« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

白州正子 神と仏、自然への祈り展を観に。

2011.04,30(土)cloud 今日も風が強くなってきたthink 洗濯物の乾きは見事にスピーディscissors 

連休初日の昨日は、英国のウイリアム王子&ケイトさんのロイヤルウエディングが行われた。夜のTV番組を録画して、後から追っかけ再生しながらパレードまでを見た。大勢の観衆の中のパレード。派手さは無いけれど、英国民の熱狂ぶりも伝わり、祝賀モード一杯の式典は、最近の世相の中を明るく照らすような気がした。女王陛下ご夫妻のお元気でお若いお姿も何よりでした!

 club 祝日を旗日という言い方は今はあまりしないけれど、通りを走ると国旗がはためいていた。昨日は日本も祝日。現在は「昭和の日」。以前は昭和天皇の生れたこの記念日は「天皇誕生日」だった。 

2011_0429_175233dsc_2265_2

昭和っぽい風情に日の丸はためく。ゴールデンウイークの始まりだ!

2011_0429_142649dsc_2155

鯉のぼりの季節。風が凪いでちょっと元気が無かったけれど、車内から街の様子を眺めながら、車は東名入り口を目指し、東京出口を目指したcar 

 clover 世田谷美術館へ clover 

2011_0429_170738dsc_2254

駐車場に車を止めると親切な案内プレートが。

2011_0429_145950dsc_2161_2震災以降、遠出を控えてしまい、町田と海老名より遠い所へ出掛けるのは初めて。もっともこの美術館は東名高速東京出口を出てすぐの場所にある砧公園内。我が家からは28K位なので、遠方と言うほどでもなく、以前に住んでいた世田谷の芦花公園からもそう遠くは無い場所。白州正子生誕100年記念の展覧会を観に出かけた。2011_0429_150204dsc_2164

新緑が目に鮮やかに飛び込み、そして美術館周りには、素晴らしい彫刻が点在していた。野外の景色に溶け込んだ彫刻

2011_0429_150245dsc_2165

若葉や花ミズキ咲く中を矢印の通りに歩くと美術館に到着。

〝神と仏、自然への祈り”という正子氏が生前歩いた西国三十三ケ所巡礼で訪れた寺社から集められた仏像や曼荼羅、男神座像・女神座像など、国宝や重文指定も数多く貴重な展観となっていた。最初に第一番札所熊野の那智の滝の音が聞こえる。壁面いっぱいに大きな滝の映像が映し出され、正子氏がどこからともなく遠来のように聞いたという滝の音を聞くという体験ができた。そしてそこに行かなければ観る事が出来ない或いは観る事も出来得ない素晴らしい仏像の数々。骨董好きの正子氏が所有していた石仏等も展示されていた。それは以前鶴川の武相荘のお庭で拝見した石仏と同じだったのかは定かで無いけれど。

沢山の展示物の中で一番印象に残った仏像は奈良・松尾寺の十一面観音のトルソー。十一面の頭も腕もない黒く焦げた跡のあるトルソーとしか言えない仏像。最初の仏師の手を離れ、火災によって新たな命が吹き込まれたかのような見事なフォルムはモダンで、一目で魅入られてしまった!

他にも印象深い仏像など数多くあったけれど、もう一つは滋賀・金勝寺の女神様。平安時代10世紀頃の作。さほど大きくない神様ながら、胸元からのぞく乳部分や膝などを木目を見事に活かした、材料の木というものを知り尽くした仏師の慧眼と神業のような彫りを見せられ、初めて木彫というものの奥の深さを教えられた思いだった。そうした目で改めて他の仏像を見れば、素材の持つ特徴を生かしてすべてが出来ているからこそ、長い年月を経てなおこうしてこの世に存在しているわけで、そのことこそが有難いことなのだと思った。円空仏なども木の持つ性質により、彫り方は決して一様ではなかった。

連休初日、会場は結構混み合い出口に近付くほどに空気が淀んでくるような気がしたが、素晴らしい仏像の数々との出会いが嬉しい時間だった。

又、この日はチケット売り場の前で、チケットを買う間際にお若いカップルの女性の方から声をかけられ、「チケットが1枚残っているので使ってください」とのお申し出があり、「お代をお払いします」と言っても「会社で貰ったものですから」と無償で下さり有難く頂戴致しました。帰りに会場の外でまたお会いしたので、もう一度感謝の一言をお伝えしてしまいました。

camera さて、会場の外に出て若葉色の木々や花に彫刻などをパチリパチリ!

2011_0429_161334dsc_2170

芝生の向こうを馬が歩いているhorsesign02  

2011_0429_162022dsc_2186

と思いきや、何かの動物を背にのせた彫刻だった。

2011_0429_161905dsc_2185

屋外で風景に溶け込んだ彫刻が素晴らしい

2011_0429_164304dsc_2195

若葉とミツバツツジが彩る少女像

2011_0429_165805dsc_2227

存在感たっぷりの裸婦像のフォルムが豊かな母性を感じさせる

2011_0429_165816dsc_2228

一つ上の彫刻の作者と作品名のプレートが近くにありました!

2011_0429_165924dsc_2232

世田谷公園、近くに住んでいた頃には来たことが無く、神奈川に引っ越しをする少し前に美術館が開館したようで、その後何度か観たい企画展もあったのに、いつも見逃してしまい・・・・・coldsweats01 けれど、今回嬉しいことに又いつでも来たい公園が一つ増えたのだったnote 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日は娘達の家を訪ねた!

2011.04.28(木)sun 今日も風が強いことsign03 強風にあおられてどこからともなく飛ばされてきた洗濯ものが1階の木にまといついた。

ミニ薔薇の蕾や木香薔薇の蕾が幾つかちぎれて落ちてしまった。昨日買ったサニーレタスの超お買い得苗を植えたけれど、お買い得だっただけにうまく根付くかどうかちょっと不安wobbly 

 building娘宅を訪ねるcar 

車で10分程の娘一家の新居を入居後初めて訪ねた。引っ越し後の巨大地震で双方落ち着かないまま、のびのびになっていたけれど、やっと先週位には片付いてきたというので、先日の夕食会の折に近いうちにという話になり、昨日午後娘は一人だったけれど、立ち寄ってみた。

2011_0427_155543dsc_2068

この3年弱の間に2度の引っ越しとなり、その都度荷物や家具を整理してきたようで、室内はひろびろすっきり!築年数が我が家よりずっと新しいので造りは機能的かつ収納部分がたっぷりある。屋内丸ごと全面リフォームされた真っ白の壁に天井、白っぽい床もすっきりとモダンで気持ちがいい。我が家のガラクタに囲まれた住まいを思い出すと、ちょっと羨ましいconfident 

2011_0427_160140dsc_2083

夫もキッチン内を見学。二人でも十分な広さのようで、コの字型キッチンにカウンターの機能性も見逃せない!カウンター下など収納がたっぷりなので、食器戸棚も処分してきたとのこと。

2011_0427_160717dsc_2086   

最近のマンションはドアのデザインもいいなぁ。ドアの上とキッチン天井は埋め込み式の灯り。

2011_0427_160226dsc_2084

お茶の準備に食事の配膳台にと重宝なカウンター上部

2011_0427_160733dsc_2087

手みやげに持って行った季節限定「桜のロールケーキ」

2011_0427_155619dsc_2070

「おやつはまだですか~!」柴ワンコとともにバーバもお座りしておあずけ中happy01 

2011_0427_161109dsc_2093

紅茶とロールケーキでしばしおしゃべり

2011_0427_161131dsc_2094

「あたしのは無いの~~?」と恨めしそうにのぞきこまれたけれど、甘いものなので「メッ!」

2011_0427_160931dsc_2092

バーバの手を散々ぺロぺロしたらいい子にあきらめたので、あとからお手やハイタッチの芸を見せてもらいながらワンコ用のおやつを「ハイっ!」dog 

LDの隣の和室は間仕切りが4枚共戸袋に入ってしまい解放感があり広々、廊下の向こうは孫君の部屋とタンス部屋。トイレ・バス洗面所、廊下から玄関までも長く、すべてにゆったり設計で、家族3人とワンコ一匹なら十分な間取り。今回は家族みんなが気にっているという娘の言葉と様子が何よりも嬉しかった。

2011_0427_172159dsc_2106

帰りは2台借りている駐車場の中、建物裏手の外の敷地に車を止めたので、娘とワンコに送られて駐車場まで歩いた。近燐はまだまだ自然豊かな地域で心和む散歩道。途中の道すがらブロック塀からピンクの花が顔を出していた。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっとこの季節らしい日々が訪れた!

2011.04.27(水)sun&強風が、暖かいのにとっても残念think 昨日は歯科医に出かけ、帰りは買いものなどしながら帰宅したけれど、通りのお宅の庭庭に、もう薄紫色の藤の花が咲いていた。

 bud 季節が進み、我が家のミニミニ庭園もsign02coldsweats01

2011_0427_105334dsc_2059

今朝は黄色のミニ薔薇が開花していた。黄色も赤も沢山の蕾。そして伸びてきた紫陽花の枝の先には赤ちゃんのような小さな蕾が隠れていた。

2011_0420_104302dsc_1944 

アネモネは昨日の風ですべて散ってしまったsweat02

2011_0420_113054dsc_1954_32011_0420_113011dsc_1951_2これは?何の花だろう?我が家のコニファーの根元にひっそり咲いた花。調べてみたら、除虫菊が一番よく似ている。どこから種が飛んできたのだろう?

2011_0426_152534dsc_2057

寝室の窓から見える木香薔薇。

春、希望が燃える季節。何気に咲く花、季節ごとに忘れずに咲いてくれるいとしい花達heart04 

 clover 芹が谷公園 clover 

2011_0404_161917dsc_1356

国際版画美術館の前を通り抜けると町田市立芹が谷公園に続く。

2011_0404_162346dsc_1358

震災後、噴水は止まっていた。雪柳が咲き、桜の開花は始まったばかりの4月4日。用事を済ませて、桜の開花状況を見に思いついて行ってみた。

2011_0404_162450dsc_1362

白いハナニラが咲くグリーンの上に、落ちた椿が地に咲くような華やかさを演出していた。

2011_0404_163142dsc_1371

これは何の木かわからないけれど?

2011_0404_163257dsc_1375

クリスマス・ローズが満開で鮮やかに

2011_0404_163313dsc_1376

賑やかに咲き乱れていた。

2011_0404_164029dsc_1387

広場を囲む一番手前の木々は開花を待つ桜cherryblossomcherryblossomcherryblossom

2011_0404_164610dsc_1392

版画館にある喫茶パレットの前の花壇には、紫花菜とポピー

2011_0404_164744dsc_1394

歩道の鉢にはルピナスやクリスマス・ローズなどが植えられ、幾つもの鉢がカラフルな花々で飾られ目を楽しませてくれた。

この日帰宅したら、版画美術館での展覧会のお知らせが届いていた。思いがけない偶然の縁にひかれて展覧会初日に出かけて友とも会えた。帰りは見事な桜見物も出来て。

その後今度は芹が谷公園で会いましょうなどメールのやり取りが続いている。今年はいつになく古い友人知人達との交流が復活しそうな、そんな楽しい期待に満ちた春が始まっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の終わりの夕食会♪

2011.04.25(月)sun 今日も風がやや強い!

 bud こでまり

2011_0425_090200dsc_2052

今年も元気に咲いた我が家の「こでまり」note 

季節が変わり始めた。桜は葉桜となり、初夏の花々が街路樹を飾り、ピンクや白の花ミズキ。葉桜の下には色とりどりのツツジの花。郊外を車で走れば桃の花も満開cherryblossom 

昨日は娘夫婦の招待で久し振りに外での食事。オークラ フロンティアホテル海老名のレストラン「アルエット」 支度だけして待っていれば自動的に我が家から現地まで、楽しく食事をして帰宅という、娘たちの車で送迎付きという豪華さhappy01 

2011_0424_175219dsc_2012

レストラン入り口付近のショーケース

2011_0424_175257dsc_2013

店内にはこれから焼かれるお肉が

2011_0424_175906dsc_2018

久し振りに真っ白なナプキン

2011_0424_175726dsc_2014_2 2011_0424_185249dsc_2028_2

すっかり大人びてきた孫くんとパパ。

2011_0424_180128dsc_2020

ランプに火が入ると

2011_0424_180942dsc_2022

それぞれの飲み物が運ばれて、自分の車を運転してきた孫のアルコール抜きの飲み物

2011_0424_181146dsc_2023_2

オードブルはソテーしたホタテを薄くスライスしたキュウリとサヨリで巻いてきゅうりの入ったソースで。旬のサヨリがとっても美味しかった!

2011_0424_182412p1120015_2

はまぐりと今が旬のそらまめやグリーンピースなどが入ったスープ

2011_0424_183247p1120016

鯛のソテー

2011_0424_184556p1120017_2 2011_0424_185220dsc_2026

口なおしはグレープフルーツのシャーベット。

2011_0424_185301dsc_20302011_0424_185405dsc_2032

娘と夫、夫と私

2011_0424_185628dsc_2035 2011_0424_185641dsc_2037

メインのお肉は好みの焼き加減で、副料理長が席の側で丁寧に焼き上げ、ころ合いよく盛大にフランベimpact 思わず「ワーオ」sign01 

2011_0424_185738p1120018

メインディッシュにはマッシュポテトにホワイトアスパラも添えられて。ここまで全員見事に完食!パンも美味しくお代わりまでしてお腹がいっぱいsign03 

2011_0424_192550p1120023

deliciousそれなのに、デザートもしっかりお腹に収まってしまいましたとさwink  おしゃべりも弾み楽しい夕食会restaurantを企画してくれた娘たちに感謝の宵でした。

「カタノ・スぺシャリテ」という料理長が贈る4月30日までの期間限定特別ディナーということで、売り上げの一部はホテルオークラと合わせて今回震災に遭われた被災地への義捐金となるそうです。美味しく食べて義捐金という娘家族の企画がとっても好もしいものでしたheart01 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

初夏に向かう季節の花や小鳥達♪

2011.04,24(日)sun 昨日とは打って変わった暖かな日曜日だった!

 chick 今朝の小鳥は

2011_0424_091029p1120012

台風一過のようによく晴れ渡った朝の公園。ツツツと足早に歩く姿はセキレイのようだったけれど。

2011_0421_120450p1100995

数日前は窓の下の木にカップルのヒヨドリ

2011_0421_120709dsc_1970

デジカメから一眼に替えているうちにタイミング悪くツーショットは撮れなかったけれど、一緒になったり、離れてみたり、飛び去る時は一緒に飛んでゆく仲良しカップルheart01この季節はいろんな小鳥達が番いで公園にやって来て、見ているだけで微笑ましいwink 

 bud ゼラニウム科のランディが咲き始めた!

2011_0420_112719dsc_1945

budいつの間にかあちらこちらの鉢から花が咲き始める春、今度は何が咲くかしらと楽しみが尽きない。

今日は、娘たちの車で外出したけれど街路樹の桜は葉桜となり、その下で色とりどりのツツジが咲き始め、ピンクや白の花ミズキもきれいに咲いていた。季節は確実に初夏に向かっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風雨の日、ちょっぴり懐かしい谷戸山で過ごした日♪

2011.04.23(土)時折強いrain&強風が吹き荒れて春の嵐。

公園の2羽のカップルカラスは3・4日前から2羽で飛び回る姿が目撃されて、日増しに回数・時間が長くなっている様子。きっと卵が孵ったのだろう。どちらかが巣に戻るところを見ると、雛の様子を見たり世話をしているのだろうか。仲のいいカラスが嬉しそうに公園内を飛び回る姿は幸せそうで微笑ましい。

 clover カラスの巣の下の公園  clover

2011_0423_135044p1120008

せっかくの土曜日、公園はすっかり雨で濡れてしまったrain 

2011_0423_130052dsc_1975

風が吹いても、毎日着実に開花がすすむ我が家の小さな薔薇bud 

一昨日体感した寒さはどうやら軽い風邪だったようで、いつもの風邪薬で養生しながら過ごしている。昨日は歯医者さんの予約を入れていたので、夫婦揃って歯科医に。最後の予約の夫と新規予約の私。次回1・2度で今回は大丈夫そうだけれど、夫は昨年暮れからずっとだったので、やっとの放免に安堵!ついでに、数日前に下見をしておいたスカートを買いに。出たついでにと夫は靴を、その他雑多な買い物など。風邪はよくなりかけているが、今日はこんなお天気、一日養生してしまった。

 clover 気持ちがよかった谷戸山のランチ clover 

2011_0406_132334dsc_1444

桜の満開と同時に山吹も咲き始めていた。

2011_0406_130058dsc_1434

この日東京の桜が満開のニュースを聞いて、谷戸山に飛んだhappy01 

2011_0406_130418dsc_1435

コンビニでお結びとサンドイッチを買いこみ森のランチdelicious 

2011_0406_132403dsc_1445

お隣のテーブル席もその向こうの吾妻やの下にも、お茶を飲みながらくつろぐお仲間がいる。

2011_0406_132727dsc_1451

よく晴れて空は青く澄み渡り、

2011_0406_132817dsc_1453

ところどころに巣箱がかけられ、小鳥達のさえずりが何よりのご馳走だった♪

2011_0406_133138dsc_1455

高い木々を見上げ深呼吸。ランチのあとは谷の方に下りてみた。

2011_0406_133449dsc_1456_2

更に湧き水の谷に下りる

2011_0406_133737dsc_1461

オカリナを吹く方達。のどかな景色によく似合う音色notes 

2011_0406_134102dsc_1465

池の上の木道を楽しそうにウオーキングする人達も。

2011_0406_134827dsc_1482

湧水の池の周りは若葉が青々

2011_0406_135017dsc_1489

山桜が枝を伸ばし坊やも歩く

2011_0406_135219dsc_1492

水面にはささやかな、まだちょっぴりの花筏

2011_0406_135453dsc_1497

アオキから新芽が育ち始めていた。

2011_0406_140110dsc_1503

空を見上げれば青空に、これから育つ木々の葉が美しい春の模様となって楽しませてくれた。

               (4月6日谷戸山公園にて)

