« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

麻溝の愛すべき猫達♪

2011.07.31(日rainの日曜日。今日は昼から夫の弟夫婦達とランチの約束だった。夫のすぐ下の弟の退職のお祝も兼ねていた。この日を楽しみにしていたのに、昨日夜にめずらしく熱が出てしまい、今日も朝から薬を飲んで良くなったらと頑張ったけれど、回復ならずで自分は急遽断念することになって、元気な夫が一人で出かけて行った。久し振りに一人だったので、夕方夫が帰宅するまで、ごろごろうつらうつらsleepy 今日も気温低めで、このところの陽気にすかっり夏風邪にやられてしまったようだ。 紫蘇の作業も最近の生活ペースにしてはちょっとハードだったのかもしれない。 夜に会えなかった兄弟達からお見舞いの電話も入り、せっかくの約束を欠席してしまい申し訳なくて、とても残念な日になってしまった。

 wine紫蘇ジュース作り終了 wine

2011_0729_133551dsc_5810

赤紫蘇との格闘がやっと終わり、紫蘇ジュース完成scissorsこの他にボトル6本程出来て、息子や知人のところへもおすそ分け。娘には空壜があったら持ってきてと伝えてある。都合4回程、1週間弱を大鍋でのジュース作り。それ自体はとても簡単なのだが、下準備の葉をむしり洗うことに時間がかかり数日にわたっての作業で疲れた~sign01一度は600gほど葉を丁寧に洗った後に来客があり、冷蔵庫にはその前の葉も大量に入っているため、室内に翌日までおいてしまったら、すっかり痛んでしまい、無駄にしてしまったcoldsweats02 それでもボトル換算で15本位出来たので良しとしましょう。

お漬物は、茄子と赤紫蘇を容器一杯入れてつけたものが、汁がどんどん出て、最初の汁を捨てたらこんな少量になってしまったけれど、しば漬けもどきが出来るかしらと期待しつつ、素人仕事なので失敗もありを覚悟の上で・・・・coldsweats01

  catcat 愛すべきニャンニャン達 catcat

2011_0729_165014dsc_5821

ジュース造りの完成を見た夕方、麻溝公園のニャンコ達に会いたくなって買い物前のひと時行ってみた。一番最初は道路でニャン丸にばったり!道案内よろしく先頭にたっていつもの場所にcat

2011_0729_164751dsc_5813

ニャン丸くんは、すっかり慣れて、目の前でくつろぐし、撫でても平気になって

2011_0729_164834dsc_5814

誰彼構わずというわけでもないようだけれど、

2011_0729_164907dsc_5815

次に会った黒猫のリリちゃんと、初対面のトラちゃん。「リリちゃん仲良くしようよ~heart04

2011_0729_164936dsc_5817

リリチャンがシャイで受け入れ体制が整わず、唸って挨拶を返したので、トラちゃん大人しく去る。

2011_0729_164937dsc_5818

「リリチャンと仲良くしたいのに~」と、気のいいトラちゃん。前にいた黒猫ジジちゃんの生まれ変わりかと思うような、ほっそりした体格と懐っこさを持った子で、初対面でもすり寄ってくる。このトラちゃんは公園で遊ぶ子供達のグループに「さくらだ~!」と呼ばれていた。又々可愛い新入りニャンコとの出会いが思わず嬉しいscissors

2011_0729_165048dsc_5822

「みんな集まったのね」とパンダもやってきた。

2011_0729_165118dsc_5824

相変わらず触ることは出来ないけれど

2011_0729_165422dsc_5833

トラちゃんもまったり!

2011_0729_165429dsc_5834_2

すぐ近くで和んでいるパンダも可愛い。

2011_0729_165451dsc_5836_2

ニャン丸のアップ!中々美形でしょsign03きつそうに見えるけど

2011_0729_165602dsc_5840

後輩が側に来たってこの通り仲良く、おっとり!

2011_0729_165717dsc_5841

アナベルが咲く季節は、夕方の猫集会が和やかに営まれている。この後は更に嬉しい出会いがあったので次回に続きます。

            麻溝公園にて(7月29日撮影)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「町田ダリア園」最終回

2011.07.30(土)cloud~戻り梅雨とも言われる今日の神奈川もはっきりしないお天気。

今年は異常に早い梅雨入りと梅雨明け、その後の猛暑に、ここ数日の豪雨と、今回も被害の大きい新潟、福島などの震災の復興もままならないうちに、追い打ちがかかるような天候の無情に、今日も雨マークがついた新聞の天気予報を眺めながら、川の氾濫による被害、田や畑はどうだったろうかと、いつに無い気象状況が冷たく恐ろしく、被害が拡大しないように祈るばかりです。

  clover ダリア園最終回  clover 

2011_0722_155323dsc_5640

ダリア園閉園は4時半、入場は4時までとなっていて、4時近くなると職員さん達の手に寄るダリアのお手入れが始まった。

2011_0722_155335dsc_5641

美しい花の姿を見る事が出来るのは、こうした日々の丁寧な作業のお陰。

2011_0722_160810dsc_5689

入場口の外に出れば、無料の駐車場。そしてダリア園を囲むように季節の花が咲いていて、園の外も楽しい。アガパンサスが涼しげに咲き、

2011_0722_161010dsc_5695

サルビアや千日紅が咲く

2011_0722_161108dsc_5700

百日草も規則正しく

2011_0722_161055dsc_5698

並んで咲いた

2011_0722_160822dsc_5690

夏の花や緑が活き活き、

2011_0722_161113dsc_5701


紫色の葉の間から千日紅が愛らしく顔を出し

2011_0722_161140dsc_5702

愛らしい花達が足元で揺れる。園の外に出ても、可愛いい花達が一杯tulip

2011_0722_161240dsc_5707

優しそうな農夫さんが店番するお店の裏には農園があって

2011_0722_161653dsc_5718

お花以外にも、お野菜の苗なども売られている。野菜の葉もカラフルで、お日さまの光があたるときれいsign01

2011_0722_161736dsc_5719


セージかサルビアか、ハーブ系の花達がびっしり!

2011_0722_161752dsc_5721


ハーブ系の先には千日紅などの花が

2011_0722_161815dsc_5722


赤紫蘇にレッドバジル、グリーンもバジル系のようだ、レッドバジルは昨年青紫蘇の葉と合わせてジュースにしてみたら、赤紫蘇より味の癖はつよいけれど、それはそれで美味しかった。赤紫蘇が京都から届く前日だったこの日、赤紫蘇を一鉢と伏見とうがらしの苗を購入した。赤紫蘇は鑑賞しながら、来年こぼれ種から目を出すのを楽しみにconfident伏見とうがらしは、いためものなどにしてすでにお腹の中に。次の実もなって楽しい。お花はきれいだけれど、もう置く場所とてなく断念。苗は100円とか150円で求めやすい価格。

2011_0722_161852dsc_5725

農園でも、お手入れする人の姿が見られる。

2011_0722_162005dsc_5726_2

千日紅の微笑みに送られてそろそろ帰宅の時間

2011_0722_162920dsc_5733_2

駐車場入り口の建物付近。

2011_0722_162739dsc_5731

又ひとつ素敵な町田発見の日でしたnote

                       (7月22日撮影)

たった今しがた、PM1時少し前、遅かった蝉の音が「ミーンミーン」と聞こえてきた。すぐに途絶えてしまったけれど、やっと当たり前の夏が来た気がする。

 

 


 

 

 




| | コメント (2) | トラックバック (0)

町田ダリア園その3

2011.07.28(木)cloud~ 気温は30度を切っているが少しムシムシ。雲が厚いので午後は雨?それでも今の中と洗濯機を回し、外に干せるうちに干そうとテラスに出ると、

   eye 朝の珍客 snail 

2011_0728_101939dsc_5805

紫陽花の葉の下に、カブトムシsign03じっとうつむいて動かない。慌てて夫を呼んで見て貰ったら、「生きていないかもしれない」と。ひっくり返してみたら間違いなくもうご遺体だった。カブトムシのお尻の下の波型の後は死ぬ前の排泄の後かもしれない。それにしてもどこからやってきたのだろう?昨年夏の終わりに生れて、腐葉土の中で幼虫の期間一年を過ごし、やっと孵化して成虫になって、まだ地上に出てきたばかりの時期。1カ月位の短い地上での暮らしを終えるには少し早すぎたのでは?我が家の落ち葉を集めて作っている腐葉土か、昨年買って先日トマトを植える為に開けた市販の腐葉土かのどちらかで育っていたのか、又は外からやってきたのかは謎のまま,合掌でした。

狭いテラス園芸の中にも、沢山の虫たちの生活の場があり、蝉が来たり、土中から蝉の幼虫が現れたり、芋虫は紫蘇やパセリなどの葉を食い荒らし、蜂が巣を作ったりと、小さな虫達のドラマが時折あって、昔は決して好きではなかった虫や鳥たちにも最近は親近感を覚えている。

今日もまだ蝉の音は聞こえない。外の公園の今年は異常に小鳥が多い。ムクドリの集団やひよどり、セキレイのような小鳥達。弱肉強食の生き者の世界、蝉などは食べられてしまったのかしらと心配になるけれど。最近近所で目にすることが少なくなった雀がダリア園にいて、蝶を捕まえてパクリしているところも見かけた。

  clover ダリアの演奏会 clover 

2011_0722_154255dsc_5613


活き活きと咲く花の姿を見ると元気がみなぎる。風にそよぐ姿に耳を傾けると

2011_0722_152844dsc_5574

美しいソロ歌手のソプラノだったり

2011_0722_160351dsc_5676

可愛らしいデュオだったり

2011_0722_160307dsc_5672

美人3姉妹のトリオ演奏や

2011_0722_160152dsc_5667

カルテットに

2011_0722_155937dsc_5659_2

賑やかな合唱のステージもあってプログラムは豊富note風とのこラボから聴こえてくる花達の音楽note

2011_0722_155433dsc_5644


聴衆も一体となって、のりのりで・・・notes 

2011_0722_154617dsc_5622


キリンさんも耳を傾けている?

2011_0722_154455dsc_5618


ちょっとファンキーな曲はいかが?でもでも閉園時間も近付いてきたので・・・・

2011_0722_155710dsc_5650

噴水広場に戻ることに、

2011_0722_155743dsc_5652

しぶきを上げる水とのコラボもいいなnote

2011_0722_155805dsc_5653

まだ散策する人の姿もあって、

2011_0722_160528dsc_5681

名残惜しいダリア園。もう少し散策を続けて、門外の花畑に寄りましょう。

                      (7月22撮影)

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「町田ダリア園」その2

2011.07.27(水cloud 少し前から今年は蝉の音が遅いと言われていた。昨年もそう思っていたが、25日には、蝉が我が家のテラスにやってきていた。確かに今年は蝉の鳴き声が聞こえず、小鳥達の囀りだけが日がな一日やかましい。

それでも一週間程前に、1階の外に出た途端一度だけセキレイのような小鳥が、飛んでいる蝉を追い,獲りそこなって、すかずカラスが飛来して蝉をよこ獲りするシーンを見た。だから直に蝉しぐれが聞こえるものと思っていたが、どうやら今年は昨年にもまして遅いようだ。暑くはあるけれど、まだ梅雨明け直後のあの暑さにはならないので、凌ぎやすい。あの暑さを経験してしまうと、ふっと夏が終わってしまうかのような錯覚に陥るけれど、まだ7月。

 clover 町田ダリア園 clover 

2011_0722_160617dsc_5684

花のある景色を楽しみに出かけたダリア園は

2011_0722_152648dsc_5570_2

噴水のしぶきが涼しげで

2011_0722_152732dsc_5571

様々なダリアが目を楽しませてくれる

2011_0722_152858dsc_5575_2


「お福さん」

2011_0722_152937dsc_5579

「フェアリー」

2011_0722_153017dsc_5582

誰かな?

2011_0722_153047dsc_5583

「マルコムズホワイト」

2011_0722_153115dsc_5586

様々なダリアが噴水を囲む

2011_0722_153144dsc_5587

芙蓉だったかしら?斜面に沢山咲いていた。

2011_0722_153636dsc_5600

「愛妻」

2011_0722_153908dsc_5605

誰かな?

2011_0722_154112dsc_5608

眩しげに揺れるダリア達

2011_0722_154229dsc_5611

沢山の種類のダリア咲いている園の様子はもう少し続きます。

                   (7月22日撮影)

   bud2度目の我が家の収穫は

2011_0727_162313dsc_5800

6個のミニトマト。今夜のサラダにdelicious 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一刻も早い食の安心への日を待っている!

2011.07.27(水)cloud~過ごしやすい日が続いていたが、さすがに昨日今日は少し蒸し暑さを感じる。

最近気になるニュースは、各地から発生しているセシウムを含んだ稲藁を与えた牛肉汚染や野菜の汚染。

国の食の安全に対する不安が高まっている。生産者側の供給元から始まり流通販売、そして消費者に至るまでのすべてがより困難な状況に。稲藁→牛→食肉そして、牛の排泄物は更に土を汚染しないかとか、それらの土が堆肥などになって広がらないだろうか、作物はどうかと、日々新たなニュースの発生に神経をとがらせ心配の種が尽きないでいる。

そんな矢先、昨日はすでに市場に出回った園芸用の腐葉土からもセシウムが検出されたとのニュース。又牛だけでは無く、豚肉からもセシウムが検出されたとも!このままでは日本中が汚染されてしまうのではと不安が募るばかり。検査体制を一刻も早く、市場に出た後に検出されたなどという、生ぬるい報道は聞きたくないけれど、悲しいかなこれが今の現実なのだ。

幼い子を持つ方々の不安はいかばかりだろう。日々の買い物を気をつけながら、調理に気を配り、出来るだけ栄養が偏らないようにと心がけておられることだろう。子を持つ親なら当然のこと。放射能の不安から福島の多くの子供達が県外に転校している。

ニュースや情報に弱い若者達は、割合無頓着に何でも口にしてしまうようで、我が家の孫たちはまさにそんな年代を生きている。娘も息子も「子供達はなんでも食べてしまう」と心配を口にする。けれど、若さを保つエネルギー源を求める体は、高齢者とは違うのだと思う。

思えば忙しく暮らしていた自分達の若いころも、かっての原子力事故などの時に、気にもせず何かを避けるなどした記憶が余りない。それは無知だったのか、情報をきちんと取り入れていなかったからか、今ほどの情報が無かったからだろうか。生きるためのエネルギーは摂らざるを得ず、働いていたのかもしれない。

生産者の方達の悔しさ、苦しみの計り知れない大きさを思うと、言葉も無い。人間の食になるべくして生まれた牛達も哀れだ。復興への道筋の中で、今大切なことをいち早く見つけて対応していかなければ、せっかくの苦労が無駄になり、よい多くの費用と負担が強いられ、このままでは大切な畜産も漁業も農業も衰退していってしまう。

今後の復興に向けて、より賢く効率よく、被災地や汚染に苦しめられている方々のご苦労が今以上に大きくならないような道筋を一日も早く確立されることを心から願っている。

その上で、少しでも安心出来る食の供給が行われる日が来ることを願ってやまない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母の施設の行事と「町田ダリア園」

2011.07.25(月)sun 室内は28度。今日も過ごしやすい陽気で大助かり。連日暇を見ては大量に届いた赤紫蘇をむしり洗うという作業に追いかけられていて、今日はやっと空になった段ボール箱を片付ける事が出来た。むしった紫蘇の葉は、洗う前の葉が、800g程ずつ入ったっビニール袋2つと、同じくらいの洗い上がった葉がジュース作りを待っているところ。冷蔵庫に入らない分は早めにジュースに。後はお漬物などにも挑戦してみたくて、よくある即席漬物器を購入してきました。

2011_0725_160336p1120278


冷蔵庫に入れやすいように角型を選んだけれど、今日も合間に赤紫蘇と伏見とうがたらしの苗を定植したりと何やかや紫蘇に振り回されっぱしで、夫に「紫蘇の量が多かったのでは?」と言われてしまいあせるsweat01

  cafe ホームで喫茶 cake 

2011_0724_135828dsc_5764

母がお世話になるホームの企画で、昨日午後喫茶店が開かれた。前もって申し込んでおいたので母を訪ねた。上はお庭の花壇に咲く向日葵bud

2011_0724_142852dsc_5776

会場は、3階に設けられていた。。

2011_0724_142004dsc_5771


テーブルには花も飾られて、珈琲とケーキでティータイム。ご家族が大勢来られて、いつになく賑やかなホーム。母と私はレア抹茶ケーキと珈琲。夫はマロンケーキと珈琲。ケーキは甘さ控えめで美味しかった。喫茶の後は、2階のユニットに戻り、母と皆さんとリビングのテーブルでしばらくおしゃべりをしてから暇を告げた。

  clover 町田ダリア園  clover

2011_0722_162658dsc_5729


先日、夫が「ダリア園に行ってみようよ」ということで、いつも近くを通りながら行きそびれていた初めてのダリア園に。いつも行く薬師池公園の少し手前。この辺は「リス園」「えびね園」「日向村」に「牡丹園」もあり、車で出かけても退屈することが無い、谷戸の景色広がる長閑な場所。入場料一人350円を入り口で支払って入園。

2011_0722_160520dsc_5680

中央にある噴水から水が上がり、涼しげ。

2011_0722_160007dsc_5661

園内には様々な種類のダリアが咲いている。

2011_0722_153536dsc_5596

斜面を利用した花畑は周りを緑に囲まれて、爽やかな風が吹き抜け、花達も風に揺れる。平日のこの日は割合空いていて、cameraと三脚持参の方が多かった。丁寧に撮影される姿を拝見して、見事な花の写真が出来あがることが想像される。

2011_0722_153414dsc_5593

へっぽこ写真ばかり写す私は手当たり放題パチパチでしたcoldsweats01 

2011_0722_154633dsc_5624

園を囲む緑の斜面には象さんもいて思わず楽しいnote

2011_0722_160931dsc_5692

  •  社会福祉法人まちだ育成会
  •  かがやき 町田ダリア園
  •   〒194-0074 東京都町田市山崎町1213-1
      TEL 042-722-0538 FAX 042-729-3470
  •  
  •    www12.ocn.ne.jp/~dahlia/
  • ダリアは暑さにとても弱いと園内の係りの方がおっしゃっていましたが、よくお手入れされていて、充分楽しむ事が出来ました。まだお花の写真などがあるので、後1・2度ダリア園の記事に続きます。
  •                        (7月22日撮影)
  •  

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ここ数日のこと・・・・

    2011.07.23(土)sun 台風後は暑さが和らぎ凌ぎやすく、今日も爽やか。朝から少し丁寧にお掃除したら、室内もさっぱり爽やかになって気持ちがいい。新しい扇風機も少し馴染める環境になったようだ。

    台風の我が家における余波は、“少し片付く”が嬉しい産物note

    2011_0723_115535dsc_5751

    ずっと課題だった録りためたDVDの格納場所、組み立て中途で止まっていたボックスへの片付けが数か月ぶりに整ったのも台風の産物coldsweats01 もう要らない盤も大分あるので、それはよけて収納してみると、新しい格納場所にはまだ余力があるので一安心。奥行きがあるので、余り見ないものは奥に、割と観たいものは手前にと、しまい込んだままになっていた、ジャズのライブ盤などをTVの近くで取り出しやすくし、再生してみて思わず楽しいnote組み立てボックス3個に、棚板を余分に注文して、1万円でお釣りもきたし、こんなに安く整理出来るなら、早くすればよかった。上手にスペース活用が大切ですねcoldsweats01 

      tulip 散歩道にある花壇  tulip

    2011_0718_170737dsc_5470

    欧風の素敵なレストランのある通りから、しばらく先まで歩いてみた。

    2011_0718_171153dsc_5478

    植えられた花達が季節ごとに咲く花壇には時折お邪魔する。この日はカサブランカ

    2011_0718_171221dsc_5479

    チェリーセージの仲間?

