には同じく蘆花の墓誌がたっていた。数え60歳(今時なら50代の終わり)に逝った弟への言葉の最後には、“兄徳富蘇峰六十五歳 涙をぬぐいつつ書く”と記されている。ここで手を合わせてから旧宅へ。

2011_1012_152531dsc_9134

墓所内に居た猫cat 

2011_1012_154919dsc_9187

時に猫が紛れて入ってしまうことがあるのかもしれない。中に入り扉を閉めてお邪魔した。屋内に人の姿は無く、上がりかまちにノートが一冊置かれて、記名出来るようになっていた。さすがに防犯カメラは設置されている。

2011_1012_154854dsc_9185

入ってすぐの土間に設けられた釜戸の上に往時に使用されていたと思われる古い釜があった。

2011_1012_153439dsc_9146

土間から上がったすぐの部屋の小さな囲炉裏。右手には五右衛門風呂があり

2011_1012_153529dsc_9148

左手の次の間には、箪笥。上にある小箪笥は愛子夫人に蘆花が買い与えたと書いてある。

2011_1012_154818dsc_9184

箪笥の後ろの部屋は2畳間。蘆花の書いた作品“みみずのたわごと”の中に、引っ越してきた年に風呂と女中部屋を建て増したとあった。

2011_1012_153543dsc_9150

部屋を照らす灯り

2011_1012_153617dsc_9152

順路に沿って廊下を歩くと、昔ながらの歪んだようなガラス越しに、次々建て増しされていった家屋の向こうや中庭が風情ある様子で見えてくる。

2011_1012_153657dsc_9155

蘆花夫妻が慈しんだであろう庭の景色

2011_1012_153718dsc_9156

廊下の隅にあったオルガンは、日露戦争以前のもので、国産としては日本最古の教会オルガンで西川製、大変貴重なものであるという新聞記事が、次に立ち寄った記念館の中に貼られていた。

2011_1012_153818dsc_9158

蘆花の写真の前に、蘆花が休んだ古風な寝台が置かれている。

2011_1012_153835dsc_9160

その次の間には、両肘の付いた足を伸ばしてくつろげるソファがあり、大勢で集まれる大型のテーブルと椅子もしつらえてあり、モダンな生活スタイルがしのばれた。晴耕雨読の生活の中でのくつろぎには、このようなスタイルは畳に座るよりどんなに楽であったことか。

2011_1012_154326dsc_9172

立派な書体で書かれた“梅花書屋”の額が掛けられた書院

2011_1012_154601dsc_9179

廊下を歩きながら外を眺めれば、蘆花夫妻の愛した庭は豊かな自然が一杯で目に眩しい程の緑が飛びこんでくる。40歳で青山の借家から当地に越してきて、晴耕雨読の日々を過ごしながら文章を書き、村の人達との交流、夫妻で世界旅行に出かけたりなど20年間暮らしたという旧居。その生涯は今の時代であれば短いけれど、敬虔なクリスチャンであったという蘆花の生涯は幸せなものであったにちがいない。蘆花が亡くなった10年後に、愛子夫人が東京市に土地、建物、蘆花の遺品一切を寄付して、その後生れた“蘆花恒春園”という公園。死してなお、その魂は粕谷のこの地に夫妻で眠り続けていた。

若いころに訪れていたなら、今回のような感想を持つことも無かったかもしれない。今の年齢になって初めて共感出来る暮らし方への感慨、それも縁というもので、遅ればせながら蘆花の書物にも触れてみたくなった。次回は庭を歩いてみます。

|

« 連休谷間の麻溝には人にも花にも猫達にも平和な時間が♪ | トップページ | 蘆花恒春園の庭を歩く♪ »

地域の公園」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

蘆花恒春園というこちらの公園
いつか行ってみたいと
ずっと思っていたところです。
実際に蘆花が住んでいた建物が
大切に残っているのですね~。
中も入れるなんて、いいですね。
お庭も楽しみにしています。

投稿: 雲母舟 | 2011年10月15日 (土) 11時54分

ご無沙汰しております。

芦花公園、●十年行っていないので、お写真拝見
して行ってみたくなりました。
お庭の写真もですが、感想も楽しみです。
また、お邪魔しますね~

投稿: yuriko | 2011年10月16日 (日) 08時20分

雲母舟さん
こんにちは!
今日はいいおてんきsun撮影日和ですねnote
“蘆花恒春園”
お恥ずかしいことに若いころは、興味も無かった筈で、
今回、訪れてみて、感慨深いものが沢山ありました。
このような、生活の歴史が残る建物が、
無料で公開されている事に驚きでした。
きちんと保存されるためにも、個人的には
幾らかの入場料を払ってもいいと思えました。
京王線芦花公園駅からは歩いて15分位かかるかしら?
秋の紅葉の頃もきれいではないかと思います。
いつか是非note

投稿: chisa_pie | 2011年10月16日 (日) 11時44分

yurikoさん

こんにちは!
ブログにはお邪魔しているのですが、お久しぶりです。
“蘆花恒春園”久し振りに行ってみて
又行きたくなっています。

今の住まいからだと、carで東名瀬田から環八に出て、
世田谷公園の前を過ぎ、じきに蘆花公園です。
思えば、前の住まいもそんなに遠くない場所でした。
yurikoさんのところからなら、もっと近いのでは?
秋の紅葉もよさそうでしたよmaple
後で、お庭の様子などUPの予定でいます。

投稿: chisa_pie | 2011年10月16日 (日) 11時53分

Fantastic article post.Much thanks again. Want more.

投稿: slim fast diet | 2013年1月19日 (土) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/52986900

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷区“蘆花恒春園”を訪ねてみた♪:

« 連休谷間の麻溝には人にも花にも猫達にも平和な時間が♪ | トップページ | 蘆花恒春園の庭を歩く♪ »