« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

今日の記事その2 

2011.06.30(木)sun 

 hospital検査結果           

昨日午前中は、市民病院へ夫の血液検査の結果を聞きに。かかりつけ医の指摘通り相変わらず血小板の数値はやはり低いとのこと。そして、幸いなことにそれ以外に気になる病気などは全く見当たらないとのことで、当面経過観察ということに。血液専門医師の診断は大らかだったようで、一安心でした。

帰りは、余りの暑さにSCの駐車場に車を止め、フードマートで迷った挙句、やっぱり冷やし中華を。デザートに小ぶりのソフトクリームもdelicious

ついでに夏用の軽い幅広の帽子も購入。カメラを持つ手にパラソルは持てないので、暑い日もこれで安心confident

sweat02暑さに向かって

このところの暑さ、街中でも近所にも救急車のサイレンの音がいつになく多い。熱中症にも気をつけなければと水分補給は怠らないけれど、昨日は帰りにちょっと足を伸ばした先の散歩で、すっかり疲れてしまいました。今日も暑いなか、夫は車を車検に出す為ディラーまで出かけたので、しばしのんびり。

tvでお酢のメニューが紹介されているのを見て思い出し、そういえば疲労回復には確かに良いので、黒酢を氷水で割って飲んだら、何だか元気が出てきましたよscissors  今年はクエン酸効果の高い赤紫蘇ジュース作りを躊躇してしまい、多分断念することになりそうですがthink我が家の青紫蘇が虫に食べられず沢山出来たら青紫蘇で作るつもりで。

このところの暑さ、食生活もついつい冷たいものばかりに偏りがち。気をつけて献立も考えなければ。

car屋さんから、今しがた夫が帰ってきた。玄関の扉が開いたのにすぐに入ってこないので見に行くと、適度な大きさの段ボール箱を運び入れているeye”何を買いこんできたのかと思ったら、扇風機でしたsign03 エアコンは3台あるし、そのエアコンとて滅多に点けることなく、窓を開ければ風が良く通る我が家、これまで必要では無かったもののひとつ。

けれど今年は6月からのこの暑さ、しかも節電の夏となると確かに必需品かもしれない。昨日病院帰りに見かけた電気屋さんの店先に扇風機が何台か並んでいるのを横目で見ながら帰宅。ところが、今日、車やさんからの帰り道、業界大手の電気屋さんに寄った夫が扇風機の在庫は一台も無いことに驚き、何軒かの大手の家電店にも問い合わせたら在庫なしということで、くだんの電気屋さんまで行き買ってきたとのこと。

扇風機は冬の間に作られるので、今年の生産分はすでに販売終了となってしまったようで、町の電気屋さんで何台か在庫がある分も売れてしまえば終了となるという。

電気ポットも電気釜も食洗機も今では全く使用しない我が家。まだお高いLED電球は一部交換済み、節電にはかなり協力しているつもりだけれど、この異常な暑さでいつ何が起こるかわからない。

このきびしい暑さを熱中症にならないで過ごしていく工夫は真剣に考えなければいけないようだ。

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月の散歩道♪

2011.06.30(木)sun暑い日が続く中、6月も今日でお終い。

 cloverチョッピリ楽しい散歩道・・・・confidentcarouselponyheart04

2011_0627_174720dsc_4875

パープル色の紫陽花がいざなう小道の先には、

2011_0627_174918dsc_4877

蝶が舞う

2011_0627_174932dsc_4879_5

或いは蝶がじっと思索にふける場所のようで、

2011_0627_180734dsc_4900_2

草むらにはお城の側で、ふくろう、ブゥちゃん達が四葉のクローバー探し

2011_0627_180739dsc_4901

原っぱのベースボールも楽しいよbaseballsign01

2011_0627_180803dsc_4902

「ボールはどこかな~」、美味しそうな木の実に目が行ってしまう子もいたけれどcherrysign02  

2011_0627_175121dsc_4882

紫陽花咲く根元を気をつけて見てみると、メルヘンの世界が広がっていることもheart02 

2011_0627_175245dsc_4883

あざみも

2011_0627_175503dsc_4886


フェンスの向こうの紫陽花も

2011_0627_175704dsc_4887


木の枝に止まる小鳥も

2011_0627_180322dsc_4894_3


薔薇の花も、雨上がりのメルヘンが大好きheart04 

2011_0627_175858dsc_4888


草むらに隠れたニャンちゃんだけが現実的で、

2011_0627_180300dsc_4893


「もうもう夕餉が近いのに、いつまで遊んでいるのかニャ~」とそんな眼差しでeye” 

2011_0627_180000dsc_4889

猫じゃらしの誘いにものらないのcatface

2011_0627_1dsc_4868_4

アカンシス咲く小道の散歩には、小さなお楽しみが待っていることもheart01

              桜並木の道にて(6月27日撮影)

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の予定

2009.06.29(水)sun 今日も夏sign03 暑い!

午前中は夫の検査結果を聞きに、病院行き同行。明日は車検と2日間朝からバタバタと忙しい6月末となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母を訪ねてから、季節の花探し散歩を♪

2011.06.28(火)sun すっきりとした空模様に朝一でお洗濯、お昼にはさっぱりと乾いた!今日も暑くなってきた。午前中ちょっと一休みのつもりがうつらうつらと眠りに落ちてしまい、目が覚めたら離れたソファーで連れあいもグーグーsleepy キッチンには夫の心づくし、水だしペパーミントティーがポットに入り、美味しそうに用意されていた。

夏、疲れたら昼寝、熱中症の水分補給は欠かせません。今月は小の月、直に7月が来る。

 wheelchair 昨日買い物前のひと時、訪ねた母は紫陽花色で待っていてくれた♪

2011_0627_170250dsc_4843

相変わらず穏やかで機嫌よく、言葉は詰まりながらも続く会話が嬉しい位しゃっきりとしていた。前回行ったときに届けておいたパープルのTシャツを着ていたので、お気に入りの帽子を頭にのせて、鏡の前に車イスを押して行った。袖の先と裾にあしらわれたレースが気に入っている様子。

リビングには紫陽花の花が飾られていて、担当の女性職員さんが、「Tさん、紫陽花色の洋服を着たのよ」と話し出すと、テーブルを挟んで母の前に座っていた同じユニットに暮らすアメリカ人の男性Rさんが、此方を向いて「She is very pretty!」そして母にも「その帽子も可愛いよ!」とほめて下さった。「ありがとうございますconfident」と、嬉しそうな母。(幾つになっても女性は褒め言葉が嬉しいのかも)日本人と違ってオープンな表現が、いつも周りを明るくして下さるRさん。

 clover 買い物前の散歩道の花

2011_0627_173943dsc_4860

雨上がりの日は、水滴が残る大輪の白百合や

2011_0627_174140dsc_4863

こんな色の紫陽花に

2011_0627_174206dsc_4864

勢いのある紫陽花はさすがに少なくなったけれど、まだこんなに愛くるしい花にも会えた

2011_0627_174311dsc_4866

名前を忘れてしまった花

2011_0627_174459dsc_4869

アカンシス

2011_0627_174520dsc_4870_2 

この赤い花は毎年よく見るのに、何だったかしら?

2011_0627_174534dsc_4871

今年初めて南天の蕾と花を見たsweat01赤い実になるまでに、こうして花が咲く様子を初めて見て感激!春先に葉の色が何色かになる様子に気付いた。そしてこの季節は花に気付く!昨年暮れに寄せ植えように買った我が家の小さな南天の苗には、今のところ花の蕾も見当たらない。まだ幼いからかしら?

今年はこれまで見過ごしていた木に咲く花を随分見る事が出来た。山ぼうし、エゴの木、桐の花など。気をつけて上を向いて歩くと、いつも見過ごしている高い木々にも花が咲くことに気付き驚かされる。同じ空気の中に生育している木々の晴れ姿を見るようで、散歩はそんな発見が思わず楽しいnote

2011_0627_174606dsc_4873

これは今年初めて見たような気がするので、名前もわかりませんが・・・。

2011_0627_174657dsc_4874

見事に咲いていた黄色い百合

2011_0627_180411dsc_4895

まだ元気な薔薇も咲いていた。

2011_0627_174905dsc_4876

少し盛りを過ぎ始めていたけれど、大好きな青の額紫陽花。

ここは春、桜が美しい「相模が丘桜並木」細長く続く道の両側には、桜以外にも椿やツツジ、紫陽花が季節ごとに咲き、その他に近隣の方々が丹精された草花がいつもきれいに咲いていて、車の通らないこの道は安心の散歩道。近くに買い物の折、気がつくと足が向いている大好きな場所。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師池公園の菖蒲園が見頃でした♪

2011.06.26(日)sun お天気まあまあの日曜日。毎日少しずつ進めていたデーターをCDやCVDに焼き込み、文書を作ったり印刷したり最後の仕上げは夫に助けて貰いながら、ほぼ一日作業して完了となった。後は宅配便の集荷に渡すまでとなりホッと一息。

終わった後の冷たいアイスクリームとカモミールティーでやっとくつろいだ気分になった。

  clover 薬師池内の菖蒲園  clover 

2011_0623_172652dsc_4798

菖蒲園近くに咲く紫陽花は彩り豊かな菖蒲と同じようにカラフル

2011_0623_172630dsc_4797

赤いmapleと菖蒲のコラボ

2011_0623_172407dsc_4786

遠くに見える東屋のもっとずっと先まで菖蒲園は続く

2011_0623_171826dsc_4772

菖蒲も一番の見頃だったようだ。夕方になっても見物客の足は絶えない

2011_0623_172013dsc_4776

菖蒲の植え方は彩りが考えられているかのようにランダムに並ぶ

2011_0623_172123dsc_4778

夕暮れ時は、白い花のひと塊りに心が引き付けられる

2011_0623_172204dsc_4779

石段を上がり小高い山道を右手に行けば薬師堂参道に続く。この日は失礼をして、

2011_0623_172311dsc_4782

もう少し菖蒲田散策

2011_0623_172429dsc_4788

森を背景にした色鮮やかな菖蒲

2011_0623_172910dsc_4806

紫陽花と赤紅葉が残照に照らし出される。この季節の薬師池もたまらなく美しいshine 

2011_0623_172522dsc_4791_2

水車は涼しげに水しぶきをあげるし、

2011_0623_172832dsc_4803

右を見ても左を見ても、いつまでもここにいたくなるほどの豊かな景色 が

2011_0623_172751dsc_4801

目を奪う

2011_0623_172421dsc_4787_2

粋で儚く、雨季を彩る菖蒲の花に

2011_0623_172854dsc_4805_2

そろそろお別れの時間が。

2011_0623_173905dsc_4820

蓮田近くの星空のように青い額紫陽花に、来年もこの季節にきっと来るわねと呟き、楽しかった薬師池散歩から帰路についたのでした。

         町田市立薬師池公園(6月23日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師池公園の生き物たち♪

2011.06.25(土)朝のうちはsun、暑い!雨予報通りにこの後は雨になるのかしら?記録を更新するような39度以上の気温が続いたり、地域によっては大雨による被害も出ている。昨日は一日強風も吹き荒れた。今年は何もかもがいつもと違って見える。平常心を保ちながら過ごすのは中々難しいけれど、いつも通りの暮らしを続けて行かなければならない。

 clover 薬師池の生き物たち clover 

2011_0623_165909dsc_4737

アジサイ園を後に薬師の池に向かう道には、ビヨウヤナギの花が咲き

2011_0623_170001dsc_4738

額紫陽花がいざなう小道もある。

2011_0623_170115dsc_4739

立ち止り、少し離れた薬師池を見れば、水どりが泳いでいる。池のほとりには少年達が走り回り叫んでいた!「あそこにいるよ!」

2011_0623_170254dsc_4742

「カワセミだよ!」周りのみんなには見えないようだ。「あそこだよ!」目を凝らして見てみた。「あそこかな?あっ、見えたわよ!」そういうと少年は嬉しそうに白い歯を見せて笑った。

2011_0623_170213dsc_4741

パチリした小さかった写真を拡大して良く見たら、気がつかなかったもう一羽が画面下に居る。小さなカワセミを見つけるには離れた場所で、周りの色に溶けこんだカワセミは識別しにくい。少年の瞳は、まだ疲れも曇りもない素晴らしい視力なのだったeyeup

2011_0623_170648dsc_4748

池の鳥舎には、鴨に亀達が夕暮れ前のひとときを過ごし

2011_0623_170806dsc_4753

餌をやる人の側には沢山の亀が集まってくる。

2011_0623_170813dsc_4754

丸々太った巨大な鯉も寄ってきて、

2011_0623_170731dsc_4750

お腹が膨れた亀は泳いで帰宅。

2011_0623_170836dsc_4755

鳥舎の角には、鵜のような黒い鳥の姿が。鴨と亀が何か楽しい話でも聞いているように、一緒に和んでいる静かなひと時。

2011_0623_171150dsc_4757

池の周りの土手には色とりどりの紫陽花が満開

2011_0623_171343dsc_4759

ここもカワセミのいるポイント!大きな望遠レンズを構えた男性が何人かおられ、レンズはカワセミを追っておられるようだ。

2011_0623_171552dsc_4766

背後は広大な菖蒲田と紫陽花の土手。

2011_0623_173032dsc_4811

自分のカメラでは無理と分かっていてもついカメラを向けてしまう。拡大!

2011_0623_173032dsc_48112

更に拡大!ボケているけれど、瑠璃色が美しいカワセミの姿。

2011_0623_173127dsc_4813

小さな声で「アッ、飛んだ」と言う声が聞こえ、男性達が動きだしたので邪魔にならないように動き、そーっとそちらを見ると緑の楓の枝に止まりましたよeyeカワセミはいつもカメラの巨大なレンズに狙われていることを知っているかしら?聞いてみたいなhappy01 

2011_0623_173742dsc_4816

おっと、これはカワセミでは無くカラスでした!すぐそばの木の上でバリバリ音がして何か木の実をつついている様子。余りレンズを向けられる事が無い筈のカラスだけれど、自宅前のカラスをいつも身近に見ているので、つい親近感を覚えてしまう(余り近付いてほしくはないけれど)

2011_0623_173829dsc_4818

蓮田の大賀ハスの葉は大きく育ち始めていた。まだ蕾は見当たらなかった。花期は7月下旬から8月とのこと。そういえば昨年もセミの音が聞こえる頃に花を観たのだった。

2011_0623_173843dsc_4819

大賀ハスは丈が高いので、チビの自分がパチリするのはとても難しい。そして早朝でなければ、美しく開花した姿を観る事が出来ず、朝が弱いのでいつも閉じかけた姿しか見たことが無くて・・・・sweat02 

2011_0623_173935dsc_4821

田の畦を歩くと聞こえてくる蛙の歌声が聞こえなくて残念だったけれど、暑かったこの日は蛙もぐったりしていたのかも。

2011_0623_163239dsc_4678

水辺の獲物はとれましたか?子供達の楽しい夏時間が始まった薬師の池。

2011_0623_174122dsc_4826

この日会えたニャンコは臆病なこの子だけ。冷たいミルクを美味しそうに飲んでいた。

自然豊かな薬師には、野鳥や水辺の生き物が多く、季節ごとに咲く花も素晴らしい。暗いニュースが続く昨今だが、ここに来るといつも心が元気になれるのが有難く、今度来た時は薬師堂にも登って、お参りをしなくては。

今年初めて見頃の時期に来られた菖蒲田の様子に続きます。

               薬師池公園にて(6月23日撮影)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薬師池公園の紫陽花が見頃でした♪

2011.06.24(金)sun 気温30度。じっとしていても汗sweat02 風が強いので窓を全開、水分補給で幾らかしのぎやすくなった。すっかり夏めいてしまったけれど、梅雨明け前のまだ6月coldsweats01 

 bud ミニトマトの苗から

2011_0623_125404dsc_4647

たったひとつだけど小さな実がconfident 

car 車検の為

2011_0623_152914dsc_4661

ディラーに行き、車検前の点検。その間に新発売のハイブリッド自動車「フィットシャトル」に試乗させていただいた。小ぶりながら中々堂々としたスタイルで、車内は思ったより広い。乗り心地はもっとふわっとしているのかなと思っていたが、そんなことは無く、案外好みの範疇で、インテリアもすっきりいい感じ。車検を迎えた愛車はスポーティで、年相応ではないけれど、今ではすっかり馴染んでしまい楽しいドライブ感がいつでもあって、夫の運転でまだまだ乗っていたい。それでもいつの日か買い替えなければならない時期が来たら検討の余地大かもしれない魅力ある車だったcarsign03

  clover 薬師池の紫陽花 clover 

2011_0623_165522dsc_4730

久し振りの薬師池公園は紫陽花が見頃で、初めてのアジサイ園散策。

2011_0623_163720dsc_4687

アジサイ園入り口は菖蒲の苗などが池を飾っている。

2011_0623_164059dsc_4694

黄色い水連が池の葉の間から顔を出していた。

2011_0623_163750dsc_4689

雨の季節の紫陽花が、明るい太陽の光に照らされて。

2011_0623_164502dsc_4702

鬱蒼とした園内には青く輝く花達が

2011_0623_164158dsc_4697

山紫陽花が山肌に咲き、爽やかな清涼感が漂う

2011_0623_164208dsc_4698

小高い山の下の園内に咲く花達は白あり

2011_0623_164615dsc_4707

紅あり、青もある。

2011_0623_164523dsc_4704

紫陽花の青って、何て純粋で透明感にあふれた美しさだろうと思う。

2011_0623_165152dsc_4720

渦紫陽花も

2011_0623_165250dsc_4722

色違いで、

2011_0623_165454dsc_4728

白くて細長い紫陽花はバックポーチと書いてあったような

2011_0623_164703dsc_4709

青と紫が黄色い日射しをバックに揺れる

2011_0623_164912dsc_4714

石段を上がれば小高い山道に続き、健脚の方達がたやすく登って行ってしまう。いつか、最初に薬師に来た頃、この小高い山道を歩いて登ることが出来た時、仕事を辞めて運動不足で弱った足をほめたくなる位の自信が持てるようになったので、感謝の薬師池公園なのでしたsign03 

薬師池公園は細長く奥が深い。この後も楽しい散策がしばらく続きますlovely 

        町田市立薬師池公園にて(6月23日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日も暑くなりそう!

2011.06.23(木)cloud夜中に雨が降っていたのか、玄関ポストに配達された朝刊はビニール袋に入っていた。昨日の暑さは、梅雨が明けたのかと思うほどだったけれど、予報に寄ればそう甘くは無いようで、平年並みの梅雨明けと暑い夏が待っているようだ。

昨日ほどではないけれど、今日も30度は超えそうとのこと。我が家の寒暖計も30度sweat02 

car速いもので、2年ぶりの車検の時期がやってきた。本番は30日だが、車検前の下調べの為、今日の午後は愛車を車やさんに持って行くことに。

  clover 今日も暑いので水辺でのひと時を clover

2011_0612_151204dsc_4441

メタセコイア並木の向こうにあがるしぶき

2011_0612_151513dsc_4447

爽やかなブルーが呼んでいる

2011_0612_151609dsc_4448  

青と緑が一体となったエネルギー

2011_0612_151652dsc_4450

すさまじいパワーで噴出する水

2011_0612_151707dsc_4451

shine 

2011_0612_151726dsc_4453

shine 

2011_0612_151749dsc_4455

噴き出すパワーは

2011_0612_151752dsc_4456

小さくとも

2011_0612_151836dsc_4458

大きな仲間と

2011_0612_151859dsc_4459_2

つながり天を目指しているup  

2011_0612_151738dsc_4454

虹色の飛沫を浴びて涼んだら、

2011_0612_151956dsc_4462

森の道に戻り

2011_0612_152029dsc_4463

無垢な心で天を仰いでみる。心の片隅から消せないものはコルセットと手袋。これは最後の心の砦でもかもしれない・・・。

2011_0612_152753dsc_4474

森の外の広場には、進行形の現実が垣間見えた。

             相模原公園にて (6月12日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い一日でした!!

2011.06.22(水)sun 思わず「梅雨はどこに行ったの?」とつぶやきたくなる位、二十四節気のひとつ夏至の今日は夏でしたsweat01 午後、carの中で確認した外気温は36度eyesign03 

 car 病院へ hospital 

持病でのかかりつけ医から念のため血液専門医の検査をということで、紹介状を書いて頂いて、採血の為午前中予約をしておいた夫の病院行きに同行。前にも同じ血液検査をして大丈夫だったのだが、そういえばそれから大分経っている。広い市民病院の待合室は沢山の科があり、患者さんも多い。時間にしてまるまる2時間程かかってしまった。検査の結果は翌週もう一度。昼過ぎの病院駐車場に出たら暑いことsign03

炎天下に停めた車はいきなり乗ることが出来ないほどの暑さ、ドアを全開にして風を通してから乗り込んだ座席シートは異様な熱さでした。

2011_0622_123330dsc_4638

駐車場にはたち葵の花が、折からの日射しの下で風に揺れながら咲いていた。車に乗り込む前にパチリ!

2011_0622_123401dsc_4640

パチリ!

2011_0622_123351dsc_4639

パチリ!夏が近付いている。

2011_0622_124021dsc_4641

駐車場の時計はお昼過ぎ、暑いので冷やし中華が食べたくなって大手のお店屋さんに。今日は品切れと言われてがっかりしていたら、切れたのはきゅうりと卵だけとのこと、メニューに3種類ある冷やし中華、その具を合わせてならと言うことで、勿論OK,かえって豪華なトッピングとなって出てきたのでしたdelicious 

さて、今日の暑さは半端では無く、こんな炎天下でなければどこかにドライブして散歩でもと考えていたのですが、血液10本も検査の為に抜かれた夫を誘うのも酷なので、

2011_0622_135441dsc_4646

車内からパチリしながら帰宅。

帰宅するなり、家じゅうの窓という窓を全開にして風を通し、ソファに座リ休んでいるうちに、暑さをしのげたのかコックリ、コックリと居眠りからお昼寝とあいなりました。目覚めた後に、かじった冷凍庫にあった小豆バーが子供だましの味ながら思わず美味しいdelicious

しかし神奈川でも今日で36度となると、今年は暑い夏となるのかしら?節電の夏の暑さ対策、しっかり考えなければsweat02 

  clover 暑いので clover 

2011_0531_125056dsc_3371

水辺の黄菖蒲で涼みましょう。

2011_0531_124825dsc_3368

爽やかな香りのハーブ園

2011_0531_124846dsc_3369

チェリーセージが一輪    ふれあいの森公園にて

                      (5月31日撮影)

2011_0531_131103dsc_3381

同じ日,通り沿いの葵の花

2011_0531_131114dsc_3383

5月末、ご近所に葵は既に咲き始めていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

公園散歩のお楽しみ!

2011.06.21(火)cloud空の中、風が強く時折青空が広がる。神奈川の我が家の周りはほんの少し爽やか感もある梅雨の晴れ間だが、九州各地では大雨による土砂災害等により大きな被害が出たようで、今年は次々と起こる自然に寄る災害の大きさが人々の暮らしを直撃している。天の神は余りにも無情です。

 clover 相模原公園の6月 clover 

心に安らぎを求めて出かける先のこの季節は、

2011_0612_122411dsc_4099

クレマチスが公園外周のフェンスを彩っている。相模原公園の中を覗くと何だかわくわくしてくる。今はどんな花が咲いているだろうって。 

2011_0612_134855dsc_4282 2011_0612_134913dsc_4283

公園正門を入った広場に咲いていたヤマデマリの花

2011_0612_134949dsc_4286

広場でのお楽しみの一つ、散歩で汗をかいた後は美味しいソフトクリームdelicious この日は催し物が一杯で余程の繁盛のようで、クリームがいつもより柔らかく溶けが速かったけれど、大急ぎでぺロペロ!

2011_0612_135125dsc_4287

八重咲きのぺチュニアが咲き、

2011_0612_135412dsc_4288

トイプードルの立っちパフォーマンスも見られるdog 

2011_0612_135554dsc_4289

お花が優しく微笑む側、冷たいもので一息入れたら

2011_0612_140910dsc_4312  

散歩の続き。森の中にはつゆ草の白や

2011_0612_140916dsc_4313

紫の花が咲く。派手さは無いけれど心惹かれる野草のつつましさが素敵

2011_0612_152242dsc_4465

これはホタルブクロ?

2011_0612_140939dsc_4314

森の中には名前を知らない花が沢山咲いている。散歩の楽しみは尽きない。

2011_0612_152554dsc_4470

花壇にはマリーゴールドが彩り鮮やかに咲いていた。花と緑の空気を吸って、まだまだ続くお楽しみ・・・・。(6月12日撮影)

 bud 木の枝先に bud 

2011_0621_125408dsc_4635

木香薔薇の花は大分前に全て散り、今日見たら枝先に赤い葉が2か所ほど出てきていた。ひと月程前から、新しい枝を2度ほど挿し木してみたけれど、どうやら失敗の可能性が高いweep 梅雨入り前がいいとも聞いたのだけれど・・・・sweat02紫陽花は簡単に根付くのに、結構気難しい木香薔薇ちゃん! 

2011_0621_124622dsc_4625

目の前の公園の大木の枝咲きにも赤い葉が沢山!風に吹かれた枝が大きく揺れる。午後はお日さまも顔を出し強風とのコラボレーションsun

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日常生活から見た風景

2011.06.20(月)cloud 一時晴れ間が出たので、嬉しくなってテラスに出て薔薇の花がらを摘んだり、木々の伸びすぎた枝を落としたり、今年は沢山実が付いた琵琶も実がしぼみかけていたので、枝を少し落とした。せっかくの実り。小さいけれど皮を向けば甘くて美味しい琵琶の実。皮がぴんと張った実を幾つかとりわけて冷蔵庫に。

  car 車内からパチリ camera          

2011_0617_172147dsc_4565

相模大野に出かけた帰り道、車で走ると、あちらこちらで大型ビルの建設が。

2011_0617_172158dsc_4566

震災後、材料も人手も足りなくて工事が進まないという声も聞いた。幾らか震災前の状況が戻りつつあるのだろうか。

2011_0619_182543dsc_4619

真っ赤な花はサルビヤだったか、車やさんの店頭を鮮やかに飾っていた。そういえば世間はボーナスの季節。道路沿いの車やさんのショールームには商談客の姿がいつになく多い。久し振りに行った大型スーパーも賑わいを見せて、一時の停滞から回復しているような街の活気が感じられた。

   bud 日常生活の楽しみ bud 

2011_0617_125142dsc_4536

先週はお天気が悪かったけれど、紫陽花はお構いなしに色が変化してゆく

2011_0617_125304dsc_4540  

ミニ薔薇も枝の先に沢山の花を咲かせて、花弁の真ん中では働き者の蟻さんが蜜を集める。

2011_0618_120616dsc_4583

雨模様に憂鬱そうな姿を見せる日もあるけれど

2011_0618_120702dsc_4585

薔薇は活き活き、太陽の恵みと雨の恵みと、どちらも大切な栄養となって

2011_0618_120550dsc_4581

スイートバジルもどんどん育ち、食卓に上る機会が増えたdelicious 

2011_0618_172621dsc_4588

ついこの間まで、盛んに咲いていたランディの花も散り始めた。

2011_0618_120114dsc_4569 2011_0618_120248dsc_4570

今年公園の木から巣だった兄弟カラス、親離れをさせられたのか、ここ数日は兄弟仲良く2羽でつるみ行動している。

2011_0605_105327dsc_3505

渋谷から青山に向かう宮益坂の交差点は、春先のカップルカラスの巣作りから生れた子ガラスまでが、車で通る度に良く見られる場所。都会のカラスはやはり少子化しているのかしら?体はまだ小さく1羽で淋しそうに鳴いていた。

2011_0618_120751dsc_4587

平凡な日常の中に自然のドラマやニュースがあって、そんな日々が時に面白く、退屈を忘れさせてくれる。季節は又次のステージを目指し始めいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園で、“ツリークライミング”見学♪

2011.06.19(日)cloud 気がつけば6月もはや2/3が過ぎようとしている。日々の流れの速さに思わず戸惑う。けれど、これも健康で無事に暮らしていればこその有難い実感なのかもしれないとも思う。

            clover ツリークライミング clover

2011_0612_135832dsc_4296

相模原公園「菖蒲祭り」を楽しんだ後、園内を散歩中、これまで見たことのない光景が出現impact 高い木から人がぶら下がっている様子にびっくりして思わずパチリcamera  

2011_0612_135841dsc_4297

側まで行って見ていると、だれも怖がっていないsign02 

2011_0612_135900dsc_4298

随分沢山の子達が

2011_0612_135905dsc_4299

綱にぶら下がる光景は

2011_0612_135951dsc_4303

良く見れば危険そうでは無く、

2011_0612_140026dsc_4306

何だか楽しそう!

2011_0612_140114dsc_4307

きちんとした指導のもと安全には充分注意を払われた訓練のようだ。

2011_0612_140156dsc_4310

高い木の枝から吊るされたロープにつかまり地上に戻ってくる子供達。

自然豊かな森の中、大きな木に登るってどんなに気持ちがいいことか。木々と仲良くなれる絶好の場、子供は木登りが大好きだ。こんな体験を子供の中に出来る子は幸せだ。

翌日、公園で見た光景を息子との電話中に話したら、「ツリークライミング」ということが分かった。早速調べてみると各地にある公園などで体験会が催されている。相模原公園でも定期的に体験会が開催されているようで、今年度の詳細は下記をご覧ください。

www.treeclimbingjapan.org/files/events/2011/leaf2011.pdf

小学生の頃の夏休み、田舎に遊びに行くと、すぐに叔父が庭にある“栴檀”の大木に登り、ブランコを作ってくれるのが習わしだった。そのブランコでひと夏を過ごす。少し大きくなると、近所の男の子たちと一緒に木登りをして遊んだ。男の子達は叔父のように身軽に高い枝まで登ってしまうけれど、臆病な自分はどうしても一つ目の一番大きな枝から先に行くことが出来なかった。それでも暑い夏、木の上の枝に腰をおろして下を見下ろせば、充分高い所にいて、暑い夏の高い木陰は、風が吹き抜け気持ちが良かった。木から下りれば井戸で冷やされた冷たい西瓜が待っていた。幼いころの遠い記憶が思い出される、そんなツリークライミング見学だった。

2011_0612_152424dsc_4469

ツリー体験会の日、すぐ近くには可憐な白い花が咲き、

2011_0612_152304dsc_4466

まだ若い紫陽花達が

2011_0612_152312dsc_4467

爽やかに咲いていた。       (6月12日撮影)

相模原麻溝公園に沢山咲く紫陽花は、もう色が濃くなり、見頃を迎えているかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の季節の銀座デパート♪

2011.06.18(土)cloud 梅雨冷えの曇り空。当分の間の雨予報。早く晴れマークが見たいcoldsweats02 

震災直後は、予定されていた多くのイヴェントが中止となった。

息子親子が参加している写真サークルの展覧会も延期されていたが、土日を挟む事が出来ないまま火曜日から昨日まで開催されたので、最終日の昨日雨足が弱くなった午後に出かけてみた。

丁度先生の講評が始まったばかりで、一枚一枚先生の講評を仰ぎながら先生と生徒さん達が大勢で作品の前を歩いておられた。後ろから講評を聞かせて頂きながら鑑賞させていただく。これで3度目になるけれど、今回は一段と素晴らしい作品を拝見することができ、先生の愛情溢れる言葉の中に鋭い指摘が感じられて、とても為になる有意義な時間となった。写真は自己流で、まだまだ駆け出しの身なので、到底及びもつかない作品群の前で、息子とのスナップとて写すのもはばかられて、ついに昨日はカメラはバッグに入ったままsweat02 息子の作品はこれまでの中で一番よかったし、特に孫娘の感性が捕えた写真は若さならではのナイーブさと大胆さが感じられた。本人は学校で会えなかったけれど、嬉しいことに先生のお褒めの言葉をしっかり聞くことができたconfident 

 rain 雨の季節に  

2011_0605_115709dsc_3538

咲く花は、菖蒲に紫陽花と決まっているけれど、デパートや街中には大輪の様々な傘が花開く。

2011_0605_115655dsc_3537

今年の流行りはどんな傘sign02 

2011_0605_115930dsc_3541_5“プラダ”ウインドー内の床模様。 2011_0605_115950dsc_3542_3

車を止めたデパート松屋さんの中をぶらぶらしたら、ショップ“プラダ”を覗き、おっと、ごめんなさい!この日手にしているバッグは、昔からお気に入りのバッグ“オロトン”でしたsweat01 

2011_0605_120315dsc_3543

1階から何階までだったろう?傘の花がカラフルに6月の壁一面を飾っていたimpact 

2011_0605_114248dsc_3530_2

車を止めた駐車場は松屋さん。デパート内のチョコレートやさんでティータイムnote 

2011_0605_114301dsc_3531

エスプレッソと

2011_0605_112820p1120175

可愛いチョコレートcafe テーブル上の点々は、

2011_0605_114936dsc_3532

天井からの明かり

2011_0605_122539dsc_3555

“銀座ベルビア館”には素敵なインテリアの提案が楽しく

2011_0605_122007dsc_3553

この日は“時の記念日”の少し前だったせいか、時計が全面にディスプレーされていたclockclockclock

2011_0605_122644dsc_3556

エスカレーターの前では、白熊君がサプライズsweat01sign03 

                         (6月5日撮影) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気に銀ブラ楽しもう♪

2011.06.16(木)cloud~? 朝のTVを観ていると、この国は一体どうなってしまうのだろうかと、不安になってしまう。

被災地の今、原発事故の今後の見通しはチェルノブイリに匹敵するほどの状況とも。故郷を追われ、いつまた再び戻れるかの見通しさえたてられない現実の余リの不幸。東日本の有数の農地が汚染され、あの美味しいお米や作物を期待することが出来なくなることも余りに悲しい。自ら命を絶たれた酪農家の不幸に涙し、見る度、被災地を走る牛達の姿に胸がしめつけられる。

直接の被災地でなくとも、日々の空気や風向き、水や食物への不安などのストレスはたまる。浴槽には水を張り、幾つものポリタンクにも水をためと、日々夫は備える。

それでも前を向き、明るい光を見出しながら生きてゆかなければいけない。時には町に出よう。町の景色は以前と少し違って見えたけれど。

   car  銀座 building  

2011_0605_120726dsc_3545

デパートのショーウインドーには最新のファッションboutique 

2011_0605_110922dsc_3519

和光の側を通る

2011_0605_110945dsc_3520

銀ブラしようsign01 

2011_0605_111007dsc_3521

日曜日の銀座は昔ほどの人通りは無いけれど

2011_0605_120845dsc_3547

ウインドーショッピングを楽しもうsign01 

2011_0605_120903dsc_3548

インテリアだってシャネル風に

2011_0605_121541dsc_3549

時には街角で立ち止まってみるのもいい

2011_0605_172516dsc_3846

お洒落なマネキンに今年の傾向を探り

2011_0605_172821dsc_3850

最新のシューズに胸を膨らませたら

2011_0605_172556dsc_3847

ショールームに入って

2011_0605_172602dsc_3848

いい音を聴いてみよう。ウインドー内に見える卵型のドームで安らぎの音を聴いてきた。まだオープンして間がないというパイオニアのショールーム。

2011_0605_111819dsc_3523_3

銀座のお稲荷さんにもお参りをして、街の繁栄を祈ろう!日本が元気になりますようにshine 

2011_0605_173246dsc_3852_2

事故後の収束が予測に反して、無事に進みますように!そして、被災地の復興が一日も早く進みますように。人も動物も植物もみんなが生きる幸せを噛みしめられますようにとsign03 

2011_0605_172356dsc_3845

銀座のカフェ前に咲く紫陽花bud 

2011_0605_174332dsc_3855

銀座のシンボル和光の時計は、いつだって正確に時を刻みながら、静かに銀座の街を見下ろしているbuilding 

                         (6月5日撮影)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

“花と蝶”+相模原の紫陽花など♪

2011.06.15(水)cloud ひらひら、ひらひら、窓の外に飛んできたsign03 そーっと、そーっと、カメラを持って窓辺により、

2011_0615_102705dsc_4523_2

パチリsign01camera 

2011_0615_102647dsc_4520

パチリ!蝶ちゃん、今朝はゆっくりとラベンダーの蜜をたっぷり吸ったら、ひらひらひらひら飛んで行った。

2011_0615_083609dsc_4503  

ミニトマトの苗に、初めての小さな花が咲き始めた。ちゃんと結実してくれるかな?楽しみが一つ増えたbud 

  clover 相模原公園の紫陽花など clover 

2011_0612_151456dsc_4446

穴の向こうの方には、

2011_0612_152101dsc_4464

純白の花弁を広げた清楚な姿を見せる柏葉紫陽花

2011_0612_151347dsc_4444

パープルの額も

2011_0612_134730dsc_4278

この季節の青紫はラベンダーセージ?

2011_0612_134103dsc_4259

花のあるところには人も集まりたくるのが常でtulip 

2011_0612_132810dsc_4231

紫陽花はと歩けば、明るいピンクの花が咲いているし、

2011_0612_132910dsc_4233

緑から青へ

2011_0612_132940dsc_4235

黄から紫へ

2011_0612_132925dsc_4234

もう少し若い色合いも

2011_0612_133019dsc_4237

紫陽花の

2011_0612_133034dsc_4238

色の変化は続く。変わりやすいことから“移り気”なる花言葉もあるけれど

2011_0612_133138dsc_4241

雨の多いこの季節に咲く紫陽花は、種類も多く

2011_0612_132706dsc_4229

花から花へと移り気なのは、人の心と蝶かもしれない。

2011_0612_133005dsc_4236

虫くんは、華やかな色がお好き?

紫陽花は相模原市の花。道路沿いにも公園内にも様々な種類の紫陽花が見ごろを迎える。この日は、ほんの一部だけれど森の中に咲く紫陽花を楽しむ事が出来た。

             相模原公園にて (6月12日撮影)

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

相模原公園に“菖蒲娘”がやってきた♪

2011.06.14(木)cloud 今日は少し蒸すような湿った空気が漂っている。午後のお天気はどうかしら?

 clover “菖蒲娘”撮影会 clover 

可愛らしい菖蒲娘さんが並んだtulip 

2011_0612_130727dsc_4171

菖蒲と将来の菖蒲娘ちゃん(?)も一緒にcamera 

2011_0612_130853dsc_4172

この日はさすがにカメラマンの姿が多く、あちらへこちらへ移動して

2011_0612_130937dsc_4175

笑顔でポーズscissors 

2011_0612_131113dsc_4180

菖蒲とのコラボがぴったりです!この後は3人の菖蒲娘さんが、それぞれ3か所の場所に移動とのアナウンスが流れ、最後は一番奥の菖蒲田に向かうことにした。

2011_0612_131353dsc_4185

奥の菖蒲田には菖蒲を胸に抱えた娘さんが待っていて、にこやかに迎えてくれた

2011_0612_131644dsc_4202_2

カメラマンの姿も分散され、人が幾らか少なくなったので、ゆったり撮影camera 

2011_0612_131636dsc_4201

静かな雰囲気がとっても素敵scissors 

2011_0612_132226dsc_4220

一番奥の場所にあるこの菖蒲田を忘れかけていたけれど、連れが思い出してくれて良かった~sign03 

2011_0612_131519dsc_4195

背負った籠にも菖蒲が揺れる

2011_0612_131611dsc_4199

絣の着物に紅い襷掛け、笠の紅もポイントで

2011_0612_132252dsc_4222_2

紅い鼻緒に紅い蹴出し

2011_0612_131825dsc_4208

紅いまえだれも初々しく、可愛いらしい笑顔によく似合い 

2011_0612_132002dsc_4213

菖蒲田に溶け込む

2011_0612_132200dsc_4219

3か所の菖蒲田は、花を囲み愛でる家族連れやグループなどのお花見客も多く、梅雨の晴れ間の素敵な一日note 

2011_0612_132135dsc_4218

奥の田は、大輪が多く、

2011_0612_132315dsc_4223

前日に降った雨に打たれ、幾らか疲れの見える花もあったけれど、

2011_0612_131425dsc_4189_2

若く爽やかな微笑みで菖蒲娘さんが盛り上げてくれた。素敵な笑顔をありがとうsign03

2011_0612_132606dsc_4226

菖蒲の田に落ちていた夏椿の2輪の花が、移ろいゆく季節を見上げるなか、

2011_0612_132732dsc_4230

楽しかった菖蒲娘さんとはここでお別れconfident 

そういえば、この日は余りの人出に驚いてしまったのか、残念ながら菖蒲田猫の三毛ちゃんに会えなかったのが、ちょっぴり残念でしたcatface 

                       (6月12日撮影)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園〝しょうぶまつり”♪

2011.06.13(月)cloudrain ~cloud 梅雨時らしい湿った空気。メルドーの新譜ソロアルバムを聴きながら、日曜日のお祭りの余韻を楽しんでいる。

 clover 相模原公園菖蒲祭り clover 

2011_0612_124028dsc_4108

心配していた雨が降らなかったので、早めに家を出たのに、さすがに県立公園の催しは規模が大きく、大勢の来客で、無料も土日有料の駐車場も満車sweat01 臨時駐車場も入れそうも無いので、周りを一回りして戻ったところ、朝からのお客さんが出てくれて、有料に運よく とめる事が出来た。

2011_0612_124056dsc_4109_3 

公園入り口では見頃の菖蒲が迎えてくれた。

2011_0612_123956dsc_4106

午後からの地域鼓笛隊のグループが続々と集まってくる。

2011_0612_124153dsc_4111

各グループ、揃いの衣装で、出番まで待機中

2011_0612_124214dsc_4114_2

フリーマーケットもあり

2011_0612_133609dsc_4247

提灯の看板もお祭り気分が盛り上がるsign05 

2011_0612_133548dsc_4246

布で出来たぞうりがきれいに並べられて。菖蒲祭り以外にも催し物が一杯impact まずは「菖蒲娘」にも会いたいし、菖蒲園へ。

2011_0612_124529dsc_4119_2

来園者が多く、三脚にカメラを据えてじっくり撮影する人や、デジカメや携帯で写す人も多い。しかし、花の見頃はもう数日先かも。

2011_0612_125717dsc_4144 

それでも、先日よりは咲く花の種類は確実に増えていた

2011_0612_125910dsc_4147

おとうさんの写真撮影のお付き合いに、ちょっぴり退屈したかな?ワンコちゃんdog 

2011_0612_130206dsc_4157

「青い羽のある鴨君、有難う!空は青くないけれど、雨雲を追い払ってくれたのね!」鴨君は首をすくめたhappy01 

2011_0612_125933dsc_4149

1時から菖蒲娘の撮影会が始まるとのアナウンスが流れる

2011_0612_130238dsc_4158

近くによれば数日前より菖蒲の花の開花は進んでいる

2011_0612_130325dsc_4160

梅雨時を彩る和の花の情緒は、多くの日本人の心を魅了する。

2011_0612_130646dsc_4167

菖蒲娘さんの撮影会は三毛のいる菖蒲田の方で始まっていた。若くて可愛らしい3人の撮影は超人気だったが、次回に。

2011_0612_133644dsc_4249

公園内の小川ではザリガニ捕りの少年、

2011_0612_133801dsc_4252

水辺は、くつろぎと生き物観察の場所。

2011_0612_134045dsc_4258

公園の広場には、ラベンダーがお行儀よく並び、爽やかな空気が漂う中でのお散歩姿も沢山見られる。

2011_0612_134305dsc_4265

鼓笛隊のパレードも始まって賑やかにsign05 一日居ても飽きないくらい盛沢山のお祭り。

                        (6月12日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

披露宴でのアトラクションは♪♪

2011.06.12(日)cloud 曇り空ながら、何とか雨にならなかった日曜日。

甥っ子達の結婚式の日からもう一週間が経つ。さてその披露宴最後は、

  bellheart04bell attraction notes 

2011_0605_133213dsc_3637

振袖姿の新郎の姉、彼女が向かったのは、

2011_0605_162018dsc_3762

窓際のピアノの側、彼女は

2011_0605_162157dsc_3774

アメリカで音楽を学び、大学卒業後そのままアメリカの地でピアノを教えながらジャズピアニストへの道を歩んでいる。そしてプロとして活躍している良きパートナーとなりうる青年との信頼関係と素敵な時間もつむがれている。アメリカの大学在学中に、ニューオーリンズで起きたカトリーヌを経験した彼女は、今回の震災の為にCDを作り、震災被災地への義援金活動も。

その彼と二人、弟達のためにスティビー・ワンダーの曲を歌いながらデュオ演奏notes 

2011_0605_162948dsc_3787

司会者は日本語の達者な外国人の方で、式から披露宴まで、軽妙でよどみない日本語と英語の2カ国語で進行。そして次は、

2011_0605_164530dsc_3795

愛らしい新郎の姪二人が向かう窓辺には、姪二人の

2011_0605_164654dsc_3801

やさしいおじちゃんがピアノに向かい、花嫁の見守る中、1曲ソロ演奏note 

2011_0605_170006dsc_3825

窓の外に広がる銀座の景色

2011_0605_170040dsc_3826_2

宴は進み、

2011_0605_161818dsc_3757

胸(お腹?)一杯の親族のデザートはというと・・・・、まだたっぷり

2011_0605_165350dsc_3809

新郎新婦から育ててくれた親達への感謝の花束。そして両親からのご挨拶と続いた。新郎からの挨拶の言葉の最後には、お世話になったブライダルコーディネーターの方々への惜しみない感謝の言葉が続いた。出席したほぼ全員が楽しめた式の流れとお料理のお味は、満足のゆくものだったのでは・・・・。

2011_0605_171347dsc_3834

和やかで楽しかった披露宴

 場所は銀座2丁目のビル9階 ICONICでした。

airplaneアメリカから来ていた新郎の姉のパートーナーは仕事の為、姪に先立ち今日帰国。昨夜は彼が渋谷でライブに出演したとのこと。どんなステージだったのか気になるところだけれど、弟と姪が聴きに行き中々良いステージだったようだ。姪は今月後半まで日本に滞在して弟家族としばしの団欒の時が過ごせるそうだlovely 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

紫陽花の季節♪ 

2011.06.11(土)raincloud 午後になって雨あがる。

eye” 探し物は何ですか sign02

急に必要になったものを探しだした夫。昼食を挟んで、机の引き出しに入った様々なものを引っ張り出してはテーブルの上に。夕方になってもまだ見つからないthink お陰で引き出しの奥からは懐かしい思い出が沢山出て来て並んだconfident 

2011_0611_140137dsc_4081_2こんなイラストだったり

2011_0611_140028dsc_4079_2 

古い写真だったりeye

記憶の中から薄れかけていた何十年もの昔の思い出は、雨の日の退屈をしのいでくれた。けれど本命の探し物は見つからずで、お疲れ様でしたcoldsweats01 

  bud 紫陽花の季節 tulip 

2011_0611_162716dsc_4091

テラスに咲く「墨田の花火」の親株に咲いた花

2011_0611_162807dsc_4093

小株から咲いた花

2011_0611_162356dsc_4086 2011_0611_162749dsc_4092

花オレガノの先が色付き始め、ラベンダーは満開bud 

  run 紫陽花と季節の花の散歩道 tulip 

2011_0610_161445dsc_4050

梅雨時のパープル・ブルー

2011_0610_160708dsc_4033

高い所でこんもりと咲いていた

2011_0610_161350dsc_4047

紫陽花は種類が多くて、こんなに可愛らしい額紫陽花も

2011_0610_161342dsc_4046

こんな紅色の紫陽花を見たのは初めてeye”葉も紅色に

2011_0610_161404dsc_4048

大人色の額紫陽花も素敵

2011_0610_161742dsc_4052

ふわふわ黄色いお花も咲いていた

2011_0610_160446dsc_4032

ブラシの花も赤赤と

2011_0610_162920dsc_4072

子供のころに摘まんで食べた懐かしいグミの実かも

2011_0610_162153dsc_4059

びようやなぎも満開

2011_0610_162425dsc_4060

ボケてしまったけれどsweat01可愛いらしい額紫陽花

2011_0610_162826dsc_4071

散歩道には額紫陽花の種類がとても豊富sign03 

2011_0610_162704dsc_4065

きりりと締まる青色紫陽花はこの季節の代表選手。雨ごいはしないでネッlovely 

日が長くなり7時になるのにまだ明るいdiamond 明日は朝から降りませんようにconfident 

 

    

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園菖蒲園続き♪

2011.06.10(金)cloud

沖縄は早くも梅雨明けとのこと。今年は暑くなるのでしょうか。今日は薄日も射しているけれど、明日明後日は雨予報rain うーん残念

    clover 相模原公園内「水無月園」の菖蒲 chick 

2011_0608_165644dsc_3963  

しょうぶまつりにも行きたかったのに~~sweat02 

2011_0608_164557dsc_3941

当日も、鴨君がこうして青空を連れて飛来してくれないかしら~?2羽の鴨君が連なって水音高くいきなり池に飛び込んできた時はびっくりしたけれど、

2011_0608_164719dsc_3946

青空を連れて来てくれるなら、大歓迎よnote 

2011_0608_164551dsc_3940

甲羅干し中の亀君も青空を見上げていた。

2011_0608_164827dsc_3948

せめて一日だけでも晴れますように、鴨君お願ネsun 

2011_0608_163909dsc_3925

お隣の菖蒲田では、いつもの菖蒲田管理猫三毛ちゃんが花の咲き具合を点検中eyecat

2011_0608_165002dsc_3951

三毛ニャンコに会いにそちらの田にも行ってみた!

2011_0608_165733dsc_3966

こちらも程よく咲いていた

2011_0608_165902dsc_3972

水辺の三毛が、「あっちを見て御覧よ」と教えてくれたcat 

2011_0608_165829dsc_3970

「菖蒲色の煙突があるよ」ってsign03 

2011_0608_165525dsc_3960

「紫陽花もきれいだよ」

2011_0608_165544dsc_3961

「ほんと~!きれいね~、紫陽花もこれからね♪」

2011_0608_170154dsc_3980

この前は、黄菖蒲の咲く木道下に隠れて出てこなかったのに、2度目に会ったら幾らか用心が解けたのか、つかず離れず距離を置いて案内してくれたcat 

2011_0608_170305dsc_3983_2 

黄菖蒲は少なくなり、

2011_0608_170208dsc_3981

三毛ご自慢の花が咲いたのか、何だか嬉しそうに白いお髭がピクピクcat 

2011_0608_170534dsc_3988

白に藍、

2011_0608_165943dsc_3975 

江戸の紫、情緒溢れる菖蒲の見頃が始まった!

2011_0608_171116dsc_4000

しょうぶの祭りは明日明後日だけれど、花の見頃は来週位かもしれない。

鴨君、青空をよろしくsign03 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原公園の菖蒲♪

2011.06.09(木)cloudsun 

朝起きて、カーテンをひくと、目に飛び込んでくる我が家の小さな花達のスペースには、紫陽花 ラベンダー ゼラニウム ミニ薔薇 花オレガノ ランディなどの花が今は盛りと咲き、風に揺れながら「げんき~」と語りかけてくる。

今の季節の花と言えば「花菖蒲」梅雨の晴れ間に、近くの菖蒲園を覗いてみた。

  clover 相模原公園「菖蒲園」 clover 

2011_0608_163715dsc_3923

今月11日・12日が相模原公園〝しょうぶまつり”そのインフォメーション旗がかかる水無月橋を渡り、菖蒲園にrun 

2011_0608_163819dsc_3924

まだちょっと早かったかしら?前回来た時は黄菖蒲だけが咲いていた。

2011_0608_164134dsc_3931

きりりとした江戸系の青紫の菖蒲は粋で

2011_0608_164111dsc_3930

この季節ならではの花

2011_0608_164149dsc_3932

淡い彩りも目に爽やか

2011_0608_170718dsc_3991

雨季には雨季ならではの色合いがある日本の花。古来、田植えの季節を教える花としても利用された歴史を持つ。

2011_0608_170732dsc_3992_2

改良を重ねられた菖蒲の種類は3系統に分けられ5000種にも及ぶという。

2011_0608_164352dsc_3936

先人が創り上げてきた雨季の美の贈り物

2011_0608_164531dsc_3939

暑い夏の予感を、ひんやりと冷やしてくれる水辺のひと時、今年の稲作への期待

2011_0608_164455dsc_3938

そんな季節を

2011_0608_170112dsc_3979

花菖蒲が艶やかに彩る。

2011_0608_164048dsc_3929

土手を隔てた2か所の菖蒲田には、118種26,000株の菖蒲咲く美の競演が見頃を迎えようとしている。

                         (6月8日撮影)

2011_0608_171636dsc_4006

神奈川県立 相模原公園

相模原公園管理事務所 相模原市南区下溝3277

TEL042-778-1653  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

結婚披露宴は楽しく盛り上がり♪

2011.06.08(水)raincloud 朝から降っていた雨、先ほど来小鳥のさえずりが賑やかになったので外を見ると、雨は上がっている。

  heart04bellheart04 結婚式後の披露宴 ringheart04 

2011_0605_141443dsc_3667

披露宴会場に花嫁花婿入場heart04 

2011_0605_141532dsc_3672

バックスタイルが素敵な花嫁さんshine この後は二人の席から新郎新婦の順に挨拶。そして花嫁のご友人の音頭によるシャンパンの乾杯winewine~☆☆  

2011_0605_142751dsc_3710

ウエディング・ケーキ入刀、この時も、サプライズがあり新郎の兄夫婦が急遽指名されて、ウエディング入刀を一緒にすることになり、

2011_0605_142807dsc_3712

兄夫婦の二人の姉妹が見守る中、2組の兄弟によるケーキ入刀となりましたheart04heart04

2011_0605_142920dsc_3719_2 2011_0605_142921dsc_3720

式場恒例だそうな、ケーキをそれぞれ相手のお口にdelicious 

2011_0605_143656dsc_3730

サイフォンが運ばれてきました。食後の珈琲が立てられるためcafecafecafecafecafe  

 restaurant Menu restaurant

2011_0605_144659p1120188_2 2011_0605_145323p1120189

前菜の盛り合わせがテーブルに並びましたrestaurant 

フォアグラののクレープ包み黒トリュフソース  玉葱のスープパルメザンチーズの香り  カプレーゼ  サーモンのマリネアボカドと共に  甘海老の燻製エキストラバージンオイル風味 これは右奥のアスパラのお皿に後からのせられました どれもとても美味しいrestaurantdelicious 

2011_0605_151352dsc_3734 2011_0605_152027dsc_3738_2

オードブルのころに、新郎は母、新婦は妹さん達に付き添われてお色直しに

2011_0605_152347p1120195_2

テーブルを飾る紫水晶に紫陽花とグリーンネックレス 。

2011_0605_152939p1120196

次のメニューはとても美味しいオマール海老のリゾットでしたが、お色直しのパチリパチリに忙しく、写し忘れてしまい、その次のメニューが 的鯛のフリットさまざまな貝のスープとともに winewine

2011_0605_154341p1120200

牛フィレ肉のソテー季節の野菜と共にwine 

2011_0605_154347p1120201 フィレ肉は柔らかく、美味しく頂いているうちに、お腹は一杯に!ウエストがちょっときつくなり苦しい思いをしているうちに・・・sweat01  

2011_0605_154943dsc_3749

会場入り口で一礼した主役の二人がお色直しを済ませて戻りwink 

2011_0605_161415p1120205

同時にきれいにカットされたウエディング・ケーキが運ばれ、珈琲も注がれて、パクパクしているうちに、

2011_0605_161746dsc_3753

更にこんなにたくさんの小菓子が各テーブルに並びimpact 

2011_0605_161815dsc_3756

どれもみ~んな美味しそうなのに、もうお腹が膨れて膨れて、残念ながら最初のケーキを半分残し、小さな小さなマドレーヌ一つと、セサミ入りのクッキーを1枚頂くのがやっとsweat02 この最後のメニュー、プチデザートは今でもちょっと心に残り・・・・coldsweats01  

お色直し後は、二人の友人達によるスピーチがユニークかつ笑い転げたくなるくらい面白く、幾つかのサプライズとともに、堅苦しさが全く無く若い二人が主役となり、出席者全員が楽しめる素敵な披露宴でしたdiamonddiamond

この後は、更にアトラクションとなりますが今日はこの辺で。

                         (6月5日撮影)

 bud 紫陽花の季節 bud 

2011_0608_091901dsc_3916

挿し木して2年目の枝、1年目に引き続き今年も花を咲かせてくれた「墨田の花火」3本の挿し木から八つの蕾。テラスの奥には親紫陽花も咲いているbud 紫陽花の繁殖力はとっても逞しく旺盛up 

2011_0608_102057dsc_3917

この季節の仲良しはヘリオトロープの紫にミニ薔薇の赤・黄色、白い花の淋しさを補ないながらの共存、梅雨時の彩リが嬉しいbud 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田芹が谷公園に咲く花とニャンコ♪

2011.06.07(火)cloud 

曇りがちのお天気なので、今日は一日片付けやお掃除。そろそろ菖蒲の咲き具合が気になるけれど、楽しかった公園の花の写真を眺めながら、結婚式の写真の整理に取り掛かろうcamera 

 clover 芹が谷公園の花と猫 clover 

2011_0603_162043dsc_3432

チェリー・セージが咲き乱れる通りの向かいは

2011_0603_162205dsc_3433

芹が谷公園入り口。アーチの下にはパープル色のビオラが咲いていた。

2011_0603_162233dsc_3434_2 

公園のアーチをくぐれば、やはりパープルのビオラが咲き、中央には紫蘭が咲いている。

2011_0603_162530dsc_3438

奥に歩みを進めれば紫色の菫も咲いていた。雨季にはパープル色が似合いすぎる。

2011_0603_162606dsc_3439

青もみじには赤い種が一杯!風に飛ばされ、やがてどこかで芽吹くかしら?

2011_0603_162631dsc_3440

こちらの青もみじの種は色付くのが遅いようだ。爽やかな緑の風が吹き抜けてゆく。

 cat ニャンコ発見sign01            

2011_0603_162744dsc_3441

鈴のついた赤い首輪は近所の飼いネコちゃん?見つけたお友達ニャンコは赤首輪ちゃんを待たずに、草むらに消えてしまい

2011_0603_162802dsc_3442

「あ~~つまんないニャッ~~」

2011_0603_162820dsc_3443                      2011_0603_162845dsc_3444_2   

  

「そんなら遊ぼうよ」って誘ってみたけれど、「あの子じゃなくちゃ~嫌だニャァ~」って、嫌われてしまったけれど、可愛い赤首輪ちゃんでしたcat

2011_0603_162424dsc_3437

ーチをくぐり階段を下りると目の前はもう鬱蒼とした森

2011_0603_162301dsc_3435

今の季節、公園入り口の目印はパープル色の花達tulip 

                     (6月3日撮影)

 bud 我が家の花達は丈夫で

2011_0602_114942dsc_3404

季節が巡るごとに、所狭しとばかりに何かしら咲いている。 

2011_0602_182635dsc_3409

我が家の1階エントランスのサツキもお行儀よく咲き始めているtulip

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お幸せに♪

2011.06.06(月)sun嬉しいお天気heart04 小鳥のさえずり、元気な花達、穏やかな朝の始まりに感謝!

「June bride=6月の花嫁」は幸せになれるとされる。そんな素敵な門出の一日に、日曜日の昨日招待された。

          bellheart02 Wedding Vow ring 

2011_0605_125218dsc_3561_2

純白の白百合が香る中、始まったウエディング、式場内で新郎を待つドアが開くなり

2011_0605_131533dsc_3593_2

ドアの外には

2011_0605_131540dsc_3594

こんなパフォーマーが

2011_0605_131549dsc_3595

顔から帽子を外すと、何と今日の主役新郎がsign03eye

2011_0605_131550dsc_3596

満面に笑みを浮かべて、この後、手にした帽子は新郎の手から式場内に舞ったsign04 会場に拍手と驚きの嬌声が渦巻いたのはいうまでもなく・・・

はなからのパフォーマンスに驚かされる中、甥っ子達の結婚式が始まったeyeeyeeye

2011_0605_131627p1120178

続いて、沢山の拍手に迎えられて花嫁がお母様と手を取り合い入場shine 

2011_0605_131818dsc_3607_2

甥の兄の子、二人姉妹がお揃いのドレスに身を包み、花束を持って登場tulip 

2011_0605_131731p1120179_2

可愛らしい二人が正面の新郎新婦のもとに進み、花束をtulip

2011_0605_132114dsc_3616

続いて花嫁にやさしく指輪をring 

2011_0605_132458dsc_3626

式場内の全員にキャンドルが渡され、新郎新婦各列の端に火を灯し、その火は全員のもとに回され灯がともった。

2011_0605_132522dsc_3628

キャンドルが照らし出したほのかに明るい会場内、正面にはそれぞれの母上と両親が並んだheart01heart01heart01heart01heart01

二人の愛があふれる誓いの言葉がそれぞれからのべられ、証人の署名が入った書式が作られた。最初のサプライズとともに和やかで温かな空気が流れる式の時は滞りなく流れheart02 

2011_0605_123812dsc_3559

式場外のウエイティングルームで、宴の前のひと時を過ごす。

2011_0605_133751dsc_3639_3

ピンクやブルーの

2011_0605_135212dsc_3652

淡い光射し込む窓辺にも仕掛けがあって、全員乾杯を済ませた後のひと時も決して退屈させない工夫が凝らされていたflair 

2011_0605_135240dsc_3653

二人の歩みや、この日には見る事が出来なかった和の衣装姿の写真などが飾られ、これらの準備や飾りつけだけでも、相当な時間が費やされている様子がうかがえる。何年ぶりかの結婚式というものに出席してみて、最近の結婚式の傾向がこのように楽しい催しなのか、それともこの式場ならではの事なのかを二人に聞いてみることを忘れたけれど、両親である弟夫婦の話によれば、式場選びからこだわった二人が見て歩いた式場は20にも及んだという。日頃の甥っ子の様子からは窺い知れない細やかな部分に驚かされた。その彼は有数の工業大大学院を卒業して、現在は世界で誰でも知っているメーカーで半導体設計部門での仕事をしている。こんなお茶目な子だったなんて、これもサプライズ大だった。そして彼が人生を共にする花嫁は、看護士を職業とする大らかで明るくて、彼が長い人生を共に歩むに相応しい女性のようだ。

二人の門出は親・兄弟・親族、そして多くの友人知人から、2011年6月5日のこの日、惜しみない祝福を浴びたheart04 行く道は夢と希望と幸せと、輝かしい未来が待つことを、そして苦労や困難が訪れた時は力を合わせて乗り超えられる明日であることをsign03 

このあとは、まだまだサプライズ溢れる宴席へと続きますwink  

 

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

不思議発見!

2011.06.04(土)sun梅雨の晴れ間が嬉しい土曜日!この季節の小鳥のさえずり、抱卵から孵って、もう飛べる小鳥達も居るのだろうか。小鳥達の賑やかな囀りは新緑の季節にベストマッチchick

  clover 面白い物 sign02     

2011_0603_163151dsc_3448  

円形の向こうがこちら側に

2011_0603_163252dsc_3450

円形の外側はこんな風な不思議

2011_0603_163130dsc_3447

円形には変形の穴があき、変形の向こうは円形にくりぬかれて

2011_0603_163353dsc_3452

円形の穴から変形の穴の遠くに焦点を合わせて覗いてみると、当たり前の世界が広がる。何だか面白くなってしばらく遊んでしまったhappy01 

2011_0603_163218dsc_3449

もう一度しっかり変形の穴から円形の穴を覗いてみた。今度はくっきり木の幹が見えたeyesign03

2011_0603_163308dsc_3451

それはこんな地球儀のような形で公園の中にあったsign01 周囲の景色を全身から体内に映しこみ、ころがりもせずに堂々とsign03 

2011_0603_163006dsc_3445

町田「芹が谷公園」の中の野外彫刻

2011_0603_163040dsc_3446

カラスは振り向きもしないで通り過ぎたけれど(きっとお馴染過ぎて)、初めて観た大人は面白くて夢中で遊んでいたら

2011_0603_163702dsc_3454

木の枝に止まったカラスがカァ~と一声あげて笑った!

町田に出かけた夕方のひと時は、芹が谷を散策。

 chick自宅前のカラスの親子chick 

昨日朝公園内を親子で飛び回る姿を見た。朝早くからカァ~カァ~と喧しく鳴き、寝不足にしてくれる日もcoldsweats01 

2011_0603_081432dsc_3413_3 画面外にもう一羽、今年は2羽の子ガラスが孵ったようで、4羽のカラスが公園の上空を縦横無尽に飛び回る。飛び方や餌の取り方などを教える季節を迎えているようだ。お向かいのマンションとの間にある公園はカラスのマイホームの木があるお陰で、毎年2羽のカラスの巣作りと抱卵から孵化した子カラスへの餌運びを経て、外界での子育ての様子などが見られる。昨日は芹が谷公園付近もカラスの親子が飛び回る姿が沢山見られた。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の季節♪

2011.06.03(金)sun 正午、外の気温は久し振りに25度。室内はさほど暑くないけれど、窓辺に行くと外は暑そうsweat02 

 bud 香りのいいヘリオトロープが一輪、

2011_0603_102314dsc_3424_3 

綻び始めた紫陽花の隣から首を出して咲いているbud 

 clover ふれあいの森から引地川沿いの道  clover 

2011_0531_121758dsc_3324

泉の森を源流とする引地川沿いの竹やぶ。その此方側の岸辺には、三脚に据えられた望遠カメラが7・8台以上並び、おじさまがたが大勢、川を眺めたり、立ったままお弁当を食べていたり。思わず聞きましたよ。「カワセミですか~?いるんですか?」「さっき向こうに飛んで行っちゃったよ」と、けれど皆様辛抱強く待たれる様子。中には「明日かな~」という声も。水辺のカワセミ人気は高いsign03 

2011_0531_121825dsc_3326

少し先のトンネル手前にも、二人のおじさまがカワセミを狙っておられた。おじさま達の望遠レンズは、自分の持っている望遠レンズなど超可愛く見えるくらい大きくて「私のレンズでは、小さくしか映らず無理ですね」と言ったら「狭いから大丈夫ですよ」とおっしゃって下さったけれど、この日は探索散歩なので、もう少し先まで足を伸ばすことに。

2011_0531_122220dsc_3328

トンネルの向こうにも爽やかな新緑が広がる。

2011_0531_122323dsc_3329

川辺は自然豊かな新緑が彩り

2011_0531_122404dsc_3331

紫陽花が綻び始めていた

2011_0531_122512dsc_3332

爽やかな新緑色が水に映る

2011_0531_123214dsc_3349

木立の向こうは東名高速

2011_0531_123221dsc_3350

トンネルの上は高速道路

2011_0531_123227dsc_3351

川べりは明るく、緑の空気を吸いながら歩く。

2011_0531_123858dsc_3356 2011_0531_123851dsc_3355

川の鯉に、たっぷりの餌を与える優しい方達の姿も見られ、鯉たちは丸々と太っていた。

こんなに長閑で穏やかに見える川であっても、時に自然は牙をむくことがあるようで、いつのことか詳細はわからないけれど、この川が溢れ、近くの釣り堀が水に沈み、鯉たちが川に流されてしまったという話を、近隣で育った娘の連れ合いが若い頃の話として聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふれあいの森」遠足風景との出会い♪

2011.06.02(木)cloudrain 今朝も寒く、思わず上着を1枚はおった。外の気温は12時現在18度くらい。雨降りの午前中、市の移動図書館が公園に来ていた。楽しみにしておられる方が多いことと、市の図書館で借りた本を目の前の公園内で返却することが出来る事も時にはとても有難い。

   clover 遠足風景 tulip 

2011_0531_120405dsc_3302_4   

安らぎを求めて美しい薔薇を観に行った日、

2011_0531_114521dsc_3272

駐車場入り口には黄色い花が満開で出迎えてくれた梅雨の晴れ間だった。

2011_0531_114756dsc_3274

爽やかな若緑の楓には赤い種がアクセントとなり、

2011_0531_114916dsc_3275

頭上のアーチには花の終わったカロライナ・ジャスミンの葉が踊っていた。

2011_0531_115146dsc_3280

林の奥「ふれあいの森」広場には、小さな赤い帽子が一杯だった!

2011_0531_115209dsc_3282

小学生の遠足かな?

2011_0531_120925dsc_3314

林の奥で元気に遊ぶ子供達の姿

2011_0531_121055dsc_3316

林の中の何本かの大木を囲むように置かれたカラフルなリュックサック群

2011_0531_121205dsc_3318

生徒達の一番人気は曲線の滑り台。ずら~っと、長い列が続いている。

2011_0531_115340dsc_3285

蝶もヒラヒラ飛び交う自然豊かな園内

2011_0531_124352dsc_3361

滑り台の列は途切れる事無く楽しい時間が続いていた。

2011_0531_124447dsc_3362

女の子に声をかけて聞いてみたら、市内近くの小学1年生の遠足とのこと。通りかかった引率の先生がニコニコ「こんにちは」とご挨拶された。

そんな季節だったのだ。お天気が気になった子がいたかもしれない。余りにも早い梅雨入りが、遠足の予定を狂わさないかと、先生方もやきもきしておられただろう。

1年生のころの記憶は大人になってもそうは忘れない。渋谷っ子は明治神宮。新宿御苑に行ったのはいつだったろう、青山にいたころだったろうかと、楽しかった遠足の記憶が、そろそろ曖昧になりかけているけれどcoldsweats01 

2011_0531_120707dsc_3312_2広場で遊び、お弁当を食べて、豊かな自然と触れあえる。薔薇園には薔薇が咲き、川は流れる市民の森。遠足に、市民の健康づくりに、バーベキューにと様々に利用されている。我が家の娘家族は孫君の遊び盛りをこの自然豊かな公園近くに住み、豊かな自然の中で成長した。いつまでも大切にしたい場所。

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふれあいの森と泉の森の間の川沿いも楽しい♪

2011.06.01(水)cloud~ 梅雨本番の6月を迎えた。気温が上がらず肌寒い朝。梅雨冷と言う言葉があるのだから珍しいことでは無いかもしれないが、何だか冴えないお天気は、日本の混沌とした状況のようで、肌寒さは心の中にまで忍びこんでくるよう。

日々のニュースから見えてくる世の中の流れに、せめて心が押しつぶされないようにしなければいけないと、先ずは自分を励ましながら暮らすことを心がけなくては。

  fish 草柳の釣り堀 fish  

「ふれあいの森」から「泉の森」に向かう川沿いに釣り堀があったので、覗かせて頂いた。

世の中には生き物が沢山いるのに、身近に居ないと忘れてしまう。

金魚も飼わなくなって久しい。釣り堀では金魚を釣ることもできるそうだ。久し振りにきれいな水中で泳ぐ金魚を見て、幼いころの縁日での金魚すくいの記憶などが懐かしく蘇ったnote 

2011_0531_123009dsc_3341

出目金に和金

2011_0531_123014dsc_3342

赤い金魚が気持ちよさそうに泳ぐ。金魚の模様の浴衣もあったっけnote 

2011_0531_122844dsc_3337

水辺でお馴染の鴨や亀も、釣り堀ではまったりと時を過ごし、ちょっとナルシスト気味の鴨君が頭を持ち上げては水中を覗きこむ様子が可笑しかったcoldsweats01 

2011_0531_122847dsc_3338

「亀君たら、行っちゃうの~!」ナル鴨君とは付き合いきれない亀君カモよhappy01 

2011_0531_122856dsc_3339

鴨君達の後ろには魚の堀が広がる

2011_0531_122948dsc_3340

掘りの中には鯉やニジマスなどが飼育されているのだろう。

2011_0531_123105dsc_3346

緑爽やかな季節、仲良く釣り糸を垂れるカップルの姿。こんな時の過ごし方もいいなぁheart04 

2011_0531_123052dsc_3345

敷地内に咲いていた「たち葵」の花

2011_0531_123033dsc_3344_2

元気に泳ぐ金魚達。夏、金魚鉢で泳ぐ姿は涼しげで、暑い夏の風物詩となる。

衣替えの今日はひんやりした陽気で、クールビズも節電対策もピンとこないけれど、今年の夏も暑くなりそうとの予報。エアコン控えめの夏に、涼しげな金魚鉢は涼を呼んでくれるかもしれない。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »