« 雨の季節の銀座デパート♪ | トップページ | 日常生活から見た風景 »

相模原公園で、“ツリークライミング”見学♪

2011.06.19(日)cloud 気がつけば6月もはや2/3が過ぎようとしている。日々の流れの速さに思わず戸惑う。けれど、これも健康で無事に暮らしていればこその有難い実感なのかもしれないとも思う。

            clover ツリークライミング clover

2011_0612_135832dsc_4296

相模原公園「菖蒲祭り」を楽しんだ後、園内を散歩中、これまで見たことのない光景が出現impact 高い木から人がぶら下がっている様子にびっくりして思わずパチリcamera  

2011_0612_135841dsc_4297

側まで行って見ていると、だれも怖がっていないsign02 

2011_0612_135900dsc_4298

随分沢山の子達が

2011_0612_135905dsc_4299

綱にぶら下がる光景は

2011_0612_135951dsc_4303

良く見れば危険そうでは無く、

2011_0612_140026dsc_4306

何だか楽しそう!

2011_0612_140114dsc_4307

きちんとした指導のもと安全には充分注意を払われた訓練のようだ。

2011_0612_140156dsc_4310

高い木の枝から吊るされたロープにつかまり地上に戻ってくる子供達。

自然豊かな森の中、大きな木に登るってどんなに気持ちがいいことか。木々と仲良くなれる絶好の場、子供は木登りが大好きだ。こんな体験を子供の中に出来る子は幸せだ。

翌日、公園で見た光景を息子との電話中に話したら、「ツリークライミング」ということが分かった。早速調べてみると各地にある公園などで体験会が催されている。相模原公園でも定期的に体験会が開催されているようで、今年度の詳細は下記をご覧ください。

www.treeclimbingjapan.org/files/events/2011/leaf2011.pdf

小学生の頃の夏休み、田舎に遊びに行くと、すぐに叔父が庭にある“栴檀”の大木に登り、ブランコを作ってくれるのが習わしだった。そのブランコでひと夏を過ごす。少し大きくなると、近所の男の子たちと一緒に木登りをして遊んだ。男の子達は叔父のように身軽に高い枝まで登ってしまうけれど、臆病な自分はどうしても一つ目の一番大きな枝から先に行くことが出来なかった。それでも暑い夏、木の上の枝に腰をおろして下を見下ろせば、充分高い所にいて、暑い夏の高い木陰は、風が吹き抜け気持ちが良かった。木から下りれば井戸で冷やされた冷たい西瓜が待っていた。幼いころの遠い記憶が思い出される、そんなツリークライミング見学だった。

2011_0612_152424dsc_4469

ツリー体験会の日、すぐ近くには可憐な白い花が咲き、

2011_0612_152304dsc_4466

まだ若い紫陽花達が

2011_0612_152312dsc_4467

爽やかに咲いていた。       (6月12日撮影)

相模原麻溝公園に沢山咲く紫陽花は、もう色が濃くなり、見頃を迎えているかもしれない。

|

« 雨の季節の銀座デパート♪ | トップページ | 日常生活から見た風景 »

スポーツ」カテゴリの記事

園芸」カテゴリの記事

地域の公園」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505485/51982952

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原公園で、“ツリークライミング”見学♪:

« 雨の季節の銀座デパート♪ | トップページ | 日常生活から見た風景 »