« 北鎌倉「東慶寺」境内にて。その2 | トップページ | 引地川沿いを歩く♪ »

自然豊かな大和「泉の森」に秋桜を見に♪

2009.09.30(金)sun窓の外で吹く風が、公園の大きな木の黄葉を散らし始めている。直に落ち葉の季節がくる。午前中は夏の名残を思わせる暑さだったが、風はは爽やか、9月最後の一日。

洗濯物を干し、テラスの落ち葉を掃除して一息。先日M子さんからコメントで教えて頂いたマイルスの番組を先日観た。今夜は行方不明になっていたというそのマイルスの東京公演の模様が放送される筈で、午前1時40分からのNHK番組を録画予約。マイルスの音色が聴きたくなって、“死刑台のエレベーター”を流しておいた。映画の画面を見ながら即興で演奏したと、昔何かで読んだ気がする。マイルスの宇宙は、透明感ある音で物語を追う様に、静かに、そして激しく緊迫感ある音が流れる。共演者もいるけれど、マイルスの音だけは、時空を超えている。

  clover 泉の森 clover

2011_0928_160943dsc_8650

マリーゴールドが迎えてくれる花園

2011_0928_161053dsc_8652

垣根で囲われた花壇の中も菊科の黄色い花が一杯咲いて

2011_0928_161113dsc_8653

花壇を囲む地面には秋明菊

2011_0928_161130dsc_8654

自然のままに咲いているような

2011_0928_161147dsc_8655

白い彼岸花と秋明菊。秋を物語るに相応しい花達

2011_0928_161207dsc_8656

秋海棠(しゅうかいどう)ベゴニアによく似たこの花の名は昨年東慶寺で教えて頂いた。今年はお寺の境内では見つけられなかったけれど。

ベゴニアによく似ているのは当たり前で、ベゴニア属の花だった。花の名はやはり秋に相応しく。

  snail 蜘蛛の巣

2011_0928_161251dsc_8657

これは!花壇の蜘蛛“女郎蜘蛛”花壇の空中に浮かぶように巣を作り手足を広げていたsign03

2011_0928_161302dsc_8658_3

蜘蛛はこちらがじっと見ているだけでは動くことも無く、生きているかも不明なようだが、一たび人の手などが近付くと、一瞬で上のようなポーズに変わってびっくりsign03夫の腕が近づいたので、いつも平和な花壇のアクシデントに蜘蛛の方こそ驚いたのでしょうhappy01ところで女郎蜘蛛にかまれると微量ながらも毒があるということで、気をつけなければいけない。今頃の季節は蜘蛛の巣があちらにもこちらにも。

  tulip 秋桜

2011_0928_161601dsc_8660

コスモスを見たくて、昨年と同じ広場に

2011_0928_161622dsc_8661

昔ながらのこの優しい風情ある花が好きで、今年も見たくなった

2011_0928_161714dsc_8662_2

白や薄いピンクの花が揺れる様子は、幼いころの祖母の花壇の思い出

2011_0928_161739dsc_8663

開花の時期には少し早かったようで、花の数はまばらだった

2011_0928_170407dsc_8741

数日経てば見頃を迎えそう

2011_0928_170435dsc_8742

秋桜の花壇近くには彼岸花も咲いていた。秋の花達note

        大和市泉の森にて (9月28日撮影)

泉の森の秋は、自然豊かで気持ちがいい。この後もしばらく散策が続きますnote

 

 

 

 

 

|

« 北鎌倉「東慶寺」境内にて。その2 | トップページ | 引地川沿いを歩く♪ »

JAZZ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

虫の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/52871207

この記事へのトラックバック一覧です: 自然豊かな大和「泉の森」に秋桜を見に♪:

» 平野神社の紫式部 [雲母(KIRA)の舟に乗って]
桜の園でつぶらな瞳の紫式部と出会った。天神川近くのお地蔵さんは賑やかだ。 北野天満宮でお参りした後は、北門へ抜ける。 そして、天神川を渡れば、 平野さんの朱塗りの鳥居が見えてくる。 「平野の夜桜」で有名な桜苑で、今は紫式部の実がたわわに実り始めていた。 株数では市内随一といわれるだけあって、苑内のあちこちでしだれて実る紫を目にした。 初秋の桜林では、歌舞伎役者風の蜘蛛が紫式部と無言で対話する。 辺りはしんと静まり返っていた。 平野神社では明日10月2日(日... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 15時58分

« 北鎌倉「東慶寺」境内にて。その2 | トップページ | 引地川沿いを歩く♪ »