« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

今年も桜の季節がやってきた♪

2011.03.31(木)suncloud 待ち望んだ春cherryblossom 

忘れられない今年の3月。その3月は今日でお終い。桜の開花宣言が出始めたので、昨日は母を訪ねがてら近所の桜の様子を観察。

 cherryblossom 桜が開花していた cherryblossom 

2011_0330_162039dsc_1179

圧倒的に蕾が多かったけれど、よく見れば日当たりのよい場所の枝はわずかながらも綻びていた。

2011_0330_162016dsc_1178

花が多い枝

2011_0330_162133dsc_1180

開花を待つ蕾

2011_0330_162145dsc_1181

青空に向かって咲く花も

2011_0330_162243dsc_1182

竹より高い桜の枝は沢山の蕾をつけて大空一杯に枝を広げていた。もうじき華やかに大空を彩ってくれる。

2011_0330_162423dsc_1183

ぽっぽも桜の木の下をよちよちお散歩

2011_0330_161739dsc_1176

遊水地回りを飾った最後の白い椿がフェンスの向こうに咲いていた。

2011_0330_162619dsc_1184

桜より一足早く木蓮が咲きはじめ、

2011_0330_163156dsc_1186

母の施設に着き、エレベーターを降りた途端、ホールの壁にも桜が咲き、おじいちゃん・おばあちゃんが嬉しそうにくつろいでいる。施設にも春が来ていた。

年度末を迎えた施設内では人事の異動が決まったそうで、母のユニット担当のベテランのうちお二人が、それぞれデイ・サービスと上階のユニット担当に異動となるということで、お二人から丁寧なご挨拶を頂いた。分け隔てなく行き届いたお世話をしていて頂いたお二人、男性職員の方は「母の肩を撫でながら「Tさんとお別れするのは淋しいけど」と言ってくださった。新しい方々もきっといい方達に違いない。やさしい皆さんの介護のお陰で母は安心感につつまれて幸せそうに暮らしている。3月末、母が神奈川に来て丁度一年が経った。

bud 春の天候は気まぐれで、曇りがちな空に風が強く吹き

2011_0331_123618dsc_1192

我が家の葉ボタンの花が、テラスの柵から飛び出し頭を垂れて風に揺れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春を迎えた谷戸山公園の木々

2011.03.29(火)sun 東京に桜の開花が見られ、今朝は待ち望んだ暖かで一見穏やかな朝を迎えたけれど、TVから流れるニュースは深刻さを増している。

朝の公園には久し振りに近所の保育園児達と2名の保母さんが来て、体操をしたり駆けっこをしたり、公園で一人で遊んでいた男の子も仲良く交じって遊ぶ姿が微笑ましく、ベンチに座って日向ぼっこをするお年寄りやベランダで草むしりしながら眺める此方の心も和んできた。この子たちの未来が明るいものであってほしいと思いながらも、今回の先の見えない原発事故による恐怖は、「最悪の事態」との発言まであるなか、私達国民は一体どうしたらよいのだろう。

地震・津波で被災され、更に原発事故と追い打ちをかけるような事態はどのような形で終息に向かうことができるのだろうか。

    clover 谷戸山、春の木々 clover 

2011_0324_164827dsc_1149

青空はいつもと同じ。木々の芽吹きも春の証

2011_0324_164834dsc_1150

若竹の緑、新緑の燃える希望に向かって

2011_0324_164859dsc_1151_2

歩いてゆけるだろうか

2011_0324_165004dsc_1152

どんな場所からも芽を出すたんぽぽ

2011_0324_165259dsc_1154

今年も新しい葉を伸ばし始めたシダ

2011_0324_170029dsc_1158

今年の椿は満開だった

2011_0324_170117dsc_1159

緋寒桜はもう開花しているだろう

2011_0324_170627dsc_1164

山吹色に芽生えた若葉、右手奥には河津桜も見える

2011_0324_170706dsc_1167

青空を背に、木々の間に「こぶし」の白い花が咲く。そして桜が一面に咲けば春一色に染まる

2011_0324_170958dsc_1170

初夏になれば青々としてしまう木の枝、今は青空の下でひょうきんな姿を見せている。

                         (3月24日撮影)

いつもと変わらない日常、いつもと変わらない景色。けれどあの日を境に変わってしまった日々。被災地の方達のご苦労を思えば耐えられるからと、平常心を失わないようにと思いながらも、人間が便利と快適と経済の豊かさを求める余りに手をつけてしまったものに、今おびやかされている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

谷戸山公園「水どりの池」付近の春♪

2011.03.27(日)sun 今日も朝から寒いこと!ちょっぴり風邪気味、良く眠れば治りそうな範疇の風邪っぽい。鼻水とくしゃみの連発に午前中・午後と2度の短い睡眠。

朝、後から起きてきた夫が椅子に座る私の側に立ち、いきなり“Happy Birthday to You Happy Birthday to You~”と歌いだしたnote そして午前中仮眠している間に一人で買い物に出かけ、ケーキよりはカロリーが少なそうということで、モロゾフの焼き菓子を買ってきてくれたbirthdaycoldsweats01 「思いやりあるお菓子と歌をありがとう!」

息子からは「おめでとう」電話が入り、娘夫婦達はこんな時期の必需品、水をためられる大小のポリタンク2本を買って届けてくれた。特別な事は何もしないけれど、無事に又ひとつ年を重ねる事が出来たことに唯感謝あるのみ。

breadcafe 

2011_0327_135710dsc_1175 

お昼はいつも通り簡単なパンと珈琲だけれど、カラフルにトマトのピザトースト などで。

  clover 谷戸山の池 clover

2011_0324_164234dsc_1138

「水どりの池」木々の影を映しだした静かな水面

2011_0324_164508dsc_1143

振り返れば枯れたススキの群生が黄金色に輝く

2011_0324_164420dsc_1141

鴨達はひっそりと静かに休憩中。群生して水面に映る紫の花はなんだろう、今頃だと紫花菜(花大根」だろうか?

2011_0324_164522dsc_1144

枯れすすきの群生は思わず見とれてしまいもう一枚!

2011_0324_164628dsc_1147

鴨が動かない池はいつになく静かで、

2011_0324_164647dsc_1148

池の畔には「こぶし」の花が咲き、ひと時の静けさを見まもっていた。

2011_0324_164534dsc_1145

新緑とコラボする春の枯れススキの美しさに感動!

 bud今日のテラスbud   

2011_0327_101449p1100928

風は冷たいけれど青空が広がり、ご近所カラス夫婦は公園内をのんびり飛び回り、巣のある木を出たり入ったり、元気な猫達の唸り声も聞こえた日曜日の午前中。

火曜日を過ぎれば今より暖かくなりそうだとか。

cherryblossom アメリカでは「桜まつり」が始まっているというニュースが。我が家の近くの「桜まつり」は震災を受けての自粛で開催中止とか。祭りが開催されなくても桜は咲くと思うけれど、チョッピリ淋しい地域のニュースthink 

今日3月27日は「何の日カレンダー」によれば「桜の日」cherryblossom そんな素敵な日に生まれる事が出来たことにも感謝をしなければ。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

谷戸山の春

2011.03.26(土)sun 太陽は眩しいものの室内は余り暖かく感じなくて外の風は冷たい、重ね着の上に更にフリースをはおる。大阪では桜が開花したそうだ。昨日はニュースで六本木の毛利庭園の桜が一輪開花したとか。うっかり開花した桜もちょっと寒かったかなと震えたかも知れない。予報では来週くらいからは暖かくなりそうとのこと。

 cherryblossom 谷戸山の春 cherryblossom 

2011_0324_163032dsc_1124

谷戸山の24日、伝説の丘付近にはこんな桜が咲いていた。

2011_0324_162151dsc_1105

春の気配が感じられるようになっている伝説の丘から見える市内

2011_0324_162437dsc_1110

春色の木の葉揺れる正面に見える谷戸山の木々にも春の気配が感じられる

2011_0324_162828dsc_1118

小田急の電車が走り抜けてゆくのが見える丘の上

2011_0324_162956dsc_1121

伝説の丘を下る斜面に明治の年号が刻まれた小さな「馬頭観世音」があることに気がついた。誰かが供えた椿の花一輪。

2011_0324_163202dsc_1127

出口を目指す坂道から見える春の恵みが青々していて美味しそうsign01 

2011_0324_163338dsc_1129

一旦公園の外に出ると、道路沿いにいつものお地蔵さんがおられる

2011_0324_163408dsc_1130

春めいた午後の日を浴びたお地蔵さんの姿に心がほっとなごむ

2011_0324_163528dsc_1131

お地蔵さまの道を少し下ると、谷戸山の長屋門。門をくぐれば資料館の向こうは春霞のような木々。

2011_0324_163840dsc_1133

更に冬の休耕田から、湿地帯の方へ歩くと小川沿いの斜面には椿が咲き

2011_0324_164029dsc_1135

水辺には水仙の花も。

2011_0324_170542dsc_1163_2

こぶしも咲いた春。

大自然の中のほんの一部分かもしれない。けれどこの自然豊かな山道を歩き出会う花々や木々、風景に心安らぐ散歩道。カメラを手にぶらぶら散歩、公園内の斜面を真剣に何周もウオーキングする人、ワンコの散歩、多くの人に愛され利用されている谷戸山の春が始っている。もう緋寒桜も綻びかけているかしら?