    2011_0718_171255dsc_5480


    さるすべりは、いつもより早いような気がするけれど、

    2011_0718_171316dsc_5481

    ほろ酔い加減の酔芙蓉かと、

    2011_0718_171417dsc_5483

    キクイモモドキ(?)などが咲き、

    2011_0718_171537dsc_5486

    通りに出ればサフィニアが風に揺れ、

    2011_0718_172141dsc_5491_2


    もう少し足を伸ばしてみたら、芙蓉が咲いていた。夏には当たり前ながら夏の花が咲く散歩道♪

       bud 野菜の苗 bud

    2011_0723_111157dsc_5748

    昨日出かけたダリア園の花屋さんに売っていた赤紫蘇の苗と伏見とうがらしの苗。紫蘇の赤色がだいぶ薄れていたが、3本の苗が植わって100円。とうがらしは150円と格安。紫蘇は上手くゆけば、来年もこぼれ種から芽を出してくれる可能性もあるし、それを楽しみに。

      pc ネットで注文~到着 sign01

    2011_0723_145005dsc_5757そして今日、4・5日前に京都大原のしば漬けやさんに注文した赤紫蘇20本が指定通りの時間に冷蔵便で到着。注文した日の夕方に今年は気候のせいで、紫蘇の状態が厳しいとの連絡が入り、キャンセルでもというメール連絡があったが、ホームページの写真で紫蘇の状態を確認の上、お願いしておいた。むしろ誠意のある御商売が嬉しい対応だった。

    2011_0723_145304dsc_5758_5

    冷蔵便なので、開けてみたらまだしっとりした状態で昨日買った苗よりは、ずっと状態はいい。この後は葉を外して、先ずは冷蔵庫へ。紫蘇ジュース作り、時間があったら少しでも作っておきたい。昨日はダリヤ園に青紫蘇ジュースを携帯用ジャーに氷とともに入れて持って行き、歩きながら飲んだが、やはり夏の行楽に紫蘇ジュースがあると、暑さや疲れも癒えて心強いお伴だった。自家栽培の青紫蘇ジュースも残りわずか、早めに作らなくちゃ。

     

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    大型台風来襲により思いがけず・・・・・♪

    2011.07.21(木)cloud暑さが一服して、久しぶりにぐっすり眠れた朝。、ずっと暑い日が続いたので、少し体が休まるような気分confident 

    こんな涼しい日にUPするのも何ですが、

    台風が近付くと、いつもは決まりごとを日々こなすタイプの夫が、にわかに忙しくなる。テラスの草花を風に飛ばされないように移動したり、花台を固定したり、ついでに日頃から先延ばしになっている用事にも手を出してくれるので、迷惑な台風時の唯一有難い事の一つで、今回は溜まりに溜まった録画したDVDを焼きこんだおびただしい枚数のDVDの整理。それを収納するための組み立てボックスも少し前に出来あがっていたので大助かりscissors

     wrench そして先月末に購入したままだった扇風機が       

    2011_0720_163109dsc_5517

    昨日、ついに日の目を見ることになりましたsign03

    2011_0720_163125dsc_5518

    パーツが順番に箱から出てきてジョイントされると

    2011_0720_163453dsc_5519

    「早く羽を付けて頂戴」するような可愛い様子になってきた

    2011_0720_163533dsc_5521

    後方のカバーが付き、

    2011_0720_164325dsc_5526


    慎重に羽を

    2011_0720_164436dsc_5529

    取り付けて

    2011_0720_164446dsc_5530


    何とか形が整いましたscissors

    2011_0720_164530dsc_5532


    「うーん、涼しげsign01

    2011_0720_165014dsc_5541


    窓際に運び、使用方法を説明中

    2011_0720_165238dsc_5544


    扇風機を見つめてしばし沈思黙考!最終チェックeye

    2011_0720_180928dsc_5550

    雨で窓が開けられなかった夕方、窓辺に置いてスイッチを入れるとこの上なく涼しい風がscissorsup

    30年以上ぶり位にやってきた扇風機。早速風を送る羽の前に行って、「あ″~」と言ってみたhappy01 まだエアコンなどない時代の小学生の頃、暑い外から帰ると初めて自宅に入った扇風機の前で、声が震えるのが面白くて涼みながら遊んだ思い出の追体験smile

    昨年までは、来客時以外は滅多にエアコンを使わない我が家だったが、今年の暑さは格別で、それが節電の夏、さすがに耐えきれず数日前から冷風扇を使ってみたりして凌ぎ始めた。それでも十分だったけれど、新型は高さもあるので台に乗せる必要もなく、快適な風が室内に行き渡る。余程暑い日はこれで乗りきれそう。

    台風が来なければ、お抱え技術屋さんの腕は鳴りながらも動かなかったかもしれず、異例に早い大型台風来襲における我が家の感謝すべき異変でしたwinkscissors

    (取説の使用上のお願いを見ると、“扇風機は組み立てた状態では輸送しない”という項目があり、箱ごと購入商品だったのですね。夫が寄った電気屋さんでは、近所からの年配のおばちゃん達は組み立て済みの現品購入が次々だったそうですが。)

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    昨日と今日の日記

    2011.07.18(月)cloud台風の影響か、曇りがちのお天気強めの風。遅めに起きた朝、TVのニュースで知りました。今朝はなでしこ一色!快挙の朝でしたimpact

    W杯、優勝決定戦、接戦の末、アメリカを下し3-1で、堂々の金メダルshine停滞した空気の中で過ごす毎日に、とてつもない元気が与えられたようで、嬉しい限りです。男女を通じて日本初の世界第一位獲得。日本の力が世界に示される!今ほど嬉しい時は無いでしょう。

    最後はサッカーの神様の采配が少しはあったかもしれないけれど、監督以下、選手の皆さんの結束と不断の努力のたまものでしょう。延長戦最後のPKで決まった見事なシュート。日本中が湧き、勇気と元気がもたらされました。

    監督以下、なでしこジャパンの皆さんおめでとうsign03そしてお疲れ様でした。

    2011_0718_171513dsc_5485

    ・・・・・・ここまで書いて、昨日は来るかもしれない台風に備えて買い物に。

        ********

    7月19日(火)cloudrain 今日は曇り空からいきなり強い雨が降り出し強風に吹かれた雨が荒れ狂っている。今日は不要不急の外出は控えた方がいいとの報道も。

    2011_0719_102853dsc_5497

    窓の外はこんな景色sad 雨宿りのつもりか、ひよどりが久し振りにやってきたけれど、直に飛び立っていってしまった

    2011_0719_102947dsc_5499


    土砂降りの雨で公園の地面には

    2011_0719_103155dsc_5503

    大きな水溜りsweat02

     
    2011_0719_105742dsc_5504_2

    窓を開けられない今日は、冷風扇が活躍sign03母の部屋から拝借中。母の部屋には、段ボールに入った新しい扇風機が眠っている・・・・・無くてもよかったようなwobbly こんなに小さいけれど、首振り弱風で充分な涼です・・・wink

      bud 収穫 bud

    2011_0718_151225dsc_5466

    昨日の我が家のミニトマト。今朝、二つもいで食卓へ。

    2011_0719_082908dsc_5494

    小さなプチトマト、一人たった一つずつだったけれど、ぷりぷりの食感で甘くて美味delicious一緒に食べた市販のトマトの味が何だか納得出来なくなるくらいもぎたては新鮮sign03広い場所があったら沢山作れたらと思うけれど、欲張らないで、先ずは後の収穫を楽しみに。

      tvは今朝もなでしこジャパンの帰国を待つ空港の映像などで、やはりなでしこ一色。なでしこの金メダル獲得における経済効果が一兆円だとかflairその試算がどのようなものか想像もつかないが、何はともあれ明るいニュースshine 

        *****

    一方、放射能に汚染された稲藁を食べた肉牛が各地に出荷され、食に対する不安が広がっている。もとよりそんなにお肉を消費しなくなっている我が家では、今回口にしてはいないが、乳牛はその稲藁を食べていないのだろうか、牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品はどうなのかと心配が募るし、稲藁が汚染するなら農作物はどうなのかと、買い物をしていても、手に取りいちいち産地を確認しながら元に戻してみたりと、心が晴れない。常に結果を受けての発表となり、被害が広がった後の後手後手の対応に、信じる心を失ってしまいそうな事が悲しい。又、出荷された地域の方々の苦しみは、生計に直結し、消費者以上の大きなものである筈で、適切な対応を速やかにとられることを願っている。

    こんな大変な事態が、原発事故のお陰でずっと続くのかと思うと、少々の不便は我慢しながら、原子力発電が地球上から無くなって欲しいとおもうが、セシウムだけでも半減期を迎えるにも30年、あのチェルノブイリでさえ、まだ半減期を迎えていないし、その他の核物質となると気の遠くなる様な年月がかかるものもある。

    放射能と付き合いながら生きてゆかなければならないこれからの孫子の世代にどのような影響があるのかも計り知れなく、不憫になるが、科学がもたらした実害を、科学の叡智をもって乗り越えてゆけるような方向があるものならばとも願いながら。

    typhoon今回の台風は大型で、強い勢力を持って進んでいるので、大きな被害も予想されています。充分な注意をしながら過ごしましょう。


    2011_0719_105742dsc_5504

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    青鷺と出会った谷戸山散歩♪

    2011.07.17(日)sun連休中日の公園も静か。お子さんを連れて水遊びの用意を車に積み込み、海などに出かけるご家族の姿も見られる。この辺は鎌倉・江の島も近い。近くには相模川もあるし水辺の行楽には不自由しない。我が家と言えば、何十年も行っていない海水浴だけれど、出かければ即熱中症でご迷惑をおかけしてしまいそうで、こんな静かな連休は自宅でのんびり。もう若かったころのように、夏が来れば海が呼んでいるような気分が訪れる事も無く、それは淋しいような丁度いいような・・・despair

    2011_0717_124000dsc_5453

    ボードのガラスに映る公園の緑と葉ずれの音、小鳥達の賑やかな囀りに、高原の涼しさを想像しながら過ごしている。

    tvそういえば、昨夜観たTV番組で宮ケ瀬ダムが紹介されていた。平成13年に完成した神奈川に欠かせない水源として利用されている。完成からもう10年も経っていた。神奈川に越してきたばかりのころは、どこもかしこも珍しくて、休みを利用しては県内あちこちにドライブに出かけ、宮ケ瀬もまだダムの底に沈む前に2度ほど訪れた。いつの日か湖の底に沈む場所を感慨深く車で走った。2度目は分かっている筈の同じ場所なのに、工事が進みちょっと迷ってしまったけれど、大掛かりな工事が進行していた頃。TVで見る限り、すっかり観光地としても整備されて楽しそうな景色が広がり、行ってみたい場所の一つになった。昨日の放送があったばかり、しばらく混雑するかもしれない。もう少し涼しくなったら是非行ってみようcar 

      clover 夕方の散歩  clover

    陽が陰りはじめる頃にやっと買い物に出がてら、谷戸山散歩。

    2011_0716_170326dsc_5417

    門番はカラスくん。

    2011_0716_170539dsc_5420_2

    小高い丘の上、木々の間を吹き抜ける風は爽やかこの上なく、風の歌を聴きながら歩く散歩は汗ばむ事も無い位涼しい。水鳥の池方面に向かって森の斜面を下ってゆく。と、

    2011_0716_171114dsc_5422

    池が見えたと思ったら、青鷺が湖面にたたずんでいた。深い緑に囲まれた湖面の青鷺はよく目立つ。水辺を望めるデッキにいらした方のお話では、鷺のいる左後方の木の上に巣があるとのこと。いつも1羽しか見かけないけれど、番いで暮らしているのだろうか。昨日は残念ながらカワセミを見る事が出来なかった。

    2011_0716_171753dsc_5427

    湿性生態園の水辺では生き物探しに夢中の坊やとパパの姿が池に映った。自然豊かな夏のお楽しみ。

    2011_0716_171916dsc_5429


    6月に植えられた稲が1カ月と少しで青々と育っているsign03 丸太でできたベンチに座って、田んぼ見物。

    2011_0716_172054dsc_5432

    田の畔をパパと少年が歩いてゆく。大人になっても忘れない素敵な思い出になりそうな、そんな親子の素敵な夏時間。

    2011_0716_172327dsc_5437

    ここで秋に収穫されたお米で、お餅つき等のお楽しみもあるようだ。

    2011_0716_172634dsc_5440


    生態園の水辺に咲くミソハギの花。

    2011_0716_173103dsc_5443

    この時間の水鳥の池はいつも美しい。

    2011_0716_173122dsc_5444

    水辺の繁みにはひっそりとやぶかんぞうの花が見え隠れ

    2011_0716_173156dsc_5446

    青鷺が池のほとりの木の枝に止まった!

    2011_0716_173458dsc_5447_2


    竹林のさやさや聞こえる葉ずれの音と涼しい空気に応援されて、登りの斜面を歩く



    2011_0716_173537dsc_5448

    土手の木の間から優しげなヒメジョオンの白い花が風に揺れる様が見えた。

    2011_0716_173717dsc_5450

    駐車場近く、夏の夕陽はまだ木々の間から射し込む。けれど木々の間はじっとしていると寒くなるのではないかと思うほど涼しく歩くことができた。身近で避暑気分を味わうことが出来る谷戸山は、夏最適のお散歩道。

                    谷戸山公園にて(7月16日)

     

    今日は、午後遅くなったら、風が強くなってきた。typhoonの進路はどうなったろうか。大きな勢力となりませんように。

     

     

     

    | | コメント (2) | トラックバック (2)

    ○○○円満に暮らしましょう♪

    2011.07.16(土)sun 18日月曜日の海の日が祝日にあたるため今日から3連休だそうで、梅雨明けも早く、とうに夏休みを迎えているような暑さで、毎日が日曜日というような生活をしていると実感が湧いてこないけれど・・・。今年は電力不足解消のため、土日出勤の会社はお仕事だろうか。目の前の公園は、3連休で海水浴などに出かけるお宅が多いかは不明だけれど、今日は朝から静かだ。もっとも30度を超す炎天下の暑さでは、外に出る気も起きないが。屋内にいれば風が吹き抜けてくれるのが心地よく、とってもありがたいconfident

        fullmoon 満月 fullmoon 

    2011_0715_223243dsc_5389

    昨夜は満月。一昨日に引き続き本番をもう一度パチリcamera 兎のお餅つきが映らないのが残念coldsweats01 

    2011_0715_223459dsc_5395


    ついでに青い

    2011_0715_223511dsc_5396


    赤いも。お月さまと形は親戚、信号の灯りfullmoon

      bud まあるいお野菜も 

    2011_0716_101155dsc_5404

    ミニトマトの実がたったひとつだけど赤く色づいてきたsign03


    2011_0716_121045dsc_5413

    見ているだけで楽しい実りnote 

    2011_0716_120701dsc_5407

    今のところ全部で18個くらいの実がついている。取りあえずもう一つ色付いたら収穫して食卓へ、ワクワクhappy01 昨日はテラスからの収穫で青紫蘇ジュースを作った。暑い夏の紫蘇ジュースは水分補給にもってこいの飲み物。ミニトマトも収穫出来そうな様子で、ミニミニ菜園が今夏のお楽しみnote

     building ビルもまあるく    

    2011_0712_182202dsc_5353

    張り出して、ビルに映るビル

    2011_0712_182222dsc_5354

    SONYのロゴが。赤坂をcarで通った時の車窓からcamera 

    満月にちなんで、円満に過ごさなくちゃ~!今日はまあるい形でまとまりましたfullmoon 

     


          

     

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    銀座でアートとお買いもの。

    2011.07.15(金)sun 早くも夏バテしそうな暑さsweat02お昼はにんにく、長ネギ、ミョウガをたっぷり使ったパスタ。食後はsleepysleepyお昼寝。暑い時間は外出を控え、洗濯ものを干したりとテラスに出るにも大きな帽子をかぶり日をよけながら・・・。窓は全開の室内、足りない風は冷風扇で補いながら。

    テラスに毎年自生する青シソの葉を摘んだら、ザル一杯あったので青シソジュースを作った。随分あるようでも100gあるかないか。出来あがってもボトル一本にも満たないが、取りあえず無農薬だし、雨にもあたっていない自宅の紫蘇なら安心して飲める。赤い色でないのが淋しいけれど。

     fullmoon 今夜は満月 fullmoon 

    2011_0714_194934dsc_5377

    一日早い昨夜、窓から見えた月は、すでにこんなにまんまるfullmoon

    2011_0714_195217dsc_5384_2


    月の下にも真丸が幾つか。これはよつつじの信号のあかりflair 

      art 銀ブラ・アート・お買いもの present  

    2011_0712_172750dsc_5329


    和光の時計の下に最近SEIKOのロゴが入った。6月に写した写真にはそのロゴが無いので、今回はロゴ入りをパチリ!

    2011_0712_172239dsc_5322

    三越から歩いて近い、こちらのギャラリーに。

    2011_0712_171758dsc_5317

    個性豊かなお人形が展示されている。平日の夕方は受付に女性が一人だけ。さほど広くないスペースに、お人形とクラフト、

    2011_0712_171813dsc_5320

    ご案内頂いた彦坂禮三さんのちぎり絵が2点展示されていた。写真では分かりにくいけれど、細かな和紙で描かれている景色や古民家、「なごり雪」と題された左の絵は、雪の舞う屋敷林に囲まれた古民家と幻のように浮かび上がる人の姿が印象的で心に残った。

    2011_0712_170842dsc_5304

    このDOLLの表情が、どんな気持ちを表しているのかしらと気にかかりながら、お暇をした。

    2011_0712_172655dsc_5327


    こんな

    2011_0712_172650dsc_5326

    黒猫柄の反物が展示されたショーウインドー。こちらもとってもアートだわ。

    2011_0712_172713dsc_5328

    和光の時計台を眺めながら交差点を渡り

    2011_0712_174508dsc_5330_2

    駐車場のある三越新館に戻り、1階にあるティールーム側を通ってお中元売り場へ。商品はすぐに決まって注文を済ませ、1階に戻り、もうひとつ小さな買い物を済ませた。店員さんのテキパキした応対がとても気持ちがいい。駐車場の係りの方達の丁寧で分かりやすい説明も、安心感が高い。接客・応対の行き届いた店員さん達のお陰で、時間を無駄にすることなく気持ちのいい買い物が出来た。

    2011_0712_180159dsc_5331_2

    地下4階の駐車場から出ても、空はまだ明るい。上空には何ともレトロで、夏っぽいS&Bの看板。何だかカレーが食べたくなった・・・delicious 

    2011_0712_180903dsc_5336


    夕方の車窓から見えたショーウインドーはフェンディ。銀座の街とはこれでお別れ。

                         (7月12日撮影)


    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    赤坂「豊川稲荷さん」にお参り

    2011.07.14(木)sun 暑いけれど朝から、快挙を伝える素晴らしいニュースがtv 

    なでしこジャパンやりましたねscissors 女子Wカップドイツ大会。3-1でスェーデンを下し決勝進出が決定、17日優勝をかけた対アメリカ戦にsoccersign03 応援してます。久々の明るいニュースに元気が湧いてきますup

     club 豊川稲荷東京別院 club 

    2011_0712_154342dsc_5268

    赤坂で車を止めて、

    2011_0712_154406dsc_5270

    念願だった豊川稲荷さんに

    2011_0712_153824dsc_5266

    立ち寄り

    2011_0712_155742dsc_5296

    山門をくぐり

    2011_0712_154837dsc_5273

    まだ日が陰らない方のお狐さんと

    2011_0712_154845dsc_5274_2

    涼しい木陰のお狐さんの間を通り、

    2011_0712_154906dsc_5275


    本殿にお参りをさせていただきました。

    2011_0712_155148dsc_5279

    お参りの後は境内を歩かせて頂き、沢山のお狐さんの姿にびっくりでした。

    2011_0712_155534dsc_5290


    お狐さんの多さも驚きましたが、奉納されたのぼり旗も境内にびっしり壮観!

    2011_0712_155510dsc_5289_2

    お狐さんとのぼり旗。信仰の厚さがうかがえます。

    2011_0712_155649dsc_5294


    山門近くにはジャニーズ事務所、森光子さんなどのお名前が入った提灯がずらり。

    2011_0712_154438dsc_5272

    山門降り口左手を見れば、気の持ちようでうね。境内の外は35・6度はある暑い日だったのに、不思議と境内では暑さを感じることも無く。けれど、豊川稲荷さんの道一本隔てれば広大な赤坂御用地があり、都心の一等地は緑豊かで、直射日光に当たらない時間はとても涼しい場所でした。

    2011_0712_161147dsc_5297_2

    お参りの後は、お堀端の柳越しに帝国劇場を眺め

    2011_0712_161436dsc_5300_2

    次の目的地、銀座三越駐車場へ。

    車を止めて、次の目的地に向かいます。

                          (7月12日撮影)


     

     

    | | コメント (5) | トラックバック (0)

    「泉の森」七夕散歩、はトンボとニャンコでお別れ♪

    2011.07.13(水)sun 今日は風もあり幾らか過ごしやすい一日で、午後の暑い時間は録画しておいた古い映画、石原裕次郎の「乳母車」を一本、窓を開け、気持のいい風を通しながら観る事が出来た。

    昭和30年頃の東京の景色、世田谷に10年以上住みながら、行ったことが無かった九品仏周辺の景色、小さな頃に親に連れられて行った築地の勝鬨橋の景色などが懐かしく、まだ若い裕次郎が清々しい。ストーリーは父親の不倫問題を受け止めて行動する主人公(芦川いずみ)と愛人の弟役裕次郎を軸に、父、母、愛人、異母妹となる赤ちゃんが織りなす顛末が爽やかに描かれた映画だった。

    昨日は暑い中、午後から都心に出かけて、ちょっと疲れた今日は丁度いい休養日だった。

      clover 泉の森つづき clover  

    シオカラトンボが

    2011_0707_164905dsc_5107

    池の上に伸びた葉にじっと止まった。

    2011_0707_164946dsc_5110

    大きな池には釣り糸を垂れる人の姿も見える。

    2011_0707_165027dsc_5113_2

    夏はこんな出会いがとても楽しい。童心に帰って無心に楽しむ。

    2011_0707_165147dsc_5115

    ここの紫陽花も白紫

    2011_0707_165209dsc_5117_2


    ピンクと斜面を彩る。

    2011_0707_165310dsc_5118

    水辺に咲く花を見に、

    2011_0707_165410dsc_5120

    ヒメオウギズイセンが水辺で揺れる

    2011_0707_165604dsc_5124

    赤い花note 

    2011_0707_165723dsc_5127

    水辺の紫陽花の斜面を登り帰路につく。

    2011_0707_170313dsc_5131


    途中、オートバイの下で寝ていたトラが目覚めたようで、枯れ葉の上を歩いてきた。どうやらお腹が大きいようだ。暑い夏、少しでも涼しい場所で休みたかったのねcat 

    2011_0707_170733dsc_5134

    歩きながら見上げた頭上には、

    2011_0707_170813dsc_5135

    最後の紫陽花の額が。

    今度来るときは、どんな花や生き物との出会いが待っているだろう。そんな期待を胸に泉の森ともお別れ。

             大和市「泉の森」にて (7月7日撮影)

      bud 我が家の夏の花 bud 

    2011_0709_161228dsc_5139

    くちなしとテンジクアオイのコラボnote 

    2011_0709_161427dsc_5143


    「横顔も写しておいてネ!」そんな声が聞こえそうなくちなしの花。満開になるとじきに色が変わり始めてしまう。いい香りだけを残して。あと数輪の蕾を残して、足早に去って行きそうな花。赤いテンジクアオイやランディ、ゼラニウムは2度目の花を咲かせ始めているbud


    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    心いやされるニャンコ達に感謝♪

    2011.07.11(火)今日も暑いですsweat02

     bud 夏の花 bud

    2011_0711_085036dsc_5246

    梅雨が明ける頃、律儀に咲き始めてくれる瑠璃祭り。今年もツルを伸ばしフェンスの外で風に吹かれて揺れている。

      clover 森の猫達  cat 

    2011_0709_173910dsc_5198_2

    紫陽花咲く斜面の上の森のカフェにも、可愛いニャンコ達の集会場がある

    2011_0709_173956dsc_5199

    いた~note 「また会えたね!もう2度目でしょ!マリちゃん!」

    2011_0709_174048dsc_5202_2

    それで幾らか納得したようで

    2011_0709_174103dsc_5203_2


    やっと少し落ち着いてゴロ~ン

    2011_0709_174811dsc_5209


    夢見るような顔をしたゆめちゃん!(男の子ですって・・・)

    2011_0709_174819dsc_5210

    草むらのトラちゃん

    2011_0709_174913dsc_5212


    三毛ちゃんは

    2011_0709_175100dsc_5218


    疲れていたのかすぐに草むらでクークー寝てしまい

    2011_0709_175118dsc_5219

    ベンチにはちょび髭のあるリオちゃん、一番左にはゆめちゃん、トラちゃん達が集まりいつかのように「森の猫物語」が始まると遅くなりそうなので、ここでお別れ。ベンチには猫大好きなお若いカップルが猫達に囲まれていらして、猫達にカメラを向けるとさりげなく、立ちあがってくださり、猫好き同しの短い会話が生まれましたnote

    2011_0709_175257dsc_5220

    来た道を、花壇の方から出口を目指して歩き、

    2011_0709_175709dsc_5234

    出口近くのアナベル咲く花壇に黒ニャンコ発見!思わず、あの人懐こいジジちゃんかと、でもそんなに懐っこくないし、顔も違う。よく見れば尻尾の長かったジジと違い短い尻尾!「新入りちゃんかな?シャイな黒猫君、仲良くしようね!」

    2011_0709_175925dsc_5241

    少し離れた所から見つめていた子はマイケル君?

    2011_0709_180005dsc_5245

    こんもりまあるい紫陽花達にも、お別れの時間。

    行くたびに会えるcatを見かけると、ほっと一安心。何度か会ううちに少しずつ警戒心が解けてくる可愛いニャンコ達cat又会おうね!

           麻溝公園にて(7月9日撮影)


    catcat


     

     

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    麻溝公園散歩のお楽しみは・・・♪

    2011.07.11(月)sun 梅雨明けしたと思ったら真夏!梅雨時の湿度が無い分有難いけれど、今年はまめな水分補給と、家事の後の汗をひかせる冷風扇の風が欠かせない。窓を開け放ち小さな冷風扇で十分凌げる暑さは年齢のせいかしら?先日購入した扇風機はまだ段ボールの箱の中coldsweats01 

     clover ニャンコとの出会いが楽しい散歩 cat 

    2011_0709_173211dsc_5177

    柏葉紫陽花咲く下の花壇には

    2011_0709_173432dsc_5183_2


    めずらしく花の陰でパンダがくつろいでいたcat 

    2011_0709_172809dsc_5165


    昨年はアナベル咲く側でモデルを務めてくれたネ!けれど、最近は離れた少し高い所で、孤高の姿を見せるだけだったけれど。

    2011_0709_173310dsc_5179

    この日は花壇でnote

    2011_0709_173324dsc_5180_2

    くつろいでいたパンダに、一瞬の緊張が・・・・

    2011_0709_173525dsc_5190


    仲間のニャンコが近付いてきたので、においを嗅ぎ合い、場所を譲って去って行った!パンダって、いつも神経質そうな顔をして決して人慣れしないけれど、案外大物でボス猫なのかも。手前のニャンコの緊張ぶりから察するに・・・、

    2011_0709_173557dsc_5192


    薄紫の花が揺れ、

    2011_0709_173619dsc_5194


    アナベルに柏葉紫陽花、手前にはキンケイギクも揺れる

    2011_0709_173658dsc_5195

    今年もホウキ草(コキア)が育ち、色合いピッタリで周りを囲む花は百日草かしら?

    2011_0709_173715dsc_5196_2

    ホウキ草は秋には真っ赤に紅葉し、その実は畑のキャビアとんぶりとなり、最後には箒になるのですね~scissors とんぶりがこの木の実ということを知った時は何だか不思議な気がしましたが。

    2011_0709_173736dsc_5197

    パンダがよく姿を見せる土手には、真っ赤な花が。ブラシの木が離れた左手にあって、似たような紅い花が良く目立つ。最初は同じと思いよく見ると葉の形が違う。調べてみたら、どうやら「ヒシバディゴ」という木のようだ。

    様々な花や木々との出会いも嬉しく、ニャンコとの触れ合いが楽しい散歩は、まだ続きますhappy01

            相模原麻溝公園にて(7月9日撮影)       


     

    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    「相模原麻溝公園」花と蝶とニャンコ♪

    2011.07.10(日)sun真っ青な空、南の空には雲ひとつなく、北の空遠くには夏の雲。関東の梅雨も明けたnote 風が抜ける屋内は爽やかだ。暑くても元気な小鳥達の高らかな囀りが、ピュールル、スピッ、スピッスピッと、賑やかに聞こえてくる。

    午前中に、久し振りの大きめの揺れ。震源は宮城県沖、マグニチュード7.1、津波注意報も発令された。あの震災から明日で4カ月が経つ。大きな被害が無いことを心から願っています。

      clover 花と蝶 clover 

    2011_0709_172321dsc_5150


    久し振りに出かけた相模原麻溝公園は、市の花「紫陽花」がまだ衰えることなく咲いてた!そして、

    2011_0709_172339dsc_5152


    頭の上には合歓の木があった。花も満開、これまで何度も来ているのに見過ごしていて、花の周りをひらひら飛び回るクロアゲハの姿を見つけて気が付いたcoldsweats01 飛び回る蝶を写すのはとても難しいけれど、思わず夢中で追いかけてしまいましたよ!

    2011_0709_172406dsc_5155

    蜜を吸い始めた!

    2011_0709_172426dsc_5156

    蝶移動中

    2011_0709_172444dsc_5157

    今度はどこへ~?

    2011_0709_172615dsc_5158_2

    追いかけた・・・・

    2011_0709_172632dsc_5159

    けれども蝶は美味しい蜜を求めて飛び回り、ついにあきらめましたが、合歓の花がお気に入りの様子だけはよく分かりましたよcoldsweats01 

     cat 久し振りね、ニャン丸くん sign01        

    2011_0709_172757dsc_5164


    石段の下にはニャン丸と

    2011_0709_172748dsc_5163


    仲良しニャンコが夕寝中sleepysleepy

    2011_0709_172936dsc_5169

    無防備に寝ているので、撫でていたらお腹を見せてごろごろ

    2011_0709_172940dsc_5170


    ウーンと伸びをしても、目が覚めないようで「またあとでね」して公園内に。

    2011_0709_172829dsc_5167


    白くてまあるい紫陽花「アナベル」が風に揺れ

    2011_0709_172924dsc_5168

    紫陽花の順路を歩けば、園内の紫陽花はまだまだ十分楽しめそう、この後も楽しい散歩を続けることができましたcatnote

            相模原麻溝公園(7月9日撮影)

    | | コメント (5) | トラックバック (1)

    「泉の森」鳥たちのショータイム♪

    2011.07.09(土)cloudsun 梅雨明け近し、むしあつく・・・・sweat02 家中の窓を全開sign03 

     clover 泉のほとり clover 

    2011_0707_163342dsc_5074

    「泉の森」の森を抜け水辺に抜ける途中の「しらかしのいえ」にちょこっと立ち寄ってみた。

    2011_0707_163544dsc_5078

    中の展示品を眺め、窓辺の水槽のカエルとにらめっこをして

    2011_0707_163725dsc_5079


    庭に出たら、合歓の花が咲いていた。ボケた写真で残念coldsweats02 

    2011_0707_163834dsc_5080

    紫陽花咲く道を歩き、水辺に向かう。

    2011_0707_164030dsc_5083

    池の上のデッキに、やけに人慣れしたカラスが一羽。池の鯉に餌やりするおじさんの側を離れない。鯉の餌のおこぼれを待っているのだろうか。

    2011_0707_164138dsc_5087_2

    側まで行っても逃げるでもなく、

    2011_0707_164153dsc_5088

    表情豊かで、何だか可愛らしいカラス!「随分人慣れしたカラスですね」と聞いてみたら、「そうだね~、逃げないね。カラスってあんな顔してるんだね。」と。やはり初対面だった様子。

    2011_0707_164423dsc_5097


    少年達が、池に泳ぐ鯉を釣り上げようと餌もつけない糸を垂らして頑張る側でもカラスは平気eyesign03 時折「あっ、釣れた~」と声が上がると、おじさんが「おじさんのやった餌で釣れちゃったの~?」との声も。ウフフ、丸々太った鯉は糸の先にはいなかったけれど。楽しい水辺のひと時に心なごませていると

    2011_0707_164524dsc_5099

    今度は青鷺が舞い降りた。しばらく水面くつろいだかと思うと

    2011_0707_164533dsc_5101

    青い羽根を広げて、

    2011_0707_164535dsc_5103

    飛び立ち、

    2011_0707_164536dsc_5104_2

    森の奥に消えたsign03

    青鷺に目を奪われているうちに、いつの間にかカラスの姿も見えなくなっていた。

    2011_0707_162352dsc_5061

    アザミも咲く民家園の庭から、泉までの散歩は豊かな自然と鳥たちのショータイムが楽しめる極上の散歩道となった。

            大和市「泉の森」にて  (7月7日撮影)

     cd 夏が来ると note 

    2011_0709_120043dsc_5138


    毎年決まったように聴くアルバムはこの2枚。60年代半ばの渋谷百軒店の喧騒が鮮やかによみがえるこの2枚のアルバム。何軒もあるジャズ喫茶から、かぶるように聴こえてきた同じアルバムの音色。分かりやすいという点ではハービーマンの方が圧倒的に多かったけれど、コルトレーンもリクエストの多い一枚だった。この2枚、ここ何年も、祭り囃子が聴きたくなると、ハービー、コルトレーンの順で聴く定番になっているnote 

    さあ、夏が始まったsign03 


     

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    郷土民家園の七夕飾り

    2011.07.08(金)sun中四国から東海まで梅雨が明けたそうで、関東の梅雨明け宣言も近そう。

    昨日の夜は雲が多く、関東の空では七夕の夜空は見られなかった。ほんの時折ぱらついた雨はすぐに上がる様な午後、駅前に用足しに出かけ、済ませた後は公園散歩に。

         clover 泉の森散歩 clover

    2011_0707_161706dsc_5045

    久し振りの郷土民家園門前には七夕飾りが揺れていた。

    2011_0707_161748dsc_5048


    門をくぐれば鬼百合の花が鮮やかにnote 

    2011_0707_161820dsc_5049

    軒端に揺れる七夕飾りの下で、女の子がどんな願い事を書いているのだろう?風に揺れる短冊は、家族の健康や母の病が早く治るようにとか、家族の幸せを願う文字が多い。中に「世界中の猫達に幸せを!」というニャンコへの愛があふれる短冊もcatsign03 短冊を書くお嬢ちゃんのママが奥の家の前にも飾りがありますよと教えてて下さった。

    2011_0707_162221dsc_5057_2


    フジ草咲くお庭

    2011_0707_162134dsc_5055

    奥の古民家の軒端にも、願いが込められた七夕飾りが揺れていた。

    2011_0707_162252dsc_5059


    素朴な飾りが古民家を彩る

    2011_0707_162330dsc_5060


    春に観た河津桜の葉がもう赤い!そういえば開花も早い桜だったcherryblossom 

    2011_0707_162458dsc_5064


    赤く熟すのが待ち遠しいほうずきの実。

    2011_0707_162629dsc_5066

    民家園を後にして、泉の森の奥に向かう。

    2011_0707_162706dsc_5067

    澄んだ森林の空気が心地よく浸み込んでくるような爽快感で一杯になり、歩く。歩けば汗ばむけれど、森林の空気が歩く気力を後押ししてくれる。

    2011_0707_162856dsc_5068

    すると、少し先の広場に置かれた一台のオートバイの下に、トラ猫が一匹、ひっそりとうずくまっていた。「暑いのね~、ニャンコ!」オートバイが恰好の日よけとなってお昼寝をしていたようだ。「まだ暑いよ!もう少しお休み」

    夏を迎えた泉の森は、豊かな自然に包まれて、この後も楽しい出会いが待っていたlovely 

            大和市「ふれあいの森」にて7月7日撮影



    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    展覧会のお知らせと6月の都内ドライブ♪

    2011.07.07(木)cloud 梅雨明けした筈の九州地方の豪雨、梅雨明け宣言が出ない関東の猛暑sweat02もしかするとsign02明日か明後日にも関東の梅雨明けがあるかもとも・・・・sign026月30日のあの雷雨は梅雨明けかと思うような激しさで、雨上がりに行った16号沿いの車やさんの近くではthunderが落ちて煙がでたとも聞いたけれど。それにしても油断の出来ないこの夏のお天気。 

    今夜は、笹の葉さらさら 軒端に揺れる お星さまキラキラshineとなるでしょうか。一年ぶりの逢瀬の宵は満天の星となったらいいですね☆☆☆note

      art 展覧会のお知らせ art 

    2011_0707_112002dsc_5040

    今月初め、ちぎり絵作家の彦坂礼禮三さんからこんなお葉書を頂きました。彦坂さんの作品も二点出展されるそうです。まだ会期中につき、興味深い展覧会なのでご紹介まで。

    2011_0707_112035dsc_5042_2

    場所は↑でご確認ください。

      car ドライブは大好き car 

    展覧会会場は銀座!今月は幾つかの予定とこのめげそうな暑さで、未だ予定が立たないけれど、都会にドライブで出かけるのもいいなぁcar

    2011_0605_104648dsc_3502

    こんな良き時代の外車が見られたり

    2011_0605_105557dsc_3506_2

    青山通りのお洒落な看板も楽しいsign01

    2011_0605_110403dsc_3510_2

    赤坂を抜けて、

    2011_0605_110633dsc_3517_2


    直に皇居が現れる。お堀端を走る人達が沢山runrun見られる

    2011_0605_174630dsc_3856

    帰り道、日比谷公園近くから

    2011_0605_174958dsc_3866


    日々話題尽きない、議事堂近くを通り

    2011_0605_175435dsc_3870


    豊川稲荷が見えてくる

    2011_0605_175437dsc_3871


    小さい頃、ここから近い所に住んでいたけれど、お参りをしたことがあるかの記憶は無く

    2011_0605_175440dsc_3872


    母がよく初詣に行っていた話は聞いていたので、いつか機会があったらお参りしたい。

    2011_0605_181541dsc_3876

                     (6月5日車内から撮影)

    ここは世田谷付近だったか、夕方なので、自転車での帰宅姿も多く見かけられた。日曜日の都会の道路は昔(2・30年前頃)では考えられないくらい空いていた。世の中が、人々の価値観が、大きく変わり始めているような気がした都会ドライブ。

    風があるので凌ぎやすいけれど、一雨来ても不思議ではないような、雨雲が近づいている空模様、降るならなるべく早く、夜は晴れて星空に☆☆wink 



    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    母のホームを訪ね、帰りは谷戸山散歩♪

    2011.07.06(水)sun 暑いけれど風があるので、室内にいれば幾らか爽やかに過ごせている。東北の被災地を含めて、豪雨による被害、雨と同時にひょうも降るなど、そしてお隣の中国でも大雨による大きな被害と、今年は絶え間ない災難が続いている。明日は七夕、天の神様へのお願い事は、明日の星空ともうひとつ、今年後半の穏やかな空模様をsign03

       note ハワイアンダンスnote          

    2011_0705_171545p1120237

    ヤシの木の下、ハイビスカス咲く浜辺でフラダンス。青い海、白い雲、ハワイの海辺が、母の居るユニットに続くホールに出現note 職員さんと入所の皆さんで作るのだろう。季節が変わるごとに、各ユニットそれぞれの季節の風景が広がる。

    暑くなったので、夏掛けの布団を届けがてら、母を訪ねた。昨日午後は、お名前は聞かなかったがプロの歌手の方が来られて、歌を聞かせて下さったそうで、母も参加して楽しんだとのこと。写真を写した職員さんが、パソコンの画面に取り込んだステージの様子をクリックして見せて下さったcamerapc 

    母は余程楽しかったのか、楽しげな様子が伝わってくる。しばらくおしゃべりをしてから、暇を告げて事務所に寄りご挨拶。付き添って下さった担当さんが、「Tさん、歌手の方と握手をしたり、手拍子をうったり楽しそうでした」とのことだった。

        clover 散歩  clover 

    夕方のホームからの帰りは、一番近い谷戸山散歩。

    2011_0705_173611dsc_5002


    車を停めて広場に降りると今年もいつもの夏と同じ

    2011_0705_173757dsc_5006

    夏の花「むくげ」が咲いていた。

    2011_0705_173852dsc_5009

    季節が

    2011_0705_173831dsc_5008_2

    季節通りに廻っている。

    2011_0705_174028dsc_5012

    この花も!今年は「ハルシャギク」という名がわかったflair

    2011_0705_174002dsc_5010


    細い茎が風に揺れる様は捨てがたく

    2011_0705_174056dsc_5013

    花の側には花の精のような愛くるしい坊やがいたheart04 

    2011_0705_174220dsc_5017_3

    ペチュニアとのコラボも素敵!

    2011_0705_175432dsc_5025_2

    伝説の丘まで登り、少し下って途中丘からの景色を眺めたら、急ぎ斜面を登る戻り道。いつか母と来た時に休んだ東屋の屋根をパチリ!

    2011_0705_175530dsc_5026


    下りながら眺める六地蔵は余り無かった。いつもコース通り丘を下り、長屋門を目指してしまうから。

    Photo


    崖下を覗いてみると、よく見かける「ヒメオウギズイセン」

    2011_0705_175926dsc_5029


    湧水の谷入り口を横目で眺め早歩き、ハァハァcoldsweats01 少し先は夏になると皇帝ダリヤと向日葵がコラボしていた広場。そこを通ると、「谷戸山は里山に近い場所なので、外来種の皇帝ダリヤをここで見る事は出来なくなりました」というようなお知らせの札があった。そういえば昨年も見られなかったような気がする。フゥ~~sweat02 駐車場が閉まると大変急げ!!

    2011_0705_180238dsc_5033


    それでも桑の木に沢山繁ってきた若葉をパチリ!

    2011_0705_180359dsc_5034

    管理棟前のハルシャギクをもう一度

    2011_0705_180411dsc_5035_2

    名残惜しくてパチリcamera 

    2011_0705_180504dsc_5036

    駐車場に無事到着!お待ちどうさま~carsign03

    40分程の短い散歩だったが、時間が無く斜面の道を急ぎ足だったので汗でびっしょり、結構きつい散歩になってしまい、駐車場の自販機で買ったファンタで喉を潤おし生き返った気分でした~wink 

    次は夕方遅めの買い物。近所に出来て何年にもなるのに、初めての生協の店舗へ。カウンターで登録をしてカードを貰い、お買いもの。前日娘とのおしゃべりで聞いたとおり、生鮮品はすべて産地が表示されて分かりやすく、価格も良心的だった。子供が小さかった頃はご近所誘い合わせての共同購入をしていたけれど、それも25年以上前のこと。久し振りにいいお店と出会えて嬉しくなりあれこれカートの籠に。

    2011_0705_182218p1120240

    車を止めた屋上駐車場から見た夕焼け空

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    久し振りに子供達と♪

    2011.07.05(火)sun 夏めいたお天気に梅雨であることを忘れてしまいそう。昨日は強風が吹き荒れて、外に出ず仕舞い、そんな中午後は娘が一人でひょっこり立ち寄った。すぐに帰るからというところをお茶でもと誘い、しばらくのつもりが、ついつい夕方までおしゃべり。

    2011_0705_122640dsc_4995

    娘の手土産無添加100%のリンゴジュース。冷たく冷えたので、暑い午後に頂きましょう。りんごや果物は体内の放射能の排出にも役立つ大切な成分を含んでいるというニュースを見たばかりなので、嬉しいプレゼントnote 

    night になって、遅めの夕食準備中には、「今1階に着いたけどちょっと渡すものが」と、今度は息子からmobilephoneが。食事はお得意さんと済ませたという息子だったが、お茶でもということで、親は食事、車の息子はノンアルコールビールで付き合いながらおしゃべり。

    cherry 佐藤錦 

    2011_0704_211937dsc_4994

    娘が帰った後、台所の汚れが気になりだし磨いてからの夕食準備は手抜きスパゲティ。息子の食事が済んでいて良かった~coldsweats01 

    お土産は美味しそうな山形の佐藤錦cherry 孫からのプレゼントで、早速食後のデザートに3人で頂きましたよ!実は食事前にもつまんでしまったけれどcoldsweats01 甘くてとっても美味しいdelicious 「Rちゃん、ご馳走さま♪」

    息子の仕事は順調のようで、明るいニュースの少ない中、嬉しいことだった。

    久し振りに二人の子供に会えて、それぞれの元気な様子に安心出来た一番の親孝行に、有意義で幸せな一日となりました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    「ふれあいの森」水辺の散歩♪

    2011.07.04(月)sun今日も暑くなりそう。風が強く吹いているので、幾らか凌ぎやすいだろうか。日中陽の高い間の外出が体に堪えるようで、ちょっと控え目にしながら過ごしている。昨日も日中は、掃除洗濯布団干しと家事をこなした後、近くの伊勢丹まで出かけたのが夕方だった。目的の買い物を済ませてから、食器売り場に回り、ここでも一つ買い物をしてお終い。節電の夏、いつも寒くなる位のデパートなどの冷房が、昨年までに比べれば緩やかで過ごしやすかった。

    次に寄った小さいけれどこだわりのあるスーパーは、店じまいしないままリニューアル工事前日夕方も営業をしていて、目につく告知とてなく入店してしまい、商品がほとんどない店内を一周するだけのロスタイム。結局足りない食材の買い物は取りやめて帰宅think 後から知らないで入店するお客さんの姿も多く、(あ~あ、お気の毒に、早く店じまいする方がお客さんの為なのに)と思ったことだった。

      clover ふれあいの森水辺の散歩 clover 

    2011_0629_142651dsc_4938

    こんな案内があったので、一番大きな水辺に沿って歩いてみた

    2011_0629_142854dsc_4940_2

    木々に囲まれた水路は涼しげで、

    2011_0629_142932dsc_4941_2


    流れた水が石段を次々降りてくる

    2011_0629_142948dsc_4942


    その先の岩の上に

    2011_0629_142957dsc_4944


    (もっと下っておいでよ)と案内してくれるように鳩が一羽降り立った。そして

    2011_0629_143135dsc_4945

    鳩の止まる岩の先まで下ってみると「すごい!」更に大きな崖を流れる滝になって水しぶきをあげているshine 

    2011_0629_143149dsc_4946

    自然豊かといっても街中の公園、ここで滝を見る事が出来るなんてびっくりeyesign03

    2011_0629_143211dsc_4947


    幾つもの岩の間を幾すじかの流れとなって

    2011_0629_143229dsc_4948

    勢いよく流れ落ちてくる

    2011_0629_143236dsc_4949_2


    夜毎日毎流れる水に洗われた岩肌に明るい光が射すと、青白く輝く美しい岩肌を見せてくれたshine

    2011_0629_143252dsc_4951


    もう一度滝口を見上げてみた

    2011_0629_143258dsc_4952


    滝口の上の木の枝に、「ネッ!いいでしょ!」ちょっぴり得意気な鳩が居た。

        ふれあいの森にて (6月29日撮影)

     

    carで走れば、我が家から20分もかからない場所に、こんな素敵な場所があることを発見して嬉しくなった。滝の下は広大な緑地になっているようで、この日はその奥まで行かなかったが、木で作られたテーブルとベンチが幾つも備えられ、何組かのご夫婦らしき方達が思い思いにお弁当を広げたり、くつろいだり、木製のベンチで昼寝をする人など様々に利用されている様子。

    今年は、春の京都や子供が小さい時に家族で訪れた安曇野など行きたいところが何箇所かあった。特にあの安曇野の景色は忘れ難く、もう一度と思っていた矢先の大雨による上高地の災害、そして先日の松本の地震と、子供達と上がった松本城まで被害が及んでいる。とりわけ今年は何か嫌な予感ばかりが先だってしまい、遠出が出来ないでいる。それだけに近くの自然豊かな景色がとても有難く思えるこの頃。


    | | コメント (2) | トラックバック (1)

    アガパンサスが涼しげな公園散歩♪

    2011.07.03(日)sunお昼時、外の外気温は30度。比較的風があり、窓を開ければよく通る。屋内は凌ぎやすいけれど、太陽の高い時間を避けて買い物に出よう。あい掛けの布団を干したり洗濯をしたりなど、梅雨の晴れ間は有効に活用しなければ。

      clover ふれあいの森散歩 clover 

    2011_0629_141631dsc_4926_3


    ハーブ園のある森の入り口を入ると、すぐ右手に見える風車。園内の水を汲みあげるなどの何かに使われているのだろうか。

    2011_0629_141654dsc_4927


    ハーブ園の側の石段を上がる。園内にはセージなどの花が揺れる。

    2011_0629_141906dsc_4929


    パーゴラにはツル性の植物が絡まり、アザミやアカンシスなども咲き

    2011_0629_141934dsc_4930


    園内のあちらこちらで見かけた花、そんな花達を眺めながら

    2011_0629_142002dsc_4931

    紫陽花の咲く石段を上がると

    2011_0629_142246dsc_4932_3

    アガパンサスが涼やかに咲いていた。汗ばんだ体内に一瞬爽やかな風が吹き抜けた♪

    2011_0629_142258dsc_4933


    「アガパンサス」と言う花の名は、ギリシャ語のアガベ(愛)アンサス(花)の2語からなり、意味は「愛の花」だそうだ。そう、暑さの中で与えてくれるこの涼感は“愛”以外の何ものでもないheart02sweat02

    2011_0629_142413dsc_4934_3

    「アガパンサス」の花の名札が立つ小道に入ると、立派な建物のある裏庭になっていた。奥で草花の作業をされている方に聞いてみたら、「グリーンアップセンター」の建物とのこと。お庭を少し眺めさせていただき、

    2011_0629_142504dsc_4935_2


    入ってきたアガパンサスの小道に戻る。

    2011_0629_142525dsc_4936

    紫だけでは無く、白い花などもあって、毎年よく見かけていた花だけれど、暑かったこの日は、とりわけこの爽やかな青紫の色に、体の芯から癒される思いだった。石畳の道を抜けると

    2011_0629_142632dsc_4937

    水が流れていた。ここも涼感たっぷりなので、次回はこの水辺づたいに続きます。

    大和市「ふれあいの森」にて   (6月29日撮影)



    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    大和市「ふれあいの森公園」の向日葵♪

    2011.07.02cloudsun少し蒸すけれど幾らか過ごしやすい気がした一日。先月後半の猛暑に早くもちょっぴりバテ気味で、今日はDVDの映画を観たりの休養日confident 

            clover 向日葵見物 clover 

    2011_0629_140232dsc_4908_2

    6月末の暑い日、アーチの奥の紫陽花はまだ元気に咲いていたnote 


    2011_0629_140727dsc_4910_2


    散策路を挟んだ反対側の花壇には早くも向日葵が咲いているnote

    2011_0629_141101dsc_4917

    蝶が向日葵の周りで舞っているheart04 

    2011_0629_141010dsc_4916_2


    夏の元気印のような黄色い花から、蝶も元気な蜜を吸いたくなるのかも


    2011_0629_141200dsc_4919_2


    蝶は吸い寄せられるように向日葵に近ずいてゆく


    2011_0629_140745dsc_4911

    この季節は向日葵に囲まれた薔薇も幾らか咲いていたけれど

    2011_0629_140802dsc_4912

    蝶は薔薇よりも

    2011_0629_141132dsc_4918_2

    向日葵の追っかけのように飛び回っていたnote

    2011_0629_141440dsc_4924_2

    向日葵畑にさよならをして


    2011_0629_144204dsc_4961_2

    高台にある薔薇園に行ってみた。



    2011_0629_144230dsc_4962_2


    薔薇園の花も前回来た時よりも少なかったweep 秋になったら又来てみようwink 


    2011_0629_144311dsc_4963_2

    薔薇園の石段の上から覗いてみると、


    2011_0629_144417dsc_4965_3

    これからの季節を彩る花達の苗が、きれいな間隔をあけて植えこまれていたnote 盛夏の頃には、たわわに咲いて迎えてくれるheart04 

       大和市「ふれあいの森」にて6月29日撮影









     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    車検が済んだ!7月、花達の季節が交代の時期。

    2011.07.01(金)cloudすでに夏本番を迎えていたような今年は、改めて夏が来たという思いも無いような、それでも暦の上では間違いなく7月がスタートしたsign01

    thunder昨日6月締めくくりのお天気は、ここ神奈川では梅雨が明けたかしらと思えるような雷の音と稲光にざーざー雨が。小鳥の賑やかな囀りが始り、じきに上がったかと思ったら、次の雨雲が再び雷とともに土砂降りの雨を降らせた。

     rain 雨が上がって しばらくするとsign03 

    2011_0630_164410dsc_4970

    東の空には大きな虹がshine 

    2011_0630_164452dsc_4974_3

    虹を見ることは少ないので、何だかわくわくしますねheart02 

    2011_0630_164218p1120231_2

    2度の夕立ちのお返しかしら?2本の虹が。もう少し早く気がつけば、もっとくっきり見えたかも。久し振りの天体ショーはあっという間に終わってしまった。

     sweat02暑さ対策の一つ

    2011_0701_111922dsc_4979

    何だか疲れが出た昨日、黒酢の水割りを飲んだら元気が出てきたup 夏、心強い味方の一つscissors

     car 車検が無事終了となったとの連絡が入ったのは、昨日2度の夕立が上がったあとだった。代車の軽に乗って愛車を迎えに。軽自動車は車内からの見晴らしも良く、運転をする夫には取り回しがとても楽とのことで、「悪くないかな~、」とも。狭い道もすいすい走れる機敏さには敵わないものがあるようだ。

    けれど、

    2011_0630_181858p1120232

    car到着した車やさんの店頭に、この日は黒のフィットシャトルが展示されていたnote 

    2011_0630_181913p1120233_2

    2011_0630_181925p1120234_2

    car 先週試乗した限りではハイブリット車もいいかなと思える乗り心地で、色も黒になると精悍で、結構好みです。室内も後ろも広々空間。運転もできない癖にいつも好み優先で口を出してしまう誰かさん・・・・coldsweats01

    けれど、車検が済んでぴかぴかになった愛車は「一発車検でした!」という整備士さんの言葉通り、すべてのネジがピシリと閉まり、新車で初めて我が家に来たころと変わらない乗り心地、シートもスッカリ馴染んで違和感もなく。営業の方と整備の方が二人がかりで最後にさびが出ていたナンバープレートのビスを変え、プレートのさびをごしごし落として下さって、又気持ちよく乗れそうになりました。

    車は足であると同時に、大切な家族の一員のような愛着が生まれるようで、暑い日も寒い日も外でじっと待ち、オーナーの都合で出かけたいときは忠実に動いてくれる可愛さに、年月が経つほどに情がわいてくるようで、若いころは平気で買い替えられたけれど、年齢が上がるほどその思いが強くなってくる。もっともそれだけ車選びが慎重に出来るようになって、好きで選んだ目に狂いが無かったともいえるけれど。

       bud     

    2011_0701_132001dsc_4988


    我が家のくちなしの花がいつの間にか咲いていたbud 

    2011_0701_132032dsc_4989

    花期が長かった額紫陽花「墨田の花火」が、白い額の部分を一枚2枚と落とし始めている。狭いベランダの中の季節の交代。くちなしは花期が割合短い。これからは何が咲くだろうと見回してみたら、フェンスの外に飛び出したツルの先に、薄紫の夏の花「瑠璃祭り」が一輪咲いていたnote 鉢ものの陰になった場所ではキャッツテイルの赤い尻尾が幾つか風に揺れていたcat 今年は壊滅かしらと心配していたリーガルベゴニアのWさんが最後に残った根の部分から4・5枚の葉が出て、小さな苗として育ち始めている。


     

    | | コメント (6) | トラックバック (0)

    « 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »