« 母を訪ねてから季節の花探しへ♪ | トップページ | 秋のジャズ♪&かまちゃんの一日&お惣菜一品! »

『大鹿村騒動記』&原田芳雄さんのLP♪

2011.09.15(木)sun蝉の鳴き声も力なく聴こえてくるのに、この暑さsweat01 テラスの床にも蝉の亡き骸が転がり始めた。予報では来週彼岸入り位には秋めいてくるのではないかと。

  movie 久し振りの映画鑑賞 movie

2011_0914_121028dsc_7867

近くの映画館で一週間限定で公開された『大鹿村騒動記』を朝一番の一回だけの上映だったが、どうしても観たくなり、昨日朝夫と二人で出かけた。

主演の原田芳雄さんが最後の力をふりしぼってこの映画の舞台あいさつに車イスで登場された姿をテレビで拝見して、その余りに美しく浄化されつくしたような風貌に打たれたからだった。最近までのドラマなどで拝見していたどっしりとした風貌では無く、悟りを開いた高僧のような細くて透明なお姿が目に焼き付いていた。

映画は、主演の原田芳雄そしてベテラン俳優達全ての好演技によって素晴らしい映画となって、大鹿村の歌舞伎の練習から公演の日までを、村に起きる様々な出来事を織り込みながら、大らかなドラマとして進行する。原田さんは病であることなど感じさせない様子で、しかし俳優としての大きさをまざまざと感じさせる演技は最高のものであったのではないかと思えるほど。そして彼の後姿がスクリーンに映し出された時は、何故かブルースだと思えて仕方なかった。それもとりわけ骨太のsign03

観ているうちに自分も大鹿村の仲間になっているような奇妙な感覚に襲われながら最後まで飽きることなく観る事が出来た。奇妙に可笑しい役者さん達の台詞のやり取りが客席を笑わせる。何だか懐かしいアングラ的な感じを受けなくもない。最後の歌舞伎の場面も文句無く素晴らしい。製作者俳優さん達の熱意のこもった見事な映画が1本、原田さんの遺作のように残された。こんな素晴らしい映画が1000円という料金で公開されている。

  note 原田芳雄さんがブルースを歌う

2011_0915_133328dsc_7908

note そんな貴重なLPが1枚我が家に在った。

2011_0915_133739dsc_7911_2

note1981年当時、手に入れる前はもっと骨太な感じと思っていたけれど、意外に繊細な感じを受けたような記憶があった。原田芳雄、大木トオル、宇崎竜童、ダウンタウン・ファイティング・ブギ・ウギ・バンドによる作品。

2011_0915_134112dsc_7913_2

中に入っている歌詞カード兼ライナー・ノートの表裏面の写真。

針を落としてみた。当時よく聴いていた時のままの歌声が聴こえて来た。歌よりも原田さんの人間性が醸し出す写真や作品がブルースを思わせるのだ。

原田芳雄さん、今年7月19日に惜しくもこの世を旅立たれた。わたくし事ではあるけれど、奇しくもこの日は妹の命日でもあった。

原田芳雄さんのご冥福を心からお祈り申しあげます。

  note 映画館の外に出ると

2011_0914_122001dsc_7872

ルイ・アームストロング

note

2011_0914_122035dsc_7873

マイルス・デイヴィス

ビルの4階映画館前にマックがあった。その店内の壁に、何故か往年の巨匠と言えるジャズマンの絵が2枚飾られていた。どこのマックにも飾られているのだろうか。年のせいかマックを利用することは少なくって久しい。サッチモやマイルスへのオマージュのように飾られた作品に惹かれて、昼食用のバーガーやフィレオ・フィッシュを買いに入り、写真撮影の許可を頂いた。

素晴らしい才を持ち合わせた巨匠達も今はこの世に無く、しかしその才能が多くの作品を残し、今でも新鮮な感動を呼び覚ましてくれる。天才達の奏でる音は決して古びることはない。帰宅して、昼食をとりながらマイルスやサッチモのジャズに耳を傾けたのは言うまでも無い。

そして、その前に観た大鹿村の映画は、すでに懐かしい場所の記憶のように自分の中に息づき始めていた。たくまざる演技で映画の中に出てきた可愛い2頭の鹿達に会うことが出来るなら行ってみたい気がする大鹿村。

2011_0914_122504dsc_7877

映画館の駐車場からの景色。夏の暑さが残る空の青さ。いつもは2階までの駐車場しか利用していないので、4階から見える景色は新鮮だ。

2011_0914_122824dsc_7881_2

我が家から車で10分とかからない映画館。もっと利用しなければ。暑い時期の冷房が辛いけれど、対策用の上着を持って、又出かけてこよう。



 


|

« 母を訪ねてから季節の花探しへ♪ | トップページ | 秋のジャズ♪&かまちゃんの一日&お惣菜一品! »

JAZZ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

かまちゃんネタで、悪乗りしてしまいましたcoldsweats01
すみませんsweat01

この映画は話題になっていましたね。
こちらで上映されることになったら、是非観に行きたいですmovie
私もマックはあまり行きませんが、このサッチモやマイルスの絵は珍しいと思いますよ。
やはり写真を撮らせていただくときは、お店の方に許可を頂きますよねsign02
いつもどうしていらっしゃるのか、他の方のブログを見ても気になってました。
いつも美味しそうな料理は写メをしたいと思いつつ、いつも手を付けてしまってから気づきますrestauranthappy01

投稿: kazu | 2011年9月15日 (木) 21時41分

kazuさん
こんばんは!

とんでもないこと!
朝からkazuさんと楽しいコメント会話が弾み、
そのネタで、又夫婦の会話も弾みました。
昼帰りのかまちゃん写真は又明日掲載予定ですが、
しつこいかしら~sign02coldsweats01
やはり、サッチモやマイルス珍しいのかしらsign02
思わず、写しておきたいと・・・camera
時と場合に寄りますが、撮影のお断りを入れるのは
礼儀かもしれませんね。
時により無しの時もありますが、
お断りをすれば、遠慮なくというところもあるので
ベストですよね。
お料理、私も手をつけてから気がつくことが
多くて・・・・・・sweat01
夕方から、かまちゃんは又行方不明catface
もしかして、浅川マキが歌うハスリンダンのように
「私のいい人」のところへ、な~んて、
かまちゃんネタは尽きずでして・・・・・coldsweats01

投稿: chisa_pie | 2011年9月15日 (木) 23時01分

kazuさんへ その2

『大鹿村騒動記』、早く観たい場合は
ネットで上映スケジュールをご覧になると
上映館と時間がわかるので
予定が立てやすいかもmovie

短い日程の所が多いみたいですね。

投稿: chisa_pie | 2011年9月15日 (木) 23時16分

おはようございますcloud

良かったconfident
私もかまちゃんネタで、1人でニヤニヤしておりました。
映画情報ありがとうございますup

投稿: kazu | 2011年9月16日 (金) 08時40分

kazuさん、
かまちゃんは虫なので
自由に楽しいネタで盛り上がるのが一番sign03
我が家では、
居ないと心配しながら、
「悪いものを食べてお腹を壊していないかしら?」
「大正漢方胃腸薬を出しておいてやろうか」とか
そんな軽いノリでで、かまちゃんの滞在を
楽しんでいますnote
今日は日中11時過ぎから5時を過ぎても起きずsleepy
夜遊びしすぎかもhappy01

投稿: chisa_pie | 2011年9月16日 (金) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/52735420

この記事へのトラックバック一覧です: 『大鹿村騒動記』&原田芳雄さんのLP♪:

« 母を訪ねてから季節の花探しへ♪ | トップページ | 秋のジャズ♪&かまちゃんの一日&お惣菜一品! »