restaurant 昨夜は息子親子が立ち寄るというので、急いで夕食準備。ポークの切り身があったので、オリーブオイルで焼いてからワインとトマトソースの煮込みを用意。具だくさんの薄味味噌汁も用意した。腹ペコさん達と4人の夕食。5切れ煮込んだポークも4人でほぼ完食delicious 

寒い室内、節電で一日暖房が無かったが、調理から出る熱といつもの倍の人員から出るエネルギーで室内は充分暖くなった。息子達も地震後の生活にややストレスを感じていたようで、家族4人の夕食に全員気が紛れたことだったconfident

震災から日を追うごとに、復旧から復興への道筋が少しずつ活発になりつつあり、今回の地震でダメージを受けていた茨城県鹿島コンビナート内の大手の鉄工所でも工場が復旧、被災地の仮設住宅需要の鉄の生産が始まったというニュースが流れた。各企業も復興へ向けての準備が進められているだろう。震災後の爪痕の大きさを想うと並大抵ではないかもしれないけれど、復興に向けての大きなエネルギーが、いつか又きっと元気な国になってゆくことを、今は信じていたいと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春を探しに谷戸山公園散歩に♪

2011.03.25sun  太陽のぬくもりが嬉しい朝heart04 春は草花の生育を見るのが楽しみ。寒くても家の鉢物達はみんな元気に春を迎えている。まだ小さな小さな蕾だけれど、「こでまり」の枝にも蕾を発見!そんな様子が日々見られるようになると、人間も元気になってくる。昨日は外での用事を片付けてから、久しぶりに春探しの谷戸山散歩に出かけた。

  clover  谷戸山公園の花  clover

2011_0324_160604dsc_1087

背丈より低い桜の木(に見える)にピンクの蕾

2011_0324_162625dsc_1116

谷戸山には椿が多く、今年はいい時期に訪れる事が出来た。

2011_0324_162325dsc_1108

花は大分落ちていたけれど、

2011_0324_162548dsc_1114

まだまだ蕾は沢山!

2011_0324_162509dsc_1111

薄いピンクの花も、大きな蕾が綻びはじめ

2011_0324_162525dsc_1112

まだまだ見頃は続きそうheart02 

2011_0324_160713dsc_1090

「こぶし」の花も

2011_0324_160846dsc_1093

たわわに綻び、青空に向かって飛び立ちそうな勢いup

2011_0324_161927dsc_1101

竹林は爽やかに風を運び

2011_0324_162244dsc_1107

丘の上から大山を望めば、もう冬では無い景色が広がっている。

2011_0324_160931dsc_1094

桜の枝に

2011_0324_161127dsc_1096

蕾が沢山ついて伸びやかに天に泳いでいた。

2011_0324_162055dsc_1104

それぞれ種類の違うさくらのようだ。もうじき開花しそうで次の散歩が楽しみになってきた。春の希望に満ちた楽しみは尽きないcherryblossom

あの巨大地震から2週間が過ぎた。

被災に遭い多くの犠牲になられた方々がやすらかなることを、そして残された方々の悲しみが癒され、ご苦労から解放されてゆかれますようにと祈りながら、少しずつでも復興が進んでいる様子に人間の逞しさを垣間見せていただいている。

何もお手伝い出来ないけれど、季節の恵みを喜べる幸せを、今享受出来ることを精いっぱい受け止め、日々当たり前の生活をこなして生きる事が、今無事でいる私達が最小出来ることかもしれないと、この頃は考えるようになった。

元気溌剌に生きる事が、一人ひとりの活発な行動が、小さな歯車となって地球を支えるエネルギーとなる筈で、そう思うだけでも心は明るくなってくる。

不幸な経験の後には、乗り越える知恵と勇気も生まれるようで、ご近所の方達も地震対策の住まい方として、背の高い家具を処分されたりと力を発揮されておられる方達も。停電の情報を知らせ合ったり、工夫を伝えあったり、災害前よりも温かな空気がながれているような気がするこの頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「泉の森民家園」3月10日の河津桜

2011.03.24(木)cloud寒い朝、今朝もこの辺は震度3位の揺れ。地震の揺れにも大分慣れてきたけれど、実際に揺れていなくも身体の方が揺れを感じる気がすることがあって、我が家は二人とも時々そんな風になることが。今朝のNHKの番組で視聴者の方々の問い合わせに対して、こんな対処法が紹介されていた。

2011_0324_084721p1100918

揺れていなくても揺れを感じることを「地震酔い」というのだとか。

 cherryblossom 「泉の森民家園」河津桜 cherryblossom 

2011_0310_161132dsc_0956

春・春・春 寒いけれど春なのだ!

2011_0310_161648dsc_0969

早咲きの河津桜は10日の時点で満開に近かった。

2011_0310_162153dsc_0979

古民家には、この日も雛飾り

2011_0310_162202dsc_0980

素朴な灯りが照らす

2011_0310_162222dsc_0981

囲炉裏越しのひな飾り

2011_0310_162413dsc_0987

縁側には春の草

2011_0310_161738dsc_0971

軒先には玉ねぎが

2011_0310_161756dsc_0972

とうもろこしも

2011_0310_162609dsc_0993

雛の季節の古民家にさようなら

2011_0310_163027dsc_1005

桜は可憐に咲き

2011_0310_161832dsc_0973

芽吹きを待つ木々に、一足早い春を告げていた。

2011_0310_163017dsc_1004

河津の後は「そめいよしの」の季節が、もうじきに やってくる。

                     (3月10日撮影)

夫が、地震以来初めて車を使い近くの病院まで目薬を取りにでかけた。少し前に電話が入り、車のウインドーが閉まらなくなったから車やさんに寄ってくるという。

雨が降っていなくてよかったことsign01 

今日の1Gの計画停電は夕方6時20分~10時の間実施との報道がたった今あった 寒くて長い夜になりそうな・・・・・wobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春先の植物、ニャンコと鴨も!

2011.03.23(水)suncloud 春だというのに寒い日が続いて、この年ばかりはこの寒さが恨めしい。節電に協力は慣れたとはいえ、正直これまでの快適をかなり我慢してのことで、それも被災地の悲惨な様子を知ればこそ出来ていることではある。エコエコと口にしながら消極的な事しかできなかった。しかしこうした意識は今後も忘れないようにしなければ、これからの地球が良くなる方向性さえ見失ってしまうかもしれないと、肝に銘じる。

  bud 我が家の芽吹き bud

2011_0323_121928dsc_1080

ついこの間、枯れた葉を落としたばかりと思っていたら、いつの間にか小さな葉が出て、蕾が沢山出来ていた「木香薔薇」。昨年は花がほんの少しだったけれど、今年は沢山の蕾が見える。寒さなんかに負けない強さを見習わなくちゃcoldsweats01 

2011_0323_121857dsc_1079

紫陽花「墨田の花火」も根元から新芽が出てきた

2011_0323_122116dsc_1085

「花オレガノ」も順調に育っている。後は春の陽気だけを待っている。人も植物もsign01

 cat 麻溝公園の猫 cat 

2011_0308_161438dsc_0873

いつもベンチの下にいたり、少し高い所にいるニャンコは「パンダ」ちゃんかしら?確かに中々人慣れしないけれど、近くで手を出さなければ逃げる事は無い臆病ニャンコちゃんcat

2011_0308_164724dsc_0932

「パンダ」?と「マイケル」コメントを下さった方のお陰で名前が分かって嬉しい。ニャンコ達に、より親近感がわいてきます。

2010_0826_184200dsc_3630

昨年の8月末に会って以来、会えなくなってしまった「ジジ」いつか会える日を楽しみに。

 cat 「泉の森」近くの猫

2011_0310_160606dsc_0946

大好きな黒猫がフェンスの向こうを通りかかったのでパチリ!写真で見たら尾っぽに近い背中に怪我をしていた。

 cat 散歩道の猫

2011_0320_174748p1100907

夕闇に溶け込みそうな毛色のニャンコ、ブロック塀の陰でひっそりと。何を見ていたのかな?

 chick 麻溝公園の鴨

2011_0308_163730dsc_0915

餌を探しているの?

2011_0308_163734dsc_0916

鴨の夕食時だったのか、みんなこんな恰好で・・・・confident 

地震後のニャンコも鴨君達も、元気にしていてね。

         

| | コメント (6) | トラックバック (0)

地震前日の「泉の森民家園」の河津桜

2011.03.22(火)rain~今朝も寒いけれど何とか暖房を点けないで頑張っている。9時20分~13時までの間の1G計画停電の開始が無い。節電協力で電力が足りているのかしら。我が家は昨日も一日暖房なし、照明も日中は点けないように、夜もキッチンとダイニング部分を交代に点ける位でまかない、テレビとパソコンだけが稼働している。洗濯も溜まるまで待ってから。今日もダウンをはおり暖房なし。室内は暗いけれどだいぶ慣れてきた。午後2回目の停電は実施されるのだろうか。

それでも昨日夕方は、どうしても我慢できなくなりジャズのCDを2枚ほど聴いた。一昨日ネットオーダーしておいた上原ひろみの新譜が届いた。まだ軽く一回流しただけ。1か月前にはメルドーのソロアルバム新譜も届いている。メルドーの新譜は地震前なので何度か聴いているけれど文句無く素晴らしい。昨日はメルドーと近藤和彦のアルバムを2枚、静かな夕方の室内にジャズが心地よく流れた。

 cherryblossom  河津桜 cherryblossom 

2011_0310_163027dsc_1005

地震前日の10日、買い物帰りに「泉の森民家園」に立ち寄り桜の開花状況を見に

2011_0310_160753dsc_0948

古民家を囲むように桜の開花はかなり進んでいた

2011_0310_161210dsc_0957

関東で馴染んだ「そめいよしの」とはまた違うけれど間違いなく春を思わせる

2011_0310_161240dsc_0959

菜の花も咲いて

2011_0310_161259dsc_0960

ふっくらと梅もいい香りを漂わせ・・・・

2011_0310_161626dsc_0968

古民家の土間からも桜が見えて

2011_0310_162312dsc_0983

お庭からも桜が楽しめた

関東の桜の開花予報は29日だったけれど、あと一週間で開花するだろうか。今年の春の寒さは、桜の開花だけではなく、天に向かって「なぜ~」と叫びたくなるような非情さを感じてしまう。関東の我が家の辺りはまだ我慢出来るけれど地震災害に遭われた地方の寒さがお気の毒でならず、そんな中救出されたおばあちゃまとお孫さんのニュースが流れ、生命の強さに感動したり。

被災者の方達が協力しあい頑張りながら耐えておられる様子には相変わらず涙を誘われてしまうけれど、救援物資が各被災地にきちんと届くようになりますように。そして、救援救護に当たる方達、命をかけて原発事故に携わっておられる方達が無事に任務をはたせますようにと祈りながらの毎日。

たった今、震度3の揺れがあった・・・・・coldsweats02

| | コメント (10) | トラックバック (0)

「春分の日」

2011.03.21(月)rain 「春分の日」。なのに冷たい雨が降り、外に出る意欲も失せてしまう静かな祭日。テレビを観たりゆっくり過ごしながら、時々室内を動き回ったり、カラスの動きを眺めたり。寒くても朝から餌集めなどに忙しいカラスのカップル。

 bud カロライナ・ジャスミンが咲いた bud 

2011_0321_151929dsc_1078

蕾は確認していたけれど、今しがた外を見てテラスの端にあるプランターのジャスミンが咲いたことに気付いた。昨日洗濯ものを干していても気付かなかったので、寒い今日のような日に花開かせた健気さに脱帽!

 flair 防災用品 flair 

2011_0321_114559dsc_1075_2 

「LEDキャップライト」ボタンを押すごとに2灯4灯6灯と順番に点灯するすぐれもの。平常時は機械いじりやジョギングなどに使用出来るものを、娘の旦那さんが買って昨日夫婦で届けてくれた。早速。それぞれのキャップに取り付けた。有難いことに計画停電中もろうそくに頼らずに済みそうだ。停電時の暗い外に出るにも安心出来る立派な防災用品!

2011_0321_114706dsc_1076_2 懐中電灯つきのラジオ。これも数日前に娘が幾つかあるからと言って届けてくれた。地震、その後の計画停電で気がめいっていた両親には一番有効な贈り物を届けてくれた娘夫婦の好意に心強さが増した。「ありがとう!」

珈琲を入れて短いティータイムを4人で過ごした。それぞれの情報も分かち合い、「今日はガソリンが入れられそうだよ」と朝自転車でスタンドの前を通った夫が伝えれば、帰りに「入れられた」とメールが来る。

娘たち同様息子達とも小まめに連絡しあう。「買い物もいくらか落ち着いているよ」と安心しあう。トイレットペーパーもお米も底を尽きそうになった息子達。数日前はどこにもない状態だったようで、孫娘が2K詰めの米がニ袋ある店を見つけ、一袋だけ買ってきたという。訳を聞けば「後の人の為に買わなかった」と。息子も私も孫娘をほめた。

こんな事態にならないときは、二人暮らしの我が家はいつ何時病気や災害で出られない時があるかもと、割合まとめ買いをする習慣があり、今回もそう慌てることなく、必需品以外は買いに走らない。息子や娘が困れば分け合える。子供たちにも、平素の準備を心がけることは伝えてある。こんな時は困った人が優先だ。孫娘はコンビニのバイトで、朝早くから高齢者が必要なお弁当やパンを買いに来る姿を身を持って知っていて、この時期、決してパンなども余分に買わないでいるという。

wheelchair昨日娘達を送った後は母を訪ねてしばらくおしゃべり。相変わらず元気で嬉しそうな表情でおしゃべりする母に安心して、ホームの夕食時間前に暇を告げた。

 clover 散歩道の花 clover

2011_0320_174723p1100906

ホームの帰りは久し振りにご近所散歩。チューリップが春を告げるように飾られていた

2011_0320_174555p1100903

道路わきの花壇に咲いていた花

2011_0320_174851p1100909

白い木蓮の花があちらこちらのお庭に咲き始め

2011_0320_174947p1100911

夕闇せまる空に白い木蓮が模様を作っていた

2011_0320_175043p1100912

季節は確実に春に向かっている。

2011_0320_175345p1100915

梅も満開を迎えていた。

もうじき、すぐそこまで桜の季節もきている筈。後はもう少しの暖かさが待ち遠しい。春の恵みは一番最初に東北地方に届けられたらと、そんな番狂わせがあっても誰も恨まないと思うのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地震前に会った公園猫達

2011.03.19(土)sun 日中は暖房要らずで楽に過ごすことができた。夫は地震後に手に入れた自転車で駅の近くまで出かけ、昔ながらの店の奥でパンを焼くパン屋さんで食パンを買ってきてくれた。なるべくエコな日を過ごしながら今後のの生活の中に習慣づけられればと思っている。

 cat 麻溝公園のニャンコ cat  

2011_0308_164652dsc_0931

夕方になると、どこからともなくここに集まってくる公園ニャンコ達。

2011_0308_164752dsc_0933

お馴染のとらちゃんも。この日2度目の出会いだけれど

2011_0308_164758dsc_0934

「さっき会った時いっちゃったでしょ!」ちょっとご機嫌斜めかなcatface 

2011_0308_164807dsc_0935

「猫の勝手でしょ」って知らん顔されてしまった!

2011_0308_164848dsc_0937

じゃあね~」って、草むらに入ったり出てきたり、

2011_0308_164924dsc_0938

あの地震が起こる3日前、猫達が棲む公園から見えた空

今夜も大きな揺れを感じる地震があった!!いつも揺れが気になってしまい、家族が余り遠く離れないように、今はなるべく家から離れたくない気持ちでいる。早く普通に外出出来る気分になりたい。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

大地震から一週間が経った

2011.03.18(sun)今朝も寒い。当市の計画停電は第1G、予定通りなら6:20分~10:00、電機は点かないと思いながら起きて見るとキッチンの蛍光灯がついていた。テレビのスイッチを入れればいつも通り。ニュース画面に流れる文字部分を見れば実施されているところもあるようだ。昨日も2回目の停電前、市の広報車のお知らせが入り、夕食の準備に入浴まで済ませて待機。その間TVでは電力不足により今夜から大規模停電の恐れもあり、交通機関にも協力を要請した。一層の協力をとの報道があり、1Gとともに、関東地方一帯が停電してしまうかのような印象を受け、娘や息子たちにもニュースを知らせた。しかし、当市の2回目の停電も行われないまま、肩すかしをくらってしまったような気分で、割り切れない思いが残った。協力を惜しむものでは無いだけに・・・・・。

電力が節電に寄り足りたから中止となるなら、なぜ大げさな報道が国を挙げてなされるのか、予定も何も立てようもなく、未だに混乱の中。急な報道に都心のデパートや交通機関も大変だったようだ。もう少しきちんとした計画停電とならないものか・・・・。東電の今日の予定表を見るも、情けないことに未だに私にはよくわからないthink 