今日の荒れたお天気から思うと、この日は本当に気持ちよく、桜に新緑、森のランチと、こんなに素敵な自然に恵まれていることに感謝の気持ちでいっぱいcherryblossom お天気と体調が回復したら又散歩に行こうrun 

 bud 

2011_0423_135133p1120011

最後は木香薔薇でbud

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今朝も寒かった!

2011.04.21(木)cloud~花冷えと言っては誤りだろうか。花冷えとは、桜が咲くころに寒さが戻って冷える事。辞書にはそのように書かれている。

関東は桜が散り、初夏へ向かうこの季節としてはとても寒い。今朝は布団からはみ出した肩口辺りから背中の寒さで目が覚めたwobbly ベッドから降りた室内も結構寒かった!節電のためもあり暖房は点けないので、重ね着の上に更に厚手のフリースをはおった。

まだ桜の追っかけ気分続行中が不自然でないのだけは有難いけどhappy01 

    cherryblossom 買い物帰りの桜 cherryblossom 

2011_0408_115013p1100964

cherryblossom車の中から見えた桜!ずっと遠くには丹沢の山々。

2011_0408_104713p1100961

cherryblossomスーパーの駐車場から見えた植木畑の桜

2011_0408_115130p1100967

ご近所桜並木を通過中cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

そして自宅の夕方

2011_0408_180755dsc_1567

この日4月8日の夕方の空はとりわけ美しかった!

2011_0408_180837p1100968

思わずテラスからパチリの黄昏時camera 

2011_0419_173508p1100990

一昨日の買い物途中、歩道の街路樹を車内からcamera 

2011_0421_112039dsc_1958

我が家の木香ばらが、日々次々と開花し始めた。

2011_0421_112520dsc_1967

お昼近くなって外は幾らか暖かくなってきている。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行く春を惜しみながら・・・・。

2011.04.20(水)sun ピィイピピ、ピィイピピ、ピッ ピッと賑やかな小鳥のさえずり。近所の桜はすっかり散ってしまい、ピンク色だった木は茶色く染まっている。近くの中学校の桜は道路に飛びだした枝がばっさり切り落とされていた。

昨日夕方買い物帰り、近くの車道で車の前を急いで渡る小動物が居た。猫では無いし犬はそんな渡り方はしない。

そうそう狸だ!久しく見かける事は無かったけれど、以前もう10年以上前のこと、仕事に向かう自転車で駅まで行く途中、朝の道路に動物が死んでいた。犬かしらと思い通り過ぎてから、なんか違うと思い戻ってよく見ると狸だった。まだ空き地が沢山あった頃のこと。狸が居ても不思議ではなかった。その後、宅地化と新しい工場などの建設に寄り、居なくなってしまったかと思っていたけれど、少なくなった林の中にまだ生息していることがわかった。動物が棲む環境がまだ残されているようだが、その後更に宅地化が進み、木々は切り倒されテニスコートなどに変わっている。動物達にとっては随分狭くなり棲みにくい世の中になっていることだろう。

 clover 谷戸山の春を惜しむ cherryblossom 

2011_0406_141424dsc_1526_2

行く春を惜しみ、開花したばかりの頃の谷戸山の桜をもう一度cherryblossom 

2011_0406_140902dsc_1513

桜に背を向けて少女は何を見ていたのだろう

2011_0406_141143dsc_1518

満開のレンギョウと桜

2011_0406_141533dsc_1532

雪柳も満開だった!

2011_0406_125058dsc_1424

艶やかな桜とコラボレーション

2011_0406_141251dsc_1521

夢のように美しかった束の間の桜の季節。人々の心を酔わせ虜にしたと思ったら、あっという間に去ってゆく・・・・cherryblossom 

2011_0406_134718dsc_1478

谷に下れば咲いていた山桜も散ってしまっただろうか

2011_0406_140247dsc_1505

昨日記事にUPした桃が丁度綻びかけていた頃

2011_0406_140309dsc_1506

この一週間後には見頃になったshine 

2011_0406_142931dsc_1565

そして今年最後のこぶしにお別れだった!

4月6日関東の桜は満開だったcherryblossom cherryblossom cherryblossom

まだ寒い日もあるけれど、季節は初夏に向かい始めた。

被災地の寒さが緩和されれば、一刻も早い収束を願いつつも原発の事故処理に当たる方々の暑さ対策が問われ、作業効率は下がり脱水症状も心配される。被災地では遅い新学期を迎えた子供達の外での活動時間の制限も加わり、様々な困難は続いている。

かなうことならあの日以前に戻れたらと、思っても仕方がないが、戻らない日々が悔しい思いで一杯になる。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

谷戸山の桃と花大根♪

2011.04.18(月)cloud 曇り空の下、公園の2羽のカラスが朝から忙しそうに飛びまわっている。もしかしたらsign02 木の葉が繁り巣の底しか見えないけれど、「餌集めに忙しいの?」おせっかいバーバの独り言wink 

 clover 桃の花花大根 clover 

2011_0414_162040dsc_1839

谷戸山には花桃も咲いてるcherryblossom 

2011_0414_162116dsc_1841

桜が散り始めれば桃?本来どちらが先に咲くのだろう?いつも同じ頃のような気もするけれど。

2011_0414_162153dsc_1843

桃の花咲く足元の斜面には花大根(紫花菜)の群生

2011_0414_162247dsc_1845_2

桃はふっくらと匂やかな

2011_0414_162304dsc_1846_2

乙女のように咲いていた。同じバラ科であっても桜の方が少しお姉さんかなcherryblossom

2011_0414_162208dsc_1844

紫花菜が眩しそうに見上げる。

2011_0414_162350dsc_1848

純白の桃も

2011_0414_162743dsc_1849

紫の花が微笑む斜面の上で

2011_0414_162341dsc_1847

清楚な立ち姿を見せている。

2011_0414_162754dsc_1850_2

白く染まってみたいのか、紫の花が陽の光の下で揺れてみせた。時に白い花を咲かせてしまう種もあるようだが・・・・happy01 

2011_0414_162949dsc_1852

まだ若い花桃の木々の先には

2011_0414_163127dsc_1854

一本の木に紅白の花を咲かせてしまう魔法のような桃の木が待っている。桃色が濃く淡く、そして白くと変化を見せる。

2011_0414_163243dsc_1856

お祭りの餅飾りのような紅白の花

桃源郷を過ぎれば、水鳥の池に下る木道、まっすぐ進めば伝説の丘にと続く道。春の谷戸山散歩は、退屈することを忘れてしまうほど変化に富んで、美しく楽しいcherryblossom

               (4月14日谷戸山公園にて)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水鳥の池にカワセミや青鷺が!

2011.04.17(日)sun 今日は一日のんびりした日曜日を過ごすconfident 

午後、録画しておいた見事な「醍醐寺の桜」を観ているうちに、うつらうつらと夢の世界にsleepy 続きはまた改めてtv 

 clover 谷戸山散歩 谷の水辺に向かう clover 

2011_0414_163305dsc_1857

1本の木に白とピンクの花が咲く花桃の木の側からわき水の谷まで木道を下る。

2011_0414_164338dsc_1859

下る途中の柵にはトンボや蝶が飛んでいる

2011_0414_164427dsc_1861

柵の向こうはわき水の谷。山桜などの木々の下、水辺の周りの木道は楽しい散歩道run 

2011_0414_164725dsc_1862

森の中には様々な生き物がいるようだ。へびもいるようだけれど、幸いなことにまだ会ったことが無いcoldsweats01

2011_0414_165300dsc_1868

水鳥の池のデッキに行ってみた。谷戸山の池で初めてカワセミを見る事が出来た!毎日来ている方が「今日は一羽だけど、最近はいつも番いでいるのよ。」教えてくれた。

2011_0414_165421dsc_1872

美しいブルーの羽でひらりと池の縁に移動した!

2011_0414_165559dsc_1875

反対側には青鷺が一羽、

2011_0414_165941dsc_1883

池の中を餌を探しているように覗きこむ。

水辺にはカワセミに青鷺、そして鴨も居る。

2011_0414_165130dsc_1865

水中にも沢山の生き物が棲んでいる筈。

2011_0414_165218dsc_1867

夕方の池は水音一つしない。静かでいつも本当に美しいsign01 こぶしの花は終わり、水面に新緑色が溶け込む季節がやってきた。

              (4月14日谷戸山公園にて)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鯉のぼりの季節がやってきた!

2011.04.16(土)sun 昼前に又大きめの揺れがあった。幾らか少なくなるかしらと思っているとやってくる。災害は忘れたころにやってくるというけれど、忘れる間も無くやってくる。

少しずつ関東に近付いてきているようだ気がする。今度は「超巨大地震の可能性も」との新聞記事も。想定を超えるような揺れや被害がやってくるかもしれないと言われても、どうしてよいのかと・・・・。せめてその時は慌てないようにしようと心を戒める位しか思いつかない。そうこうしながらも日々季節は移ろいゆく。

 clover 谷戸山散歩 clover

2011_0414_170312dsc_1887

日々桜を追いかけているうちに、季節は巡りゆくようで、谷戸山にはいつの間にか鯉のぼりが上がり風に揺れていたsign03 まだ桜の写真の整理も終わらないうちに・・・sweat01 

2011_0414_170553dsc_1891_1

一昨日の谷戸山散歩は、若葉が育ち始め初夏のような景色も。

2011_0414_170439dsc_1888_2

谷戸山の木々は若葉色、ピンクの花が文字通り花を添えている。

2011_0414_161115dsc_1826

広場の桜を見に行った。まだ桜色は残っていたcherryblossom

2011_0414_161436dsc_1833

小さな可愛い山桜の花が

2011_0414_161753dsc_1835

青空に向かって

2011_0414_161219dsc_1828  

咲いていたcherryblossom 

2011_0414_161020dsc_1824

森の中には可愛いすみれの花が、「立坪菫」だろうか?

2011_0414_171437dsc_1897

山吹はあちらこちらに咲いていて

2011_0414_160654dsc_1823

森のテーブル席を彩っている。又お弁当を持ってこなくちゃhappy01 

 bud 開花  bud

2011_0416_111749dsc_1909

やっと一輪開花した木香薔薇!香りのいい石鹸のような、白い花に相応しい清潔な香りを漂わせて。

2011_0416_111836dsc_1911

あちらこちらに伸びた枝には沢山の蕾。昨年はたった一輪位しか咲かず淋しかったけれど、これからしばらくの間楽しみが続く。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模川沿い「磯部の渡し」近くをドライブ!

2011.04.15(金)cloud薄曇り~ 暖かいけれど風が強い。窓の外に出て花達の様子を見に。花台の奥に押し込んでいた鉢から何の花だろう?紫の花が咲いていることに気がついたsweat01   

2011_0415_112045dsc_1906bud木香薔薇の開花を確認に行って見つけたので、側に持って行きツーショットbud 冬の間を鉢土の中で過ごしたアネモネの球根。いつの間にか芽を出し伸びて咲いていたのだ。気がつかなくてごめんねcoldsweats01 逞しい生命力に感激heart04

木工薔薇は香りが強い白い花、もうその香りを漂わせながら微妙に開花寸前。

2011_0415_111658dsc_1901_4

budもう一枚!

 clover 町田からの帰り道 car 

2011_0412_174921dsc_1763

車はお隣神奈川に住む我が家を目指して、大山が見える方向に向かっていた。車内から丹沢の尾根が見えた。

2011_0412_175311dsc_1768

夕陽が西の空を赤く染めはじめ、桜の花のシルエット

2011_0412_175507dsc_1771

桜が舞うように

2011_0412_175523dsc_1772

お寺の境内に咲いていた。

2011_0412_175636dsc_1775

お寺の脇を通り抜け、突き当った場所には今まで見たことが無い景色が広がっていたsign03 

2011_0412_175747dsc_1778

今まさに、丹沢の山々の向こうに陽が沈もうとしていた。

2011_0412_175931dsc_1786_3

ここは相模原市磯部にある一級河川相模川。ここからは大山の稜線がくっきり見える

2011_0412_175944dsc_1788_3 岸辺にある「磯部頭首工公園」という小公園に「磯部の渡し」の標柱があった。かっては、この標柱の前の川から対岸の「猿が島」に渡り大山詣でに出向く渡船場があったようだ。

2011_0412_175823dsc_1779

残照が川面を赤く染め、対岸には桜並木が見える美しい景色。大山詣でに出かける船に揺られて川を渡る気持ちはどんなに爽快なものだったろうか。

2011_0412_180017dsc_1791

近隣の農業用水として昭和の初期に堰が設けられたそうだ。

2011_0412_175926dsc_1785

自然が生み出した美しい景色がこんな近くにあることをこの日初めて知った!神奈川に住んで25年近くなるというのに!まだまだ知らないところばかりcatface 

2011_0412_180259dsc_1801

小公園内にはシャイで器量よしの子猫が居た。母猫は臆病ですぐに居なくなってしまったcat 

いつかまた訪れたい場所が又一つ増えたnote 

2011_0412_181036dsc_1811

美しい景色とニャンコにお別れして帰路に着く。踏切近くには桜並木と赤白ピンクの花が咲いていた。

2011_0412_181240dsc_1814

踏切を渡りしばらく走ると又お寺があった。山門近くに素朴な花に囲まれた六地蔵が並び、車内からの一瞬だったけれど心が和んだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町田芹が谷公園の桜とチュウリップ♪

2011.04.14(木)sun 春が持続している。余震も持続しているのが残念だけれど・・・・coldsweats02 

けれど顔はなるべく明るい方に向けて、今春の只中に居ることを忘れないように、散り始める桜吹雪を浴びてこようcherryblossom 

cdそれまでは上原ひろみのピアノが入ったスタンリー・クラーク・トリオの「ジャズ・イン・ザ・ガーデン」〝さくら”などを聴きながら。久し振りに聴くこのアルバムの前半から中盤にかけての見事な演奏にしびれるnote

 cherryblossom さくら さくら cherryblossom 

2011_0412_155013dsc_1721

版画美術館駐車場を見下ろす斜面には竹林があって、その竹林の前の木がこんなに見事な桜だったなんて大発見sign03この日は一番の見頃だったcherryblossom 

2011_0412_170123dsc_1728

美術館前のコンテナに咲いていた花

2011_0412_170221dsc_1731_3

絵画を鑑賞し、友人とのおしゃべりを楽しんだ帰りにもう一度駐車場の桜と竹林から左手に目をやれば西日が斜面の枝垂れ桜を照らしだしている

2011_0412_170212dsc_1730_2

更に目を転ずれば、息をのむような見事な景観を見せてくれたcherryblossom 

2011_0412_170457dsc_1736

carで美術館裏手の坂を上ると、ここにも西日を受けてきれいな桜!介護施設のお庭のようだ!車内からパチリcamera 

2011_0412_171712dsc_1744

ほんの少し走って右手に目をやれば素晴らしい桜並木が見えた!しばらく車を止めてくれたので、急いで走って行ってみたcherryblossomrun

2011_0412_171730dsc_1745

見事な桜並木が斜面の下まで続き

2011_0412_171802dsc_1747

アプローチには花壇が設けられ散り始めた桜の花びらがタイルを飾る。

2011_0412_171826dsc_1748

青空は高く、天に向かって枝を伸ばす桜

2011_0412_171846dsc_1749

負けじとチュウリップも背伸びをしているtulip 

2011_0412_171934dsc_1753

tulip〝咲いた~ 咲いた~チュウリッパの花が~”と娘は子供のころに歌っていた。幾ら教えても舌ったらずな彼女にはチュウリップと言えなて・・・happy01 

2011_0412_171940dsc_1754

ハナニラやビオラに囲まれて、 並んだ 並んだ

2011_0412_172011dsc_1756

赤 白 黄色

2011_0412_172021dsc_1757

どの花見てもきれいだなtulip 

2011_0412_172049dsc_1758

この日初めて気がついたeye” なんと!ここが駅から近い芹が谷公園の表玄関だったcherryblossom

2011_0412_172137dsc_1759_2  

思わず見事な桜を眺める事が出来た。いい時期に誘ってくださったOさんに感謝です。彼女の家から近いこの公園はいつもの散歩道だとか。いつも行く芹が谷公園に版画美術館は、徒歩ならばここからも行ける事がわかった。

住所:東京都町田市原町田4-28-1 町田駅から歩いて10分~15分位だろうか。

名残惜しかったが、この後は神奈川の景色を見るためにこれでお別れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜に絵画鑑賞♪

2011.04.13(水)sun 今日も暖かいlovely はる はる 春 cherryblossom 街中にピンク色が溢れる季節cherryblossom 外に出る。それが楽しいheart04 

大きな余震が続き、原発事故が最悪の「レベル7」に引き上げられた。浮かれている場合ではないかもしれない。それでも一日中そのことばかり考えていても何も始まらない。どこでもいいから春を感じにいってみるだけで、辛かったあの日がほんの少しずつ遠のいていることに気がつく。楽観は許されないけれど、気分転換はとても大切。

 cherryblossom さくら さくら cherryblossom 

2011_0412_154903dsc_1717_1

町田芹が谷公園「国際版画美術館」前に咲く昨日の桜

2011_0410_163149dsc_1673

白の持つ清潔感がとても素敵なこちらはご近所の大島桜

2011_0410_163206dsc_1674

白とピンクのコラボ

2011_0410_163252dsc_1677_2

素朴で

2011_0410_163231dsc_1676

野山に似合

2011_0410_163115dsc_1671

小鳥は桜が大好き

2011_0410_163050dsc_1669

桜の冠をかぶってしまった小鳥!

2011_0410_164018dsc_1694

幹から伸びた新芽からも花が咲く

2011_0410_163352dsc_1680

太い幹からも芽を出し可憐に咲く

2011_0410_163605dsc_1684

さくら さくら

2011_0410_163833dsc_1690  

可愛い桜 

2011_0410_164203dsc_1698_4

木の根っこからも芽吹いて花を咲かせるいじらしさに思わず感動heart02 

                  (ご近所桜は4月10日撮影)

2011_0412_171004dsc_1737

昨日町田市内を車で走り車内からパチリ!

2011_0412_154918dsc_1718_2

町田国際版画美術館駐車場から。桜の枝の向こうには眩しい太陽の光sun 

町田市内にも桜が沢山咲いていた。

「第7回パレット展」が町田国際版画美術館で昨日から始まった久し振りに絵を観に出かけ、8年振り位に会った友人に彼女の作品から会場の作品まで案内して頂きながら、懐かしくておしゃべりが弾んだ。絵筆を持たなくなって何十年も経ってしまったが、久し振りに作品を拝見しているうちに思わず描いてみたいような気持ちになったけれど、そういえば才能がないことを自覚してやめたのだったということも思い出してしまったcoldsweats01 

「第7回パレット展」4月17日まで。AM  10:00~17:00

 〒194-0013 東京都町田市原町田4-28-1 

   連絡先 電話 042-726-2771/0860/2889

            http://hanga-museum.jp/

美しいものは心を癒す。この春はしみじみそう思う。美術館の帰りは美しい景色を求めて町田から神奈川の我が家までの間を夫にお任せのコースでドライブcar 車内から、あるいは車を止めて美しい夕暮れを楽しんでくることができたheart04

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震が続いている!母と近所のお花見も!

2011.04.12(火)sun 震災から一カ月経った昨日、少しずつながら復興へ向けて動きはじめ、春の陽気とともに幾らか希望も芽生えたと思ったその日の夕方、久し振りの大きな揺れにおそわれた。その後も何度かの揺れが続き、今朝も千葉を震源とする震度5弱のかなり大きな揺れが。

昨日の震度6弱の大きな揺れでは、土砂崩れ被害が起き、そして大切な命が又失われた。いつになったらこの余震は収まるのだろうか。地震・津波・原発事故と3重の苦しみに追い打ちをかけるかのような地震。今朝もTVの画面には地震速報が次々入る。今後も内陸部の余震が増える可能性もあるので注意が必要とも。

それにしても、避難先での生活が一カ月となった被災地の方達の先の見えない不安や現在のストレス、幾らか芽生えた希望すらも、こうして脅かされてしまう日々にお見舞いの言葉すら見つからない。どうぞどうぞご無事でありますように。

我が家のダイニングテーブルは二人家族になった今もまだ6人掛けのまま、長さが180cmあるので、広い面の一方は椅子を取り払い、揺れると同時に潜り込めるようにしてある。そろそろ元に戻そうかと思っていた矢先のこと、まだまだ油断が出来ない。

 chick カラス chick 

今朝は風が強く、公園の木々が風に吹かれて大きく揺れている。窓から眺めていると、風で時折カラスの巣に隙間が出来て様子が見える。カラスが一羽巣の上でユッサユッサと揺られながら動じることなくうずくまっていて、どうやらまだ卵を温めている様子。「揺れに慣れたカラスにとっては地震の揺れなど怖くないだろうなぁ」と言うと、夫が「それより今はハンガーのお陰で土台のしっかりした巣が出来たと喜んでるよ」と。

 cherryblossom 母のお花見 cherryblossom 

wheelchair車椅子生活で、車の乗り降りが大変になった母と今年も歩いてご近所花見cherryblossom

2011_0410_154503dsc_1621

今年初めて気がついた近所の桜の中には大島桜が交じっていたsign01 ピンクと白の花の縞模様がダイナミックsign03 

2011_0410_154519dsc_1623

桜の木々は小鳥達のオアシスのようで、チイチイピィヨピィヨと何羽もの小鳥達が賑やかに木の枝から枝へ飛びまわっていた。

2011_0410_154623dsc_1627

白とピンクと青空と

2011_0410_154635dsc_1628

大島桜は緑の葉もアクセント!

2011_0410_155014dsc_1640

見慣れた桜もお見事!

2011_0410_155613dsc_1655

桜の花の持つ表情は、毎年見ている同じ場所でもいつも違うように見える。

2011_0410_155406dsc_1651

遠く大山が望めるこの場所はいつもは車が止まる駐車場。けれど日曜日は広い空地となって、近くの人々が代わる代わる立ち寄り、見事な桜を眺め、カメラや携帯を向けたり、子供と遊んだり、

2011_0410_155523dsc_1654

若者達が桜の木の下にシートを敷いて宴を催していたり、桜に酔い、美酒にも酔っていたようだけれど・・・happy01 春の楽しみは尽きない。

2011_0410_160928dsc_1656

地震の多い昨今、地震のことを自分からは何も言わないが、外に出る時がとても不安そうだった母。小一時間、近所のお花見をしてホームに着いた。見慣れた建物が見え、庭の見慣れた花壇を見るなり安心出来たようだった。

この日は午前中ホーム敷地内でも小ぶりの桜でお花見をしたという。まだ新しいホームの桜は可愛い若木。何年か何十年か経てばきっと立派な大木になるだろう。

2011_0410_161209dsc_1665

ボランティアの方達が、ホームの花壇に植えて下さったチューリップ。この日も3人の方達が手入れをされていた。

2011_0410_161204dsc_1664

菜の花がやさしく微笑む。ここはホームの皆さんの安らぎの場になっている。母を屋内のいつものリビングに送ると、更に緊張が解けて安心した様子。

今の母にとって、お仲間のいるこの場所がもはや一番安心出来て安全な場所となっている事が何よりも有難い。きっとお仲間達が今は大切な家族なのだ!(娘としてはチョッピリさびしい気がしないでもないけれど)think 

                       (10月10火撮影)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

震災から1カ月経った!

2011.04.11(月)sun 今日もまあまあのお天気。思わず鼻歌が口をつくnote 〝さくら~さくら~弥生のそーらーは~・・・・”雲がやや多く真っ青ではないけれど日射しは充分届いてぽかぽか陽気。小鳥は囀り、カラスの卵は孵化したのだろうかと気になるけれど、

2011_0411_120522dsc_1714

木の葉があっという間に繁ってしまい、我が家のボードのガラスにはっきり映る巣のある木を見ても、木の中央あたりの一番高い場所で枝分かれした巣底の黒い部分が確認出来るが、巣の上の様子が見えなくなってしまった。勿論外に出ても同じ。2羽のカラスが何度か忙しそうに飛ぶ姿を見ればもしかして雛がかえり餌を集めているのだろうかと、孫の誕生を気にする祖母のような気分で、ちょっぴり気になるhappy01 

 tulip 近所でお花見 cherryblossom 

見頃の桜を母に見せたくて、昨日午後は施設の母を迎えに。

2011_0410_152015dsc_1608

迎えに行く途中にある畑。作物を育てる畑の端には春色の花が一杯。まさに百花繚乱scissors 

2011_0410_151927dsc_1604

2色の花桃も満開で

2011_0410_152027dsc_1609

そんなに広いスペースでは無いけれど

2011_0410_152122dsc_1611

十分に春が溢れていた。 そして、

2011_0410_154148dsc_1618

その畑の先のお庭もこんなに春色。花桃に枝垂れに

2011_0410_152247dsc_1613

大輪の真っ赤な椿(?)と、垣根の外から見える生き生きとした春の花咲く木々。

2011_0410_152329dsc_1617

まるで夢の世界cherryblossom 

2011_0410_152313dsc_1615_2

束の間現実を忘れるひと時の夢だろうか?いやいや、こんな現実があることが人の心をこの上なく元気にしてくれのだheart02 

2011_0410_154438dsc_1619

通りに出れば、見事に大木の桜が待っているcherryblossom 

2011_0410_154932dsc_1637

母を迎えに行き、車椅子に乗せて、去年と同じくご近所桜見物を始めた。

 bud 家の花達も春 bud 

2011_0411_110303dsc_1710

ささやかなベランダながら、我が家の木に咲く花、木香薔薇の開花は目前♪

2011_0411_110322dsc_1711

こでまりの蕾も大きくなり始めた♪

2011_0411_110204dsc_1708  

冬の間放っておかれたホタル蔓がいつの間にか咲きだした♪

2011_0411_110411dsc_1712

暮れに植えたプリムラの「春子」はまだまだ元気に咲き続け、旺盛な生命力を見せている♪

どんなに寒い冬であっても必ず春は訪れ希望をもたらす。不幸があれば幸せもある。

計り知れない不幸であっても必ず乗り越えて生きてきた人間の叡智を、あの大きな震災から1カ月経った今日信じたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

知事選から帰りはお花見♪

2011.04.10(日)suncloud 外はすっかり春!午前中公園から、こんな話し声が聞こえてきた。

「ついこの間、枯れ葉がみんな落ちたと思っていたのに、もうこんなに新しい葉っぱが繁って、月日のたつのがはやいわねぇ~」と前に歩くおじいちゃんと後ろのおばあちゃんに話しかけている。後ろの少し年上のおばあちゃんには聞こえなかったようで、もう一度同じことを言い、更に「それだけあの世に行くのが近くなるってことsign03」と言った途端、3人の賑やかな笑い声が聞えてきた。まったく同感ながら、もっと年上の方達の明るい笑いに何だかこちらの心もほころんだhappy01 

今日は各都道府県知事選。選挙前の騒々しさもないまま迎えた投票日。昼前に近くのコミュニティ・センターに投票に行き、帰りは近所の桜見物。

 cherryblossom  さくら さくら cherryblossom 

2011_0410_120019dsc_1571

昨年は見損なっていたけれど、ここの桜はとってもきれいcherryblossom 

2011_0410_120229dsc_1577

枝垂れ桜もあって

2011_0410_120259dsc_1578

花筏が遊水池に、

2011_0410_120451dsc_1585

枝垂れ桜や他の桜が交じり合い、

2011_0410_120504dsc_1586

目を楽しませてくれる

2011_0410_120522dsc_1587

大きな幹に小枝が絡み

2011_0410_121216dsc_1596

降るような枝垂れが青空に揺れる

2011_0410_120534dsc_1588

見上げれば、この上ない贅沢な美しさ

2011_0410_121256dsc_1598

愛くるしく青空に揺れる枝垂れにさよならして、午後の部も近所の桜見物に出かける予定で歩いて数分の我が家に帰宅cherryblossom happy01

自宅近くを歩くだけで美しい桜や花々tulipcherryblossom

春は心が明るくなる季節note 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族交流そしてさくらの季節に思うこと

2011.04.09(土)rain 強い風と雨、桜の季節に欲しくないもの。大きな風の音が、閉めた窓の外から聞こえてくる。今日はずっとこんなお天気になってしまうのだろうか。買いものは昨日午前中に済ませてあるので外出の用事が無いのが幸い。そうそう、早めの買い物で、久し振りにヨーグルトと納豆を買うことができたdelicious 

昨日午後は娘が防災用品を旦那が買ってきてくれたと言って、我が家用にと届けに来てくれた。朝の中に買っておいた牛蒡パンにメロンパン、我が家のポテトピザトーストなどと合わせて一緒に昼食。

夕方娘が帰宅したしばらく後には息子から孫と二人で寄るという電話が入った。専門学校の入学式が終わった孫娘は黒のスーツに白いシャツ、久し振りに見る普通丈のスカートに低めのパンプス、大ぶりの黒い鞄。高校卒業式後、離れて暮らすママと海外旅行にも行ってきた。すっかり大人びた新学期のスタート姿を見せてくれたsign01  

夕食は朝の買い物の食材を使い、鯖の味噌煮やあさりの味噌汁などの家庭料理でみんなで和やかに。

flair 昨日計画停電終了の発表があった。電力が100%足りるようになったからではなく、企業・商業施設に各方面・各家庭などの節電効果を見こんだうえでのこと。今後もそれぞれが節電を心がけなければならないことは言うまでもない。

 cherryblossom さくら さくら  cherryblossom 

2011_0406_142119dsc_1549  

桜が咲く季節になると日本人に生まれたことを心から幸せと思えるようになって何年も経つ。桜は何処で見ても美しく、短い花期がはかなくもあり、はかなさゆえに惹きつけられて桜を愛でに出かけたくなる。今年は寒い時期が長かっただけに桜の開花を待ち焦がれた。自然豊かな谷戸山は、いっぺんに咲いた春の花達とのコラボでとりわけ賑やか。ヒュウガミズキの黄色い花も桜の色と引き立て合って青空に映えるcherryblossom 

2011_0406_142338dsc_1553

さくら さくら

2011_0406_141908dsc_1546

見渡す限りの青空

2011_0406_142614dsc_1558

すみれが地に咲き、桜は天に舞う

2011_0406_142814dsc_1563

離れた場所のヒュウガミズキ越しに眺める桜も春色の景色を見せている

2011_0406_142109dsc_1548

桜と仲良しの方が素敵だな!

2011_0406_141738dsc_1541

桜はあるがままに咲いているだけで周りの誰の邪魔もしない。そして桜だけでもこんなに美しく

2011_0406_141659dsc_1539

見事であって

2011_0406_125239dsc_1427

枯れたよしとだって共生できる。素直に季節の中に溶け込める桜の性質も古来愛されてきた所以でもあろうか

2011_0406_140846dsc_1512

この季節の人々の営みの中で

2011_0406_141010dsc_1514

さりげなくもあり、強烈に季節を語りかけてくれる。「今を大切に」生きなければいけない。どこにあっても桜は桜。桜のお陰で、翌年の桜を愛でる幸せを待つ心が今年も生れる。

          (4月6日 座間市谷戸山公園にて)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

谷戸山公園桜づくし♪

2011.04.07(木)cloud 今日はチョッピリ花曇り。気温は高いようだが、室内が余り暖かくない。今年は花粉症がすすんでいるようで、このところは以前からの涙目にくしゃみが加わり鼻がムズムズ「クッシャーン」の連発gawk 

 cherryblossom 谷戸山の桜 cherryblossom 

2011_0406_124630dsc_1415  

暖かくなった昨日は、昼前からそわそわしてしまい出かけました。谷戸山の桜は満開cherryblossom 

2011_0406_124649dsc_1417

こぶしと並んで見事に満開を迎えたcherryblossom 

2011_0406_124818dsc_1418

ここまでは駐車場からの眺め、それだけでもこんなに見事cherryblossom

2011_0406_124913dsc_1420

小さいけれど、これも桜だったかな?

2011_0406_124934dsc_1421

それにしても満開!待ちに待った桜がこんなに咲いたheart04 先月24日に来た時はまだ固い蕾だったのに。昨日は入学式帰りの親子を車の中から見かけた。入学式には桜が無くては!通り道の学校の校庭にも満開の桜が見られたcherryblossom 

2011_0406_125037dsc_1423

桜と青空は一番の仲良しだcherryblossom 

2011_0406_125058dsc_1424

いっぺんに春が来てしまったようで、谷戸山の春の花はいちどきに満開となりにぎやか!雪柳も真っ白な花を咲かせて

2011_0406_125152dsc_1425_2 

緋寒桜にも青空がお似合いcherryblossom 

2011_0406_125203dsc_1426_2

雪柳に桜cherryblossom 

2011_0406_125426dsc_1429

桜のグラデーションが素敵cherryblossom 

2011_0406_125612dsc_1430

桜か桃か小枝に蕾cherryblossom 

2011_0406_141216dsc_1520

午後の部の花見の宴の場所取りでしょうか。満開のレンギョウが見下ろすように咲いている。

別の桜の下では昼の部の宴も催されて、このころはすでに片付いていた。折りたたみの寝椅子を持参した家族連れや、公園のベンチでお弁当を広げる人なども。桜は多くの人を呼ぶ。

暖かな陽気と満開の桜に誘われて、沢山の人達が見物に訪れていた。今が見頃、街に出れば,以前とは違う様子に戸惑ったけれど、自然豊かな谷戸山散歩は、心豊かに日常を忘れる事が出来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相模原麻溝の春の花と猫♪

2011.04.06(水)sun 暖かな午前中はお花の手入れ。枯れた葉をむしったり、はながらを取ったり、草むしりなど。

 bud 今日の花達 bud 

2011_0406_111117dsc_1412

パンジーは背が伸びてしまい花台2段目では頭がつかえてしまった!

2011_0406_111013dsc_1410

金魚草、マーガレットが元気に咲き、フェンスの外には真っ白なこぶしの花。木香薔薇の蕾も育ち、こでまりの蕾も増えてきて、今は開花の順番を待っている。

 clover 相模原麻溝の花と猫 cat             

2011_0401_163447dsc_1305

相模原の公園で1日の日、一輪だけ咲いていたチュウリップtulip 今日あたりは沢山花開いていることだろう。

2011_0401_161234dsc_1276

椿がそろそろですよ~と言うように桜に向かって合図をしている

2011_0401_162841dsc_1299

オキザリスだったかしら?

2011_0401_162949dsc_1300

グリーンハウスの入り口も春めいていた。

2011_0401_161538dsc_1281

白木蓮並木が続き

2011_0401_160137dsc_1253

紅木蓮も咲いていた。

2011_0401_163707dsc_1308

ここの「パンダ」はいつもながら孤高のニャンコcat

2011_0401_164132dsc_1311

木瓜の花咲くすぐそばには

2011_0401_164354dsc_1320

cat「ニャん丸」がお昼寝中sleepy 

2011_0401_164527dsc_1324

撫でさせてくれたけれど眠気がおそうのか上の空catface 

2011_0401_164750dsc_1333

ニャん丸は初めて会った頃から見れば、顔つきもすっかり大人びている。さすがにあの頃の人懐っこい可愛らしさは無いけれど、人慣れした様子は変わらない。「ニャん丸、邪魔してごめんね!又来るね!」

cherryblossomすっかり春めいた今日、東京では桜が満開になったとか。お昼はコンビニでお結びを買って近くの公園に桜見物に出かけたcherryblossomriceball

明日は更に暖かくなるそうだheart04 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

街に出て思ったこと&展覧会のお知らせ♪

2011.04.05(火)sun 遅い春がやってきたようだnote 外は穏やかに晴れている。天然の温もりが心底有難く感じる。この春ばかりは忘れかけていた感覚が幾つも蘇る。

2011_0403_135708dsc_1336

一昨日、ピーヨピーヨとにぎやかに囀りながら我が家のテラスにやってきたヒヨドリhappy01

car昨日は、随分久し振りに街に出た。しなければならない用事がふたつ、carは町田を目指して走った。

 cherryblossom 青柳寺のしだれ桜 cherryblossom 

2011_0404_135405dsc_1341

前方に見事なしだれ桜が見えた。いつも車で側を通る鹿島神宮内。いつかお参りをしたいと思いながら通過するばかり。しばらく先まで走ってから夫が急に車をUターンしてくれたけれど、駐車場は入れず、束の間道路で待っていてくれてパチリすることが出来た。鹿島神宮鳥居をくぐると地続きで青柳寺境内になっていて、本堂前に咲くしだれだった。

2011_0404_135447dsc_1344

鹿島神宮鳥居付近には椿が

2011_0404_135541dsc_1347

塀の外から鐘楼越しのしだれ桜

2011_0404_135621dsc_1348

山門外からもcherryblossom 

町田市内に近いけれど、住所は相模原市上鶴間2960

短時間、しだれ桜を堪能し、carを小田急デパートのパーキングに止めてから第一目的の銀行へ。記入済みの銀行口座より新規引き落とし書類を窓口に渡すだけの用事なのですぐに済んだが、店内の照明は以前に比べて暗くなり、エスカレーターも動いていない。客の入りもまばらで、女子行員案内係りの姿が多く、行き届いた対応をしてくれる。ATMは並ぶことなく使用することができた!

用事を済ませ銀行の外に出て、少し遅いランチを食べに「ルミネ」に向かう。「つばめグリル」でロール・キャベツや懐かしのナポリタンランチをrestaurant 

ランチを済ませて街に出れば、以前は溢れるばかりの人出だった歩道はゆったり歩くことができる。若者の姿も少なく、自分たちのような用足し以外の人々らしき姿が少ない。

次はデパートに寄り修理上がりの連絡のあった1階の靴売り場に直行。元通りに仕上がった底部分を確認して支払いを済ませると、もうどこにも寄るところがない。服もアクセサリーもこれといった興味もなく欲しくもなくなってしまっている。もう整理こそしなければならない、物は増やせない年齢になってはいるが、今年はどんな色や服が流行るだろうかなんて興味すらわかなくなって、そんな自分が淋しいとも思えない今。店内の客足は少なく、真剣に或いは楽しくショッピングする姿を見かけることもなく、店内のごく一部を見た限りの感想ながら、こうした停滞がもたらす今後の日本経済の行方が少々心配になってきた。

日本中が自分達リタイア組のような気分を持った人ばかりになってしまったら?必要なものしか買わなくて当たり前だとしても、夢や遊びやゆとりにペイしなくなってしまったら、それはそれで味気なく淋しい。花見も祭りも自粛、旅行も自粛に買い控えとなれば、復興に至る財源すら確保できなくなってしまう。震災後に一日中tvで放映されるACのコマーシャルに、買い物の自粛を促すパターンが幾つかあるが、そんな映像を見ているうちに確かな暗示にかかってゆくような気がしないでもない。買占めはいけないけれど、心理的な消費意欲を落ち込ませる必要までは無いと思う。賢い消費者であらねばならないけれど、と同時に、経済を担う一旦は一般消費者なのだから。

デパートを出て、町田の桜はどうかしらと、芹が谷公園に車を走らせてもらった。月曜日、隣接する国際版画美術館は休館で静かなたたずまい。公園内に足を踏み入れてみた。

2011_0404_162759dsc_1366

広場を囲む沢山の桜の木、まだ蕾は固くほんの少ししか開花していなかったcherryblossom 園内を30分程散歩。

帰りは更に市場に寄り食材の買い物。有名な港の名を冠した魚売り場のショーケース内には魚が少なく空に近い状態で、輸入の冷凍魚が多くなり、その価格は上がっているようだ。以前の活気が全く無かった。ここの魚を求めて遠くから買い物に来る客でごった返す時間。あちらこちらに震災、その後の事故による影が暗く重く忍び寄っている。

車道を走る車も月曜日の昨日、大型のコンテナ車やトラックが少なく、東北からの便などが極端に少なくなっているのだなぁと思ったことだった。

art 展覧会の案内が届いていたnote 

2011_0405_102430p1100957

帰宅してポストを覗くと、何と今行ってきたのにと思える国際版画美術館で開催の展覧会の案内状が入っていたsign03 なんて偶然!もうひとつの偶然があって水彩連盟会員の方のお名前まで。連盟会員の方達は一人も存じ上げないけれど、昔は幾らか縁のあった連盟ではある。送って下さった方は出品者の中の方で、かって同じ職場で職種は違うが仕事仲間だった町田在住の方。お誘い嬉しく、時間を作り行って作品を拝見しながら久し振りに彼女にもお会いしたいと思っている。

そして絵のお好きな方、お近くの方々、芹が谷の桜もきっと満開のころ、春気分と芸術を味わいにお出かけになってみてはいかがでしょうか。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春ですよ♪

2011.04.04(sun)暖かな日差しに春を感じて思い切り深呼吸。気持ちがのびやかに晴れわたるheart01 

  clover 春・春・春 clover 

2011_0401_154106dsc_1213

ついこの間小さな芽が出たばかりだったチュウリップも随分育っていたtulip 

2011_0401_154127dsc_1214

ちゃんと春は来ている。

2011_0401_154306dsc_1215

パンジーの苗は確実に大きな株となり

2011_0401_154653dsc_1224

斜面一面に大きな蝶が羽を広げたsign01 

2011_0401_154607dsc_1221

白木蓮は今を盛りと咲き誇り

2011_0401_154409dsc_1218

大空に向かって枝を広げる木々の若葉が繁る日も近い

2011_0401_163542dsc_1307

ハナニラは清楚に白く輝き、

2011_0401_154800dsc_1225

春を求めて人は集まる。そんな人の心を止めることは誰にも出来ない。じっとしていては春はいつの間にか行ってしまうのだから。おいてきぼりにならないように、今を大切にしなくてはsign03 

         (4月1日相模原麻溝公園にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相模原麻溝公園「ふれあい動物広場」にて

2011.04.03(日)cloud 中々暖かくならないなぁ~think みーんな待ち望んでいるのに天の神様はなかなかきびしい。外に出かける人は、ダウンを着て出かけてゆく。室内は節電暖房なしなので、着ぶくれた姿で寒さをしのいる。4月ってこんなに寒かったかしら。

カラスのカップルが2羽でつるみ公園の上を飛び回っている。スィ~ンと軽やかに飛びまわったか思うと一羽は巣のある木の枝に戻り、必ず低い枝から高い枝へちょんちょんちょんと2・3段ステップしてから巣に戻り卵を温め始める。メスのカラスが運動不足解消に巣の外に出てくるところをオスのカラスは近くで見まもりながら待っているようだ。寒い春の中の明るい光景happy01 

 tulip 動物広場にて taurus 

2011_0401_154944dsc_1227

クリスマス・ローズが園内一杯に咲いていた

2011_0401_155926dsc_1249

動物広場、器量よしのモーモが一頭、人間臭い眼差しを向けていた。

2011_0401_160033dsc_1250

牛の首から先って、随分よく曲がる!

2011_0401_160107dsc_1252

乳搾り体験もできるという。栄養豊かで美味しい牛乳を沢山提供してくれる牛。食料としての貢献もどれほどのものか計り知れないモーモtaurus 昨年来各地で起きた受難の日々はモーモ達にとっても辛かったことだろう。あの時のニュースにもやりきれなさを覚えた。

taurusまだ自分が小さかった頃の茨城の田舎、自動車が導入される前は牛車が荷を運んだ。各農家に牛が一頭飼われ、稲刈り後の稲や多くの作物を運び、又各家庭の自家用車として活躍した。家族の遠出はみんなを乗せて牛車が轍の道を鞭打たれながら歩いてくれた。叔父が時々牛の背にまたがり近くの利根川に行き牛の体を洗った。大きな牛は可愛い家族だった。自動車が導入され、手放すことになった牛は、牛買いの車に乗せられると家族との別れを惜しむかのように「泣くだよ~」と叔母が言った。それは悲しげな鳴き声だったそうだ。

2011_0401_155914dsc_1248

牛は選ぶことのできない運命の日など知る由もなく、人間に飼われ役立ちながら生きている。可愛い瞳で見つめるモーモ。

乳を出し人の健康に役立つすべが捨てられていることなどモーモは知らない。いつも優しく穏やかな瞳を向けてくれる可愛い牛。福島の牛達にも一日も早く平穏な日々が訪れる事を祈らずにはいられないtaurus

2011_0401_160251dsc_1255

コンゴウインコ オウム属インコ科 ペルーとアマゾン川流域が生息地

2011_0401_160345dsc_1258

筆で描いた様な目!大きな嘴は固いクルミを簡単に割ることが出来る力を持っている。

2011_0401_160349dsc_1259

他のインコに比べてとても長生きで50年から長生きな子は80年も生きるとか。人の言葉をまねることもできる。森林伐採で、森が無くなり、野生のコンゴウインコは絶滅の危機に瀕しているそうだ。

動物園の動物達は守られているけれど、天然自然の中では過酷な運命に絶えている鳥や動物達が居る。

2011_0401_160810dsc_1270

木馬の向こうにはクリスマス・ローズの群生が見られ

2011_0401_160834dsc_1271

沢山のクイスマス・ローズがきれいに咲いている

2011_0401_160913dsc_1273

近くで開花を待つ花は何だろう?

2011_0401_161636dsc_1283

花桃だろうか。

早く早く暖かくなれsign01      (4月1日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャズ・桜・春の花達

2011.04.02(土)sun 穏やかな春の日。朝晩はまだ油断できない寒さだけれど、生き物達の生命力に,希望という気持ちを思い起こす。  

 notecdnote 

2011_0402_133348dsc_1335

こんな日は極上の音楽を。とびきり元気で生命を感じる音を。今の時代が込められた音楽を聴かなくては。ひろみの新作は、とてつもないインパクトを届けてくれた。地震後の3月18日に我が家にやってきた。何度か聴いているうちに、段々深みにはまってゆくような気がしている。アルバムタイトル曲「VOICE」は彼女自身の楽曲解説を引用すれば、

“目を閉じる。聞こえてくるたくさんのヴォイス。溢れだす感情、感情は心の声”まさに感情のほとばしりから彼女の心の声となってピアノを通して届けられる音楽は今の時代を聞いた彼女の音であり聴く者の心を打つ。3月に起きた不幸を乗り越えてゆかなければならない今、元気と慰めをももたらしてくれる。

 cherryblossom 相模原公園のおかめ桜 cherryblossom 

2011_0401_162050dsc_1285

早咲きの「おかめ桜」はまだ咲いていた。今年はそれほど寒く開花も遅かったのだろう。この季節の嬉しい贈り物cherryblossom 少し風が冷たくなった昨日午後、桜咲く景色はうらうらとした春の気配をもたらしていた。

2011_0401_162145dsc_1287

陽だまりに鴨が2羽、おかめ桜を望む特等席で日向ぼっこ

2011_0401_162208dsc_1288

昨年より木は少し大きくなったろうか

2011_0401_162340dsc_1292

ほんの少し葉が見え始めた。思い切って見に出かけてよかった!お花見の自粛が叫ばれているけれど、年に一度しか咲かない花を愛でてやらないなんて可愛いそう。夜の灯りは自粛するとしても、日中位せっかく咲いてくれた花で心を癒し、

2011_0401_162218dsc_1289

「ちゃんと咲いてくれて有難う!」と言わなくちゃ!

2011_0401_162654dsc_1295

メタセコイア並木

2011_0401_162451dsc_1293

その並木を望む場所にも咲いているさくら 

2011_0401_162716dsc_1297

せっかく咲いた桜に何の罪があるだろう。

2011_0401_162709dsc_1296

美しいものは美しい。悲しいこと、辛いことだけに閉じこもらないように元気な心を持たなければ。花達は人の心を応援するために

2011_0401_162813dsc_1298

そして、この年にさえ咲いてくれた花達は愛でる人々の心を待っているのだから。

音楽も花々も小鳥のさえずりさえも、今は優しい子守唄noteheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年度スタート!

2011.04.01(金)sun 新年度スタート!春もスタート!目の前の公園から小鳥のさえずりがピピピと聞えていたと思ったら、子供がピピピと返し始めた。又小鳥がピピピ、子供もピピピ、しばらくセッションが続き、子供がやめた途端に小鳥のさえずりもやんだ。可愛いコラボレーションnotes

2011_0401_110212dsc_1207_2

その公園、こぶしの花咲く木の下で、子供達が遊ぶ平和な光景

bud心機一転、春の恵みを探しに外に行かなくちゃ。その前に家からの春も

2011_0401_091327dsc_1195

窓の外を見ていたら、木香薔薇の葉がお日さま浴びてキラキラキラキラ。葉を落としていた公園の木々の枝からも新芽から新しい葉が育ち始めた。

2011_0401_091556dsc_1201

思わず外に出てしまう

2011_0401_091611dsc_1202

公園の木々をバックに、チロリアンランプの赤はまだ少ないけれど、新芽も出ている様子でこれからに期待

2011_0401_091645dsc_1204

暮れからの葉ボタンはすっかり春の花

2011_0401_091703dsc_1205

赤とピンクのコラボ、プリムラとゼラニウム

2011_0401_110238dsc_1210

公園のこぶしは満開

2011_0330_102254p1100943

そして公園のカラスの産卵は無事済んだようで卵を温めるカラスが見える。もう4・5日が経つ。木の葉が大きくなってきたのでもうじき見えなくなってしまうけれど。

2011_0330_102303p1100944

カップルカラスが近くから巣の様子を確認しに何度も何度もやってくる姿が微笑ましいhappy01

今朝朝刊を入れたら、久しぶりにテレビ版が元の見慣れた頁に戻っていた。毎朝大きな写真が掲載され被災した現地の様子を伝えてくれたけれど、平常に戻ることも大切かもしれない。

上野動物園の「パンダ」が今日から公開された♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »