« 高円寺阿波踊り後の街 | トップページ | 大型台風の余波は今日も続く。8月宮ヶ瀬の夕暮れ時。 »

阿波踊りの帰りはいつもの店で。虫のこと。そして野鳥の様子が変?

2011.09.02(金)suncloudraincloudrain~???青空に、入道雲や千切れ雲、そして小さな雨雲が発達すると、にわかに風が吹き、ほんの短い通り雨。これまであまり経験したことのない気まぐれに変わりやすいお天気。通り雨の向こうは青空だったりsign02雨がやめば、大急ぎで始まる蝉の合唱notes気がつけばもう9月。暑かった夏も秋に向かう季節となった。のろのろ大型台風に脅かされながら、買い物に出たり、洗濯をしたり。海の向こうアメリカのハリケーンの様子をテレビの映像でちらりと見たが大変な惨状で、今回も免れない日本の豪雨といい、今年は世界のあちこちの天候による大きな被害がとりわけ多いような気がする。

民主党の新しい閣僚も午前中には決まったようだ。せめて人間がコントロール出来る世界だけでも、停滞の無いスムーズに物事が運ぶ社会であってほしい。

  snail 覗きeyesign02

2011_0901_121927dsc_7247

網戸越しにふと感じる視線は、かまきりだったeye とうに居なくなったと思っていたら、葉の繁った鉢の間を移動しながら、我が家の大きな蟻達やくちなしの葉を食い荒らす青虫などを捕まえて食べていたようで、どうやら居ついてしまっていたみたい。アクロバットのように逆さまに網戸にしがみつき、室内を覗きこむ。ちょっと慌てて着がえの手を止め、・・・・happy01ナーンテ、マサカネ(笑)

最近大きな蟻が増えて困っていた。殺生はしたくないし、ほっておいたらかまきりが来て、自然界の掟通りの結果のようで、今日は一匹も見当たらない。蟻には可哀そうだけれど、ちょっと感謝の気持が芽生えています。(PM2:00記)

  sign05 高円寺「ブリキの時計」 sign05

2011_0828_183409dsc_7157

阿波踊りが終わり、賑やかな商店街を抜け、西口商店街方面に歩いてゆくと、高架下から一本手前すぐにある「ブリキの時計」マスターが切り盛りする静かな雰囲気が、祭りで高揚した街での気分を癒してくれそうで、今年も此方で一息beer

2011_0828_183443dsc_7161

オープン間もない時間

2011_0828_184155dsc_7167

店内には、静かな音で大人のジャズ・ボーカルが流れnote

2011_0828_185042dsc_7169

大きなテーブルは予約席のようで、

2011_0828_185119dsc_7174

ランプが灯る奥の席も悪くないflair

2011_0828_185049dsc_7170

温もり色の灯り

2011_0828_185052dsc_7171

ミニチュアの洋酒ラベルコレクション

2011_0828_185058dsc_7172

そのボトルのコレクションも。

2011_0828_185133dsc_7176

ビアズリーが描いた愛をほのかな灯りだ照らしだしていた。

カウンター席に座って、この不思議に落ち着くレトロで洒落た空間で注文したのはカンパリソーダ。ライムの香りが鼻をくすぐり気持ちよく喉を潤おしてくれた。マスター手作りのおつまみにマスターとのおしゃべりを楽しんだ後、「又来年来られたら・・・」と暇を告げた。

2011_0828_201102dsc_7181

駅に向かう西口商店街、高架よりの道路は祭りの宵が続き、熱気溢れる人の群れ

2011_0828_201231dsc_7182_2

さて駅まで歩いてゆけるのでしょうか?

2011_0828_201308dsc_7183

祭りを楽しむ人達がこんなに沢山いるsign03その熱気が伝わってくる通りを何とか駅まで歩いた。

2011_0828_201532dsc_7184

駅北口の阿波踊りの提灯の向こうも人が沢山。例年ならまだ阿波踊りの鳴りものと踊りの列が続いている時間。来年はいつも通りの時間に開催となりますように。

2011_0828_202437dsc_7189

滅多に乗ることの無くなった電車に乗る。車を止めた一駅先まで

2011_0828_203654dsc_7192

中野サンプラザ前

2011_0828_203729dsc_7194

何かの公演が終わったようで、沢山の人が溢れるように劇場を出てきている。一歩手前で通過することが出来た。

                      ( 8月28日撮影)

午後は、短い通り雨や強い風が吹いて、いつにない不穏なお天気。日暮れになってもいつもなら鳴きやまない蝉しぐれをしのぐように、公園の大きな木からは鳥たちの大合唱が木を揺らしながら近隣に響き渡っている。時折窓の外を見ると、何千羽、或いは何万羽という小鳥の群れが、大きな公園の木を群れで移動。直に又もう一方の木に群れてゆきの大合唱は暗くなっても止むことなくまだ続いている。小鳥の群れがそんなに飛んで往復するのも異常なら、このさえずりの合唱も木が唸りをあげているようで、初めてのこと。台風か、地上に起こりそうな何かに怯えてでもいるのだろうかと、此方も不安になってくるような、そんな鳥たちの様子。

「小鳥達、早く枝に止まってお休み。何事も無いことを祈りながら早く寝ようsign03」そんな声など聞こえるわけも無く、強い風が吹き、木が揺さぶられると、さすがに飛び立つ事はしなくなったが、又ひと際大きな小鳥の合唱となって。 (PM6:50記)

 

|

« 高円寺阿波踊り後の街 | トップページ | 大型台風の余波は今日も続く。8月宮ヶ瀬の夕暮れ時。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

虫の世界」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/52628415

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波踊りの帰りはいつもの店で。虫のこと。そして野鳥の様子が変?:

« 高円寺阿波踊り後の街 | トップページ | 大型台風の余波は今日も続く。8月宮ヶ瀬の夕暮れ時。 »