今日の朝食は、朝の停電に備え昨夜の中に茹で卵を作って置いた。最悪牛乳と紅茶と果物と生パンで食べられるように。茹で卵は固くて冷たくて、やっぱり焼きたての目玉焼きの方が美味しい。

こんな日々が続いていく中、相変わらず地震が多く、昨夜も2度の揺れがあった・・・。

 heart01 カラスの巣作り heart01

春浅い気がするけれど、窓から聞こえてくる野良猫たちの場所争いの唸り声、カラスの巣作りの姿などに、いつもと同じ春は来ているのだと思い気を取り直す。今年のカラスの巣作りはとりわけ良く見える場所なので、微笑ましく眺めている。公園のベンチにもカラスの巣作りを見物する人達の姿も見られる。

2011_0317_124013p1100885

巣作りは完成したようで、そろそろ産卵が近いのかもしれない。小鳥達が近くの枝に見に来ると、起き上がり飛び立つ姿も見られる

2011_0317_124035p1100886

今朝も小さな小枝などを咥えて補強する姿が見られた。

2011_0317_124100p1100887

よくこれだけ集めたわネ、ご苦労さん!最初は白ばかりだったが段々カラフルになったハンガーの色。カラスの巣作りに気持ちが結構癒されている今日この頃。heart01(以上昨日の撮影)

 bud 家の花達 bud

2011_0317_124206p1100888

おがたまの蕾

2011_0317_124230p1100889  

多肉の花

2011_0317_124325p1100890

シュシュ

2011_0317_124409p1100893

パンジー1

2011_0317_124424p1100894

パンジー2

友人・知人達の展覧会などの延期、今月末に予定されていた夫の同窓会も中止となった。

ガソリン不足の折、大事な時の節約のつもりで車の使用を控えている。当面お墓参りも出かけない。夫が仏壇を念入りに掃除して拝んでいるので許してもらおう。交通の状況を見れば遠出は避けたくなってしまうけれど、暖かい日が来たら、近場位なら出かけたいな。

あたふたあたふたしているうちに、カレンダーを見ると今日であの大地震の日から1週間。被災地の方たちにとっては、長い長い一週間だったことと思う。相変わらず零度以下の寒い朝を迎えておられる。一日も早く燃料などの供給が届きますように。暖かな食事が供給されますように。

そして天の神様、せめて暖かな春をお恵みください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

計画停電、今日は2度の予定!

2011.03.17(木)suncloud “暑さ寒さも彼岸まで”という言葉が間違いなのか、この春の寒さの名残。明日は春彼岸の入り。

節電協力も昨日夜にはついに挫折。午後から夜8時位までの停電中は室内でダウンを着こんで耐えた。灯りがついたときの嬉しさ。やっとの思いで暖房をつけた。

東電の計画停電のグループ分けがよくわからなく、よくよく見たら我が家の場所は同じ丁目内が1Gと2Gに分かれてはいっていた。今朝は9時20分頃から3時間というアナウンスが市の広報車のアナウンス。実際には9時50分~12時50分位まで。又この後は16時50分~20時30分位まで、と2回の停電予定。忙しいことで1回目が終わった途端、昼食準備と食事。それから一人は買い物、残った私は片付けと夕食準備を始め目下継続中。この後はお風呂に入って次の停電に備える。今日も寒いけれど、停電中はダウンや毛布をかぶって何をしよう。

暗闇はテレビは勿論、心いやす音楽を聴くことも出来ない。パソコンも読書も何もかも。けれど、目下は耐えるしかないのだから・・・・・・・。

温暖な関東地方でこの寒さ、自分達の困難なんて生やさしい。被災地の雪降る寒さを思えば。あらゆるご不自由に耐えておられる老若男女の皆さまに、もっともっと手厚い支援が行き届くことが急がれることを!!

赤ちゃんからお年寄りまで、いつまで続くかわからない不安の中で耐えておられる皆様の心がおれてしまいませんように。先ほど台所にに立っているときにTVから聞こえてきた被災者の方の言葉だろうか「今頑張らなくていつ頑張んだ」という力強い発言。想像を絶する苦難の中で、秩序よく頑張っておられる方々のお姿がTVの画面を通して仏さまのように見えてきます。今夜も寒い中、どうぞお風邪など召されませんよう。ご健康でありますようにと祈るばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日初めての計画停電が実施された

2011.03.16(水)sun 幼かった頃の記憶にうっすら残る田舎に行っていた時の停電。ほの暗いランプの灯りの中で、祖父母がいて、叔父や叔母も居た。明るい昼間にすすで汚れたランプのほやを磨くのが日課だった。子供だったので、「消えたよ~」といいながら悲しさも辛さも感じる事は無く、炎の色の温もりと祖母のやさしさなどだけが思い出される。

忘れかけていた記憶が蘇るような停電が昨日我が家の近辺でも実施された。

それも前夜東電のホームページで確認した時間より早い時間帯15:20~19:00が市の広報車によってアナウンスされ、アナウンス後1時間の余裕もないくらいで慌てた。急ぎ夕飯の準備に追われた。鶏団子を丸め鍋の材料を用意。全て冷蔵庫から出して切り分け出汁をとり、停電中に冷蔵庫を開閉しないで済むように室内に出しておいた。。米は圧力なべにといで用意。昨日の停電中は取りあえず水もガスも出ていたけれど、尾籠なことながらトイレの便座の冷たさに思わず震えた。

そして15時50分位から~18:50分の間が停電となった。曇りがちの日よりで少しずつ薄暮が迫る中、日がな放送される被災地の様子や原発のニュースで弱冠神経も参ってしまい、じっとしているのも耐えがたくなり、外の状況を確認したり、室内を歩き回ったり、久し振りに夫婦の会話が長く続いたりの時間を過ごした。窓から見える四つ角の交差点は信号が消えていたが、車どおし譲り合いながら取りあえず平穏な様子。もっともいつもよりずっと交通量は少なかった。

2011_0315_171223dsc_1047_2 2011_0315_171332dsc_1048_2

暗闇はキャンドルの灯りの中で過ごした。夫が、気持が落ち着くようにとペパーミント・ティーを入れてくれた。  暖房の無い部屋での暖かい飲み物にほっと一息。被災地の方々のご苦労を思えばこの程度の協力位で音を上げるわけにはいかない。しかし3月、直に春の彼岸入りというのに、中々暖かくならない中の避難所生活。ご苦労がしのばれる。

2011_0315_181118dsc_1054

暮れかけたころのテラス

2011_0315_181313dsc_1057_3 2011_0315_182251dsc_1059

左は、カラスの巣のある木を懐中電灯で照らしながら歩く人の光右はキャンドルを高いスタンドでは倒れると危ないので、小さなキャンドル立てに立て直し、更にアルミ箔で覆い、ステンレスの大きなトレンチにのせたところ。

昨日も夜には断続的な地震があり、火のもとなども充分に気をつけなければならない。そして懐中電灯は必需品。日頃は忘れているようでも、3本の灯りが室内の移動や近隣への外出に役立っていることか。外を歩く人も持参し闇を照らしながらの姿が目立つ。

2011_0316_095005dsc_1063 こでまりが芽吹き、

2011_0316_095204dsc_1067

果実は実り

2011_0316_095238dsc_1068

たわわに花も咲く。

被災地の方たちにも、少しでも早い春が訪れますように祈らずにはいられない。

午前中、近くのスーパーに電話をして開店の様子を確認したところ、2時間店を開けているという。夫が自転車を走らせて必要なものを買いに行き店から電話をくれた。レジに並ぶ列は全ての列が店の奥まで続いているとか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新たな原発事故!停電対策など。

2011.03.15(火)cloud昨日は朝一時ヒーターを付けたのち、スイッチを切り寝るまで暖房無しを敢行。幸い昨日は温かかったので、一日をしのぐことができた。

今朝は昨日より幾らか寒いけれど、今日は着衣の枚数を増やしてウインドウブレーカーを羽おり、レギンス2枚+フリースが裏打ちされたパンツを更にもう一枚といういで立ち。電燈も点けず、少ない洗濯ものは手洗い。食洗機の使用は大分前からやめているので当然食器も手洗い。昨日はガソリンを入れるための長い列が道路に並んでいるのを見て、夫が駅の近くの自転車屋さんまで歩き、もう乗らないつもりで廃棄してしまっていた自転車だが、格安のものを見つけて1台買い込んできた。災害ダイヤルの使い方が良くわからなかったが、娘に聞いて試してみたら、難しいことでは無く大変便利な機能であることも分かった。

今朝も朝から福島の原発事故に新たに更なる深刻な事故が発生している模様を伝えている。その都度東電の記者会見が行われているが、放射能の漏れが今後一体どうなるのか不安でならない。

地震の威力の大きさが残す壊滅状態の被災地と被災された方達のご苦労、追い打ちをかけるような原発事故。お気の毒などという言葉では言い尽くせない。そして放射能の拡散は誰にとっても怖い。

「輪番停電」という言葉が消えて「計画停電」という言い方に変わっているようだが、昨日一日の混乱を見ても、それこそ混乱を招かないような計画を俊敏に立てたうえでの実行というスタンスで為政者及び当該企業には徹底してほしい。協力を惜しむものではないけれど、公共の交通機関や医療機関に金融機関、更には企業、商店やスーパー、デパートなどから一般の国民に至るまでの迷惑は計り知れない。これらの混乱は経済においても大変な打撃となって跳ね返ってくるのではないだろうか。

我が家の回りでは昨日の停電は行われなかったようだが、今日は第2グループに入っていて、夕方6:20分から10:00位までを覚悟しなければならない。午後は早めに食材調理にかかり夕食に備えたい。今のところガスは大丈夫だが、念の為しばらく使用していなかったテーブルコンロの点検を夫がしてくれた。燃料は幾らか備蓄されているものでしのぐしかないけれど。水も沸かして残ったものは鍋に溜めて行こうかなど、次々防災意識が強まってしまうが、そこまでしても足りない時は助けを待つしかないのだから。

2011_0314_100759dsc_1043

昨日朝の中に、暖房不足対策に長袖の温かい下着を枚数多く買ってきたので母の所に届けに行った。ホームも節電対策で廊下の灯りが消え、リビングの照明もいつもより暗く、10名のユニット中母を含めて6人がリビングで和んでいた。個室で個別の暖を取るより節電になる筈。上は途中の道すがら咲いていた梅。

pc 

2011_0311_110041dsc_1023 2011_0311_110058dsc_1024_2

3月11日 あの大地震の日の朝に届いたパソコン(右)。設定前にひとつ前の機種と並べてツーショット。大方の設定が終わって、不調になったXPで音をあげていた夫が、あの日の夕方使い始めた。「あの地震の日に来たパソコンだなあ」と夫がつぶやいていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から電力の計画停電が始まる

2011.03.14(月)sun 今日から計画停電が始まるということが昨夜になりTVで報道された。そして今朝6時前から市の広報からのアナウンスが聞こえてきた。我が家の場所は隣の市に隣接しているため、2市のアナウンスが入り乱れてよく聞こえない。車の信号も点かないので運転に注意というアナウンスは聞こえてきた。

いつもより早めに起き出し、電気がついている間に朝食準備。当市は第1グループに入っていて、6:20~10:00の予定だった。TVのスイッチを入れしばらくすると、東電の発表により、第1グループの予定は中止となった。しかし1時間と経たないうちに10時までに突然電気が止まることもあるという計画の変更が発表報道された。洗濯は始めてしまったのでそれまでに終わるように。そして一番困っているのは冷蔵庫。冷凍庫には生の食材がびっしり入っている。急な計画停電という事態に、買い物の調整までは思いもよらず。そして我が家の暖房器具はエアコンのみ。古い石油ヒーターは安全の確認も出来ないまま使用は出来ないし、こんな時期に暖房機など買えるだろうか・・・・sweat01 3月になっているのでしばらく様子をみるつもりでいるけれど。

昨日夕方出かけた駅前のスーパーの豆腐売り場のケースは空状態。ペットボトルの飲料ケースも空に近い。トイレットペーパーなども売り切れ状態と聞いた。神奈川の余り被害が無かったこの辺でも事態は深刻に。スーパーなどはすでに計画停電の情報が入手されていたのかとも思える。

そして電車の運行状況もそれぞれの線の違いのジョイントはどうなるのか分からないような状況のようだ。東電そのもの、そして電鉄会社も司令塔である筈の国事態も混乱しているようで、それがもろに国民の混乱を招いている。

医療機関への影響も重大だし、病院へ行かなければならない人はどうなるのか心配の種はつきない。

買い物に行くにも、どこが開店して居るのか確認をしなければ出かけられない。大切な情報網であるテレビもパソコンも電気が無ければ見ることも出来ず不安が募る。携帯の充電一つままならなくなってしまう。まだまだ気がつかない不便は電気がつかない間にありそうだ。

当分の間、すべてにおいて混乱した状況が続きそうなので、いずれにしても不要不急の外出は控えようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震後に注意することと、簡単に備えられる事など。

2011.03.13(日)sun幸い暖かい朝を迎えた。まだ時折余震が起こるが取りあえず落ち着いた生活ができていることに感謝しながら、昨日まで連絡が取れなかった茨城の親戚2件に連絡を入れた。さすがに今日は連絡がつき、相互で無沙汰の挨拶をしながらも無事が確認できて安心できた。普段の連絡も途絶えがちな中、こんな時でなければ中々連絡もしないので懐かしさで胸が一杯になり思わず長話になった。

地震から時間が経つにつれ、被害の実態などが少しずつ明らかになってきて、事態は尋常ではない様が益々強くなり、被災地の様子もこの季節の中ライフラインが断たれ、基本的な水も食料もガソリンもすべてが不足している。平素であれば当たり前のことが何も機能しないという恐ろしさ。ご家族の安否さえ確認できずに涙する人々の姿、被災地の惨状を目にするたびに涙が流れそうになる。ニュースを見るたびに此方も表情が暗くなって涙声になってしまい、何もできないのに本当に情けない思い。

海外からの支援のニュースを見るたびに素直に有難くなる。被災国になってみて初めて分かる感情で、他国のことであれば対岸の火事よろしくここまで真剣に考えたことも無かったのだと思い知る。

一番の懸念は原発事故、福島の発電所の周りの地域からは21万人の人たちが避難先に移動となっている。大変なことである。原子力関係はニュースでも報道され始めているので注意するとともに、石油コンビナートの火災事故も次のような事態が心配され、身近な者からメールが回ってきたので念のため貼り付けます。

コスモ石油関係者より、回りました。
>出来るだけ早く身近な知り合いに回して下さいとのこと。
>>工場勤務の方から情報。外出に注意して、肌を露出しないようにしてください!
>コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るので外出の際は傘かカッパなどを持ち歩き、身体が【雨に接触しないように】して下さい!!! コピペとかして皆さんに知らせてください!!
とのことです!
又今回の地震のマグニチュードが8.8から9.0に修正された。最初のあの長い揺れは3か所で次々に起こったことに寄るようで、あの経験をしたことのない長い揺れの恐怖の実態はそういうことだったのかと思った。あの瞬間はいつまで続くかと恐怖にひきつったけれど、本当の恐怖と困難はむしろ事後のこれからなのだ。電力の不足による停電も覚悟しなければならない。その間マンションはエレベーターも使えず水も出なくなるとも。被災地の方達のご苦労を思えば無論のこと協力せざるを得ず、節電にも努めなければならない。けれどもニュースばかりは情報手段として見ざるを得ずそれが困ってしまう。

今回の地震により、我が家の住居の上階のお宅でも戸棚のガラスや器、飾っていた花瓶などが割れたりという被害も出ている。今回我が家は仏壇のお位牌が倒れていたり、軽くて気にしなかったフォトスタンドや木彫りの人形などが倒れた程度で済んだが、これは夫が工夫して用意して居た簡単なことで、ガラス戸や器の落下が防げたのでご参考までに。

2011_0312_095724dsc_1031

地震直後、写真のように扉がほんの細く開きかけていたけれど、何本も重ねた輪ゴムをつまみに掛けておくことによってガラス扉が開くことが無かったので助かった。

2011_0312_095740dsc_1032

cafe 更にカップの下に注目!

2011_0312_095753dsc_1033

内部ガラス棚の上にスーパーに売っている滑り止めを切って敷きつめ、その上にグラスやカップを置いている。重ねたソーサーの間にも小さく切って敷いてあるので幸いなことに今回の揺れの中で、1枚の皿もグラスも割れる事が無かった。輪ゴムのストッパーの日頃の不便は今回感謝するべきことに変わり、もう一つの戸棚にも早速輪ゴムを取り付けた。滑り止めも許せるものになった。ガラス扉の上の扉の無い棚に置いてあった背の高い焼き物の珈琲ポットや素焼きの天使の人形も滑り止めのお陰で落下することなく無事だったので、さすがに今は棚からおろした。又別の食器戸棚や書棚の床に面した底面に家具が拝まないように前面の底下に薄い板を入れておいたので倒壊が防げた模様。前にいた会社で当たり前のように“備えあれば憂いなし”と標語のように言われていたことが、今になって身にしみている次第。

2011_0312_105337p1100876

昨日昼前に母を訪ねる途中のお宅に椿の蕾が沢山

2011_0312_105325p1100875

きれいに咲いている花も。

2011_0312_112403dsc_1034haha

一日経って地震の恐怖を忘れてしまったのか明るい表情の母と仲良しの夫とのツーショット。相変わらず元気に過ごしてくれているのが有難い。

今後の余震の予測が発表されて、マグニチュード7以上の余震は3月10日から3日以内が70%、3月16日から3日以内が50%とか。

まだまだ安心はできませんが、今日は日曜日少し心を休ませてやりたいですね。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

地震から一夜明けた。ガスが点かないことも

2011.03.12(土)sun  お天気はいいけれど決して暖かくは無く、被災地で被害に遭われた方達の為にも早く暖かくなることを祈りたい。それにしても、報道される被災地の惨状は目を覆いたくなるような状況で、多くの人命と住宅と様々なものが津波にのまれてしまい、その様子はまるでコンピューターグラフィックのように現実感無く迫り、けれどまさしくあの地震直後の津波の様子なのだった。街は消え、海沿いには多くの遺体が見つかり、津波に流され粉々になったがれきの山、流された沢山の車、波にあらがうことが出来ない船。そして原子力発電所の事故に石油コンビナートの火災、各地の二次災害による火災など、想像を絶する悲惨な現実が次々と。住宅を無くした被災地の方達、又原子力事故による住民の避難先への移動、まだまだ数え上げたらきりがない困難に襲われている皆様にお見舞いを申し上げたいと思います。けれどこれは被災地の皆さまとともに、国を挙げて受けた被災であり、通信も電力も水もライフラインの不自由も、更にこの後には農業漁業の停滞に食料の確保はどうなるのかと不安は尽きず、電力の不足、大手の自動車工場の操業まで停止される事態となると、日本の経済は一体どうなるのか。近い親類にも石油系の企業に勤める者が居て、石油を入手するのも困難になっているという。経った今又余震が観測され、揺れのトラウマからテーブル周りの椅子はよけてすぐにテーブル下に潜り込むという悲しい習慣まで身についた。家を一日にして無くすという不幸。その瞬間に泣きだす子らの映像を観た。自分も同じ立場ならきっと同じように泣きだしただろう。家のみならず街も失われ、寒く水浸しの中での不安な時を過ごす方達、どうぞどうぞお力を落とされませんように。今朝から昨日連絡が取れなかった親類などとの連絡を取り合うことが少しずつ可能となってきて、兄弟に叔母たちとも連絡が取れるようになって、先ずは無事であったことが確認でき安心することが出来た。中にはガスがつかなくて暖房が付けられず震えている所に電話をしてしまい、ガスマイコンメーターの操作を夫が伝える事が出来て、自力でガスの復旧が出来たと後からお礼の電話が入ったり。知人友人などからも無事を確認する電話が入ったり、人の心の温かさをこういう不幸の中で確認出来る事は身に染みて嬉しいことだった。

外に出ればガスが点かないことで困っているお宅も多いようで、管理人さんが応援に駆け付けているお宅もあり今日は忙しかった様子。ちなみにガスマイコンメーターの復旧方法のラベルを下記に貼っておきます。

2011_0312_225151dsc_1038

2011_0312_225132dsc_1037

これは大分前にガス会社が個別にガス器具の点検に来た時に渡されたラベルをキッチンに貼って置いたものです。この後の機種はもう少し簡単という話も聞いています。分からないときはガス会社に連絡されるのがよろしいかと思います(念の為)

まだまだ余震が続くようですが皆様どうぞ注意されてお過ごしくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生れて初めての揺れを経験しました!

2011.03.11(金)sun 午後2時46分 宮城・茨城沖地震発生sign03 

これまでに経験したことのないような強い揺れが神奈川県でも。最初の揺れの長かったこと。そして生きた心地がしないくらいの恐ろしさと心臓の鼓動。

皆様はご無事でしたでしょうか。

マグニチュード8.8という国内最大規模の巨大地震という事態ですが、最初の揺れの後も何度も強い揺れがありその都度テーブルの下に潜り込んでいました。携帯も固定電話もほとんど繋がらない状況の中、パソコンのメールは送ることができたことと、インターネットが繋がって居る事が取りあえず小さな安心となりました。

子供達との電話連絡は息子からの携帯でやっと2時間ほど前に繋がり、娘の旦那さんが公衆電話からくれた電話はすぐに切れてしまうも3度続けてかけてくれて無事が確認された。しかし仕事で千葉に居て帰路についているところという。その後、電話の連絡がつかなかった娘が駆け付けてくれて互いの無事が確認できた。直近の電話で娘の旦那も都内の会社に戻れたとのこと。孫息子は横浜駅という。

夕暮れとともに風が冷たく、気温も下がってきている。帰宅の足も途絶えて帰宅できない人々は無理に帰宅をしないようにというニュースも流れている。

余談になるが、昨日の買い物時、スーパーでNZ地震の寄付箱があり僅かな気持ちを寄付させて頂き帰宅。NZの後に中国でも大きな地震が起きていたようで、日本でもそろそろかと話したばかり。今日は夫の新しいパソコンが届くことになっていて、何だか設定をするときに地震でもきたらどうしようと昨夜ふっと思ったばかりのことが今日まさにそうした事態となって、嫌な予感が的中したようで気味が悪くなった。朝の中に届いたパソコンの設定は完全とは言えないけれど何とかネットに繋がるところまでを不安な中済ますことができたけれど。

取りあえず我が家は無事、棚から写真立てが落ちたり、本が落ちかけた位だが、背の高いボードがカタカタ揺れ出すと生きた心地がしないくらい恐ろしかった!この後も用心しながら余震におびえながら眠らなければならないと思うと気が重くなります。

大きな被害にあわれた地域の方々、又いつそうした被害にあわないとも限らない私達も気を強く持ちましょう。そして何があっても落ち着いて行動致しましょう。

皆様もどうぞくれぐれもお大事にお過ごしくださいますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

相模原麻溝公園内散歩その2

2011.03.10(木)sun 予報通り余り暖かくは無いけれど、太陽の光は春の陽気を感じさせる。今年のカラスの巣作りの木の位置が、室内のダイニングチェアーにかける場所からよく見えるので、ついつい気を取られてしまう。今朝は1羽のカラスが新しい巣の上にお腹を付けて住まい心地(?)を試していた。まだ産卵という風には見えないけれど、今は木の枝に芽吹き葉が茂る前の興味深く観察出来る期間。

 clover 相模原麻溝公園散歩2 clover 

2011_0308_161143dsc_0870

春を待つ公園の花壇をよく観ると何か芽が出て育ち始めていた。いつも猫達が隠れている草むらも今はさっぱり!

2011_0308_161452dsc_0874

それでもここには慣れた猫達が必ず居るので、猫を目当てについつい散歩をしに来てしまう。いつもの懐っこいニャンコと早速会えたけれど「又後でね!」「先ずはお散歩をしてくるよ」

2011_0308_162501dsc_0890

昨年はダリヤが咲いて楽しませてくれた段々畑がシートで覆われていた。今年は何の花が見られるのだろう。こうして次につながる楽しみが増えてゆく。

2011_0308_162733dsc_0893

「グリーンハウス」を囲む池に沢山の鴨。

2011_0308_162913dsc_0895

暮れにはこの建物の中でクリスマス・コンサートのデュオを聴いた。

2011_0308_163036dsc_0896

入り口付近には季節の寄せ植えが飾られ、丁度「春蘭展」が開催されていたようだが4時で終了。いつもながら遅い時間に来てしまい入場できず。同じようにゆっくり出かけてこられたご夫婦も入り口で係りの方に粘っていたが残念そうに諦めていた。ここは「サカタのタネグリーンハウス」という通り、中は立派な温室。温室は20年以上前に見て以来になる。いつかはやめに来て中に入ってみよう。

2011_0308_163131dsc_0897

春のサクラソウ、プリムラが2種類

2011_0308_163415dsc_0905

ピンクエリカにパンジー。

2011_0308_163245dsc_0900

メタセコイア並木の噴水広場。暮れに見たライトアップも素敵だったけれど、茶色に染まったメタセコイアの静かな雰囲気も捨てがたく素敵!

2011_0308_163443dsc_0906

立ち去り際に振り返ってみたら噴水が吹き上がっていた♪

2011_0308_163546dsc_0910

ティールームの上部の窓に模様が

2011_0308_163557dsc_0911

そのガラスに夕方の木立が映る

2011_0308_163704dsc_0913

鴨達の泳ぎをしばらく見物。水面下ではオレンジの足が忙しく水をかきながら餌を探しながら泳ぎまわっていた。この後はニャンコがいつもの場所に集まる時間。最後のお楽しみの場所にheart04 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早春の相模原麻溝公園内を散歩♪

2011.03.09(水)sun “春は名のみの風の寒さや~”早くもう少し暖かくなってほしいと今日はちじこまっていましたdespair 

tv お陰で録画した映画やドキュメントを随分沢山見ることができた。映画は「零の焦点」が中々面白かった。ストーリーもさることながら、出演女優達の迫真の演技とともに、昭和の時代の映像が見事に再現され、その映像が胸に迫る素晴らしさで堪能できた。

ちょっぴり元気に広い公園を散歩したり体操などをすると翌日は休憩状態で・・・・coldsweats01

  clover 公園散歩  clover

2011_0308_164024dsc_0921

まだ冬枯れの景色が残る昨日夕方の公園は、何度も訪れているのに特にこの季節はヨーロッパ風のたたずまいが印象深く寒い中の散歩も楽しいものだった。

2011_0308_163834dsc_0917

木に咲く花が少ない季節、プランターに植えられたサクラソウが木柱に掛けられ風に揺れていた。

2011_0308_164236dsc_0922

花壇に植えられたパンジー系は寒さに強い花だけれど、近くでギターの弾き語りをする少年達の歌に耳を傾けるようにフルフル揺れていた。

2011_0308_164347dsc_0926

雲間の太陽が公園に隣接する「女子美」の屋根を西から照らす

2011_0308_164531dsc_0929  

公園にかかる橋の向こうの喫茶店では暮れゆく前のひと時、ティータイムを楽しむ人達の姿が見えた。夕方は風が冷たくなりこちらは帰路を急ぐ足が速くなっていたけれど、春が待ちきれなくなり寒さなどものともせず自然の中でお茶会が出来るなんて元気そのもので羨ましい。日暮れの時間が遅くなってきたのも幸しているscissors 手前の花壇やあちこちに植えられた花の苗はボランティアの方達の手に寄り植えられている。

2011_0308_161657dsc_0880_2 

花壇の中では、こんなに元気な姿で鉢を運ぶ姿も。「あ~、負けずに頑張らなくっちゃ」coldsweats01 それにしても春爛漫の日々がそろそろ本気で恋しいcherryblossom 

 bud 花や鳥達にはとうに春が♡ chick 

2011_0309_132807dsc_0941

花々もカラスや小鳥たちも「待っちゃいられないよ~!」って、人より早く春を先取り、かたい蕾もほこんで花開き

2011_0308_101256p1100867

カラスの巣作りはと見れば、完成真近の昨日の様子。カラスの左手視線の先に白いハンガーが集められた巣が。ハンガーも変形ハート型に折り曲げたりカラスの手で工事がされている。どこのお宅で提供しているのか、それともかすめてくるのか?昨年はピンクが目についたけれど今年は白が流行色のようでカラスにとっては白亜のお城、透明感があって中々素敵house 

2011_0309_104633p1100868

今日も2羽の巣作りは余念なく、仕上げの段階だろうか。もうじき2羽の産卵の準備が整う愛の季節heart04 この季節のカラスは本当に働き者。一日中材料集めに飛び回り大工仕事に食探し!ごくろううさまhappy01 

天気予報によれば明日も又冬に逆戻りの寒さだとか。東京近辺の桜の開花予報は今月29日位とかcherryblossom 陽光きらめく暖かい春は足踏みしながら、人々の春への期待感を高まらせながら近づいてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の雪の中最近思うこと

2011.03.07(月snow 今朝起きたらみぞれ交じりの雨かと思っていたら直に雪となりあっという間に積もり始め、11時前頃までには下の写真よりも積り結構雪化粧となった。

2011_0307_093721dsc_0862

11時頃に一旦雨に変わり、雪は溶けて積もらないかと思ううちに、又みぞれ交じりの雨が降ったりやんだり・・・・春の雪は気まぐれに移ろっている。

tv 

新聞一面には前原外相の辞任の記事。TVのニュースも各局同じニュースが流れ、予算審議のこの時期になんで又という与野党の攻防にはうんざりする。

そして京大受験事件、沢山の夢や希望があった筈の幼い女児の痛ましい事件など、心というものが置き去りにされたとしか思えない事件が続いている。若者の心の中にある闇は一体何だろう。若者の心は闇では無く、ただ単に善悪の規範というものが欠如してしまっているのだろうか。人の命を尊重することさえなおざりにしてしまう短絡な回路、すべての若者がそうではないかもしれないが。

国民の代表として議会に立つ人達の国会審議を垣間見ていても、リーダー達の余りの未熟さばかりが目について。国のトップに立つ大人でさえと思えば若者だけを責めるわけにもいかない。自分達一人ひとりが大切にするべき何かを忘れ去ってしまい自己中心的に生きている姿を、子供も若者も身近に見ながら育ってきているだけなのかもしれない。

それでも日本の代表として選ばれた人たち、せめて賢明な大人の姿を、国の進むべき望ましい方向を、何よりも私心を捨て、やるべきことを忘れずに、正しい政策をもって力強く働く姿を見せてほしい。

 bud 可愛い草花達 bud 

2011_0306_102000dsc_0852_2 

プリムラが次々ピンク色に花を咲かせる。赤いゼラニウムも負けずに次々と咲いてる・・・

2011_0306_102320dsc_0856

春子も

2011_0208_081732dsc_0150

シュシュも

2011_0306_102207dsc_0854

パンジーも

2011_0306_102245dsc_0855

クリスマスローズもうつむきながら。金魚草だって風知草の根っこの間からちゃっかり盛大に花を咲かせてしまい、抜くに抜けずどうしたものかと悩ませてくれているsweat01

狭いベランダ園芸なので、いつも同じ花ばかりだけどほんの少しずつ変化している様子を飽きもせずにカメラに収めた。

confident この頃 

経済が何より優先される社会から一歩も二歩も退いた後の人生は、現役のころとは違った人生観が生まれてくる。仕事をしていればその世界にどっぷりとつかり、次から次への接客、段取りや手配、その先への仕事につながる準備と息つく暇ない日々が続いた。そんな日々の中から眺めた定年後は想像もつかなかったが、いざその時が来てからすでにあと半年もたたないうちに4年目を迎える。仕事になれば目の前の仕事に夢中になり、暇な老後となれば、夢中で暇に没頭できる気楽な性格が幸いして、お陰で贅沢こそできないけれど、小さな楽しみを見つけながら幸せに暮らせている。

最近はもっぱらお料理が楽しい。それも凝ったものでは無く、言ってしまえば当たり前の食材を使いながら3食美味しく食べるだけのことだけれど、工夫次第で出来る献立や食材の使いまわし、無駄を省くコントロールなどが少し長けてきて結果美味しい笑顔に繋がることが増えたことが退職後の進歩かなと思えるようになってきたdelicious 

近隣の自然の変化を探索したり身近な草花を眺めながら日々暮らすのも悪くないなぁとしみじみ思えるこの頃。親から与えられた健康を大事にしなければ。

社会的な不安を考えず、個人の不安だけを言えば食いしん坊によるメタボのみcoldsweats01 (ヤバイ!)

休み休み日記を書いているうちに、外の雪はすっかり溶けてしまい雨に変わっていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

葉ボタンの花が咲きだした♪

2011.03.05(土)sun 春めいてきたheart04 今年は久し振りにテラスのワイルドベリーの小さな赤い実をついばみにメジロがやってきた。昨年は建物全体のメンテナンス工事が2月まであったせいか小鳥も来なくなっていたので、一昨日窓の外のテラスに可愛い姿を見つけた時は何だか心がほっこり温まり嬉しくなったnote 

 bud 花達も元気に春を迎えている bud 

2011_0305_123814dsc_0840

葉ボタンの先がぐんぐん伸び始めて、もう黄色い花を咲かせていた。甘い蜜が吸えるのかこの花も毎年小鳥たちのお気に入り。嘴を差し込んでチューチューする姿も可愛い。この花は↓

2011_0305_123935dsc_0843

一番奥の紫の葉ボタンの先の花

2011_0305_124053dsc_0848

マーガレットも白、ピンクと順番に咲きだして

2011_0305_124201dsc_0850

多肉の蕾も綻び花が咲いた。多肉は丈夫で折れた先を挿しておくと次々根付いて増えてしまう。

2011_0304_125717dsc_0835

春子とシュシュもプランター一杯に花を咲かせているnote 

旺盛な植物の生命力が一番感じられるこの季節は草花の手入れが楽しい時heart04 

 building 今日は建物全体各戸の排水管清掃。午後の予定で丁度良く今しがた我が家の番となった。お風呂の排水の流れが一時悪くなったりしていたので、年に一度のこの日を待っていた。気を付けていても髪の毛は驚くほど抜けたりしているので流れだしたりするのだろう。清掃中はドアを小開きにしたままなので、昨日のように寒くなくてよかった。

 cherryblossom

2011_0227_153957dsc_0732

cherryblossom今日明日あたりは、民家園の河津桜はもっと開花が進みそう。又立ち寄る時間があれば行ってみたいけれど・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泉の森郷土民家園「春まつり」が開催されます!

2011.03.04(金)sun お天気はいいのに今日も寒い一日。「ひな祭り寒波」だとか。

日中は青空が広がって太陽の下は幾らか暖かだったが風が冷たく、そんな中カラスのカップルが今年も巣作りで忙しそうに飛び回っている。今年は公園入り口近くの木に営巣するようで、2羽のカラスが交互に嘴に木の枝などを咥えて飛来し、もう4・5日、同じような場所で作業をしている様子。時折せっかく咥えてきた小枝などを落としてしまうことも。2羽が仲良く同じ木の側に止まっていたり同時に飛び立ったりと微笑ましい。公園内の木に残っている昨年の古い巣を使うことはないようで、ここ何年か続けてみているけれど中々興味深い光景だ。カラス、余り近くにいたくは無いけれど観察して居るのは楽しいbleah 

2011_0303_171341dsc_0829

このカラスは昨日16号線沿いの歩道のゴミ袋をあさっているところを見かけて車からパチリ!カラスは高い所から餌らしきものがあるのを見つけると、人気のない時に目ざとく降りてくるゴミあさりの名人かつ散らかしやさん!

 clover 絵本大功記 clover

2011_0227_153611dsc_0728  

姫様が泣いているのではありません。

2011_0227_153457dsc_0725

こちらもただ伏せっているわけでは無く、人形浄瑠璃リハーサルの出番待ちなのです

2011_0227_154736dsc_0749

お庭に役者の登場です「待ってました!」

2011_0227_154831dsc_0750

場所は民家園の庭

2011_0227_154943dsc_0754

「絵本大功記 尼ヶ崎の段」リハーサルが始まりました。

2011_0227_154552dsc_0747

河津桜の咲く庭は人形浄瑠璃の舞台となり

2011_0227_155304dsc_0764

演じる人形の役者達も登場

2011_0227_155328dsc_0766

縁側を舞台に熱演が繰り広げられ

2011_0227_155533dsc_0769

義太夫に合わせて物語は進んでゆく

2011_0227_155556dsc_0771

2011_0227_155842dsc_0779

2011_0227_160010dsc_0782

2011_0227_160034dsc_0783

2011_0227_154518dsc_0745

青空の下河津桜咲く

2011_0227_160734dsc_0797

民家園の庭

2011_0227_161114dsc_0805

明後日の3月6日(日)、泉の森郷土民家園の長屋門をくぐれば

2011_0227_161225dsc_0810

本番の「春まつり」が待っています。上記ポスターをご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「泉の森民家園のお雛様」今日はひな祭り♪

2011.03.03(木)sun 久し振りに気持ちのいいお天気。ぐっすりお寝坊が出来てsign02快適な朝coldsweats01 

 cherryblossom桃の節句note 

女の子のお祭りです。

2011_0302_112840dsc_0822

とっくの昔に「女の子」ではありませんが、このくらい渋いお雛様ならいいかしら?とお付き合いしてもらってます。花やさんでは桃ではなくスイトピーに手が伸びてしまったので桃の花はないけれどconfident 

Dsc_0595

bud窓の外にはクリスマス・ローズや金魚草が賑やかに咲き春を告げている。

 cherryblossom 泉の森民家園のお雛様 cherryblossom 

2011_0227_153426dsc_0724

郷土民家園にはお雛さまが飾られていた。

2011_0227_154350dsc_0741   

こちらも桃では無く河津桜が咲いて雛の節句を祝っていた。でもどれかは桃だったかもしれず目の無い私には定かではありません。桃も桜も梅もみんな同じバラ科の植物。見分けにくいのも無理のないことで、花びらの形が違うというのですが、いつも季節の順番で梅だ桃だ桜だと思っていたけれど、見間違いはあるも知れずcoldsweats01  

2011_0227_153324dsc_0723

古民家にお雛様はよく似合う。七段飾りのお雛様。マンション住まいでは場所もないけれど、もし飾れてもこんなにしっくりとは行かない気がする。

2011_0227_160554dsc_0795

隣の部屋の奥の方にはお内裏様と三人管女、手毬やつるし雛が飾られていた。

子供の頃の思い出にある田舎のひな飾りを思い出した。母の姉妹は長女の母を含めて5人。座敷中の四方隅から隅まで雛やお人形、掛け軸が飾られた。都会と違う雛飾りに初めて見た時はびっくりしたsign03その時は私が遊びに行っていたので、亡き祖母と年の近い叔母が、念入りに飾ってくれたのかもしれないと今にして思う。

2011_0227_160835dsc_0799

梅や桃に桜と咲く花達は春の象徴cherryblossom 

2011_0227_160153dsc_0785

梅と桜が仲良く並んで咲いている。手前が梅の花。

2011_0227_154612dsc_0748

まだ寒い日もあるけれど季節は着実に巡っている。厚いコートを脱げる日もそう遠くは無い。

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「泉の森公園内郷土民家園」の河津桜♪

2011.03.02cloudsunが出てきた。このところ寒の戻りが続いている。太陽が出れば幾らか温もりも感じられる。昨日は寒く雨模様の中用事を片づけに外出。ついでにのびのびになっていた美容院にも寄り今年初めてのカット!今回は3・5センチ程hairsalon 長~いお付き合いのパソコン大好きな担当さんとおしゃべりをしているうちに、チョキチョキチョキと、あ~っ、さっぱりとなりましたconfident 

 clover 「泉の森郷土民家園」の河津桜 clover

2011_0227_161204dsc_0808

cherryblossom咲いたという情報を得て、飛んでゆきましたdash 暖かかった日曜日。買い物帰りの短い時間だったが、駐車場も割と空いていたのでラッキーでしたsign01 

2011_0227_160939dsc_0803

枝先に咲き始めたばかりの花、健気な様子がいじらしい

2011_0227_154248dsc_0737

日当たりのいい場所は開花も進んでいてにぎやかcherryblossom 

2011_0227_161125dsc_0806

民家園の入り口長屋門の外にも咲いている。

2011_0227_153206dsc_0720

郷土民家園内の庭

2011_0227_152956dsc_0717

河津桜は早咲き大島桜と寒緋桜の自然交配種といわれている。ソメイヨシノより色はピンクで、春の陽気の訪れにピッタリ!

2011_0227_153925dsc_0731

蕾がいっぱいsign01花期は長めとのこと、

2011_0227_153132dsc_0719

cherryblossom まだまだ十分楽しめそうnote

2011_0227_154536dsc_0746 

枝先の花が愛らしく語りかけてくるような

2011_0227_161149dsc_0807

河津桜の様々な表情を楽しむことができましたhappy01 

民家園の庭では楽しい催し物もあり、その続きは又次回に。

                 (2011年2月27日撮影)

〒242-0029 神奈川県大和市上草柳1728番地

☎ 046-264-6633(自然観察センターしらかしのいえ)

                      入園無料

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薬師池公園から薬師堂へ

2011.03.01(火)cloud 弥生3月の始まりにしては寒い朝を迎えた。三寒四温の文字通り春の訪れも気まぐれにに変化する。

clover 野津田薬師堂にて clover

2011_0225_170211dsc_0695

春の夢や願いが、絵馬やおみくじに託され結ばれている。それぞれに込められた願いも夢も叶って欲しい春。素敵なスタートの季節でありますように。

2011_0225_165843dsc_0689

悩みながら人は成長する。けれど下手な考え休むに似たりともいう。確かに朝が来たら悩みを忘れて行動してみたら道は開けるかもしれない。又一つ気づかせていただいた。

2011_0225_165811dsc_0688

手水舎に椿の花がふたつ浮かんでいた。参道に椿の木が沢山ある薬師堂ならではの手水舎

2011_0225_170118dsc_0693

薬師堂に向かって右手の石段を上がると、赤い鳥居が、その奥にはお社があり沢山の千羽鶴。ここにも願がかけられている。薬師池内から薬師堂にお参りするのが日課のようにジョギングをするご夫婦の姿も多い。ワンコ連れの散歩中のお参り姿も多く、地域に根差した薬師堂。人が祈れる場所、あるいは救いを求めて、または心落ち着かせることができる場所が身近にあることは幸せだ。公園から続く坂道と石段の参道を上がればいつでも誰でもお参りに来られる場所。

2011_0225_165739dsc_0687

4月が来れば灌仏会。真っ白な象の背の上のお釈迦さま。花まつりは4月8日、桜の花びらが舞う頃。

2011_0225_170701dsc_0699

薬師堂へのお参りも済ませて公園内に戻る。もう少し暖かくなれば、梅も一気に開花が進むことだろう。

2011_0225_171323dsc_0704

薬師の四季を一望に出来る素敵なお住まいが立ち並ぶ。景観を損なわずマッチしている。

2011_0225_171415dsc_0706

梅にさよならして帰路の道につくことに。

2011_0225_171739dsc_0707

帰りの駐車場から眺めた空。日が延びてきたので一日が少し長く感じられるになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »